タグ「G」が付けられているもの

September 27, 2013
Gossip Girl

あの《特ダネ》以来、
ブレアは超パニくってた。

それも当然。だって、プライベートな記述満載の日記が「ゴシップガール」に投稿されちゃったんだもん。ゴメーーーン!(けどこんな美味しいネタ、アップせずにはいられないし)。
一体どうしてこんなことができるわけ!? ブレアの激しい怒りの矛先はセリーナに向かった。セリーナは公開するつもりなんてなかったらしいけど、出来るかどうか試してみたかったんだよね。それにSはダンのことで傷ついてたから、保険みたいなつもりで、GGパソコンにブレアの日記をコピーしてた。ま、Sだって、まさかゴシップガールにPC丸ごと持ってかれるなんて考えもしなかったわけだ(GGってばステルス機並み!)。とにかくブレアは、こんなことあってはならんぬ!!と大慌て。で、やるべきことは一つ、被害対策のみ! と早速行動を開始。まずは子分を招集し、批判的なコメントをした人たちへの謝罪からはじめた。ところがどっこい、人だけじゃなくて場所、物に至るまでその数たるや、半端じゃない。寄付とお詫びのカードだけで事態を修復できるかなあ?・・・大丈夫だといいけどね、B。

セリーナには申し訳ないけど、日記の内容がアップロードされちゃったこと、ブレアはそう簡単には許してくれそうもないよ。だって、ブレアはペネロペに、Sの秘密をすべてを探ってこい、と指示を出してたもん。ヤバいよ。
そのセリーナは「美しく呪われし者」(昨年の夏、Sが制作に携わった映画)のプレミアへの招待が取り消されたと突然知らせを受けた。えっ!?と、思うと同時にブレアが一枚噛んでるってピンときた。
実は、Sが「美しき呪われし者」の原作なんか読んだことないといった内容が書かれた"セリーナの日記"をブレアがGGに送ってきてたんだよね。で、もちろんこっちとしてはアップロードするよね。復讐、またの名はブレア・ウォルドーフ。復讐って、イケズなんだよ、セリーナ。Bにとっては、夏の仕事がボツになったり、仕事のコネを失うのなんて些細でとるに足りないこと、秘めたる思いを綴った日記を暴露されたダメージの比じゃないから!! とマジで激怒りなわけだ。わるいけどS、でもブレアは全然悪いと思ってないよ。

日記を暴露されたことで、ブレアはダンとの関係が終わるだろうと、思ってた。Bはこれじゃセリーナと同じように独りになっちゃう!! と大騒ぎ。セリーナはセリーナで、自分が独りなのはブレアのせい!! と言い返した。だって、あんたにはチャックがいた。王子様もいた。なにもダンまで取らなくたっていいじゃない!!あんたはまだチャックを愛してるくせに認めたくないだけでしょ!! と反撃。それを聞いたブレアはキレた。荷物をまとめてとっとと出てけ、カギはドロータに渡しといて、と言ってブレアはセリーナを追い出した!! わお。

で。ブレアには悪いけど、また日記の一部をアップしちゃった ;P

   《特ダネ》この先、チャックほど愛せる人と出会わなかったらどうしよう?

Yikes! これでブレアの本心は明らかだよね!?

gossip_yr5_#111(5-24)GO524b_0148r_a2bb067a.JPEGもちろん、これを見たダンは相当ショックを受けていた。ロフトに駆けつけたブレアは、あのホテルでのことの前、ふと思っていたことを書いただけ、と弁明。もちろんそれもあのエレベーターで不安はなくなった、って言った。だけどダンは、これは相性とかじゃなくて、気持ちの問題だと思ってた。だって、ダンは"愛してる"って言ったのに、ブレアは聞こえないフリをしたもんね。ダンは、ブレアがそれを言えない理由はチャックだと核心をついた。ブレアが自分と同じ気持ちでないなら、一緒にイタリアには来ない方がいい、とダンは続けた。そして最後通牒。今夜、ブレアの返事を待ってる、シェパード夫妻の離婚パーティーの時に。さあ、どうするB。カウントダウンは始まったよ。

さて、ブレアは知る由もないけど、実はチャックは生き返ったパパからいろいろとアドバイスを受けてた。自分が不在の間、チャックはバス産業を発展させた、すごく誇りに思っている、とバートは息子を褒めた。だけどチャックは、失敗もしたし、何よりも一番大事なものも失ってしまった、と思ってた。最愛の女、ブレアを、ね。
バートはチャックが何でグズグズしてるのかわからなかった。超ロマンティックな行動なら、バス家の男たちの右に出る者はいない、と息子の背中を押した。きゃー

gossip_yr5_#111(5-24)GO524A_0076r_d579c601.JPEG一方リリーは、夫がまだ生きてた!!! という現実と向き合わなきゃならなかった。リリーを訪ねたバートチャックと養子縁組してくれたことを感謝していると告げると、夫婦関係を修復したい、と申し出た。だけど残念ながら、リリーはルーファスと事実上結婚しているんだよね。
さて、ルーファスはどうするつもりなんだろう?バートが生きているって知ったブルックリンのロック親父はリリーとの結婚が法律上認められるようにするつもりでいた。というのも、バートとリリーは離婚手続きをしていないから法的にはまだ夫婦。だから、どちらかの結婚を無効にしなきゃいけないわけ。で、リリーと別れたくないルーファスは婚姻無効の書類を持ってバートに会いに行った。そしてリリーは自分ルーファスを選んだ、と告げた。それに、3年前だってリリーはルーファスと一緒になるためバートと別れるつもりだったしね。バートは、リリーには幸せだけを望む、と今日中に手続きを済ませて書類は夜までに用意する、と言った。わお、ちょっとすごくない!?

さて、ネイトは夏の間ローラと同棲したいと思っていた。で、その事を相談しようとしたものの、ローラは別の事で頭が一杯の模様。「ウィキッド」のツアー公演の仕事が舞い込んだって。スウィング(その他大勢)役だけど、すごいよね!? ママが刑務所に入っちゃってるから、ローラは夏の間NYに住みたくても家賃が払えない。だから、ドサ回りするつもりらしい。ところが、ウィリアム・ヴァンダーウッドセンがNYに参上。キャロルが相続する予定のシシーの財産の半分はローラが受け取れるよう手続きをしたって、娘に書類を手渡した。ネイトはこれでカノジョとNYに一緒にいられるって、大喜び Awwwww. でもローラは判断する前に相談すべく、ママを訪ねて刑務所へ向かった。Ew. キャロルはすぐに釈放されるに違いない、と気楽に構えていた。というのも、有名な大手法律事務所エイブラムズ&ウェイルが無料で弁護を引き受けてくれたとか。ムショ暮らしもあと少しの我慢。よかったね!・・・でも、ローラは無料弁護士の件は何か胡散臭いと思った。そこで、リリーおばさんに事情を訊きに行った。するとリリーは、姉キャロルのためには何もしていない、でも、助けが必要ならいつでも言ってね、だって。ふーん。あれだけのいざこざがあった割には優しいよね?その時、法律事務所からリリー宛にバートが署名した婚姻無効の書類が届いた。それを見てリリーは困惑。で、確認するために席を外した時、ローラは書類が入っていた封筒をチラリと見た。思ったとおり、リリーの弁護士はエイブラムズ&ウェイルだった。やっぱ、なんかきな臭いよ。

婚姻無効の請願書はリリーにとって青天の霹靂。で、バートに事情を訊きに行った。ルーファスがから書類を渡されたとバートから聞いたリリーは激怒り。自分に相談もなく法的な書類を作成するなんて失礼じゃない!?誰と婚姻関係を続けるかは自分が決めることなのに!!と言って、なんと、ローズ・ヴァンダーウッドセン、バス・ハンフリー夫人は、書類をビリビリっと破ったの。もうどうなってんの!?

異性関係に思い悩むブレアは、エレノア・ママに打ち明けた。
本当に、ブレアはどうしたいのかわからなかった。ダンは親友。ダンといれば自分は強くなれるし安心できる。でもチャックといると、傷つきやすい自分になる。それにいつも失望させられるのに、Cといる時が一番幸せ。そんな自分がすごく弱い人間に思える。
するとエレノアは、どんな大物だって心が揺れ動く時がある、それに自分が知る限り、ブレア・ウォルドーフほどこの世で強い女はいない、そう確信してるから、ブレアに会社を継いで欲しい、と言った。Whaaat!?エレノアは引退するの。OMG ブレアがウォルドーフ・デザインズのトップになるんだよ!最高<3

セリーナだって引っ込んではいない。ブレアがダンと和解するのを阻止しようと、Bの子分たちを招集して、作戦開始。まったく、あの子分たちには忠誠心ってものがないわけ?
まず、Sはケイティをエンパイア・ホテルに行かせ、あの有名な婚約指輪を眺めているチャックの写メを撮らせた。実はその日、バートはリリーにお詫びのプレゼントを買いにハリー・ウィンストンを訪れていたんだよね。その時、金庫からあの婚約指輪を取り出し、そろそろ男らしく意思表示をしたらどうだ、とチャックに渡してた。確かにダイヤモンドは効果抜群、だよね?
そしてSはペネロペをウォルドーフ家に行かせ、ブレアがペントハウスを出られないようにしろ、って指示。ちょっと!一体何をしようとしてるわけ!?

さて、シェパード夫妻の離婚パーティーの会場。
セリーナはダンと一緒にブレアが来るのを待っていた。一体ブレアはどこにいるのかな?ダンがしびれを切らしたその時《特ダネ》入電。それは、さっきケイティが撮ったチャックと指輪の写真。それを見たダンは、当然動揺。で、セリーナはそこに付け込んだ。
残念だけど、でも、ブレアの返事に確信がなければ、チャックはそんな大胆なことをするわけない、とダンの不安に追討ちをかけた。ダンが出て行こうとすると、その時 Oopsセリーナは、うっかり(?っていうか、わざと)ウェイトレスにぶつかって、飲み物がこぼれて二人はびしょ濡れ。セリーナはすかさず、服を乾かすのにいい場所がある、といって、ダンを連れてキャンベル・アパートメントへ(オモシロメモ:覚えてる?ここってその昔、セリーナとネイトがバーのカウンターでヤッちゃった所だよ)。Sの携帯にペネロペから、Bがパーティーへ向かった、というメールが入った(Pってばちゃんと仕事しようよ)。さあ、善は急げとばかり、セリーナは濡れてたドレスを脱いだ。超セクシー!そして、ダンが愛してるブレアは小説の中のブレアで、Dが創り上げた人物に過ぎない。それにBは、自分がDのことを好きなのを知っていたから、仲を裂くためにダンを利用しただけ、 と言うなり、キスした。そして流れに任せ、二人はバーカウンターの上でイチャイチャし始めちゃった。・・・キャンベル・アパートメントじゃお決まりってこと!?さて、事が終わってふとカウンターを見たダンはSの携帯が録画モードになっていることに気づいた。またしても、Oops。しかも、ペネロペの、ブレアを家に閉じ込められなかった、というメールまで見ちゃって唖然。ブレアの居場所を知りながらずっと黙っていたわけ?Hテープなんか撮って、まさかGGに投稿するつもり!?なんて卑怯なんだ!!! と、ダンは怒り心頭。でもセリーナは口を開く前に、ケイティからメールを見せた。ブレアは家を出たには出たけど、離婚パーティーには向かわなかった。そう、ブレアチャックのいるエンパイア・ホテルに行っていた。 Eeeeeek.

gossip_yr5_#111(5-24)GO524A_0430r_53edb4af.JPEGのサムネール画像そのエンパイア・ホテルでは、バス産業の記者会見が始まっていた。チャックは、これからは家族一丸となって会社を盛り上げて行くと宣言し、バートを紹介。ところが演壇に上がったバートは会社の将来について異なる展望を明かした。本日よりバス産業を仕切るのはこのバート・バスのみ、と宣言。チャックは唖然。共同経営者としてやっていくと思ってたのに。父親不在の間、ひたすら会社と父の遺産を守ることに徹してきたのに。WTH!?
でも、バートはずばり、チャックはブレア・ウォルドーフを前に、弱い男になっていると指摘。ホテル譲渡契約と彼女を交換するわ、Bに振られれば、会社を放棄してヨーロッパに逃亡。そして彼女を離婚させるために会社を倒産寸前まで追い込んだ。自分を翻弄する女のためにすべてを捨ててもいいと思っている。・・・バートが婚約指輪をチャックに渡したのはテストだったらしい。チャックが女などに振り回されず、偉大なバス家の男になれるか試したわけ。指輪を受け取ったチャックは失格。バス産業の経営に必要なのは大人の男。お前みたいなガキじゃない、ってことらしい。
マジきつい。

記者会見の顛末を見ていたブレアもまさかの展開に唖然。でも、意を決してチャックに思いを伝えた。
私はあんたを愛してる。この気持ちを抑えることはできない。一緒になりたい。バス産業がすべてじゃない。自分はウォルドーフ・デザインズのトップになるから、二人の将来にすればいい。
もちろんチャックもブレアと一緒になることを望んでた。でもそれは全てを失う前の話。ウォルドーフ・デザインズに明るい未来があるのはチャックがBのために将来をなげうったから。もう自分には何も残っていない。それはBでも埋めることはできない。それに、チャックはミスター・ブレア・ウォルドーフなんて呼ばれるのは真っ平ごめん。「・・・俺はチャック・バスだ!」
だよね。
 
 
 
それから一週間。
みんな夏の計画に向けて動き始めていた。

チャックジャック叔父さんと会ってた。・・・うん、なんか妙だよね。でも、バートはジャックも会社から切り捨てていたから、会社を取り戻すための最強パートーナーには、ジャックはピッタリなわけ。なんだか面白くなりそうだよ。

ローラは「ウィキッド」の地方公演の巡業に行くことに。ネイトにはシシーから相続した財産は寄付したって言ってたけど、実のところ、あげちゃったんだよね。誰だと思う?ビックリするよ。なんと、アイヴィー・ディケンズに!もともとシシーがアイヴィーに、って遺したお金だからって、ローラは言ってたけど。でも、最後にアイヴィーはローラと約束してた。絶対リリーを潰す、って。こわ。

リリーは一夫一婦制に則り、夫を選ばなくちゃいけなかった。で、どっちを選んだかというと・・・ OMG バートだった!書類にサインをして、ルーファスとの婚姻を無効にしちゃった。そして、リリーとバートは夫婦関係を修復するため、夏はハンプトンズで過ごすらしい。・・・グッドラック??

ブレアはダンに何もかも謝ろうとメールをし続けていたけど、拒否されてた。ま、ダンの気持ちも分かるよね。
セリーナもダンに謝ろうとロフトへ。Hテープは削除したから誰の目にも触れることはない、って伝えた。それから、Sは本心を明かした。セリーナはダンのことをまだ愛してる。ダンだって、Sに思いが無ければあんなことはしなかったはず。だからもう一度やり直せるかも?
でもダンは、Sとは絶対何があってももう無理。ってことらしい。両親も別れたことだしこれで顔を合わせなくて済む、ってきっぱり。きついねえ。

その頃、ブレアはすでにエレノアとパリに旅立っていた。セリーナとは話もしないまま。でも、どうでもいいって感じ。だって、ブレアはウォルドーフ・デザインズのトップとして、ハイヒールの高さやヘムラインの論議をするのを楽しみにしていて、やる気満々。もう迷いはないみたい。頑張れ、B!

ネイトダイアナ・ペインから小包を受け取った。中にはUSBと"これがあなたが捜しているGGかも?"と書かれたメモが同封されていた。ネイトはすぐにUSBをパソコンに差し込み、内容を確認。そこには、あのブライアークリフの館でフードをかぶった人物がノートパソコンを盗む映像が入っていた。
・・・・・・・・・ヤバいかも????

おかしなことに、ダンイアリアへ誰かさんと一緒に行くことにしたみたい。その誰かとは、なんとあのジョージーナ・スパークス!うん、GGもあいつは今でも大嫌いだよ。 けど、ダンはGの助けが必要なんだって。Gの正確な記憶を頼りにUESに関する本を書くんだって。それも、「最初っから、この題材で書くべきだった」という内容にするらしい。ちょっと、すごそー。

それにしてもかわいそうなセリーナ。ダンに拒否られ、BFFも失っちゃった。今までにない落ち込みよう。で、落ち込んでるついでにもっと落としてやろうと思ってさ、今後二度と「ゴシップガール」に彼女のことを取り上げないことを約束した上で、最後のセリーナ・ヴァンダーウッドセンのネタをドッカーン!とアップ。 だって電車の中で行きずりの男とクスリやってるんだもん。さすがS、見事な幕引きだね。
 
 
さて、チャックとジャックは一緒にモンテカルロにいた。
カジノででっかく賭けて、がっぽり儲けてる。
多分、ジャックがカードを読む達人だからだと思うけど。
そしたら、すっごくクレイジーな展開に。
なんと、ブレアが姿を現した(ジャックが連絡したらしい?)。
そして、ブレアはチャックの隣に座ると言った。

 この一年、あんたは私のために闘ってくれた。
 これからは、私があんたのために闘う番よ。

おまけになんて言ったと思う?「今回は勝つから。」って。
きゃー!!!
 
 
 
ふう。まったく、もう、なんて言うか。

我らが愛しのセレブたち。
あんたたちは、この仕事をしてる私の気分をほんと上げてくれる。
だから、絶対変わらないでほしい。

さて、復帰したばっかりなものの、夏だからまたしばらくお休みさせてもらうね。
でも、戻って来た時は、今まで以上に頑張るからさ。
 
 
 
じゃ、愛しのみんな、また会う日まで、バイバイ!
 
 
xoxo Gossip Girl


August 9, 2013
Gossip Girl

お葬式って最悪だよね。
だって、・・・でしょ?

s517_120228_GO517B_0356r.jpgところが、びっくりなことに、シシーおばあちゃんはなんと自分のお通夜をパーティーにしちゃった!ヴァンダーウッドセン家はギネスビールのサーバーとビュッフェ料理で完璧なアイルランド式お通夜の会場と化してた。当然リリーはショック。母がそんなことするわけない、ってね。けど、リリーの予想に反し、シシーは自分の人生にどう祝杯をあげるたいか、事細かな指示を葬儀社に託していた。確かにお葬式の段取りはシシーが望んだとおりのものだったかもしれないけど、でも、娘二人が険悪になることは望んでなかったと思うけどね。でも残念ながら、リリーとキャロルはいがみ合ってばっか。とにかく、キャロルが女優を雇って娘のふりをさせていたと知ったリリーは姉さんはイカれてる!って、カンカン。ほとほとキャロルには愛想が尽きたのか、良い食器は盗まれるかもしれないからしまって!って、言い出す始末。

キャロルに怒り心頭なのはリリーだけじゃなかった。ローラは母親とは一切関わりたくないって感じ。はたまた、ヴァンダーウッドセン家の人間とも。ローラにしてみれば、自分は親戚の存在すら知らなかったけど、みんなは彼女の存在を知っていたにも関わらず、連絡さえしようとしなかったじゃない、って気持ちらしい。セリーナは何とか気持ちをほぐそうと必死に声をかけ、シシーのお通夜に来てくれるよう説得。それでもローラはヴァンダーウッドセン家もUESも好きになれないって、頑なだった。
でも、最近ローラはネイトと一緒にいることが多いよね。UESが嫌いって言ってるくせにネイトは好きなわけでしょ?だから、UESは悪い人ばかりじゃないかも、って思い直したみたいで、シシーのお通夜に顔を出すことにしたんだ。ところがヴァンダーウッドセン宅に着くや否や、ママと口論を始めた。この人たちは信用できないの、と母親は娘を説得しようとしてたけど、でもローラは、自分にウソをついたのは母親のあんただけだから、とグサリ。 ouch.

s517_120228_GO517A_0372r.jpgさて私、ジョージーナはというと、ネタ探しで大忙し。「ゴシップガール」を運営するのって、すごーく骨が折れる仕事なんだよね。もう、家に缶詰めで息が詰まりそうだし、世捨て人になり果てた気がしてきた。そろそろ精神衛生上、リフレッシュしなきゃって、思ってたんだよね。そこで今日は一日休んでお通夜に行くことにした。生きていることを実感しながら一日を過ごすことができるから。でしょ?
とにかく、新しい友達アイヴィーとお通夜へ行く予定だった。そう、あのアイヴィー・ディケンズだよ。いずれかけてくるだろうと思ってたけど、その通り、彼女から電話をもらった。二人でシシーに哀悼の意を表しにヴァンダーウッドセン家へ行ってる間、GGの更新は旦那さんに任せることにした。マジでヘマしないでよ、フィリップ!

一方、ブレアには朗報が届いた。サイラスが婚前契約書に抜け穴があることを発見したんだとか。契約にサインをしたのはモナコだけど、結婚したのはNYだから、ルイは友好的に婚姻無効を認め、持参金の請求も放棄しなきゃいけないんだって。ということは?まず、ブレアはルイとの結婚を解消できる。そして、晴れてダンとデートできるってわけ。あ"-。

ところが、ブレアとダンがカップルになることを何が何でも阻止しようとしてる奴がいた。それはもちろん、チャック。あのブライダル・スイートのビデオを投稿した犯人はハンフリーだって知ってるチャックはセリーナから婚前契約の抜け穴の件を聞くや、行動に出た。私にダンがビデオを投稿したことを公表するべきだって、メールしてきたの。それだけならたいした事じゃないでしょ?ところがね、優しいけどおバカな旦那さんがとんでもないヘマをしてくれちゃった。フィリップったら、間違ってチャックのメールをそのまま全部GGのホームページにアップロード(マズい×100万倍)!! というわけで、チャックがGGにメールをしてるという事実と、ダンがあのビデオの投稿者だった、という事実が同時に世間にバレる羽目に。・・・どっちの方がよりヤバいかなんてわかんない!!

さて、超ラッキーなことにお通夜にいくと、全員集合してた。みんな来てるからドロドロを全部目の当たりにできるんだもん。YAY!!
まずブレアはよくもあんな見え透いたウソをGGに送ってくれた、とチャックにカンカン。けどチャックは、ウソじゃないから秘密の新カレに訊いてみろ、ときっぱり否定。で、ブレアはダンを問いただした。ダンはあっさりビデオを投稿したことを認めた。けど、それなりの理由があったと主張。ダンいわく、何ヵ月もブレアの側でルイ王子との結婚をためらい不幸せそうな彼女を見ていたから、彼女のためを思ってビデオを投稿したんだって。うーん・・・どういうこと?つまり、結婚式を阻止したかっただけで、まさかブレアが自分と逃げ出すとは思ってもいなかったってこと。それを聞いたブレアは、ひとまずダンを許すことにした。とりあえずのところは、だけどね。

s517_120228_GO517A_0153r.jpgその矢先、悪いニュースが飛び込んで来た。ブレアの社交事務担当の私設秘書エスティが、サイラスが企てている婚姻無効のプランは絶対実現しないと宣言。と思ったら、良いニュース。なんとエスティは独自のプランがあるとかで、ブレアがルイを捨てるなら自分がもらうって。ほーら、言ってたとおり彼女やっぱり薄気味悪いんだってば!
実はね、エスティはルイと幼なじみなんだけど、彼女の家族の社会的地位のせいでロイヤル・ファミリーの花嫁には相応しくないとずっと思われてきてたわけだ。ところが、ブレアのお祭り騒ぎのおかげでエスティの立場も逆転しつつある。そんなわけで、彼女のアタマの中にはある計画ができていた。まず、ルイは記者会見を開き、結婚を解消すると発表。それから、ロイヤル・ファミリーの広報がエスティを宣伝してプリンセス候補として仕立てあげる。その間、ブレアはかん口令を敷かれるらしい。つまり、マスコミとは一切接触してはいけないってこと。もし、Bが指示どおり動くなら、エスティはブレアとルイとの婚姻を無効にしてみせる、と宣言。お互いメリットのある作戦だし、ってことらしい・・・でも、お気の毒さま。私、会話の一部始終を聞いちゃった。ってことは、何もかも裏目に出ちゃうかな?

私は早速立ち聞きした情報をチャックに知らせた。スキャンダルが公表されたら、ブレアの離婚計画を頓挫させられるよ、って。だって、チャックはそれを望んでると思わない?それに、私は"カム・アズ・ユー・ワー・パーティー"のブレアとダンのキス写真を持ってるから、それを実現させる格好のネタがある。しかも、ダンの携帯まで失敬しちゃった。大したもんでしょ?私って、手先も器用なんだよね。で、携帯をチャックに託した。まっ、ここまで材料が揃ってるんだから、やるべきことは一つでしょ? 「投稿者は ダン」というタグラインをつけて、GGに写真をアップロード。もちろん、グリマルディ家はすぐさまサイラスに連絡を入れ、持参金の支払いを要求してきた。すごく高額な小切手を切ることになりそうだよ。

電話は用済みだから、ダンに返してあげたんだけどめちゃくちゃ怒ってた。確かに、私がゴシップガールだとバラさない代わりに、ダンの秘密を守るはずだったんだけど、正直なとこ、もうどうでもいいって感じ。だって、UESのセレブをみんなを打ち負かしたようなもんだもん! ダンは私の正体をブレアにバラしちゃったから、GGになった経緯をすべて白状する羽目になっちゃったけどね。実は数ヵ月前、GGのサイトをハッキングしたんだよね。私は本家本元のGGじゃないよ、短期間の単なる代役でしかない。そこへ、エスティが通りかかり、ブレアはさっきの取り引きを続ける方法はないか、と聞いた。けど、お気の毒さま。実はあの計画はエスティがでっち上げたものだったんだよね、私の入れ知恵で。で、エスティは傷ついた王子様を慰めるため、大急ぎでモナコへ帰って行ったの。どうやら、ブレアはプリンセスの座を失うだけじゃなくて、貧民になることも決定かな。

さて、自分がしたことでウォルドーフ家が破産すると知ったチャックは悪い事をしてしまったと思っていた。でも自分のせいじゃない、そうするように追い込んだハンフリーのせいだ、というのがチャックの言い分。けど、ブレアはそうは思っていなかった。そして、ブレアは、チャックのことは愛してるけど、今はチャックに恋してない、って言ってた。チャックってばかわいそうに。

s517_120228_GO517B_0232r.jpgそれからね、ブレアのドロドロ劇以外にもすごい事態が起きていたから、やっぱお通夜ってたまんない!
弔問に誰が来たと思う?Sパパ、ウィリアム・ヴァンダーウッドセンだよ。なんと彼、シシーの財産の遺言執行人で、遺言状を持参してきたの。
で、財産の行方を巡り火花が散ってる一族は一同集まり、セリーナパパが遺言書を読み上げ、シシーが誰に何を残したのかが開示されるのを待っていた。みんなもちゃんと座って聞いてよ!なんと、シシーは、自分が保有している美術品、株券と債権、そしてヴァンダーウッドセン家のマンションを含む所有財産のその他もろもろをアイヴィー・ディケンズに遺す、と遺言していたの。・・・そう、あのアイヴィー・ディケンズだよ、本当の孫でもなんでもないアイヴィーに、だよ。ワオ、としか言いようがない!
当然みんな、WTF!って唖然としてた。けど、一番ビックリしてたのはアイヴィー本人。彼女に他意はなかったんだって。ただシシーが好きで看病していたんだとか。でも、リリーは病気の母親に取り入ったとしか思っていなかった。ところがアイヴィーいわく、シシーは彼女の素性も秘密も全部知っていたんだって。まあ、ローズ家のおばあちゃんは本当に彼女のことがかわいかったんだろうね。超ヘンだけど!

さあ、はらわたが煮えくり返ったキャロル。自分の計画が裏目に出ちゃって財産をもらえなくて、そりゃもうまじギレ!なもんで、どうしてくれるの、この事態をどうにかしてくれないなら思い切った行動にでるわよ、とウィリアム・ヴァンダーウッドセンに詰め寄った。例えば、ローラの父親に養育費を請求するとか。・・・ところで、言っとくけど、ローラの父親はウィリアム・ヴァンダーウッドセン、あんたよ、と、キャロルが爆弾投下。Whaaaaaaaat!? 彼が愕然としていたのは言うまでもないよね。またしても私はグッドタイミングで会話を全部聞いちゃった!ありがとう、ゴシップの神様!

ウィリアムは新たな真実に明らかに動揺してた。ところが、想定外の行動に出た。ローラに電話して、お通夜で少ししか会えなかったから、今度ゆっくり話がしたい、と伝えた。姪っこ!いやいや、俺の娘! ・・・ふーん、面白くなってきた。

さて、お通夜を後にした私はブレアを訪問。伝えておきたいことがあったから。ブレアを傷つけるつもりは全くなかった、Bは巻き添えを食っただけで、私としては悪気はなかったんだもん。と切り出したところで、本題に入った。グリマルディ家に大金を払わないで済む方法があるから。ここ数ヵ月、GGのフリをしてスキャンダルを漁ってたから、Bの力になれると思うんだよね。もちろん、代わり、その時が来たらBにも私の力になってもらうことが条件。ブレアはよほど結婚を解消したかったのか、交渉成立。とうとう悪魔と取り引き? って言ってもいいけどさ。ま、人生って完璧にはいかないもんだから仕方ないよ。

またしてもブレアを失ったチャックは失意のどん底。慰さめを求めて継母リリーに会いに行ったの。チャックとしては、もう、人生のどん底にいる気分なもんで、チャックはあの交通事故で自分は死んだも同然だ、とリリーに打ち明けた。するとリリーは、彼の命を救ってくれた叔父ジャックに感謝すべきよ、と諭した。ん?どういうこと?実はチャックは手術中に合併症を起こし、血縁の輸血が必要になったんだって。で、リリーはドクターにジャックの連絡先を教えたとか。へえー。ありがとね、ジャック叔父さん!?

気の毒なリリーとルーファス。マンションがアイヴィーのものになっちゃって、路頭に迷うことに。って言うか、ブルックリンに島流し。でもぶっちゃけ、路頭に迷うほうが、DUMBOよりマシかも。EW

そして、ブレアはダンに会いに行った。
ダンの頭の中は最悪のシナリオを思い描いてた。ビデオを投稿した仕返しに来たのか、それとも、チャックとヨリを戻すと言いに来た??そしたら、なんとブレアの心はチャックではなく、他の人に奪われた、って言った。その人は、OMG ダン・ハンフリー!?!?!?!そして二人はキス。まじで SWEEEEETな キス。おまけに、ブレアはダンのことをちゃんと名前で呼んだ。ハンフリーでも、孤独なボクでもなく、ただ"ダン"って。この先二人がどんな関係になっていくか今から興味津々。

さてさて。

残念ながら私のGGとしての役目もそろそろおしまい。モナコに行かなくちゃいけないし、それに、そろそろ次の人にバトンタッチするつもりだったしね。で、旦那さんのフィリップにPC入りの小包を発送するよう頼んだの。その送り先は、セリーナ。
彼女ならうまく使い道を考えてくれるかもしれないでしょ?だって仕事もなく、彼氏もいないんだから、時間つぶしの趣味ぐらいあってもいいんじゃないかな。
 
 
 
みんなのお役に立ててすごく楽しかったよ。

私が提供したゴシップはみんなの生活を明るく彩ったかな!?

私がいなくなるからって泣かないで。いたことを喜んで。

そして、これで終わりじゃないことを忘れないで。

そのうち新生ゴシップガールが登場するからさ。

約束するから。じゃ、よろしくね。
 
 
 
xoxo Gossip Girl


August 2, 2013
Gossip Girl

この時期、NYの外の空気は冷たい。
けど、UESでは室内の空気が一番冷たかったりする。

s516_120221_GO516A_0216r-300x199.jpg例えば、セリーナとブレア。二人はただいま新たな冷戦の初期段階に突入。世の中にはBFFの元カレまたはBFFの好きな男とは絶対キスはしちゃいけないって掟がある。気色悪い話だけど、セリーナにとってダンは元カレで好きな男。なのにブレアったら"カム・アズ・ユー・ワー"のパーティーでダンにキスしちゃったでしょ。Ew ew EW! ブレアはなんでダンにキスしたのかが説明できなくて、単なる「過ち」で片付けていた。けど、セリーナはそんな言い訳は理由にならねー、とカンカン。で、二人は喧嘩モードに突入しちゃった!まったく、ダンごときで嘆かわしいったらありゃしない。幸い、ウォルドーフ家には機転の利くドロータがいるでしょ。ドロータは、仲直りするまでここから出てはいけません!! と二人をダイニングルームに閉じ込めた。メイドのくせにやるじゃん!
さて、(FYI ごちそうと共に) 閉じ込められた二人。セリーナはブレアに、ダンに対して恋愛感情があることを認めさせようと迫った。だってさ、昔からブレアは誰かを好きになると、必ずその人を避けてきたでしょ? 今は完璧にダンを避けてるもんね。当然ブレアは、全否定。ダン・ハンフリーに恋愛感情?あり得ないってば!と猛反論。第一、Bは結婚してる。第二に、ダン・ハンフリーは好きだけど、100%恋愛対象じゃない!!とキッパリ。しかもブレアは、孤独なボクと一日一緒に過ごして、ただの友達であることを証明してあげる、と宣言。

さて、ダンとプラトニックな一日を過ごそうとブレアは思っているわけだけど、ダンは二作目の企画案をエージェントのアレッサンドラに送る準備で大わらわ。企画案によると、今回の小説のタイトルは「マンハッタンの君主 The Monarch of Manhattan」とか何とか、らしいんだよね、よく知らないけど。我らが愛しのUESのセレブがモデルじゃなきゃ、どうでもいいよね。
とにかく、驚くなかれ、実はダンはチャックから電話で、遊ぼうぜ!って誘われてたんだ。うん、誤植じゃないよ。マジであのチャック・バスがダン・ハンフリーとツルみたいんだって!
企画書をメッセンジャーに託したダンはチャックと仲良しこよしをしに、エンパイア・ホテルへ。やっぱ変な感じ!で、ダンが着くとチャックは、よく来たな、と、かばんやコートを預かる、超お客様対応、めちゃ親切なの!ところが荷物をキッチンへ持っていくと、かばんからダンのPCを取り出して、何かしてたんだよね。データのバックアップ?それとも壁紙の変更?ふーむ。
ところがね、しばらくしてさっきダンの企画書を受け取ったメッセンジャーがチャックの部屋に上がってきた。チャックは自分が持っている封筒と企画書が入った封筒を交換。ん?何か非道なことを企んでる気配がするんですけど。もう、チャックったらほんと悪い奴!

s516_120221_GO516_DJG8892r-296x300.jpgしかも、チャックがしてる悪さはそれだけじゃなかった。実はバレンタインデー以降、チャックはアレッサンドラとはHする関係になってた。(常套手段の)スカーフまでプレゼントしちゃってるしさ。
さて、エンパイア・ホテルを出たチャックはアレッサンドラのオフィスに突然現れ、まっ昼間だと言うのにおねだり。けど彼女は忙しいからチャックを追い返そうとした。ダンの企画書が届いたから、目を通してすぐ編集者のジョナサン・カープへ送らなきゃ、って。するとチャックは企画書はきっとうまく書けてるに違いないから、読み直す必要なんてないだろ、それよりいいことしよう、と誘惑。まあ、チャックは妙に説得力があるから、アレッサンドラはコロッと気を変えて、昼下がりの情事に突入。企画書を読まずに送っちゃった。しばらくして、ジョナサンから電話あり、ダンの企画は盗作だ、と言ってきた。アレッサンドラが読んだ企画書の下書きはNYの君主制をテーマにした作品だった、盗作なんてありえない!と抗議。けどジョナサンいわく、彼が受け取ったものは宇宙飛行士ものだったらしい。どうしてこんなことに!? アレッサンドラを横目にチャックは、任務完了とばかりニンマリしながらオフィスを出た。みんなチャックにハメられちゃったみたいだね。

一方ローラはチャーリーがなかなか Facebook の友達申請を承認しないからイライラしていた。さっさと承認をクリックしてよ!って感じ。そこで、ネイトのところに遊びに行ったローラは、電池が切れたからと言ってネイトの携帯を借りて、こっそりチャーリーに電話。てっきりネイトからだと思ったチャーリー/アイヴィーは電話に出た。ローラは自分の名前を名乗ってる理由を白状するようチャーリーに迫った。しどろもどろのチャーリーに、トラブルにでも巻き込まれたの? と聞くローラ。説明できないチャーリーは、もうほっといて、とごまかそうとしてた。するとローラは、身元詐称は重罪だ、警察に通報する、と脅すもんで、チャーリーは慌てて電話を切った。
マジでヤバいことになりそうだよ。Yikes!

ローラに脅されてパニックのチャーリーはキャロルに電話して、本物の娘はNYにいることを告げた。ミシガンにいるはずなのに、とキャロルはビックリ仰天。さあ大変。ボロが出て、何もかもボロボロに崩れようとしてる。まやかしの生活も潮時だと思ったチャーリーは、ハンプトンズを去る準備を開始。二度と戻るつもりはなかった。ところがいざ、家を抜け出そうとしたら、看護師に呼び止められた。シシーが呼吸困難に陥ったから大至急、病院に連れて行かないといけない。チャーリーに付き添ってほしいと言ってる、って。その病院はなんとハンプトンズじゃなくて、NYCの病院。家族にもすぐ連絡しないと。・・・ヤバいんじゃない?? チャーリーっていうかアイヴィー。

s516_120221_GO516A_0651r-279x300.jpgさて、ダンとは"ただの良い友達"宣言をしたブレアは...
ダンと一日過ごすつもりでいた。で、孤独なボクがつめている アップライト・シチズンズ・ブリゲード Upright Citizens Brigade Theatre (通称 UCB) コメディ劇場に向かった。
ダンはローラから即興劇団のグループが「ブック・ナイト」という企画で現代小説の朗読劇をするって情報をゲット。で、今夜の出し物がなんと「インサイド」!しかも、ローラはクレア役なんだって(ブレアをモデルにした登場人物ね)。もちろん、この劇場はコメディー専門だから朗読劇って言ってもおふざけ満載だろうけど。
とはいえ、何だって宣伝になるって思ったダンはリハーサルに顔を出すことにした。ブレアもね。けど、彼女が来た意図が分からないダンは困惑。一緒にいると厄介なことになるだけだから、頼むから帰ってほしいダン。ところがブレアは、友達でしょ!こんなに仲良しなんだから一緒に写真撮ろう、とシャッターを切ってもらい、すぐさまセリーナに送信。
BとDの関係は、ただの仲良し!遊び仲間!ただのトモダチ!それ以上の関係にはなり得ないってば♪ と猛烈アピール。写真を受信したセリーナは、ブレアが水に流すのなら自分もそうしよう、と思い直し、で、ブレアと合流するため、UCB劇場へ向かったんだ。やっぱ友情っていいよね。

ローラはクレアとディランのキスシーンをどう演じるべきかダンに確認。情熱的なキス?それとも軽いキス? それを聞いたブレアは、ゴシップガールをちゃんと読んで、登場人物のリサーチをしてこなきゃダメじゃない、としゃしゃり出てきた。ところがローラは「ゴシップガールって何?」 と戸惑うばかり。・・・OMG GGを知らないなんて、この子はアーミッシュ派かなんかなわけ!?一体どこにこもって生きてきたの!?!?
・・・ともかく、ブレアは、クレアとディランのキスが情熱的なわけない、深い意味なんかないんだから、とダンを相手にキスを実演。でもさ、そのキス、軽いなんてとんでもない。熱ーい、メチャクチャHOTなやつだった!ちょっと、誰か扇子持ってあおいでほしー!!で、二人がブチューってやってる最中にセリーナが姿を現し、すべてを目撃。タイミングが良すぎるってこういうことだよね。

ブレアは慌ててセリーナを追いかけた。全ては誤解だと必死に弁明するけど、セリーナは信じてくれなかった。とにかく、セリーナはBの本心を知りたかった、気遣いなんかいらないから。ダンが好きなんでしょ?
するとブレアは困惑気味。・・・自分は結婚してる身だし、厄介な婚前契約の問題もある。それにチャックといずれ一緒になるって約束してるから、と反論。するとセリーナはブレアは親友のSだけでなく、自分自身にもダンに対する気持ちを偽って、言い訳ばかりして、もうたくさん!と言って、怒って帰っちゃった。
ブレアはセリーナとケンカしたことをダンに話した。今は友達が必要だから、って。でもダンはもうたくさん、って感じ。ダンは、ブレアと友達なんてイヤで、それ以上の関係になりたいと思ってる。Dはブレアを求めてる。でも、ブレアが自分と同じ気持ちでないのなら、もう会わない方がいい、と本心を明かした。ワオ!

一方、ヴァンダーウッドセン家。
突然訪ねてきたキャロル(NYCに本物の娘がいるって聞いて、多分慌てて来たんだと思うけど)がリリーとお茶をしていると、シシーが入院したという知らせが入った。急いで病院へ駆けつけると、リリーたちはドクターから、肺に血栓ができていて、これは化学療法の副作用ですって聞かされた。シシーはガンを克服したと思っていたから、そりゃもうビックリ。それにチャーリーがいたから、なおビックリ。チャーリーはここ数ヵ月シシーに付き添っていたことを話した。それを聞いたキャロルは、WTF アイヴィー、あんたはとっくに姿を消したはずでしょ!って怒り心頭。チャーリーはシシーにすごく親切にされたとか。で、お礼を言いにシシーの家に立ち寄ったら、そのまま一緒にいることになっちゃったんだって。Oops??

キャロルにとっては更にマズい事態。「ゴシップガール」の存在を知ったローラは開演直前にGGにアップされたチャーリー別名アイヴィーが病院に入って行く写真を見ちゃったの。やっと自分の名前を盗んだ犯人の居場所を突き止めたって、大急ぎで病院に向かった。朗読会なんてどうでもいいや!って感じ。まったく、プロ根性に欠けるね。
ウエイトレスのローラが病院に姿を現し、キャロルを「ママ」って呼んだもんだから、みんなビックリ。で、キャロルはローラ本物のシャーロット・ローズだと、みんなに真相を明かさざるを得なくなった。でも待った!じゃあ、あっちのチャーリー・ローズは誰?って、みんなの視線はアイヴィーに。チャーリーというかアイヴィーは事情を説明。・・・アイヴィーはシャーロット・ローズの信託財産を引き出すためにキャロルに雇われ、その後、元の生活に戻ろうとしていたのにLAでセリーナに出くわし戻って来た、って。それを聞いていたローラは当然のことながら激怒り。親戚がいることも知らなかったし、母親は金のためにみんなに自分のことを隠してたわけ!? キャロルは、人でなしの一族だから、娘を守るためにやったことだと弁解したものの、ローラは悪い人たちには見えないわ、と一言。そして怒りのあまり、金輪際、ママとは一切関わりたくない、と絶縁宣言。キツいねー!・・・でも、悪いことばかりじゃないみたい。だって、ローラにはつらい時に抱きしめてくれる人がいるからね、そう、ネイト!やったー、ローラがその気になってきたよ!

セリーナは、WTF? とアイヴィー(今後はこう呼ぶことにしよう)を問い詰めた。悪いと思ってるアイヴィーは、ウソをウソで塗り固める羽目になっちゃったけど、みんながすごく優しくて初めて家族ができたようだった、みんなやシシーのことを本当に大切に思ってる、と切々と語ったけれども。セリーナとしては、やっぱり金目当てだとしか思えず。なもんで、すぐここから出て行け、と言い渡した。ほんとにバイバイ、ニセ者さん。

ローラがすっぽかした朗読会で、一体誰がクレアを演じるかというと、そう、ブレアの登場だよ!ちょうど劇場にいるし、クレアは自分をモデルにしてる人物だから役柄は熟知してるはずだし、代役にはピッタリ。それに芸術をこよなく愛する彼女としてはやるっきゃないって感じでしょ。
ブレアがクレアのパートを読み、ブロンドの女優がサブリナ(セリーナ)を読む。朗読に選ばれた「インサイド」のシーンは、サブリナがクレアに、ディランとクレアには特別な絆があるって告げるところ。

   あなたがどんなに彼を邪険にしても、彼はいつもあなたを見守ってる。
   エッセーコンテストであなたが賞をもらった時も、お母さんは来られなかったけど、
   彼は来てくれてたでしょ。

あれ?・・・ブレアはあの時ダンが来てたわけ!? と動揺。サブリナ役の女優が朗読を続ける中、ブレアはついつい演技を忘れて本音で語りだした。そして"サブリナ"のセリフはさらに続いた。

   ディランがクレアを好きなのは、見かけやステータスが理由じゃない
   ありのままのあなた自身を大切に思っているのよ。

そのセリフを聞いた瞬間、ブレアは気づいた。・・・ダンはありのままの自分が好きなんだって。
ブレアには行くべき場所があった。なもんで、行かなきゃ!と、劇場を後に。まったく。ランナウェイ・ブライドから、今度はトンズラ女優なわけ!?

さてさて、本の企画書はどうなったかと言うと。
とにかくアレッサンドラは、何でダンは宇宙飛行士の話なんか盗作したの!?ってパニック状態。で、彼女に問い詰められたダンは盗作なんて絶対してないし、そんな企画書は送ってない、と否定。けどアレッサンドラいわく、メッセンジャー会社に問い合わせたところ、送り主は間違いなくダンだったとか。もしこれが何か手違いだって証明しない限り、出版社はダンを切るって。
すぐさまダンはコンピューターをチェック。でも、ファイルはなくなっていた。・・・ダンも訳が分からず、一体誰がこんなことを!? と、その時、アレッサンドラが着けてるスカーフに気づき、事態の黒幕が誰だかピンときた。で、チャックに会いに行った。一体なぜこんなことをする!?と問いただすと、チャックは、盗作がページシックスえ暴露されれば、一生その汚名を背負って行くんだ、お前はチャック・バス様に勝てると思ったのか? お前なんか足元にも及ばん! とあっさり認めた。・・・ダンはやっと気づいた。チャックの動機は、もちろん、ブレアだった。
ということは、Bをめぐる攻防は、実は自分に分があることをダンは悟った。でなきゃCがこんなに必死になるわけないもんね。さ、いよいよ勝負だよ!

ダンを追って、ブレアも病院に駆けつけた。ダンを見つけたブレアは気持ちを打ち明けた。やっぱりセリーナが言ってたことは正しかった。ブレアは、Dに恋愛感情を持ってるのにずっーと否定してたわけだ。・・・それにしても、婚前契約書に、チャックに、セリーナ・・・DとBにとって障害は多いよね。なのに、どうしてこういうことになったんだろう? ダンはそれでもうまくやっていけるさ、と思っているらしい。・・・私はノーコメントだけど。

それからブレアは何もかもごめんなさい、とセリーナに謝った。でも、友情のほうが大切だからダンには会わないってBFFに伝えた。するとセリーナは受け入れるのはたやすいことじゃないけど、二人の障害にはなりたくないって。またしても、私からはノーコメント。

ダンのことをセリーナに打ち明けるのはクリアしたブレア。でも、もう一人伝えなきゃいけない人物がいた。そう、チャック。ブレアはチャックに電話をして、ダンは何も悪くないから傷つけるようなことはしないで、とお願いした。困惑したチャックは、ルイと別れたら自分と一緒になるんはずだったのに、どうしてダン・ハンフリーなんだ? するとブレアは、自分でもうまく説明できないけど、Bの気持ちが混乱したことをダンのせいにしないでほしい、これからどうするか考える時間が必要だ、といい、もしこれ以上ダンを標的にするなら、自分の気持ちは一層彼に傾くだけ、と告げると電話を切った。で、ブレアの本心を聞いたチャックはどうしたと思う? やったのは善い行いだった。なんと、元の企画書をアレッサンドラにメールしたの。いい子だね、C!と、言いたいところだけど、私が送ったメールを見たら、悪い子に逆戻りかも。なぜなら、私はあのブライダル・スイートのブレアとチャックの動画が添付されたメールをそのままCに転送しちゃったから。しかも、元の送り主はダン・ハンフリーだからね。OMG、チャックにバレちゃった!

それから、とても悲しい知らせがある。
手術の間に起きた発作でシシーは帰らぬ人に。家族たちはお別れをすることになった。
つらいよね。ご冥福をお祈りいたします。

さて、追い出されたアイヴィーはどうしたかな?
このまま大人しく引き下がると思っていたら大間違いだよ。
実は彼女、ある電話番号が記された紙をまだ持っていたんだ。
で、その番号は、誰のだと思う?

ジョージーナ。そっ、私だよ!

電話してきたかって?

それはあとでのお楽しみ。
 
 
 
xoxo Gossip Girl


July 29, 2013
Gossip Girl

あー、バレンタイン・デー。

一年に一回キューピッドが愛の矢を放つ日。
でもここはUESだから飛んでくる矢は危険かもね。
だからみんな、気をつけてよね。
 
 
ブレアは、おぞましい偽ハネムーンから、同じくらいおぞましいルイと共にモナコに帰国。幸い、王子様の許可が出てNYCに戻って来ることができたんだけど、不幸にもエスティっていう社交事務を担当する私設秘書付き。別名、監視人。だって、どこへ行くにもブレアにまとわりついてるって感じなんだもん。Yuck. というわけで、エスティの目を盗んで何かをしようにもブレアは大したことはできない状況。それでも我らが愛しの策略家は罪のない計画を練っていた。Bは、セリーナとダンを復縁させようとしてたの!! ほら、あのブライダル・スイートのブレアとチャックのビデオをGGに投稿した責任をセリーナが取ってくれた借りがあるでしょ。おまけに、セリーナがまだダンに恋愛感情を持っているのを知っていたのに、ダンと一緒に逃げたから悪いことをしたと思っていた。で、BはDerena ダン+セリーナのカップル復活で償おう、と考えたわけ。

さて、セリーナは「スペクテイター」のコラムの取材で70歳の独身女性に禁欲主義についてインタービューをすることになっていたから、約束のレストランへ。そしたらそこにダンがいたからビックリ。ダンもエージェントのアレッサンドラと待ち合わせだとか。これってもしかして運命!?
・・・なわけないよね。しかも、お互い約束の相手が待てど暮らせど姿を現さないので同じテーブルに座っていたら、レストランからサービスでシャンパンが運ばれてきた。ラッキー!ま、二人とも隅っこの席でブレアとドロータが見張ってるなんて知る由もないんだけど。でも、見た感じBの計画はうまくいってる模様。恋のキューピッドさん、私にも素敵な人を紹介してちょうだい♪

でも、残念ながら、ダンもセリーナも、見た目よりも頭の回転が速いから、二人とも約束の相手にすっぽかされるなんて偶然じゃないってすぐ気づいた。こんなことをするのはブレアしかいない、ってお見通し。当然だよね。あの二人ほどブレア・ウォルドーフを知ってる人間はいないんだから。
ランチ後、ダンはブレアに、善意は感謝するけどセリーナと復縁することはないとキッパリ。もうセリーナには恋愛感情を持ってないし、その気持ちは変わることはない、だってさ。まったく、おバカさんだよね。相手は、かのセリーナ・ヴァンダーウッドセンなのに!

s515_120214_GO515C_0077r.jpgさて、「ゴシップガール」を引き継いで以来、私、ジョージーナは、なかなかビッグニュースにありつけなくてちょっと苦戦中。ネタ探しって見た目よりはるかに難しいんだよね。だから、前よりサイトのレベルが低下してるって感じていたらゴメンね。でも、一生懸命がんばってレベルアップを図ってるので。そのために、街のあちこちに私の目となり耳となる内通者を雇ったんだよね。ところがさ、こいつらがまったくの役立たず。情報らしい情報を一つも持ってこないんだよね。でもさ、私が求めているのは全てのスキャンダルを打ち消すような<スキャンダル>なの。旦那フィリップは、ダン・ハンフリーが結婚式のチャックとブレアのビデオを投稿した真犯人だと分かっているんだから、それでダンを揺さぶればいいって言うんだけどね。確かにもちろん、その手もある。そうなんだけど、私としては爆弾を落とす時は我らが愛しのセレブたちが同じ場所に揃ってる時、ドカーンとやりたいわけ。高校の時は否が応でも一緒だったから簡単だったのになー。で、ふとひらめいたんだよね。パーティーという形で、ちょっと高校時代にタイムスリップすることにしようよ。さあ、みんな学校へ戻る時間だよ!!
というので、早速《特ダネ》をアップした。

  《特ダネ》『昔のままで カム・アズ・ユー・ワー』
  バレンタイン・デー・パーティーが「スペクテイター」で
  開催されるよ。
  ドレスコード:高校時代の服装

それを見たネイトのアシスタントかつ私の内通者のティナは、名案!って、すぐさまネイトのオフィスへ。でも、ティナから話を聞いたネイトは、自分がパーティーを主催!?ってそんなこと知らないし、と訳が分からない模様。ティナは「スペクテイター」のいい宣伝になるって説得。
それでもネイトはいたずらだろうし、と躊躇してた。でもそのうち、パーティーをするにはケータリングが必要だってことに気がついもんで、ゴーサインを出した。
実はね、今朝ネイトはあのケータリングのウェイトレスローラに電話してバレンタイン・デーのデートに誘ったの。ワオ!Nちょっと早すぎじゃない??ところが、バレンタインの日はかき入れ時で、忙しいから無理って断られたんだよね。で、ネイトはパーティーを主催すればローラがバイトしてるケータリング会社を使えるって思ったわけ。デートといいウェイトレスを一度に調達できて一石二鳥!でも、ケータリング会社に電話してローラを指名したら、ローラには新しい方針があり「スペクテイター」の仕事を受けないって断られちゃったんだ。Whaaaaat?ネイトはがっかり。パーティーをキャンセルしようかと考えていたら、チャック・バスが救いの手を差し伸べた!チャックはパーティー会場をエンパイア・ホテルのスイートに変更すればローラも来るだろうって、場所を提供。気が利いているというか、薄気味悪いというかなんというか、引き続き協議中。

一方、ヴァンダーウッドセン家を見張ってる内通者から(やっと重い腰を上げてくれてヤレヤレ)有益な情報をゲット。チャーリー・ローズ(別名、アイヴィー・ディケンズ)がNYに戻って来たらしい。彼女、リリーに話があってヨーロッパへ向かう途中で立ち寄ったんだとか。けど、あいにくリリーはワシントンD.C.から戻って来る途中で不在。チャーリーは彼女の帰宅を待つことに。
まさに朗報。私はローズ家のイトコに会いにヴァンダーウッドセン家に直行。だって、ゴシップネタが欲しいんだもん!彼女はこの家族の一員だから、何らかの事情を知ってるはずでしょ。勘は大当たり。チャーリーは弱い立場だから、あっさりブレアとルイの婚前契約のことを教えてくれた。ふーん、そういうことだったのか。ありがとね、チャーリーだかアイヴィーだか知らないけど。ボンヴォヤージュ!

さて、私は巧みな説得力を駆使してブレアとルイの婚前契約書のコピーを入手したんだ。その内容を見てビックリ。もし、ブレアが結婚の条件をすべて履行しなかった場合、ウォルドーフ家はグリマルディ家に巨額な負債を負うことになり、破産しちゃうんだって。ヤバい!で、私はすぐに計画を立てた。
ダンに、「スペクテイター」のパーティーにブレアを連れて来て、ってメールしたんだ。けど、孤独なボクはまったく来る気がないみたいだから、彼が私に投稿したあの恥ずべきブライダル・スイートのビデオを送り返してやったの。そりゃもう慌ててたよ。だって、あいつにとってあの秘密は墓場まで持って行きたいだろうからさ。
ダンはブレアの所へ直行。そして、ブレアに、熟考の結果、やっぱりセリーナとはやり直せるかもしれないと告げ、パーティーに一緒に来てキューピッド役を続ければいい、と頼んだ。とはいえ、ブレアは、エンパイア・ホテルには行けないって躊躇。・・・元カレのホテルに行くなんて、うざったい見張り役のエスティが許すはずないって。ダンは、堂々と行って、チャックのことはもう何とも思ってないと思わせたほうがいいって必死に説得。で、とうとうブレアは根負け。Yessssssssss!やっとGGに運が回ってきたよ!

さあ、いよいよパーティー開始。みんな、コンスタンスとセント・ジュード当時のスタイルでばっちりキメて来てるし、私の計画もいざ始動。
ブレアは、ダンにセリーナをどこか静かな場所に連れて行ってアクションを起こすよう指示。ところが、「やっぱ無理」と言い出したダンを見て、ブレアは、あらあら緊張しちゃって、孤独なボクちゃんてばかわいいわね、と思ったらしい。なもんで、ブレアは、チャーミングで素敵なありのままの自分で攻めれば大丈夫、と励ました。たじろぐダン。・・・ダンはチャーミングで素敵、ってブレアが言った!?!? もちろん、ブレアはDのことをチャーミングだと思ってた。この一年本当によくブレアのことを助けてくれてたからね。
そのとき、ダンはメールを受信。それもGGから。しかも、「ブレアにキスしろ」って書いてある。 WTF!?!?!? ダンはその場を立ち去った。何か急用?それとも誰かをお捜し?あー、ゾクゾクするっ!

ダンはGGとメールのやりとりをしながらパーティー会場をウロウロ。で、チャックの部屋から着信音が聞こえてきてドアを開けると、そこには私がいたからビックリ。あの美しくエレガントなジョージーナ・スパークスが「ゴシップガール」!? そりゃ驚いてたよ。仕方ないから、ダンに事情を説明。自分はGGじゃない。けど、GGの下で動いてるの、って。ダンは、もしあのビデオの投稿者だってことをバラしたら、お前の正体をバラす、って脅してきた。ひどくない!?私は、ただダンにブレアにモーションかけてほしかっただけなのに!そんなに攻撃的になんなくってもいいのに。

s515_120214_GO515B_0099r1-300x210.jpgブレアが部屋に入って来たから、私は退散。二人だけにしてあげることにした。ブレアはダンのセリーナに対する態度が煮え切らないから、困惑していた。またBFFをがっかりさせるために、お膳立てしてることになるわけ??ほんとにダンはまたセリーナが好きになったんだよね? セリーナと復縁すればダンは幸せになれるはずでしょ? なのに何故にダンはあいまいなの?ねえ、どうよ孤独なボク?どうすりゃ、気まぐれな田舎者は満足するわけ? すると、ダンはブレアにキスした。OMFG !!
申し訳ないけど、ちょっとお邪魔させていただいて、ばっちり写メさせてもらったよ。それと、セリーナは私の後ろにいたんだけどね。 Oops!

セリーナは怒り心頭。私の気持ちを知ってるくせに、どうしてダンにキスするの?って、そりゃカンカン。ブレアは、ダンがキスしてきた、って弁解したけど、セリーナの怒りは収まらない。一体ブレアってばなんなの!?とセリーナはブチ切れ。読者諸君、友情に恋愛関係を持ち込んだらダメってことを肝に銘じておいたほうがいいよ。
さて、ダンと私はさっき撮った写メが入ってる携帯の奪い合いでケンカになった。だから、ダンに写真は投稿するつもりはないって言ってやったの。その代わり、ダンとブレアが悲恋で自滅する様子を密かに最前列で観察するつもりって。だって、ダンが恋焦がれる彼女があのキスで、彼女もDのことが好き、っていうサインを出したわけでしょ。とはいえ、相思相愛だとしても、どうにかなるわけじゃないんだけどね。だって、ブレアは結婚の条件を守らないと貧乏人に転落。で、もしダン・ハンフリーが原因でブレアが貧乏になったら、ブレアはダンを永遠に嫌うのは明らか。またしても、こっちの勝ち!

s515_120214_GO515A_0079r.jpg一方、パーティー会場。てきぱき働くローラを見て、ネイトはご満悦。あららっ、ネイトったら彼女に相当お熱みたい。何だかカワイイ!
それから、思いがけない人物がパーティーに姿を現したんだよね。誰だと思う?なんとチャーリー。リリーがワシントンD.C.からエンパイア・ホテルに直行するって聞いて、捜しに来たらしい。リリーとルーファスはバレンタイン・デーの夜をホテルでロマンチックに過ごすんだって(BRB 吐いてくる)。さて、ローラはフロリダで同じ演劇教室に通っていた友達、アイヴィー・ディケンズを会場で発見しビックリ。ローラに名前を呼ばれたチャーリーはパニック。けど、旧友を無視するわけにはいかず、ローラから母親に内緒でジュリアードに通っていることや、生活のためにケータリングのバイトをしてることなど、近況を聞く羽目に。そこへ、ネイトがやって来て、姉妹と間違うぐらいそっくりだ、と一言。ママもよくそう言ってた、とローラ。あー、まじクレイジーな事態!明らかに居心地が悪いチャーリーは、そそくさと退席、で、ローラは、こんなところでアイヴィー・ディケンズに会うなんて信じられない、世間ってほんとに狭いわー、と感激もひとしお。ネイトは、彼女の本名はチャーリー・ローズだよ、ってローラに教えると、「チャーリー・ローズ!?」 と驚愕するローラ。ネイトはチャーリーのママが娘の名前を変えさせていたことや、娘にいろいろウソをついていたことを彼女に話した。それを聞いたローラは、ちょっと一体どうなってるの!?って感じで、すぐにFacebookでチャーリー・ローズを検索、チャーリー・ローズを名乗るアイヴィーを発見した。もちろん友達リクエストを出してたよ。承諾するかな?どうなるかすごく楽しみ!

さっき撮ったブレアとダンのキス写真を「ゴシップガール」にアップする気はないんだけど、見せるくらいいいかなって思ってる。というか、誰かさんにはみせようと思っているんだ。
エンパイア・ホテルのバーで、チャックは独り寂しくバレンタイン・デーを過ごしていた。何だか哀れ。たまたま、ダンのエージェントのアレッサンドラがバーに居合わせてた。で、チャックを見つけたアレッサンドラは、チャーリー・トラウトのモデルになった人物に興味津々で、完全に口説きモードに突入。でも、お気の毒さま、まるで相手にされなかったんだ。Ouch.
ところが、ブレアとダンのキス写真を見せた途端、チャックは気が変わったみたいで、チャックはアレッサンドラを自分の部屋に連れて行った。まあ、確認を取ったわけじゃないけど、チャックのことだから後のことは想像すれば分かるよね。

さて、婚前契約書の件を知ったダンはブレアを問いただした、婚前契約のせいでルイのもとへ戻ったのか、って。ブレアは、家族の将来を危険にさらすわけにはいかないから、結婚せざる得ず、もうルイに対する気持ちはビジネス以外の何物でもない、と説明。ダンは、Bの自分に対する気持ちを知りたかった。ブレアは、セリーナを傷つけることは絶対しない、誤解を招くことをしてたらごめんなさい、と謝った。かわいそうなハンフリー・・・?
でも、こっちは超うれしい!だって、ダンとブレアお互いの本当の気持ちを分かっていながら、何とかしようにもできない、ってことでしょ!? YAY! キスよりいけないことをするのも、もう時間の問題。なにはともあれ今後の成り行きが楽しみすぎる!!

それからね、私、ブレアの私設秘書エスティーにちょっと興味があるんだよね。彼女ね、ブレアとルイの写真を愛おしそうに眺めていたの。そして、なんと手でブレアの顔を隠したんだ。
ブレアの言ってたとおり、まじで薄気味悪いよ、あのエスティーって!!

まだビックリなことがあるよ。実は、チャーリー/アイヴィーの行き先はヨーロッパじゃなかった。ハンプトンズへ行ったんだよ。しかも、シシーの家。チャーリーは看護師に、用事を片づけられなかったって伝えてた。そしたら、看護師は、もうあまり時間が残ってないから、残念なことだ、と返事。
Whaaaaaat?OMG シシーが!?
一体チャーリーは何を企んでるの??
 
 
何だか色んな事が明るみに出るのも時間の問題のような気がしてきた。

Yesssssss! どんなドロドロが待ち受けてるか今からワクワクする。

じゃ、ここで一句。
 
 
 薔薇は紅く
 すみれは蒼く、
 GGは冷酷なビッチ
 そしてこのサイトを読んでるあなたもね
 
Won't you be my Valentine?
 
 
 
xoxo Gossip Girl


July 23, 2013
Gossip Girl

すっごい結婚式だった!
でしょ?美味しい食事にダンス。盛り上がったよね。

・・・・・・わかってるってば。GGがみんなの本音を代弁してあげる。

まじで結婚するなんて、思わなかった。

って言いたいんでしょ。
みんなだってGGみたく悲観的なビッチ揃いなんだから。でしょ!?
けど、私たちの予想に反しBは結婚の儀を果たした(軽いつまづきはあったけど)。

ブレアとルイは晴れて夫婦。死が二人を分かつまで一緒だよ。
 
 
披露宴会場ではブレアの姿が消えちゃって大騒ぎ。
ルイはまだいるからハネムーンに旅立ったわけじゃないし、プリンセスは一体どこ?って捜してた。セリーナなんか心配でいても立ってもいられない感じ。そしたらチャックの携帯が鳴って、ブレアがエンパイア・ホテルにいるって知らせが入ったの。Whaaaat?何か変だぞ!
一方、ケータリングのウェイトレスのローラと友達になったネイト。まったく、早速口説きモードに入ってるよ。しかも手段を選ばずって感じで、駐車場でローラが配達用のライトバンに荷物を積むのを手伝ってアピールしてるし(・・・ちょっと、ねえN、下半身にはブレーキをかけときなよ)。そこへ慌てたセリーナとチャックが登場。エンパイア・ホテルにいるブレアのとこへ行こうにも車が出せないもんで大慌て。セント レジスから抜け出す方法は、ローラのライトバンを借りるしかなさそう。ローラは面白そう!と協力することに。3人はローラのライトバンに乗り込み急いでエンパイア・ホテルに向かった。
けど、ブレアはいなかった。そこにいたのはなんと、勝ち誇った顔をしたジョージーナ・スパークス。誰もGの言うことに耳をかさないから、ウソついて呼び出したらしい。実はGは、ブレアが披露宴から逃げ出すところを目撃したんだって。そ、逃げた花嫁を捜したければ、ジョージーナの助けが必要、ってこと。Boo!

gossip_yr5_#101(5-14)GO514C_0310r_42d9766.JPEGところが、実際ブレアがどこにいるかは誰も知らなかった。行き当たりばったりとしか言いようがないけど、彼女、なんとダン・ハンフリーと一緒にJFK空港にいた。ブレアは、離婚するためにドミニカ共和国へ行くって言い出した。もう離婚なの?? どうやらドミニカ共和国では法律に抜け穴があって、花婿の承諾なしで離婚できるらしいんだよね。Bはエリザベス・テイラーが四度目の離婚申請をここでしたから間違いない、って言ってた。でもダンは懐疑的。それにさ、Bはチャックのためにこんなことしてるわけ?? どうやらブレア自身もそれはまだ分からないらしい。でも、あのビデオが流された途端、ルイは別人に変貌したし、もう一緒にはいられない、ってこと。で、相変わらずお節介なダンはブレアを助けることにした。・・・まず、航空券を買いに行った。だけど直行便は満席、おまけにブレアはパスポートを持って来ていないし、だからドロータに電話して、持ってくるように頼んだのはいいけど、花嫁を悩ますのはそれだけじゃなかった。ヴェラ・ウォンのウエディングドレスのままジェットブルー航空のチケットカウンターの前に立ってたら目立つなんてもんじゃない。そりゃ、みんなジロジロ見るよね。ホヤホヤのプリンセスはまさかこんな初夜を送るとは思ってもいなかっただろうけど。

さて、エンパイア・ホテルではみんなブレアのことが心配でやきもき。おまけに意地悪の女王、ジョージーナがまだウロウロしてて、ブレア捜しは一向に進展しない様子。ダンはまだ披露宴会場にいるはずだと思ったセリーナは、電話してブレアが会場に戻っているか確かめることに。ダンは、Bはルイと一緒に帰った、とウソついた。あー、ダンてばまずいんじゃないの?? で、電話を切る前にSはダンに、SがDに「愛してる」って言ったことについて、何か言いたいことある?って訊いたんだ。そしたらダンは、今、話してられない、って一方的にガチャンッ て切った。失礼しちゃうよね!
セリーナはみんなに、ブレアはルイと一緒に帰ったことを伝えた。すると、ジョージーナは、Dはウソついてる、と主張。でも、もちろん誰も彼女の言うことなんか信じなかった。チャックは、イカれ女をつまみ出すため警備員に電話。その時Gの携帯にダンナからメールが入った。ドロータがウォルドーフ家に向かった、という情報で、ジョージーナは、もう帰るから、警備員は無用、じゃあね、とあわただしく出て行った。そして、今度はセリーナが持っていたブレアの携帯にルイからメールが入った。「一体どこにいる?すぐ戻って来い!」 って。
あれっ? ということは、ブレアはルイと一緒じゃないってことだし、ジョージーナが正しかったってことだよね。(みんな、Gにあんなにつらく当たらない方がよかったんじゃないの?)

さて、エンパイア・ホテルを出たジョージーナはウォルドーフ家へ直行。そして、荷造り中のドロータを発見。ドロータには悪いけど、ジョージーナはかわいそうなメイドを恨んでたからね。ほら、憶えてる?ドロータのハズバンド、ヴァーニャがジョージーナのロシア送りに一役買ってたでしょ。そのつけが回ってきちゃったみたいで、ドロータはブレアのクローゼットに閉じ込められちゃった。(と、言っても正直なとこ、事態が違えば罰っていうよりご褒美ともいえるけどね)。

gossip_yr5_#101(5-14)GO514C_0401r_cf7144c3.JPEGさて、空港で足止め状態のブレアとダンは、ニュース放送を観てビックリ。大変なことになっていた。なんとルイがマスコミに、妻が行方不明、と発表しちゃったらしい。実はルイ・ママが、息子に恥をかかせるなんて絶対許さないとまじ怒ってて、ブレアはルイのそばにいるべき、それが取り決めのはず、てキレテるらしい。

一方、セリーナとチャックがようやくウォルドーフ家をチェックしにきて、閉じ込められたドロータを発見。ブレアの居場所を知っているドロータは、大至急パスポートを届けなければ、と事態を説明。すると、後は任せろ、とチャックはパスポートを持ってセリーナとともにブレアのもとへ。ところがどっこい、ジョージーナが外で見張ってたんだよね。まんまとGの罠にハマったって感じ。ジョージーナは車で、チャックたちの尾行を開始。マズくない?

空港にいるのがヤバくなったので、ダンとブレアはホテルへ。下心があって、とかそういうのではなく、とにかくドロータがパスポートを持ってくるまでの間、待つ場所が必要だったからね。でもホテルにチェックインしたブレアは、ことの状況に幻滅。・・・プリンセスになったはずだったのになんででよりにもよってダン・ハンフリー場末の空港ホテルにいるわけ!? それを聞いたダンは、何て恩知らずな!って怒りが込み上げてきた。自分は何も聞かずにブレアを助けしてるだけなのに!! まあ、ブレアにしてみれば、今日は人生で最高に幸せな日のはずなのに、Dごときに怒鳴られるってどういうこと!? ってことらしい。すると、ダンは、自分の人生最高の日は、本が出版された日で、そのときBに怒鳴られたし。とナイス突っ込み。じゃあ、目には目をというか、二人は、ああでもないこうでもないとわーあーぎゃーとケンカを始めた。すると、ドアノックが。ヤバい!!

でも、幸いドアを開けるとそこにいたのはセリーナとチャックだった。セリーナはブレアの居場所を知らないってウソをついたダンにムカついてた。けど、ダンが事情を説明しようとした矢先、ジョージーナが姿を現し、パチリと四人を写メ。ビックリしたSは、ハンドバッグを落としちゃったんだけど、OMG!なんと控室でのやり取りを撮ったカメラが中から出てきたの!まさかあのビデオをGGに投稿したのはセリーナ?!?!って、みんな目が点。Sは犯人は自分だと認めたうえで、ブレアとチャックのためにやった、と話した。だけど、Bは信じられない!って怒り心頭。するとそれはこっちのセリフだとばかりにセリーナも怒り爆発。BはSのダンに対する気持ちを知ってたくせに、Dと一緒に逃げてるってどういうこと!? WTF? Bってば女友達の掟って忘れちゃったわけ?
さて、かたわらで見ていたチャックは他のゴタゴタはどうでもいいらしい。チャックの目的はただひとつ:ブレアと一緒に逃げること。飛行機をチャーターして、そしたら明日の朝にはドミニカ共和国に着く。Cがそう言った矢先、ソフィー公女が姿を現した。
というのも、ブレアが空港にいる、という写真がドンドン投稿されたでしょ。そ、ブレアの居場所を知ってたから、(ま、何でも知ってるけど)ルイにメールしたの。悪い事しちゃったかな?でもさ、夫が妻の居場所を知るのは当然でしょ?
かわいそうに、ブレアはソフィー公女に婚前契約に違反してるって責め立てられてた。今すぐ一緒に来なければ文字通り、Bの家族は大きな代償を払うことになる、って脅された。実は、その婚前契約の内容っていうのが超シビアなんだよね。もし、ブレアがルイとの結婚を履行しなかった場合、ウォルドーフ家は一旦破棄された結婚持参金を全額払わなければならない、とか。エレノアは会社を売り、全財産を失いかねないほどの額だった。この先の一年間、プリンセスとして暮らすか、それとも貧民として暮らすか。難しい選択だよ。でしょ?

ブレアは何人かに謝らなければならなかった。
まずは、ビデオの件をチャックのせいにしたことを謝ったの。チャックは、ブレアのことを守るし、持参金も払う、と言ったけど、ブレアは自分の自由をチャックに買わせるわけにはいかない、と断った。約束は約束だから、守らなきゃいけないし、今はこうするしかない、ってね。
ブレアは、ダンにも謝りに行った。この1ヵ月、Dがいなければ切り抜けられなかった、と打ち明けた。ルイの代わりにダンが書いた結婚の誓いの言葉も、Dはルイよりもずっとブレアのことを大切に思ってくれてることが伝わった、って。もちろん、友達としてだけど。でもほんとのことを言うと、ブレアもダンのことを大切に思ってる。うわ。 Bはいつも助けてくれてありがとう、とダンに礼を言うと、今はやらなきゃいけないことがあるから、って。するとDは、いつだって自分はブレアの味方だ、といった。・・・永遠のBFFってことなの!?

さて、エレノアは今回の結婚は断固として許さないと決意。会社を売って、全財産を失っても構わない、あのグリマルディ家を二度と娘に近づけるつもりはない、ってことらしい。ところが、ブレアもまた決意を固めていた。ブレアは、ルイと一緒にハネムーンに行く、と話した。エレノアは、そんなことはしなくていいって反対したけど、ブレアは自分のしなくてはならないことだと、わかっていた。一年だけ我慢すれば、自由の身になれるから、とウォルドーフ家を後にした。そして新婚カップルの姿をキャッチしようとしているパパラッチが待ち受けていた外へ、ブレアは満面の作り笑いで、ルイと一緒に出て行った。

さて、ダンはブレアを守るためにウソをついたとセリーナに釈明。でも、セリーナはまだ怒っていた。当然だけどね。セリーナはダンの本心を見抜いてた。ダンはブレアの王子様になりたかったわけで、ま、典型的なダン・ハンフリーの行動だよね。けど、一連のダンの行動でセリーナは自分の告白に対する彼の答えは分かったみたい。ダンが愛してるのは明らかに自分じゃない。かわいそうなS!

それから、ネイトとあのケータリングのウェイトレスは、というと。披露宴のフラワー・アレンジメントをローラがヴァンダーウッドセン家まで配達に来た。彼女を見たリリーは、ジュリアードで会ったシャーロット・ローズだとすぐに気づいた。ほんと世間って狭いよね。
ローラはリリーにネイトとの一件を話しだした(他人にいきなり人生相談なんて変な感じだけどね)。こっちがちょっと興味を示した途端、彼は興味を失っちゃったみたいで・・・。ま、それが男たるもんだよローラ。ところがね、リリーはお節介だからネイトに電話して何だか干渉したみたい。だって、ネイトはローラの居場所を捜し出して会いに行ってたもん。それでネイトはローラに不審なそぶりを説明した。彼女が母親と電話で話してるのを小耳にはさんだけど、ローラは相手がボスだってウソをついたから、Nは信用できなくなったんだって。ネイトいわく、大概、男(自分)はウソをつく女に散々な目に遭ってきてるから、ローラもそういう女なのかも、と思ったらしい。で、ローラは本当のことを打ち明けた。ママにケータリングのバイトじゃなく図書館で勉強してるって言ったのは、ママが女優になるためのニューヨーク行きを反対したから、だからママにはミシガン大学で政治学を専攻してるって言ってあるんだってさ。それを聞いたネイトは、もう一回ちゃんとデートしよう、誘ったんだけど、ローラはあり得ない返事。ネイトの世界に足を突っ込みたくないかも、だって。はっ?まさか冗談でしょ?あのさローラ、あんたの立場になれるなら死んでもいいって思ってる女子がどれだけいるか分かってんの!?!?!?あー、かくしてネイト+ローラのカップルは始まる前にジ・エンド。もうっ!!!

さて。
先週打ち明けた秘密、憶えてる?GGの正体はジョージーナって言ったでしょ? あれは本当なの。でも、事情を説明しとくね。実は、私はここ数週間だけGGの代わりをしてるだけで、あの有名なご本人ではないんだよね。

とにかく、さっきブレアとルイがハネムーンに旅立つビデオを 《特ダネ》 サイトにアップしたから観てみて。夫フィリップは、ホテルで撮った全員集合ショットをなんでアップしないんだって言うけど、ほんと分かってないんだよねー。もちろんあの写真の方がスキャンダラスかもしれないけど、でも実は、ブレアとチャックのブライダル・スイートの会話のビデオを誰が投稿したか知ってるんだよね。まだその提供者を明かすことはできないけど。いろいろ計画中だからさ。

チャックは《特ダネ》を見たらしい。もちろん落ち込んでた。何でブレアはルイを選んだんだ?ってね。するとセリーナは、ビデオを投稿したりするからでしょ、ってチャックに言った。するとCは困惑。だって、さっきセリーナは自分が犯人だと認めてのに。セリーナは、ブライダル・スイートでカメラを見つけて、ハンドバッグに取りあえず隠したけど、チャックとブレアが一緒になれるんだったらウソをついても構わない、と思ったらしい。

じゃ、チャックでもセリーナでもないなら、一体誰がビデオを投稿したの?

誰だか見当つく?
 
 
xoxo Gossip Girl


July 14, 2013
Gossip Girl

 
ブレア結婚式
 
 
あーーーーーーーーーー
もう、みんな信じられる?
この日を迎えられると思ってた?
だよね? 正直、私も思ってなかった。

でもやったね! ワオ×100万回!

ところが。
結婚式が中止になればいいと思っている輩がちらほら。
例えば、カヴァリア神父とチャック。二人はあれこれと結婚を阻止する方法を画策していて、準備万端って感じ。けど、いざ出陣っていう時にカヴァリア神父はものすごく具合が悪くなった。今にも吐きそうな様子。げ。・・・ひょっとしてさっきチャックが注いであげた水が原因?やられたね!チャックいわく、水はメキシコにあるバス・ホテルのバスルームから取り寄せた水道水らしい。チャックはBの結婚式を台無しにする気なんてサラサラなかったんだ。チャックはブレアには幸せになってほしかった。ルイと結婚することでブレアが幸せになれるなら、それでいい、って。ワオ、チャック!なんて大人なの!

gossip_yr5_#100(5-13)GO513A_0408r_cb8494fe.JPEGヤレヤレと思いきや、誰も予期しなかった過去の亡霊が結婚式をブチ壊そうとしていた。誰だと思う?あの悪名高き、ジョージーナ・スパークス!新聞でロイヤル・ウエディングの記事を読んだジョージーナは、許せん!、と大いに憤慨。あのビッチのお陰でこれまで何度も散々な目に遭ってきたのに!! ・・・そうそう、ジョージーナは、ブレアに神様のお勉強をする矯正施設に追放されたり、ロシアに強制送還されたり、いろいろあったよね。で、ブレアが幸せになるなんて絶対許さない、と行動に出た。旦那さんのフィリップまで引きずり込み、悪巧みを計画。ジョージーナはルイを誘惑して、その現場を旦那さんに録画させるつもりだよ。それをGGに投稿すれば結婚式は中止になるって目論んでる。ぐふふふふふふ!

式を控えたブレアは息もできなくなるくらい緊張してた。当然だよね、所詮人間だもん。けどセリーナやドロータと一緒に娘を落ち着かせようとしていたエレノアは緊張は挙式のせいじゃない、とピンときたみたい。エレノアはやるべき事がある、と行動。そして、なんとチャックに会いに行ったの。 Whaaaaaaaat?でしょ?
エレノアはエンパイア・ホテルに出向き、娘の元カレに直接話した。そして自分の経験を語ったんだよね。・・・自分がBのパパ、ハロルドと結婚した時、心のどこかで何か変、って思っていたから異常に緊張した、だけどサイラスと結婚した時は心は穏やかで、何もかもしっくりきたって。エレノアは、娘には自分と同じ過ちを犯してほしくない、最初の結婚で幸せになってほしい、とチャックに思いをぶつけた。つまり、チャックは結婚を阻止しなきゃいけないってことだよね。OMFG!!!

チャックは教会に駆けつけ、ブレアに、ルイと結婚するな、と懇願。ルイと一緒になっても幸せになれない、もし、自分の言ってることが間違っているならすぐ帰る、って。けど、ブレアは受け入れなかった。

そうじゃない。そんなに簡単な事じゃないの。
もちろんあんたを愛してる。今までずっと愛してきた。

って訳の分からないことを言い出したもんだから、チャックはマジ混乱。じゃ、一体、何が問題なわけ?今すぐ一緒に逃げて、二度と振り返らなければいいじゃん。すると、ブレアは、たとえルイと結婚しなくてもチャックとは一緒になれない、うまく説明できないけど、でも、チャックと一緒に行けないのが今までの人生で一番つらいことなの、 と言い残し、ブレアは部屋を出た。

なんとね、ジョージーナが、この会話をすべて録画していたんだよね。ルイを誘惑するって計画は失敗したかもしれないけど、こっちのほうがはるかに使える、ってニンマリ。そして、その際どいビデオを撮ったカメラをチャックに手渡したの。超スキャンダラス!

gossip_yr5_#100(5-13)GO513B_0269r_5015d6e8.JPEG

チャックと話した後もブレアの決意は変わらず、ルイと結婚するつもりだった。
ヤレヤレ、かな?
ブレアはルイの待つ祭壇に向かって花嫁と花婿の付添人ご一行とともに通路を歩き出した。みんな、いよいよ誓いを交わす時がきたよ。スマイス神父が、二人の結婚に異議を唱える者がいるなら申し出よ、というくだりになると、会場にはピーンと張り詰めた空気。・・・チャックは教会の入り口に立っていた。チャックは口を開くかな??・・・けど、その必要はなさそう。突然みんなの電話が鳴りだした。そうっ、私だよ!久々の《特ダネ》をアップしたからね。数分前のチャックとブレアの控室の様子をじっくりご覧あれ。

  《特ダネ》異議を唱えなきゃいけないのはチャック・バスじゃなくて
        花嫁本人だよ。信じないのならこれを見て。
        「もちろんあんたを愛してる、今までずっと愛してきた」

AHHHHHHHHHHHHHH!
その瞬間、ブレアは歩いて来た通路を逆戻り! ・・・まさかのランナウェイ・ブライド!?

ブレアはGGにビデオが投稿されちゃって怒り心頭。犯人はもちろん、チャックだと確信してた。
けどチャックは天地神明に誓って違うって、きっぱり。
ところが、チャックは、ブレアが一緒になれないという本当の理由を知っちゃってたんだよね。セリーナは、ブレアが神様と交わした変てこな誓いの件を話したの。Sのおしゃべりめ!
けど残念ながら、それでもブレアの決意は変わらず、チャックとは一緒に行かない、って。しかもルイに会話を全部聞かれちゃったんだよね。Eek まずい雰囲気。
ブレアは、どんなことがあったにせよ自分が選んだのは王子のルイでその気持ちは変わらない、と言ってた。
・・・よかったね???

gossip_yr5_#100(5-13)GO513A_0194r_864c35f5.JPEG

さて、花嫁が逃げ出した教会では、セリーナ、ネイト、ダンがジョージーナと対決。みんなGGにビデオを投稿した犯人は彼女だと思っていた。いかにも彼女がやりそうなことだもんね。ジョージーナは確かに撮影と演出はしたけど、それ以外はしてないし投稿もしてない、と否定。そしてチャックにカメラを渡したことを暴露。けどチャックは結婚式を阻止するチャンスが十分あったにも関わらず、アクションを起こさなかったんだから投稿したのはチャックじゃないと判断。じゃ、誰だろ?ジョージーナいわく、セリーナ、ネイトまたはダンの誰かの悪さに違いないってことらしい。・・・セリーナは、BFFに人生最大の過ちを犯してほしくなかったんじゃない? ・・・ネイトは親友の最愛の人を取り戻す手助けをしただけかも? もしくは、ダンかも?だってブレアにぞっこんなのはみえみえじゃない? だから、ビデオを投稿すれば、一石二鳥!結婚式もブレアとチャックの仲もブチ壊せると思ったんじゃない? ふむ。。。

何はともあれ、幸いなことに、挙式は続行。ブレアとルイは式を挙げたよ。

さあ、いよいよ披露宴だ!
結局Bはおとぎ話の結末を迎えたけど、Sはダンと偽カップルを演じ続けてドツボのドロドロにはまってた。実はブレアがセリーナに、もう恋人のふりをする必要はない、ってとっくに言っていたことをダンは知っていたんだ。だからダンは何でまだ付き合ってるふりしなくちゃいけないの?とセリーナに聞いた。セリーナは、ウソをついて偽カップルを演じ続けていたことを謝った。そして、続けた。

ほんとのことを言うと、まだ愛してる。今までも、これからも。

と、いきなり愛の告白。ワオ、ワオ、ワオ!ダンはたじろいじゃって返す言葉もない様子。するとセリーナは、ここでは何も言わなくていい。後でゆっくり話そうって言ってたけど。
まじクレイジー!

gossip_yr5_#100(5-13)GO513D_0517r_b6a317d.JPEG一方、ネイトは宴会のケータリングをしているウェイトレスに興味津々。でも、その彼女「スペクテイター」のクリスマス・パーティーのケータリングもしたのにNがまったく憶えていなかったから呆れてたよ。記憶力悪すぎN。イチョウ葉エキスでも飲みなよ。
Nはバツが悪そう。あんなにかわいい子を憶えてないなんて、って自分でも呆れてた。すると、Nは問題はそこだ、と気づいたらしい。善い女に目を向ければいいのに悪い女にばかりに惹かれてしまうことが問題だって。でも、披露宴でそのウェイトレスに再び会ったネイトは、突然思い出した。彼女の名前はローラ、出身はフロリダでジュリアードに通う学生だって。彼女はちょっと感心してた。見かけと違うかも、ってね。
けど、ちょっと待った。ジュリアードに通うローラ?この子ってリリーとルーファスがチャーリー・ローズと勘違いした子じゃない??頭がこんがらがってきた!

披露宴でラストダンスを踊るブレアとルイ。Bはまだ夢うつつ。自分が本当にプリンセスになったなんて、と、うっとり。
踊りながら、ブレアは、やり直すチャンスをくれてありがとう、とルイの耳元で囁いた。そしたらルイが本音を明かした。・・・世間の目があるから式を挙げざるを得なかった。今後、この結婚は単なる契約以外のなにものでもない。表向きは夫婦として振る舞うから、だからブレアは、カメラの前では笑顔を振りまき、自分に寄り添い最高の妻を演じること。でも、二人の時は他人だ。ブレアは、ルイが別れる気になるまでこの関係を続けなければならない、って。ブレアはショックで気が動転し途方に暮れた。あの誓いの言葉は!? するとルイは、あれを書いたのはダンだと白状したの。OMG!!!

ブレアは悲しみを通り越してドン底。こんな事態になるなんて信じられなかった。ま、おとぎ話のエンディングなんてやっぱり神話に過ぎないってことだよね。
Bは、助けを求める電話をしてた。大変な間違いを犯したから、今すぐここから連れ出してほしい、って。・・・一体誰に電話したんだろ?
チャックは披露宴に姿を現したけど、教会でのことを謝りに来ただけだったから、彼じゃなさそう。セントレジスを飛び出したブレアは、待っていた車にまっしぐら。しかも、誰が運転していたと思う?驚くなかれ、なんと我らが愛しの孤独なボク! WHAT. THE. EF!?!?!?



約束どおり、ゴシップガールを一新、磨きをかけて再開したよ!!
マンハッタン・セレブのスキャンダラスな生活をのぞきたいなら、やっぱり、ここで決まりだよ。

秘密を知りたい?
ほら、もっと寄って。誰にも言わないって約束できる?
そろそろ私の正体を明かそうと思ってる。
もちろん、こっそりあなただけにね。

私は、ほかならぬあのビッチの女王、ジョージーナ・スパークスだよ!

まさか、でしょ。想定外!?

けど、shhhhhh まだ内緒だよ。
みんな気づいてないし、セレブたちにはまだ正体を明かしたくないから。

別の機会にきっちり驚かせてやろうと思ってるからさ。
 
 
xoxo Gossip Girl


September 14, 2012
Gossip Girl

ワオ、ワオ、ワオ!

我らがお気に入りのセレブたちがもたらすドラマはすごい。
それは、最高!の一言に尽きる。

こんなにスキャンダラスなネタって、GGとて、マジで作ろうと思っても作れるもんじゃない。
もちろん、話を作ったことなんかないけど。誓って、絶対ないよ。
確固たる証拠がない話なんか、GGはアップしないからね。

ほら、よく言うでしょ。"火のない所に煙は立たない"って。
本当だよ :)


ブレアがコンスタンス/セント・ジュードの同窓会の会場から行方不明になった。
一体どこにいるんだ?って、チャックはパーティー会場を駆け回り、ブレアを捜した。エレノアもダンも、誰もブレアを見かけない。チャックは必死。でも残念ながら、誰に聞いても、みんな知らないって言う。そこで、チャックはネイトと一緒にエンパイア・ホテルへ向かった。もしかしたらBがいるかも、って思ったから。・・・yikes. ここにもいなかった。大変だ。
そんな中、ネイトは、レイナに彼女の父親の真実を話したことをチャックに報告。ほら、レイナの母親が死んだキンバーグ・ビルの火災の放火犯はバート・バスじゃなく、ラッセル・ソープだったこと。チャックは怒り心頭。余計なことしやがって、ネイトの野郎って感じ。大チョンボだよ、N。
そこへ、チャックの携帯にブレアから着信が。でも、いつもの"ハーイ、元気?"って感じの電話じゃなかった。ブレアはラッセル・ソープとの会話をチャックに聞かせようと、こっそり電話を操作してた。・・・チャックの新しいホテルに来いって騙したうえ、どうして帰らせてくれないの? とブレアはソープに話しかけてた。それは、紛れもなくブレアのSOS。それを聞いたチャックは一目散にブルックリンへ。多分あんなに速くブルックリンついたのは初めてだと思う。

110519_422blair.jpgラッセル・ソープはブレアをビルに閉じ込めていた。
どうして自分にこんなことをするのか、ブレアはラッセル・ソープの行動を理解しかねていた。で、ラッセル・ソープは、Bに計画を説明。ライターで火をつけ、ブレアごとビルに放火するつもりらしい、遠い昔にしたみたいに。・・・チャック・バスはソープから唯一愛してる娘を奪ったのだから、今度はソープがチャック・バスの唯一愛する人を奪う番だと。報復ってことらしい。ブレアは懸命にラッセルに訴えた。ソープにだって希望はある。きっと今いる闇の中から抜け出せる。ブレアは自分もかつては闇の中にいたけど、抜け出せた、って。けど、残念ながら、ラッセル・ソープは放火魔と化し、やめる気配なし。ご愁傷様。でも、その手が火を放つ前に、チャック、ネイトとレイナが駆け込んできた。レイナは父親にやめるよう懇願。何もかも許すから、やめて!って。
その言葉を聞いた途端、ラッセル・ソープはおとなしくライターをレイナに手渡した。でも、あいにく、ラッセル・ソープは娘に完全に騙されてた。すぐに、レイナは父親を絶対許さない、と言い切った。そりゃ、ママを殺されたんだから、当然だよね。ラッセル・ソープはこの先ずっと刑務所で過ごすことになるわけだけど、レイラは絶対に面会に行かない、って。そうだ、そうだ!言ってやれ!
 
 
やれやれ。 ブレアは助かった
でも、かなり動揺してた。そりゃそうだよね。で、チャックは、同窓会と王子様の元に戻る前に、心を落ち着かせるために一杯飲みに行かないかって誘ったの。ブレアは、昔のよしみで一杯だけって、同意。そして、二人でオークルームに行ったんだけど、あいにくバル・ミツバー(ユダヤ人の男の子の13歳の成人式)のパーティーで貸し切り中。でも、BとCは別のバーには行かず、お祭り騒ぎに参加することにした。民族舞踊ホラ から、イスのダンス hamotzi まで、二人は踊りまくり、"マーゼルターフ" 人生に乾杯 って、めでたい雰囲気を満喫。でもね、二人がしたのはダンスだけじゃなかった。ブレアとチャックは、二人っきりになれる部屋を見つけて、盛り上がっちゃったんだ。ダンスして、火がついちゃったのかな?Hotttt !

Cとバル・ミツバーの会場でHをしちゃったBはルイに別れを告げることを決意。ブレアいわく、ルイのことは愛してるけど、チャックに対する愛情とは比べものにならない。ルイとの関係は明るくてハッピーだけど、チャックとの愛は最強だから。複雑で、激しくて、強烈だからこそ、離れても、結局お互い引き寄せられてしまう。それに抵抗することはできない、って。
そして、コンスタンス/セント・ジュードの同窓会の会場へ戻ったブレアとチャック。すると、そこにルイがいた。そう、ルイはずっとブレアを待ってた。かわいそうな、王子様。だって、ブレアは別れを告げに来たんだもん。
と、その時チャックが割って入り、二人の幸せを願ってる、と告げた。二人の結婚を祝福するって言ったの。ちょっと待って、どういうことよ!??

ブレアは訳が分からなかった。それは、私たちもしかり。
どうしてチャックはあんなことを言ったわけ? ブレアはチャックを問いただした。ブレアは、二人で今後のことを決めたと思っていたのに。たとえ、二人の愛が狂気の愛でも、強烈な愛だからこそ、結ばれる宿命でしょ、って。すると、チャックはBに最愛の相手ふさわしい相手は違う、って、諭したの。・・・去年、ブレアがエンパイア・ステート・ビルに来なかった時、Cは2分でその場を去った。でも、ルイはブレアが来るのを一晩中待っていた。ブレアには彼のような男がふさわしいし、ブレアには幸せになって欲しい、って。・・・もう、チャックったら、そのとおりだよ!
ブレアとチャック、二人はお互いをずっと愛し続ける、とわかってた。どんなことがあっても、それは変わらない。それを再確認すると、ブレアは王子様の元へ。 ・・・いよいよおとぎ話が成就かな?

さてと。
ここまでが、ワイルドでワクワクする場面だなんて思ってたら大間違い。まだまだあるよ!

110519_422charlie.jpgBとCの騒動のさなか、他にもハプニングがいっぱい起きてたの。Yessssssss!
セリーナヴァネッサは、良好な関係とは言えないけど、処方薬を飲んでいないヤバい状態のチャーリーからダンを救わないと、って、協力することに。要するに、薬を飲んでないチャーリーはイカれてるってことらしい。セリーナいわく、ルーファスの話だと、前回薬を飲まなくなった時、チャーリーは雪の中を裸足で歩いていたとか。また、ヴァネッサいわく、ルーファスの話だと、映画「ルームメイト」のヘディと化したこともあったとか(誰かとそっくりになりたいって願望はUES特有の現象じゃなかったらしい)。とにかく、二人はコンスタンス/セント・ジュードの同窓会に駆け付けた。で、ダンは見つかったけど、チャーリーの姿は見当たらず。マズいよ。一体どこにいるんだろう???

そうそう、知ってる?誰が同窓会に来てたと思う?なんと、ジョージーナ・スパークス。しかも、旦那さんと一緒に。・・・Gにダンナ!?って変な感じ。。
とにかく、ジョージーナは、すぐに、みんな何か企んでるって嗅ぎつけた。Gは何でもいいからその仲間に入りたくて入りたくて仕方がない模様。ママ業、主婦業とか、超退屈な生活に飽き飽きしてるらしい。だから、悪巧みって、刺激が欲しいらしいんだけど、当然誰もジョージーナの参入なんか望んまないよね。だって、事が複雑になるのは目に見えてるもん。悪いね、スパークス。

二階へ行ったセリーナは、開いた窓の前に立ってるチャーリーを発見。しかも、今にも飛び降りそうな雰囲気。ヤバい!
セリーナは一生懸命なだめようとしたんだけど、チャーリーは一歩も引かない。・・・みんな私はイカれてるって思ってる。ダンにも嫌われた。どんなに頑張ってもセリーナみたいにはなれない、って、チャーリーは言い出した。で、セリーナは、どうして自分みたいになりたいのか聞き返した。・・・みんなが思っているほど、セリーナ・ヴァンダーウッドセンでいるのはいいもんじゃない、ってことらしい。例えば、今夜、ケラー校長にばったり会ったけど、Sがブラウン大学に進学しなかったと知ったらケラー校長はがっかりしてた。なぜなら、セリーナがNYCを出て、このクレイジーなUESの世界から遠く離れた所で、Sの居場所を見つけることを校長先生は期待してたから、だって。でも、Sは未だにこの街に留まり、相変わらず昔のSのまんま。ここに縛られていた。・・・そうして、セリーナは今までずっと、自分自身で選択をしたことがないって気づいた。大学も、ダンネイトも。そして、自分で決断を下さなかったのは他の人を傷つけないためだったけど、結局、自分自身を傷つけることになって、今は独りぼっちだって。エーンエーン。だから、セリーナは誰かが、ましてやチャーリーが自分になりたいと思ってるなんて理解できないって(・・・その髪、長い脚、そのドレスはどうよ?って、言いたいけど、今はやめとく)。幸い、チャーリーは、セリーナの話に耳を傾け、窓際から下りたんだ。安堵のため息。ふう。

で、その後、チャーリーはママのキャロルに電話してた。自分が起こした騒動でも知らせるとか、そんな感じなんだろうと思っていたら、実際の出来事を話してたわけじゃなく、「何もかも完璧にいった」、とキャロルに報告してた。WHAAAAT?
今度はジョージーナがチャーリーに寄って来て、そもそも薬なんか飲んでいなかったでしょ、って断言。経験者は語るってやつかな?チャーリーが何か企んでるのは見え見えだけど、ジョージーナはチクらないんだとか。どうせ、間もなくチャーリーもどこかに飛ばされるから(・・・毎度のことだよね?) で、ジョージーナは、電話番号をチャーリーに渡し、もしNYCに戻って来ることがあったら連絡してちょうだい、最近のUESはつまんないから、って。・・・ヤバくない??

一方、ヴァネッサはチャーリーを捜しにロフトへ来ていた(・・・こんなとこにいるわけないよね、窓から飛び降りようとしてたんだから)。でも、ヴァネッサはすごく興味をそそられる物を発見。それは、ダンが書き下ろした「インサイド」の原稿。もちろん詮索好きなヴァネッサは原稿を読んだ。それは、いい出来というより、傑作だった。で、すぐダンに電話して、最高!って伝えた。ダンはビックリ。・・・人の物を勝手に見るな!って、怒ってた。けど、ヴァネッサはお構いなしで、トム・ウルフ著の「虚栄のかがり火」以来、UESを風刺したマジで最高傑作だと、ほめちぎった。そう言われて、満更でもないダン。でも、みんな、特に家族や友達に嫌われてしまうから絶対出版はできない、って。けど、ヴァネッサは登場人物の中で最悪なのはダン自身だと指摘。・・・本当は、あんたが一番UESの仲間入りをしたかったんじゃない? ジェニーよりもね。って。(うわーっ、じゃ、相当なもんだ)。それでも、ダンは原稿は誰にも見せられない、そんなことをしたら、一生「よそ者」のままだ、って。するとヴァネッサがダンを諭しにかかった。真のアーティストになろうと思ったら、孤独な観察者でいなきゃダメ、みんなの中にいたら、いい作品は作れない。男らしく勇気を出して自分の夢をつらぬくべき、って。それでも、ダンの気持ちは変わらなかった。どうやらダンの忠誠心はUESにある、ってことらしい。それを聞いて、ヴァネッサはあんぐり。4年前セリーナを誘ってから自分がダメになったことにいい加減気づいたら? とヴァネッサは言い放った。やだ、禁句を言っちゃった!?で、カチンときたダンは言い返した。・・・4年前、ヴァネッサが非常階段から忍び込んで来る前までは、自分は幸せだった、って、きっぱり。グサッ!グッドバイ、V!



3週間後。
様々な騒動もそろそろ収まりかけて、みんな夏休みの計画を立てていた。

どうやら、リリーは、夏の間ずっとマンションにいるみたい。自宅監禁って楽しそうだよね!皮肉だって分かった?でも、ラッセル・ソープが受ける刑罰よりはマシだよ。新聞によると、最高二十年の実刑を言い渡される可能性があるとか。
これは、びっくりだ。

チャックはブレアのことで結構落ち込んでいた。そこで、ネイトが提案。・・・レイナはシカゴへ帰ってしまったし、二人ともフリー。しかも、二人一緒に。そんなこと二度とないかもしれないだろ?って。で、二人で"失われた週末"ならぬ"失われた夏"をやろうってことになった。適当に行き先を決めて、いろんなところを放浪してからNYCに戻って来ようってことらしい。うん、賛成!!で、二人は地球儀を回した。どこへ行くのかはGGも見当がつかないけど、知りたいーーー!!!楽しんで来てね。そして、気をつけて。めちゃ妬けるんですけど。

リリーは自宅監禁だし、ルーファスは「パニック」のアルバムのプロデュースで忙しいから、この夏、ハンプトンズの別荘は空いてる状態。で、ダンは郊外でのんびり夏休みを過ごすことにしたんだ。エリックを誘ってたよ。義理の兄弟の親交を温めるつもりかな?多分、ネットフリックスでビデオ・オンデマンドを山ほど観るんだろうし、泳いだり、アイスクリームの販売車を追っかけるんだろうな。ま、何事も人それぞれ、ってことで。
ところで。
ダンはヴァネッサ「インサイド」の原稿を勝手に持ち出し、出版社に売り込みに行ったことを知らなかった。出版者は作品を絶賛し、( OMG )出版させて欲しいって。とりあえず、作者は"匿名"で出版されるみたいだけど、一旦ベストセラーになれば、ダンは必ず手柄を取りに来るとヴァネッサは確信してた。でも、今のところは、ヴァネッサがお金を受け取ることに。で、出版者が小切手の送付先を聞くと、ヴァネッサは、バルセロナへ、って答えてた。マジでアディオスなの、V?知ったことじゃないか。

さて、我らがお気に入りのBFFは別々に夏を過ごすことに。
ブレアルイのいるモナコへ出発する予定。
めちゃロマンチック!ブレアと王子様は11月に結婚式を挙げるかもしれないって。Ahh!!GGも招待してね!!ブレアはこの夏世間に注目され、人目にさらされるだろうけど、一方のセリーナはひっそりとシシーとモンテシートで過ごすみたい。人目につかないようにするんだって。バーにも行かないし、男もなしとか。セリーナはかねてから自分のことは自分で決めないといけないと思っていて、やっと自分で選択をしたんだ。自分を最優先させる道を。良かったね、S。誇りに思うよ。
本当に!

110519_422serena.jpgモンテシートでセリーナは、F. スコット・フィッツジェラルドの「美しき呪われし者」を読んでるイケメンを発見。ちなみに、この本はSの愛読書ってことを、GGブログを最近読み始めた読者のために付け加えておくね。
で、セリーナは、このイケメンに声をかけたの。・・・この本を好きで読んでいる人に出会うなんて驚き。カリフォルニアの人が読書をするのは、映画にするためだと思うよね。その時、このイケメンもしかりってことにセリーナは気づいたの。Oops。で、セリーナは手伝いを申し出た。Sは暗記するほどこの本を読み込んでるから、シーンごとの分析をしながら、原作と脚本の比較をするなら、お役に立てると思う、って。いざ、始めようとしてるところへ、イケメンの上司がやって来た。それが、なんと、映画監督のデヴィッド・O・ラッセル!!。アカデミー賞ノミネートの「ザ・ファイター」とか「スリー・キングス」を製作したあの有名監督だよ!?まじ大物だってば!! とにかく、デヴィッド(GGのブログは、もちろん名前で呼び合うことになってるから、あしからず)は、部下が仕事をちゃんとしてないってカンカン。で、実際本を読んだことがある、この美しい女性に課題を引き継いでもらったほうがいいかもしれないし、ついでに仕事も彼女のほうが適任だ、って言い出したの。ちょっと、待った。Sが仕事ゲット!?それも有名監督の!? すごーい。


さて、みんな、イカれたチャーリー、いや、失礼、いとこのチャーリーがどうなったか気になってるよね。
あの後、彼女はバスでフロリダに戻った。都会は自分には最適な場所とは言えなかったけど、いつかまた戻ってくるかも、って、言い残して(・・・正気の時にお願いします)。チャーリーがマイアミでバスを降りると、キャロルが出迎えたの。で、チャーリーはキャロルにローズ信託の小切手が詰まったカバンを手渡したんだ。ん?そして、今度はキャロルがチャーリーのことを、アイヴィーって呼んだの。ん?ん?でしょ。
実は、キャロルは赤の他人アイヴィーを雇い、自分の娘チャーリーのフリをさせていたらしい。まじで?! 家族が実の娘を捜しに来たら困るから、キャロルはこんなことをしたらしいんだけど、 WTF?だよね。で、キャロルと別れたチャーリー/アイヴィーは、ジョージーナの電話番号を取り出した。
OMG 一体どういうこと?この子は一体何者? 謎の塊だよ!!


・・・これ以上、クレイジーな事はもう起きないだろうと思おうとした矢先、やっぱり起きた。
当然だよね?
だって、ここはUESだもん!

ブレアとセリーナが一緒に使っているバスルームのゴミ箱に使用済みの妊娠検査薬が捨ててあった。
しかも。

     O M G
 

     心の準備はできてる?
 
 
・・・陽性の反応が出てる。
 
 
WTF?
 
・・・誰かが妊娠してる?????????????????????????
 
 
 
 
我らが愛しのアッパー・イースト・サイダーたちは、
ドラマ部門に関しては、絶対に私たちの期待を裏切らないから、素晴らしいよね。
あんたたちは最高だよ!!

 
 
 
GGのお気に入りたちへ

夏休みを思いっきり楽しんでね。
みんな頑張ったんだから、休暇を満喫してきて、お願いだよ。
そうすれば、秋までにしっかり充電できるでしょ。
きっとその頃になれば、みんなが再びドロドロ旋風を巻き起こしてくれるって、
GGは期待してるから。


You know I love you all,
xoxo Gossip Girl

 
 


May 4, 2012
Gossip Girl

100928_403blair.jpgFashion's Night Out?

っていうか、
ファッションよりもドラマ(激)な一夜って感じ。
つまり、GGにとって最高の夜ってこと :)

フェイクバトルにフェイクファー。
ドロドロ満載で、
そう簡単には忘れられない夜になっちゃった。

分かってるよ。
みんな最悪のタイミングでウェブサイトのメンテしたと思ってるでしょ。でも、よーく考えれば、ベストのタイミングだよ。だって、新学年は新しいスタート。だから、新学期は何もかもフレッシュにスタートしないとね。
もちろん、すごく不満だった人もいる。ゴホンっ、特にブレア、はね。
Bもやっと元の環境に戻ってこれた。周りの人間は、ファッショナブルなだけじゃなくて、GGのサイトをちゃんとブックマークしてる、健全な環境になったわけ。コロンビア大はNYUとは違う。Bはここでは抜き出るつもりでいた。しかも、クラスメートはセリーナだし、二人で大学を支配できると思ってた。で、まずは、コロンビア大の最もセレブな生徒たちが所属するエリート・クラブ、ハミルトンハウス(以下、HH)のメンバーにならないとね。ただ、残念なことに、クラブの新規メンバーに鍵を配るキーマスターはジュリエットだった。そう、ネイトと親しげにしてるあのブロンド。その上、ジュリエットが鍵はひとつしか残ってないと言うから、セリーナもブレアもギョッとなった。・・・一人しか入れないっていうことだよね。
もしどっちが勝つか賭けたとしたらGGは大損してた。だっていつもすべてを手に入れるのはセリーナだけど、今回はブレアが貴重な鍵をゲット。残念だったね>S。来年は幸運を祈ってるよ。

でもそれでブレアは苦しい立場に追い込まれた。
そりゃBFFには忠実でいようと思うものの、新参者としてはジュリエットや他のメンバーにノーって言えない。で、HHに義理を果たすために、セリーナとの約束をキャンセルしなきゃならなくなり、罪のないウソをついた。でもね、まずいことに、GGサイトの最新機能はライブ配信。勉強しているはずのブレアがHHの女子とカクテルを飲んでる映像が流れ、セリーナにばっちり見られちゃった。あら、大変!Oops
それと FYI ちなみに、ジュリエット以下のメンバーは、昨年も登場したゾーイとジェシカ、それとコンスタンス卒業生のペネロペ。覚えてる??この三人が現在のジュリエットの取り巻きってわけ。

かわいそうなセリーナ。
クラブなし、ダンなし(マイロで手が一杯)、ネイトなし(もはや友達にもなる気がない模様)。本当にひとりぼっちになっちゃった。
しかも、これ以上最悪の事態にはならないと思っていたら、そうなっちゃうんだよね。セリーナは、ハミルトンハウスの鍵を今ももらっている子がいるって知ったんだ!なんで?どうしてジュリエットはウソをつくわけ?で、セリーナはジュリエットを問いただした。どうして自分は入れなかったのかって。すると、ジュリエットは、確かにセリーナは入会者リストに入っていたけど、誰かが電話で、セリーナに不利な情報を委員会に漏らしたって言うじゃない。ピート・フェアマンと例のテープの件とかをね。じゃ、電話した人物は誰??
なんとブレアだった。セリーナはBFFの仕打ちに唖然。

100928_403chuck.jpg一方、その頃、チャックはフランス人の新カノ、エヴァとニューヨークに帰って来た。しかも、ニューヨーク最大のイベント、Fashion's Night Out にタイミングもバッチリ。チャックは、みんなに新生チャックと新カノを紹介する絶好のチャンスだと思ってた。でも、悲しいかな、みんなあまりチャックの帰国を歓迎してない模様。喜んだのは多分リリーだけ(あっ、それとネイト、 は当たり前か)。それでも、チャックはみんなに自分は生まれ変わったんだって証明しようと心に決めていた。だから、第一印象を飛びっきり良くしようと思ってた。そこで、エヴァとカルロス・ミエルの店 Carlos Miele へ、大切な夜のドレスを選びに行った。ところが、チャックが先に店を出てしまうと、エヴァは偶然ドレス選びに来てたブレアと鉢合わせ Yikes 当然ブレアのことだから、黙っちゃいられなくて、あんたなんかチャックと付き合う価値がないと切り出した。チャックにニューヨークへ帰って来いとは言ったけど、まさかフランスの尻軽女まで連れて来るとは思ってなかった。どうせあんたみたいな貧民はいずれ元の生活に追い返されるってこき下ろした。わーお Bってば超キツ。

ブレアとのゴタゴタのせいで、エヴァはFashion's Night Outに行かないと言い出した。そりゃ、仕方ないよね。でも、チャックは、ブレアが言った事なんか100%信じるなって、エヴァを説得。むしろ、UESが場違いだって感じるその感性こそが素晴らしい、だってさ。(ちょっとバス!それって私たちへの侮辱!?)
さて、Fashion's Night Outの会場に2人が着くと、チャックはようやくエヴァをみんなに紹介できるってワクワク。ところが、ルーファスはチャックと関わりたくないって感じだった。本当はルーファスも、Cがジェニーと寝たことは水に流そうと思い始めていたんだけど、エリックが爆弾発言をしたもんだから、再びチャックを毛嫌い。実は、エリックもチャックの気まぐれな行動にうんざりしていて、家族にはいてほしくなくなったらしい。だから、ルーファスにあのキス・オン・ザ・リップス・パーティーの一件をバラしちゃったわけ。みんな覚えてるでしょ、チャックがジェニーを襲おうとしたあのパーティー。まあ、というわけで、チャックを見たルーファスは彼を歓迎できなかったってわけ。ていうか、エヴァにお前の本性をぶちまけてやるって脅してた。だから、エヴァが近づいて来たので、ルーファスが新しい恋人かって聞くと、チャックはすかさずノーと回答。ついでに、・・・チャック・バス狙いの上昇志向の強いただの女だ、とまで言っちゃった。エヴァは屈辱。どうなっちゃうの?
リムジンで帰ろうとしてるエヴァを見つけたチャックは必死で事情を説明。
チャックはパニックったと言ってた。まだ彼女に話していないダークな過去が自分にはあるから。それも恥ずべき過去。でも、本当に君と一緒にいたい、って。で、チャックは洗いざらい過去の悪事を彼女に打ち明けることに。それを聞いたエヴァはそれでも彼を受け入れたの。欠点もすべてひっくるめて。Awww
みんなならどうよ??

さて。
Fashion's Night Outのもうひとつのドラマといえば、当然ブレアとセリーナ
宴もたけなわの頃、Sは、HHに入るチャンスを妨害したのはあんたでしょって、Bを責め始めた。控室にもつれ込んだケンカはGGサイトでリアルタイム配信 ;) しかも、ケンカの種はHHの件だけでは収まらず、次から次へと飛び火。ブレアがSはファザコン!って非難すれば、セリーナは、BだってNYUで子分請いしたくせに!って応酬。とにかく強烈!その状況を知ったジュリエットは、ケンカを止めに入るどころか、チャンスと思ったらしい。なんと携帯を42インチのハイビジョン・スクリーンに接続し、SとBのバトルをライブ放映。しかも、ダイアン・フォン・ファステンバーグのブースの全スクリーンにだよ!で、しばらく傍観したあと、ジュリエットはそろそろ仲裁に入ろうと重い腰を上げた。ところが、ビックリ。ドレッシングルームのカーテンを引くと、そこには仲良く座ってシャンパンを飲んでるブレアとセリーナがいた。はあ?どういうこと?
実は、BとSはケンカなんかしてなかったの。あれはドロータが少し前に撮影した映像で、GGの好意で流してあげた映像ってわけ (どういたしまして、借りだからね!)。BとSの 二人はお互いに腹をたててたんだじゃなくて、ジュリエットに対して腹を立ててたわけ。もちろん怒ってごもっともな理由があったから。だってね、バス産業の取締役にはコロンビア大の卒業生が大勢いるわけで、リリーが電話で確認したら、セリーナの入会を阻止したのはブレアじゃないことがすぐに判明。犯人はジュリエットだったの。ジュリエットはどうやら、ブレアのBFFで、ネイトのカノジョだったセリーナを相当妬んでるみたい。で、ジュリエットは自分がしていた鍵のネックレスを外して、セリーナに渡すことに。しかも、Sたちが手に入れたのはHHの会員資格だけじゃなかった。セリーナとブレアはジュリエットの子分も味方につけたらしい。どうやら二人に新しい取り巻きができたみたい。親友組の勝ち!

100928_403nate.jpgでも、ラッキーなことにジュリエットにはまだ味方がいた。そう、ネイト。
ネイトはBとSの茶番劇を快く思ってなかったし(なんで?? boo!)、自分と別れたセリーナにまだ怒ってた。だから、絶対ジュリエットの肩を持つつもりだよ。
だって、ネイトは、ジュリエットがセリーナをHHから締め出したのは、自分のことが好きだからって思ってた。ほんとジュリエットってばラッキー。ネイトも彼女が好きで、付き合いたいんだって。で、みんながいるパーティー会場でネイトはジュリエットにキス。おー熱っ!
けど、ドン引きなのがね、ジュリエットって、刑務所にいる男と友達なんだよ。なんだかちょっと怖くなってきた。。。

一方、ブルックリンでは、ダンとヴァネッサがベビーランドにどっぷり。
そこへ、ルーファスがやって来て、おまえがマイロの父親のはずはないと説明され、頭がグチャグチャになるダン。血液型が違うからありえないって。WTF?!?
けど、ダンは気にしていない様子。生まれた時からマイロの世話をしてきて、出生証明書にサインしたんだから、血がつながっていようがいまいが、自分が父親だから、って。
そこへ、ジョージーナがやっとサン・バルテルミー島から戻って来た(スパじゃなかったんだよ!ほんと最低のママ)。そして、ダンはマイロのパパじゃないって認めたの。本当の父親は、ミンスク行きの飛行機で知り合ったセルゲイって男で、二人は恋に落ち、ジョージーナは妊娠。ところが、彼は妻帯者で、イカれた奥さんに妊娠がバレて、彼女はジョージーナを殺してやるって息巻いてたとか(私たちと同じ ;) 。だから、身を守るために、ダンにパパのフリをしてもらうしかなかったんだって。開いた口がふさがらないダン。こんなヒドい仕打ちってあり!?そして、ダンがどんなにマイロといることを望んでも、ジョージーナはマイロを連れて両親の元へ帰るって。 Nooooo :( ダンはすごく寂しそう。

マイロはいなくなったけど、幸いヴァネッサはダンと同居することを決意。さようなら、NYUの寮、こんにちは、DUMBOのロフト。DとVは恋人としては相性抜群。果たしてルームメートとしてはどうだろうね...

それから、ルームメートになるのはDとVだけじゃないよ。
ブレアはドロータに頼んで、自分の隣の部屋をセリーナのために、模様替えさせたの。そう、これからBFFコンビは同じ大学へ行くだけじゃなくて、ルームメイトだよ!!
YAY!これからは毎日がお泊まり会だよ!?サイコー <3
 
 
 
みんな心の準備はOK?

サイトのメンテも終わったし、これからもじゃんじゃんゴシップをアップしてくからね!
新次元のゴシップに期待しといて ;)
 
 
xoxo Gossip Girl


April 20, 2012
Gossip Girl

人生で本当に大切なものを見直すには休みを取るのが一番。
GGも夏休み中に悟ったことがあるんだ。
それは...

GGの生きがいはただ一つ。


ゴシップ!!

 
 
だってそうでしょ。
みんなが愛してやまないGGだもん。

GGはこれからも変わらないし、ことゴシップに関しては、みんなを裏切らないよ。
じゃんじゃんスキャンダルを暴いてみんなの期待に応えるからね。

それじゃ、いくよ!

100915_401blair.jpgあぁ、ブレアとセリーナセリーナとブレア

このBFFコンビって最高だよね。
二人にとって去年は地獄のような一年だったから、夏をパリで過ごしてちょうどよかったみたい。
ブレアはチャックとの別れチャックがジェニーとエッチしたという事実(思い出しただけでも吐き気がする )を乗り越えなきゃならなかったでしょ。そして、セリーナもネイトと別れた後、ダンと焼けぼっくいに火がつきそうになっちゃったから、ひとりになって考える時間が必要だったしね。
だから、我らがお気に入りのBFF二人は"華の都"パリに避難したってわけ。セリーナは左岸で過ごし、ブレアは右岸で過ごし、UESの美女二人は平穏な日々を送っていたみたいなんだ。でも、当然それは永遠に続くわけじゃない。

そう、夏休みは終わりに近づいてた。
セリーナは、適当に不特定多数の男子と遊びまくってたから、パリを十分謳歌して満足みたい。でも、その一方でブレアは、まだ次の恋に出会っていなかった、っていうか、好意を持てる人はおろか、声をかけたくなるような人もいなかった。ブレアにはロマンスはもう来ないの!?・・・と思っていたら、状況は一変。ブレアがオルセー美術館で一番好きなマネの絵画を鑑賞してた時のこと。背が高くて、日焼けして、とってもハンサムなルイが声をかけてきた。しかも、ブレアがお気に入りのあの絵が彼もお気に入りなんだって!! ふーん、これって運命?? そして、すかさずブレアをディナーに誘った。ルイが帰ろうとしたその時、彼の友達が"グリマルディ"、そう、あのモナコ公国のロイヤルファミリーの名前を口にしたのをブレアは聞き逃さなかった。まさか ルイは王子様!? Oh mon dieu! おまけに、ちょうどルイの友だちジャン・ミシェルがパリに来てるから、セリーナも来れるよ♪ 今夜はダブルデートになる気配。

ところがダブルデートはブレアにとって期待はずれ。
ルイとジャン・ミシェルが迎えに来たのはいいけど、ルイが運転するって言うじゃない。しかも、運転手が休みだからじゃなく、なんとルイが運転手だから!!つまり、ジャン・ミシェルが本物の王族で、王子様をゲットしたのはセリーナってわけ。で、ブレアはというと、そりゃ、ハズレを引いちゃったって不満に決まってる。何でいつも自分はこんな目に遭うの?ってカンカン。そこへBママ、エレノアから電話が入り、ディナーの席を外すブレア。そして、事態はさらに悪い方へ。

100915_401sb.jpgVogue主催のイベント Fashion's Night Out ファションズ・ナイト・アウトに携わっているエレノアは、Sママ、リリーとパーティーの準備をしてた。話してるうちに、リリーが、秋からセリーナは、ブラウンじゃなくて、コロンビア大へ行くって話しちゃってたのね。そうなの、セリーナとブレアは再びクラスメートになるんだって! エレノアからそれを聞いたブレアは、当然ながら、心穏やかじゃないのは言うまでもないよね。すぐさまセリーナを外へ連れ出した。で、二人の熱い口論が始まった。ブレアは、自分が成功するためにはセリーナがいてはダメ。またセリーナの陰に隠れるのはゴメンだって主張。でもセリーナは、コンスタンスの二の舞にはならない、お互いもう大人だし、大騒ぎすることじゃないよって説得しようとした。でも、ブレアは聞く耳持たず。そもそも、まず王子を奪い、今度はコロンビア大を乗っ取るなんて、セリーナが悪い!! Sは報いを受けるべきだと思ったBは何をしたかって?噴水にセリーナを突き落としたの!!!ドッボーーーンッ!!!

さて、ジャン・ミシェルを奪い返そうとテーブルに戻ったブレア。
そりゃ運転手より王子のほうがBのタイプだもんね。ところが、本当はルイが王子だと知ってがく然。ルイはブレアが肩書き目当てじゃないかを確かめるために運転手のふりをしてたんだって。あーあ、Bってば身をもって証明しちゃった。
かわいそうな B。王子様もBFFもいなくなっちゃった。

ブレアがアパルトマンに戻ると、セリーナは、ニューヨークへ帰るって荷造りをしていた。すると、ブレアは、帰らないでと懇願。自分が間違ってた。王子なんかと付き合わなくてもいい。今一番必要なのは親友なのだと。本当は、チャックの事で負ったブレアの心の傷はまだ癒えてなかった。平気そうな顔をしていたけど、ほんとはそうじゃなかった。ボロボロだった。そして、セリーナにコロンビア大に来てほしくない理由を告白。またひどいことをしてしまうかもしれない、そうしたら本当にセリーナを失ってしまう可能性があるからって。するとセリーナは、噴水に突き落とされてもこうして話してるんだから、大丈夫だよ、って。一緒にコロンビア大へ行くのはいいことかもしれない、もっと仲良くなれるかもしれないしね、って。
きゃあ BFFL 生涯の大親友!やっぱこのコンビ大好き<3 <3 <3

そうそう、最後にブレアは、セリーナに、重大な決断をしないとねと、念を押してた。
ニューヨークに帰ったら、ダンかネイト、どっちかを選ばなきゃって。
この先どうなるのかワクワクしちゃう。

その頃、ニューヨークというか正確にはブルックリンでは、ダンが窮地に陥っていた(あらゆる意味でね)。数ヵ月前、ジョージーナ・スパークスが大きなお腹を抱えてNYCに戻って来た。しかも、ダンがお腹の子のパパだって言うわけ。ねっ、でしょ?? ほんとクレイジーだよ。で、ジョージーナは7月に出産して、それ以来、彼女とダンはマイロのママとパパとして生活してるわけ。でも、何より問題なのは、ダンが誰にもこの事を話していないこと。確かに、あの若さでパパになるのは問題かもしれないけど、あのジョージーナ・スパークスベビーパパになるっていうのはまったく別の問題だってば。いずれにしても、だんまりを決め込んでるダン。しかも、パパ・ルーファスにも。唯一の友達兼親父でもあるのに変だよね。ところが、ある人がNYCに戻って来て、事態は一変。そっ、ヴァネッサ!覚えてるでしょ!? ドキュメンタリー映画を撮影するってハイチへ行ったけど、ネイトを通じてダンがセリーナにキスしたって知ってダンとの仲はギクシャクしたまま。だからヴァネッサがマイロに初めて会った時も、二人の間には張り詰めた空気が流れていたわけ。でも、ダンがこの夏の出来事を洗いざらい打ち明けると、ヴァネッサは大目にみることにしたみたい。それでも、ダンがまだ親子鑑定を受けていないと知ったヴァネッサはキレてた。相手はあのジョージーナ・スパークスだよ!髪の毛の先までウソだらけだよ!本当にマイロがダンの子だなんて分かりゃしない!ってね。ヴァネッサの言い分に納得したダンは、鑑定を受けるまで、出生証明書にはサインしないって言ってたけど。
ねえ、ダンってば、何ぐずぐずしてんの? だってジョージーナのほうは待ったなしだよ。

実は、ルーファスがロフトにいるダンに電話をしてきた。そしたら、電話に出たのはジョージーナ。WTF 何でジョージーナがロフトにいるんだ!?ってルーファスはビックリ。その時、ジョージーナはダンが誰にも自分やマイロのことを話していないとピンときた。だったら、自分でみんなにバラしちゃえって、Fashion's Night Out の企画パーティーが行われている、リリーとルーファスの自宅に乗り込んで行った。それもマイロを連れて。ヤバいってッ!で、ジョージーナが"ベビー爆弾"を落とした途端、そりゃもうみんなギョッとするのなんのって。Yikes :S そのゴタゴタの最中に現れたダンに、ルーファスは、すぐに親子鑑定を受けるようにアドバイス。ところが、ジョージーナはもう鑑定済みだと証明書を取り出し、"ダンが父親!"って断言。ワオ!そして、出生証明書にサインせざるを得なくなったダンは正式に父親に。
ダンがパパだってさ。そして、ジョージーナがママ?
でもあまりいいママじゃないみたい。だって、ひとりでさっさとスパに行っちゃったもんね。うーん...

一方、その頃、ネイト・アーチボルドが何をしていたかっていうと...
人生最高の夏を過ごしていた。毎夜、毎夜、違う女の子と過ごしてた。日によっては複数の子と。ムって感じ。だよね。でも、チャック・バスの例の手帳を引き継いじゃったんだから仕方がないよ。しかしながら、チャックと違って、そのライフスタイルはネイトには合ってなかったみたい。段々飽きてきたらしい。特に、ティファニー、アンバー、ブリタニーはじめ、その他もろもろの脳タリンばかりを相手にしてるとね。だから、偶然出会ったジュリエットという子に心を奪われちゃったんだな。彼女は全然尻軽って感じじゃなくてさ。しかも、女に傷つけられたんでしょ? ってネイトが女に走ったワケを言い当てた。最初は否定したネイトだったけど、結局この見知らぬ女子に心を開くことにした。ある子にこっぴどく傷つけられて、この夏、ハチャメチャなことをしていたのは、自分を傷つけたその子に見せつけたかったからだけど、彼女は(もう誰のことか分かるよね)全然食いついてこないって。あらら。ほんとにネイトってば繊細

そのジュリエットって子だけど。まったく正体がわからないんだよね。見た感じは、超・ノーマル。Fashion's Night Out のボランティアをしていて、美人だし、服装もキマってる。でもね、ジャケットの裏に変なものを発見。彼女の服って値札がついたままなんだよね。その上、彼女のアパートには我らがいとしのセレブたちの写真がでっかいボードに貼ってあるの。
はあ!?どういうこと???

100915_401chuck.jpgさて。
みんなチャック・バスがどうなったか気になってるよね。
夏の間、目撃情報がまったくなくて、ちょっと怖くなり始めてた。というのも、実は、チャックの身分証明書と一緒の遺体がパリの川岸に打ち上げられたから。OMG Noooooooo !
でも、安心して、チャックじゃなかったから。ふう。

・・・チャックは無事で、謎のフレンチ・ガールの横でスヤスヤ眠ってた。彼女が強盗に撃たれたチャックを見つけて手当てをしたらしい。でも、チャックが目覚め、彼女が名前を聞いたら、いつもみたいに"俺はチャック・バス"って言わなかったんだよね。
"ヘンリー・プリンス"って名乗った。
WHAAAAT?

現在、チャックは新カノと新しい名前で、パリへ向かってる。

もしや、誰かさんにばったり会ったりして。

そしたら面白いよね。

じゃまた近いうちに!


Bisous bisous =XX ;)

xoxo Gossip Girl


August 5, 2011
Gossip Girl

  これまでのGGアンケート>>


May 20, 2011
Gossip Girl

091013_305rufuslily.jpg♪ goin' to the chapel Humphrey Loft ♪ and we're gonna get married ♪

いま泣いてる。
涙が止まらない。

・・・よく分かってる。
ゴシップガールたる者、感情なんかに押しつぶされないはず。

でもね、
そんな時ってあるよね?
GGにも心の奥深くに、
人間的なハートがあったみたい。感情豊かな魂がね。

えーん。


さて。
くだらないグレイズ・アナトミーごっこは、もうやめて、
さ、本物のドロドロ劇の幕開けだよ!

ヴァンダーウッドセン家での話し合いは、うまくいかなかった。セリーナがブラウン大を休学することに対して、いまだリリーはご立腹。もし夏の間リリーがニューヨークにいれば、Sは今頃ちゃんと大学生活をおくっていたはずだったのに、すべてはルーファスの責任!・・・でも、そんなことルーファスに期待しても無理だよね。そんなわけで、リリーとルーファスは、事実上の冷戦状態に突入。ブルブルっ。この危機に気付いた子供たちは、まるで映画「ファミリー・ゲーム」のヘイリー・ミルズやリンジー・ローハンのように、両親仲直り作戦を計画する。セリーナ、エリック、ダン、ジェニーの4人で協力して、両親が話し合える機会をセッティング。リリーとルーファスは、見解の相違について議論する。そして、仲直り作戦は大成功!
・・・のはずだった。もうちょっとで。子供たちが"Let's Get Together"を歌い終わる前に、二人は再びケンカを始めてた。
事態は思わしくないね。

その頃、ブレアはネイトのガールフレンドのブリーに嫌がらせをしてた。この"南部美人"には何か裏がある、とブレアは確信してたから。だって、こんなに完ぺきな女の子なんているはずないよ。もちろんチャックは、いつものブレアの過剰反応だと思っていた。で、自分のカノジョの代わりにブリーのもとに謝罪へ行くと、チャックはある興味深いことを知る。どうやらテキサス美人はカーター・ベイゼンへの復讐を企てているらしい。チャックにとって、カーターの敵は自分の仲間も同然。Cはブリーとの接触をブレアに内緒にして、ブリーと一緒に共通の敵に攻撃目標に定めたわけ。

ニューヨークに戻ってきたのは誰かわかってるよね? そう、ジョージーナ・スパークス。結局すぐにニューヨークに舞い戻ったビッチ。しかもこれまで以上に超イジワルにパワーアップしてね。ダンは新しい恋をスタートさせ、現在オリヴィア・バークと幸せいっぱい。この事実を知ったジョージーナが、黙って見過ごすわけはない。即刻ダンとヴァンパイア・ナイトを別れさせようと計画。そこで彼女はヴァネッサに助けを求めた。スコット・ロッソンの素性をジョージーナに知られてしまった以上、ヴァネッサは協力するしか手がない。もろ脅迫だよ。ヴァネッサならできると、ジョージーナは確信していた。案の定、ヴァネッサに、恋人にするならムービースターではなく、同じニューヨーク出身で付き合いの長い相手を選ぶべき、と言わせた。そんなことを親友に言われるとやっぱりダンは考え込んだ。そのことをジェニーとエリックに相談すると、思わぬ答えが。ヴァネッサはダンのことが好きなんだ!そうに決まってるじゃん。これを聞き、早速ダンはヴァネッサに自分の気持ちを伝える。ヴァネッサの気持ちにはこたえられない、と。
その時、ついに真相が明かされた。実はスコットがダンの本当の兄弟だと
OMFG

リリーとルーファスの冷戦状態は、長くは続かなかった。二人は愛し合ってるからね。大急ぎでお互いのもとへ駆け寄り、結婚することに決めたの、今すぐにね。セリーナが指揮を執り、あれやこれやすべて手配。ブレアやジェニー、ドロータ、アマリア、新しいミーン・ガールズの協力の末、あれこれ言ってる暇もなく、リリーとルーファスは夫婦になる準備を進めていく。

ダンは、父親の結婚式を何事もなく終わらせたかった。だから爆弾を抱えたジョージーナをどうにかする必要があった(あの女が何をしでかすか、わかったもんじゃないからね)。とにかく結婚式が終わるまでジョージーナを引きとめたかったので、ダンは彼女にヨリを戻したいと告げた。ジョージーナは有頂天。ついにダンを取り戻した! でも次第に疑い始める。だってルーファスとリリーの結婚式に招待してくれないし、キスの時にお尻をつかまなくなったから。そんなのDらしくない!ジョージーナはダンにだまされていることを知り、彼を破滅させようと心に決めた
コワすぎる。

091013_305carena.jpg
結婚式は一見順調に進んでいた。カーターの登場に、チャックは驚いたみたいだけどね。どうやらチャックは彼に最後通告をしてたらしい。結婚式に出席して、バックリー家とのもめ事の真相をセリーナに説明するか、それともチャックから受け取った航空券でさっさと国外に逃げ出すか。カーターはチャックが思っているより勇敢だったね。それとも恐怖よりセリーナへの愛情が勝ったのかな。式場に姿を現わせば、当然ブリーに会うことになる。そしてブリーは、カーターの正確な現在位置を家族に連絡。カーターはセリーナに、バックリー家との間に何があったかを語った。当時ギャンブルによる多額の借金で困っていた。だからブリーのいとこ、ベス・バックリーと恋に落ちたふりをして、彼女にプロポーズ。裕福な家の娘と結婚すれば、借金を肩代わりしてくれる。そうすれば、自分は自由になれると思ったのね。でも次第に良心がとがめて、最後には結婚式を挙げずに逃げ出しちゃった(結婚詐欺じゃん)。それでバックリー家はカーターに償いを求めているってことだった。セリーナの頭は大混乱。だってママの結婚式なんだよ。そんなこと言われても、受け入れられないよ。

結婚式に招かれざる客はつきもの。今回の疫病神は、もちろんジョージーナ。そして、もう一人スコット・ロッソン。OMG ボストン滞在中に仲良くなったジョージーナとスコット。リリーとルーファスの結婚式が迫っていることを聞いたスコットは、ついに真実を打ち明けるために、ニューヨーク行きのバスに飛び乗る。しかし、ブルックリン植物園に到着すると、最悪の場面に鉢合わせ。リリーとルーファスが、また口論していた。この結婚は本当に正しいのか?二人の意見は食い違ったまま。そしてリリーは、いったいスコットが何者なのか、なぜ個人的な会話に口をはさむのか、理解できなかった。この事にスコットはショックを受け、立ち去ってしまう。その時、ダンとヴァネッサがリリーとルーファスに真実を白状する。スコットは彼らの子供の兄じゃない。スコットこそが正真正銘の彼らの子供なんだと。ジョージーナはご満悦。他人の人生をぶっ壊すことに成功したから。
ジョージーナって、マジで悪魔以上だ。
091013_305scott.jpg
リリーは、スコットに対する自分の態度を思い出し愕然とする。あきらかに第一印象として、あるまじき行動だった。リリーとルーファスはスコットの行方を捜し、彼を見つけて安堵する。20年間諦めていた息子を、ようやく抱きしめることができて、リリーは幸せだった。スコットが生まれた日から、ずっと夢見てたことだったから。家族3人で抱きしめあってた。そう。私も涙が止まらないよ。ティッシュ・プリーズ。

こうなったらブルックリン植物園もご馳走もブルームバーグ市長も、リリーとルーファスには必要なし!急きょ結婚式の会場をハンフリーのロフトに変更して、内輪の親しい仲間に囲まれて式と披露宴を行った。ソニック・ユースのキム・ゴードンが司宰を務め、二人は結婚の誓いを交わしたの。20年以上かかって、ようやく結ばれたのね。アーメン!
ホントに感動的だった。
ヴァンダーウッドセン一家(+チャック)とハンフリー家が、ついに巨大ハッピー・ファミリーになったんだよ!

セリーナはカーターの告白にショックを受けてた。やっぱり彼は誠実じゃなかったと。そこへチャックが彼女に、カーターに付きつけた最後通告のことを明かす。カーターは本当にセリーナのことが好きだから、あえて真実を告白したわけで。セリーナは彼のことが心配になる。だって、そうでしょ。バックリー家はいずれカーターを捕まえて、どこかへ連れ去るはず。一体どこへ?分からない。カーター・ベイゼンに逃げ道が残されていればいいけど。

ネイトも、ブリーの愛が偽りだったことを知ってショック。実際、カーターを捕まえるために利用されただけ。えー。失礼過ぎだよ。あのネイト・アーチボルドを利用するなんて、ブリー・バックリーは何様のつもり?絶対まともじゃないって。

ダンはパパの結婚に大満足。だったけどジョージーナが現れたことは許せない。他人の人生を破壊して喜ぶ最低女!しかし、ブレアがダンに意味深発言。ジョージーナにはやがて破滅が訪れる、ってね。のちに彼女を"破滅"に導いたのは意外な人物だった。それは、ドロータのボーイフレンドでヴァンダーウッドセン家のドアマン、ヴァーニャ! ヴァーニャはジョージーナをバーでナンパ。自分はベラルーシのアレクシ王子で、国に一緒に帰ってほしいと迫った。しかも会ったその日に。ジョージーナは同行を快諾(・・・つまり、彼が王子様ならGはおバカ様ってこと ;)
お願いだからどこか遠くへ、戻れないくらい遠く遠くへ連れてってね。頼んだよ!
  
 
私たちの念願かなって、やっと、
リリーとルーファスの結婚式を見届けることができた!

本当に最高だったよね。
ソニック・ユースが演奏して、子供たちが全員(スコットも含めて)出席して、
みんな愛にあふれてた。
この結婚式はみんなの記憶に残ること間違いなし。

そして今回はなんと、まさかの完璧なハッピーエンディング
いつもはドロドロ劇とスキャンダルばかりだけに、ちょっと一息、なんてステキなんだろう。

そう思うでしょ?

GGもハッピーだよ :)
 
 
xoxo Gossip Girl


May 20, 2011
Gossip Girl

  これまでのGGアンケート>>


May 17, 2011
Gossip Girl

ジョージーナがニューヨークを出発してから、もうずいぶん経つよね。

あの子は一体、今どこにいるわけ?

表向きはコネティカットの家族に会いに行く、と言っていたけど。

でもGGがつかんだ情報によると、
彼女はマサチューセッツ州ブルックラインのアナズ・タケリア Anna's Taqueria で、
正体不明の男とブリトーを食べてたらしい。

ジョージーナは、まさか、
我らがお気に入りのウソつきボストン男に会いに行ったとか??

ま、あの子のことだから
どんな不道徳でメチャクチャなことをしでかしても、
いまさら驚かないけどね。

xoxo Gossip Girl


May 13, 2011
Gossip Girl

ライト!カメラ!アクション! ――誰だっていつかは輝くときがある。
今週は全員にスポットライトが当たってたよ。

ライトが消えたとこもあるけどね。

091006_304olivia.jpgNYUはハリウッド女優入学の噂でもちきりだった。「エンドレス・ナイツ」でおなじみのスーパースター、オリヴィア・バークが大学でフレッシュマン生活をスタートさせるの。OMG 一般ピープルの中に超有名人が!!ってすごいことだよ!? 学生みんなも若手女優の到着に興奮ぎみ。・・・ダン以外は。
Dってばオリヴィア・バークも知らなければ、ヒット映画「エンドレス・ナイツ」も知らないんだって。この堅物が!だからダンが財布を忘れたとき、ブロンド美人が小銭をくれたことも、彼にとっては大したことじゃなかったみたい。彼女はケイトと名乗ったので、ダンはごく普通のNYUの文化系の学生だと思った。まったく大きな勘違い。彼女は普通の学生なんかじゃないよ、あのオリヴィア・バークだよ!!でもオリヴィアは、平凡なフツウの大学生みたいに振る舞いたいらしい(ダン・ハンフリーより平凡にはなれないだろうけどね)。そして案の定ダンはケイト(本当はオリヴィア)のことが好きになる。だって彼女はかっこよくて、面白くて、とびきりの美人だもの。セリーナと違って、注目の的じゃないし。とダンは思ったわけで。

オリヴィアがすぐにダンと仲良くなったのもびっくりだけど、なんと彼女がヴァネッサのルームメイトになることが判明。これには驚愕だよ。ヴァネッサに嫉妬するのは、これで2度目(1度目は言うまでもなく、ネイトとデートした時)。ヴァネッサは自分の幸運が信じられなかった。あのオリヴィア・バークがルームメイトだなんて。ブルックリンで自宅学習してた女の子にとって、こんなラッキーなことないよね。唯一の問題は、オリヴィアのお付きの広報係KCで、とにかく嫌な女。部屋を乗っ取り、オリヴィアの行動を監視。おまけにフロアの全学生に、守秘義務と権利放棄証書への署名をさせたんだよ。やりすぎじゃない? オリヴィアはすごくバツが悪そうだった。こんな形で学校の仲間と付き合うことは望んでいないし、特にルームメイトやフロアの仲間とギクシャクするのは嫌だった。KCは埋め合わせをしようと、オリヴィアの新作映画「フルール」のプレミアに、同じフロアの学生全員を招待した。要はプレミアに来たら、「悪いけど、今後はお口チャックの約束だから」ってことだよね。

091006_304j.jpg一方、コンスタンスも新学期初日。学園のクイーンはジェニー。ただ歴代のクイーンと違って、ジェニーは圧力で学園を支配したくなかった。学園のみんなを平等にしようと考えたの。でもその考え方はコンスタンスでは通用しない。誰か上に立つ人物がいないとね。そこで新しいミーン・ガールズ、カルメン、ジェーン、セレステは、ジェニーへの抵抗運動を開始。ジェニーが何を言っても聞こうとしなかった。つまりコンスタンスは昔のやり方に戻ったわけ。そしてジェニーはこの騒動を止められず、バイバイ、クイーンの座。ジェニーはブルックリンの小娘に逆戻り。

もちろん自発的に反乱を起こすほど、ミーン・ガールズはお利口でもないし手腕もない。外部からの強力なバックアップがあったからこそ。それはブレア・ウォルドーフの仕業だった。ブレアの大学嫌いはまだ続いていて、高校とコンスタンスの掟が懐かしかったわけ。コンスタンスこそ彼女のいるべき世界であり、完ぺきに操れる場所だったから。それに、Bが懸命に作り上げた掟を、リトルJに簡単に崩されるなんて、そんなことは許されないこと。当り前でしょ?とんでもないよ、そりゃお仕置きが必要だよ。

一方セリーナは帰宅したママと向き合う覚悟して待っていた。セリーナのブラウン休学の事実を全く知らないリリー。帰宅すると、ここにはいないはずのセリーナと対面。ママが喜ぶはずはない。本当だったらセリーナは、今頃ハーマイオニー(エマも退学しちゃったけどさ)と肩を並べてパーティーしているはずなのに、どうしてUESでダラダラして、くだらない写真などを撮られているのか?セリーナは、何かやりがいのあることを見つけたい、とママを説得。ついに仕事を探す決意をしたわけだ。本気?あのセリーナ・ヴァンダーウッドセンが仕事? 人生で一度だって働いたことなんかないのにね。仕事を見つけて、ギャップ・イヤーを有効に活用したいとママに説明。仕事獲得のため、お決まりのセリーナ・スタイルで、ファッションとアート業界最高のカリスマたちと面会。トリー・バーチジョルジーナ・チャップマン、トッド・ディシューチオ。でも彼らのセリーナへの要望は皆同じ。ただ単に自分たちのパーティーに来てほしいってこと。でも仕事はお断り。
セリーナの未来は、リンジー・ブランドのレギンスぐらいお先真っ暗。

ラッキーなことに、セリーナは抜群のタイミングで最高の出会いをする。ハンドレッド・エーカーズ で食事中に、オリヴィアが広報担当ともめているところに出くわした。・・・KCのやることは、すべてが間違ってる! オリヴィアは気難しいムービースターだと思われたくないの! フツーの大学生と思われたいだけ! オリヴィアがレストランの外にいるパパラッチに気付くと、事態はさらに悪化。うわ。セリーナは彼女たちの会話を聞き、レストランの外から見えないようにする方法をオリヴィアに伝授。オリヴィアはすごく感謝。その様子を見て、KCはセリーナを気に入ったみたい。Sはディーバ調教師に向いてるかもしれない。これでKCのもとで雇ってもらえそうだよ。やった!広報のお仕事!これってセリーナにピッタリなんじゃない?
091006_304ursula.jpg
・・・実際はちょっと違ったみたい。Sに与えられた仕事は、「フルール」のオリヴィアの共演者ウルスラ・ナイキストの世話係だと判明。女優として落ち目のウルスラには、返り咲くためのチャンスが必要。だから「フルール」の出演を機に、マスコミの注目を再び集めようとKCは考えていた。ウルスラは、セリーナを非常に気に入ってた、話しやすいし、信用できると感じたんだね。彼女は「フルール」でのジョセフィン・ベーカーの役どころを、すべてセリーナに話した。ウルスラはこの役を誇りに思っていて、特にお気に入りのワンシーンがあった。メルセデス(オリヴィアの役)が脱出する間、ナチスの監視をそらせるため、彼女が歌うシーンだ。熱っぽく語るところを見ると、どうやらこの演技でアカデミー賞(最悪でもゴールデングローブ)を狙ってた。この件でKCは、セリーナにある課題を託す。ウルスラのお気に入りシーンが、なんとカットされてしまったのだ。KCはセリーナに、黙っているように指示。ウルスラが事実を知ったら、きっとプレミアに姿を現さないだろうから。しかし、それは彼女のキャリアを壊すことになる。セリーナは胸が痛んだが、従うしかない。二日でクビになったら、彼女の経歴に傷がつくもんね。

ダンとケイト(本名オリヴィア)は、二人で最高の時間を過ごしてたみたい。ダンはまだ彼女が誰であるか気がつかず、そのことにオリヴィアは喜んでた。その内、ダンとの時間を作るために仕事をさぼるようになっちゃった(その仕事とは、実はラリー・キングとのインタビュー番組だった。・・・ま、相手は100万歳とかだし、仕事よりダンを選ぶのもわかる気がするけど)。でも、だんだん罪悪感がわいてきた。彼女の込み入った人生に、ダンを巻き込みたくなかったから。というわけで二人は、というかオリヴィアは別れを決意。ダンは相当落ち込んだ。ようやく普通の女の子(普通じゃない代表ジョージーナほか)と出会ったのに、こんなことになるとは。がっくりしてヴァネッサに電話。今週はスコットからの連絡がないし、彼女も悩んでる時期だった。だったら落ち込んでる者同士、外に出て励まし合おうってことになった。そこでヴァネッサが、その夜ルームメイトの新作プレミアに招待されていたことを思い出す。じゃ、一緒に行こう!ってことになった。
それってマズくない?つまり、そういうことなわけで。

コンスタンス劇場では、ブレアが恒例のお泊まり会を開いて、現役ミーン・ガールズを招待。これじゃ完全に高校生だよ。当然チャックはブレアの行動が気に入らない。コンスタンスは過去のもの、ブレアはもっと大学生として振る舞うべきだ。そこでチャックはジェニーに協力を求めた。二人は「フルール」のプレミアに一緒に出席することを決めた。そうすれば、もちろん誰かが二人のデート現場をキャッチして、GGが大スクープを一斉送信。スクープを見たブレアは超激怒。なんでジェニー・ハンフリーが、私のカレとプレミアに?
J、気をつけなよ。ブレアが背後から迫ってるからね。

プレミア会場に着くなり、ブレアはジェニーのブロンドをひっつかもうとした。間一髪チャックが割って入ってブレアを止めた。すべてはブレアを目覚めさせるためのお芝居だった。彼女はもう大学生で、高校は過去のもの。選挙権もない小娘集団を従えて満足するなんて、ずいぶん落ちたものだとお説教。ブレアは、チャックが正しいと気付いた。あのチャックに"愛してる"と言わせることができたんだから、大学の新入生たちを口説き落とすのはたやすいこと。
愛っていいね :)
そこにカメラマンが、ブレアの写真を撮りたいと言ってきたの。ブレアはビックリしてたけど、すぐにカメラに向かってニッコリ。

ジーグフェルド・シアターで、ダンは否応なしにオリヴィアと再会する。何これ?ウソ? ダンは本当に混乱してた。オリヴィアは真実を打ち明けたけど、ダンのショックは想像以上。二人はお互いに惹かれあっているけど、うまくいくことは決してないから。だって、ダンは注目を浴びる人との恋愛はできないし、オリヴィアも自分を変えることはできない。なんだか、悲しいね。

プレミア会場でウルスラは、お気に入りのシーンを前に大興奮。でも、あのシーンがカットされたことを知ると大ショック。彼女の努力はむなしく消えちゃった。オスカーよ、さらば。セントラル・オハイオ映画批評家協会賞さん、いらっしゃい(ラッキーだったらの話だけど)。セリーナはウルスラを慰めようとしたが、KCの対処法は違っていた。わざとウルスラをカメラの前に出し、ひと騒ぎさせるつもりだったの。セリーナは困惑。どうしてKCは、前もってウルスラに事実を伝えなかったのか?わざと彼女の神経をズタズタにしたかったの?答えはもちろん、イエス! KCいわく、女優がカメラの前でかんしゃくを起こせば大ニュースになるから。それにこれはウルスラのキャリアのためでもある。しかし、ここでセリーナは行動に出る。ウルスラにそんなことはさせなかった。このことが原因でSはクビ。ギャップ・イヤー計画の夢が、Sの目の前で崩壊。
ところが、そこにセリーナに救いの手が。ウルスラが彼女を引き戻してくれたの。もしセリーナをクビにするなら、ウルスラはKCとのクライアント契約を切ると断言。そんなわけでKCはセリーナをもう一度雇うことに。今度は広報担当だって。
S、現実社会へようこそ。かなり最低だけど、がんばってね。

そうそう、ブレアの写真を撮ったカメラマンはチャックに雇われてたみたい。でも、だから何?
ブレアはめちゃめちゃ自信を取り戻した。そしてブレアは彼女に与えられた使命を全うしようと決意する。そう、天下統一。もちろんNYU支配だよ!
そうこなくっちゃ。

オリヴィアはダンへの気持ちをふっきれない。本当に好きだったんだね。ヴァネッサの協力もあって、オリヴィアは彼を取り戻す決意を固める。ダンに、もう一度チャンスをくれないかと頼んだの。住んでいる世界は違っても、一緒に過ごせば乗り越えられるはず。ダンも同意。オリヴィアなら世界中の男を選び放題なのに、なんでよりによってダン・ハンフリーなわけ?・・・あの男について再評価した方がいいかもね。
 
 
ところで。
この間ずっとジョージーナがどこにいるのか、気になっているよね?
彼女はボストンにいた。スコット・ロッソンと一緒に
うーん。これを聞いて、GGもすごく心配。
だってジョージーナの生きがいは、他人の人生を破滅させることだもの。
どうやら嵐が起きる予感。

帽子はしっかり押さえてて、みんな。
ハリケーン・ジョージーナがやってくるよ。
 
 
xoxo Gossip Girl


May 6, 2011
Gossip Girl

090929_303chair.jpg
今週のゲームのテーマは
騙されること。

みんなお互いに
騙し合い。

しかも全員参加、
でね。

当然だよね。

我らが愛しのドロドロ・ドラマ大好きセレブたちだもん。
 
 
 
  
ブレアはジョージーナとの共同生活がたまらなくイヤ。血統書つきの性悪で、そのくせNYUを仕切ろうとして、その上、偶然にもダン・ハンフリーとデキちゃうなんて。そう、あのダン・ハンフリーだよ。セリーナからジョージーナ?急降下もいいとこ。ブレアの心配事は増えるばかり。部屋に入ったら、二人がヤってる最中だったなんて事態になりかねない。ぞっとする。 EW。 ブレアの生活は、まさに崩壊寸前。でも、どんな時でも救いはある。突然 "ラ・ターブル・エリテール" La Table Elitaire からの招待状が届いた。 ラ・ターブル・エリテールといえば、アイビーリーグ以外のエリートによる秘密結社。これぞブレアへの神の思し召し。ラ・ターブル・エリテールのメンバーになれば、今抱えているゴタゴタは消え失せる! 招待状にはクラブに受け入れられるための、具体的な方法も指示されてた。サザビーズのオークションでパトリック・マクマランの写真を落札すれば、メンバーの座が手に入る。でもちょっとした心配ごともあった。他にも写真を狙っている人物がいるらしい。それも、ブレアの最愛のボーイフレンド、他ならぬチャック!有名なホテル経営者ショーン・マクファーソンの支援のもと、今度こそクラブオープン計画を実現しようとしていたの。ショーンのアシスタントが、チャックに助言。気に入られたいなら、ショーン自身のことをよく知ること。ショーンのことを調べろって? そうしたら、ショーンが今度のオークションに出るパトリック・マクマランの写真を欲しがっていることが判明。あら大変。どうやらブレアとチャックによる争奪戦になるみたい。ご存知の通り、二人とも、欲しいものはどんな手を使ってでも、手に入れるタイプなわけで。

一方、セリーナはカーターと楽しんでた。二人は相性がいいみたい。そしてカーターは、悪いイメージを払拭しようと努力してるみたいだし。でもブレアは信用してなかった。セリーナ、気を緩めちゃダメ。カーターはカーターなんだから。そして結果的にブレアの勘が当たることに。道で女の子たちに声をかけられ、「カーターにナンパされて、捨てられた」と責められた。サイテーだね。当然カーターは否定するけど、セリーナは疑ってる。それからホテルの部屋に、95年のドンペリ3本分の請求書が。カーターはまたしても、しらばっくれた。でもやっぱりセリーナはまだ疑っている。結局カーターはぜんぜん変わってなかったのかも。

090929_303vanessa.jpg恋人を疑っているのはセリーナだけじゃない。ヴァネッサもスコットとうまくいってなかった。彼の話の辻褄が合わないから。だからヴァネッサは自分一人で、この謎の多い彼氏の正体を暴くことにした。まず学生課に行くと、スコットがNYUに籍すらないことが発覚。WTF?ヴァネッサは激怒。スコットを問い詰めると、彼は本当のことを話した。なんと スコットは、リリーとルーファスの息子だった。 OMFG !! でも二人の息子は、すでに亡くなっているはずだよね?息子と思われていたアンドリュー・ロッソンは、実はボート事故で亡くなったスコットの弟。息子は、スコットの方だった。ヴァネッサは、ルーファスに真実を告げるべきだと言う(二人はすでに親しくなってるみたいだけどね)。スコットはもう少しじっくり考えたい様子。もしヴァネッサがホントに自分のことが好きなら、ここは黙っていてほしい、ってさ。スコットもさ、無理言うよね。

ヴァネッサはどう対処すればいいか、悩んでいた。カレとの約束を守りたい気持ちはある。でもBFFには正直に真実を話したい。ヴァネッサはダンに真実を知らせるために、それとなくスコットとの間に、何らかの問題があることをほのめかす。二人が問題を抱えていると察知したダンは、親友のために真相を確かめようとする。そして誰に協力を求めたと思う?そう、ジョージーナ。彼女はスコットの正体を暴く決意をする(言っとくけど>G、余計なお世話)。執拗な調査の結果、ダンとジョージーナはスコットの本当の名字が "ロッソン" であることを突き止めちゃった。ダンはその名前に見覚えが。"スコット・ロッソン"が、昨年自分にファンレターを送ってきた人物だと思い出す。もしかして、スコットはダンのストーカー?・・・おいおい、違うって。ダンをストーカーする人なんかいないって。

サザビーズのオークション会場に、ヴァネッサはスコットを連れてきた。ルーファスに真実を明かすつもりで。やったね。ところが、そこへスコットの母親登場。ルーファスへの告白をやめるよう説得するのかと思いきや、なんと協力したいと言い出した。わお。ダンとジョージーナは、スコットがダンのストーカーであることをばらすつもりで会場入り。でも、その前にスコット本人とルーファスが直接話し始めたの。スコットは自分の本当の名前を告げた。そして、自分はルーファスとリリーの息子の、とも。Whaaaaaat?
ただルーファスに会いたかった。弟がハンフリー家とヴァンダーウッドセン家のこと知ったら、誇りに思うだろう、と伝えた。

はあ? 何なの?

オークション会場には、ネイトと秘密の彼女ブリー・バックリーの姿も。二人の関係を隠すのは、もうウンザリ。だから堂々と二人で登場し、わざと写真を撮らせたみたい(しかもキスシーン)。ヴァンダービルト家とバックリー家の皆さんは、"セレブのファッション" 記事を読んで、お互いの未来の家族になる人物の顔写真を見ることになるのね。でも二人は盛り上がってるから全然気にしてないみたい。愛の力だね。
愛モドキかもしれないけど。

一方、ブレアとチャックは、パトリック・マクマランの写真獲得に火花を散らしていた。両者の獲得意欲は固く、いざ入札の番がやってきたときには、全面戦争が勃発。番号札が飛び交い、値段は高騰するばかり。どちらも一歩も譲らず。チャックは、秘密結社に入るために写真を欲しがるブレアが信じられず。ブレアも、チャックがビジネスパートナーへの謝礼として写真を必要としているなんて、信じられなかった。二人がケンカしている間に、ファイナルコール。写真を競り落としたのは別の人。
セリーナだった。

090929_303carena.jpgブレアとチャックは絶句。まさかセリーナに写真を横取りされるとは・・・。どんなに欲しがっていたか、知っているのに (とはいえ、悪いけど自業自得だよ>B&C )。これはセリーナの仕返しだった。カーターへの嫌がらせをしたのは、ブレアとチャックだったから。二人は、ホテルにシャンパンを注文したことも、街で女の子を雇ったことも白状した。ブレアはセリーナを守りたかったから。チャックは、ただ単にカーターが嫌いだったから。
前にチャックがカーターを街から追い出したとき、ドバイ行きのチケットを渡した。ところがアラブに向かうはずのカーターはギリシャへ。その後、数ヵ月間、世界中を転々と。・・・セリーナは気づいた。OMG カーターはSの父親をずっと捜していたんだった。2年前、セリーナは父親がサントリーニ島で再婚する予定だという情報を得た(そう、これがサントリーニ島の真実なのね)。そして二人はSの父親に会いに行くことにした。カーターは船を借りてきたんだけど、実はこれが盗品で、結婚式にたどり着く前に逮捕されちゃった。カーターはセリーナに、必ず償うと誓った。カーターはそれ以来ずっとSの父親を捜し続けてたみたい。・・・結局、カーターはそんなにワルじゃなかったってこと。

セリーナはブレアに写真を手渡すことにした。ブレアも正しいことをすると決意。それは写真を本当に必要としている人に譲ること。ブレアはラ・ターブル・エリテールの招待をフイにしたの。もう彼女には必要ない。写真はチャックに譲る。招待状を手にしたセリーナは、ある文字を一目見て、ふと違和感を覚えた。"G"をこんな風に書くのは、一人しかいない。
ジョージーナ!

セリーナがジョージーナに詰め寄ると、ブレアに偽の招待状を送りつけたと認めた。ジョージーナは、やっぱり変わっていなかった。・・・もうブレアに構うのはやめてよ、それにいずれブレアは必ず反撃するからね、その時は、セリーナもブレアに協力するよ。あの夜以来、みんなジョージーナにはうんざりなの!
いいぞ、セリーナ。言ってやれ。
しかも、ジョージーナに騙されたのは、ブレアだけじゃなかった。チャックにも罠を仕掛けてたんだよ。ショーンのアシスタントが、実はジョージーナの友人で、チャックをダマしたの。チャックはショーンのオフィスに出向き、写真を贈った。彼は、取引を失敗させたアシスタントに感謝したいと言った。もちろんアシスタントはクビ。この時チャックは分かったの。自分がすべきことは、ホテル自体を開くことだと。ホテルにクラブを開くことじゃない。同じ手に入れるなら大きい方がいい。すぐさま株を換金し、夢を実現しようと動き出した。彼の横にはブレアがいるんだから、失敗はありえない。カワイー。

ダンはジョージーナと話し合い。ブレアとチャックにした悪だくみを、セリーナから聞いてた、Gはヤバいほどキレてる、って。ダンは、二人の間に距離を置きたいと告げた。もちろん、ジョージーナは不満いっぱい。
ところで、大学で学ぶこと、その一: 寮の部屋のドアを開けたまま、秘密の話はしないこと。誰が聞いてるか分からないからね。スコットがヴァネッサに、彼の素性をバラさないでほしいとお願いしていたちょうどその時、聞き耳を立てていたのがジョージーナ。スコットの本当の正体を知ってしまった。これはマズいよ。スコットは、しばらくボストンの母のもとに戻り、冷静になって考えたいと言い出す。V かわいそう。せっかく気の合う男性と出会ったのに、彼が街を去るなんて。・・・危なく同情するところだ。
それに、ジョージーナがあんなおいしい情報をゲットして、ただで済ますわけがないよね。失恋の傷は、倍にしてお返しするに決まってる。早速、列車に飛び乗りボストンへ。さあボストンで何が起きるのか?メガトン級の大爆発が起きるのは、間違いないよね。

セリーナはもう一度、カーターに謝った。彼のことを疑ったから。もう言い訳のしようがない。ただ何があっても、彼と一緒にいたい、だって。やれやれ。でもね、カーターにはNYCに敵がいるんだって。あのブリー・バックリー。ある理由から、ブリーの一族はカーターを八つ裂きにしたいと思っていたらしい。
こわー。ドロドロしすぎじゃない?


みんな気をつけてね、
一部のやから(ご存知ジョージーナとバックリー家)が
復讐の機会をうかがってるから。

これってすごいドラマになること間違いなしだよ。
最新情報は、GGがバッチリ伝えるから。

まかせといて。

xoxo Gossip Girl



April 29, 2011
Gossip Girl

高校生活はおしまい、そしていよいよ大学生活がスタート。
全く知らない20人とバスルームを共有し、ビア樽からキーストーン・ライトを飲み、
新入生太りしないように気を配る時がやってきた。
いったいUESの面々は耐えられる?
大学寮に入ってもはいらなくっても、愛すべき仲間たちは
みんなそれぞれ現実にショックを受けてるみたいだよ。

ブレアはNYUに胸をときめかせてた。確かにイェールじゃないけど、チャンスを生かさない手はないでしょ。さあブレアの出番だよ。大学で輝く最良の方法は、クイーンになること。新入生を見回すと、つながり眉毛にクロックスって感じ。やっぱりクラスにブレアみたいなリーダーが必要だよね。おしゃれで、洗練された生活を教えてあげなきゃ、厚底サンダルは卒業しなきゃ、とか。ところが、ルームメイトの登場で、ブレアの計画に暗雲が立ち込める。ほかならぬ性悪ジョージーナ・スパークスだった。これって偶然??(なわけないけど)。 Bはちゃんと寮の書類には、『ノンスモーカー。夜11時から12時までには就寝。変人お断り』って記入したのに。・・・かわいそうなB。どうやら大学を支配することより、平常心を保つことの方が大変そう。簡単じゃないよね。
090922_302blair.jpg実際に、ブレアは気の休まる時がなかった。なにしろルームメイトが、ピル所有数が薬局にも負けない、素行最悪の、宗教系の矯正施設上がり女。その上、あのブルックリンのヒップスターが寮の同じフロアだってことが発覚。そう。ブレアとジョージーナの部屋から、廊下を真っすぐ行ってすぐがヴァネッサ・エイブラムズの部屋。さらにブレアを追い詰める悲惨な事実が。なんと寮の人気者になったのは、BではなくGVだった。ブレアのスシ・パーティーより、ヴァネッサのコミュニティ・ガーデンについてのドキュメンタリーの方が好評だったわけ。世の中、どうなってるの? ブレアはひどい目にあっちゃったわけ。

大学でのブレアの立場は、今のところクイーンから程遠い。ジョージーナが妨害しているせいだよ。施設の神様のもとで生まれ変わったみたいだけど、まだ奥底にビッチな本性が残っているに違いない。BはUESに戻って負けを認める? それとも、ここは涙をこらえてベストを尽くす? もちろん後者だよね。しかも、よりによって意外な人物に支援を求めた。・・・ダン・ハンフリー。彼もオリエンテーション・ウィークの間、大学に馴染もうと頑張ってた。ヴァネッサとは、一時期ダンのお金持ちごっこのせいでケンカになったけど、今じゃすっかり仲直り。BFFに戻ったみたい。ブルックリン仲間はくっついてないとダメなのね。それに、びっくりなことが。ダンはNYUじゃかなりイケてるの。彼の短編が「ニューヨーカー」に載ったことが、広く知られてたから。嘘みたいだけど、みんなダンと親しくなりたがってる。ホント、WTFだよね。そんなダンの人気にあやかって、ブレアも友達を増やすつもり。でも、あのブレアだからね。優しさの裏に下心ありに違いない。

その頃、セリーナはブラウン大入学に向けての荷造り中。長きにわたる"イット・ガール"生活から、地味な大学生活へ。てことは毎週月曜の1oak での夜遊びの代わりに月曜日は講義になり、ランチはフレッズ Fred's から学食に変貌するってこと。これって、本当にセリーナが求めてる人生なの? ありえない。だからセリーナはブラウン大を放り出して、チャックのいるパレスホテル The Palace に身を隠す。ルーファスにだけは見つかりたくない。知られたら、ママに告げ口されちゃう。そしたらどんな面倒なことになるか分からない。チャックはそんなセリーナを快く迎えてくれた。少なくともセリーナがおとなしくしている間はね。

チャックは銀行の金庫室を買収して、秘密クラブにする計画を進めてた。買収するためにはバス産業の取締役の承認が必要だから、表向きにはレストランにする計画になっていた。チョロいよね。でも、そう簡単にはいかないんだ。Sのお陰でね。Sがパーティーから早く帰宅した隙に、取締役にチャックの本当の計画をぽろっとしゃべっちゃった。彼はこれを気に入らず、ただちにチャックの申請を却下。チャックは激怒。Sの奴、何て事をしてくれるんだ!? とんだ災難だ!!と当然、チャックはセリーナを追い出した。きゃー。もう、コワイなあ。仕方がないので、ハンフリーのロフトへ行き身を隠したんだけど。どれぐらいバレずにいられるかな?

絶好の機会をセリーナにつぶされて、チャックの怒りは頂点に達していた。だからルーファスに告げ口、というか、事実を報告。セリーナがプロヴィデンス行きの列車に乗らなかったって、ね。ルーファスは激怒。どうしてセリーナは、こんなふうに人生を台無しにしてしまうのか? セリーナも断固として譲らず、ブラウン大が自分のやりたい事ではないと反論。みんなどうしてわかってくれないの?ブラウン大には行かない、とママに伝えてくれとルーファスに頼んだの。もうママに知られても構わない。それよりもチャックの告げ口と侮辱した態度が、どうしても許せなくて、仕返ししないと気が済まない。それでカーター・ベイゼンに電話したの。それってマズくない?
090922_302chuck.jpgセリーナはカーターを伴って、チャックの商談に乱入。チャックは新しいビジネスパートナーと、例のクラブ計画を新しくスタートさせていたんだけど、実際仕事に取り掛かる前にセリーナとカーターというとんだ邪魔ものが入ってきた。やんちゃなチャックの昔の武勇伝を、ビジネスパートナーの前で語って聞かせたから大変(ああ、チャック。暴れん坊だったもんね)。もちろんチャックは、セリーナに対してブチ切れた。いい加減にしろ。ルーファスのところへ行ったのは、セリーナを陥れるためじゃない。本当にお前のことが心配だったからだ、とチャックは胸の内を明かす。一部始終を目撃したカーターは、すっかりセリーナに嫌気がさした。彼女が抱えてる深刻な問題をクリアしなければ、友人関係を修復させるのは難しいとバッサリ。
S、ひたすら謝るしか道はなさそうだね。

ジョージーナの屋上パーティーの直前、ブレアはパーティーに連れて来てくれたダンに感謝する。そう、ブタだって頑張れば飛べるのよ。ダンには、はみ出し者の気持ちが、痛いほどよく分かるからね。たとえブレアが普段どんなに嫌なビッチでも、やっぱりちょっとかわいそうに思ったみたい。大学でカチューシャは禁止! とダンは言うなり、ブレアのカチューシャを外し投げ捨てた。カチューシャのないブレアなんて。絶句だよ。マジ、あり得ないって。

ブレアはパーティーに馴染めなかった。だってあのブレア・ウォルドーフが、Syfy 愛好者や、マンガオタクと、どうやって仲良くなれっていうの? 共通点なんて、まるでゼロ。ブレアは、隅っこでじっとしながら、様子をうかがってた。そこへ、彼女が手配したスペシャルゲストが登場。とうとうブレアが本領を発揮する。スペシャルゲストとは、ジョージーナの矯正施設仲間たち。ジョージーナがミスNYUになるのを、黙って見ているブレアじゃない。徹底的につぶしてやる。キャンプ仲間の襲来で、これがただの新入生顔見せパーティーではないと、ブレアはみんなに知らしめる。これはジョージーナが企画した、改宗パーティーだと宣言。OMJC!
090922_302vanessa.jpg施設仲間の登場で、すっかりパーティーが白けたムードになったとき、ブレアは行動開始。みんなをモンキー・バー The Monkey Bar に移動させるため、下にリムジンが待機していたのだ。本当のお楽しみの始まり、のはずだったんだけど、なんとそこでダン・ハンフリーの出番。彼はブレアがいつもするように、みんなを支配させなかった。しかもダンの影響力は絶大(マジで信じられないよね)。もはや孤独なボクではなくなった。それどころか、今や人気者に大変身(ダン・ハンフリーに、もっとも似つかわしくない言葉だけどね)。ダンはマイクを取って、真実を話した。これはブレア・ウォルドーフがジョージーナを辱めようとしてやったこと。大学において、人気のあるなしは関係ない。階級なんて、あってはならないんだ。この一言で、みんなはパーティー会場に残ることを決める。ブレアの怒りは頂点に。一方、ジョージーナはというと、ダンを尊敬し始めた様子。おえっ

セリーナは自分の行動を反省したようで、ルーファスに謝りに行った。ルーファスはとても理解があって、何があっても彼女を信頼しているし、リリーと話し合うことに協力するとまで言ってくれた。セリーナとエリックが許すなら、ルーファスは彼らの父親代わりになりたいと思っていた。ワオ。分かってるって。いつもおじさんロッカーのこと小バカにしてたけど、もしかしたらいい人なのかも。これからは彼のことレポートする時には、もっと優しい目で見ることにするよ(ちょっとだけね)。

セリーナは、カーターにも謝罪しに行った。なぜいつも彼に頼るのか? それはセリーナが彼のことが好きで、本当に信頼しているからだと告白。カーターも同じ気持ちだったみたい。そして二人はキス。しかも、またもや超濃厚なヤツ。これ見たら、ホント妬けるよ。

ブレアはすっかり大学嫌い。ダウンタウンも何もかも、今の生活すべてが大嫌い。こんなとき頼りになるのは、セリーナ。愚痴を聞いて慰めてくれる人の存在は大きいよね。セリーナは断言した。いずれブレアは自分の居場所を見つけて、すべてがうまくいくと。毎回Bのために大変ね。ああ、本当にこのBFFはラブラブなのね。おまけにブレアには頼もしいボーイフレンド、いとしのチャックまで味方してるんだから、心強いよ。うーん、またまた羨ましい!

その頃、ネイトはブリー・バックリーとずっとラブラブ。でも、二人のロマンスには大きな障害が残ったまま。お互いの家族は、長年のライバル同士。悲しいことに、ネイトとブリーは本当に惹かれあってる。別れた方がいいと分かってから、お互いのイヤなとこを探して、嫌いになる作戦を実行。例えばブリーの家族の家の周りをうろついてみたり、今まで知らなかったお互いのかっこ悪い情報を集めてみたり...でも、効果ゼロ。ブリーが、ネイトのジーンズのポケットに入っていたロンドンからの飛行機のチケットを見つけて、振り出しに戻っちゃったの。あーあ。ブリーと出会った日のチケットを、ネイトは大事に取っておいたのだ。これによりネイトとブリーの絆はさらに強くなり、より一層離れられなくなっちゃった。シー!ヴァンダービルト家とバックリー家には、絶対ナイショ。

セリーナのしたこと。
ブラウン大を逃げ出して、チャックの商談をぶち壊した。

ブレアのしたこと。
ジョージーナのパーティーを台無しにするために、矯正施設仲間を呼びだした。

そんなことは、今から話すことに比べたら、ぜんぜん大したことない。

屋上パーティーの翌朝、ダンは最悪の状況下で目を覚ました。
なんと横にはジョージーナ

二人は一夜を共にしたみたい。えー。まさか!? What? The. F?

ジョージーナ扮する"サラ"に騙された日々を、忘れたの?
エリックのことを勝手にカミングアウトしたり、関わる人の人生を台無しにしてきたりした、
あのジョージーナだよ。
ダン・ハンフリーったら、一体何やってるの? 新入生でしょ? こんなんじゃただのバカ男じゃん。

それにしてもこの先何が起こるのか、超楽しみ。
このエッチの代償は大きいぞ。

GG的見解だと、いい方向には行かないだろうけどね。


xoxo Gossip Girl


October 9, 2010
Gossip Girl

もう目を開けてるのがやっとだよ。
目まぐるしく多忙かつ活動的な1週間だったもんね。

さて、GGがアップした超スキャンダラスなゴシップをたっぷりご堪能あれ。
4年間付き合ってくれた忠実な読者のみんなに何かお返しがしたかったんだよね。
ちゃんと期待に応えられたかな??

090519_GossipBombsAway225blair-serena.jpgいよいよ卒業式当日。
我らが愛しのセレブ高校生たちはどこにでもいる卒業生みたいに威風堂々と入場、
そつなく式典をこなす構え。
どうやらみんな入学当時とは違って、
静かーにコンスタンスとセント・ジュードに別れを告げるつもりみたい。
でも、それも、ドッカ?ンとゴシップ爆弾が投下されるまでの話。
あまりにもおごそかなんで、ちょっと式を活気づけようと思ってね。
愛しの彼らに卒業証書がわりにGGが称号を授与してあげる!
(恨みっこなしだよ :)

 チャック・バス= 意気地なし
 ブレア・ウォルドーフ= 弱虫
 ネイト・アーチボルド= 男娼
 ダン・ハンフリー= 影のやり手
 セリーナ・ヴァンダーウッドセン= 過去の人

セリーナはまじギレ。
どうやらみんなにつけた称号がお気に召さなかったようで、
卒業式を台無しにしたって相当おかんむり。
あら、ごめんあそばせ>ご意見番さん。
で、セリーナは自分でカタをつけようと、GGサイトの主を突き止めようと動き出した
友達も動員して、みんなで(っていつものBとCとNとSの4人のことだけど)
「ゴシップガール」の正体を暴こうと一致団結。
チャックはセリーナの卒業記念ランチ・パーティーにもGGは当然来てるはず、とにらんだ。
その場でセリーナがGGにメールを送ると、誰の携帯が鳴ったと思う?
なんと、エリックの最愛の彼氏、ジョナサンの携帯が"プルプルッ" 。
ってことは、ジョナサンがゴシップガール???

NOPE!!違うに決まってるでしょ!!
(だいたい、冬休みにモントリオールに行ったりすると思う?なわけないでしょ!)
じゃあ、何でジョナサンの携帯が鳴るのか。
ジョナサンはGGのPCサーバーをハックして、eメールを全部受信してたらしい
(・・・まじ。[自分メモ]: 大至急パスワードを変更すること)
てなわけで、ジョナサンはみんなのダークな秘密を山ほど握っちゃってた
みんなにとっては迷惑極まりないだろうけど、ジェニー・ハンフリーにとっては朗報。
というのも、実はミーンガールズが次の女王を決めるって意気込んでて、
女王になりたきゃ誰も知らない極上のゴシップネタを持ってこい、って条件を突き付けたんだよね。
ジェニーは女王選抜になんか加担したくなかったけど、
コンスタンスの下っ端になるのもイヤなんで板挟み。
しかも、来期からコンスタンスには最近ニューヨークへ引っ越してきた
エマ・ボードマンが転校してくることになってたからなおさら
(ほら、ちょっと前に"絶対バージンを捨てる"って取りつかれてたあの子だよ)。
何しろ、ペネロペ+ヘイゼル+イザベルのアップグレード・バージョンみたいな子だからね(イヤダー)。
でも、ジョナサンのおかげでジェニーはとびっきりスキャンダラスな情報を入手できた。
ただ、このネタを暴露すればブレアとチャックの関係は崩壊必至
さあ、どうするジェニー?

こんなゴタゴタが進行していても、ブレアが気になって気になって仕方なかったのは、
そう、セリーナに聞いたあのこと。
チャックが"ブレアを愛してる"って言った、とセリーナは言うけど、
果たしてそれは、力強い"愛してる!"だったのか?
それとも普通の"アイシテル"だったのか?
チャックがどういう風に言ったのかブレアは知りたくてたまらなかった。
それに、今度はちゃんと自分に直接言ってほしいと思って、果敢に挑んでみるものの、
これが言うまでもなく、至難の業。チャックは頑なに言わない。
何やってんの、チャック!?男らしくしなっ!

その上、チャックがブレアに"愛してる"って告白する可能性はさらに低くなる出来事が発生。
ゴシップガール、そう、私がここぞとばかりにみんなが知らなかった極秘情報を一斉配信。
GGゴシップ爆弾、集中投下。

 《特ダネ:ダン、カー先生と衣装部屋でエッチ
 《特ダネ:ジェニー、セミヌード写真撮影
 《特ダネ:チャック、ヴァネッサとヤッちゃった
 《特ダネ:ブレア、万引き
 《特ダネ:ネイト、パパをFBIに突き出す

そして、忘れちゃいけない超重要ネタ。

 《特ダネ:ブレア、お正月にジャック・バスとベッドイン

まさかみんな、特大スキャンダルを封印したまま大学へ行けると思ってたわけじゃないよね?
090519_GossipBombsAway225serenadan.jpgそりゃもう大騒ぎ。
みんなお互いを責め合い、激怒り。

・・・こんな形でBFFの一番ダークな秘密を知らされるなんて最低、っていうけどさ、
そもそも、みんながそんな不埒なことばっかしなければ、こんなことも起きなかったと思うけどね。
ま、それだと私たちは退屈な日々を過ごすハメになってたから、
やっぱふしだらでいてくれてサンキュ!なわけだけど。

特にチャックはこのネタに激しく反応してた。ブレアに対して怒りどころの話じゃなかった。
よりによってCの叔父さんなわけだからね。
ブレアは必死に弁明した。
Cが姿をくらまして、寂しかったところにジャックがいただけ。でも、ジャックが問題なんじゃない、って。
ブレアはもう弱虫でなんかいたくなかった。
ブレアはちゃんと彼の気持ちを、あの言葉を言ってほしかった。
ブレアはチャックに真正面から聞いた。
Cがセリーナに言ったことはCの本心のはず、だからもう一度言ってほしい、って。
言ってよ!!
・・・だけど、もちろん、チャックは言えなかった。
やっぱりGGが言ったとおりチャックは意気地なしなのかも。
ブレアのハートは砕け散った。
チャックとブレアはどうやっても結ばれない運命だったの?
これってさ、今までにないほどサイテーな結末だよ。

さて、スキャンダラスなゴシップが出尽くした今、
ミーンガールズに対する切り札がなくなってしまったジェニー。
来年はエマの独裁体制のもとで学校生活を送らなきゃならない模様。サイアク。
と思いきや、ブレアが援護射撃。
ブレアのお眼鏡にかなうクイーンはジェニーしかいない、と太鼓判を押した。
ってことは、秋から学校に君臨するのはジェニーに決定!
ざまあみなさい>エマ、ジェニーの統治のもとでおとなしく学校生活を送ってよね。

GGのゴシップ攻撃を受けて、余計に私の正体が知りたくなっちゃったみたい。
で、セリーナが"オーク・ルームで待ってる"ってメールを送ってきた。
行ったのかって?まさか。
でも、代わりに"オーク・ルーム集合"ってメールをみんなに配信したよ。

そう、みんなに伝えたいことがあったから。

あのさ、
みんなのおかげでゴシップガールは存在するの。

あなたたちがいなきゃ、私はGGをやっていくことはできない。
つまり、なんだかんだ言って、みんながゴシップガールってこと
ただし、本家本元の"ゴシップガール"はこの私
それだけは忘れないで。

みんな、私のこと好きだよね?
だから、GGもみんなと一緒に大学へ行くよ!
そ、秋になったらまた会おうね!ビッチのみんな!

090519_GossipBombsAwaynatessa.jpg1週間後。

ダンとヴァネッサは一緒に通うことになったニューヨーク大学があるダウンタウンでお茶してる。
来年はこんな光景をよく見かけるんだろうな。まあ、カフェの所在地の郵便番号は相変わらず一流じゃないけど。・・・変わらないものってあるんだね。
そこへ、スーツでバッチリ決めたネイトが現れた! 相変わらずセクシー<3<3 市長のオフィスでインターンをしてるはずだけど、彼いわく、仕事は予想と全然違ったらしい。で、ネイトはヴァネッサに、ヨーロッパ行きのお供をさせてほしい、って話した。以前2人で計画してた貧乏旅行を実現しよう、ってことらしい。マジな話、ネイトにそう言われちゃヴァネッサは"ノー"とは言えないよね。
ネイトとヴァネッサのヨーロッパ冒険の旅か。超ヤケる!

それから3人はカフェでボストン大学からニューヨーク大学に編入してきたスコットって男子と出会った。ちょっとイケてる感じだったけど、誰かに似てるような気がするのは気のせい?・・・もしかしたら。ひょっとして、例のリリーとルーファスの隠し子じゃない? 彼は死んだって話だったけど、ホントはニューヨークに住んでて、ニューヨーク大学に編入!?
うっそ!?


セリーナも夏休みはヨーロッパへ行く準備をしてた。
自由気ままにいろんな国を回って夏を謳歌するつもりみたい。
・・・っていうけど、本当のところはどうなのかな。
だって、いざ出発って時、あのカーター・ベイゼンが声をかけてきたんだよね。
そうなの。誤植じゃないよ、あのカーター・ベイゼン!
しかも、カーターはある情報をセリーナに教えたの。
2年前、サントリーニ島で捜してた人をやっと見つけた、
お父さんは今フィジーにいる、って。
え????
セリーナはずっとヴァンダーウッドセン・パパを捜してたわけ?思いもよらなかったよね。
で、セリーナはパパを捜しにカーターとフィジーに向けて旅立っちゃった
おもしろいことになったよ。・・・すっごくおもしろくなってきたっ。

さて、ブレアはチャックのことでまだ落ち込んでた。
しかも、ヨーロッパ各地で目撃されてるチャックの情報がGG経由で配信されて、
Bの気分はさらにブルー。
去年の夏のフラッシュバックって感じだよね。
でも、ブレアは気丈に気持ちを切り替え、
新しい学校、新しく出会う人々、新しい人生に向け踏み出そうとしてた。
そんなとき、チャックはニューヨークに戻って来た
ブレアが通りを歩いてると、そこにチャックが待ってたんだよね。
そして、チャックはヨーロッパへ行ってた理由を明かしたの。
パリでブレアの一番好きなマカロンを、
ベルリンでブレアが一番お気に入りのストッキングを買って来たんだって!

そして、ついに!!言ったの!!
"愛してる"って!

きゃああああああああああああああ<3<3<3<3<3<3<3<3<3<3

みんながずっと待っていた瞬間がついに!!
時間がかかったけどね>C!

そりゃもうブレアは有頂天。
OMG
チャックはブレアを愛してる+ブレアはチャックを愛してる=相思相愛<3<3

これで安心して死ねる。あー、よかったああ!

でも、ちょっと待った!

ブレア、せっかくのルンルン気分を壊して悪いけど、つけが回ってきたみたいだよ。
Bってばさ、ジョージーナにつらく当たったり、きつい事言ってたでしょ。
あのGがおとなしく、やられっぱなしで引き下がる子じゃないのは、
みんなよーーくわかってるよね?
やっぱりGが反撃に出てきたんだよね
ジョージーナは神様の思し召しに従うのをやめて、人生の舵取りを自分でする決意をし、
なんとニューヨーク大学に入学。
しかも、寮の部屋は誰と一緒にしてって希望したと思う?
そう、ブレア・ウォルドーフ。
ルームメートが決まったよ>B。ってことは、どっちが小型冷蔵庫を用意するのかな?

それから最後に、オトナ情報。
ルーファスとリリーが仲直り。熱烈に愛し合ってるとかなんとかぐちゃぐちゃ言ってたな。
そして、ルーファスがプロポーズ!
OMFG ほんとに結婚するんだって!
とうとうセリーナとダンは義理の兄妹になり、
もうすぐジェニーはヴァンダーウッドセン+バスのマンションへお引っ越しってわけ。
これは大きな変化が起きること必至。今後どうなるか楽しみ!!


高校の最後を飾るには、これ以上にない素晴らしい終わり方だった。

とにかく、この1年は超クレイジーだったね。
今までのことを振り返って要約してあげたいとこだけど、ごめん、余力なし。
・・・どれだけ波乱万丈な年だったか思い出せない??
だったら、この過去ブログを読んでみて。

・・・それにしても、格別にクレイジーな年だったな。
少し休みを取って、思い出に浸ろうかな。

来年に備えて、しっかり充電してくるね :)

You know I'll miss you,

xoxo Gossip Girl


September 25, 2010
Gossip Girl

ショック!ただただショックで言葉も出ないくらい。

あのセリーナ・ヴァンダーウッドセンがブタ箱入り?
しかもママが通報したから!?
OMFG
こんなクレイジーなことってあり?

もちろんだよ!
だって、何でもありなのがここアッパー・イースト・サイドなの!
何がって?OK、大丈夫、こうなった経緯をちゃんと説明してあげる。

090505ShockTotalAndUtterShock223blairserena.jpg結局、ガブリエルは、リリーと組合のお偉いさんたち、そしてルーファスが出資したお金を全部持ってドロン。とんでもないことになってセリーナはパニック。
彼女が詐欺師に引っ掛かったせいで、みんなの$$を奪われてしまったわけで。で、自分の力で何とかガブリエルからお金を取り戻そうと思ったセリーナは、妊娠したかも、ってガブリエルに留守電。男と大至急で連絡を取りたい時の常套句だよね。そのメッセージを聞いたガブリエルはすぐに折り返し電話をしてきた。そして2人はパレス・ホテルで落ち合った。セリーナは妊娠なんかしてないことをつげ、でも、盗んだお金を返してと、詰め寄った。するとガブリエルは、持っていない、と答えた。どうやら、ポピーが持って逃げたんだって。しかも全部彼女が考えた企みなんだと、ガブリエルは真相を打ち明けた。要するに、ポピーは偽ソーシャライトで、上流社会に潜り込み、仲良くなったお金持ちを手のひらで転がしてたってわけ。ということで、捕まえるターゲットはポピーだってことが発覚。さ、ビッチをこらしめなきゃ。

自分がまいた悪い種は自分で刈ろうってセリーナは思ってたから、ママにはこの不幸な出来事を伏せておこうとした。というのも、最近リリーは娘が本当にステキなレディーに成長した、ってすごく誇らしげで、すごく優しかったから。おまけに、代々伝わる家宝のダイヤのブレスレットまでもらっちゃったから(めちゃきれいなブレスレット<3)、詐欺のことを持ち出しづらくなっちゃったんだ。そもそも自力で事態を収拾しようって決心してたし、お金さえ取り戻してみんなに返せばすべては丸く収まるって思ってたわけ。ところが、運悪く、セリーナとその他面々の会話を小耳にはさんだダンが計画をぶち壊し。ガブリエルがお金を持って逃亡したって知ったダンは驚愕。だって、ルーファスがダンの大学資金を出資しちゃってて、あのお金がないとダンは大学に行けないからね。で、ダサくて、神経質な彼らしい行動に出た。何と、迷わずリリーに相談。まったく。ブルックリンへ帰れ!って感じ。ダンから事情を聞いたリリーは秘密裏に事後処理をすることに。・・・詐欺事件に巻き込まれたなんて世間に知れたらセリーナの人生が台無しになりかねない。とんでもないスキャンダルになるから、この件は絶対口外しないでほしいと言って、リリーは自腹で出資者に返済をすることにした(やっぱバス家の財力ってスゴい)。けど、ルーファスに対しては毎月5,000ドルの配当金が入るように特別措置を取ったの。これってちょっとえこひいきっていうか、慈善事業って感じがするけどね。

さて、リリーがセリーナの尻ぬぐいに奔走してる頃、ルーファスはプロポーズの準備を着々と進めてた。そっ、リリーの5番目の夫になる決意をしてたんだ。で、まずエリックに、ママと結婚したいけどいいか?って、許可をもらいに行ったの(かわいい!!)。もちろんエリックは快諾してたけど、ルーファスのプロポーズの仕方に不安を抱いてた。リリーは派手なプロポーズが好きだからって(今まではピラミッドの頂上や小型飛行船の中とか、いろいろあったらしい)。当然そんなことは無理なんで、自分らしくハンフリー流のプロポーズをすることにしたんだ。リリーの好物をいろいろ料理し、ユリの花を飾ってディナーを演出。どうやらヴァンダーウッドセン家(+チャック)とハンフリー家は正式に家族になる模様

さて、その頃セリーナたちは。
したたかなポピーを捕まえるには、この上なく悪質な計画を練らなきゃならなかった。運よく、面が割れていないジョージーナって駒がいた。「あたしは神に仕える身・・・」とか言いながら、案外あっさりシェリリン・フィリップスっていう、カナダ出身で、ニューヨークの新参者に化けることを了承。で、もちろんこの"シェリリン"がニューヨークで最初に会う人物はポピー・リフトン。お金持ちに目がないポピーは当然エサに食らいついたわけ。セリーナたちはジョージーナにボイスレコーダーを持たせ、待ち合わせ場所のロシアン・ティー・ルーム付近で待機。ポピーがお金の話を持ち出すのを待ってた。ポピーが捕まるのも時間の問題。やれやれ。ていうか、こんなことを私が言うなんて自分でも信じらんないけど、"助かったよ。サンキュー、ジョージーナ"。

090505ShockTotalAndUtterShock223chuck.jpgみんなが待機してる間もいろんな出来事があった。
まず、ブレアはまだネイトと同棲するべきか決めかねてた。すごく大きな決断だし、ある重大な疑問が解消されない限り、正しい判断ができないと思ってた。疑問とは言うまでもなくチャックの気持ち。もしチャックがまだブレアを望んでるなら、はっきりと彼の口からあの言葉を聞きたかった。もし望まれてなければ、チャックから解放されて自由になれると思ってた。で、チャックの本心を知るまでは結論は出せないブレアは詰め寄った。悲しいけど、チャックは"ただのゲームだ"って :( ブレアの心はズタズタだったけど、これで前進できる。Bはチャックと決別。2人の会話を聞いてたセリーナはチャックがなんでそんなことを言ったのか信じられなかった。WTF? すると、チャックはついに認めた。ただのゲームだなんて言ったのは、本当にブレアを愛してるから。(チャックがまじで愛してるって言葉を言ったの!!) でもチャックは彼女を幸せにできないから、って。OMFG チャックがブレア・ウォルドーフを愛してるって認めた!なのに、彼女には言ってないなんて。もう・・・。

チャックの答えを聞いたブレアだけど、ネイトには、一緒には住めないって伝えた。チャックは関係ない。でも同棲は間違ってるって。ネイトも同意。2人にはまだ解決しなきゃいけない問題があるからね。で、ブレアは次のステップとしてネイトに、プロムへ一緒に行くことを話した。OMG!そうだプロム!! もうゴタゴタ続きですっかり忘れてたけど、もうすぐだった!! それに、ネイトとブレアが一緒にプロムに行くなんて、4年間の高校生活最高の締めくくりとしてはサイコーだよ!

090505ShockTotalAndUtterShock223georgina.jpgさて、ロシアン・ティールームでは。
ジョージーナこと"シェリリン"は見事にポピーを手なずけてた。で、出資したいって申し出ると、ポピーは二つ返事で快諾。やった!これでビッチをご用にできる。と、思ったらとんでもないことになった。警察は確かにロシアン・ティールームに来たんだけど、逮捕されたのはポピーじゃなくて、何とセリーナ実は、セリーナに事をこれ以上荒立ててほしくないリリーが警察に通報してたんだよね。しかも"娘がダイヤのブレスレットを盗んだ"って言って。OMG!セリーナが手錠をかけられてる間、ポピーは涼しい顔をして再びドロン。
しかも、ジョージーナの聖書代もろとも。そうなんだ、ジョージーナったら、矯正施設から預かっていた聖書代を全部ポピーに渡しちゃってたんだ(もちろん、すぐ戻ってくると思っていたからねえ)。OMJC!

でも、みんなジョージーナ・スパークスの本性は知ってるよね。確かに少し変わったけど、陥れられて黙って引き下がるわけがない。神様に関係なく、ジョージーナはポピーに報復するつもりでいた。さあ、アッパー・イースト・サイドのビッチたちのバトルが始まるよ。それも、熾烈なバトルが、ね。

この騒動が起きてる最中、ヴァンダーウッドセン家ではルーファスがせっせとプロポーズの準備をしてた。ところが、リリーが毎月5,000ドル振り込む、と書かれた書類を見つけてビックリ。リリーを問いただすと、出資話が流れたから事後処理をしただけって言われた。でもルーファスは屈辱だって怒ってた。リリーが説明しようとしても、ルーファスは聞く耳を持たない。そこへ、セリーナが逮捕されたって一報が入り、2人の間は更に険悪に。リリーが通報したと知ったルーファスは、自分の娘を警察に突き出すなんて信じられなかった。リリーはこうするしかなかった、と反論。このスキャンダルが公になったら困る。大恥をかくのはごめんだって。それを聞いたルーファスは愕然。目の前で話してる女性はリリーじゃなくてまるでシシーのよう。リリーはシシーみたいになりつつある?ルーファスはプロポーズをするのをやめた。どう考えてもこのふたつの家族の価値観が合うことはなさそう。どうやら別れるみたい。悲しいね。
 
 
 
ん?もう!超イカれてる!

セリーナはブタ箱入り!

チャックはブレアを愛してるって認めた!

ネイトとブレアが一緒にプロムへ!

リリーとルーファスが破局!?

ジョージーナが元のビッチに戻った!


もうスゴすぎ!で、めちゃGG好みの展開!

 
そういえば。
あと1週間でプロムだよ。

私とも踊ってね!

xoxo Gossip Girl


September 21, 2010
Gossip Girl

090501georginassched.jpg

? ジョージーナ・スパークス
? 火曜日のスケジュール

6:00 起床・ベッドメーキング
6:15 お祈り
7:00 牛の乳しぼり
7:30 ガーデニング
8:30 朝食
9:15 聖書の勉強
11:00 劇リハーサル
     "キリストの受難"
12:00 昼食
12:45 お祈り
13:30 ヤギの餌やり
15:00 ボランティア活動
16:00 ラテン語の勉強
17:00 ベリー類を摘む
18:00 夕食
19:00 お祈り
20:00 ジム・ダガーの説教
21:00 消灯
 
 
 
 
 
OMG!
文字通り「おお、神よ」って言いたいよ。

昔のジョージーナ・スパークスの日課ってどんなだったか覚えてる?
飲み会、男遊びと他人を陥れることだったよね。

ほんとに、ちゃんとやってるわけ??

・・・こんなにも変われるなんて、一体誰が信じられる??

xoxo Gossip Girl


September 18, 2010
Gossip Girl

アッパー・イースト・サイドで大ピンチに陥ると、
ツワモノは最悪のビッチを利用する手に出る。

時として、事態が収拾不可能になり、助けが必要になると、
どんなにイカれてても、必ず面倒な状態から救ってくれる
確かな人間を動員したほうがいい、場合がある。

サイアクのビッチ、その典型はあのジョージーナ・スパークス

Gは今回まき起こった最大の危機の救世主となるのか。
お手並み拝見。

090428_OnTheUESWhenTheGoingGetsTough222serena.jpg
セリーナはもうガブリエルに夢中。いつも一緒にいるし、お付き合いをすっごく楽しんでる。リリーとルーファスもノースカロライナ出身の彼氏を気に入ってる様子。やっとセリーナにも、南部生まれだけどお金持ちの白馬の王子が現れたって祝福ムード。
ところが、ブレアはピンとくるものを感じなかった。逆に何かキナ臭さを感じ、その理由を絶対突き止めるつもりだった。で、張り込みをしてると、思いのほか早く、南部の田舎者が悪さをしてる現場を押さえた。何と別れたはずのポピー・リフトンとイチャイチャしてたの!失礼な奴!で、セリーナがブレアの目撃談をガブリエルに問いただすと、彼はポピーとはほんとに別れたと説明。ただ、そのことが原因で仕事がマズい状況に陥ってるらしい。彼いわく、今取り組んでるビジネス(アフリカの発展途上国にWiFi〔無線Lan〕を導入する壮大なビジネス計画を展開中らしく)その出資者は全員ポピーのコネなもんで、セリーナと付き合ってることを知ったポピーが出資者に手を引かせるって言いだしたとか。それで立ち上げたベンチャー・ビジネスを成功させるために、仕方なくポピーには、セリーナと別れたってウソをついたんだって。それを聞いたセリーナはがっかり。ガブリエルは、ポピーとは肉体関係はないし、1週間後に契約締結したら、永久に縁は切る、と約束。彼が夢中なのは一人だけ、らしい。・・・ってちょっと、セリーナがかわいそう。また二股かけられるってどうゆうことだろ?

090428_OnTheUESWhenTheGoingGetsTough222nateblair.jpgもちろん、ブレアはガブリエルが誠実だなんてはなっから思っちゃいなかった。特にSATの前日(ほら、Sがジョージーナに薬を盛られた夜だよ)、ガブリエルはセリーナにButter バターで出会ったと言うから、ますます怪しいと思ってたわけ。というのも、あの晩ブレアは"ネリー・ユキSAT妨害パーティー"を自宅で開き、バターのバーテンを全員出張させてたから、バターは閉まってたはず(それにさ、そもそもドラッグでもうろうとしてる時の出会いなんていただけないよね)。で、ノースカロライナ男は間違いなくノースカロ"ライアー"って確信したブレア。早速ガブリエルの本性を暴く策略をチャックと練るんだけど、ネイトは快く思ってなかった。このところブレアとチャックが一緒によく行動するから、イライラしてた。ブレアはネイトの彼女であって、チャックのじゃない、ってわけ。で、ネイトは2人がこれ以上接近しないように、マレーヒルにコンドミニアムまで買っちゃった(よりによってマレーヒル?あのさN、あの辺はインディアナとかシラキュース出身の新卒が住む地域だよ)。まっ、来年はネイトがコロンビア大学、ブレアがニューヨーク大学に通うわけだから、ここで同棲しちゃえば一緒にいられるし、チャックに邪魔されないと思ってるみたい。けど、どんなに2人に距離を置かせようとしても、何だかんだでブレアとチャックは一緒にいる口実をつくっちゃうからネイトはヤキモキ(一緒っていっても、イチャイチャじゃなく、共謀してるだけだけどね)。

そんなわけで、ブレアとチャックはひそかに計画を立てた。リリーが主催するマンションの自治会のパーティーにポピーを呼ぶことにしたんだよね。パーティー会場に到着してガブリエルとセリーナが一緒にいるのを見たポピーはぶちギレ。ガブリエルはポピーの彼氏であって、それを盗んだセリーナは泥棒猫だとののしった。彼女のコネで集めた出資者は全員手を引かせるから!って吐き捨ててバイバイ。どうやらガブリエルは南部へ帰ってパパの会社で働くしかないみたい。人生って厳しいねえ。
ベンチャー・ビジネスの計画がご破算になり意気消沈するガブリエルを見たセリーナは、いても立ってもいられなくなった。ほら、そこはニューヨークで一番高級なマンションだし。しかも今夜ここに来てる人たちは全国でも有数のお金持ちばかりだから、きっと出資したい人はいるはず。なんてセリーナは提案したら、彼女の考えは的中。ガブリエルの魅力的な人柄も手伝い、来客は次から次へと出資話に乗った。これでアフリカの子供たちもFacebookのプロフを更新できるし、GGにネタを送信できるね。

さて、ブルックリンでは。
ヴァネッサのダンに対する態度が何か変だった。妙に避けてるっぽいし、話すのはルーファスだけって感じ。けど、ヴァネッサはよそよそしくしてる理由をダンに打ち明けたくてウズウズしてた。で、"I Never"っていうゲームをすることに("絶対してません"って、過去の経験などを語り、言った人と同じ経験をした人はお酒を飲むっていうパーティー・ゲームだよ)。ダンとお酒を飲みながらゲーム開始。そしてチャック・バスと寝たことを告白。しかも2回。ダンはちょっとショック。・・・エッチをする相手を選ぶなら他にごまんといるのに、よりによってチャック・バス?うぇっ!て顔をしてた。ゲームの後も2人は飲み続け、ヴァネッサは酔った勢いで秘密もバラしちゃった。実はルーファスからギャラリーを売ろうにも買い手がつかないって聞いてたんだ。それはつまり、学費が工面できず、ダンはイェールへいけないってこと。最悪!

けど、心配しなくて大丈夫!
ルーファス・ハンフリーは簡単にあきらめる人じゃない。実は、ガブリエルの事業に出資してたんだ。その儲けを学費に充て、ダンをニューヘイブンへ送り出すつもりだった。
お金の工面以外にもルーファスは悩んでた。リリーに結婚(!!)を申し込むべきかどうかずっと自問自答してたんだ。ルーファスがなかなか決断できないんで、子供たちが背中を押すことに。アンティーク・ショップでルーファスが見入ってた指輪をお小遣いで買って、プロポーズしていいよってOKサインをだしたんだ。どうやらハンフリー家の将来は安泰の模様。

090428_OnTheUESWhenTheGoingGetsTough222chuck.jpgさて、ブレアとチャックはまだガブリエルを疑ってた。
絶対正体を暴いてやるって決意した2人は、ガブリエルがセリーナに出会ったという夜の真相を唯一知ってる人物に会いに行くことに。その人物とは、ポピーやガブリエルよりはるかにイカれてる、そう、あのジョージーナ・スパークス
チャックとブレアはジョージーナが住んでるニューヨーク北部まで出向いた。
ジョージーナは宗教教育をベースにした矯正施設(ブート・キャンプ)にいた。そう、聞き間違いじゃないよ。今やジョージーナは神の子に大変身。ここへ来てからずっと過去の悪事を悔い改め、神様に許しを請い、祈りを捧げてるとか。どうやらジョージーナは将来、地獄じゃなく天国へ行きたいみたい。
せっかくはるばる都心から来たのに、ブレアはジョージーナには会わず、ほんとの彼氏、ネイトのとこへ一足先に帰っちゃった。置いてきぼりを食ったチャックはジョージーナと2人きりに。・・・まあ、この2人には言わずと知れた過去があるからね。で、チャックは去年セリーナと出かけた夜にバターで何があった?って本題を切り出した。結論=あり得ない。あの夜、2人はバターなんか行ってないんだって。Gと意識もうろうのセリーナは早々にホテルに引き揚げ、「ヒルズ」を見てたとか。"バターには行ってない"ってことは、ガブリエルにも当然会ってなんかいなかった。
ははあ?、バレたね、ガブリエル。
あんたはウソつきで、いんちきで、ヘタな役者だっ!

そして、突然ジョージーナがビックリするようなことを言いだした。
今日は休みだから、マンハッタンに行ってみんなに会いたい、って。
まじ!?どうしよ!

・・・かわいそうなセリーナ。
ブレアとチャックの言い分をちゃんと聞けばよかったんだよ。だって、怪しいと思った2人の予感は見事的中したもんね。しかも、彼は紛れもないペテン師だったの。まだポピーとも会ってるんだよ(何かこの2人は悪魔のカップルって感じ)。しかも、みんなに正体がバレたって察知したガブリエルとポピーはどうしたと思う?逃げることにしたの!みんなが出資したお金を全部持ってね(中には、ルーファスのお金も入ってた)。
もともと出資話なんて真っ赤なウソで、$$稼ぎの詐欺だったわけ。ひどすぎ!


OMG 一体どうすんの?
セリーナったら、私たちのアッパー・イースト・サイドに犯罪者を連れて来ちゃって。
でかしたね>S。
この件で誰かが不幸になる前にガブリエルを捕まえられればいいけど。

それにジョージーナだって今は改心して、いい子になったっていうけど、
正直、一目見ただけで背筋が凍るほどゾッとした。
魔性の女はキリスト様の矯正施設へ行ってたかもしれないけど、
果たして彼女の中に巣くう悪霊が完全に追い払われたかは疑問。
いつか彼女の奥底に潜む悪魔が顔を出すような気がする。


もはや奇跡が起きることを祈るしかない。

xoxo Gossip Girl


« 前  1 2  

TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.
© 2000-2010 SUPER NETWORK,inc.All rights reserved