タグ「S+D」が付けられているもの

May 22, 2009
Gossip Girl


071025_10-25-serena-d.jpg仮面舞踏会ってサイコー!!

会場で繰り広げられるドラマ、ミステリー、サプライズはもちろんだけど、何より誰が誰だか分かんないとこがたまんない。
私を見かけた?そんなわけないでしょ!(笑) みんなキレイな仮面で顔を隠していたから、誰が誰だか分らなかったはずだもん。でもゴシップガールはすべてを見てたよ。事件あり、新事実の暴露ありと見せ場が満載の一夜で、めちゃくちゃ期待どおりだった!


この仮面舞踏会を一番楽しみにしていたのは、ブレア・ウォルドーフ。最愛の彼氏ネイト・アーチボルドと最高の夜の過ごし方を企画中でね。ブレアはとっておきのサプライズを考えてたの。それは、パーティー中に何人もの召使いがネイトにヒントを与えて、この街で一番高貴なお姫様ブレアに導くというもの。ブレアはついに、今夜ネイトに"あれ"を捧げる決心をしたみたい。ただし、午前0時までにネイトがブレアを見つければね。ブレアは親友のセリーナに最後のヒントを伝えてもらおうと思ってたんだけど、セリーナは戸惑っている様子。あんなことがあったんだもん、ブレアとネイトの記念すべき夜に介入できないよね。だけどブレアは、この仮面舞踏会で何もかもをリセットして再スタートを切るつもりだから平気らしい。セリーナはダン・ハンフリーと一緒だろうしね。
だって、ニューヨークのど真ん中で熱烈なキスを交わしてた2人だよ!誘って当然...なのにセリーナは誘ってなかった。ダンはパーティーや社交行事や、衣装的なものを着ける場すべてが苦手なんだって。"ダンはセリーナのことが大好きだから、一緒にいられるならどこへでも行くし何でも着るはず"とブレアは反論。セリーナは照れながらも、ダメもとでダンを誘うことにしたわけ。ところが、すごくタイミングが悪い時に電話しちゃった。電話に出たダンのそばには、長年の友人でありかつての最愛の人、ヴァネッサ・エイブラムズがいた。1年前、バーモント州ヒッピータウンに引っ越した彼女はブルックリンに戻って来たの。電話越しに女の声を聞いたセリーナは、"誰?!" 男らしく本当のことを言えばいいのに、ダンは妹のジェニーだってウソついちゃった。その時ブレアの部屋に姿を現したのが、山ほど荷物を抱えた、他ならぬダンの妹ジェニー!Aトレインでアッパー・イースト・サイドまで瞬間移動できるわけないもんね。傷ついたセリーナはすぐさま電話を切ると、ブレアに"仮面舞踏会のエスコートを探さなきゃ"だって。お?い、マンハッタンの騎士の皆さん、出てきて。ここに困ってるお姫様がいるよ!

セリーナのデート相手を探すなんて、靴の紐を結ぶより簡単!5秒もあれば十分だし、子供でも手配できるよね。セリーナは早速、ダルトン高校の12年生とパーティーに行く約束をしたの。あらゆるチームのキャプテンを務めてる超イケメン(私好み!)。で、それを知ったダンは慌ててタキシードを借りに行ったんだけど、まともな男なら当然だよね。やっとセリーナといい線まで来てるのに、ここで逃げられちゃ元も子もないもん。ダンは何が何でもパーティーでセリーナの信頼を取り戻すつもりみたいで、ぶっちゃけ感心しちゃった。ブルックリンのボク、なかなか根性あるぞ。

071025_10-25-jenny.jpgさて同じ頃、我らが哀れなシンデレラの心にある思いが芽生えてた。そう、一生懸命ブレアの手伝いをしたジェニーは、自分も仮面舞踏会に誘ってもらえるかもって期待してたの。ブレアのお使いで行ったジュエリーショップの店主は"パーティーで見せびらかしておいで"って、きれいなダイヤのブレスレットを貸してくれてたし。でも、かわいそうなジェニー...どんなに頑張ってパーティーの女王の下働きをしようと、あなたは行けないのよ。ブレアにもハッキリと言われたでしょ。"新入生は仮面舞踏会に参加できないことになってるからムリ"って。ジェニーはすっごくヘコんでた(そりゃそうだ)。ブレアのお使いで街中を駆けずり回ったあげく、パーティーには立ち入り禁止だもん。人生ってほんと不公平...。ところがジェニーには、1年間姿を消してた妖精、ヴァネッサっていう心強い味方がいたの。もちろんヴァネッサも社交行事は嫌いなタイプだけど、親友の妹がガックリしてる姿を見ちゃ、じっとしてらんない。絶対ジェニーの望みをかなえてあげようって思ったわけ。そして、妖精が魔法の棒を振るがごとく、ジェニーを美しいお姫様に変身させちゃったの。衣装はブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージックで調達、メイクはSephoraのサンプル・コーナーで済ます、この妖精はなかなかのやり手かも?!
ヴァネッサはジェニーを裏口からパーティーに忍び込ませた。ジェニーはヴァネッサにお礼を言って会場へ。ブレアに見つからないように辺りを入念にチェック。見つかったら最後だもんね。でも着いて早々に、ジェニーがもう二度とかかわりたくない人物に目をつけられたの。赤いタキシードに気色悪い仮面をつけたチャック・バスに。彼は仮面の女の子がジェニーだとは気づいていなかったみたいだけど、ジェニーはチャックだってすぐ分かった。チャックの握手はすごーい独特なんだもん。とっさにジェニーは、今日こそキス・オン・ザ・リップス・パーティーの仕返しをしてやろうってひらめいたの。で、思わせぶりに振る舞って、かくれんぼをしようって提案したんだ。オニのジェニーが、チャックが目印に脱ぎ捨ててく服をたどって追いかけるってルール。チャックはこの誘いに天にも昇る思い!だけど、チャックみたいな男が天国に行けるわけないじゃん。待ってたのは天罰! ボクサーパンツとランニングシャツ姿のチャックは、謎の女の子をいただく気満々で屋上で待ってたけど...とんでもないサプライズ。ジェニーは屋上にいるチャックを確かめると、服を全部拾ってドアの鍵を閉めて逃げちゃった。チャックは下着姿で屋上に閉め出し!あんまり寒くならなきゃいいけど。女の仕返しって怖いね、>C!

ジェニーは裏口からこっそりだったけど、お兄ちゃんのダンは堂々と正面入口からパーティーに潜り込んでた。招待状なしで突破するとは、やっぱブルックリン育ちはたくましいね。捕まらずに済むとは、ハンフリー兄妹は運にも恵まれてる(私たちが思ってる以上にすばしっこい!)。071024_ctv_handmaiden_image17.jpgダンスフロアに来たダンは、すぐにセリーナを発見。黄色のドレスに黒い毛皮のボレロをまとい、もちろん仮面をつけて、ダルトン高校のイケメンと楽しそうに踊ってた。ダンはすぐに2人の間に割って入ったものの、セリーナはまだご立腹。でもダンがヴァネッサのことを素直に話してウソついたことを謝ったら、セリーナはあっさりとダンを許しちゃった。そして2人はダンスフロアの真ん中で仲直りの熱?いキス。しかし、イチャイチャもそこまで!何とダンがセリーナ越しに見たのは、2人を見つめるヴァネッサだった。彼女は、ジェニーがうっかりヴァネッサに預けた自宅の鍵を渡しに戻って来てたの。そこへ仮面舞踏会なんかに来てるはずのないダンに出くわしたうえ、きれいなブロンドの子とキスしてる姿を見て、ただただショックを受けてる様子。ていうのも今夜、ダンはアメリカ史のレポートを書いてるはずだったから。
071024_ctv_handmaiden_image16.jpg・・・このことまだ話してなかったよね? 実は、ダンはヴァネッサと出かける約束をしてたんだけど、レポートを思い出したってウソついてドタキャンしたの。いつからアメリカ史のクラスでディープキスの課題が出るようになったんでしょうね♪(そんなクラスがあったら私も登録したい!)。おなかをパンチされたみたいな顔して帰ろうとするヴァネッサを、慌てて追っかけるダン。ヴァネッサは相当怒ってた。ダンがレポートを書くなんてウソをついたからだけじゃない。ヴァネッサと同じで大嫌いなはずのセレブ・ワールドのパーティーなんかに来てたんだもん。そして真相が発覚。ヴァネッサがバーモントに引っ越す直前、ダンは彼女に"愛してる"ってコクってたんだね。ダンは、"確かに「愛してた」けど、もう過去のこと。事情は変わった"ってキッパリ告げてた(キツ?い!)。ショックの余りか飛び出してったヴァネッサを、ダンはセリーナを置いてきぼりにして追いかけていっちゃった。

その頃パーティー会場では、ネイトがブレアに導いてくれるヒントを探すのに手間取ってた。...ていうか探そうともしてなかった!それは多分、他のことで頭がいっぱいだったから。アーチボルド家は色々と問題を抱えてるんだ。まず、少し前にネイトの信託財産が全額下ろされてたんだけど、なぜか数日後には、元どおり潤沢な資金が戻ってたの。ネイトがパパに理由を聞いたら"預金をやりくりしてただけ"なんて説明していたけど、ネイトは何か腑に落ちなかったんだね。それでパパの書斎をチャックと嗅ぎ回ってたら、今度は予期せぬ物を発見。何とコカインよ。これで何もかも辻つまが合うってネイトは思ったの。誰かに相談したくても、チャックもブレアもダメ。そこでネイトの頭をよぎったのは、セリーナ。彼女だけは真剣に話を聞いてくれるって思ったんだね。ネイトはセリーナのスイートに行って家族の問題を相談、セリーナは寄り添って話を聞いて励ましてた。なんだけど、ネイトがちょっと長くセリーナの手を握ったもんだから、変な雰囲気になっちゃって。これ以上はヤバいって思ったセリーナはネイトの手を払って"2人はただの友達だから"って念を押してた。でも不幸にもネイトは、まだ陽気なセリーナ・ヴァンダーウッドセンが忘れられないんだってさ。

ダンとヴァネッサの口論を聞いちゃったセリーナは、化粧室に逃げ込んだの。セリーナにとって、こんなに長く不可解な夜は初めてだったみたい。そこにはチャックの服を捨ててるジェニーもいて、セリーナはダンとヴァネッサのことを話してた。するとジェニーは、"あの2人はただの友達で、ダンが好きなのはセリーナだよ"って断言。"お兄ちゃんはセリーナと一緒にいるためならどこへでも行くはず。5歳の時から恐怖症のアイス・カペーズだけはムリかもだけど"だって。それから、ジェニーがチャック(屋上から下りてこられればだけど)に見つかんないように、2人は仮面を交換。そこでセリーナがジェニーに毛皮のボレロもあげちゃったから、その後がちょっと大変。071024_ctv_handmaiden_image2.jpgジェニーが化粧室を出ると、オペラ座の怪人みたいな仮面をつけたネイトに引き寄せられたの。セリーナだって勘違いしてるネイトは、"君のことを忘れられない"ってジェニーの耳元で囁いちゃった!そして、ビックリしすぎて言葉も出ないジェニーにチュ?ッ!!ジェニーは慌ててその場を走り去ったんだけど、ネイトはもっとビックリ。だって、振り向いたらそこに本物のセリーナが立ってたんだから!一体、自分がコクってキスしたのは誰!?
走るジェニーは、やっぱり彼女をセリーナと勘違いしたブレアに呼び止められた。けどジェニーが無視してそのまま行こうとしたからブレアは腕をガシッ。そしたら、Jがジュエリーショップに貸してもらったブレスレットが取れちゃった。もちろん、それを手にしたブレアは謎の少女がジェニー・ハンフリーだとすぐ気づくよね。ところで、ネイトはやっとブレアを見つけたんだけど、午前0時を過ぎてて手遅れ...。ネイトとブレアの初エッチは今夜もお預けってわけだ。Bは、また切り札を使い損ねたまま1人帰って行ったの。

すでにドツボのネイトだけど、事態はさらに悪い方向へ。パーティーが終わってネイトが家に帰ると、両親が彼を待ち受けてたの。お母さんがコカインを見つけたらしい! "自分の物ではない。お父さんのでもない。だからあなたの物でしょ"だって。ネイトは戸惑いながらショックを受けてた。・・・父親が裏切るなんてヒドイよね。

やっと2人になったところで、ダンはセリーナに"君のことがほんとに大好きだから、君のためなら何でもするしどこへでも行く"って言ってた。セリーナが望むならアイス・カペーズもオッケーだって。2人はまた街なかでキス。もう人前でイチャつくのやめて、いい加減部屋でも探しなよ!...っていうか、でも、この2人ってなんか愛おしい。まさにお姫様とブルックリンの貧者って感じで!

さて。
仮面舞踏会とはまったく関係ないし、ゴシップガールのブログにお年寄りの話をアップすること自体ヘンだけど、耳寄り情報だよ。

今夜、エレノア・ウォルドーフが自宅のペントハウスでパーティーを開いたの。ヘンリ・ベンデルとエレノア・ブランドのタイアップをお祝いする会らしいんだけど、なぜかパーティーのテーマはモロッコ。まったく...ウォルドーフ家の女性は何でもお祝い事にしちゃうし、演出にもこだわるんだよね。
で、セリーナのママ、リリー・ヴァンダーウッドセンがこのパーティーに意外な人物と現れたの。何とダンとジェニーのパパ、ルーファス・ハンフリー(どうも2人は古い知り合いっぽい)。でもリリーがルーファスを誘ったのには、もちろん魂胆があったわけ。実は、リリーの今カレはチャックのパパ、バート・バスで、バートにヤキモチを焼かせるために彼女はルーファスを連れて来てたの。..."カエルの子はカエル"っていうけど、親は子供たちよりスキャンダラスじゃない!? で、バートは20代半ばのモデルが大好きらしく、リリーは浮気を心配してたわけ。そこでルーファスは"男を確実に妬かせる方法は失うものの大切さを思い知らせることだ"ってアドバイス、更にリリーを抱き寄せると、部屋の真ん中でブチュ?ってキスしたの!ハンフリー家の男性は公衆の面前でキスするのがお好きなよう。意外に熱?いキスだったよ(ご年配にしてはね)。ルーファスの作戦は大成功で、バートはリリーのところへ飛んできた。そしてルーファスは用済み...チャンチャン。

仮面舞踏会はほんとにサプライズの連続だったね。

一番ビックリしたのはジェニーのシンデレラばりの変身。
まあ魔法の妖精はブルックリンのひねくれ者で、馬車はAトレインだったけど、ガラスの靴的な演出まで飛び出したしね...。そう、あのダイヤのブレスレット。
ジェニーがブレアを裏切ってパーティーに来てたことを知ったブレアはどうするつもりだろう?2人の対決が楽しみ!

ジェニーはブレアに忠誠を尽くしてネイトの本心を教えてあげるのかな?
それとも秘密にして武器にするのかな?

そしてそのネイトは、午前0時までにブレアを見つけられなかったこと許してもらえるのかな?
明らかなご褒美が待ってるのを知っていながら、ボーっとして何もしなかったわけだけど。

それからダンは?
かつてのブルックリンの孤独なダサ坊が、今や2人の女の子に好かれちゃってる!
ダンとヴァネッサは話し合って友情を再確認したらしいけど、一度色がついた関係はなかなか真っ白には戻らないよ。

2人なら仲良し、3人なら仲間割れ♪

xoxo Gossip Girl


May 15, 2009
Gossip Girl

パーティーなら、ブレア・ウォルドーフの右に出る者はいないね。
当然、恒例のお泊まり会の徹底ぶりも相当だよ。ブレアは毎年、最高級のキャスター付きベッドだけじゃなく、ブリス・スパのマニキュア/ペディキュア専用椅子にインターミックスの洋服をラックごと用意するの。
そして、これは歴史に残る一夜だよ。だって強い子だけが生き残れる、アッパー・イースト・サイドにふさわしいお嬢様を選ぶサバイバル・ゲームだもん。

ブレアは友達全員が来ると思ってたけど、残念ながらセリーナは話題の新キャラ、ダン・ハンフリーとのデートの約束あり。ここ1週間デートの準備に余念がなかったダンは、忍者タートルズの貯金箱に貯めてた小銭を全部お札に換金してた(ダサすぎだっつーの!)。ダンは完璧なデートにしようと思ってるみたいだけど、そりゃそうだよね。相手はアッパー・イースト・サイドの女王、あのセリーナ・ヴァンダーウッドセンだもん!しかもセリーナが今まで付き合ってきたのは、ダンよりはるかに背が高いイケメンや、ダンの2倍年上の大人の男や、ダンの全財産を200万倍上回る資産家だもん。>ダン、今夜は最高のデートを演出しないと彼女に二度と会ってもらえないだろうし、君はブルックリンの無名の童貞くんのままだよ。

セリーナがお泊まり会を欠席することになり、ベッドが1台空くことに。どうやら新入生ジェニー・ハンフリーが、グッドタイミングでいたみたい。何とブレアはジェニーを誘ったの!誰もが憧れるブレアのお泊まり会に招待されたジェニーは手放しで喜んだ!夢のような夜だって噂には聞いてても、まさか自分が体験できるなんて思ってなかったもんね。...でも分かってないなあ、ウブなジェニーちゃん。ブレアのパーティーじゃ、オレオクッキーを食べたり、バービーとケン人形で遊んだり、いたずら電話をかけて盛り上がるわけじゃないんだよ。グッドラック、>J。せめて運を味方につけなきゃね。071018_gg_03.jpg・・・ジェニーは寝袋を持ってパーティーにやって来た(超恥ずかしい!)。ブレアが出迎えて、いよいよゲーム開始。手始めに、ディズニー・チャンネルの出演者みたいな格好で来たジェニーの"お着替え"から!ブレアはジェニーにエレノアの新作を着せて、マティーニを差し出したの。ドレスは喜んでいただいたものの、お酒はためらうジェニー。ブレアに"飲むか今すぐ帰るか"って選択を迫られた彼女は、やっとかなった夢をフイにしたくなくてマティーニを飲んじゃった。

その頃、ダンはセリーナを連れて高級レストランへ。そこは超がつく高級店で、メニューに値段表示がないの(セリーナみたいな女子にとっては当たり前のことだけど、ダンみたいな男子にとってはあり得ないことだよね)。今夜のハンフリー兄妹はどちらもいっぱいいっぱい。ダンは必死に"愛人か後妻"を冷やかしてたけど、セリーナはこういうデートは予想外だって告白。"私が望むデートを考えてくれたんだと思うけど、私はありのままのダンとデートがしたいの"だって。セリーナの言葉に胸をなで下ろしたダンは、セリーナの手を取るとレストランを出て、リアルなデートに繰り出したの。

さて、お泊まり会ではこういう場の定番"Truth or Dare" (真実か挑戦ゲーム)がスタート、いよいよ佳境に入ろうとしてた。何しろ、このメンバーの遊び方は半端じゃない。ケイティとイザベルは "キスをしろ"って命令されて、ほんとにしちゃうし!ジェニーはびっくりよ。レズを見るのは、アマンダ・バインズの「ロイヤル・セブンティーン」と間違えて内容がまったく違う「エロイヤル・セブンティーン」をペイ・パー・ビューでダウンロードして以来だもん。ジェニーはエリック・ヴァンダーウッドセンからメールをもらって、何だかホッ。でも、叫んでるエリックの写真つきで"SOS、まだ刑務所!"ってメッセージのこのメール、ブレアが見ちゃったの。エリックは今週末、オストロフ・センターから一時退院する予定だったんだけど、ママに却下されてまだ病院にいたの(長居しすぎてフヌケにされちゃったんだね)。そこでブレアはとんでもない"挑戦"を発案。なんと、エリックをセンターから連れ出せってジェニーに命令したの。お行儀がいいアカペラ隊の女子にはムリかと思ったけど、ジェニーはあっさりと承諾。とうとう無名の後輩からブレア親衛隊に昇格か!?

ジェニーがエリックを病室に迎えに行ってる間、ブレアは薬を乱用しまくってる危ない患者の振りをして、看護師を引き留めたの。ナースが慌ててドクターを呼びに行ってるスキに3人はセンターを脱出!めでたくミッションを完了させて、ダウンタウンのクラブで待つ他のゲストと合流したの。今度はブレアが"挑戦"する番ってことでジェニーは、クラブにいたヘッジファンド・マフィアの誰かを誘惑しろって命令したわけ。ハードルが高すぎる命令と思いきや、ブレアにとっては朝飯前。笑みを浮かべたブレアはさっき自分に声をかけてきた男のところへ行くと、彼を抱きよせてみんなの前でキスしたの(ブレアの大胆さって最高!)。面食らってるその男に"アマンダにバレなきゃいいけどな"と仲間。彼女がいる男だと知ったブレアは彼をブタ呼ばわり。席に戻ったブレアは、こっそり抜き取ったそいつの携帯をみんなに見せたの。ブレアはジェニーに携帯を渡すと、"アマンダって彼女に電話して、愛しの彼氏が今したことを教えてあげて"と命令、ジェニーは見ず知らずのアマンダに "ブレ...、いやクレアこと私は、あなたの彼氏と今ディープ・キスしたの。取り急ぎ、ご報告よ"と電話して切っちゃった!

その頃、ダンとセリーナは場末のバーで最高の楽しい時間を過ごしてた。ピーナツをつまみに出して、パブスト・ブルーリボンのビールを置いてるようなバーでセリーナを見かけるなんて夢にも思ってなかったよね。時代は変わるもんだ。でも2人はビリヤードをしたりジュークボックスで音楽を選んだり、すごく楽しそう(ちなみにジュークボックスのお金はセリーナ持ち。ダンは25セント硬貨を全部換金しちゃたから)。2人が近づき、いいムードになってキスをするかなと思った矢先、ダンのポケットの携帯がブルブル...。ブルったのが携帯でよかったね!電話の主はダンのパパ、ルーファス。タイミング悪すぎだよ!ルーファスはダンに、セリーナが携帯をホテルの部屋に置き忘れて、彼女のママが必死に連絡を取ろうとしてるって告げたの。エリックがオストロフ・センターから消えたって話を聞いて心配になったセリーナは、弟を捜しに出発。ダン、キスはお預けだけど落ち込んでないよね。

クラブで踊ってるブレアたちは盛り上がってた。エリックも楽しんでたみたい。でも最高の夜になるはずが、さっきブレアがキスした男の彼女アマンダが現れたからさあ大変!相当頭にきてるアマンダとその彼氏がブレアたちに詰め寄ろうとしたところへ、ダンとセリーナも到着。2人が仲裁しようとしたけど、アマンダはブレアの頭をもぎ取らんばかりの怒りよう。 "電話をしたのは自分だ"と白状するジェニーを見て一番ショックだったのはダン。可愛い妹がクラブでバカげたティーンの遊びをする子に成り下がってるんだもん。しかも人前であんな格好で!口論をしてるうちに、ブレアたちが未成年だと知ったアマンダとその彼氏はうろたえてた。いい大人が子供とマジでケンカしてどうすんの!?しかもジェニーはまだ14歳ときた!でも、アマンダの彼氏がジェニーのことを"そそる子"なんて言ったもんだから、キレたダンがそいつにつかみかかっちゃって。押しのけられたダンをクラブのガードマンがキャッチ。お子様たちは全員退場させられてゲームオーバー!

セリーナは頭にきてた。弟がリハビリ・センターから抜け出しただけならともかく、その手助けをしたのが親友だったから。ブレアは謝ってたけど、彼女はエリックに借りを返しただけなんだよね。ほら、アイビー・ウィーク親睦会で"セリーナがリハビリを受けてる"なんて暴露して、エリックを傷つけちゃったでしょ。エリックはセリーナに"自分の意思で抜け出したんだから、ブレアを責めないで"って言ってた。ドクターやナースやママのいない所へ行きたかっただけっていうエリックの気持ちはセリーナも痛いほど分かってるよ。一方ダンも頭にきてた。賢くて、優しい妹のジェニーがこんなバカげた騒動にかかわってたんだもんね。連れて帰ろうするダンをジェニーは"ブレアたちと付き合っても自分を見失うことはないし、自分の立場もわきまえてる"と説得、パーティーに戻って行ってた。ダンはセリーナと一緒にエリックをオストロフ・センターまでお見送り。ダンはまさかデートの締めで弟が一緒とは思ってなかっただろうけど、今夜は予定外の出来事づくしだから。

アッパー・イースト・サイドに戻る途中、ブレアはジェニーにもう1つ"挑戦"を要求したの。これを成し遂げたら、エリートの仲間入りってことらしいんだけど...エレノア・ウォルドーフのブティックに入って、ジャケットを盗んで来いだって。ブレアはジェニーに鍵を渡すと、ジェニーが中に入るのをニヤニヤ見てたんだ。ショーウィンドーのマネキンが着てるジャケットをジェニーが脱がし始めると、ブレアは"5、4、3、2、1"とカウント開始。そして"ビーッビーッ!ビーッビーッ!"警報が鳴り出したの!隠れようのないジェニーを店に閉じ込めたままブレアたちはダッシュで退散!おしまいだぁ。
でも、ジェニー・ハンフリーを見くびっちゃダメ。見た目よりずっと賢いみたいだよ。警察が来て尋問が始まると、ジェニーは悪びれもせず"私はブレア・ウォルドーフ"と名乗ったの。"ママの店に置き忘れたコートを取りに来ただけ。ママはぼんやりした人間が嫌いだから、コートを忘れたことを知ったら私に幻滅しちゃう。ブティックの鍵はちゃんと持ってるから戸締り一緒に確認して"とまくしたてて、警察を丸め込んじゃったの。ジェニーは盗んだジャケットを着てウォルドーフ家に戻ったんだけど、手錠も囚人服もつけてない彼女にブレアはビックリ。Jったら、なかなかやるじゃん。ジェニーはブレアに鍵を投げ渡すと "もうブルックリンの家に帰るけど、ジャケットはいただくから"だって。そして"月曜日、METの階段でランチね"とつけ加えると、ほんとに帰っちゃった。ブレアはただうなずくだけ。言葉で表せないほど感心したのかな。
071018_gg_04.jpgそして、私たちが首を長くして待ってたことがついに実現。セリーナとダンのキス!このカップルは(えっと...もうそう呼んでいいのかな??)ニューヨーク市街のど真ん中で、とってもロマンチックなファースト・キスをしたの。マジで結構ホットだった(私もブルックリン出身の彼氏欲しいかも...って、ゴシップガールが何言ってんの。←これ却下!)。

ダンとセリーナは相性がいいみたい。ここ数週間でお互いの気持ちも盛り上がってたしね。もちろんセリーナが誰かとキスしてるのを目撃されるのは初めてじゃないけど、今夜のは彼女にとって忘れられないキスになりそう。すっごく嬉しそうだもん。

人生って分からないよね。
1年前のセリーナは、バーのカウンターで踊ったり、男を泣かせたり、ハチャメチャだったのに、
今は1人しか見えないみたい。
あのセリーナ・ヴァンダーウッドセンが一夫一婦主義になるなんて!!
ダン・ハンフリーに至っては、1年前は女の子と話もできない、歩行者が行きかう街なかで
女の子とキスするなんて考えられないような子だったのに...。

これって"奇跡は起きる"って証明だよね(世界一ステキなこの街では特に)。

愛こそはすべて。

xoxo Gossip Girl


May 8, 2009
Gossip Girl

071017_ctv_badnewsB_image9.jpgチーム・ブレアとチーム・セリーナのTシャツを着て女同士の戦いを観戦しようと思ってたのに、ケンカは早々と終了。残念だけど、ジェシカ・シンプソンの女優生命より短かった。
2人がコンスタンス・ビラードの廊下で罵りあう姿や、セントラルパークでのフィールドホッケー対戦、アイビー・ウィーク親睦会でのドラッグ関係の因縁...もっと見たかったよね。まあ、セリーナとブレアが親友に戻ったからといって、ドロドロがなくなったわけじゃないか。
あの2人、ピンでも危険だけどペアだと致命的だもん!

セリーナとブレアは友情復活の証に、ダウンタウンで2人っきりのデートを満喫。トリーバーチでショッピングをしたり、サン・アンブレでお茶したり、投資銀行家の視線を集めたり(もちろん、昔から視線を集めてるのはセリーナだけどね)。2人は何事もなかったように振る舞ってたけど、それもブレアのママ、エレノアが突然パリから帰って来るまでだったね。ガックリのブレアに対し、エレノアは意気ようよう。今度ヘンリ・ベンデルに自分のブランドが入りそうなったんだって。
つまりは世界中の女性に、彼女のデザインした服を着て、彼女みたいな生き方をしろってこと?みんなエレノアみたくなっちゃったらどうすんのよ!?

071011_10-11-roar.jpgエレノアはヘンリ・ベンデルとの提携に向けて、ブランドの"顔"になるモデルを探してたんだけど、候補のモデルはどの子もイマイチ。みんなアルファベットシティーのジャンキーみたいに不健康だって。エレノアが求めてるのは、若々しく、自然体で美しく、自分の服を着る価値のある女性。要するにエレノア自身のような女性・・・。"なら、すぐそばにいる、あなたそっくりの娘は?"ってことでモデルはブレアに決まったの。まさかママのブランドのモデルに自分が抜擢されるとは思ってなかったブレアは有頂天。エレノアが娘にしてあげた一番ステキなことかもしれないね。そりゃ枝毛はちょっとあるかもしれないけど、ブレアをママが選んだってことが大事なの。セリーナも親友の幸運に大喜びで、不安なブレアの心の支えになるためテスト撮影に同行(ほんとは"孤独なボク"とデートの約束があったけど、親友を優先したの)。撮影現場のブレアはちょっとぎこちなくて、ジゼルどころかブリキ人形みたいにガチガチ。華麗なフォームでプレイする、アーセナルのジェイ・エマニュエルにコーチングでもしてもらえば!?ってぐらいだったけど、そこへ助け船を出したのがセリーナ・ヴァンダーウッドセン。しかもアドバイスがすごく的確なの(要注意よ>ミスター・ジェイ!)。セリーナはブレアに色々なポーズを指導。虎のように唸る!貝の中のビーナス気分で!アメリカのポッシュ・スパイスことヴィクトリア・ベッカム!2人は1992年に流行ったマドンナのダンスのような動きをしながら、超楽しそうだった。
でもファッション業界は厳しく、少なくともブレアにとってはおとぎ話のようには進まなかった。ブレアの写真は合格点からほど遠かったみたい。カメラマンはブレアを"小枝のように硬い。しかもオーラがない"だって。で、カメラマンの目に留まったのはセリーナ。彼女に惚れ込んだカメラマンは、ヘンリ・ベンデルのエレノア・ウォルドーフのイメージ・ガールにぴったりだって言うわけ。こういう場合、母親なら"今日は緊張してただけ。明日はきっと上手にできるから"って娘をかばったりすると思うでしょ。でもそれはエレノア・ウォルドーフじゃないんだな。エレノアはモデルの座をセリーナに渡しただけじゃなく、そのことをブレアに隠したの!
撮影当日、ブレアはルンルン気分でお目覚め。アップも撮影する今日はお肌の調子もバッチリ!なのに、エレノアに心を打ち砕かれた。さも残念そうに"宣伝の方向性が変わったからモデルを下りて"だって。ブレアはガッカリした素振りも見せず気丈に振る舞い、ママを送り出すとセリーナに電話。留守電にメッセージを残したの。モデル話は消えたけど現場に遊びに行こう。ケータリングを食べて、私の座を奪った"やせっぽち女"を一緒にからかおう"ってね。
撮影現場のシルバーカップ・スタジオに着いたブレアは腰を抜かすほど仰天。屋上でセリーナがブロンドの髪をなびかせ、抜群のプロポーションを見せびらかすようにポーズを取ってたの!ヘアメイクもバッチリきまってて、まさにブレアが一緒にからかおうって言った"やせっぽち女"みたいだった。セリーナと目が合ったブレアはその場を退却。セリーナがいきり立つブレアを追いかけると、ブレアは、"裏切り者"とばかりにセリーナを罵ったの。"ブレアは遅れて来るから、着いたら一緒に撮影するって聞かされてた。さっきのはただの試し撮り"っていうのがセリーナの言い分だけど、ブレアは信じなかった。進行表にブレアの名前がなかったり、ヘアメイクに来てない時点で、おかしいと思うはずだもんね。勢いづいたブレアはさらにセリーナを攻撃。"モデルの座にネイトにママ。何でも取っちゃうあんたはやっぱり泥棒猫!"って感じで。そしてこのやり取りを聞いてたのがダン・ハンフリー。本物のファッション撮影を見られるからってセリーナが誘ってたみたい(ダン、照明と写真のことを勉強しに来たんだよね?セミヌードのモデルを期待して来たんじゃなくて)。どうやら、ダンは理想の女子の知らなくてもいい一面をまた見せられちゃった。もしかして、想像してたほど理想的じゃないのかもって思ってるんじゃない!?

どういうわけか "孤独なボク"(・・・あ、もういいか、じゃ、あらため)ダン・ハンフリーくんが事を丸く収めることになったみたい(?!でしょ?私もビックリだよ)。ダンは取り乱したブレアと2人っきりで話をしたんだって。どうやらダンの家庭も複雑らしい(ブルックリン住民とマンハッタン住民にも共通点はあるんだね)。ダンのママは、パパと別居して北部へ引っ越しちゃって、ダンとジェニーは両親の間を行ったり来たりしてるみたいなの。ダンはママに面と向かって "帰ってくるか、完全に居なくなるかどっちかにして"ってほんとは言いたいらしい。ブレアの顔はまだ氷のように冷たかったけど、彼に少しだけ気を許し始めた気がする。ダンと話した後、ブレアは果敢にもエレノアのところへ行って"最低の事をしてくれた"って抗議したの!こんなことであのエレノアが変わるとは思えないけど、少なくともブレアは胸につかえていたモヤモヤを吐き出せたわけ。これで、ブレアも今週のWATSU(水中マッサージ)はリラックスして受けられるね!
ブレアはセリーナを許すことにした上に、ダンとの仲にエールまで送ったの。グッドウィルで買い物をするようなブルックリン子とはいえ、ダンって悪い奴じゃないのかもね。セリーナとブレアは撮影なんかより楽しいことをしようと思い立ち、エレノアの服をごっそり盗んでスタジオから逃亡しちゃった!悪行ってスカッとするよね。それで恨みを晴らせる時は特に最高!2人はおそろいのドレスを着て五番街を闊歩、道行く人に写真を撮ってもらってた。アドリアナ・リマみたいにポーズを取ってはしゃぐ姿を見てたら、2人の仲を裂くものは何もないって思えてきちゃった。
ほんといい光景。・・・違うよ!これは涙じゃないよ!アレルギーなんだってば(泣)

女2人がもめてた頃、チャックは、セント・ジュード学園11年生恒例の"失われた週末"の準備に追われてた。今週末はみんなの記憶に残ること間違いなし(飲むお酒と吸ったマリファナの量によっては覚えてないかもね)。チャックは、仲間に存分に楽しんでもらおうって思ってたの。ガス抜きが必要そうなネイトは特にね。パーティーが始まる前、用心のため、チャックはピアジェ(アッパー・イースト・サイダーの時計の代名詞、優雅な名前でしょ)とベイブ・ルースの"予告ホームラン"ボール(ガラスケース入りのね。チャックってスポーツ通だったっけ?)を鍵つきの棚にしまい込んで、スイートのドアをオープン。続々と集まった仲間に混じって、予期せぬ客カーター・ベイゼンが紛れ込んでた。チャックとネイトが8年生の時12年生だったカーターは、色々と2人に手ほどきをしたらしいの。といっても勉強じゃなくて、お酒とマリファナなんだけど。そのカーターも世界中を旅してきて随分変わったみたいで、人生で本当に大切なものに気づいたとか言ってるんだって(麻の服にビルケンシュトックとソックスっていう組み合わせが好きなことにも気づいたみたい。おえっ)。チャックはカーターを信用してない。だって、この世の贅沢を謳歌できる上流階級の生活を、いとも簡単に捨てちゃうなんて考えられないもん。でもネイトは逆で、世界を旅してドキュメンタリーを撮影してるカーターに憧れてるみたい。いつかは自分もカーターみたいになりたいって考えてるんじゃないかな。

カーターとネイトは、パーティーを切り上げてカードをしにクイーンズへ(そう、ブルックリンの10倍ひどい所だよ?!)。ネイトってば、アッパー・イースト・サイドに居場所がなくなっちゃうよ!賭け金の高い本物のカードで緊張が走る中、6のペアを持ってたネイトにカーターはもっとデカく賭けろと勧めたの。ネイトの持ち金は底をついてたんだけど、そしたらカーターは借用証を使えだって。ネイトったら、1万ドルもつぎ込むなんて(1万ドルあれば、ブレアにジュエリーをいっぱい買ってあげられるし、チャックが雇うストリッパーも増やせるのにね)!ネイトと対戦相手が持ち札を見せ合うと、相手はエースのペア。カーターは負けたネイトに"デカく賭けたからしょうがないし、ネイト・アーチボルドにとっては1万ドルなんかはした金だろ"なんてケロリ。ハメられたことにやっと気づいたネイトはカーターに詰め寄ったけど、ディーラーたちに押さえられちゃったの。そこへ思いがけない正義の味方、チャックが登場。高級時計とボールがなくなっていることに気づいた彼は、犯人はカーターしかあり得ないってピンときたの。チャックはカーターに"ネイトを放せ。手を出さなきゃ警察も呼ばないし、時計もボールもくれてやる"って迫ってネイトと2人で帰って行った。バイバイおサルさん、いや、カーター・ベイゼン。あんたマシュー・マコノヒーよりひどい男だよ。071017_ctv_badnewsB_image1.jpgチャックに借りたお金を返そうと思って、ネイトは口座にアクセスしたけど、残高がゼロでビックリ!先週20万ドル以上あった預金はどこ行っちゃったの?ネイトはすぐに銀行のマネージャーに問い合わせたけど、預金は全額引き出されてたみたい。誰にって?実のお父さんによ。

ネイト、どうやらアーチボルド家には早急に対処しなきゃいけない問題があるみたいだね。
この王子様は一夜にして貧しくなっちゃうのかな?それじゃブレアが困るよ。ネイトがパーセでごちそうしてくれるディナーが大好きなんだから。
そして今週の"ビックリさせてくれたで賞"はチャック・バス。まさか、ほんとはいい奴なの?あなたがワルじゃなきゃ、つまんないんだけど。
ダンがまた顔を出すようになって、セリーナはマジで好きになる気がしてきたね。ただいつも言っちゃうけど、セリーナとブルックリンっていう組み合わせがやっぱり信じられない。この先、この不釣り合いなカップルがどうなるか楽しみだね。
それからブレアとセリーナ。親友に戻ったと思ったら1週間でケンカなんて、ブリトニー・スピアーズのカムバックなみに前途多難じゃん!まあだからこそ、いつ何が起きるか分かんなくて面白いんだけどね。ともあれ、お互いが必要みたいだし、今は2人が仲良くしてくれることを祈ってるよ。

親友って大ゲンカになったりめんどくさい時もあるけど、
いないと気持ちがリッチになれないのも確か。
セリーナとブレアはやっぱ代わりのいない大親友だよね。
もちろん、みんなにも"私"っていう友達がいるからね!

xoxo Gossip Girl


April 24, 2009
Gossip Girl

卵にベーコンにパンケーキは、普通のブランチの定番メニュー。
でも、アッパー・イースト・サイドのブランチじゃ"人間関係のドロドロ"が主菜なの。

もちろん、パレス・ホテルであったバート・バスのブランチも例外じゃなかったよ!

さあて、どこから始めよう?...そうそう、まず昨夜のおさらいね。
ダンはセリーナを送った時、タクシーの中からバイバイって手を振ったの!マジかよって感じ!あいつ何様のつもり?セリーナは、ブルックリン・ブリッジを台車に乗ってパレードするミス・ブルックリンじゃないんだよ!!・・・・・・ハイ・ファイブをしなかっただけマシ? でもそんなことしてたら今頃、片道切符で南極行きだよ。セリーナ・ヴァンダーウッドセンみたいな子と付き合っていきたいなら、もう少しマシな挨拶ができなきゃ。せめてホテルのドアまで送るとか、ね。まったく、ブルックリンでは礼儀ってものを教えないの?まだまだ勉強が必要だよっ

 さて。ブランチ当日、ネイトとダンは互いにあのブロンド女子を探していると知ってビックリ。残念ながら彼女は留守。2人はホテルロビーの椅子に並んで座って待つハメに ・・・超気まずい!! そのセリーナはどこへ行ったかというと、もちろんブレアのところ。昔から2人の日曜日の伝統は、朝食とオードリー、って決まってる。でも今日のブレアは乗り気じゃなかった。ブレアはセリーナに"今はもう新しい伝統があるから帰って"だって。(...グサッ!) その上、ブレアはセリーナが、自分の彼氏ネイトとセックスをしたことも知ってるって追い打ちをかけた。(イタタ!) とどめは"私にも彼にも友達にも近寄るな。あんたは用済み。終わった。消えて。"...終了?!FINITO!ご愁傷様でした。)。・・・あの緊迫した空気はチェーンソーでも切れないよ。
 その頃、新入生ジェニー・ハンフリーは、宛名書きに使ったブレアのカリグラフィーのペンを返すため、アップタウンへ向かってた。見え見えの口実だよね。・・・ハンフリー兄妹は、もう少し処世術を学ばなきゃダメだね。でも、ジェニーはダサい兄貴と違ってまだ見込みがあるかな。ブレアにブランチの支度を手伝ってと頼まれてた。支度をしながら、ブレアはジェニーに、噂が絶えないアッパー・イースト・サイドの一員であるのがいかに大変かを話してた。"それでもセレブの仲間になりたいの?そんなに価値があること?まあ、あんたが決めることだけど"ってね。たじろぐジェニーにブレアは、ママのエレノア・ウォルドーフがデザインした服をあげてた。しっかりレスポのバッグにしまいなさい、>ジェニー。ブルックリンへ帰る電車の中で盗まれちゃ大変だよ。あんたがエレノア・ウォルドーフの服を買うには、ガール・スカウトのクッキーを相当売りさばかなきゃムリなんだから。
 うちひしがれたセリーナがホテルへ戻ると、そこにはまだダンがいた。(ダンと違ってヒマじゃないネイトはどっか行っちゃった)。セリーナはダンと、自分を嫌ってる人間がいないどこか遠くへ行きたかったみたい。でもママのリリーに見つかっちゃった。リリーはセリーナに、必ずバート・バス主催のブランチに出席しろだって。セリーナは抵抗したけど、リリーは聞く耳を持たない。さあどうする?ここは歩み寄りで、ダンも一緒に行くことに。彼は人生初の優雅な会でエッグス・ベネディクトを食べられることになったの。25セントでおかわり自由のコーヒーが飲める、地元のウィリアムズ食堂とは似ても似つかない場所だったことは言うまでもないよね。070927_ctv_branch_image1.jpg ブランチ会場でやっとセリーナと2人っきりになれたネイトは"話したいことがある"とチャックのスイートへ来るように説得。しぶしぶ承諾したセリーナは"10分だけ"と、ネイトから鍵を預かった。同じ頃、スケベなチャックはブレアにスイートの鍵を渡して、ネイトとそろそろ"ヤッちまえ"(チャックの言葉でね)と勧めてた。そう、読み間違いじゃないよ。チャックのスイートの鍵は、何をしでかすか分からない女子2人の手に渡ってしまった!ねっ、サンデー・ブランチって、何が起きるか分からなくて楽しいでしょ!?
 ネイトを見つけたブレアは、"今すぐ抱いて"と迫った。そこはネイトもただの男。このチャンスを逃すまいと、ブレアとスイートへ直行。今向かってる部屋でセリーナが待ってることなんかすっかり忘れちゃってたみたい・・・。もちろんドアを開けたら、そこにはスラリと美しい、ブロンドのセリーナ。ブレアとネイトがいよいよって時には、どうもセリーナが邪魔しちゃうんだよね。これってウルトラC級のブロック!?セリーナを見たブレアの顔は凍りついた。"何でセリーナがいるの?誰が中に入れたの?"ネイトとセリーナは、話をするために会うんだったって必死に訴えたけど、ブレアみたいな子に弁明なんてムダ。激怒したブレアは、セリーナに仕返しする方法は1つしかないって思ってた。そう、セリーナが親友の彼氏を寝取ったことをダンにバラすこと!

セリーナとネイトはブレアの後を追って、彼女がダンに秘密を暴露するのを阻止しようとしたけど、ブレアはもうダンと話してた。おまけに、この状況に首を突っ込んで欲しくない厄介な人物、チャック・バスもそばにいるし。セリーナはブレアを止めようとしたけど、結局、秘密はチャックにバラされちゃった。さらにチャックは、ダンの妹ジェニーとの "ヤリかけの仕事"を持ち出す始末。それにキレた"孤独なボク"はここでもブルックリン仕込みの腕っ節を披露。突き飛ばされたチャックはウェイターにぶつかって、ウェイターが持っていたトレイはひっくり返り、ミモザが入ったシャンパングラスがガッシャーン!!そりゃ、会場のゲストはみんな一斉に注目したよ。あ然としてたと思ったら、すぐにあっちこっちで携帯が鳴りだした。アッパー・イースト・サイドじゃ、日曜の午後はいつもこんな感じだけどね。
 ホテルの外では、セリーナがダンを引き留めようとしてた。でも、もうダメかもね。だってもうダンの心は決まってた。セリーナがこっちの世界の人間だってわかってたけど、彼女だけは違うと思っていたんだよね、だけど結局同じだった。セリーナは、"私は変わろうとしてる"って一生懸命言ってたけど、ダンは聞き入れずにバイバイ。

 陽が沈むころ、私のスパイの1人が、携帯を握りしめマディソン街を歩くセリーナを目撃。ここからがビックリなんだけど...。何と彼女、LG製のチョコレート携帯をゴミ箱にポイしたんだって!信じられる?何考えてるんだろう、おかしくなっちゃったのかな?だって、女子は友達と携帯とリップグロスがなきゃ生きていけないでしょ。かわいそうに、どうやらセリーナの手元に残ったのはリップグロスだけ。これからはNARSのグロスを塗って時間をつぶすしかなさそうだね...。この世界ってほんとに残酷!


この先、私たちお気に入りの若きニューヨーカーたちはどうなるんだろう?

ブレアのセリーナへの復讐は終わりかな。それともあれは序章?

そしてネイトはブレアの忠実な彼氏でい続け、セリーナと話さないっていう約束を守れるのかな?

チャックは他人の人生をめちゃくちゃにし続けるのかな?
彼もまだまだセリーナのことをいじめそうだよね。

それから、ドン...じゃなくてダンは?ま、どっちでもいいや。
セリーナと付き合ってないんなら興味ないもんね。

でも、もう1人のハンフリー、ジェニーには興味あり。
彼女はブレアとその親衛隊に認められるまであと一歩って感じがするし。
彼女はブレア同盟に忠誠を尽くすのかな?それともセリーナに乗り換える?

そして注目のセリーナは、友達も携帯もなくして、この先どうするつもりだろう?
あ?あ、女王が没落しちゃったね。
この世界ってほんとに理解不能。
街一番の人気者と思ってた子がいきなり嫌われて、見向きもされなくなるんだもん。

でもセリーナ・ヴァンダーウッドセンはこのまま消える子じゃない。
いずれカムバックを果たすよ。

さて次はどう出る、S?いつも見守ってるよ!

xoxo Gossip Girl


April 17, 2009
Gossip Girl

ここ数日の目まぐるしい出来事でもう頭がクラクラ!
(素晴らしいソースのみんなに感謝。いい情報が集まったよ!)
セリーナ・ヴァンダーウッドセンがキス・オン・ザ・リップス・パーティーに突然現れたもんだから、こっちは大忙し!
とはいえ注目度はダントツのこのパーティ、もちろん時間を作って会場に行ったよ。 え?私を見かけた?それはあり得ないよ。私の顔を知る人は、今までも、これからも、存在しないからね。残念でした? 070917_ctv_train_station_pic.jpgここからが本題。
彼女が戻って来たなんて信じられる?しばらく姿を消していた愛しのセリーナ・ヴァンダーウッドセンだよ!グランド・セントラル駅に着いたセリーナは(まるで、アムトラックから降ってわいたみたい?)、リムジンに飛び乗り、大親友ブレア・ウォルドーフのペントハウスに向かった。そのおかげで、ブレアと彼氏のネイト・アーチボルドは初エッチを中断するハメに。ネイトったら、うれしそうに旧友のセリーナを出迎えに行くんだもん、服を脱ぎかけでベッドに残されたブレアがかわいそう。完璧なタイミングが来るまで処女喪失はお預けみたいね、>B。さて、ブレアとセリーナだけど、どっちのほうが再会を喜んだかは難しいところ。ブレアはずいぶん驚いてたみたいだけど、親友が帰って来ること知ってたのかな...?セリーナは5分もたたないうちに、なぜかそそくさとパーティを後にした。10秒たりともじっとしてられないんだったら、アデラルっていうのが効くから試してみて、>S。だけど、あんなに急いでどこ行ったんだろうね。推測するしかないけど(オキシコンティンの売人のとこ?それともスタッテンアイランドのワルの彼氏と軽く一発?)。ほんと振り回してくれるよね、セリーナ・ヴァンダーウッドセン。

翌日の昼休み、METの階段でブレアはセリーナに"キス・オン・ザ・リップス・パーティーに呼ばない"って言ったの!ホットで超おしゃれなボス同士の対決だよ! あ然としたセリーナは、ブレアに"パレス・ホテルで2人っきりで話そう"だって。ブレアはしぶしぶ承諾。でも、にらみ合う2人の目は地獄も凍るほど冷たかった。
一方で、注目の新入生ジェニーは、ヘンリ・ベンデルでパーティー用のドレスを物色してた。ジェニーはドレス選びを手伝ってもらうために、お兄ちゃん(別名"ロンリー・ボーイ")を呼び出したみたい。微笑ましいけど、ダサすぎる。ブルックリンのみんな、よく知らないけどそれが家族の結束ってやつ?結局ジェニーは、ドレスの購入をあきらめて自分で縫うことにした模様。あの子の手に届くサンティーノの服はないもんね。

BとSはパレス・ホテルでマティーニを飲みながら仲直り。どうやら、この美女2人の関係は元どおりになりそうな雰囲気。...と思いきや、事はそう早くたやすく解決するもんじゃなかった。優しいけどちょっと足りないネイトが余計な事を言って、すべてはぶち壊し。ブレアに昨夏の夜の出来事をバラしちゃったからもう大変!ネイトってば、真実がトラブルを招くだけってケースを知らないの? ブレアがママの別荘へ行ってる間に、セリーナとできちゃったなんてその代表でしょ。しかもキスだけじゃなく最後までいっちゃうなんて。それもバーのカウンターでとは。さすがだね、S。

さて、アッパー・イースト・サイドの女子がみんなエリザベス・アーデンでメイクをして、今シーズン最大のイベントの支度をしてる頃、セリーナは何してたと思う?ビックリすぎだけど、何とブルックリンに行ってジェニー・ハンフリーの兄、"孤独なボク"とデートしてたんだって!もうそんなに孤独じゃなさげな彼の名前はドン。いやデーブ。違う、ダンだった。(忘れないようにしなきゃ。)デート先は、ダンとジェニーのパパ、ルーファスのバンド"リンカーン・ホーク"のライブだって(サム・グディーの99セントコーナーとか、いまだにカセットテープを置いてるレコードショップなら、そのバンドのカセット見つかるかもね。うわ...超90年代初期だよ)。でもほんと、一体誰がダンに女の子を、それもセリーナ・ヴァンダーウッドセンを誘えって言ったんだろ!?まして初デートでパパに紹介するとは...学習不足にもほどがあるよね。でもこの2人、意外にも気が合うのか、なかなかいい感じだったよ。そこへダンの携帯にジェニーからの緊急メール。キス・オン・ザ・リップス・パーティーにいたジェニーは、この地区の問題児、チャック・バスに捕まってた。チャックは目新しい獲物(っていうよりも、餌食?)を求めてうろうろしてた模様。070917_ctv_462_chuck_jenny.jpg ダンとセリーナはパーティー会場に到着、当然セリーナはブレアと差し向かうハメに。緊迫したにらみ合いがしばらく続いたけど、ブレアはケイティとイザベルを従え、プイっとセリーナを無視して行っちゃったの。セリーナは会場で完全に孤立してた。どうやら、色んなことが元どおりになるには相当時間がかかりそうな雰囲気...。
ダンとセリーナはようやく屋上にいたジェニーを発見。迫るチャックに、ジェニーは必死で抵抗してた。でもね、ここからがビックリの展開だよ!突然ダンが男らしくなっちゃって、チャックに向かって行ったの。もう、ブルース・バナーが超人ハルクに変身するシーンを見てるみたいだったよ。ダンは"俺はお前と同じクラスのダン・ハンフリー、その子は俺の妹だ!"といきなり宣言するや、チャックの顔面にパンチを食らわしたの!チャック・バスが鼻血を流すのは、9年生の校外授業で行ったアスペン(標高高すぎだから。)へのスキー旅行以来だと思うな。
ダンとセリーナとジェニーは、みんなの視線を浴びながらパーティー会場を後にした。 "みんな"の中には言うまでもなく、冷やかなブレアとチャック、そしてブルーそうなネイトもいたよ。3人の"部外者"は、タクシーでどこかへ行っちゃった。どこって?ブルックリンの子の溜まり場なんか知らない。

さあて、この先、堕ちたアッパー・イースト・サイドのプリンセスはどうなっちゃうんだろう?
すべてを手にしてた女の子がすべてを失った時、どうするんだろう?

ブレアはセリーナとどう決着つけるつもり?

ネイトはセリーナのことを忘れて、ブレアの良き彼氏でいられるのかな?

そしてダン・ハンフリーは?パーティー初体験で、人を人とも思わない男を殴っちゃた彼だけど。

チャックは絶対、このブルックリンの新参者に仕返しするだろうね。
気をつけて、ダン。

それから、かわいい新入生ジェニー・ハンフリー。
今夜はこの子にとって、この世界での立ち位置を決めるチャンスだったけど、しくじっちゃった?
それとも、なじめるってアピールできた?

忘れないで、「噂にならなきゃ、ただの人」。


xoxo ゴシップガール


  1 2 3  次 »

  • girlM: キス・オン・ザ・リッ
  • rin: やばい!! やばすぎ
  • ki-: GG様へ Hi!!
TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.
© 2000-2010 SUPER NETWORK,inc.All rights reserved