タグ「S+Crtr」が付けられているもの

August 19, 2011
Gossip Girl

100413_318dorota.jpgGGほど結婚式が好きな人はいないんじゃないかな。
今回も、最高にビューティフルで、
ロマンティックだった!

でもね、
最高の幸せと一緒に、
不幸もやってきた。

しかも、マジな不幸 :(


ジャック・バスとの一件以来、ブレアとチャックは冷戦状態。ブルブル。
連絡は一切取り合ってない。交流は一切なし。二人ともかなりの落ち込みぶりだけど、だからといってお互い意見を変えるつもりはないみたい。ブレアは部屋に引きこもり、チャックはスイートでやけ酒。しかも大量。
ネイトとセリーナは、なぜこんな事態になったのか全く見当がつかない。ようやくエンパイアがチャックの元に戻ってきたんだから、今頃チャックとブレアはお祝いしててもいいはずなのにね。そこで二人はチャックに会いに行く。冷戦を終わらせるためには、チャックがブレアに会いに行って、話し合うべきと説得。だって、チャックとブレアだよ?あの二人のことはみんなもよく分かってる通り、二人で一つだもん。どんなことが起こっても、チャックが情熱的でロマンティックなアタックをすれば、いつでも仲直りできるはずだよ。なのにチャックにはそんな気ぜんぜんないみたい。そこでネイトは一人でブレアを訪ね、説得してみたけど、悲しいかな、ブレアは聞く耳を持たない。ネイトにしてみれば、チャックが何をしでかしたか知らないけど、そんなに悪いことではないだろう、今までだって散々チャックの破天荒な行動の後始末をしてきたわけだし(なんなら一覧表リストでも作ってもいいけどね)、くらいなつもりだった。やがてブレアはネイトに真実を打ち明けた。
チャックは、最愛のホテルを取り戻すために、ブレアとの一夜をジャックに差し出した
それを聞きネイトは茫然。今回ばかりは、ウォルダスもおしまいかもね。

ウォルドーフ家で大きなジレンマに直面していたのは、ブレア一人じゃなかった。ドロータもパニック状態だったの。両親が来ることになったんだけど、実はまだ妊娠の事実を伝えてなかったんだって。かわいい娘が未婚のまま、妊娠させられたなんて知ったら、両親が喜ぶはずはない。でも、エレノアはまったく理解できない。だったら、今すぐドロータとヴァーニャでさっさと役所に行って、籍だけ入れたら?ここでドロータがバツイチであることを告白(うっそ!?)。その前回の結婚は、伝統的な行事を省き、役所で簡素に式を済ませたから、その後の結婚生活がうまくいかなかったんだと猛反論。伝統に従わない結婚式は、縁起が悪い。ドロータはどうすればいいのか分からなかった。そこへ、すべてを聞いていたチャックが救世主として登場。いつものチャックらしく、なにかいいアイデアがあるみたい。

チャックは、ドロータとヴァーニャのために理想の結婚式を開いてあげることにした。やったね!
でもブレアはチャックの登場に不満。まじむっとしてる。それを見てチャックもがっかり。しかもドロータが、チャペルへ新郎新婦をエスコートするハッピー・カップルの役目を、ブレアとチャックにお願いしてきたので、事態はさらに悪化。ブレアとチャックが引き受ければ、ドロータもうれしいよね。ブレアに選択肢はなかった。ドロータには幸せになってほしかったから、Bは結局引き受けると返事をした。チャックは自分の愛情表現に、ブレアが気付いてくれるのは時間の問題だと本気で思ってた。でも今回ばかりはそうはいかなかった。ブレアはこれが自分を取り戻すチャックのゲームだとわかってた。そして、Bはもうチャックと関わりたくなかった。だからBは、チャックに断言した。
結婚式が終わったら、二人も終わりだと。
NO!!!!

ということで、式が終わるまでブレアは"チャックと一緒で幸せ"という顔をすることに。
ドロータとヴァーニャのリハーサル・ディナーの夜、ダンスの最中にチャックはブレアを必死で説得。二人の心はつながってる。二人はお互いにとってパーフェクト。ジャックの件についても、心から謝った、猛烈に反省している、とね。でも、チャックだって言いたいことはある。ジャック・バスの一件では、ブレアが自分でやったことは、まぎれもない事実。チャックはブレアに、ジャックと寝てくれと強要してはいない。この言葉こそ、ブレアが一番聞きたくないものだった。
ブレアはショック状態でその場を立ち去った。やっちゃった。ブレアの不機嫌な様子に気がついたダン・ハンフリーは、何があったのかと聞いてきた。これって変な展開だよね。でもダンは、ブレアが心配だったみたい。ふーん。ブレアは、自分とチャックの間が、ギクシャクしていることを認めた。チャックが何をしたのか知らないけど、許せないほどの悪事ではないだろう、となだめるダン。そう言われてブレアは、自分が何に対して腹を立てているのかが、ハッキリとわかった。チャックの取った行動に怒っているんじゃなかった。自分自身の行動が許せなかった
ブレアは自分とチャックは、本当にお互いの運命の人なのかもしれない、と考えた。二人は似たもの同士。邪悪で、恐ろしい生き物。今のこんな彼女を愛してくれる人が、他にいるわけない。

結婚式当日、チャックはびっくり。ブレアが彼の登場に少しだけうれしそうな表情をしたから。まあ、少なくとも彼を見て逃げ出すことはなかったわけで。ブレアは、やっぱり二人で一緒にいたいと決心したことを伝えた。(・・・いい感じ。)そして一緒に落ちるところまで落ちて、どん底までいこう。きっと地獄でも一人じゃないなら耐えられるからって。(・・・なんか雲行きが怪しい?)
チャックは茫然。こんな付き合い方は望んでないよね。・・・でも何も無いよりいいのかな。

式の前、最愛の人についての数々の質問に答えていくヴァーニャ。彼がどんなにドロータを愛しているか話すのを聞いているうちに、ブレアは、メイドとドアマンが育んできた愛に感銘を受けた。とても純粋で真実の愛。だからハッピー・カップルとしてチャックとブレアの名が呼ばれた時、ブレアは躊躇してしまう。...そして、思わぬことをしてしまう。
...心の準備はいい? 深呼吸した?

ブレアは、みんなの前でいきなり告白。

BとCは、本当はハッピー・カップルではないから、自分たちがエスコートしたら、ドロータとヴァーニャの結婚式に不幸をもたらしてしまう、と。
OMFG

悲しみに落ち込でいるブレアをやさしく慰めるドロータ。彼女は、結婚がうまくいく秘訣はお互いにとってふさわしい人物かどうかで、伝統を重んじたところでそれでうまくいくわけないと気づいた、と話した。それにドロータの願いは、自分たちだけじゃなくて、ブレア自身も幸せになることなのだから。
なんていい話なんだろ、二人の絆は本当に強いよね<3 これでドロータとヴァーニャの結婚式は再開、素晴らしく感動的なものだった。もしかしたら、GGもちょっとだけ泣いちゃったかもしれない ;)

とにかく、式のあと、チャックはブレアの元に行く。そんなに不幸だったのか?ブレアはそうだと認める。彼女が望んでいるのは、こんな歪んだ愛の関係じゃない。ブレアはドロータとヴァーニャのような、純粋な愛が欲しかった。そして、今までで一番悲しい言葉を告げた。

これでチャックとブレアは終わり

NOOOOOOOOOOOOOOOOOooo

もう死んじゃう。

もう文字も打てない。

悲しすぎるよ。

その日の夜のパーティでは、チャックは、さながら、昔のプレイボーイのチャック・バスに戻ってしまったようだった。彼はヴァーニャのいとこの一人を見つけ、その後二人は・・・何をしたかは分からないけど、一緒に出て行ったことは確か。ブレアは一部始終を見ていた。一体どんな心境だったんだろう。

もう言葉にならない。

文字にするとしたらこんな感じ。

UUUUUUGGGGGGHHHHHH
 
 
 
 
 
 
 
100413_318serenate.jpgネイトとセリーナの間にも、トラブルが発生していた。事の始まりは、ウォルドーフ家の外で、ネイトがカーター・ベイゼンにばったり出くわしたことだった。 WTF? カーターは、セリーナが朝食の時に忘れていたものを届けに来たらしい。(ハンフリー家と朝食を取るとSは言ってたのに)。カーターは、自分はある事でセリーナを手伝っているのだと、ネイトに説明。ボーイフレンドであるネイトは、手伝うどころか、"ある事"が何かも知らない。・・・ちょっと、ヤバくないすか?
このカーターとネイトのやり取り一部始終を見ていたのは、・・・ジェニーとエリック(ウォルドーフ家で結婚式準備のお手伝い)。その朝セリーナがどこにいたのかと、ネイトが二人に聞くと、ジェニーは本当のことを話した。今朝はセリーナと一緒じゃなかったと。
・・・ビッチ。それとも、ただのバカ正直?どっちだろ?
とにかく、相当頭にきてたネイトは、カーターから預かった封筒をジェニーに渡して帰っちゃった。その後、もちろんジェニーはウォルドーフ家に向かい、封筒を、メッセージ付きでセリーナに手渡す。カーター・ベイゼンからネイトに渡されたものを預かったの、ってね。
Sってば完全にバレちゃってるし。

結局セリーナは、ネイトにカーターとの事を説明した。確かにカーターと朝食を一緒にとった。でもそれだけ。もしカーターが、思わせぶりなことを言ったのだとしたら、それは彼のウソ。でもネイトは、そんな言葉は到底信じられない。会話を盗み聞きしていたジェニーは、カーターとの浮気疑惑の真相を探ったほうがいい、とネイトに促す。だってセリーナだもんね。秘密まみれのクイーンだもの。トラブルか何かに巻き込まれてるのかもしれないし。Sのためにも、ちょっと探りを入れた方がいいに決まってる。この提案に、ネイトは乗り気じゃないんだけど、Jはやる気満々。Sのバッグを探り、カーターが届けに来た封筒を見つける。謎めいた封筒の中身は、なんとカーターのホテルのルームキーだった。わお。

セリーナがカーターのホテルのルームキーを持っていたことで、ネイトは激怒り。(そりゃそうだ、怒って当然)。直接ネイトが問い詰めると、ついにSも真相を白状。カーターはセリーナの父親捜しを手伝ってたらしい。は?もうとっくに諦めたんじゃなかったっけ? どうやらセリーナは父親捜しはやめてたんだけど、カーターが、父親の最新情報を手に入れたと言ってNYCに戻ってきたわけで。なかなか居場所が定まらないヴァンダーウッドセン氏の情報は貴重でしょ。ネイトは、話を聞きながらイライラ。カーターの目的はハッキリしてる。父親の情報をちらつかせ、Sのパンツに入り込むすきを狙ってるんだ。カーターの体に善意なんてもんは存在しないんだから。ネイトの意見に、セリーナはご立腹。いくらなんでも失礼だよ。

100413_318jenny.jpgその後、カーターはセリーナを迎えに、ドロータの結婚式に忍び込んできた。父親の居場所がハッキリしたらしい、パームビーチにいるんだって。今こそ絶好のチャンス、そこでSは意を決して、結婚式を途中で抜け出すことにした。ついにパパに会える、やったね! でも、セリーナが出て行くところを、悪い人に見られちゃった。・・・世界一悪名高い目撃者、ジェニー・ハンフリー。セリーナがカーターと一緒にドアへ向かっていくのを、ちらっと目撃。すかさずネイトに告げ口。彼はショックで茫然。・・・大変だよ。

空港に向かうリムジンの中で、セリーナはおかしなことに気がつく。カーターが用意した飛行機のチケット。よくみると購入日はずいぶん前だった。カーターはいったいいつからパパの居場所を知っていたわけ?もしかしてこの情報を利用して、セリーナを連れ出したかっただけ?答えはもちろん、イエス!カーターはセリーナとよりを戻すために、父親捜しを手伝っていたんだよね。サイテー。セリーナはカーターに、自分には心から愛しているボーイフレンドがいると知らしめ、すぐさま彼をリムジンから追い出した。たった一人で行くから大丈夫。Go Go セリーナ♪

その頃エレノアとサイラスは、ドロータにステキな結婚祝いのプレゼントをしようと計画。でも残念ながら、二人の考える"ステキ"の度合いが相当違ってた。エレノアはヴェラ・ウォンのケーキナイフを提案。しかしサイラスはドロータとヴァーニャに新居を購入する気でいた。これを聞いて、エレノアは仰天。マンションって、そんなバカげた話はないでしょう、ドロータはただのメイドなのに、ってね。サイラスは理解に苦しんだ。だってドロータは家族も同然。それに実質的にブレアを育てたのは、ドロータなのだから。・・・ブレアの母親として、ドロータの方が勝っていると言われ、エレノアは侮辱された気分。でも、ブレアとドロータの深い絆を目の当たりにして、エレノアは考え直した。自分はいつも最高の母親だったとはいえないし、たしかにドロータがいたからこそ、ブレアはちゃんと成長してくれた、わけで。だからドロータにマンションを買ってやる義務がある。いや、マンションで足りるかな? ま、とりあえず今回は、手始めにマンションということで。
これでドロータとヴァーニャはクイーンズにマンションを持つことになった。ヤッターっ OMGBGE

エリックが出会ったキュートな男の子、覚えてる?ネイトのバースデーにウォルドーフ家のビルのロビーで会ったエリオット。あれから二人はメール交換してるみたい。でも内容はだいたい音楽とか、どうでもいい話ばっかり。つまんなーい。
エリックは、彼がゲイなのか、ただフレンドリーなのか、半信半疑。だからドロータの結婚式に、エリオットが彼女同伴でやってきたのを見て、エリックはダブルパンチ。ゲイでも、シングルでもなかった!がっくり。でも披露宴で、エリオットはエリックに、ガールフレンドにフラれたことを告げた。原因は彼がエリックの話ばかりするからだって。ちょっと待ってよ。エリックはわけがわからず。だってエリオットはストレートでしょ?ところが、実は彼はバイセクシャルだった!しかも、すっかりエリックに夢中になっちゃったんだって。YES! エリック1点獲得っ。
このE&Eコンボ、いいよね。

セリーナは空港へ向かう途中で、ネイトに電話。でも、ネイトは電話に出ない。その代わり、電話に出たのはジェニーだった。セリーナは、ネイトへの重要なメッセージを、ジェニー伝えることに。ネイトが全部正しかったわけで、ネイトからの電話を待ってる、ってね。ジェニーは、ネイトを見かけたら必ず伝えると約束。
でも、どうだったと思う? ジェニーはセリーナとの電話の間、ずっとネイトの姿を見ていたんだよね。やがて、ジェニーはネイトに近づいていって、セリーナからのメッセージを伝える代わりに、彼をダンスに誘った。彼はもちろんOK。
OMFG この泥棒猫っ

セリーナはパームビーチに到着。いよいよ父親と対面する時がやってきた。深呼吸をして、部屋のドアをノック。そして中から出てきた人を見て、超ビックリ。

これでもすごく控えめな表現だけどね。出てきたのはパパじゃなくて、なんとセリーナのママだった。

どうしてリリーがヴァンダーウッドセン氏のホテルの部屋にいるの?

WTF?


ジョー・バイデン氏の言葉を借りれば、

"これはクソ一大事だ"。
 
 
 
 
今後の展開が待ちきれません。
 
 
xoxo Gossip Girl


July 1, 2011
Gossip Girl

  これまでのGGアンケート>>


May 27, 2011
Gossip Girl

今週は、我らがいとしのセレブたちがみんなそろってズルしたせいで、
勝負が全部パーになっちゃった。
対戦相手が新しいライバルでも、いつものメンバーでも
結果的には、ほぼ全員敗者だもんね。

091020_306vanessa.jpgそれはそれはみんなが楽しみにして待ちに待ったNYUのペアレンツ・ウィークエンドがやってきた。両親は大学を訪れ、子供たちにおいしい食事を食べさせたり、すでに散らかり始めた寮の部屋を掃除したりする。でもペアレンツ・ウィークエンドのメインイベントは、新入生ディナー。ここで新入生の中から選ばれた特別な学生が乾杯のスピーチをする。みんながその栄誉を狙ってるらしい。
みんなっていうのは、つまりブレアとヴァネッサ。ブレアがやりたがるのも当然。だって、いつだってスピーチ役に選ばれてきた、あのブレア・ウォルドーフだもん。ところが乾杯役の選考委員でNYU卒業生のジョシュ・エリスによれば、乾杯役の候補者リストのトップはなんとヴァネッサ。自宅学習者でドキュメンタリー制作者という彼女の異色の経歴と、それに加えて入学以降の目覚ましい活動が高く評価されたらしい。さまざまなボランティア活動をする学生協力隊を組織して、行動力を見せつけたってこと。こういう見栄えのいい活動がお好きみたいね(おーい、みんな目を覚ましてよ)。

ヴァネッサは最高の機会を得られそうで有頂天。ホントうっとうしい。ま、確かに、これってネイト・アーチボルドとデートして以来、最高の出来事だもんね。あと少しで栄誉が手に入るところで、事態は思わぬ方向に。ヴァネッサが気を利かせて、ダンにムービースターのカノジョ=オリヴィア・バークを新入生ディナーに連れてくるよう説得する。オリヴィアは両親が来ないので、出席予定がなかった。でもヴァネッサは、ダンがオリヴィアを両親に紹介する絶好の機会だと考えたわけ。実際、ダンも両親と一緒ならクールに見えるでしょ(だってリリーとルーファスだもん)。オリヴィアは快諾。ところが、それが原因でヴァネッサは乾杯役のチャンスを失うことに。オリヴィア出席の意向を受けて、ジョシュ・エリスは有名女優の方にスピーチさせることに決めた。だってブルックリン出身の風変わりな女より、映画スターの方が見栄えがいいもんね。そんなわけで乾杯役の栄誉はオリヴィアの手に。
V、残念だけど予選落ちだよ。楽しませてくれてありがとね。

ヴァネッサはパニック状態。乾杯役は自分に決まったと思っていたから、もう母親をディナーに招待しちゃってた。これはVにとっては一大事だった。ヴァネッサの両親はヒッピーで、教育にお金をかけることに否定的。ヴァネッサがNYUに進学したことは、両親にとっては自分たちの教育方針に反した屈辱的行為にほかならない。でもヴァネッサは信じていたの。ママだって娘の晴れ姿を見に来るのは、うれしいはずだと。彼女の母親、ガブリエラもディナーの招待を快諾しバーモントから遠路はるばる駆けつけると約束してくれた。でも、肝心のスピーチはなくなってしまい、ヴァネッサは不安になる。ママを感動させるつもりが、失望させることになっちゃう。きっとママも困惑しちゃうかも。ヴァネッサの一大ピンチ!
・・・こんなとき頼りになるのは"ブレア・ウォルドーフの手引き"だよね。さすがはブレア、しっかりヴァネッサにオリヴィア撃退法を伝授。VはVで、ほかに選択肢がないと判断したもんだから、やるしかないと決心。さっそくダンに電話して、新入生ディナーにオリヴィアを連れてこないでほしいと告げる。しかも、ダンにウソをついたの。オリヴィアが彼の両親に会うことにストレスを感じていて、親に会うのはまだ早い、と不安に思ってる、ってね。Vは、Dにまずはオリヴィアと二人っきりのロマンチックなディナーを過ごした方がいいよ、と提案。多少ショックを受けたものの、ダンはしぶしぶ了承。そこでヴァネッサは次の手を打つ。ジョシュ・エリスに電話し、みごと乾杯役を取り戻す。・・・ひどいコソ泥女。D両親との面会をキャンセルされたとショックを受けたオリヴィアが訴えてきたときも、ヴァネッサはまたもやウソをついた。リリーとルーファスはセレブ嫌いで、有名人なんてくだらないと決めつけているから、ってね。オリヴィアは傷つき、どうしていいか分からなかった。・・・ダンの両親はオリヴィアを嫌いどころか、オリヴィアのこと知りもしないのに。
真面目に、VはUESから追放だよ。

もちろん、ブレアを忘れちゃだめだよ。まだBだって乾杯役の座を諦めてないんだから。ブレアはヴァネッサと直接対決することなしに、乾杯役を奪うつもり。そのために夏に繰り返した恋愛ゲームを、もう一度試してみる。今回の犠牲者は、なんと、そう、ジョシュ・エリス。あの乾杯役の選考委員よ。チャックをおとりに使って恋愛ゲームのスタート。ジョシュが彼女のボーイフレンドに言いよるまで、隅っこで待機。そして割り込もうとした瞬間、OMFG ジョシュ ♂ はチャックにキスしちゃった :O  ・・・実は、ブレアはジョシュと取引していたんだよね。ジョシュはあるゲームに勝つためにチャック・バスとのキスが必要だった。ブレアはそれを彼に与える代わりに、欲しいものを手に入れた。乾杯役の座だ。これでブレアのものになった。わーい。ヴァネッサ、また負けたね。

その頃、セリーナはカーターがいなくなって悲しみに暮れていた。別に死んだわけじゃないけど、確かにバックリー家の陰謀でニューヨークからはいなくなった。そしたらネイトがセリーナに、カーターを取り戻す方法があると言う。それはブリーのいとこ、PJ・バックリーとポーカーで勝負すること。ネイトの話によると、バックリー家はカーターをテキサスの油田採掘現場で働かせてるらしい。ブリーはPJからの提案をネイトに伝える。もしポーカーでPJに勝てば、カーターを返す。そんなの赤子の手をひねるぐらい簡単なことだ、と。赤ちゃんにしては、恐ろしくふてぶてしいけどね。でもね、PJ の話は大ウソだった。セリーナは大敗。カーターの運命は閉ざされちゃった。それでもネイトは諦めなかった。何としてでも南部の独裁家族を打ちのめしたい。そこで一枚の写真を賭けることにした。それはいとこのトリップが、バチェラーパーティーの夜に、マリファナと思われる水キセルを吸っている写真。もしセリーナが負けたら、PJは写真を好きなように利用できることになる。例えば、ニューヨーク・ポストの一面とかね。トリップといえば下院議員に立候補中。こんなスキャンダルは選挙で命取りになっちゃう。なのにネイトはセリーナの勝利に自信たっぷり。この勝負、二人は勝てたと思う?もちろん惨敗。セリーナとネイトは仕方なく写真を手渡すことに。だから言わんこっちゃない。テキサスに手を出すなって。

091020_306dan.jpgオリヴィアは、Dのパパ・ママに対してご立腹。まだ会ったこともないのに、自分のことを判断するなんてひどい。気持ちを抑えられなくなって、強引に新入生ディナーに参加することに。オリヴィアはダンと会場へ行き、そこで一芝居うったの。不愉快なほど携帯電話で話し続け、ビッチを演じて見せた(今までで最悪の演技だったけどね)。オリヴィアは確実にリリーとルーファスに強烈な印象を残した。ダンは恥ずかしいわ、混乱するわ。あんなに謙虚だったカノジョが、一体どうしちゃったんだろう?

ヴァネッサのスピーチの準備はバッチリ。会場にいるママに、自分の能力を示す時間がやってきたのだ。そこへブレアが悪いニュースを知らせる。スピーチをするのはヴァネッサじゃない、ブレアなんだと。ヴァネッサはあえなく撃沈。でも、まだ負けたわけじゃない。今ではVも立派な妨害クイーンだから、ちょっとした騒動を起こすことにしたの。バッグの下にマイクを隠し、ブレアと直接対決。ブレアのどこが自分より勝っているのか、彼女に聞いた。そのとき、ブレアはあらいざらい全部話し出した。もともとブレアの格が上なんだから。それに、乾杯役に選ばれるためならどんなことでもすると。実際に手段は選ばなかったしね。チャックにウソまでついて、ジョシュのゲームに付き合わせたのは本当のこと。
ヴァネッサは仕込んであるマイクの存在を明かす。新入生ディナーのお客全員が、ブレアの告白スピーチを聞いちゃった。あーあ、ブレアってば、やっちゃった。

でも大打撃を食らったのはブレアだけじゃないよ。ダンとオリヴィアは、ヴァネッサの裏切り行為に気づいた。Vこそオリヴィアをディナーに参加させないように裏工作した張本人だった。ヴァネッサは必死に弁明して謝った。両親に自分の能力を示すために、どうしてもスピーチする必要があった。ダンの両親はひどいことなど何も言っていない。実際、Dの両親はすばらしい人たちで、ひどいのは自分の両親だから、って。それを聞いていたヴァネッサのママは、そのまま立ち去っていった。大変だ。
ヴァネッサはママに真相を聞かれたことにひどく動揺、懸命に許しを請うた。ガブリエラは娘に、どんなときでも自分らしさを忘れない子でいてほしいと話した。ママが言う通り、大学がVをどんな人間に変えてしまっているのか、もう一度よく考えた方がいいよね。だって、実際ヴァネッサはすごく変わったもん。今の彼女は明らかに昔のヴァネッサじゃない。それって良くないよ。

ブレアはウソをついていたことがチャックにばれてしまい動揺しまくり。もし彼に真実を話していたなら、きっと彼は彼女のためになるならと実行してくれただろうね。チャックはブレアのためなら何でもしてくれるから。じゃあ今回は?許してくれる?もしかして、これって、ブレアとチャックの初めてのリアルなケンカかも!? ASAPで仲直りしてくれることを祈る。


091020_302sernate.jpgその頃、セリーナは最悪の気分だった。ネイトはセリーナを慰める。失敗したのは君のせいじゃない、僕の失敗は自分でかたをつける。でも、そのあとセリーナは衝撃の真実を知ってしまう。なんとSはネイトに利用されていたの。ポーカーは全部仕組まれたもので、予定通りこちらが負けて、加工した写真をPJに渡すことに無事成功。ネイトとヴァンダービルト家はバックリー家がトリップの合成写真を世に出した瞬間に、バックリーの不正を暴露する計画をしていたの。写真を偽造するという汚い手口が公になれば、バックリーの評判はガタ落ち。言いかえれば、トリップは優位に立ち、選挙に勝つことができるってわけ。ネイトにこんな形で利用されたことに、もちろんセリーナは激怒。どう反撃したと思う?そう、バックリー家に行って、ヴァンダービルト一家の作戦をあらいざらい暴露。それを聞いた彼らは感謝の意を表して、カーターを釈放する。ようやく戻ってきたカーターだったけど、またNYCを離れると宣言。セリーナとカーターはジ・エンド :(
セリーナは落ち込む。だってSはボーイフレンドを失った上に、親友のネイトまで失ってしまったから。

唯一、負け組にならなかったのはダンとオリヴィア。
彼らは両親との顔合わせをやり直すことになった。オリヴィアはいつもの彼女に戻り、もちろんリリーとルーファスはそんな彼女をすごく気に入ったみたい。やったね。
 
 
今回ばかりは我らがいとしのセレブたちも、かなりつらいね。

でもきっと、物事はだんだんいい方向に向かうはずだよ。

・・・まさか事態は悪化したりしないよね?
 
 
 
ゴチャゴチャするに決まってる、か。やっぱり :)

ま、明日は明日の風が吹くからさ。
 
 
xoxo Gossip Girl


May 20, 2011
Gossip Girl

091013_305rufuslily.jpg♪ goin' to the chapel Humphrey Loft ♪ and we're gonna get married ♪

いま泣いてる。
涙が止まらない。

・・・よく分かってる。
ゴシップガールたる者、感情なんかに押しつぶされないはず。

でもね、
そんな時ってあるよね?
GGにも心の奥深くに、
人間的なハートがあったみたい。感情豊かな魂がね。

えーん。


さて。
くだらないグレイズ・アナトミーごっこは、もうやめて、
さ、本物のドロドロ劇の幕開けだよ!

ヴァンダーウッドセン家での話し合いは、うまくいかなかった。セリーナがブラウン大を休学することに対して、いまだリリーはご立腹。もし夏の間リリーがニューヨークにいれば、Sは今頃ちゃんと大学生活をおくっていたはずだったのに、すべてはルーファスの責任!・・・でも、そんなことルーファスに期待しても無理だよね。そんなわけで、リリーとルーファスは、事実上の冷戦状態に突入。ブルブルっ。この危機に気付いた子供たちは、まるで映画「ファミリー・ゲーム」のヘイリー・ミルズやリンジー・ローハンのように、両親仲直り作戦を計画する。セリーナ、エリック、ダン、ジェニーの4人で協力して、両親が話し合える機会をセッティング。リリーとルーファスは、見解の相違について議論する。そして、仲直り作戦は大成功!
・・・のはずだった。もうちょっとで。子供たちが"Let's Get Together"を歌い終わる前に、二人は再びケンカを始めてた。
事態は思わしくないね。

その頃、ブレアはネイトのガールフレンドのブリーに嫌がらせをしてた。この"南部美人"には何か裏がある、とブレアは確信してたから。だって、こんなに完ぺきな女の子なんているはずないよ。もちろんチャックは、いつものブレアの過剰反応だと思っていた。で、自分のカノジョの代わりにブリーのもとに謝罪へ行くと、チャックはある興味深いことを知る。どうやらテキサス美人はカーター・ベイゼンへの復讐を企てているらしい。チャックにとって、カーターの敵は自分の仲間も同然。Cはブリーとの接触をブレアに内緒にして、ブリーと一緒に共通の敵に攻撃目標に定めたわけ。

ニューヨークに戻ってきたのは誰かわかってるよね? そう、ジョージーナ・スパークス。結局すぐにニューヨークに舞い戻ったビッチ。しかもこれまで以上に超イジワルにパワーアップしてね。ダンは新しい恋をスタートさせ、現在オリヴィア・バークと幸せいっぱい。この事実を知ったジョージーナが、黙って見過ごすわけはない。即刻ダンとヴァンパイア・ナイトを別れさせようと計画。そこで彼女はヴァネッサに助けを求めた。スコット・ロッソンの素性をジョージーナに知られてしまった以上、ヴァネッサは協力するしか手がない。もろ脅迫だよ。ヴァネッサならできると、ジョージーナは確信していた。案の定、ヴァネッサに、恋人にするならムービースターではなく、同じニューヨーク出身で付き合いの長い相手を選ぶべき、と言わせた。そんなことを親友に言われるとやっぱりダンは考え込んだ。そのことをジェニーとエリックに相談すると、思わぬ答えが。ヴァネッサはダンのことが好きなんだ!そうに決まってるじゃん。これを聞き、早速ダンはヴァネッサに自分の気持ちを伝える。ヴァネッサの気持ちにはこたえられない、と。
その時、ついに真相が明かされた。実はスコットがダンの本当の兄弟だと
OMFG

リリーとルーファスの冷戦状態は、長くは続かなかった。二人は愛し合ってるからね。大急ぎでお互いのもとへ駆け寄り、結婚することに決めたの、今すぐにね。セリーナが指揮を執り、あれやこれやすべて手配。ブレアやジェニー、ドロータ、アマリア、新しいミーン・ガールズの協力の末、あれこれ言ってる暇もなく、リリーとルーファスは夫婦になる準備を進めていく。

ダンは、父親の結婚式を何事もなく終わらせたかった。だから爆弾を抱えたジョージーナをどうにかする必要があった(あの女が何をしでかすか、わかったもんじゃないからね)。とにかく結婚式が終わるまでジョージーナを引きとめたかったので、ダンは彼女にヨリを戻したいと告げた。ジョージーナは有頂天。ついにダンを取り戻した! でも次第に疑い始める。だってルーファスとリリーの結婚式に招待してくれないし、キスの時にお尻をつかまなくなったから。そんなのDらしくない!ジョージーナはダンにだまされていることを知り、彼を破滅させようと心に決めた
コワすぎる。

091013_305carena.jpg
結婚式は一見順調に進んでいた。カーターの登場に、チャックは驚いたみたいだけどね。どうやらチャックは彼に最後通告をしてたらしい。結婚式に出席して、バックリー家とのもめ事の真相をセリーナに説明するか、それともチャックから受け取った航空券でさっさと国外に逃げ出すか。カーターはチャックが思っているより勇敢だったね。それとも恐怖よりセリーナへの愛情が勝ったのかな。式場に姿を現わせば、当然ブリーに会うことになる。そしてブリーは、カーターの正確な現在位置を家族に連絡。カーターはセリーナに、バックリー家との間に何があったかを語った。当時ギャンブルによる多額の借金で困っていた。だからブリーのいとこ、ベス・バックリーと恋に落ちたふりをして、彼女にプロポーズ。裕福な家の娘と結婚すれば、借金を肩代わりしてくれる。そうすれば、自分は自由になれると思ったのね。でも次第に良心がとがめて、最後には結婚式を挙げずに逃げ出しちゃった(結婚詐欺じゃん)。それでバックリー家はカーターに償いを求めているってことだった。セリーナの頭は大混乱。だってママの結婚式なんだよ。そんなこと言われても、受け入れられないよ。

結婚式に招かれざる客はつきもの。今回の疫病神は、もちろんジョージーナ。そして、もう一人スコット・ロッソン。OMG ボストン滞在中に仲良くなったジョージーナとスコット。リリーとルーファスの結婚式が迫っていることを聞いたスコットは、ついに真実を打ち明けるために、ニューヨーク行きのバスに飛び乗る。しかし、ブルックリン植物園に到着すると、最悪の場面に鉢合わせ。リリーとルーファスが、また口論していた。この結婚は本当に正しいのか?二人の意見は食い違ったまま。そしてリリーは、いったいスコットが何者なのか、なぜ個人的な会話に口をはさむのか、理解できなかった。この事にスコットはショックを受け、立ち去ってしまう。その時、ダンとヴァネッサがリリーとルーファスに真実を白状する。スコットは彼らの子供の兄じゃない。スコットこそが正真正銘の彼らの子供なんだと。ジョージーナはご満悦。他人の人生をぶっ壊すことに成功したから。
ジョージーナって、マジで悪魔以上だ。
091013_305scott.jpg
リリーは、スコットに対する自分の態度を思い出し愕然とする。あきらかに第一印象として、あるまじき行動だった。リリーとルーファスはスコットの行方を捜し、彼を見つけて安堵する。20年間諦めていた息子を、ようやく抱きしめることができて、リリーは幸せだった。スコットが生まれた日から、ずっと夢見てたことだったから。家族3人で抱きしめあってた。そう。私も涙が止まらないよ。ティッシュ・プリーズ。

こうなったらブルックリン植物園もご馳走もブルームバーグ市長も、リリーとルーファスには必要なし!急きょ結婚式の会場をハンフリーのロフトに変更して、内輪の親しい仲間に囲まれて式と披露宴を行った。ソニック・ユースのキム・ゴードンが司宰を務め、二人は結婚の誓いを交わしたの。20年以上かかって、ようやく結ばれたのね。アーメン!
ホントに感動的だった。
ヴァンダーウッドセン一家(+チャック)とハンフリー家が、ついに巨大ハッピー・ファミリーになったんだよ!

セリーナはカーターの告白にショックを受けてた。やっぱり彼は誠実じゃなかったと。そこへチャックが彼女に、カーターに付きつけた最後通告のことを明かす。カーターは本当にセリーナのことが好きだから、あえて真実を告白したわけで。セリーナは彼のことが心配になる。だって、そうでしょ。バックリー家はいずれカーターを捕まえて、どこかへ連れ去るはず。一体どこへ?分からない。カーター・ベイゼンに逃げ道が残されていればいいけど。

ネイトも、ブリーの愛が偽りだったことを知ってショック。実際、カーターを捕まえるために利用されただけ。えー。失礼過ぎだよ。あのネイト・アーチボルドを利用するなんて、ブリー・バックリーは何様のつもり?絶対まともじゃないって。

ダンはパパの結婚に大満足。だったけどジョージーナが現れたことは許せない。他人の人生を破壊して喜ぶ最低女!しかし、ブレアがダンに意味深発言。ジョージーナにはやがて破滅が訪れる、ってね。のちに彼女を"破滅"に導いたのは意外な人物だった。それは、ドロータのボーイフレンドでヴァンダーウッドセン家のドアマン、ヴァーニャ! ヴァーニャはジョージーナをバーでナンパ。自分はベラルーシのアレクシ王子で、国に一緒に帰ってほしいと迫った。しかも会ったその日に。ジョージーナは同行を快諾(・・・つまり、彼が王子様ならGはおバカ様ってこと ;)
お願いだからどこか遠くへ、戻れないくらい遠く遠くへ連れてってね。頼んだよ!
  
 
私たちの念願かなって、やっと、
リリーとルーファスの結婚式を見届けることができた!

本当に最高だったよね。
ソニック・ユースが演奏して、子供たちが全員(スコットも含めて)出席して、
みんな愛にあふれてた。
この結婚式はみんなの記憶に残ること間違いなし。

そして今回はなんと、まさかの完璧なハッピーエンディング
いつもはドロドロ劇とスキャンダルばかりだけに、ちょっと一息、なんてステキなんだろう。

そう思うでしょ?

GGもハッピーだよ :)
 
 
xoxo Gossip Girl


May 6, 2011
Gossip Girl

090929_303chair.jpg
今週のゲームのテーマは
騙されること。

みんなお互いに
騙し合い。

しかも全員参加、
でね。

当然だよね。

我らが愛しのドロドロ・ドラマ大好きセレブたちだもん。
 
 
 
  
ブレアはジョージーナとの共同生活がたまらなくイヤ。血統書つきの性悪で、そのくせNYUを仕切ろうとして、その上、偶然にもダン・ハンフリーとデキちゃうなんて。そう、あのダン・ハンフリーだよ。セリーナからジョージーナ?急降下もいいとこ。ブレアの心配事は増えるばかり。部屋に入ったら、二人がヤってる最中だったなんて事態になりかねない。ぞっとする。 EW。 ブレアの生活は、まさに崩壊寸前。でも、どんな時でも救いはある。突然 "ラ・ターブル・エリテール" La Table Elitaire からの招待状が届いた。 ラ・ターブル・エリテールといえば、アイビーリーグ以外のエリートによる秘密結社。これぞブレアへの神の思し召し。ラ・ターブル・エリテールのメンバーになれば、今抱えているゴタゴタは消え失せる! 招待状にはクラブに受け入れられるための、具体的な方法も指示されてた。サザビーズのオークションでパトリック・マクマランの写真を落札すれば、メンバーの座が手に入る。でもちょっとした心配ごともあった。他にも写真を狙っている人物がいるらしい。それも、ブレアの最愛のボーイフレンド、他ならぬチャック!有名なホテル経営者ショーン・マクファーソンの支援のもと、今度こそクラブオープン計画を実現しようとしていたの。ショーンのアシスタントが、チャックに助言。気に入られたいなら、ショーン自身のことをよく知ること。ショーンのことを調べろって? そうしたら、ショーンが今度のオークションに出るパトリック・マクマランの写真を欲しがっていることが判明。あら大変。どうやらブレアとチャックによる争奪戦になるみたい。ご存知の通り、二人とも、欲しいものはどんな手を使ってでも、手に入れるタイプなわけで。

一方、セリーナはカーターと楽しんでた。二人は相性がいいみたい。そしてカーターは、悪いイメージを払拭しようと努力してるみたいだし。でもブレアは信用してなかった。セリーナ、気を緩めちゃダメ。カーターはカーターなんだから。そして結果的にブレアの勘が当たることに。道で女の子たちに声をかけられ、「カーターにナンパされて、捨てられた」と責められた。サイテーだね。当然カーターは否定するけど、セリーナは疑ってる。それからホテルの部屋に、95年のドンペリ3本分の請求書が。カーターはまたしても、しらばっくれた。でもやっぱりセリーナはまだ疑っている。結局カーターはぜんぜん変わってなかったのかも。

090929_303vanessa.jpg恋人を疑っているのはセリーナだけじゃない。ヴァネッサもスコットとうまくいってなかった。彼の話の辻褄が合わないから。だからヴァネッサは自分一人で、この謎の多い彼氏の正体を暴くことにした。まず学生課に行くと、スコットがNYUに籍すらないことが発覚。WTF?ヴァネッサは激怒。スコットを問い詰めると、彼は本当のことを話した。なんと スコットは、リリーとルーファスの息子だった。 OMFG !! でも二人の息子は、すでに亡くなっているはずだよね?息子と思われていたアンドリュー・ロッソンは、実はボート事故で亡くなったスコットの弟。息子は、スコットの方だった。ヴァネッサは、ルーファスに真実を告げるべきだと言う(二人はすでに親しくなってるみたいだけどね)。スコットはもう少しじっくり考えたい様子。もしヴァネッサがホントに自分のことが好きなら、ここは黙っていてほしい、ってさ。スコットもさ、無理言うよね。

ヴァネッサはどう対処すればいいか、悩んでいた。カレとの約束を守りたい気持ちはある。でもBFFには正直に真実を話したい。ヴァネッサはダンに真実を知らせるために、それとなくスコットとの間に、何らかの問題があることをほのめかす。二人が問題を抱えていると察知したダンは、親友のために真相を確かめようとする。そして誰に協力を求めたと思う?そう、ジョージーナ。彼女はスコットの正体を暴く決意をする(言っとくけど>G、余計なお世話)。執拗な調査の結果、ダンとジョージーナはスコットの本当の名字が "ロッソン" であることを突き止めちゃった。ダンはその名前に見覚えが。"スコット・ロッソン"が、昨年自分にファンレターを送ってきた人物だと思い出す。もしかして、スコットはダンのストーカー?・・・おいおい、違うって。ダンをストーカーする人なんかいないって。

サザビーズのオークション会場に、ヴァネッサはスコットを連れてきた。ルーファスに真実を明かすつもりで。やったね。ところが、そこへスコットの母親登場。ルーファスへの告白をやめるよう説得するのかと思いきや、なんと協力したいと言い出した。わお。ダンとジョージーナは、スコットがダンのストーカーであることをばらすつもりで会場入り。でも、その前にスコット本人とルーファスが直接話し始めたの。スコットは自分の本当の名前を告げた。そして、自分はルーファスとリリーの息子の、とも。Whaaaaaat?
ただルーファスに会いたかった。弟がハンフリー家とヴァンダーウッドセン家のこと知ったら、誇りに思うだろう、と伝えた。

はあ? 何なの?

オークション会場には、ネイトと秘密の彼女ブリー・バックリーの姿も。二人の関係を隠すのは、もうウンザリ。だから堂々と二人で登場し、わざと写真を撮らせたみたい(しかもキスシーン)。ヴァンダービルト家とバックリー家の皆さんは、"セレブのファッション" 記事を読んで、お互いの未来の家族になる人物の顔写真を見ることになるのね。でも二人は盛り上がってるから全然気にしてないみたい。愛の力だね。
愛モドキかもしれないけど。

一方、ブレアとチャックは、パトリック・マクマランの写真獲得に火花を散らしていた。両者の獲得意欲は固く、いざ入札の番がやってきたときには、全面戦争が勃発。番号札が飛び交い、値段は高騰するばかり。どちらも一歩も譲らず。チャックは、秘密結社に入るために写真を欲しがるブレアが信じられず。ブレアも、チャックがビジネスパートナーへの謝礼として写真を必要としているなんて、信じられなかった。二人がケンカしている間に、ファイナルコール。写真を競り落としたのは別の人。
セリーナだった。

090929_303carena.jpgブレアとチャックは絶句。まさかセリーナに写真を横取りされるとは・・・。どんなに欲しがっていたか、知っているのに (とはいえ、悪いけど自業自得だよ>B&C )。これはセリーナの仕返しだった。カーターへの嫌がらせをしたのは、ブレアとチャックだったから。二人は、ホテルにシャンパンを注文したことも、街で女の子を雇ったことも白状した。ブレアはセリーナを守りたかったから。チャックは、ただ単にカーターが嫌いだったから。
前にチャックがカーターを街から追い出したとき、ドバイ行きのチケットを渡した。ところがアラブに向かうはずのカーターはギリシャへ。その後、数ヵ月間、世界中を転々と。・・・セリーナは気づいた。OMG カーターはSの父親をずっと捜していたんだった。2年前、セリーナは父親がサントリーニ島で再婚する予定だという情報を得た(そう、これがサントリーニ島の真実なのね)。そして二人はSの父親に会いに行くことにした。カーターは船を借りてきたんだけど、実はこれが盗品で、結婚式にたどり着く前に逮捕されちゃった。カーターはセリーナに、必ず償うと誓った。カーターはそれ以来ずっとSの父親を捜し続けてたみたい。・・・結局、カーターはそんなにワルじゃなかったってこと。

セリーナはブレアに写真を手渡すことにした。ブレアも正しいことをすると決意。それは写真を本当に必要としている人に譲ること。ブレアはラ・ターブル・エリテールの招待をフイにしたの。もう彼女には必要ない。写真はチャックに譲る。招待状を手にしたセリーナは、ある文字を一目見て、ふと違和感を覚えた。"G"をこんな風に書くのは、一人しかいない。
ジョージーナ!

セリーナがジョージーナに詰め寄ると、ブレアに偽の招待状を送りつけたと認めた。ジョージーナは、やっぱり変わっていなかった。・・・もうブレアに構うのはやめてよ、それにいずれブレアは必ず反撃するからね、その時は、セリーナもブレアに協力するよ。あの夜以来、みんなジョージーナにはうんざりなの!
いいぞ、セリーナ。言ってやれ。
しかも、ジョージーナに騙されたのは、ブレアだけじゃなかった。チャックにも罠を仕掛けてたんだよ。ショーンのアシスタントが、実はジョージーナの友人で、チャックをダマしたの。チャックはショーンのオフィスに出向き、写真を贈った。彼は、取引を失敗させたアシスタントに感謝したいと言った。もちろんアシスタントはクビ。この時チャックは分かったの。自分がすべきことは、ホテル自体を開くことだと。ホテルにクラブを開くことじゃない。同じ手に入れるなら大きい方がいい。すぐさま株を換金し、夢を実現しようと動き出した。彼の横にはブレアがいるんだから、失敗はありえない。カワイー。

ダンはジョージーナと話し合い。ブレアとチャックにした悪だくみを、セリーナから聞いてた、Gはヤバいほどキレてる、って。ダンは、二人の間に距離を置きたいと告げた。もちろん、ジョージーナは不満いっぱい。
ところで、大学で学ぶこと、その一: 寮の部屋のドアを開けたまま、秘密の話はしないこと。誰が聞いてるか分からないからね。スコットがヴァネッサに、彼の素性をバラさないでほしいとお願いしていたちょうどその時、聞き耳を立てていたのがジョージーナ。スコットの本当の正体を知ってしまった。これはマズいよ。スコットは、しばらくボストンの母のもとに戻り、冷静になって考えたいと言い出す。V かわいそう。せっかく気の合う男性と出会ったのに、彼が街を去るなんて。・・・危なく同情するところだ。
それに、ジョージーナがあんなおいしい情報をゲットして、ただで済ますわけがないよね。失恋の傷は、倍にしてお返しするに決まってる。早速、列車に飛び乗りボストンへ。さあボストンで何が起きるのか?メガトン級の大爆発が起きるのは、間違いないよね。

セリーナはもう一度、カーターに謝った。彼のことを疑ったから。もう言い訳のしようがない。ただ何があっても、彼と一緒にいたい、だって。やれやれ。でもね、カーターにはNYCに敵がいるんだって。あのブリー・バックリー。ある理由から、ブリーの一族はカーターを八つ裂きにしたいと思っていたらしい。
こわー。ドロドロしすぎじゃない?


みんな気をつけてね、
一部のやから(ご存知ジョージーナとバックリー家)が
復讐の機会をうかがってるから。

これってすごいドラマになること間違いなしだよ。
最新情報は、GGがバッチリ伝えるから。

まかせといて。

xoxo Gossip Girl



April 29, 2011
Gossip Girl

高校生活はおしまい、そしていよいよ大学生活がスタート。
全く知らない20人とバスルームを共有し、ビア樽からキーストーン・ライトを飲み、
新入生太りしないように気を配る時がやってきた。
いったいUESの面々は耐えられる?
大学寮に入ってもはいらなくっても、愛すべき仲間たちは
みんなそれぞれ現実にショックを受けてるみたいだよ。

ブレアはNYUに胸をときめかせてた。確かにイェールじゃないけど、チャンスを生かさない手はないでしょ。さあブレアの出番だよ。大学で輝く最良の方法は、クイーンになること。新入生を見回すと、つながり眉毛にクロックスって感じ。やっぱりクラスにブレアみたいなリーダーが必要だよね。おしゃれで、洗練された生活を教えてあげなきゃ、厚底サンダルは卒業しなきゃ、とか。ところが、ルームメイトの登場で、ブレアの計画に暗雲が立ち込める。ほかならぬ性悪ジョージーナ・スパークスだった。これって偶然??(なわけないけど)。 Bはちゃんと寮の書類には、『ノンスモーカー。夜11時から12時までには就寝。変人お断り』って記入したのに。・・・かわいそうなB。どうやら大学を支配することより、平常心を保つことの方が大変そう。簡単じゃないよね。
090922_302blair.jpg実際に、ブレアは気の休まる時がなかった。なにしろルームメイトが、ピル所有数が薬局にも負けない、素行最悪の、宗教系の矯正施設上がり女。その上、あのブルックリンのヒップスターが寮の同じフロアだってことが発覚。そう。ブレアとジョージーナの部屋から、廊下を真っすぐ行ってすぐがヴァネッサ・エイブラムズの部屋。さらにブレアを追い詰める悲惨な事実が。なんと寮の人気者になったのは、BではなくGVだった。ブレアのスシ・パーティーより、ヴァネッサのコミュニティ・ガーデンについてのドキュメンタリーの方が好評だったわけ。世の中、どうなってるの? ブレアはひどい目にあっちゃったわけ。

大学でのブレアの立場は、今のところクイーンから程遠い。ジョージーナが妨害しているせいだよ。施設の神様のもとで生まれ変わったみたいだけど、まだ奥底にビッチな本性が残っているに違いない。BはUESに戻って負けを認める? それとも、ここは涙をこらえてベストを尽くす? もちろん後者だよね。しかも、よりによって意外な人物に支援を求めた。・・・ダン・ハンフリー。彼もオリエンテーション・ウィークの間、大学に馴染もうと頑張ってた。ヴァネッサとは、一時期ダンのお金持ちごっこのせいでケンカになったけど、今じゃすっかり仲直り。BFFに戻ったみたい。ブルックリン仲間はくっついてないとダメなのね。それに、びっくりなことが。ダンはNYUじゃかなりイケてるの。彼の短編が「ニューヨーカー」に載ったことが、広く知られてたから。嘘みたいだけど、みんなダンと親しくなりたがってる。ホント、WTFだよね。そんなダンの人気にあやかって、ブレアも友達を増やすつもり。でも、あのブレアだからね。優しさの裏に下心ありに違いない。

その頃、セリーナはブラウン大入学に向けての荷造り中。長きにわたる"イット・ガール"生活から、地味な大学生活へ。てことは毎週月曜の1oak での夜遊びの代わりに月曜日は講義になり、ランチはフレッズ Fred's から学食に変貌するってこと。これって、本当にセリーナが求めてる人生なの? ありえない。だからセリーナはブラウン大を放り出して、チャックのいるパレスホテル The Palace に身を隠す。ルーファスにだけは見つかりたくない。知られたら、ママに告げ口されちゃう。そしたらどんな面倒なことになるか分からない。チャックはそんなセリーナを快く迎えてくれた。少なくともセリーナがおとなしくしている間はね。

チャックは銀行の金庫室を買収して、秘密クラブにする計画を進めてた。買収するためにはバス産業の取締役の承認が必要だから、表向きにはレストランにする計画になっていた。チョロいよね。でも、そう簡単にはいかないんだ。Sのお陰でね。Sがパーティーから早く帰宅した隙に、取締役にチャックの本当の計画をぽろっとしゃべっちゃった。彼はこれを気に入らず、ただちにチャックの申請を却下。チャックは激怒。Sの奴、何て事をしてくれるんだ!? とんだ災難だ!!と当然、チャックはセリーナを追い出した。きゃー。もう、コワイなあ。仕方がないので、ハンフリーのロフトへ行き身を隠したんだけど。どれぐらいバレずにいられるかな?

絶好の機会をセリーナにつぶされて、チャックの怒りは頂点に達していた。だからルーファスに告げ口、というか、事実を報告。セリーナがプロヴィデンス行きの列車に乗らなかったって、ね。ルーファスは激怒。どうしてセリーナは、こんなふうに人生を台無しにしてしまうのか? セリーナも断固として譲らず、ブラウン大が自分のやりたい事ではないと反論。みんなどうしてわかってくれないの?ブラウン大には行かない、とママに伝えてくれとルーファスに頼んだの。もうママに知られても構わない。それよりもチャックの告げ口と侮辱した態度が、どうしても許せなくて、仕返ししないと気が済まない。それでカーター・ベイゼンに電話したの。それってマズくない?
090922_302chuck.jpgセリーナはカーターを伴って、チャックの商談に乱入。チャックは新しいビジネスパートナーと、例のクラブ計画を新しくスタートさせていたんだけど、実際仕事に取り掛かる前にセリーナとカーターというとんだ邪魔ものが入ってきた。やんちゃなチャックの昔の武勇伝を、ビジネスパートナーの前で語って聞かせたから大変(ああ、チャック。暴れん坊だったもんね)。もちろんチャックは、セリーナに対してブチ切れた。いい加減にしろ。ルーファスのところへ行ったのは、セリーナを陥れるためじゃない。本当にお前のことが心配だったからだ、とチャックは胸の内を明かす。一部始終を目撃したカーターは、すっかりセリーナに嫌気がさした。彼女が抱えてる深刻な問題をクリアしなければ、友人関係を修復させるのは難しいとバッサリ。
S、ひたすら謝るしか道はなさそうだね。

ジョージーナの屋上パーティーの直前、ブレアはパーティーに連れて来てくれたダンに感謝する。そう、ブタだって頑張れば飛べるのよ。ダンには、はみ出し者の気持ちが、痛いほどよく分かるからね。たとえブレアが普段どんなに嫌なビッチでも、やっぱりちょっとかわいそうに思ったみたい。大学でカチューシャは禁止! とダンは言うなり、ブレアのカチューシャを外し投げ捨てた。カチューシャのないブレアなんて。絶句だよ。マジ、あり得ないって。

ブレアはパーティーに馴染めなかった。だってあのブレア・ウォルドーフが、Syfy 愛好者や、マンガオタクと、どうやって仲良くなれっていうの? 共通点なんて、まるでゼロ。ブレアは、隅っこでじっとしながら、様子をうかがってた。そこへ、彼女が手配したスペシャルゲストが登場。とうとうブレアが本領を発揮する。スペシャルゲストとは、ジョージーナの矯正施設仲間たち。ジョージーナがミスNYUになるのを、黙って見ているブレアじゃない。徹底的につぶしてやる。キャンプ仲間の襲来で、これがただの新入生顔見せパーティーではないと、ブレアはみんなに知らしめる。これはジョージーナが企画した、改宗パーティーだと宣言。OMJC!
090922_302vanessa.jpg施設仲間の登場で、すっかりパーティーが白けたムードになったとき、ブレアは行動開始。みんなをモンキー・バー The Monkey Bar に移動させるため、下にリムジンが待機していたのだ。本当のお楽しみの始まり、のはずだったんだけど、なんとそこでダン・ハンフリーの出番。彼はブレアがいつもするように、みんなを支配させなかった。しかもダンの影響力は絶大(マジで信じられないよね)。もはや孤独なボクではなくなった。それどころか、今や人気者に大変身(ダン・ハンフリーに、もっとも似つかわしくない言葉だけどね)。ダンはマイクを取って、真実を話した。これはブレア・ウォルドーフがジョージーナを辱めようとしてやったこと。大学において、人気のあるなしは関係ない。階級なんて、あってはならないんだ。この一言で、みんなはパーティー会場に残ることを決める。ブレアの怒りは頂点に。一方、ジョージーナはというと、ダンを尊敬し始めた様子。おえっ

セリーナは自分の行動を反省したようで、ルーファスに謝りに行った。ルーファスはとても理解があって、何があっても彼女を信頼しているし、リリーと話し合うことに協力するとまで言ってくれた。セリーナとエリックが許すなら、ルーファスは彼らの父親代わりになりたいと思っていた。ワオ。分かってるって。いつもおじさんロッカーのこと小バカにしてたけど、もしかしたらいい人なのかも。これからは彼のことレポートする時には、もっと優しい目で見ることにするよ(ちょっとだけね)。

セリーナは、カーターにも謝罪しに行った。なぜいつも彼に頼るのか? それはセリーナが彼のことが好きで、本当に信頼しているからだと告白。カーターも同じ気持ちだったみたい。そして二人はキス。しかも、またもや超濃厚なヤツ。これ見たら、ホント妬けるよ。

ブレアはすっかり大学嫌い。ダウンタウンも何もかも、今の生活すべてが大嫌い。こんなとき頼りになるのは、セリーナ。愚痴を聞いて慰めてくれる人の存在は大きいよね。セリーナは断言した。いずれブレアは自分の居場所を見つけて、すべてがうまくいくと。毎回Bのために大変ね。ああ、本当にこのBFFはラブラブなのね。おまけにブレアには頼もしいボーイフレンド、いとしのチャックまで味方してるんだから、心強いよ。うーん、またまた羨ましい!

その頃、ネイトはブリー・バックリーとずっとラブラブ。でも、二人のロマンスには大きな障害が残ったまま。お互いの家族は、長年のライバル同士。悲しいことに、ネイトとブリーは本当に惹かれあってる。別れた方がいいと分かってから、お互いのイヤなとこを探して、嫌いになる作戦を実行。例えばブリーの家族の家の周りをうろついてみたり、今まで知らなかったお互いのかっこ悪い情報を集めてみたり...でも、効果ゼロ。ブリーが、ネイトのジーンズのポケットに入っていたロンドンからの飛行機のチケットを見つけて、振り出しに戻っちゃったの。あーあ。ブリーと出会った日のチケットを、ネイトは大事に取っておいたのだ。これによりネイトとブリーの絆はさらに強くなり、より一層離れられなくなっちゃった。シー!ヴァンダービルト家とバックリー家には、絶対ナイショ。

セリーナのしたこと。
ブラウン大を逃げ出して、チャックの商談をぶち壊した。

ブレアのしたこと。
ジョージーナのパーティーを台無しにするために、矯正施設仲間を呼びだした。

そんなことは、今から話すことに比べたら、ぜんぜん大したことない。

屋上パーティーの翌朝、ダンは最悪の状況下で目を覚ました。
なんと横にはジョージーナ

二人は一夜を共にしたみたい。えー。まさか!? What? The. F?

ジョージーナ扮する"サラ"に騙された日々を、忘れたの?
エリックのことを勝手にカミングアウトしたり、関わる人の人生を台無しにしてきたりした、
あのジョージーナだよ。
ダン・ハンフリーったら、一体何やってるの? 新入生でしょ? こんなんじゃただのバカ男じゃん。

それにしてもこの先何が起こるのか、超楽しみ。
このエッチの代償は大きいぞ。

GG的見解だと、いい方向には行かないだろうけどね。


xoxo Gossip Girl


April 22, 2011
Gossip Girl

この数ヵ月、なんて長かったんだろう。
と言っても誤解しないでね、GGはちゃんと最高の夏休みを過ごしたよ。
でも分かるでしょ、とにかくゴシップが大好きだからさ、
感傷的になったとかそういうことじゃないけど、
ただブログを楽しみにしてくれる読者と情報提供者のみんながいなくてちょっとさびしかった。
みんなが協力してくれないと、GGは成り立たないもん。

ムフフ。それではお待ちかねのゴシップの時間だよ!
もちろん、おいしいお話し。

GGってほんとに、流行発信源だよね。GG初のゴシップネタにセリーナ・ヴァンダーウッドセンを選んだとき、彼女はまだ14歳だった。今や見事なゴシップクイーンに成長。やっぱり見る目ある!
で、セリーナの帰国は、ルーファスが想像していたような甘いもんじゃなかった。だってルーファスはセリーナが過ごしたハチャメチャな夏のことを、何も知らなかったから。(ジェニーとエリックが隠してくれてたからね)今では、ヨーロッパの社交界でも人気者。ジェット機で各国を飛び回っては、行く先々でトラブルを起こしてた。すっかりセレブの風格を漂わせて、アメリカに戻ってきたわけ。飛行機でJFK空港に降りた途端、パパラッチがセリーナを取り囲んだ。リリーはシシーの看病をするためにモンテシト滞在中だから、ヴァンダーウッドセン&ハンフリー家のことは、全部ルーファスに任されてた。でも、これって彼には荷が重すぎない?

荷が重いと言えば、ブルックリン代表のハンフリー家。あの家族がハンプトンとかヴァンダーウッドセン家のマンションにいるのって、ちょっとじゃない?分かってるよ。あの家族は、今ではヴァンダーウッドセン家と一番つながりが深いんだもの。正真正銘のNYセレブ。だけど、やっぱりすっごく違和感あるんだよね。リトルJ、孤独なボク、おじさんロッカーの三人組は、私にとっては永遠のブルックリン代表だから。驚いたことに、当の本人たちは新しいセレブ生活にすっかり慣れてきたみたい。当然、ダンのBFF、ヒップスターの女王ことヴァネッサ・エイブラムズは怒り爆発。あのダンがおしゃれなイタリアン・レザーの財布を持って、運転手つきのリムジンで街に繰り出すなんて。ヴァネッサが、こんなダンを許すわけない。Vはすべてを新しいボーイフレンドのスコット・ロッソンに打ち明ける。そう、リリーとルーファスの息子だった、あのスコット・ロッソンだよ。NYCにいる数多くの女子の中から、スコットが選んだのはヴァネッサ。偶然だと思う?あり得ないって。

090915_301waldass.jpg
ふぅ。やれやれ。結局ブレアとチャックは、夏の間中ずっとくっついてた。しかもかなりヤバいテンションでね。ハレルヤ! あの二人の壊れっぷりには、マジ吐き気がするほど。モデルとか旅行者とかアッパー・ウエスト・サイダーとか、誰でもいいから誘いこんでは、風変わりなエッチなゲームを楽しんでた。BとCはエネルギッシュな夏を過ごしてたってわけ。でも、セリーナの帰国でブレアの心境に変化が。二人のゲームが、いつか本当の浮気に変わったら?ほんの火遊びのつもりだったのに、大ケガしちゃうかも。こんな気持ちになったら、だんだんチャックとのアブないゲームにも嫌気がさしてきたみたい。でもゲームなしでは、二人の関係も終わっちゃうんじゃない?おふざけなしで、どうやってうまくやっていくの?夏の終わりに、ブレアとチャックの関係も一気に冷え込んじゃうかも??

その頃ネイト・アーチボルドはと言えば...もう何度目か分からないけど、恋にまっしぐらだった。ここでネイトの過去の恋人をおさらい。40歳の既婚者。それからブルックリン代表もいたね。ほかの男にメロメロだった娘も。そしてネイトの新しい恋のお相手も、ワケあって結ばれるのは難しいんだよね。名前が知りたい?彼女はブリー・バックリー。テキサスの名門、バックリー家の一員。きっとみんなは「彼女はお金持ちで、コロンビア大に通ってて、ネイトにぴったり!」って思ってるでしょ?残念でした。実はバックリー家は、ネイトの親族、ヴァンダービルト家の長年の政敵だったの。ヴァンダービルト家が医療改革を支持すれば、バックリー家は"死の審査会"思想を支持。ヴァンダービルト家がケネディー家とハイアニスポートで休暇を過ごせば、バックリー家はブッシュ家とプレーリー・チャペル・ランチ(そう、あのブッシュ牧場)で休暇を過ごす。両方の家族がお互いの悪い噂を広めあうような、長年にわたる敵対関係なの。だからブリーとネイトがくっつくなんて、絶対あり得ないってわけ。ネイトったら、本当にツイてない。

みんなもセリーナの新しい交友関係が気になるよね。ダンもすごく気にしてる。彼は、昔のような"遊び人"セリーナを見るのがイヤみたい。ほらパーティー三昧のセリーナだよ。やっぱ、ダンってつまんない男だよね。ダンはヨーロッパのパパラッチ写真で、いつもセリーナと一緒に写っている男に気がついた。誰かっていうと...そう、懐かしのカーター・ベイゼン。さすがのセリーナも、海外で相手もいないのに大騒ぎするわけないか。フィジーの後も、カーターを見捨てたりしなかったんだね。この夏、二人の間に何かあったに違いない。カーターがセリーナに会いに街へ来たんだもの。だけど、なぜか彼女は彼を避けてる。OMG 二人に何があったっていうの!? カーターのことをダンに問い詰められたとき、セリーナは本当のことを言わずにウソをついた。カーターはストーカーだって。もちろん、ダンはそんなこと言われたら、冷静ではいられない。聞き流すはずもなく、ブレアのところに直行。二人で作戦を練ったわけ(どうでもいいけど、Sのことになると、この二人の息はぴったりだね)。そしてカーターに、セリーナへの接近禁止命令を下した。気をつけなよ、カーター。完全にマークされてるよ。

090915_301nate.jpgそんな中、コネティカットのグリニッジでヴァンダービルト家のチャリティ・ポロが開催され、みんなで出席(今まで"みんな"に入ってなかったハンフリー家とヴァネッサも)。スコットはヴァネッサに、ダンと話し合ういい機会だから出席するようにと勧めたの。(でもハンフリー家とエリックも出席するとなれば、スコットには全く別の目的があったのかも)。ヴァネッサとダンが話し合いを始める前に、カーター登場。ブレアとダンは、疑惑のストーカーに対して攻撃開始!カーターは困惑気味。「セリーナにストーカー?俺が?」カーターはセリーナに「その内、誰も君の写真を撮りたがらなくなる。そうすれば"彼"だって、君の姿が見られなくなるんだ」だって。ちょっと待って?彼って誰?これを聞いて、セリーナは思いもよらぬ行動に出る。馬に飛び乗って、走り出した。OMFG カメラのフラッシュを浴びて、セリーナは走り続ける。そして、馬に飛び乗り、彼女を追いかけたのは?そう、カーター・ベイゼン。夕陽の中を走り去る二人の姿は、格好のパパラッチのネタだよ。

090915_301serenarter.jpgカーターはセリーナを見つけると、謎の"彼"について話し始めた。秘密の彼とは、実はセリーナのパパのことだった(OMG)。パパに気付いてもらいたくて、わざと注目されるよう派手に振る舞っていたの。でもね、パパはセリーナとの信頼関係を築きたくなかったみたい。実際、夏にカーターとセリーナはパパの居場所を見つけたんだけど、パパは彼女に会おうとしなかった。ひどいよ!でもカーターは、きっと二人の仲は修復できると断言。
その言葉を聞いて、セリーナがカーターにキス! それもエッチで情熱的に。
ワオ!セリーナとカーターが?
カリーナ?ヴァンダーベイゼン?二人のニックネーム募集しまーす。ASAPでよろしく。

ネイトは家族に翻弄されまくり。市長の所でのインターンシップを蹴ったせいで黙殺されていたかと思えば、高級車をエサに手なずけられそうになったり。ネイトは今こそ家族と縁を切ろうと決意。だからヴァンダービルト家のチャリティ・ポロに、ブリーを連れて家族に思い知らせようと考えた。ところがネイトの気持ちとは裏腹に、ブリーは家族の怒りを買いたくはなかったの。彼女は長い間、家族と距離を置いていたけど、本当は家族との和解を求めていた。だからヴァンダービルト家の催しに出席するなんて、もってのほか。知れたら許してもらえなくなっちゃう。ブリーの家族での立場が危ういなんて、ネイトは考えもしなかった。だから、すごく後悔してる。ネイトは本当に彼女が好きなのね。きっとひそかに人目を忍んで付き合うなら、うまく行くかも(知っての通り、ネイトはそういう特殊な恋愛には慣れっこだから)。
それから、もっと驚いたことに、ネイトの祖父ウィリアムがどうやら二人の交際を認めたらしい。今までの両家の確執を、全部水に流すつもりみたい。ウィリアムはネイトに高級車のキーを手渡して、孫の幸せを応援。疑念はあったものの、ネイトはキーを受け取った。ヴァンダービルト家の人ってみんな、車=幸せって発想なのね。ウィリアム、本当にいい人になったのかな。
そんな訳ないんだよねえ。ネイトとブリーが去った後、ウィリアムはトリップに電話をかけた。どうやらブリーを利用して、バックリー家にすごい嫌がらせを考え付いたみたいだね。げっ。最低。

ヴァネッサは、ダンを見限った。彼のスーツはとびきり上等のものだし、プログラムには彼の名前が載ってた。WTF?こんなの、ヴァネッサの知っているダン・ハンフリーじゃない。俺のせいじゃないって、ダンはムキになって反論。いくら息子でも父親の婚約者は変えられない。ヴァネッサの望みは、ダンらしさを取り戻すこと。本当の彼は、少なくともバーニーズで買い物したり、お抱え運転手がいたりするようなボンボンじゃなかった。もうすぐ大学が始まる。人生が大きく変化するこの大事な時期に、ダン自身がどんな自分になりたいのか明確にしなきゃだめだ、とヴァネッサは心配してる。ダンは自分をセント・ジュード学園の卒業生らしいお金持ちに見せたいのか?それとも、本当の自分に忠実でありたいのか?決断よ(まあ、私は何を選択しても、このままだけどね)。

それから、ルーファスはチャリティ・ポロで誰と仲良くなったと思う?なんとヴァネッサのBF、スコット。またの名をルーファスの息子。そう、すごい展開だよね。もちろんスコットは自分の正体は明かさなかったけど、確実に二人は出会ったわけ。ちょっとかわいいね。かわいくなくなった時が、本当にこわい。。

どうやったらチャックとの関係がうまくいくのか、ブレアは答えを出そうと暗中模索。女の子たちをおもちゃにする例のゲームが、ブレアを不安にさせてるのは間違いない。恋愛関係を持続させるために、あんないかがわしいゲームが必要だなんて、どうかしてる。さすがブレアとチャック。退屈って言葉に一番縁のない人たちだもの。そしてチャックは彼女の決定に従うの。しかもチャックいわく、彼女なしのチャック・バスはありえないってさ。もう倒れそう!

チャリティ・ポロの後、ルーファスは家族を守るために行動開始。パパラッチのエージェントに出向き、馬に乗ったセリーナの写真がいっぱい詰まったメモリーカードを買い取った。そうすれば、あの写真がゴシップ誌の表紙を飾ることもない。ルーファスは安堵。でも残念ながら一人のカメラマンの写真は行方不明になってたの。このカメラマンが、裏で誰と交渉したのか?
そう、セリーナ。チャリティ・ポロで撮った写真を、ヨーロッパとアジア中に必ず広めてくれるよう約束した。写真が必ずパパの目に留まるようにしなきゃ。


OMG

ほらね。
問題を白紙に戻しても、またすぐに問題を起こすんだから。
お気に入りたちが、次は何をしでかすか、楽しみ。
 
 
ホント、戻って来れてうれしいよ。
 
 
xoxo Gossip Girl



April 22, 2011
Gossip Girl


« 前  1  次 »

TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.
© 2000-2010 SUPER NETWORK,inc.All rights reserved