タグ「thxgiving」が付けられているもの

June 22, 2012
Gossip Girl

101130_410dorota.jpg
ああ、感謝祭


今年も感謝すべきことがたくさんあったよね。
でも、その半面、
あまり感謝できない事があった人が
いたのも事実。

GGはどうよって?

そりゃGGは、ほんとにまじで
今年の感謝祭中に湧き起こったドロドロ劇に
感謝感激雨あられ!!

我らが愛しのUESのセレブたちほど、
このホリデーを盛り上げてくれる面々はいない
もんね。

 
 
さて。
セリーナは、あの"聖人と罪人パーティー"以来、行方不明。だからブレアは、BFF セリーナは、Sの家族が住むマンションに隠れてると思ってた。そりゃ、Bとチャックの秘密の関係をやぶから棒に暴露したり、自分が切望している団体の代表の座を横取りしようとしたんだから、当然Sはバツが悪くて、ブレアを避けていると思ってたわけ。実のところ、ブレアは、ホッとしてた。今は罪深きセリーナとかかわりたくなかったみたいだし。というのも、もっと大事なイベントが目の前に迫ってたから。感謝祭!!サンクスギビングのホリデーは、パリにいるパパとロマンと過ごす予定。いろいろとゴタゴタがあったから、海外へ行くのはちょうどいい息抜きって、ブレアは思っていたみたい。

てっきりセリーナはヴァンダーウッドセン家にいると思っていたブレア。その一方で、リリーは、セリーナはウォルドーフ宅に引きこもっていると思っていたの。そりゃ、コロンビア大を自主退学しちゃったら、親に合わす顔はないもんね。だから、リリーは、いつものセリーナらしい当たり前の行動だと思っていた。
でも、ブレアもリリーも、セリーナがどっちの家にもいないって知って、さあ大変!!これは一大事って大騒ぎ。そりゃ、大騒ぎして当然だよね。だって、その頃、セリーナはクイーンズの場末のモーテル意識不明だったんだから。目が覚めてもまったく訳が分からず、何とか電話で救急車を要請。OMFG 我らがお気に入りのSに一体何が起こったの?!

幸い、大事に至る前に病院に収容されたセリーナ。命に別状はなかったみたい。やれやれ!とはいっても、家族は気が気じゃなかった。担当医はリリーとルーファスに、セリーナが大量に薬を飲んでいたと状況を説明。しかも、痛み止め、睡眠薬と抗うつ剤のちゃんぽん!Whaaaat?みんな唖然としてた。・・・どうしてセリーナがそんなことを?セリーナはそこまで落ち込んでたわけ?本当に自分で自分を傷つけようとしていたの?・・・理由が分からないから余計に怖いよね。みんな、途方に暮れてた。
その上、"セリーナ・ヴァンダーウッドセンがクスリの過剰摂取!"って、マスコミが嗅ぎつけたから、事態は更に悪化。そりゃ、特ダネだから仕方ないけどね。で、娘の今後を案じたリリーは、セリーナのために重大な決断を自ら下したの。
セリーナをオストロフ・センターでリハビリさせることに決めた。うわっ

でも、セリーナは、みんなに信じてほしいと、懇願。・・・確かに話は支離滅裂だし、何も覚えていないけど、こうなったのは自分のせいじゃない。薬もやっていないし、依存症なんかじゃないから、絶対リハビリなんか受けない、って、拒否。幸い、心優しいダンだけは、彼女の言い分に同意。で、Sのことを信じ切ってるダンは、何とオストロフ・センターからセリーナが脱走するのを手伝ったの。(でもね、ダンが行動を起こしたのは、セリーナが、"ダンといたい、一緒にいたいのはDだけ"と、って言っただからね)。クレイジー! どうやらこの二人、駆け落ちするつもりだよ。Ahh!ハンフリー家に立ち寄り、身の周りの物をかき集めて、いざ出発。世界はセリーナとダンの思いのまま。と、思いきや、出かける前に、リリーとブレアがロフトに姿を現し、そう簡単には逃げられないわよ、って、二人を阻止。 うっ。

101130_410jenny.jpgその頃、セリーナの事で、ジェニーとヴァネッサはパニクっていた。"聖人と罪人パーティー"で自分たちが実行した悪巧みのせいで、セリーナが薬に走ったのは間違いないと思ってた。マズい、ほんとにマズいって!ジェニーとヴァネッサは真相を白状しようって言ったけど、ジュリエットは、やめたほうがいいと警告。
・・・悪いのはセリーナただ一人、自業自得よ、ってね。それでも、ヴァネッサは、自分を守るために何とかしなきゃ、って思った。で、ルーファスの所へ行き、すべてを白状。ただ、今回の件を企てた黒幕はジェニーだ、って、事実を偽ったの。裏切り者!!ヴァネッサにしてみれば、どうせジェニーは家族だから、いずれみんな彼女の事を許すけど、真実がバレたら、ヴァネッサは永久に嫌われ者になっちゃうからね。ビッチ同士の仲間割れって凄まじい!

一方、セリーナを陥れたジュリエットは有頂天。計画がうまくいったし、勝利を褒め称えてもらう時が来たと、お兄ちゃんのベンに連絡。セリーナがコロンビア大を退学したと聞いたベンは、よくやった、ジュリエット!って、大喜び。でも、薬を飲ませたと聞くと、それはやり過ぎだと、驚ろいた。ジュリエットは仕方がなかったことだと反発。・・・セリーナを破滅させるために、ジュリエットは何もかも失ったのだから。でも、確かコリンの代わりになる、新しい金ヅルを見つけてたよね?そう、リリーだよ!リリーとジュリエットは取引をしてた。毎月小切手を送る代わりに、ジュリエットはセリーナの秘密を口外しないってことになってるみたい。
・・・恐喝が渦巻く街へようこそ。

さて、その頃、ネイトは、ママがパパと離婚するって知り、ショックを受けてた。ネイトにしてみれば、まさに青天の霹靂!
何でアン・アーチボルドは今になって離婚を言いだしたんだろう?離婚するなら、ネイトパパが悪事に手を染めてた時にしてたはずでしょ?だって、今のネイトパパはまっとうな人間になった感じじゃない。刑務所で色々と学んで、人が変わったみたいだし。だから、ネイトはママに、もう一度パパにチャンスをあげてって懇願。せめて刑務所に面会に行って、更生したパパを見てあげてってお願いしてた。しばらくして、ネイトパパと面会したアンは、とても喜んでいる様子。・・・今のパパなら結婚生活をやり直せるかもしれないって言い出したの。アーチボルド家、バンザイ!ところが、ネイトはパパが家族を取り戻そうと必死になっているのには、別の理由があると知って警戒。仮釈放の聴聞会の日が迫っていたの!
一芝居打ってるのかな?ネイトパパは早く釈放されたい一心で、いい人ぶってるのかな?? うむ。。。

セリーナは、とにかく、家族や友達にすべて誤解だって必死に証明しようとしていた。
そこへ送られてきたのはGGの《特ダネ》配信。それも、セリーナが"聖人と罪人パーティー"でクスリをやってる写真入り。これこそ確固たる証拠だよね。どう見ても、写真に写っているのはセリーナ。Sは茫然。でも、ドラッグをやったことすら覚えていないんだから、本当にひどい状態だったのかもしれない。Sは、自分で治療が必要かもしれないって、第一歩を踏み出して、オストロフ・センターに入院することを決意。再入院する前に、セリーナは、信じてくれてありがとう、って、ダンに伝えた。そして、ダンにキスしたの。 OMFG

101130_410jblair.jpg一方、ジェニーも汚名をすすごうとしてた。
ヴァネッサから話を聞いたルーファスはそりゃもうカンカン。だから、何もかも自分のせいにされたままにしておくわけにはいかなかった。で、ジュリエットを問いただそうと彼女のアパートに行ったんだけど、もぬけの殻でビックリ。あのビッチはトンズラ!?
でも、部屋には舞踏会のマスクが残ってたんだ。物的証拠!で、ジェニーはジュリエットの悪事の証拠品を持ってブレアの所へ直行。うん、うん、分かってる。ブレアとジェニーが同じ部屋にいたら爆発が起きるって言いたいんでしょ?けど、今回は二人とも礼儀正しくふるまってたよ。
ジェニーはブレアにすべてを話した。GGがアップした写真に写っているのはジュリエットで、ジュリエットとヴァネッサと三人で共謀してセリーナを陥れたって。話を聞いたブレアはむしろ興味をそそられたご様子。だから、二人で組んで、あのイカれたジュリットをやっつけよう、って申し出た。でも、ジェニーはムリだと辞退。・・・ジェニーは、自分はNYCにいるべきじゃない、ここにいると、自分の一番悪いところが出てきちゃうから、ハドソンに帰る、って言うと、ブレア宅を後にした。

ジェニーには断られたけど、ブレアは独りでジュリエットに報復するつもりはなかった。とはいっても、残念ながらチャックは頼れない。"聖人と罪人パーティー"の後、チャックとは恋愛感情抜きで、友達でいようって決めたばかりだからね。確かに、セリーナのすったもんだがあるから、チャックとは一緒にいることが多いし、結構親密っぽいけど、チャックは、セリーナのためだから、って念押し。もうっ。まあ、いずれにしても、チャックのヘルプは得られないブレア(だって、あの二人、他人をやっつけるために結託すると、お互いの弱い部分が出て来ちゃうでしょ)。
で、想定外の人物に手伝いを要請。

  誰だか想像つかないと思うよ。
 

      だって、マジでイカれてるもん!
 
 
          まあいいや、教えてあげる。
 
 
               心の準備はいい?


 
ブレアは、はるばるブルックリンまで行って、
孤独なボクに、ジュリエットをやっつけるのを手伝ってと、お願いしたの!

信じられる!?
BもDも二人ともセリーナを愛してるし、大切に思ってる。だから、親友/元恋人/継妹/そして、Dの "はてな?" な今の関係であるセリーナために、ジュリエットをこらしめるべきだって。
YES!! 是非そうして!!

 
 
OMG ブレアとダンが報復のためにタッグを組む!?

もう待ち遠しくて、ワクワクしちゃう。

これぞ、ブレアの専売特許って感じだもんね。
ダンもUESでそれなりに鍛えられたんだから、掟の一つや二つは学んでるはず。
まあ、過去に巧みな技はいくつか披露してくれたけど、まだまだマイナーリーグって感じ。
さあ、シフトアップして、メジャーリーグの仲間入りする時が来たよ!


いざ、プレイボール!



xoxo Gossip Girl


July 1, 2011
Gossip Girl

またしても感謝祭は
数えきれないほどいっぱいのごたごた続きだった。

もうサイコー!
裏切り行為に、
隠さなくちゃいけない秘密が暴露されたりと、
それはそれは盛りだくさんの一大イベントになっちゃった。

もうおなかいっぱい :D

ハンフリー家とヴァンダーウッドセン家は、正式な家族として初めての感謝祭を一緒に過ごそうと決めてた。残念ながらSは不参加。なんでもホームレスのための無料食料配給所で仕事があるんだってさ。Sが慈善事業?まさかね。でも、本当はそんなの言い訳。実はトリップと一緒に過ごそうと思っていたの。いけない子! でもショックなことに、トリップはSとの予定をキャンセルしてきた。妻のモーリーンは相当動揺してるらしく、トリップは義務感から祝日を妻と過ごすことに決めたみたい。意外に紳士だよね。そんなわけで、セリーナは感謝祭は家族と過ごすことになった。YAY!
しかし、リリーがモーリーンと街でばったり出くわしたことで、事態は思わぬ展開に。世間は狭いね。さらに不気味なことに、なんと二人は同じコートを着てたの。ファッションの世界はもっと狭いらしい ;) それはさておき、リリーは、セリーナがトリップと一緒に無料食料配給所で仕事していることを話した。これにモーリーンは不意を突かれたみたい。食料配給所?そんなの聞いてない・・・。何も知らぬリリーは、トリップ夫妻を家族の感謝祭ディナーに招待。モーリーンは即OK (浮気センサー、スイッチオン。すでにフル回転中)。 OMG
このドロドロドラマは一皿じゃ足りない。じゃ、二人前で ;)

091202_chair.jpgトリップはセリーナに会いにエンパイアホテル。二人でエレベーターに乗り込むと、トリップはさっそくヴァンダーウッドセン家の感謝祭に夫婦でリリーに招待されたと報告。結局二人は感謝祭を一緒にお祝いできることになったわけ。でも、バツが悪くない?なのにトリップは楽しみにしている様子。彼の望みはセリーナと一緒に過ごすことだけだから、それが達成できればそれで満足らしい。それを聞いてSは自分を抑えることができず、二人はいちゃつき始める。セリーナは非常ボタンを押し、エレベーターを止めた。ヤバいってば。でもかなりHOTだよね。

一方、ブレアはホリデーを過ごすためにパリに行く準備中。でも、なんだかママの様子がおかしい。エレノアはわざわざパリからニューヨークに戻ってきて、ブレアを連れて再びパリに向かうとしてた。どうしてはるばるアメリカまで戻ってきて、また飛行機に乗って、パリにとんぼ返りする必要があるんだろ?絶対おかしい、Bは思った。それに、資産管理してる弁護士からの郵便物も来てるし、Bはますます不信感を募らせる。エレノアは遺言を書きかえるつもりなの?これってどういう意味? そこでブレアは、ニューヨークに残ってヴァンダーウッドセン家+ハンフリー家と一緒に感謝祭を過ごそうとママを説得。いまだにセリーナとは険悪な状態だけど、ブレアは事の真相を暴くまでエレノアを足止めしようと心に決めた。たとえ、それが愛人に身を持ち崩した人間とディナーを共にすることだとしてもね。しかし、その後ブレアの疑惑は、より深刻なものとなる。ママがドロータにあるものを、なんと、(心の準備はいい?)、そう、妊娠検査薬を買ってくるように頼んでいたから。
エレノアが妊娠?!・・・これはキツイよね、B。GGも同意するよ。・・・いくらなんでも、高齢すぎるって。

ヴァネッサはバーモントで休暇を過ごすつもりだった。しかし、到着早々に母親と大ゲンカ。ま、いつものことだけどね。だから、またいつものようにおせっかいなダンは、二人が関係を修復できるようにと、ガブリエラをニューヨークに招待した。ヴァネッサは不機嫌。
ついでに、街に呼び出されたゲストはガブリエラだけじゃなかった。セリーナの祖母シシーもニューヨークに来ていた。リリーが話してたけど、シシーは体調を崩してから容体も安定して、夏から少しずつ健康状態も回復しているらしい。・・・でもルーファスがビデオチャットでシシーと話したときは、まるで病気のようには見えなかった。具合が悪くないならニューヨークに行っちゃえってことで早速、飛行機に飛び乗った。サプライズ!これは面白いお祝いになりそう。

真面目な話、我らが愛すべきセレブたちが引き起こすドラマで、ガッカリさせられたことってないよね。そして今年の感謝祭のディナーは格別。きっと絶対誰も忘れないよ。だって全員そろって、誰かに対して敵意むき出しなんだもん。
ジェニーとエリックもそれにもれず。デビュタント舞踏会の後、一見仲直りしたように見えていた二人。でも実は、ジェニーは知ってたんだよね。舞踏会にエスコートなしでステージ上でさらしものにされた、あの屈辱的な事件の仕掛け人はエリックであることを。ブレアから事の真相を聞かされ、ジェニーは激怒。どうしてこんなヒドイことを?エリックはもうジェニーと一切関わりたくなかった。それに彼女に降りかかった悲劇は、当然の報い。だって、エリックとジョナサンが別れたのは、ジェニーのせいだから。ジェニーは彼らとの友情よりもクイーンになることを選んだ。エリックは忠告する。せいぜい気をつけな、ってね。・・・どうやらEとキラがジェニーを狙ってるみたい。YESSSSS! 戦争勃発だよ!

091202_nate.jpgテーブルの反対側では、セリーナトリップ夫妻ネイトの間でド派手なドラマが進行中。チャックがネイトに自分のホテルのエレベーターで、興味深いビデオが録画されていたと密告。そう、セリーナとトリップのあの時のラブシーン!そこでネイトは警備室に掛け合い、問題の映像を回収。そして、その映像を、こともあろうかモーリーンに見せちゃった。キャー。モーリーンはセリーナとトリップに宣戦布告。もしトリップが自分と離婚したら、映像を公開すると。そうなればトリップもセリーナも政界の笑い物になっちゃう。二人の不倫は、ここで終わらせなければならない。あらら。

そして、その一部始終を聞いていた人物がいた。それは、リリー。自分の娘が、既婚の下院議員と不倫してたなんて。トリップとの関係を続ける以上、家に立ち入ることを禁じると、リリーはセリーナに通告。これは大変。

一方、ブレアは母親に妊娠疑惑を問いただそうとしていた。エレノアってば本気?アーロン・ローズみたいな人間をもう一人この世に送り出すなんて、正気? エレノアは困惑。だって妊娠してないから。それに、遺言の書き換えはパリに新たな物件を購入するから。エレノアとサイラスは、パリに永住しようと計画していたの。なるほどね。でも、妊娠してるのがエレノアじゃないなら・・・

OMG
妊娠したのはドロータなんだって!!
ヴァーニャとの間に赤ちゃんが生まれるよ!おめでと!

ヴァネッサとVママも感謝祭のディナーに参加。ほかに行くあてもないしね。それでも、ガブリエラとシシーが向かい合って座ってるなんて、ヘンな感じ。
まあ、とにかく、Vはママに始終イライラさせられっぱなし。ママはずっとお説教と自己主張ばっかり。ヴァネッサは、ママは自分の子供のことよりも彼女の信念を優先させる人なのだと思ってた。
ダンはそんな二人に仲直りさせようと口をはさむ。ガブリエラに、ヴァネッサが母親ともっと一緒に過ごしたがっていること、母親のことが大好きなのだということを話した。ダンに言わせれば、ヴァネッサは素晴らしい女性なんだって。その時、ガブリエラは、ダンがヴァネッサに恋をしていると気付く。ヴァネッサとママは仲直り。ガブリエラは街をぶらつき、娘と充実した時間を過ごそうと決意する。でもガブリエラは、ダンに忠告。もし、彼に100%本物の気持ちがないなら、ヴァネッサに告白するのは、やめてほしい。そうしないと二人の友情が壊れてしまうから。
で。ダンはヴァネッサに気持ちを打ち明けたのか? 答えはノー。
ていうか、いつかは告白する気あるのかな?

091202_311serena.jpgセリーナは自分の行動がママにひどいショックを与えたことを理解し、自分のすべき行動をとった。セリーナはもう二度とトリップには会わない、とみんなの前で宣言。これで終わらせて正解だよね。
こんなとき、セリーナに一番必要なのは友達。もちろんSにはブレアがいる。しばらく冷戦状態が続いてたけど、やっぱり二人は親友同士。お互いに助けが必要な時は、いつだってそばで支え合う。ブレアはセリーナに一緒にパリに行かないかと誘う。まるで昔に戻ったみたいに。セリーナはその案がすっかり気に入ったようで、さっそく二人で計画を立て始める。セリーナはパスポートを取りに金庫へ。そこで何と、ハロー!とんでもないものを発見する。
パパからの手紙。うわ。

そこへトリップがやってきた。彼は政治生命が絶たれても構わない、自分の望みはセリーナと一緒にいることだけだと訴えた。二人に反対していたブレアでさえ、この言葉はトリップの本心だと思ったほど。
だから OMG なんとBはセリーナとトリップに駆け落ちさせちゃった。

その頃、ルーファスはとても気になる情報をシシーから得た。シシーの病気は夏に完治していたらしい。それなのに、リリーはなぜ10月までニューヨークに戻らなかったのか? 何かがおかしい。ルーファスが問い詰めると、リリーは、母親と親交を深めるために一緒に過ごしていたのだと説明した。病気以来、まるで別人のようになったシシーは、実際感じがよくて好きなんだと。へえー。

でね、シシーはすべてのやり取りを聞いていた。あらステキ。でもね、ルーファスが去った後に、シシーは確信。リリーは、夏に旅行していたことをルーファスに隠しているのだと。
・・・どういうこと?

リリーは父親からの手紙を隠していた。それを発見したセリーナはヤケを起こす。もうリリーにどう思われようとぜんぜん気にしない。絶対トリップと駆け落ちする。もう誰にも止められないんだから。セリーナはママに手紙を渡しながら、金輪際、自分を非難することは許さないと言い渡す。Ouch

でもね、駆け落ちなんてさせたくないと思ってたのは、ママだけじゃなかった。どうしても君と一緒にいたいと、ネイトもセリーナを引きとめた。何てロマンティックなんだろ。で、Sはどうしたかというと、・・・それでもセリーナは、トリップとの逃避行を選んだ。かわいそうなネイト。でも、そんな彼には慰めてくれる親友、チャックがいるから大丈夫。チャックはブレアと一緒にパリに行く予定だったんだけど、ニューヨークに残って親友をとことんまで酔っぱらわせることに決めたの。ネイトとチャックは永遠の親友ってこと。

リリーはセリーナが手紙を見てしまったことにショックを受けてた。(手紙に何が書いてあったのか、いまだ不明 :( ) ショックすぎて、ルーファスに片づけを手伝ってほしいと声をかけられると、リリーはあわてて手紙をクローゼットの中のコートのポケットに突っ込んだ。・・・しかもそれは自分のコートじゃなかった。なんとモーリーンのコートだった。二人が同じコート来てたの、覚えてるでしょ? モーリーンはコートを忘れていて、すぐに、コートを取りに戻ってきた。そしてポケットに入っていた手紙を見てビックリ。モーリーンは手紙を読んだ
彼女の表情から察すると、絶対"S"から始まる内容に違いない。そう、スキャンダル! O M F G
 
 
感謝祭は、まさに大切な人に感謝の気持ちを表す時。
GGが感謝してるのは・・・

最初に、我らが愛しのセレブたち
決して私たちを退屈させることがない。
あの人たちは、つまらないって言葉を知らないし、知りたくもないんじゃない。
彼らの常軌を逸した行動がなければ、GGはやっていけないから。

でもね、一番感謝してるのは、
熱心な読者であり、そして情報をくれるみんなだよ。
 
 
本当に、いつもありがとね。
 
 
xoxo Gossip Girl


June 30, 2011
Gossip Girl

目撃情報

DJとパパ、ダゴスティーノ D'Agostino で食料品を調達。
これは間違いなくハンフリー一族による感謝祭のごちそう材料の買い出しでしょ。
OMG ハンフリー家とヴァンダーウッドセン家合同の初めての感謝祭を迎えるんだよ!
(正式な法的な家族として、初めての感謝祭だもんね)

Bはドロータを従えてバーニーズでタイツを購入。
なんでも近々パリに向かうらしい。
ママとパパとサイラスとロマン、みんなで感謝祭をお祝いするみたい。
今年は大好きなパイが食べられるといいね。

CNはギムレットで飲んでる。
バーを所有してるっていいよね。いつだってタダ飲みできる。

Vはバーモント行きのバスに乗り込む。
感謝祭を家族と一緒に過ごす予定らしい。いいんじゃない?

Sユラ・オン・マディソン Yura on Madison に。
コーナーのテーブルに一人で座って食事中。

・・・かわいそうと思うべきなんだかどうなんだか。


xoxo Gossip Girl


June 29, 2011
Gossip Girl

GGにとって、感謝祭がダントツで一番好きな祝日。
だって家族が一堂に集まるってことは、何が起きるか分かるよね?

そう、ドラマ!!

感謝祭の時っていつも秘密が明かされるよね。
そう感じてるのはGGだけじゃないはず。

ここ数年の感謝祭を思い起こすと、胸がドキドキする。
今年の感謝祭も何かが起こるはず。
 
 
今回もおいしい祝日になりそうだよ。

xoxo Gossip Girl


June 28, 2010
Gossip Girl

ゴシップガールほど感謝祭好きはいない!って自負してる。
だって年に1回、ゴシップ・ネタがきれいなお皿にてんこ盛りになる日だもん!!
もちろん今年もすごかったよ!
いろんなことが次々と起きすぎて、もう経過を追うのが大変だった。
ターキーの詰め物で私が好きなのは、もちろん! ドロドロっとした人間ドラマ!!
今年も期待どおりだった♪♪

ネイトが戻って来た!(あ?よかった!だってやっぱりネイトってHOTじゃん。いないとさびしいよ)
けど、このアッパー・イースト・サイドに戻って来たのは彼だけじゃなかった。何とネイト・パパも密かに戻ってたの。パパはネイトとママをドミニカに連れて行きたいらしい。パパいわく、あっちの方がいい生活ができる、って(ま、電気と水道も通ってるしね)。ネイトは、考える、って言ってた。・・・そりゃそうだよ。だって、ここでの生活をすべて捨てるわけでしょ。ちゃんとプラス面とマイナス面を考えなくちゃね。さしずめ、プラス面は家族がそろって南国で暮らせることで、マイナス面はアッパー・イースト・サイドを去って逃亡者のパパと暮らすことってとこかな。う?ん、いずれにしても難しい選択だよね。Nはどうするつもりだろう?

081118_211vanessa.jpg悩んだ末、ネイトは家族そろってビーチサンダルを履く生活を選んだ。マジで?! でも街を出る前に返さなきゃいけない物がいくつかあったの。その1つがルーファスから借りたCD(ピクシーズのベスト盤。って、マジで>N?? 彼らしくないよなー)。ブルックリンへ向かったネイトはそこでばったりヴァネッサに出くわした。超気まずい。って感じだったけど、ネイトは今までのことを謝って、「元気で」って言うと帰って行ったの。悲しいねえ。
ところが! FBIがネイトを尾行してて、彼と話してたヴァネッサは呼び止められ職務質問されるハメに。どうしていいか分からないヴァネッサは、唯一対処できそうな人物に電話をした。そう、チャックに。チャックとヴァネッサとFBI捜査官はネイトを呼び出して状況を説明。ネイト・パパが街に戻っているのをFBIが把握してること、しかもパパの目的は家族の再会ではない、ってことをね。Nパパは、ネイトとママを餌に、ママの実家ヴァンダービルト家からお金をゆすり取ろうとしてた。・・・ネイトは超ショック。Nパパが自首すればこの問題に決着をつけられるはず。ヴァネッサたちは説得した。でも、ネイトには厳しい決断だよね。
ネイトはパパに、ゆすりの計画のことは知ってる、と話した。パパは必死に弁解しようとしてたけど、ネイトはもう言い訳にはうんざり。ネイトは言ったの、正しい道を選場無い限り、父親として尊敬する事はできない、って。でね、ビックリだけど、Nパパは息子の言葉に従った。逃げずに自らFBIに連行されてったの。パパは刑務所行きだけど、少なくともネイトは元の生活を取り戻せそう。
よかった!!やっぱりネイトは貧しいよりリッチなほうがステキだもんね。

さて、家出中のジェニーはアルファベット・シティーで路上生活をしてたわけじゃなかった。何とヴァンダーウッドセン/バス家のマンションに身を寄せてたの。もちろんリリーやバートは知らないよ。ジェニーは自分がどうやって親と縁を切るか、それを考える間、エリックにかくまってもらってたわけ(縁を切るって、言うのは簡単だけど、容易にできることじゃないしね)。ジェニーがエリックと一緒にいるって突き止めたルーファスはリリーに電話。ジェニーの居場所はバレちゃった。リリーは何とか説得しようとするものの、ジェニーはなかなか頑固でまったく聞き入れない。だけど、頑固な態度と裏腹に、Jはちょっと慎重さに欠けてた。リリーに親権放棄手続きの書類を見られちゃったの。言うまでもなくリリーは愕然。感謝祭の日、リリーはルーファスにすぐに来るように連絡したのね。ジェニーと久々に対面したルーファスは、愛してると言って、娘の望みの邪魔はしないから、と署名した書類をジェニーに渡したの (OMFG)。 娘の意に沿うように対処すれば、考え直すと思ってたみたいだね。でもジェニーって頑なで自分を曲げないタイプでしょ? Jは書類を受け取ると出てっちゃった。希望どおり親の署名を手に入れた彼女は、いざ親子の縁を切る手続きをすべく向かった。って、まじでクレイジーだよ!!!

一方、ブレアはサイラスとの生活にうんざりしてた。もちろん彼はいい人なんだけど、丹精込めて焼いたパンプキンパイを勝手に食べられたBはムッとしちゃったわけ。おまけに、ローズ家はレストランで感謝祭を祝うんだとか。ブレアにとってはレストランでの感謝祭なんてあり得ない。Bは一番好きな祝日を台無しにされそうで終始イライラ。そこへドロータが言っちゃいけない秘密を明かしたもんだから、とうとうブレアはキレちゃったの。サイラスがエレノアにプロポーズするんだって! 婚約なんて早すぎだし、そんな大事な話ならまっ先に娘の私に言うべきじゃない?! とブレアはカンカン。で、ブレアはジェニーのマネをして家出をすることに(もちろんドロータを従えてね)。ブレアは、感謝すべきものなんてないから、今年の感謝祭はアッパー・イースト・サイドを2人でブラブラするの!!って宣言してた。
ブレアとドロータはアッパー・イースト・サイドを当てもなくフラフラ。すると、取り乱したジェニーに遭遇したの。久々に会った元宿敵2人には意外な共通点があるわけで。お互い親のことで悩んでたんだよね。でも、ブレアにはまったくジェニーの不満が理解できない。だって、ジェニーのパパは最高でしょ。ブレアは言ったの。娘のために戦ってくれるし、何だってしてくれる。でもBママなんか娘のことなんて眼中にないしね、って。でもね、その矢先、エレノアがブレアを迎えに来たの! も?、ジーンときちゃった。エレノアは、帰りましょ、とブレアを促した。で、ブレアは、「ジェニーが家に帰るなら、私も帰る」って。ジェニーもうなずいて、帰宅を決意。どうやら、この好敵手の2人は和解策を見いだした模様。
ま、これを仲直りだと考えるのは安直すぎるけどね。

さて、セリーナは自分一筋になってくれない彼氏との付き合いに振り回されてた。・・・それって、そんなに悩むことなの? もちろんブレアは大反対で、まるでドラマ「ビッグ・ラブ」の出来の悪いエピソードじゃないの!ってこき下ろしてた。それでもセリーナはアーロンと続けようと頑張って、おかげで彼女の願いはかなったの。ま、Sの願いがかなわなかったことなんて、ないと思うけど。 アーロンがとうとう、Sひとりだけと付き合いたい、と言ったの。セリーナはもううれしくて、超ゴキゲン。ただ、そこでちょっとウソをついちゃったんだよね。アーロンが禁酒してることと過去の経緯を話すと、セリーナは話を合わせて、自分もほとんど飲まないって言っちゃったの。・・・Sってば去年のあの泥酔騒ぎはどう説明するんだろうね?? まあ猫を被ったSだけど、しっかりダンに化けの皮をはがされちゃった。たまたま食料品店でアーロンと出くわしたダンは、かつてセリーナがパーティーガールだったことを暴露。セリーナを完ぺきな天使だと思ってたアーロンは当然困惑。そのことをセリーナに問いただしたの。セリーナは、Dが未練たらたらで妬いてるだけでしょ、って口からでまかせ。ところが、セリーナの家にジェニーを捜しに来たダンとアーロンが鉢合わせしちゃった。なもんでアーロンは何でセリーナが酒を飲むなんてウソをついたんだ?とダンを問い詰めた。一瞬、事態が飲み込めないダンだったけど、セリーナはアーロンに過去を知られたくないということにすぐピンときたの(そりゃ知らないほうがいいもんねえ?)。ダンは、ウソをついて悪かったととっさに謝ってた。認めたくはないけど、この件に関しては何かダンがかわいそう。でも、元カレとしてはすごく立派だよね。 サンクス>D。

それと、かわいそうなのはエリック
みんなエリックの彼氏ジョナサンのこと気に入ってたよね。なのにバートが、ジョナサンは他の子と会ってる、なんてショックな情報を明かしたの。よくもEを裏切ってくれたよね >ジョナサン。 エリックは何故バートがそんなことまで知ってるのか、と訳が分からない様子。で、チャックはエリックに教えたの、バートには家族の秘密を探るお抱えの私立探偵がいる ってね。まじで?! 半信半疑のエリックに、チャックは家族の調査報告書が入った秘密金庫までバラしちゃった。自分とセリーナ、そしてママのファイルまであることを知ったエリックは、家族の間でこんなことってあり得ない、と驚愕してた。
もちろんエリックにファイルを見せられたリリーは憤慨。リリー自身のことを調べたのは百歩譲っていいとしても、子供たちのことまで調べるのはさすがに一線を越えてると思ったわけ。リリーは子供たちを連れて家を出て行ったの。エリックは、リリーのファイルも読んだんだよね。そこには、リリーが若い頃フランスで入院してたって書いてあったわけ。Eは去年自分があんなに苦しんでいたのに、同じような問題を経験したはずの母親がなぜそれを教えてくれなかったのか、と問い詰めたの。リリーは、当時の事はまだ思い出したくない、つらく暗い時期だからと謝った。そして、ちゃんとした感謝祭をしましょう、って愛にあふれた人たちのところへエリックと向かった。
どこへ行ったかって?ハンフリー家に決まってるじゃない!
081118_211rufus.jpg
ジェニーも帰って来て、家族と仲直りしてた。私が言うのもヘンだけど、ハンフリー家がまたハッピーな家族に戻ってすごくうれしい! (ピーカンパイ食べすぎてセンチになりすぎたかな!?) でも、めでたしめでたし。リリーとエリックはハンフリー家+ヴァネッサと伝統的な感謝祭を過ごせることになったしね。しかも、今年はドロドロ劇はない模様。
・・・と思ったら、ヴァネッサがコソ泥みたいに、とんでもないことをしでかした
まだネイトが好きで好きでたまらない彼女は、ネイトがジェニーに宛てた例の手紙を見つけて、盗んじゃった!で、食事中にちょっと家族に電話する、とかなんとか言いながら席を立って、こっそり読んだんだ。手紙に書いてあったのは、
「Jのことがすごく好きだけど、一緒にいられない」OMFG) っていうネイトの告白だった。


ペントハウスに戻ったブレアには、サプライズが待ってた。何とパパがフランスから来てたの!感無量のブレア。サプライズはBママの婚約発表じゃなかったんだ?? エレノアはもちろんそのつもりだったと言った。でも、まずハロルドにサイラスと会ってもらいたかったんだって。娘のパパに義理の父親になる人を認めてもらわないと先に進めないから、だって。もう、なんてステキな話!愛する人たちに囲まれて、ブレアにとっては感謝、感謝でいっぱいの感謝祭になったみたい。
081118_211eleanor1.jpg
一方、セリーナはアーロンにすべてを打ち明けようとしてた。本当に好きだから、これ以上ウソをつきたくないと思ってたの。セリーナはアーロンに、それを読めば自分の過去が全部分かるから、と言ってバートの調査ファイルを渡したの。でもアーロンは、読みたくないと言った。彼が知っておくべきことがあればセリーナが自分で話してくれればいいから、って。
も?何てナイスガイ!絶対キープだよ、S!
 
 
 
今年の感謝祭は我らがアッパー・イースト・サイダーにとって忘れられない日になったみたいだね。

ネイトはパパが刑務所行きで気の毒だけど、
少なくともアッパー・イースト・サイドに戻って来た。今度こそ永久にね。
BFFのチャックとも仲直りできたし、最高!

ジェニーも彼女がいるべき場所ブルックリンに、
(ってイヤミに聞こえるかもしれないけど、天地神明に誓ってそんなつもりないよ)
えっと、ブルックリンに戻ってホッとした。
だって、あのハンフリー家が幸せ家族でいられなかったら、
私たちはどうなのよ?って感じだもん。

セリーナとアーロンはやったね!
GGは断然2人を応援するから!

それから、ブレアがいい感謝祭を迎えてほんとによかった。
報われて当然だもん。

だけど、唯一がっかりさせられたのは、ヴァネッサだよね。
WTF、V?
早く分別を取り戻して、正しいことをすることを願わずにはいられない。


嫉妬って
人を思わぬ行動に走らせるから怖いよね。


xoxo Gossip Girl


June 24, 2010
Gossip Girl

081126ggthanksgiving.jpg

感謝祭おめでとう!
みんなにはいつも感謝してるよ!

xoxo Gossip Girl


June 22, 2010
Gossip Girl

もうすぐゴシップガールも大好きな祝日、感謝祭だよ。

家族が集い、お互いの存在に感謝する大切な日。

でもアッパー・イースト・サイドじゃ、家族が集まると
いつもドロドロ劇の連続になっちゃうんだよね。

今年の感謝祭も、一体どうなることやら。

xoxo Gossip Girl


June 12, 2009
Gossip Girl

昔のセリーナを覚えてる?
マンハッタンじゅうのバーを真っ昼間から渡り歩いて、酔っ払ってたでしょ!

今の彼女を見てると、たった1年で人は変われるんだってつくづく思っちゃう。
thanksgivingepisode_diner1.jpg
去年の感謝祭なんか、ダウンタウンのバーでヘベレケになっちゃって、ブレアが迎えに行くハメになったんだよね。ベロンベロンのセリーナは、往き来するタクシーにはねられそうになってた。
実はこの時、さっそうと現れてセリーナを助けてくれた王子様がいたんだよね。それがダン・ハンフリー だったの!感謝祭ディナー用のパイを買って歩いてたら、憧れの女子が道路の真ん中で立ち往生してたわけ。そもそも、ダンはその前の年、あるパーティーでセリーナに出会ってた。パーティーで彼に声をかけてくれたのはセリーナだけで、それ以来ダンは彼女に恋してたんだよ。もちろんセリーナは彼がコンスタンス・ビラードの兄弟校、セント・ジュードの生徒だなんて知らなかったけどね。
細かい説明はさておき、この日から1年後にダンがセリーナとラブラブになってるなんて・・・こんな奇跡を予測できた?この幸せこそ神様に感謝しなくちゃね!>ダン

さて。ブレアはものすごく感謝祭を楽しみにしてた。ブレアの一番好きな祝日である上に、パパのハロルドがフランスから来ることになってたんだもん。ブレアとパパにとって感謝祭は特別な祝日だったのね。ウォルドーフ家では、アッパー・イースト・サイドの名門家族を招いて盛大な祝宴を開くのが恒例で、当日ブレアとセリーナは、ドロータやケータリングの人たちの手伝いをしてた。そこで話題に上ったのがチャック・バス。セリーナは、ブレアの誕生日パーティーで彼女とチャックがキスしてるとこを見ちゃったって切り出したの。するとブレアは"何を血迷ったか二度もチャックと寝ちゃった"って打ち明けたの!セリーナはキスしてただけだと思ってたから、そりゃビックリだよ。・・・そりゃ、キスしてたら、まあお触りもあるだろうけど、でもまさかブレアがチャックとエッチ?!元カレの親友だよ? セリーナは"ネイトに仕返しするためにチャックと寝たんじゃないよね"って聞いた。ブレアは心外だった。セックスと親友の複雑な関係?それをセリーナに言われるなんて。自分をとがめる資格なんてないじゃない。で、"私が先にチャックと寝たからあんたは妬いてるだけでしょ、アッパー・イースト・サイドで落としてない男は多分チャックだけだから"と切り返し。これ以上話してもムダって思ったセリーナは帰っちゃった。もちろんウォルドーフ家のディナーもパス。
あ?あ・・・この2人のバトルが再燃しそうな雲行きだね。祝日は穏やかな時間を過ごす日だって思ってる人は、アッパー・イースト・サイドの人間を分かってないだけだよ。

さて、ここでまたダン・ハンフリーの登場。感謝祭ディナーにあぶれたヴァンダーウッドセン家に救いの手を差し伸べたの。今やブルックリンのチャーミング王子って感じだね。ダンは"うちにターキーとクランベリー・ソースを食べにおいで"ってセリーナ一家を招待した。ハンフリー家だけでは食べきれないほど用意したらしいし、感謝祭にルーム・サービスやテイクアウトの中国料理じゃ悲しいもんね。リリーは躊躇してたけど、ダンは拉致に成功。彼女をブルックリンのウィリアムズバーグまで連れてったの。リリーはちょっと心配そうだけど、やっぱりルーファス・ハンフリーのことが気になるのかな?エレノアのパーティーで2人がブチュ?ってやってたのは、ほんの数週間前だったよね?子供たちは2人の過去をまったく知らないけど、それが両家の間で白日の下にさらされる時が刻一刻と迫っている模様。

ヴァンダーウッドセン家はロフトに到着。リリーも一緒だったからルーファスは驚いてた。で、もっと驚いたのがアリソン・ハンフリー。テーブルに着くとリリーとアリソンは、ダイヤも切れそうなほど鋭い眼差しでにらみ合ってた。リリーは平静を装って、カリフォルニア州モンテシートの牧場で育ったことや、馬を飼ってた話をしたの。可愛がっていた馬の名前がローズウッドだったって言うと、ジェニーがすかさず"パパが、ママの香水にちなんで書いた曲のタイトルと同じだ"とコメント。そこからはもうガタガタで、アリソンは"私ったらバカね"なんて言って席を立っちゃった。
ちょっと待った!一体どういうことなの?
要するに、リリーとルーファスは若い頃の知り合いってだけじゃなくて、付き合ってたわけだ。つまりエッチもした仲。それだけでもビックリなのに、セリーナ・ママがかつてグランジ・ロックのグルーピーだったことも発覚!!あのリリー・ヴァンダーウッドセンからは想像もつかないんだけど。シャネルがネルシャツ系も作ってたなんて知らなかったよ。

071129_11-29-blair-serena-c.jpgその頃、ブレアは感謝祭気分どころじゃなくなってた。パパが来ないと知って、かなりガッカリ。1年前のブレアは、幸せな家族とラブラブの彼氏、そして彼氏を寝取る前の親友に囲まれて本当に満ち足りてた。それが1年後の今日は、感謝祭に当然いるはずのパパも彼氏もいなければ、親友ともケンカ中。なんか、ブレアの様子がヤバくなってきたような気がする。食事会が始まっても、まったく手をつけないんだもん。エレノアにいくら食べろって言われても全然その気なし。エレノアがデザートを勧めるとブレアは、パパのとっておきのレシピで今朝焼いたパンプキン・パイを捜したの。見当たらないと思ったら・・・エレノアは"見事なデザートがこんなにたくさんあるし、パンプキン・パイは浮いてたから、ドアマンにあげちゃった"だって。ブチ切れたブレアは、テーブルからパイを1台持って台所に駆け込み、ガツガツとひたすら食べ始めた。ひと口、ふた口、次から次へとあの小さな口に押し込んだの。そしてふと戸棚のガラスに映った自分を見ると、今度は台所を飛び出して行っちゃった。・・・実はブレアは、過食症の治療中だったんだね。克服したと思ってたけど、再発かな? 独りぼっちで途方に暮れたブレアは、たった1人の分かってくれそうな相手セリーナに電話したの。友達思いのセリーナは、ブルックリンのダン宅を飛び出してすぐ駆けつけた。気ではうまくコントロールしてるつもりでも、やっぱり簡単には治らないみたいだね。とりあえずここを離れなきゃ、と思ったセリーナは、ブレアと一緒にウォルドーフ家を後にしたの。

アッパー・イースト・サイドではおなじみのゴタゴタが、ブルックリンのハンフリー家でも進行中だった。親同士がケンカしてるさなかへブレアを連れて戻ってきたセリーナは、不穏な空気を感じて他の子供たちがいるジェニーの部屋へ直行。3人は親の過去について議論してたの。自分たちは義理の兄妹じゃないよね?!とか、エリックの髪の根元はハンフリーさんっぽくて怪しい、とか。緊張した面持ちで見つめ合うダンとセリーナ。まさか、兄妹なわけ?そんなことありうる?・・・そりゃそう祈るしかないよね。みんなは一刻も早くロフトから離れたかったみたい。だから、神様は「非常階段」なる物を創造したんだね。子供たちはこっそり抜け出したけど、親同士のバトルはまだ続いてた。アリソンは、エレノアのパーティーでのキスのことを知っちゃったの。リリーが"本気のキスじゃなかった"なんて言っても怒りは収まらない。ルーファスとの結婚生活を守ろうと必死のアリソンは"この先、私とやっていくつもりならリリーとは金輪際かかわらないで!"って言い放ってた。

さて。1年前に比べると、ネイトの生活も間違いなく激変してた。去年は、自分にベタ惚れの彼女、元カノとエッチなんかしてない親友、それに横領罪で起訴されてない父親に囲まれてたの。でもウォルドーフ家の祝宴にも招かれない今年のアーチボルド家は、急きょ自宅で家族3人だけのディナー。アン・アーチボルドは、今回の夫の不祥事でウォルドーフ家に招かれなかっただけでなく、自分が役員を務める複数の委員会から辞任を求められてたから、ものすごく機嫌が悪かった。責められたパパは肩身が狭そうだし、やり切れないネイトは中座して家を出たの。でもまもなく、話を聞いてくれる相手が1人もいないってことに気づいた。何か哀れすぎ。そして帰ってきたネイトを、超ショッキングな事態が待ち受けてたんだよね。パパが書斎で倒れてたの!病院で、"きっとあの人は"うっかり"(・・・?)大量のバイコディンとウィスキーを飲んでしまっただけよ"なんて平静を装うママ。そんな彼女にネイトは"もう現実から目をそらして自分をごまかすのはやめろよ、父さんは病んでて自殺を図ろうとしたんだ。助けてあげなきゃ"って声を荒らげてた。パパが目を覚ますと、ネイトはベッドサイドにいて"みんなで乗り切ろう。僕たちにはパパが必要なんだ"って励ましてた。

thanksgivingepisode_diner2.jpg暴かれた過去のショックを抱えたまま、ヴァンダーウッドセン&ハンフリーの子供たちとブレアは、ブルックリンのダイナーへ。今年の感謝祭は忘れられない日になりそう。
ダンはまだ信じられない様子。パパは、過去に付き合った"セリーナによく似たタイプの子"の経験をもとに、ずっとダンにアドバイスしてたよね。その過去の女がセリーナのママじゃ"よく似てて"当然だよ。
しばらくしてリリーがダイナーに来たから、外したほうがいいと思ったダンとジェニーとブレアは、3人を残して帰ってった。リリーは席に着くと2人の子供たちに、封印してた過去を語り始めたの。セリーナとエリックは、今までうやむやにされてた部分をやっと本人の口から聞けて、すごく嬉しそう。だってママがジェーンズ・アディクション、ナイン・インチ・ネイルズ、そしてもちろんリンカーン・ホークにどっぷりハマってたなんてまったく知らなかったもんね。

アッパー・イースト・サイドの自宅に戻ったブレアも、ママのエレノアと向き合った。エレノアはようやく"ハロルドがニューヨークに来なかったのは自分が来ないでと言ったから"って認めて、自分の気持ちをブレアに打ち明けたの。別居してある程度経つし、パパはフランスで男と暮らしてるけど、ママはまだすべてを受け入れられずにいたのね。ずっと家族で幸せに過ごしてきた感謝祭の日に、パパに会うのは辛かったんだって。ブレアとママは抱き合ってたよ。やっとわだかまりが解けたように見えた。・・・今のところはね。

こちらブルックリンでも、事は丸く収まりつつあるみたい。ハンフリー家は、感謝祭恒例の家族行事、タッチ・フットボールをしにフルトン・フェリー公園へ繰り出したの。女子チームと男子チームに分かれて、楽しそうに遊ぶ一家を夕焼けが包んでた。ハンフリー家もかつての幸せな家族に戻ったみたいだね。祝日の間だけじゃないことを祈ってる!

今年の感謝祭は、アッパー・イースト・サイド(及びブルックリン)の人たちにとって素晴らしい一日になったみたい。
秘密が明るみに出て、傷ついた人もいたけど、感謝しなきゃならないことにも気づかされたよね。
まず家族。
ウザくて顔も見たくない時もあるけど、いざという時は必ずそばにいてくれる存在だってこと。
そして友達。
時々裏でバカなことやってくれたりするけど、決して過ちで相手を判断したりしない存在だってこと。
感謝祭の意義は、自分たちの人生に深くかかわる人たちのいい所も悪い所も認めて、受け入れることにあると思う。人生に出会いや別れはつきものだけど、家族とほんとの友達はいつだってそばにいてくれる。感謝祭は、家族と友達がいる幸せを改めて噛みしめる時なんだよね。
私たちも今一度、いつも楽しませてくれるアッパー・イースト・サイドのみんなに感謝しなくちゃね。
だって、あの人たちがいなかったら私たちの人生ってつまらないと思わない?
みんな、ありがと?!!

xoxo Gossip Girl


June 9, 2009
Gossip Girl

ニューヨークは感謝祭の季節。
この街の感謝祭のお決まりは、Citarella シタレラの七面鳥、Bouchon Bakery ブション・ベーカリーのパンプキン・パイ、そしてセントラルパークと77丁目の角でスタートするMacy'sの感謝祭パレードを見ること。

この祝日は、家族や親族が集まって、大地の恵みと互いに感謝を示す大切な日。

でもアッパー・イースト・サイドじゃ、人を集めること イコール トラブルを招くことってのも常識。
毎年ウォルドーフ家では、ニューヨークのセレブ家族を集めて盛大な感謝祭ディナーを開くんだけど、今年は1軒だけ招待客リストから外された家族がいるの。そう、アーチボルド家。横領と詐欺の容疑でネイト・パパが逮捕されてから、この2家族の関係はどうもしっくりいってないみたい。ご愁傷さま。
そして遥かブルックリンでは、ハンフリー家が"自分探しの旅"から戻った母を囲んで、こぢんまりと家族だけの感謝祭のディナーをしようとしていた。でも、この食卓も、スイート・ポテトとクランベリー・ソースだけじゃ済みそうにないんだよね。

今年のニューヨークの感謝祭は、ご馳走とゴタゴタがてんこ盛りで、
ゴシップガールの期待を上回る展開になりそう。どんどんお代わりしちゃうよ!

xoxo Gossip Girl


« 前  1  次 »

TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.
© 2000-2010 SUPER NETWORK,inc.All rights reserved