タグ「wedding」が付けられているもの

July 14, 2013
Gossip Girl

 
ブレア結婚式
 
 
あーーーーーーーーーー
もう、みんな信じられる?
この日を迎えられると思ってた?
だよね? 正直、私も思ってなかった。

でもやったね! ワオ×100万回!

ところが。
結婚式が中止になればいいと思っている輩がちらほら。
例えば、カヴァリア神父とチャック。二人はあれこれと結婚を阻止する方法を画策していて、準備万端って感じ。けど、いざ出陣っていう時にカヴァリア神父はものすごく具合が悪くなった。今にも吐きそうな様子。げ。・・・ひょっとしてさっきチャックが注いであげた水が原因?やられたね!チャックいわく、水はメキシコにあるバス・ホテルのバスルームから取り寄せた水道水らしい。チャックはBの結婚式を台無しにする気なんてサラサラなかったんだ。チャックはブレアには幸せになってほしかった。ルイと結婚することでブレアが幸せになれるなら、それでいい、って。ワオ、チャック!なんて大人なの!

gossip_yr5_#100(5-13)GO513A_0408r_cb8494fe.JPEGヤレヤレと思いきや、誰も予期しなかった過去の亡霊が結婚式をブチ壊そうとしていた。誰だと思う?あの悪名高き、ジョージーナ・スパークス!新聞でロイヤル・ウエディングの記事を読んだジョージーナは、許せん!、と大いに憤慨。あのビッチのお陰でこれまで何度も散々な目に遭ってきたのに!! ・・・そうそう、ジョージーナは、ブレアに神様のお勉強をする矯正施設に追放されたり、ロシアに強制送還されたり、いろいろあったよね。で、ブレアが幸せになるなんて絶対許さない、と行動に出た。旦那さんのフィリップまで引きずり込み、悪巧みを計画。ジョージーナはルイを誘惑して、その現場を旦那さんに録画させるつもりだよ。それをGGに投稿すれば結婚式は中止になるって目論んでる。ぐふふふふふふ!

式を控えたブレアは息もできなくなるくらい緊張してた。当然だよね、所詮人間だもん。けどセリーナやドロータと一緒に娘を落ち着かせようとしていたエレノアは緊張は挙式のせいじゃない、とピンときたみたい。エレノアはやるべき事がある、と行動。そして、なんとチャックに会いに行ったの。 Whaaaaaaaat?でしょ?
エレノアはエンパイア・ホテルに出向き、娘の元カレに直接話した。そして自分の経験を語ったんだよね。・・・自分がBのパパ、ハロルドと結婚した時、心のどこかで何か変、って思っていたから異常に緊張した、だけどサイラスと結婚した時は心は穏やかで、何もかもしっくりきたって。エレノアは、娘には自分と同じ過ちを犯してほしくない、最初の結婚で幸せになってほしい、とチャックに思いをぶつけた。つまり、チャックは結婚を阻止しなきゃいけないってことだよね。OMFG!!!

チャックは教会に駆けつけ、ブレアに、ルイと結婚するな、と懇願。ルイと一緒になっても幸せになれない、もし、自分の言ってることが間違っているならすぐ帰る、って。けど、ブレアは受け入れなかった。

そうじゃない。そんなに簡単な事じゃないの。
もちろんあんたを愛してる。今までずっと愛してきた。

って訳の分からないことを言い出したもんだから、チャックはマジ混乱。じゃ、一体、何が問題なわけ?今すぐ一緒に逃げて、二度と振り返らなければいいじゃん。すると、ブレアは、たとえルイと結婚しなくてもチャックとは一緒になれない、うまく説明できないけど、でも、チャックと一緒に行けないのが今までの人生で一番つらいことなの、 と言い残し、ブレアは部屋を出た。

なんとね、ジョージーナが、この会話をすべて録画していたんだよね。ルイを誘惑するって計画は失敗したかもしれないけど、こっちのほうがはるかに使える、ってニンマリ。そして、その際どいビデオを撮ったカメラをチャックに手渡したの。超スキャンダラス!

gossip_yr5_#100(5-13)GO513B_0269r_5015d6e8.JPEG

チャックと話した後もブレアの決意は変わらず、ルイと結婚するつもりだった。
ヤレヤレ、かな?
ブレアはルイの待つ祭壇に向かって花嫁と花婿の付添人ご一行とともに通路を歩き出した。みんな、いよいよ誓いを交わす時がきたよ。スマイス神父が、二人の結婚に異議を唱える者がいるなら申し出よ、というくだりになると、会場にはピーンと張り詰めた空気。・・・チャックは教会の入り口に立っていた。チャックは口を開くかな??・・・けど、その必要はなさそう。突然みんなの電話が鳴りだした。そうっ、私だよ!久々の《特ダネ》をアップしたからね。数分前のチャックとブレアの控室の様子をじっくりご覧あれ。

  《特ダネ》異議を唱えなきゃいけないのはチャック・バスじゃなくて
        花嫁本人だよ。信じないのならこれを見て。
        「もちろんあんたを愛してる、今までずっと愛してきた」

AHHHHHHHHHHHHHH!
その瞬間、ブレアは歩いて来た通路を逆戻り! ・・・まさかのランナウェイ・ブライド!?

ブレアはGGにビデオが投稿されちゃって怒り心頭。犯人はもちろん、チャックだと確信してた。
けどチャックは天地神明に誓って違うって、きっぱり。
ところが、チャックは、ブレアが一緒になれないという本当の理由を知っちゃってたんだよね。セリーナは、ブレアが神様と交わした変てこな誓いの件を話したの。Sのおしゃべりめ!
けど残念ながら、それでもブレアの決意は変わらず、チャックとは一緒に行かない、って。しかもルイに会話を全部聞かれちゃったんだよね。Eek まずい雰囲気。
ブレアは、どんなことがあったにせよ自分が選んだのは王子のルイでその気持ちは変わらない、と言ってた。
・・・よかったね???

gossip_yr5_#100(5-13)GO513A_0194r_864c35f5.JPEG

さて、花嫁が逃げ出した教会では、セリーナ、ネイト、ダンがジョージーナと対決。みんなGGにビデオを投稿した犯人は彼女だと思っていた。いかにも彼女がやりそうなことだもんね。ジョージーナは確かに撮影と演出はしたけど、それ以外はしてないし投稿もしてない、と否定。そしてチャックにカメラを渡したことを暴露。けどチャックは結婚式を阻止するチャンスが十分あったにも関わらず、アクションを起こさなかったんだから投稿したのはチャックじゃないと判断。じゃ、誰だろ?ジョージーナいわく、セリーナ、ネイトまたはダンの誰かの悪さに違いないってことらしい。・・・セリーナは、BFFに人生最大の過ちを犯してほしくなかったんじゃない? ・・・ネイトは親友の最愛の人を取り戻す手助けをしただけかも? もしくは、ダンかも?だってブレアにぞっこんなのはみえみえじゃない? だから、ビデオを投稿すれば、一石二鳥!結婚式もブレアとチャックの仲もブチ壊せると思ったんじゃない? ふむ。。。

何はともあれ、幸いなことに、挙式は続行。ブレアとルイは式を挙げたよ。

さあ、いよいよ披露宴だ!
結局Bはおとぎ話の結末を迎えたけど、Sはダンと偽カップルを演じ続けてドツボのドロドロにはまってた。実はブレアがセリーナに、もう恋人のふりをする必要はない、ってとっくに言っていたことをダンは知っていたんだ。だからダンは何でまだ付き合ってるふりしなくちゃいけないの?とセリーナに聞いた。セリーナは、ウソをついて偽カップルを演じ続けていたことを謝った。そして、続けた。

ほんとのことを言うと、まだ愛してる。今までも、これからも。

と、いきなり愛の告白。ワオ、ワオ、ワオ!ダンはたじろいじゃって返す言葉もない様子。するとセリーナは、ここでは何も言わなくていい。後でゆっくり話そうって言ってたけど。
まじクレイジー!

gossip_yr5_#100(5-13)GO513D_0517r_b6a317d.JPEG一方、ネイトは宴会のケータリングをしているウェイトレスに興味津々。でも、その彼女「スペクテイター」のクリスマス・パーティーのケータリングもしたのにNがまったく憶えていなかったから呆れてたよ。記憶力悪すぎN。イチョウ葉エキスでも飲みなよ。
Nはバツが悪そう。あんなにかわいい子を憶えてないなんて、って自分でも呆れてた。すると、Nは問題はそこだ、と気づいたらしい。善い女に目を向ければいいのに悪い女にばかりに惹かれてしまうことが問題だって。でも、披露宴でそのウェイトレスに再び会ったネイトは、突然思い出した。彼女の名前はローラ、出身はフロリダでジュリアードに通う学生だって。彼女はちょっと感心してた。見かけと違うかも、ってね。
けど、ちょっと待った。ジュリアードに通うローラ?この子ってリリーとルーファスがチャーリー・ローズと勘違いした子じゃない??頭がこんがらがってきた!

披露宴でラストダンスを踊るブレアとルイ。Bはまだ夢うつつ。自分が本当にプリンセスになったなんて、と、うっとり。
踊りながら、ブレアは、やり直すチャンスをくれてありがとう、とルイの耳元で囁いた。そしたらルイが本音を明かした。・・・世間の目があるから式を挙げざるを得なかった。今後、この結婚は単なる契約以外のなにものでもない。表向きは夫婦として振る舞うから、だからブレアは、カメラの前では笑顔を振りまき、自分に寄り添い最高の妻を演じること。でも、二人の時は他人だ。ブレアは、ルイが別れる気になるまでこの関係を続けなければならない、って。ブレアはショックで気が動転し途方に暮れた。あの誓いの言葉は!? するとルイは、あれを書いたのはダンだと白状したの。OMG!!!

ブレアは悲しみを通り越してドン底。こんな事態になるなんて信じられなかった。ま、おとぎ話のエンディングなんてやっぱり神話に過ぎないってことだよね。
Bは、助けを求める電話をしてた。大変な間違いを犯したから、今すぐここから連れ出してほしい、って。・・・一体誰に電話したんだろ?
チャックは披露宴に姿を現したけど、教会でのことを謝りに来ただけだったから、彼じゃなさそう。セントレジスを飛び出したブレアは、待っていた車にまっしぐら。しかも、誰が運転していたと思う?驚くなかれ、なんと我らが愛しの孤独なボク! WHAT. THE. EF!?!?!?



約束どおり、ゴシップガールを一新、磨きをかけて再開したよ!!
マンハッタン・セレブのスキャンダラスな生活をのぞきたいなら、やっぱり、ここで決まりだよ。

秘密を知りたい?
ほら、もっと寄って。誰にも言わないって約束できる?
そろそろ私の正体を明かそうと思ってる。
もちろん、こっそりあなただけにね。

私は、ほかならぬあのビッチの女王、ジョージーナ・スパークスだよ!

まさか、でしょ。想定外!?

けど、shhhhhh まだ内緒だよ。
みんな気づいてないし、セレブたちにはまだ正体を明かしたくないから。

別の機会にきっちり驚かせてやろうと思ってるからさ。
 
 
xoxo Gossip Girl


July 10, 2013
Gossip Girl

120126_weddingarticle1.jpg
ROYAL WEDDING
ロイヤル・ウエディング



おとぎ話のようなエンディングは映画の中だけと言うがブレア・ウォルドーフさんの人生は本当に"幸せに暮らしましたとさ"と、なりそうである。ウォルドーフさんは間もなくモナコ公国のルイ・グリマルディ皇太子と結婚するが、イギリスのウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんのロイヤル・ウエディングに匹敵すると、今から注目を集めている。

王族出身ではないが、ウォルドーフさんは生粋のアメリカン・プリンセスである。著名なファッションデザイナー、エレノア・ウォルドーフ氏と敏腕弁護士ハロルド・ウォルドーフ氏の一人娘だ。また、芸能関係の弁護士サイラス・ローズ氏とファッションモデル、ロマン・ギャレル氏の義理の娘でもある。
アッパー・イースト・サイド育ちのウォルドーフさんは名門コンスタンス・ビラード学園を卒業。現在はコロンビア大学の2年生だ。

ルイ皇太子とは、2010年の8月オルセー美術館で出会った。ウォルドーフさんが夏休みで母と継父のパリのアパルトマンに滞在していた時のことだ。そして、昨年の4月2人は再会した。
モナコのプリンスとアッパー・イースト・サイドのプリンセスに近しい人物は"二人は心底愛し合ってる。ブレアとルイほどお似合いのカップルはいない"と言っている。

しかしながら、ここまでの道のりは決して平坦ではなかったようだ。去る12月、ウォルドーフさんはひどい自動車事故に遭い重傷を負った。しかも、事故の衝撃で流産してしまった。だが、その悲しみと喪失感はブレアと皇太子の絆を一層深めたようである。

この数ヵ月、ウォルドーフさんは様々な困難を乗り越えなければならなかったにも関わらず、いつでもどこでも親善の心を忘れず、落ち着いた振る舞いをしている。そんな彼女の姿に世間は新しいお手本を見出したようだ。ウォルドーフさんは次世代のダイアナ妃になりうるだろうか?
 
 


July 8, 2013
Gossip Girl

ブレアとルイの結婚式の招待状が届いたよ! 
 
xoxo Gossip Girl

 
120126_weddinginvite2.jpg


モナコ公国ルイ皇太子殿下 と ミス・ブレア・コーネリア・ウォルドーフ
挙式にご参列ください。
 
場所:      セント・ジェームス教会 ニューヨーク
          披露宴は挙式後、セントレジスホテルにて
 
ドレスコード: 制服、モーニング・コートまたはスーツ
 
 
 


July 5, 2013
Gossip Girl

戻って来れてうれしい!
完全復帰、とはいかないかもしれないけど、でも復活は復活。

過去と比べると、投稿は減ってるかもしれないけど、
盛大なカムバックを計画してるからね。
ドカーンと派手にやるから、楽しみに待ってて。
 
 
とうとうこの日がやって来た。
・・・違うって、ブレアの挙式じゃないよ。独身さよならバチェロレッテ・パーティーだよ!
残念ながら、セリーナは親しい人だけを集めたエレガントなディナーとお泊まり会を計画してるっていうからガッカリ。そんな退屈そうなパーティーってあり?
そのダサそうなパーティーの当日、ブレアは教会へ告解に行ったんだ。そして、スマイス神父にチャックの夢を見ることを告白。チャックを守るためには、神様と交わした誓いを守らなくてはいけないことは分かっているけど、気持ちが弱っていて誓いを破りそうで怖い、らしい。スマイス神父は、Bを正しい道に導くって約束してくれたから、ブレアは感謝感激。で、スマイス神父は、あの恐ろしいカヴァリア神父(ほら、ルイの妹ベアトリスとただならぬ関係の神父だよ)とは比べものにならないくらい善い人ってベタ褒め。プリンセスになった暁には間違いなくスマイス神父をモナコの司祭にして、カヴァリアはお払い箱にする、とまでいってた。ところがBは知らなかったけど、彼女が罪を告白していたのは、スマイス神父に成りすましたカヴァリア神父だったんだよね。神様、大変!

ルイの妹ベアトリスとカヴァリア神父は、ブレアを陥れようとまだ共謀してた。この禁断のカップルは挙式を阻止しようと躍起。そうしないとカヴァリア神父は失業するし、ベアトリスは王冠をあきらめなくちゃならない。で、ブレアのクリプトナイト的急所をつかんだカヴァリア神父は、今夜のパーティーでブレアを泥酔させ、チャックを呼べばいい、とベアトリスにアドバイス。酔ってガードが下がったBは間違いなく本心を露呈するに違いない、と自信満々だった。
ほんと悪い奴ら!

120124_GO512A_0274r.jpgさて、そのチャックは何をしているかというと、またブレアを尾行していた。とにかく、チャックは理由が知りたかった。一緒に逃げるところだったのに、突然口もきかなくなったのはなぜか。ラデュレ Laduree の前までブレアを尾けたチャックはそこで、Bを問い詰めた。どうして自分を切り捨てたのか、チャックがどんなに聞いても、Bは口を割らなかった。するとチャックは、理由を突き止めるまで絶対あきらめない、と宣言。つまり、これからもBを尾行し続けるって(もちろん、ストーカーとは思われない方法でね)。となると、次なる行き先はBの独身さよならパーティー。チャックは、予定は知ってるから、必ず行くって言ってた。・・・これじゃどこに行っても、チャックから逃れられない!って、ブレアは戦々恐々。そしたら、ベアトリスが別の所でパーティーをすればいい、と提案。ブレアは思い切って、セリーナが企画したパーティーに行くのをやめて、チャックに見つからない所へ逃げることにしたんだ。やったー、これでほんとのパーティーになるよ!

一方、セリーナはダンと偽デートを重ねていた。ニセとはいえ、ダンと付き合っている事は、近々旗揚げされるセリーナが担当する「スペクテイター」の新連載のコラムのイメージアップによかった。セリーナが書いた最初の記事は人間関係について。ゴシップガールがいる頃は彼氏とも次々と破局したけど、GGが消えてからは彼氏との関係はどんどんよくなっている、と書いてた。たとえ偽カレでも、それって大事なことだもん。でしょ?
ところが、偽の関係がセリーナにとってプラスでも、ダンにとってはマイナスみたい。ダンは次の小説の構想に、西部や未来のNYをテーマにした壮大なものを考えていて、出版社に売り込もうとしていたんだけど、でも出版社は新作じゃなくて、「インサイド」の続編の方に興味があるみたい。ダンがセリーナと付き合ってるから、読者は「インサイド」の登場人物の「その後」にますます興味があるらしい。で、彼らのアドバイスはというと、このままSと付き合って行け!だって。

知ってる?
実は、最近私、あのネイト・アーチボルドと個人的なメル友になったんだよね。どうよ、妬けるでしょ? ネイトがあの交通事故の真相を究明するのを手伝ってるんだ。あの事故があった夜、ネイトは予定とは違う車に乗った。ブレアとチャックが乗った車は細工されてたんだけど、本来はネイトが乗るはずだったんだよね。一体誰がネイトに危害を加えようとしたんだろう? で、私はチャーリーの社交界デビューのパーティー会場の外で、封筒に入った現金を数えるチャーリーの元カレ、マックスの写真をNに送ったの。もしかしたら、今回の事故と関係してるかもしれないでしょ? でね、ビジネスはギブ・アンド・テイクでしょ、だから、写真を提供する代わりに、「スペクテイター」編集長のNさんにお願いしたの。セリーナのコラムをすぐにネットから落として、ってお願いしちゃった。私にとってはラッキー/セリーナにとってはアンラッキーだけど、ネイトは私のお願いを叶えてくれた。悪いね、S!

もちろん、コラムの旗揚げがボツになったと知り、セリーナは怒り心頭。WTF どうして!? とNを問い詰めた。ネイトは、今はタイミングが悪いから、でもそのうちコラムは載せるから、とセリーナを説得。それでもなおSの怒りはおさまらない模様。しかも、ネイトの受信箱のGGメールを発見、ネイトはGGの差し金で自分のコラムをボツにしたわけ!?と怒りは頂点に。で、冗談じゃないとばかりにセリーナは自分の記事を「スペクテイター」のサイトにアップロード。でちゃったよ、Sのコラムが。Sの行動にあきれ返ったネイトはなんとその場でセリーナをクビにした!!ワオ!
セリーナはカンカン。GGと結託するなんて信じられない、ウソつきなだけじゃなくて、偽善者じゃない!!とネイトをなじった。けど、ネイトはGGの味方となってかばってくれた(Nはほんとにいいやつだよ)。というのも、あの事故を企てた犯人に関するメールを送ってあげたからね、NにとってGGは有益な存在だってこと。犯人は、Nイトコのトリップ・ヴァンダービルトだった。証拠写真もあった。でも、その事を説明しても、セリーナはそんなのヘタな言い訳はいらない、と譲らず。トリップが犯人だなんてデタラメだし、根拠もないのにそんな言いがかりをするネイトは卑怯だ、と噛みついた。そして、どうしてそんなことをトリップがするの?彼はハメられたのよ!って、益々ヒートアップ。
でもね、ふふっ。この口論には面白いオチがある。知りたい? 実はね、このやりとりは全部録画されて、GG宛に送信されてたんだよね。ありがとね、ティナ!あなたはアシスタントの鏡だよ!

GGのサイトで口論の様子を見たトリップはセリーナに会いにウォルドーフ家にやって来た。トリップは、弁護してくれてありがとうって感謝してた。そして、自分が交通事故に関与してるなんてバカげてるって断言。じゃあ、一体誰が車に細工したんだろう、って話になった。するとトリップは、モーリーンが電話しているのを聞いたし、過去にも裏工作をしてるから、彼女かもしれない、と言い出した。と、その時隣のダイニングルームからネイトとおじいちゃんが出てきたんだよね。二人は会話を全部聞いてたんだ。実はね、ネイトとおじいちゃんとセリーナはグルだったの。
Ahhhhhh!やられたね、トリップ。
あの口論もネイトとセリーナが仕組んだお芝居。二人ともトリップが誰かに責任転嫁するって踏んでた。しかも、モーリーンには揺るがぬアリバイがあったの。あの晩は、おじいちゃんと一緒に離婚弁護士に会っていたんだって。あらら、ウソがバレちゃったよトリップ!

トリップはやっと真相を語った。おじいちゃんが自分じゃなく、ネイトをキャンプ・アレンに連れて行くと聞いて頭にきたらしい。で、マックスがお金をくれるなら手を貸すって近づいて来たんで話に乗ったとか。ネイトの車のブレーキオイルを抜けって指示したらしいんだけど、マックスに騙されたんだって。マックスはお金をせしめて、とんずら。結局、トリップは自分で車に細工するハメになったらしい。まったく、自ら悪事に手を染めちゃったんだね。トリップは、ネイトとおじいちゃんの旅行をぶち壊したかっただけで、ネイトの命を狙ったわけじゃなかった、信じてって懇願。トリップはおじいちゃんの愛情と関心がネイトに向いていくのを見て、おかしくなるほど(文字通り、異常だよね)嫉妬したらしい。でも、どんなに言い訳をしてもムダだよ、トリップ。だって、嫉妬には大きな代償がつきものだからね。今回はちゃんと罪を償わなくちゃ。まっ、刑務所生活を大いに楽しんでよ、議員さん!

おじいちゃんは事故の真相を究明したネイトのことをすごく誇りに思ってた。けど、ネイトはおじいちゃんと一緒に仕事することに疑問を感じ始めていた。
長年、孫息子二人に競争ばかりさせてきたおじいちゃんに嫌気が差していたんだ。で、ネイトはそろそろ自分の力で成功出来るように努力したいから、「スペクテイター」の新しい投資家を探すことにしたとか。わー、家族の絆が切れちゃうよ!

さて、ブレアの独身さよならバチェロレッテ・パーティーはというと。
Bとブライズメイドたちはパンチートで大盛り上がり。タイプミスじゃないよ。ほんとにあのメキシコ料理店のパンチート Panchito にいるから。年が明けて、何かが変わってことかな。
ゲームでベアトリスがちょっとズルしたおかげで、ブレアは酩酊状態。ベアトリスとカヴァリア神父の悪巧みどおり事は運んでいた。ところが、へべれけのブレアが ベアトリスに、ルイのことをほんとに愛してるし、それにベアトリスと自分は似た者同士よね、と打ち明けたんだ。そしたら、どういう風の吹き回しかベアトリスは心変わり。カヴァリア神父との計画をやめることにしたの。挙式中止作戦は打ち切りだよ!
120124_GO512b_0889r.jpg
ベアトリスの計画が中止になってヤレヤレなのに、ブレアにはまだトラブルが迫っていた。酔っぱらったブレアは新鮮な空気を吸おうと店の外に出た。すると、女性客がライターを取ってくるから持っててって、ブレアの口にマリファナをはさんだ。そこへ、警官が二人通りかかりマリファナを持つブレアを目撃。Oops しかも、酔っぱらったブレアは警官をストリッパーと完全に勘違いしてて、思いっきりからんじゃった。 Oops×2。その場で、モナコの未来のプリンセスはあえなく逮捕されちゃった。ヤバい!おまけに最悪なことに、その現場を目撃されちゃったの。・・・チャックとダンに。
チャックはカヴァリア神父と一緒だった。チャックは、お互い目的は同じみたいだから手を組まないか、と神父に誘われて、パーティー会場が変更になったことを教えてもらったらしい。
一方、ダンはセリーナに、もうおしまいにしよう、と別れを告げに来てたのだった。Sの偽カレ役はもうゴメンだし、自分らしく生きたい、ということらしい。
だから、二人ともBの逮捕劇を特等席で目撃することになり、ビックリ仰天。そりゃもう派手なショーだった。

留置場で、少し酔いが覚めたブレアはカンカン。ベアトリスめ!って感じ。ブレアは彼女の仕業だと確信してた。だけど、ダンは絶対チャックの仕業に違いない、じゃなきゃ、パーティーに来るはずない、と反論。それを聞いたブレアはMYOB ハンフリー、って言ってたけどね。
ベアトリスはブレアに、自分のせいではないし、すべては誤解だ、と釈明してた。そして、その証明に、ベアトリスは、Bが逮捕されパトカーで連行されるシーンを撮影したやじ馬のカメラと携帯をすべて買い取っていた。だから、Bの不祥事がネタにされる心配はないよ。Bはそりゃ感激してた。最高の義理の妹かもね。

ダンはセリーナを見つけ、別れようと告げた。別れるべきだって。でもセリーナは、ブレアのためにも、挙式が済むまであと一週間はカップルのふりをしなきゃ、って言い出した。ダンはブレアにとって、そんなに重大なことなら一週間ぐらい我慢できるって、しぶしぶ承諾。ところがダンは知らないんけど、BはSにもうダンと恋人ごっこしなくていいって言ってたんだよね。ずるいよ、S!

翌朝、ひどい二日酔いになるはずのブレアだったけど、彼女の頭にこだまするのは頭痛じゃなくて、歓喜の歌だった。昨夜帰って来て、机の引き出しにルイの結婚の誓いの言葉を見つけて、酔っぱらった勢いで読んじゃったんだよね。その誓いの言葉は素晴らしいものだった。王子様はブレアのすべてを完全に知り尽くしているかのように、誓いはその心に染みわたる言葉であふれてた。だから、ルイと結婚する決意は揺るぎないものになった。もう、卒倒しそ!
ところがさ、やっぱり、オチがあるんだよね。
ダン宛てにルイから本が届いた。誓いの言葉を書いてくれてありがとう、っていうサンキューカード付きで。

WHAAAAAT?
ダンが誓いを書いたの? OMFG

さて、チーム・ブレアに乗り換えたベアトリスはお兄ちゃんの結婚をつぶす気は毛頭なかった。だから、カヴァリア神父に計画は破棄するし、関係もおしまいって言い渡したの。
ところが、カヴァリア神父は逆に結婚をつぶすって、やる気満々。で、ベアトリスのママ、ソフィーにベアトリスが挙式を妨害するつもりでいるって告げ口。そして、悪さができないよう、アフリカへ布教活動に行かせたらいいってアドバイス。ワオ!
おまけに神父は、チャックを同じ穴のムジナとマークしてて、力を合わせれば挙式を阻止できるって、チャックを誘った。またしてもチャックはブレアにとっては悪者になってるわけだし、だったら悪役に徹してやる、と二人は握手。ゲームのゴングが鳴っちゃったよ!
 
 
OMG!
あと数日でブレアの結婚式だよ!?

当日なにが起きるかすごーく心配。
でも、何があろうとGGは全部フォローするからね。
だって、私たちがずーっと待ち焦がれていた日だもん。
絶対がっかりするようなことはないって!

教会へ行けば、きっと誰かは結婚するってば。
きっと。
 
 
xoxo Gossip Girl


June 11, 2013
Gossip Girl

まず始めに。
GGの忠実な読者のみんなのプライバシーを侵害することになってしまい、
心の底から申し訳ないと思ってる。本当に申し訳ない。ごめん。
二度とこんなことは起きないよう、約束する。
セキュリティーもアップデート&強化したよ。

今回のことで、まじでUESにGGの敵がいることがわかった。

・・・でもさ。まあ、それも気の毒な話。だよね。
だって、ぶっちゃけ、GGを敵に回していいことなんてないよ?
GGが言うんだから間違いないって。


ネイトのおじいちゃん、ウィリアム・ヴァンダービルトが再び暗躍してる。
「スペクテイター」で頑張ってるネイトを誇りに思う一方で、ダイアナ孫の扱いにはご立腹の様子。そもそもダイアナとの取り決めはネイトのイメージを一新することで、彼女自身をスターダムにのし上げることじゃなかった。しかも、世間の目にはネイトはダイアナの添え物にしか映ってない。そろそろネイトに第一線で注目を浴びさせよう、ってことらしい。だから、おじいちゃんはダイアナにそろそろ代表を降りろ、と言った。ダイアナはゴシップガールをつぶすためにはまだ時間が必要です(超失礼!)、と懇願。で、Nじいちゃんは彼女に3日間の猶予を与えた。3日間でGGを葬れ、ってことらしい。当然、単独でそんな大それた事できるわけない。で、ダイアナはネイトに助けを求めた。そしたら、ネイトがビックリな攻撃作戦を提案。
・・・GGサーバーをハッキングって言った!? CRAP やば!!!!!

ネイトは早速エリックの元カレ+ハッキングの達人ジョナサンに連絡。それが大当たりだった。ジョナサンはGG宛に送信されたすべてのメールを見つけることに成功(ほんとゴメン :s )。GG宛に投稿されたいろんな情報や秘密に写真、そして投稿者の名前まで明るみに。ネイトは入手した投稿者リストを「スペクテイター」で全部公表しよう♪ とやる気満々。ところが、セリーナが、待ったをかけた。というのも、どんなもんだろ、とセリーナが自分の名前を入力したら、Sが投稿したメールが出るわ、出るわ、出てくるわ・・・(Sってばほんと貴重な情報源だったからね)。なもんでセリーナはネイトに懇願。投稿情報はアップしない方がいい、悪いことはあってもいいことはない、これは自分だけの問題だけじゃなくて、多くの友人たちも傷つけることになるから、って。
ところが問題は、ダイアナもリストを見ていたことだった。「スペクテイター」にとって、またとないチャンス、これでGGはおしまいよ、と思ったらしい。でも、ネイトはハッキングで得た情報を流すのはやはりマズいと思い直した。どうせ保身でしょ、と高をくくってたダイアナは、ネイトがどんだけGGに投稿してるのか、件数をチェックしてみた。その驚愕の数字は・・・
0 そう、ゼロ。皆無。WTF? ・・・Nってば、たまにはメールちょうだいよ。待ってるから。噛みつきはしないからさ。・・・かりに噛んだとしても、痛くはしないからさ ;)
とにかく、ダイアナもネイトが一度たりともGGに投稿をしていないのが信じられなかった。まさか、ネイトってイケてるうえに心も清い人なわけ?そんな組みあわせってあり得るの?
自問自答の末、ダイアナはリストの公表をボツにすることにした。・・・ダイアナってば、悪女から聖女に転身か?
 
さてさて、ロイヤル・ウエディングのお祝いイベントでわくウォルドーフ家。

今夜はブレアブライダル・シャワーだよ。わーい!
ルイもイタリアからNYに戻って来た。たしか、ブレアと気まずい雰囲気のままNYを離れたでしょ?ほら、バーンズ先生を買収して昔のモンスター・チャックに逆戻りさせようとしてたでしょ? かなりヒドイよね。やはり後ろめたかったのかな、ブレアに会うや否や何もかも自分が悪かった、とルイは平謝り。心を入れ替えた、ということらしいんだけど、それでも、まだ気になることがあるみたい。で、ブレアの友達が本当にBのことを大切に思ってるとは思えない、と言い出したもんで、また2人は口論に。ルイの言い分は一方的だとブレアは憤慨。Bには良い友達がたくさんいる、ルイが理解できないだけ、と正面切って反論。ところが、ちょうどそのときGG《特ダネ》配信が届いた。

 《特ダネ》Bが父親鑑定をしたらしいよ。
       どっちのパパと家族になるのかな?

それを見たルイは、こんなプライベートな情報を知り得るのは友達しかいないはず、GGにネタを提供したのはBの「友達」に違いない。友達って言うけど、本当に友達なのか?ってさあ。。。

111122_GO508B_0048r.jpgこの一件で、ブレアは友達について考え始めた。
ブライダル・シャワーを仕切っているのはセリーナだから、ブレアは人生で最高の夜になるって確信してた。けど、セリーナも子分たちもパーティーの詳細に関し、貝のようにダンマリ。で、何ごとも思いどおり完璧じゃないと気がすまないブレアはいつものように、子分たちを呼びつけ詳細を吐くよう仕向けた。質問攻めにされた子分たちが仕方なくポロりはじめた。でもその内容は耳を疑うようなものだった。Sの企画してるブライダル・シャワーは、身内だけこじんまりした会で、E-viteによると服装はカジュアルGパンOK、しかもケータリングはギリシャ料理!? とにかくヒドイなんてもんじゃなかった。あり得ないって。!身内?E-vite?Gパン?ギリシャ料理?サイアクすぎ!! もうブレアは真っ青。子分たちいわく、セリーナがかかげたテーマは、庶民的プリンセス、ということらしい。・・・こんなクレイジーなことあり得ない!!ともうびっくりなブレアはルイに相談。もしかしたら、ルイが正しいのかもしれない、友達は誰もBのことを理解してくれてないのかも、って。で、ルイはどうしたと思う?・・・これがヒドイんだよね。GG宛の投稿情報を見てるセリーナを目撃したルイは、何を思ったか、人目を盗んで、Sのパソコンから「スペクテイター」のサイトに投稿情報を送信した。
OMFG 王子さまは悪い子でした。

一方、チャーリーはパニック状態だった。
「スペクテイター」をクビになった上、元カレのマックスがNYに現れたから素性がバレることにヤキモキ。そろそろ逃げたほうがいいかもって思い始めていた。ところが、キャロルが説得。今チャーリーが逃げたら、シシーが信託財産の振り込みを打ち切るかもしれないから、NYにいてもらわないと困る、ということらしい。どうやらチャーリーは八方ふさがりらしい。
そして、事態はさらに悪化。アイヴィーを訪ねて、マックスがヴァンダーウッドセン家にやって来た。リリーはアイヴィーって誰??と困惑。なので、マックスが「一部ではチャーリーと呼ばれてるかも」と補足した。怪訝に思ったリリーは、どういうことなのか、チャーリーに説明を求めた。仕方がないのでチャーリーは説明した。というかいつものように嘘を並べ立てた。・・・アイヴィー・ディケンズという名前を使うようになってしばらく経つこと。娘にはローズ家であることのプレッシャーを感じることなく育ってほしいという母キャロルの方針であること。別名で生活して良かったと思ってること。別人となったお陰で、家柄や金目当てじゃなく、ありのままの自分を好きになってくれるマックスに出会えたのだから。
・・・なるほどね。驚いたことに、リリーはチャーリーの話をうのみ。というのも、全くもってキャロルらしい発想ね、彼女のやりそうなことだわ!! と妙に納得しちゃってた。

けど、マックスは何が何だかさっぱりわからない。ひとまずチャーリーは、身分を偽っていたことを謝り、そして、マックスと一からやり直したい、と提案。レストランを開くというマックスの夢も手伝ってあげられるかもしれない、5万ドルの資金を用意できるから、後でポートランドで合流しよう、と提案。するとマックスは大喜び。逆玉ならそりゃ喜ぶよね。何もかもうまく行きそう、とチャーリーがホッとしたのもつかの間。
マックスがヴァンダーウッドセン家を後にしようとした時、たまたまローズ家の家族写真が目に入った。それに気づいたリリーは、マックスにチャーリーの母親キャロルの写真を見せてあげた。今度はマックスが怪訝な顔をする番だった。ホテルに戻ったマックスはチャーリーの私物の中から芝居のパンフを引っ張り出して確認。・・・チャーリーの写真の下には、間違いなく「アイヴィー・ディケンズ」と書かれていた。そして、そこに映っていたキャロル・ローズの写真の下には「資金調達」と書いてあった。WTF?

ところで。ブレアのブライダル・シャワーに招待されなかったのが誰かというと、それはダンチャックの二人。これまで経緯を考えたら当然だし、驚くこともないと思うけど。とにかく招待されなかったのはUESで二人だけだから一緒に暇つぶししよう、とダンが提案。不思議なことに、チャックも同意。で、二人はエンパイアのスイートでハッパを吸いながら、ジャンクフードをほおばり「マトリックス」を鑑賞。なのに、ダンはパーティーに招待されなかった悔しさが収まらない。しかも、ムカついてるのはセリーナに対して、なんだよね。「インサイド」の映画化をつぶしただけじゃなくて、ブライダル・シャワーにも呼んでくれないなんて(泣) と大騒ぎ。ダンのたわごとにウンザリのチャックは、スイートに女たちを呼んで「後は楽しめ」とばかりに自分はモンキーの散歩に出て行った。でも、ダンは女遊びする気分じゃなかったらしく、チャックが戻ると、女たちはいたけどダンの姿は見当たらず。ま、どこへ行ったかは、だいたい見当はつくよね。

・・・ブレアの心配は取り越し苦労にすぎなかった。セリーナの計画したパーティー会場は、そりゃ見事なものだった。ブレアの思い描いた通り! テーマは「ティファニーで朝食を」で、もろBのツボ。みんなでBをサプライズさせようと仕組んでたらしい。みんなやるよね :)
でも、残念ながらBの完璧なブライダル・シャワーもダンが乱入したせいで台無しになりそうな気配。おまけに、チャックまでついて来ちゃったもんだから一波乱ありそう。チャックの姿を見るや否や、ルイはカチン。招待もされていないのに来るなんてどういうつもりだ、とルイが詰め寄ると、チャックは、ダン・ハンフリーを捜しに来ただけで面倒は起こすつもりはない、と冷静に対応。ダンとチャックが会場に乱入してきたところで、そんなの大したことないよ。パーティーにいきなりやってくるのは、乱入者だけじゃない、もっと破壊的な何かが突然やってくることがある。お祝いムードを根底からぶち壊していく何か・・・・。
例えば、GG情報源リストがスペクテイター・サイトで大公開される、とかね。 Yikes :(

111122_GO508A_0002r.jpg
GGへのタレこみメールが公開された事で会場の皆はカンカン。・・・誰が何をチクったのか分ったら、そりゃとりあえず怒るよね。結局みんなそろってお互いの秘密をGGに横流ししてたのがバレたわけで。でもさ、誰だって陰口を叩くのが好きってことだよ? しかもそれが匿名で出来ちゃうんだから尚更だよね。
ブレアは、リストを公開したのはセリーナかもしれない、と疑っていた。昼間セリーナがパソコンでリストを見ているのを目撃してたし、このパーティーをぶち壊すためなら、やりかねない。Bが食ってかかると、セリーナは自分はやってないし、むしろ暴露を止めようとしたのに、と完全否定。じゃ、犯人はダイアナ? だって、あのページを見たのは、S、ネイト、そしてダイアナの3人だけのはず。あと、ルイもね。
OMG まさかルイなの!? ブレアは愕然。けど、ルイの表情を見たブレアは確信。ルイも自分だとあっさり認めた。WTF 王子がそんなことして許されるわけ!? Bの友達の本性を証明したかっただけだ、とルイは悪びれた様子も見せない。ブレアは父親鑑定の特ダネをGGに送ったのは、ベアトリスだったと反論。そして、言い争ってばかりなのは、友人のせいではなく、自分たち二人に問題がある、と続けた。ブレアは、今後のことを冷静に考え直したい、と言ってルイを追い出した。
・・・ブライダル・シャワーのプレゼント贈ったんだけど、ちゃんと返してくれるかな??

さて、その頃ダイアナはネイトのおじいちゃんと密会中。じいちゃんの駒にされるのは、もうウンザリのダイアナだったけど、残念ながらじいちゃんの手から逃れる術はなく、その要望に屈するしかなかった。じいちゃんはダイアナ以下役員が辞表を提出するなら、喜んで「スペクテイター」に投資する、とネイトに話した。ネイトは思わぬ展開にビックリ。しかも、ダイアナをクビにしたから、ネイトが新編集長に就任!? ネイトはそれはそれはビックリ。
そのダイアナは、編集長の座を手放すのは悔しそうだけど、実はネイトとの関係を壊したくなくてウソをついた。あれれ? そんなダイアナにNじいちゃんは、秘密がバレる前に、消えたほうが賢明だぞ、と言う。するとダイアナは、私の秘密がバレる時は、あなたも道連れですよ、と釘を刺した。 WTF? 一体どういうこと?

ブライダル・シャワー真っ最中のヴァンダーウッドセン家に、またマックスがやって来てチャーリーを問いただした。本物のチャーリー・ローズはフロリダに住んでる、アイヴィー/偽チャーリーの言うことは嘘ばかりだ、と。そんなマックスに、チャーリーは資金の件は本当だから、と断言。証拠をも求めるマックスに、チャーリーは、ブライダル・シャワーで当たった記念品のダイヤの指輪を、手付け金として差し出した。そして、残りは用意するから、自分と(そのニセの)家族に近づかないで、とマックスを追い帰した。
ところが、マックスはチャーリーの言うことを聞かず、なんと、その後セリーナに会いにウォルドーフ家へ直行。そして、スリープ・ノー・モアのデートをすっぽかしたことを謝まって、やり直すチャンスを与えてほしい、と言い寄ったの。根っから寛大なSはあっさり、OK。Yay?? そしてマックスは、チャーリーに電話して、もうしばらくNYに残る、と宣言。で、もっと軍資金が必要だから、要求額を50万ドルまで引き上げる、って言ってた。・・・ご存知の通り、「強欲」は七つの大罪の一つですよ。

さて、チャックはブライダル・シャワーに泥酔して乱入したダンにあきれ返っていた。そりゃそうだよね。一日中、荒れるダンを助けようと努力したのに無になっちゃったんだから。女をモノにしろとは言ったがブレアに噛みつけとは言ってない、と説教する始末。孤独なボクも情けないもんだ。・・・でもチャックはダンが荒れてる本当の理由に気づいた。で、核心をついた。ダンブレア本気なのか? ダンは必死に否定してたけど、あいつほど説得力のない奴もいないからね。するとチャックは、ブレアはルイを選んだ、だから俺たちはお互い負け犬ってことだ、と、きっぱり。かなしー。

さて、ブライダル・シャワーも終わり、ブレアとセリーナは二人で過ごしてた。ブレアはルイのことを相談。ルイは自分を見失ってるみたいだし、このままじゃ愛も失いそう。って。ヤだ、なんだかコワイよ。
ブレアはブライダル・シャワーがこんな顛末になるとは夢にも思っていなかった。GGの情報源が暴露されたり、チャックが乱入したり、ハプニング満載だったもんね。すると、セリーナは、チャックは乱入したんじゃなくて、ブレアのために、ダンを止めに来ただけ、と話した。そうなんだよね。
 
 
そして、ブレアはチャックに会いに行った
 
Whaaaat !?
 
 
チャックは気まぐれにちょっかいをだしたりしてるんじゃない、とブレアは気づいた。

「本当に変わったのね。」
  
 
OMG.

 
 
ほんとハプニング続きなわけだけど。

他のサイトとか、名前を口にだすのもはばかれる某サイトとか、
いろいろあるけど、
みんなは GGを見離したりしないよね。

今週起きた事態は、天地神明に誓って二度と起きないことを約束します。

指きりげんまんウソついたら針千本飲ませていいよ。

ぜったい約束する。
 
 
 
xoxo Gossip Girl


May 28, 2013
Gossip Girl

Bが子分を評価したメモを発見。読んでみて。
 
 
gg5_bridesmaidlist.jpg
 
  
【UESの皆さんへ 諸注意】 重要文書は必ずシュレッダーにかけましょう。

 
 
xoxo Gossip Girl


August 19, 2011
Gossip Girl

100413_318dorota.jpgGGほど結婚式が好きな人はいないんじゃないかな。
今回も、最高にビューティフルで、
ロマンティックだった!

でもね、
最高の幸せと一緒に、
不幸もやってきた。

しかも、マジな不幸 :(


ジャック・バスとの一件以来、ブレアとチャックは冷戦状態。ブルブル。
連絡は一切取り合ってない。交流は一切なし。二人ともかなりの落ち込みぶりだけど、だからといってお互い意見を変えるつもりはないみたい。ブレアは部屋に引きこもり、チャックはスイートでやけ酒。しかも大量。
ネイトとセリーナは、なぜこんな事態になったのか全く見当がつかない。ようやくエンパイアがチャックの元に戻ってきたんだから、今頃チャックとブレアはお祝いしててもいいはずなのにね。そこで二人はチャックに会いに行く。冷戦を終わらせるためには、チャックがブレアに会いに行って、話し合うべきと説得。だって、チャックとブレアだよ?あの二人のことはみんなもよく分かってる通り、二人で一つだもん。どんなことが起こっても、チャックが情熱的でロマンティックなアタックをすれば、いつでも仲直りできるはずだよ。なのにチャックにはそんな気ぜんぜんないみたい。そこでネイトは一人でブレアを訪ね、説得してみたけど、悲しいかな、ブレアは聞く耳を持たない。ネイトにしてみれば、チャックが何をしでかしたか知らないけど、そんなに悪いことではないだろう、今までだって散々チャックの破天荒な行動の後始末をしてきたわけだし(なんなら一覧表リストでも作ってもいいけどね)、くらいなつもりだった。やがてブレアはネイトに真実を打ち明けた。
チャックは、最愛のホテルを取り戻すために、ブレアとの一夜をジャックに差し出した
それを聞きネイトは茫然。今回ばかりは、ウォルダスもおしまいかもね。

ウォルドーフ家で大きなジレンマに直面していたのは、ブレア一人じゃなかった。ドロータもパニック状態だったの。両親が来ることになったんだけど、実はまだ妊娠の事実を伝えてなかったんだって。かわいい娘が未婚のまま、妊娠させられたなんて知ったら、両親が喜ぶはずはない。でも、エレノアはまったく理解できない。だったら、今すぐドロータとヴァーニャでさっさと役所に行って、籍だけ入れたら?ここでドロータがバツイチであることを告白(うっそ!?)。その前回の結婚は、伝統的な行事を省き、役所で簡素に式を済ませたから、その後の結婚生活がうまくいかなかったんだと猛反論。伝統に従わない結婚式は、縁起が悪い。ドロータはどうすればいいのか分からなかった。そこへ、すべてを聞いていたチャックが救世主として登場。いつものチャックらしく、なにかいいアイデアがあるみたい。

チャックは、ドロータとヴァーニャのために理想の結婚式を開いてあげることにした。やったね!
でもブレアはチャックの登場に不満。まじむっとしてる。それを見てチャックもがっかり。しかもドロータが、チャペルへ新郎新婦をエスコートするハッピー・カップルの役目を、ブレアとチャックにお願いしてきたので、事態はさらに悪化。ブレアとチャックが引き受ければ、ドロータもうれしいよね。ブレアに選択肢はなかった。ドロータには幸せになってほしかったから、Bは結局引き受けると返事をした。チャックは自分の愛情表現に、ブレアが気付いてくれるのは時間の問題だと本気で思ってた。でも今回ばかりはそうはいかなかった。ブレアはこれが自分を取り戻すチャックのゲームだとわかってた。そして、Bはもうチャックと関わりたくなかった。だからBは、チャックに断言した。
結婚式が終わったら、二人も終わりだと。
NO!!!!

ということで、式が終わるまでブレアは"チャックと一緒で幸せ"という顔をすることに。
ドロータとヴァーニャのリハーサル・ディナーの夜、ダンスの最中にチャックはブレアを必死で説得。二人の心はつながってる。二人はお互いにとってパーフェクト。ジャックの件についても、心から謝った、猛烈に反省している、とね。でも、チャックだって言いたいことはある。ジャック・バスの一件では、ブレアが自分でやったことは、まぎれもない事実。チャックはブレアに、ジャックと寝てくれと強要してはいない。この言葉こそ、ブレアが一番聞きたくないものだった。
ブレアはショック状態でその場を立ち去った。やっちゃった。ブレアの不機嫌な様子に気がついたダン・ハンフリーは、何があったのかと聞いてきた。これって変な展開だよね。でもダンは、ブレアが心配だったみたい。ふーん。ブレアは、自分とチャックの間が、ギクシャクしていることを認めた。チャックが何をしたのか知らないけど、許せないほどの悪事ではないだろう、となだめるダン。そう言われてブレアは、自分が何に対して腹を立てているのかが、ハッキリとわかった。チャックの取った行動に怒っているんじゃなかった。自分自身の行動が許せなかった
ブレアは自分とチャックは、本当にお互いの運命の人なのかもしれない、と考えた。二人は似たもの同士。邪悪で、恐ろしい生き物。今のこんな彼女を愛してくれる人が、他にいるわけない。

結婚式当日、チャックはびっくり。ブレアが彼の登場に少しだけうれしそうな表情をしたから。まあ、少なくとも彼を見て逃げ出すことはなかったわけで。ブレアは、やっぱり二人で一緒にいたいと決心したことを伝えた。(・・・いい感じ。)そして一緒に落ちるところまで落ちて、どん底までいこう。きっと地獄でも一人じゃないなら耐えられるからって。(・・・なんか雲行きが怪しい?)
チャックは茫然。こんな付き合い方は望んでないよね。・・・でも何も無いよりいいのかな。

式の前、最愛の人についての数々の質問に答えていくヴァーニャ。彼がどんなにドロータを愛しているか話すのを聞いているうちに、ブレアは、メイドとドアマンが育んできた愛に感銘を受けた。とても純粋で真実の愛。だからハッピー・カップルとしてチャックとブレアの名が呼ばれた時、ブレアは躊躇してしまう。...そして、思わぬことをしてしまう。
...心の準備はいい? 深呼吸した?

ブレアは、みんなの前でいきなり告白。

BとCは、本当はハッピー・カップルではないから、自分たちがエスコートしたら、ドロータとヴァーニャの結婚式に不幸をもたらしてしまう、と。
OMFG

悲しみに落ち込でいるブレアをやさしく慰めるドロータ。彼女は、結婚がうまくいく秘訣はお互いにとってふさわしい人物かどうかで、伝統を重んじたところでそれでうまくいくわけないと気づいた、と話した。それにドロータの願いは、自分たちだけじゃなくて、ブレア自身も幸せになることなのだから。
なんていい話なんだろ、二人の絆は本当に強いよね<3 これでドロータとヴァーニャの結婚式は再開、素晴らしく感動的なものだった。もしかしたら、GGもちょっとだけ泣いちゃったかもしれない ;)

とにかく、式のあと、チャックはブレアの元に行く。そんなに不幸だったのか?ブレアはそうだと認める。彼女が望んでいるのは、こんな歪んだ愛の関係じゃない。ブレアはドロータとヴァーニャのような、純粋な愛が欲しかった。そして、今までで一番悲しい言葉を告げた。

これでチャックとブレアは終わり

NOOOOOOOOOOOOOOOOOooo

もう死んじゃう。

もう文字も打てない。

悲しすぎるよ。

その日の夜のパーティでは、チャックは、さながら、昔のプレイボーイのチャック・バスに戻ってしまったようだった。彼はヴァーニャのいとこの一人を見つけ、その後二人は・・・何をしたかは分からないけど、一緒に出て行ったことは確か。ブレアは一部始終を見ていた。一体どんな心境だったんだろう。

もう言葉にならない。

文字にするとしたらこんな感じ。

UUUUUUGGGGGGHHHHHH
 
 
 
 
 
 
 
100413_318serenate.jpgネイトとセリーナの間にも、トラブルが発生していた。事の始まりは、ウォルドーフ家の外で、ネイトがカーター・ベイゼンにばったり出くわしたことだった。 WTF? カーターは、セリーナが朝食の時に忘れていたものを届けに来たらしい。(ハンフリー家と朝食を取るとSは言ってたのに)。カーターは、自分はある事でセリーナを手伝っているのだと、ネイトに説明。ボーイフレンドであるネイトは、手伝うどころか、"ある事"が何かも知らない。・・・ちょっと、ヤバくないすか?
このカーターとネイトのやり取り一部始終を見ていたのは、・・・ジェニーとエリック(ウォルドーフ家で結婚式準備のお手伝い)。その朝セリーナがどこにいたのかと、ネイトが二人に聞くと、ジェニーは本当のことを話した。今朝はセリーナと一緒じゃなかったと。
・・・ビッチ。それとも、ただのバカ正直?どっちだろ?
とにかく、相当頭にきてたネイトは、カーターから預かった封筒をジェニーに渡して帰っちゃった。その後、もちろんジェニーはウォルドーフ家に向かい、封筒を、メッセージ付きでセリーナに手渡す。カーター・ベイゼンからネイトに渡されたものを預かったの、ってね。
Sってば完全にバレちゃってるし。

結局セリーナは、ネイトにカーターとの事を説明した。確かにカーターと朝食を一緒にとった。でもそれだけ。もしカーターが、思わせぶりなことを言ったのだとしたら、それは彼のウソ。でもネイトは、そんな言葉は到底信じられない。会話を盗み聞きしていたジェニーは、カーターとの浮気疑惑の真相を探ったほうがいい、とネイトに促す。だってセリーナだもんね。秘密まみれのクイーンだもの。トラブルか何かに巻き込まれてるのかもしれないし。Sのためにも、ちょっと探りを入れた方がいいに決まってる。この提案に、ネイトは乗り気じゃないんだけど、Jはやる気満々。Sのバッグを探り、カーターが届けに来た封筒を見つける。謎めいた封筒の中身は、なんとカーターのホテルのルームキーだった。わお。

セリーナがカーターのホテルのルームキーを持っていたことで、ネイトは激怒り。(そりゃそうだ、怒って当然)。直接ネイトが問い詰めると、ついにSも真相を白状。カーターはセリーナの父親捜しを手伝ってたらしい。は?もうとっくに諦めたんじゃなかったっけ? どうやらセリーナは父親捜しはやめてたんだけど、カーターが、父親の最新情報を手に入れたと言ってNYCに戻ってきたわけで。なかなか居場所が定まらないヴァンダーウッドセン氏の情報は貴重でしょ。ネイトは、話を聞きながらイライラ。カーターの目的はハッキリしてる。父親の情報をちらつかせ、Sのパンツに入り込むすきを狙ってるんだ。カーターの体に善意なんてもんは存在しないんだから。ネイトの意見に、セリーナはご立腹。いくらなんでも失礼だよ。

100413_318jenny.jpgその後、カーターはセリーナを迎えに、ドロータの結婚式に忍び込んできた。父親の居場所がハッキリしたらしい、パームビーチにいるんだって。今こそ絶好のチャンス、そこでSは意を決して、結婚式を途中で抜け出すことにした。ついにパパに会える、やったね! でも、セリーナが出て行くところを、悪い人に見られちゃった。・・・世界一悪名高い目撃者、ジェニー・ハンフリー。セリーナがカーターと一緒にドアへ向かっていくのを、ちらっと目撃。すかさずネイトに告げ口。彼はショックで茫然。・・・大変だよ。

空港に向かうリムジンの中で、セリーナはおかしなことに気がつく。カーターが用意した飛行機のチケット。よくみると購入日はずいぶん前だった。カーターはいったいいつからパパの居場所を知っていたわけ?もしかしてこの情報を利用して、セリーナを連れ出したかっただけ?答えはもちろん、イエス!カーターはセリーナとよりを戻すために、父親捜しを手伝っていたんだよね。サイテー。セリーナはカーターに、自分には心から愛しているボーイフレンドがいると知らしめ、すぐさま彼をリムジンから追い出した。たった一人で行くから大丈夫。Go Go セリーナ♪

その頃エレノアとサイラスは、ドロータにステキな結婚祝いのプレゼントをしようと計画。でも残念ながら、二人の考える"ステキ"の度合いが相当違ってた。エレノアはヴェラ・ウォンのケーキナイフを提案。しかしサイラスはドロータとヴァーニャに新居を購入する気でいた。これを聞いて、エレノアは仰天。マンションって、そんなバカげた話はないでしょう、ドロータはただのメイドなのに、ってね。サイラスは理解に苦しんだ。だってドロータは家族も同然。それに実質的にブレアを育てたのは、ドロータなのだから。・・・ブレアの母親として、ドロータの方が勝っていると言われ、エレノアは侮辱された気分。でも、ブレアとドロータの深い絆を目の当たりにして、エレノアは考え直した。自分はいつも最高の母親だったとはいえないし、たしかにドロータがいたからこそ、ブレアはちゃんと成長してくれた、わけで。だからドロータにマンションを買ってやる義務がある。いや、マンションで足りるかな? ま、とりあえず今回は、手始めにマンションということで。
これでドロータとヴァーニャはクイーンズにマンションを持つことになった。ヤッターっ OMGBGE

エリックが出会ったキュートな男の子、覚えてる?ネイトのバースデーにウォルドーフ家のビルのロビーで会ったエリオット。あれから二人はメール交換してるみたい。でも内容はだいたい音楽とか、どうでもいい話ばっかり。つまんなーい。
エリックは、彼がゲイなのか、ただフレンドリーなのか、半信半疑。だからドロータの結婚式に、エリオットが彼女同伴でやってきたのを見て、エリックはダブルパンチ。ゲイでも、シングルでもなかった!がっくり。でも披露宴で、エリオットはエリックに、ガールフレンドにフラれたことを告げた。原因は彼がエリックの話ばかりするからだって。ちょっと待ってよ。エリックはわけがわからず。だってエリオットはストレートでしょ?ところが、実は彼はバイセクシャルだった!しかも、すっかりエリックに夢中になっちゃったんだって。YES! エリック1点獲得っ。
このE&Eコンボ、いいよね。

セリーナは空港へ向かう途中で、ネイトに電話。でも、ネイトは電話に出ない。その代わり、電話に出たのはジェニーだった。セリーナは、ネイトへの重要なメッセージを、ジェニー伝えることに。ネイトが全部正しかったわけで、ネイトからの電話を待ってる、ってね。ジェニーは、ネイトを見かけたら必ず伝えると約束。
でも、どうだったと思う? ジェニーはセリーナとの電話の間、ずっとネイトの姿を見ていたんだよね。やがて、ジェニーはネイトに近づいていって、セリーナからのメッセージを伝える代わりに、彼をダンスに誘った。彼はもちろんOK。
OMFG この泥棒猫っ

セリーナはパームビーチに到着。いよいよ父親と対面する時がやってきた。深呼吸をして、部屋のドアをノック。そして中から出てきた人を見て、超ビックリ。

これでもすごく控えめな表現だけどね。出てきたのはパパじゃなくて、なんとセリーナのママだった。

どうしてリリーがヴァンダーウッドセン氏のホテルの部屋にいるの?

WTF?


ジョー・バイデン氏の言葉を借りれば、

"これはクソ一大事だ"。
 
 
 
 
今後の展開が待ちきれません。
 
 
xoxo Gossip Girl


May 20, 2011
Gossip Girl

091013_305rufuslily.jpg♪ goin' to the chapel Humphrey Loft ♪ and we're gonna get married ♪

いま泣いてる。
涙が止まらない。

・・・よく分かってる。
ゴシップガールたる者、感情なんかに押しつぶされないはず。

でもね、
そんな時ってあるよね?
GGにも心の奥深くに、
人間的なハートがあったみたい。感情豊かな魂がね。

えーん。


さて。
くだらないグレイズ・アナトミーごっこは、もうやめて、
さ、本物のドロドロ劇の幕開けだよ!

ヴァンダーウッドセン家での話し合いは、うまくいかなかった。セリーナがブラウン大を休学することに対して、いまだリリーはご立腹。もし夏の間リリーがニューヨークにいれば、Sは今頃ちゃんと大学生活をおくっていたはずだったのに、すべてはルーファスの責任!・・・でも、そんなことルーファスに期待しても無理だよね。そんなわけで、リリーとルーファスは、事実上の冷戦状態に突入。ブルブルっ。この危機に気付いた子供たちは、まるで映画「ファミリー・ゲーム」のヘイリー・ミルズやリンジー・ローハンのように、両親仲直り作戦を計画する。セリーナ、エリック、ダン、ジェニーの4人で協力して、両親が話し合える機会をセッティング。リリーとルーファスは、見解の相違について議論する。そして、仲直り作戦は大成功!
・・・のはずだった。もうちょっとで。子供たちが"Let's Get Together"を歌い終わる前に、二人は再びケンカを始めてた。
事態は思わしくないね。

その頃、ブレアはネイトのガールフレンドのブリーに嫌がらせをしてた。この"南部美人"には何か裏がある、とブレアは確信してたから。だって、こんなに完ぺきな女の子なんているはずないよ。もちろんチャックは、いつものブレアの過剰反応だと思っていた。で、自分のカノジョの代わりにブリーのもとに謝罪へ行くと、チャックはある興味深いことを知る。どうやらテキサス美人はカーター・ベイゼンへの復讐を企てているらしい。チャックにとって、カーターの敵は自分の仲間も同然。Cはブリーとの接触をブレアに内緒にして、ブリーと一緒に共通の敵に攻撃目標に定めたわけ。

ニューヨークに戻ってきたのは誰かわかってるよね? そう、ジョージーナ・スパークス。結局すぐにニューヨークに舞い戻ったビッチ。しかもこれまで以上に超イジワルにパワーアップしてね。ダンは新しい恋をスタートさせ、現在オリヴィア・バークと幸せいっぱい。この事実を知ったジョージーナが、黙って見過ごすわけはない。即刻ダンとヴァンパイア・ナイトを別れさせようと計画。そこで彼女はヴァネッサに助けを求めた。スコット・ロッソンの素性をジョージーナに知られてしまった以上、ヴァネッサは協力するしか手がない。もろ脅迫だよ。ヴァネッサならできると、ジョージーナは確信していた。案の定、ヴァネッサに、恋人にするならムービースターではなく、同じニューヨーク出身で付き合いの長い相手を選ぶべき、と言わせた。そんなことを親友に言われるとやっぱりダンは考え込んだ。そのことをジェニーとエリックに相談すると、思わぬ答えが。ヴァネッサはダンのことが好きなんだ!そうに決まってるじゃん。これを聞き、早速ダンはヴァネッサに自分の気持ちを伝える。ヴァネッサの気持ちにはこたえられない、と。
その時、ついに真相が明かされた。実はスコットがダンの本当の兄弟だと
OMFG

リリーとルーファスの冷戦状態は、長くは続かなかった。二人は愛し合ってるからね。大急ぎでお互いのもとへ駆け寄り、結婚することに決めたの、今すぐにね。セリーナが指揮を執り、あれやこれやすべて手配。ブレアやジェニー、ドロータ、アマリア、新しいミーン・ガールズの協力の末、あれこれ言ってる暇もなく、リリーとルーファスは夫婦になる準備を進めていく。

ダンは、父親の結婚式を何事もなく終わらせたかった。だから爆弾を抱えたジョージーナをどうにかする必要があった(あの女が何をしでかすか、わかったもんじゃないからね)。とにかく結婚式が終わるまでジョージーナを引きとめたかったので、ダンは彼女にヨリを戻したいと告げた。ジョージーナは有頂天。ついにダンを取り戻した! でも次第に疑い始める。だってルーファスとリリーの結婚式に招待してくれないし、キスの時にお尻をつかまなくなったから。そんなのDらしくない!ジョージーナはダンにだまされていることを知り、彼を破滅させようと心に決めた
コワすぎる。

091013_305carena.jpg
結婚式は一見順調に進んでいた。カーターの登場に、チャックは驚いたみたいだけどね。どうやらチャックは彼に最後通告をしてたらしい。結婚式に出席して、バックリー家とのもめ事の真相をセリーナに説明するか、それともチャックから受け取った航空券でさっさと国外に逃げ出すか。カーターはチャックが思っているより勇敢だったね。それとも恐怖よりセリーナへの愛情が勝ったのかな。式場に姿を現わせば、当然ブリーに会うことになる。そしてブリーは、カーターの正確な現在位置を家族に連絡。カーターはセリーナに、バックリー家との間に何があったかを語った。当時ギャンブルによる多額の借金で困っていた。だからブリーのいとこ、ベス・バックリーと恋に落ちたふりをして、彼女にプロポーズ。裕福な家の娘と結婚すれば、借金を肩代わりしてくれる。そうすれば、自分は自由になれると思ったのね。でも次第に良心がとがめて、最後には結婚式を挙げずに逃げ出しちゃった(結婚詐欺じゃん)。それでバックリー家はカーターに償いを求めているってことだった。セリーナの頭は大混乱。だってママの結婚式なんだよ。そんなこと言われても、受け入れられないよ。

結婚式に招かれざる客はつきもの。今回の疫病神は、もちろんジョージーナ。そして、もう一人スコット・ロッソン。OMG ボストン滞在中に仲良くなったジョージーナとスコット。リリーとルーファスの結婚式が迫っていることを聞いたスコットは、ついに真実を打ち明けるために、ニューヨーク行きのバスに飛び乗る。しかし、ブルックリン植物園に到着すると、最悪の場面に鉢合わせ。リリーとルーファスが、また口論していた。この結婚は本当に正しいのか?二人の意見は食い違ったまま。そしてリリーは、いったいスコットが何者なのか、なぜ個人的な会話に口をはさむのか、理解できなかった。この事にスコットはショックを受け、立ち去ってしまう。その時、ダンとヴァネッサがリリーとルーファスに真実を白状する。スコットは彼らの子供の兄じゃない。スコットこそが正真正銘の彼らの子供なんだと。ジョージーナはご満悦。他人の人生をぶっ壊すことに成功したから。
ジョージーナって、マジで悪魔以上だ。
091013_305scott.jpg
リリーは、スコットに対する自分の態度を思い出し愕然とする。あきらかに第一印象として、あるまじき行動だった。リリーとルーファスはスコットの行方を捜し、彼を見つけて安堵する。20年間諦めていた息子を、ようやく抱きしめることができて、リリーは幸せだった。スコットが生まれた日から、ずっと夢見てたことだったから。家族3人で抱きしめあってた。そう。私も涙が止まらないよ。ティッシュ・プリーズ。

こうなったらブルックリン植物園もご馳走もブルームバーグ市長も、リリーとルーファスには必要なし!急きょ結婚式の会場をハンフリーのロフトに変更して、内輪の親しい仲間に囲まれて式と披露宴を行った。ソニック・ユースのキム・ゴードンが司宰を務め、二人は結婚の誓いを交わしたの。20年以上かかって、ようやく結ばれたのね。アーメン!
ホントに感動的だった。
ヴァンダーウッドセン一家(+チャック)とハンフリー家が、ついに巨大ハッピー・ファミリーになったんだよ!

セリーナはカーターの告白にショックを受けてた。やっぱり彼は誠実じゃなかったと。そこへチャックが彼女に、カーターに付きつけた最後通告のことを明かす。カーターは本当にセリーナのことが好きだから、あえて真実を告白したわけで。セリーナは彼のことが心配になる。だって、そうでしょ。バックリー家はいずれカーターを捕まえて、どこかへ連れ去るはず。一体どこへ?分からない。カーター・ベイゼンに逃げ道が残されていればいいけど。

ネイトも、ブリーの愛が偽りだったことを知ってショック。実際、カーターを捕まえるために利用されただけ。えー。失礼過ぎだよ。あのネイト・アーチボルドを利用するなんて、ブリー・バックリーは何様のつもり?絶対まともじゃないって。

ダンはパパの結婚に大満足。だったけどジョージーナが現れたことは許せない。他人の人生を破壊して喜ぶ最低女!しかし、ブレアがダンに意味深発言。ジョージーナにはやがて破滅が訪れる、ってね。のちに彼女を"破滅"に導いたのは意外な人物だった。それは、ドロータのボーイフレンドでヴァンダーウッドセン家のドアマン、ヴァーニャ! ヴァーニャはジョージーナをバーでナンパ。自分はベラルーシのアレクシ王子で、国に一緒に帰ってほしいと迫った。しかも会ったその日に。ジョージーナは同行を快諾(・・・つまり、彼が王子様ならGはおバカ様ってこと ;)
お願いだからどこか遠くへ、戻れないくらい遠く遠くへ連れてってね。頼んだよ!
  
 
私たちの念願かなって、やっと、
リリーとルーファスの結婚式を見届けることができた!

本当に最高だったよね。
ソニック・ユースが演奏して、子供たちが全員(スコットも含めて)出席して、
みんな愛にあふれてた。
この結婚式はみんなの記憶に残ること間違いなし。

そして今回はなんと、まさかの完璧なハッピーエンディング
いつもはドロドロ劇とスキャンダルばかりだけに、ちょっと一息、なんてステキなんだろう。

そう思うでしょ?

GGもハッピーだよ :)
 
 
xoxo Gossip Girl


September 11, 2010
Gossip Girl

090421_BlairHadGoneFromHighSchoolSeniorToNYCsocialite221blairnate.jpgブレアはわずか数週間のうちに
高3の女子高生からニューヨークの注目ソーシャライトに大躍進した感じ。

名門出身のネイト・アーチボルドの彼女ともなれば当然のことかもしれないけど。とにかくブレアとネイトは慈善イベント、募金キャンペーンなどニューヨークの名士が集う場所には必ず出没。活気ある生活を取り戻したブレアはルンルン。イェールの件ですっかり意気消沈してたけど、フルタイムのソーシャライトという天職に巡り会った気分でいた。残念なことにブレア・ママは、ウォルドーフの女はソーシャライトなんかじゃない!って反対みたいだけど、ブレアはどこ吹く風。
というのも、Bはホイットニー財団のジュニア委員会のメンバーになることをもくろんでたんだよね。ネイトの従兄弟トリップのフィアンセがメンバーだから、自分が勧誘されるのは時間の問題だと思ってたの。しかも、運が向いてきたのか、その時は思いのほか早くきそうな気配。トリップの結婚式のリハーサルに行ったブレアはネイトのおじいちゃん、ウィリアムに声をかけられた。おじいちゃんは、ネイトがコロンビア大学に合格したことを知ったばかり。実はネイト、おじいちゃんのコネとお金に関係なく大学に合格できるか自分の力を試すため、ひそかにコロンビア大学に出願してたんだよね。でも、おじいちゃんは不満。コロンビアもいい学校だけど、やはりイェールにはかなわない、ってわけ。ヴァンダービルト家の人間はみんなニューヘイブンのイェール出身だから。ところがネイトは、自分の実力で合格したコロンビアへいくと、聞く耳を持たないらしい。で、おじいちゃんはブレアに取引を持ちかけた。もしイェールへいくようネイトを説得してくれれば、ブレアがホイットニーのジュニア委員会へ入れるよう手を回す、ってね。一瞬迷ったものの、すごーく欲しい名誉なんで、ブレアは応じた。しかも、条件までつけて。Bは、トリップとモーリーンの結婚式の花嫁介添人にもなるらしい。まったく、ブレアってば、ほんと取引の達人だよ。

早速ブレアは任務を遂行。イェールへいくようネイトを説得し、ニューヨークでNo.1の花嫁介添人になるって決めてた。ところが、ネイトを説得するのは介添人になるほど楽じゃなかった。ネイトは断固としてコロンビアにいくって譲らない。それにはわけがあった。ネイトはトリップからおじいちゃんのことで仰天するような事実を聞かされてたんだ。何と、ネイト・パパをFBIに突き出したのは他ならぬ祖父、ウィリアム・ヴァンダービルトだったの。おじいちゃんのせいでパパは収監されたわけ。そりゃ恨むよね。怒り心頭のネイトは一矢を報いるつもりでいた。で、リハーサル・ディナーの席で、ネイトは介添人スピーチのときに、真実を暴露。親族一同、ニューヨークのエリート、その他もろもろの人たちの前でおじいちゃんの所業をぶちまけた。みんな驚愕。中でも一番仰天してたのがブレア。どうやら次世代のブルック・アスター(ニューヨーカーで超有名な慈善家の大富豪)になるブレアの夢は目の前で崩れ去った。

胸のつかえを吐き出しちゃったネイトが会場を後にしようとすると、ウィリアムが呼び止め、事情を説明した。おじいちゃんは、ネイト・パパには悪事から手を引けと懇願したけダメだったらしい。警察に通報したのは、娘とネイトを守るための最終手段だった、ってね。ネイトは、ちゃんと真実を話してくれればよかったのに、と言うと、ウィリアムは即有言実行。でもね、ヒドイんだよ、なんとブレアを裏切ったの、あっさりね。ネイトは自分の彼女が悪魔(というか、おじいちゃん)と裏取引をしたって知っちゃった。彼はがく然とした。自分には信じられる人間が1人もいない。ネイトに問いただされたブレアは必死で弁明しようとしたけど、ネイトはうんざり。ネイトはブレアが変わったと思ってたのに、でも、Bはちっとも変ってない。
・・・我らが愛しの黄金カップルはこんなにも早くジ・エンドなの?まじで悲劇だよ。

090421_BlairHadGoneFromHighSchoolSeniorToNYCsocialite221dan.jpg一方、セリーナは、無事スペインから帰国。
ただ、ちょっと変化があったみたい。・・・出発前は独身だったんだけど、なんと結婚して戻って来た!?どうやら旅行中、ポピーとガブリエルがケンカ別れして、ポピーは先に帰国。それでセリーナはガブリエルと2人っきりになっちゃったらしい。そして、成り行きっていうか、2人は恋に落ちたんだとか。で、リオハ・ワインを飲み過ぎた2人は酔った勢いで教会へ駆け込み、結婚しちゃったんだって。
・・・まったくクレイジーな話だよね。あのセリーナ・ヴァンダーウッドセンにしても行き過ぎって感じ。まあ、新妻自身も、何でこんなことになっちゃったんだろ?って困惑気味。そこで、帰国するやブレアの継父で弁護士のサイラスに相談。そう、離婚の相談。やっぱ娘は母親に似るもんだね

その頃、ダンも問題を抱えてた。パパがイェールの学費を工面できないからピンチだった。で、バイトをすることに。しかも、ケータリングのウエイターだって(笑)。おまけに、初仕事は過越の祭り、セダーの祝宴のケータリングで、向かった先は何とウォルドーフ/ローズ宅。こんな偶然ってあり?? まあ、幸いブレアが欠席って聞いて、ダンはホッとしてたけど、それもつかの間。まず、例の件をサイラスに相談しにセリーナがやって来たかと思ったら、しばらくしてリリーがルーファスを連れて現れた。かわいそうに、ダンは息をつく暇もないくらいアタフタ。ルーファスはダンがバイトすることに反対してたから、ダンはウエイターをしてることを言えなくて、仕方なく招待客のふりをすることに(ウエイターの制服を着てるからちょっとムリがあると思うけど。でも、いつものダサい服装よりずっとかわいい)。過越の祭りの祝宴で仕事をしながら、同時に客を装うなんて超クレイジーだよ。でも、もっとすごいことが起きるの!誰が訪ねて来たと思う?ガブリエルだよ!セリーナの夫!大変だっ!!

ガブリエルは話しをしたくてセリーナに会いに来たんだけど、彼女はそっけない。ガブリエルと率直に話せばいいのに、セリーナはいつもの悪い癖で、とっさにウソをついた。ダンが最愛の彼氏で、初めて愛した人で、彼以外考えられない、Dと結ばれる運命だから、って。お気の毒さま、ガブリエルって言いたいとこだけど、彼はそう簡単にはセリーナの言い分を信じなかった。セリーナは追い返そうとしたけど、エレノアがガブリエルを誘っちゃうわ、サイラスまで、ガブリエルに儀式の4つの質問をして、ハローセトも食べていってくれ、って誘っちゃうし。で、一同テーブルにつくことになった。どうやら今夜一押しの人気スポットはこのセダーの祝宴みたい。

・・・ちょっとここまでの経緯を整理しとこうかな(だって、めちゃややっこしいんだもん)。まず、ダンはケータリングのウエイターをしながら、客のふりをして、セリーナの彼氏まで演じて、1人で3役をこなしてる。なぜかと言うと、セリーナが新郎のガブリエルを避けたいから。そのガブリエルセリーナとダンはとっくに別れたはずと思ってたから困惑してるわけ。そして、ダンとセリーナがヨリを戻したって聞いたリリーとルーファスはショックを受けてるし、エレノアは雇ったウエイターが仕事もしないで座ってるからイライラしてる・・・。ってとこかな。ふう。。
まあ、しばらくしてウソは暴かれていったけどね。ま、いつものことだけど。苦いのはセダーで食すハーブだけじゃなかったってこと。

090421_BlairHadGoneFromHighSchoolSeniorToNYCsocialite221serena.jpgリリーはセリーナが無断でスペインに逃げ出したうえ、セダーを台無しにしたって怒ってた。セリーナの行動に相当腹を据えかねてる様子。まるで昔のSに逆戻りしたみたいって感じでゾッとしちゃってるみたいだね。セリーナは、何もしない人生なんて耐えられない、って自分の気持ちを話し始めた。確かに間違いも犯してきたけど、Sはもっと自由でいたい、でもきっとどこかで折り合えるはず、って懇願。・・・リリーは娘の言い分が分かったみたい。そして、Sにブラウン大学合格!というビッグニュースを告げた。セリーナは大喜び。プロビデンスの諸君、覚悟して。セリーナ・ヴァンダーウッドセンがそっちに行くよ!

セリーナはウォルドーフ家のマンションの外で帰ろうとしてるガブリエルを呼び止めた。本心を言うのが怖かった、って一連の騒動のことを謝ってた。結婚って重大なことなのに、軽率に過ちを犯しちゃってゾッとしちゃったわけで、それを素直に打ち明けた。
・・・でもガブリエルはキョトンしてた。どうやら2人は結婚なんかしてないらしい。お互い酔っぱらってたし、教会で叩き起こされたけど、あの司祭様は多分本物の司祭じゃなかっただろうし、誓いなんて交わしてない。セリーナはまじホッとしてた。だってこの若さでバツイチなんて経歴ごめんだよね。で、2人の間はいい感じに。だって彼ってイケメンだし、お互い魅かれ合うものがあるみたい。スペインで2人になっちゃったのもまぐれじゃなく、運命だったのかも?で、見つめ合った2人はキス。結婚はしてなかったけど、もしかしたらこの2人、友達以上の関係に発展する可能性ありかも?

さて、ジェニーは何をしてたかというと、デート。まあ、パパの彼女の家でミニ・ハンバーガーを食べながら、モノポリーで遊ぶのがデートと言えるなら、デートってことになる。相手は理科の実験のパートナー、ウェス。ところが、せっかく楽しく遊んでるとこに、チャックが女連れで帰宅し気分は台無し。おまけに、いつものチャック・バスらしく、不適切な発言をしまくり。頭にきたジェニーは反撃にでた。自分の人生がつまらないからって、周りの人にイヤな思いをさせる権利はないでしょってね。そして、キス・オン・ザ・リップス・パーティーの一件を持ち出した(ほら、覚えてる? 屋上でチャックに襲われそうになってるとこを、ダンとセリーナに救出されたでしょ。懐かしー!!)。ジェニーは、あのことをパパに言ったらただじゃ済まない、きっとハンフリー家か、あんたか、どっちを取るかってリリーに迫るに違いない、ってね。リリーがどっちを選ぶかは誰が見ても明白だけど、ってJは付け足した。グサっ。・・・さすがのチャックもショックをうけて、珍しく動揺。そして、ものすごくチャック・バスらしからぬことをしたの。なんと、去年のパーティーの夜にしたことをジェニーに謝った!!!うわ、あれから2年近く経ってるのにね。それにしても、あのチャック・バスが頭を下げるなんて信じられる??何か新たな一面を見たような気がする。

さて、ブレアに話を戻すと。
ものすごく取り乱してた。踏んだり蹴ったりで自分の運命に希望が持てなくなってボロボロ。ネイトとの仲も早々に自ら壊しちゃったし。何をしても気分は晴れそうもなかった。まあ、それでも世の中そう捨てたもんじゃなかった。というのも、サイラスの友人がニューヨーク大学の大立者で、その人に貸しがあるから、ブレアが面接できるよう頼んでくれるとか。ワシントンスクエア・パークでたむろして、テンぺをかじるなんて論外って思ってたブレアだけど、何もしないよりマシって思い直し、サイラスのオファーを受けることにしたの。
もう1つ、ブレアに朗報。どうやらネイトは完全に愛想を尽かしたわけじゃないみたい。2人がどうしてすれ違っちゃったのか訳が分からなくなったネイトは意外な人物に相談。そう、チャック。ネイトはチャックにすべての経緯を話した。すると、驚くことなかれ、チャックは真摯なアドバイスをしたの。ブレアは変わろうとしてる。チャックを選ぶことができたのに、ネイトを選んだわけで。ブレアには今彼女を信じてあげる人が必要なんだ、ってね。それを聞いたネイトはもう一度ブレアを信じることにした。で、ブレアに会いに行き、2人は仲直り。ハラハラしたけど、まじホッとした!だって、GGとしては、このカップルにはまだ別れてほしくなかったもんね。

マンションの前でガブリエルと別れたセリーナは、彼に電話して留守電にメッセージを入れてた。会いに来てくれてうれしかった、ってね。Sってば、ひょっとしてこの南部紳士を好きになっちゃったのかな?何かそうみたいだよね。だけど、焦んないほうがいいよ>S。だって、セリーナが電話した時、ガブリエルは誰といたと思う?ポピー・リフトンだよ。しかもポピーは、"全部話して"って彼に言ってるじゃない。この2人、別れてるはずでしょ?ん??どういうこと?なんかこんがらがってきたな。
 
 
 
・・・もうほんと参った。

ブレアとネイトはフレッシュなスタートを切ったと思いきや、
早々にドロドロしちゃって。
うまくいくのかなってワクワクしてたのに、
別れの予感でハラハラさせられちゃった。
お願いだから、もう少し一緒にいてね>B & N。
頼むよ。
これからはお互い正直にね。

今後の展開として注目はやっぱSだよね。
結局、ガブリエルとポピーは別れてない??
それとも別れてる?
どっちにしろ、すっごくクレイジーだよ!

何かキナ臭いこの2人。
ひそかに何か企んでるような気がする。

何が飛び出すかワクワクしちゃう ;)

xoxo Gossip Girl


July 9, 2010
Gossip Girl

寂しかった?
何かすごく久しぶりって感じだもんね。
この1週間は本当にみんなにとってつらく、悲しい1週間だった。

私はもうボロボロ。PCのスクリーンが涙でグショグショでよく見えない。
・・・ちょっと失礼、今ふくから。

よし、少しマシになった。
それにしても、
バートが死んだなんて、いまだに信じられない。
もうメチャクチャ悲しい。
RIP Bart Bass 安らかに、バート。あなたのことは忘れないよ。

081209_213vdw.jpg
バートのお通夜・・・。
ヴァンダーウッドセン家+バス家は最悪の雰囲気。空気がピリピリ張り詰めてるって表現がぴったり。まるで"ニューヨークは世界一の街"って表現するのが的確であるのと同じぐらい、ね。チャックは父親の死をまともに受け入れられない様子。パレス・ホテルの部屋にこもって、お酒で悲しみを紛らわせてた。そりゃ、自暴自棄にもなるよね。一方、リリーはお葬式の準備におおわらわ。がんばれ、リリー!! けど、どちらもすごく痛々しい。

さて、バートのお葬式当日、ダンはセリーナの友人として出席。
今カレも来てるにもかかわらず、妙にうれしそうなセリーナ(何か本心がみえみえ)。チャックはブレアとネイトに抱えられるようにして教会に到着。
・・・へべれけで、まともに歩けない状態。ところが、ダンを見るや否や、正気に。何でダン・ハンフリーがチャックの父親の葬式に?ダンの父親がいなければ、チャックのパパは生きてたはず。チャックはダンに帰れ!って、すごい剣幕で食ってかかった。もちろんダンは言われたとおり退散。父親が埋葬される人と争うわけにはいかないからね。で、リリーが慰めようとチャックに声をかけると、チャックはリリーを激しく拒絶。リリーがアバズレだったせいで、バートが死んだ。チャックの父親を殺したのはリリーの責任だ!って。チャックは吐き捨てた。彼はもう天涯孤独、家族なんか誰一人いない、って。・・・痛い。

セリーナとエリックのおばあちゃんでリリーのお母さんである、シシーもお葬式に参列。
家族を支えるために駆けつけたんだけど。シシーの関心事はそれだけじゃなかった。バートが雇ってた私立探偵が探り出したリリーの情報に興味があるみたい。いかなる内容であろうと表沙汰にはしたくなかったの。ところが、この情報に興味があったのはシシーだけじゃなかった。チャックは何はさておき、それを私立探偵から手に入れようと躍起になってたんだ。リリーはシシーに、チャックより高値を提示して、何としてでもモミ消してほしいと懇願。長年、この秘密が漏れないように必死で隠してきたんだから、今さら公になったら、周りの人の人生がメチャクチャになるから絶対困るとか。
・・・一体どんな情報よ?

一方、お葬式で死と命のはかなさの話ばかり聞かされたサイラスは、一日も早くエレノアと結婚したくなった模様。で、今すぐ結婚しようって言いだした。さすがにエレノアもビックリしてたけど、満更でもなさそう。その会話を聞いてたブレアは複雑な心境。もちろん、サイラスのことは好きだけど、結婚は自分が大学に入って、ニューヨークを離れてからにしてほしいって思ってたわけ。でも、エレノアは、思い立ったが吉日とばかりサイラスの申し入れを快諾。ブレアは真っ青!こんなのってあり得ないっ!って心の中で叫んだ。一体どうやって明日挙式を敢行するわけ?ドレスは??って、阻止する口実を言ってみたり。すると、そこへ、エレノアさんには借りがあるから、よければ、お詫びとしてドレスを作らせてほしい、と元インターンのジェニーが割って入ってきた。
世の中どう転がるか分かんないってこういうことだね。

081209_213chuck.jpgママが急に結婚することになったブレアだけど、実は彼女、そんなことよりもっと気がかりなことがあった。自滅寸前のチャックの姿に、心をかき乱されていたの。ブレアは、チャックの力にならせてほしい、と懇願。ブレアはどんなことがあっても、チャックと一緒にいたい!と告げた。けど、チャックは理解できなかった。付き合ってもないのに、ブレアはなぜそこまでかまう?? その時、ブレアは私たちが待ち望んでたあの魔法の言葉を言ったの!! 「愛してるから。」 とうとう言ったよ!ブレアはチャックを愛してる!!ああ、なんていい響きなんだろ。
・・・でも、ブレアの気持ちですら、今のチャックを動かすことはできなかった。チャックはブレアを振り切り、1人でリムジンに乗り込んだ。どうやら自滅街道を突き進むらしい。
最悪だ。

一方、アーロンはクリスマス休暇は一緒にブエノスアイレスへ行こう、とセリーナを誘ってた。セリーナは迷ってるみたい。だって、家族が不幸に見舞われたばかりだしね。でも、もうみんなも気づいてると思うけど、セリーナが旅行をためらう理由は、ずばりダン、なわけ。で、セリーナは、アーロンとの付き合いは微妙かも、とかなんとかやんわりダンに話をふったの。何とかDに「旅行に行くな」って引き留めてくれないかと願いながらね。でもダンは相変わらず乙女心に疎いから、まったくセリーナのヒントに気づかない。がっかりのセリーナだったけど、その直後、ママとおばあちゃんの会話を小耳に挟み、考えが変わったの。リリーは今でもルーファスを愛してるって。 OMFG ママとルーファスがヨリを戻すようなことになれば、自分とダンが付き合うのはまずいって思ったみたい。そうだよ!そりゃ、気色悪すぎだから!

さて、ロフトに帰ったダンはジェニーにさっきのセリーナとの会話を打ち明けた。時に妹の解説は必要だよね。ジェニーは、乙女心を兄貴に解説。よくぞ言ったよ、J!ダンはやっとセリーナの本心に気づいた。そして、ダンもまた、彼の胸のうちを明かそうと決意。ダンはまだセリーナのことを大切に思ってるし、できることならヨリを戻したい、って。ところが、残念ながら、セリーナはアーロンに、一緒にブエノスアイレスへ行くことを返事しちゃってた。一足遅かったね>孤独なボク。それに、セリーナいわく、今は自分たちの親のことを優先しなきゃならない、って。リリーとルーファスはまだ愛しあっていて、ふたりの愛を自分たちがを邪魔しちゃダメだから、ってね。
これぞ、究極の犠牲ってやつだよね。

081209_213eleanor.jpgそして、エレノアとサイラスはウォルドーフ家のペントハウスで身内だけのささやかな挙式を執り行ったの。みんなすごくステキだったよ。特に、ドロータのいつもの黒のメイド服以外の姿には感動。あー、何か私、ウォルドーフ家+ローズ家って、かわいくて、メチャ好き。このニューファミリー、うまくいくんじゃないかな。そう祈ろうね!

さて、結婚式が執り行われてる頃、ヴァンダーウッドセン+バスのマンションでは、シシーが娘に報告をしてた。結局、シシーは娘の願いを却下し、私立探偵のアンドリュー・タイラーからリリーのマル秘情報を買い取らなかった。ということは、チャックが最高かつ唯一の入札者で、情報は彼の手に渡ったらしい。ヤバいんじゃない!? リリーはチャックに入手した情報を封印してくれと懇願。お願いだから、あなたを愛してる人たちに背を向けないで。お互いを大切に思う気持ちがあれば、まだ家族としてやっていける可能性はあるはず、と。で、驚いたことに、チャックは情報が入った封筒を燃やしちゃったの。これで、リリーは過去とバイバイ。

サイラスとエレノアの挙式が終わろうとしてる頃、ドロータがブレアにそっと耳打ち。ベッドルームに不意の来客。そう、涙でボロボロのチャックがそこにいた。 チャックのあんな姿、私も心が張り裂けそう。ブレアは無言で彼を抱きしめた。もうメチャ胸キュンな光景だったよ。今のチャックに必要なのはやはり他ならぬブレアの愛情みたい。

ところが、ブレアが目覚めると、チャックの姿はなかった。
代わりに、メモが置いてあった。

許してくれ。お前には俺よりもっと相応しい相手がいる。捜さないでくれ。

ああ。やっとB&Cが復活って喜んでた矢先なのに。
もう。。。 :(

081209_213rufus.jpgリリーの過去はバートと共に葬られたかと思いきや。そうは問屋が卸さなかった。ルーファスはリリーと以前果たせなかったロマンチックな逃避行を決行すべく支度をしてた。長年お互いのことを思いながら、一緒になれなかった2人だけど、今回は実現へ向けて踏み出そうと。そこへシシーが現れた。しかも、とんでもないニュースを携えて。それはルーファスにとって聞き捨てならない話だった。で、待ち合わせ場所のグランドセントラル駅で、バッチリ旅支度をしたリリーと落ち合ったルーファスは旅には行かない、と告げた。そして、
子供は男の子か?女の子か?
と険しい表情で尋ねた。


OMFG
リリーとルーファスの赤ちゃん!?


うわ。
まじ? 赤ちゃんのこともっと知りたい!!
と言っても、もう赤ちゃんじゃないよね。
・・・・・・複雑。つまり、セリーナとダンには血を分けた兄弟がいるってことだよね。
超ヘンな感じ!一体この先この問題はどう展開していくのやら。
 
 
さて。
セリーナはアーロンとブエノスアイレスへ。
新カレと旅を満喫するつもりか?
それとも、ビーチサイドでエンパナーダをほお張りながら、
"誰かさん"のことを考えるつもりか?

ブレアにはほんと同情する。
やっと本心をチャックに伝えたのに、彼ったら、その言葉に応えなかったばかりか、
まともにサヨナラも言わず行方をくらましちゃった。
・・・早く戻って来るといいけど。
何か悲しいよね。

でも、幸せになった人もいてよかった。
新婚のサイラスとエレノア、本当におめでとう!

あっ、言い忘れるとこだった。
実は、エリックとジョナサンが復活。やったね!

ホリデー・シーズン到来でドロドロ満載。
我らがアッパー・イースト・サイダーたちは早く新年を迎えたほうがいいんじゃないかな!?
だって、心機一転、フレッシュなスタートを切ったほうがお互いのためかもしれないでしょ。

xoxo Gossip Girl


August 21, 2009
Gossip Girl

weddingannouncement.jpgvan der Woodsen - Bass
The wedding announcement
ヴァンダーウッドセン=バス 結婚報告

リリアン・ヴァンダーウッドセンとバーソロミュー・ジョン・バスは5月19日、クーパー・ヒューイット・ミュージアムにて、72丁目長老派教会のエドワード・ケイヒル師の立会いのもと結婚した。

10年程前に立ち上げた支援団体パークアベニュー虐待防止委員会の会長であるバス夫人はフルタイムで慈善活動に従事している。マンハッタン黒色腫撲滅委員会、セントラルパーク・ハヤブサを守る会をはじめ、アッパー・イースト・サイドの数々の団体の理事を務めているバス夫人はブラウン大学を卒業。彼女の両親はカリフォルニア、モンテシートのセシリア・キャサリン・ローデスと故ウィリアム・フォード・ローデス。ローデス氏は存命中、カリフォルニア州サンターバーバラにある聖フランシス病院の脳外科医として勤めており、夫人は現在もウィリアム・フォード・ローデス財団の理事を務めている。この財団の多額の寄付により、聖フランシス病院に産科病棟が設立され、医療器具の充実と低額医療費を可能としている。

バス氏は、世界中にある50以上ものホテル、高級コンドミニアム、レストラン、ナイトクラブを所有するバス・インダストリーズの会長である。ニューヨークだけでもパレス・ホテル、ソーホー・イン、レキスントン・ロフト、クラブ・ビクトローラ、グラメシー・グリルという名だたる物件を所有している。バス氏は不動産タイクーンのレナード・スターン氏に師事。フロリダ州ウエストパークビーチ出身のバス氏の両親はメアリーと故ジョン・バソロミュー・バスで、存命中のバス氏はニューヨーク州ロングアイランド、レヴィットタウンの消防士で、夫人はイースト・メドウにあるマクヴェイ・スクールで司書として35年勤めていた。

長い間知り合いだったという二人だが、交際を始めたのは約1年前からだという。
「バートとはチャリティーや舞踏会などイベントでよく顔を合わせていました。マンハッタンは本当に小さなところだから。」 バス氏と交際するなどまったく考えてなかったという夫人だが、それが変わったのはこの前の8月に行われた芸術教育ガラコンサートだったという。二人は偶然同じテーブルにつき、そこでお互いの共通点の多さに気づいたのだ。

「彼は私を笑わせてくれるの。それに、バートは私が知っている誰よりも寛大な心の持ち主なんです。」 と夫人が言うと、バス氏は、「リリーの笑顔がすばらしい。彼女がいると周りが明るくなる。」とコメント。

夫人にはセリーナとエリックという子供が二人おり、バス氏には一人息子のチャールズがいる。「私たちは現代版ゆかいなブレイディ家みたいですよね。」というバス夫人だが、この一家があんな騒々しいドタバタ劇を起こすはずはない。夫人はこう続けた。「私たちのミックス家族は最高なんです。みんなお互いのことを知っていくのが楽しくて仕方ないし、ひとつの家族になれて本当に幸せです。それにバートと生涯を共にできるのが本当にうれしい。」

夫人のこれまでの3度の結婚はすべて離婚に終わっており、花婿は前妻とは死別している。



August 14, 2009
Gossip Girl

それぞれが思いがけない所で朝を迎えた
私たちのお気に入りのアッパー・イースト・サイダーたち。

リリールーファスの隣でお目覚め。・・・ちょっと!今日は彼女の結婚式だけど相手は彼じゃなくてバートだよね?
ウォルドーフ家のブレアが目を開けると隣には寄り添うようにチャックが! "昨夜ジョージーナをやっつける作戦を練ってて眠り込んじまった。床じゃ背中が痛いからベッドに寝かせてもらっただけ"とチャックは弁解してたけど。まったく、油断のならない奴。
そしてジョージーナは、ハンフリー家のロフトで朝を迎えた・・・
ってマジ!?

080520_117georgina.jpg唯一あり得ない場所で目覚めなかったのはセリーナ。ていうか、彼女は結局一睡もできなかった。一晩中ダンに電話してたのに留守電なんだもん。で、意を決してブルックリンへ行って、直接話をすることにしたの。もちろん誰かさんと一緒かどうかも確かめたかっただろうし。悲しいかな、到着したセリーナを待ち受けてたのはショッキングな現実。ハンフリー家のリビングにいたのはジョージーナだった。しかも昨夜の服のまま。セリーナが興奮してわめいても、彼女は知らんぷり。ジョージーナの目的は最初からこれだったわけだ。ダンはまだ訳が分からず。ジョージーナが"帰るわ"とドアへ向かうとセリーナは"このズルくてイカれた最低女!"って吐き捨てた。
ちょっと表現が甘いよね。私ならもっと言ってやったのに。

そしてジョージーナが出てった後、セリーナはすべてをダンに打ち明けたの。ダンは冷静に話を聞いてた。内容が内容だけに偉いよね。"ねえ、実は私、人を殺しちゃったかもしれないし、偽名でつきまとうイカれた子に脅迫されてるんだ"って聞かされて冷静でいるのってそうそうできることじゃないもん。セリーナはもうすべての過去を忘れて、この溝を埋めようと思ってたの。ジョージーナがダンの家に泊まったことについては考えないようにして。きっとジョージーナはダンとヴァネッサと一緒にいて、遅くなったからここで寝ちゃっただけだよね・・・!?。

ダン・ハンフリーはブレア・ウォルドーフと接触しすぎたみたいだね。ジョージーナに復讐しようなんてブレアみたいなこと思い立っちゃうんだから。慣れてない彼は当然ブレアに相談。ちょっと残念なのは、チャックが結婚式の付添人スピーチを書くのに忙しくて、こっちに参加できなかったこと。まあ、それでもブレアは"復讐の女王"だもん。(気をつけな>G!) ダンに的確な指示を出してたな。まずはジョージーナに電話。留守電だったから、ダンは"君が帰った後セリーナと大ゲンカになった。今はただ君に会いたい"ってメッセージを入れたの。なかなかのうまいウソにブレアも感心してた。もちろんジョージーナはすぐかけ直してきて、ダンは"昨夜は転機だった。後で会えない?"って誘ったの。ジョージーナは二つ返事でオッケーして超うれしそう。ブレアが参戦してるとも知らずに"このバトル、あたしの勝ち!"って顔してた。ほんとのバトルはここからなのに。

ダンとジョージーナは、出会ったセントラルパークの池のとこで待ち合わせ。事はジョージーナのシナリオどおり運んでた。ダンが"セリーナはすべてを打ち明けてくれた。俺は彼女を信じる"って本音をぶつけるまではね。予想外の展開に、ジョージーナは顔を引きつらせて"セリーナはウソつき!なのに彼女を信じてあたしを独りぼっちにする気?"って叫んだの。そこへブレアがさっそうと登場。怒り心頭のジョージーナの両親を伴ってね。ほらジョージーナ、あんたちっとも独りぼっちなんかじゃないんだってば!リハビリ施設から逃げ出し、ドラッグを買うために自分のポニーまで売り払った娘に、両親ははらわたが煮えくり返ってる模様。で、"あなたには矯正施設へ行ってもらうから!"って言い渡したの。ジョージーナ、知らなかった?アッパー・イースト・サイドが許容できる"イカれた女"は1人で、その座はブレア・ウォルドーフのものなんだよ。てわけで、ジョージーナはバイバイ!

080520_117wedding.jpgそしていよいよリリーの結婚式!
ほんとなら人生で一番幸せな日のはずだけど、物事って計画どおりいかないもんだよね。何しろ式当日の朝に、結婚する相手とは別の元恋人の隣で目覚めたんだもん。しかもマズいことに、まだルーファスといるリリーにバートから電話がかかってきたの。呼び出された場所に行くと、そこはリリーが知らないビルで、バートが中で待ってた。バートは"このビルは私が初めて買ったビルだ。初めてこのビルを見た時のときめきを思い出したくなると、ここへ来るんだ"とリリーに話し始めたの。そして"しかし、もう年を取ってその必要もなくなったから手放そうと思うんだが君はどう思う?"と尋ねた。バートが言わんとしてることが痛いほど分かったリリーは、言葉に詰まっちゃった。結局"処分したほうがいいわ"と返答。そして自分もルーファスとの関係にケジメをつけなくてはと思ったの。
昨夜から人生最高の24時間を過ごしてるルーファスはウキウキ。前夜のステージは大成功で評判はすでに業界に伝わり、何とザ・ブリーダーズ(ダウンロードして聴いたけどメチャいいバンドだよ!いけルーファス!)の夏のツアーに参加することが決定したんだもん。あっ、しかも最愛のリリー・ヴァンダーウッドセンとベッドインしちゃったし。ダンにリリー&バートの結婚を思い出させられてしょんぼりしてたけど大丈夫。だって"あの日リリーがパパと駆け落ちしなかったのは、セリーナが必死に止めたからなんだ。彼女が今朝言ってた"とも言われたから。ルーファスはにっこり笑って心を決めたの。

いよいよ世紀の結婚式が始まろうとしてた。招待客が春の最新ファッションに身を包み、ぞくぞくと会場のクーパー・ヒューイット・デザイン美術館に集まり出した。招待客の中には、ネイトの同伴者として呼ばれたらしいヴァネッサと、リハビリ施設から退院したてのホヤホヤのネイト・パパ、それに究極のウェディング・クラッシャー ルーファスまでいてビックリ!
ルーファスは花嫁の支度部屋に潜り込んで、リリーに"結婚式を中止させてもいい。俺たち2人はきっとうまくいく"って言ったの。リリーの心は揺れたみたいだけど、"バートを愛してるの"と答えた。ルーファスは必死で"20年前の気持ちをお互い忘れたわけじゃないだろう?"と説得。そう言われると、リリーは懐かしさがこみ上げてきちゃったみたい。だから、てっきりリリーはバートを置き去りにしてルーファスと逃げると思うよね。でもこの元カップル、意外な結論を出したの。きっぱり別れるんだって!"愛してる"って最後に確認し合ってルーファスはリリーにお別れのキスをした。そしてドアを開けて"結婚しておいで"ってリリーを送り出したの。

チャックとネイトはまだ仲たがいしたまま。チャックがいくら仲直りしようとしてもダメだったの。でもネイトにとってはラッキーなことに、チャックはまだ彼のこと気にかけてた。結婚式会場の外でネイト・パパの怪しい行動を目撃したチャックは様子を見てたの。すると、ネイト・パパがうさんくさい男と何やら金品のやり取りをしたらしくて。遠目にはドラッグに見えたのね。不審に思ったチャックは警備員に彼を見張るよう指示。そして"彼が会場を出ようとしてる"との一報を受けて、ネイトにさっき見たことを話したの。ネイトは"父さんは更生したんだ!"って信じなかった。でチャックは"お前が俺を嫌う気持ちは分かるが、俺はブレアを愛してる。本当に悪かった"と謝罪。"今はそのことでモメてる場合じゃない"とパパを追うように促したの。ネイトが外に出ると、パパがリムジンに乗り込んで去るとこだった。ネイトが"降りて!"ってバンバン窓をたたくと、パパは出てきて"私は街を出る。家に手紙を置いてきたから読んでくれ"と言ったの。ネイトは"まだ薬物依存が治ってないならまた治療をすればいい"って説得。するとパパは"それはもう完治したから必要ないが、詐欺罪と横領罪で25年の禁固刑を免れることはできないから国外逃亡する"。しかも"母さんが自家用機を手配して費用も払ってくれた。これからはお前が家長としてアーチボルド家を守ってくれ"だって!寝耳に水のネイトは、あきれて言葉もなかった。そして"なあネイト・・・"と息子の肩に触れた瞬間、ネイト・パパは彼に顔面パンチを食らったの!ほんともうハチャメチャ。それでもパパはリムジンに乗り込んで逃亡するため空港へ。ネイトはチャックにお礼を言ってた。
この2人の友情は元どおりになる雰囲気だね。

080520_117chuck.jpg会場は宴もたけなわ、付添人のスピーチの時がきた。チャックにスポットライトが当たると、みんな彼が何を言うかドキドキ・・・だってチャック・バスだもん!でもビックリ。とても心のこもったスピーチで、チャックじゃないみたいだった。最初はメモを読んでたんだけど、途中から自分の言葉で語り出したの。で、"真実の愛を感じたら絶対あきらめちゃいけない"って言いながらブレアを見つめてた!!ウソ!?彼女はマジで心を打たれたみたいだった。
ダンスタイムが始まると2人はフロアへ。チャックはこれまで2人の間に起きたことを謝って"お前とネイトは合ってない"って言うと、ブレアは"あんたは誰とも合わないでしょ"って言い返しながらもチュ!で、またチュ?!何かいい感じ!

くっつく人もいれば、別れる人もいた。

セリーナとダンは今朝からずっと関係を修復しようと努力してるけど、うまくいってないみたい。セリーナは別れたくないけど、ダンの気持ちは揺れてた。実際、ダンはジョージーナと寝てなかったんだけど、彼にしてみれば"寝たも同然"ってことらしくて。セリーナも傷ついてたけど、ダンの心はもっと重い。何よりセリーナにウソをつかれたのがショックだったし、セリーナがほんとのことを言わなかったせいで、イカれたジョージーナと危うく深い関係になってしまうとこだったから。メチャ理解のある彼氏ダンに、セリーナは真実を話すべきだったんだよね。どうやら2人の関係は、バート・バスのあのブランチの日に逆戻りって感じ。セリーナはダンが思ってた理想の女の子じゃなかったし、今回は彼女を許すことができないってわけ。"いい夏休みを。秋になったらまた学校で"って・・・。私たちお気に入りのカップル、別れちゃうみたい!


そして1週間後に夏休みがやって来た。
ルーファスはザ・ブリーダーズ(彼らの曲、マジでいいからダウンロードしてみて)とコンサート・ツアーに出発。ジェニーには夏のインターンシップの合否結果が届いたの。ファッション業界希望だったんだけど、どこに採用されたと思う?何とエレノア・ウォルドーフ・デザインだって!ワァー、ひと夏ブレア・ママの下で働くなんて・・・平穏に過ごせるわけないよね。
夏休みの間ニューヨーク市内に残るのはジェニーだけじゃなかった。フリーの身になったダンとヴァネッサも。そう、結婚式の後ヴァネッサとネイトは結局うまくいかなかったみたい。悲し?、シクシク・・・ってのは冗談! ダンとヴァネッサはお互い、いい話し相手になりそう。これでヴァネッサは独り身に戻ったダンのそばにいられるし、きっとこの夏は昔みたいな親友関係を取り戻せるよね。
ネイトは市内を離れてロングアイランドのハンプトンズで過ごす予定。セリーナもそのつもりだった。夏休みはおとなしく、いい子にしてるつもりらしい。日中はビーチでニコラス・スパークスの小説を読んで過ごし、夜は異性を避けて別荘にこもるとか。とにかく自分を見つめ直すんだって。ネイトもそうみたいだし、どうせなら一緒に見つめ直したら?
ブレアはパパとロマンがいるフランスで夏休みを過ごす予定だけど、その前に一週間、イタリアのトスカーナでバカンス。チャックとね!バートの自家用ジェットで行くらしい。この2人、すっごくロマンチック。ブレアいわく"チャックといると私は悪いとこをさらけ出せる。そしてなぜか私は彼のいいとこを引き出せるの"だって。

チャックが荷造りをしてると、バートが部屋に入ってきて"お前のことを誇りに思う"って褒め出した。バートは、チャックがブレアとステディになることをすごく喜んでる様子。でも"お前にとっていい経験になる。この決断は大人になった証拠。学ぶことも多いだろう。この夏お前は生まれ変わるぞ"と言われて、チャックは内心パニックに。有り余るお酒とお金、そして何より両手に余るほどの女がいなきゃ"俺はチャック・バスだ"じゃなくなる!?って思っちゃったわけ。

ブレアはヘリポートに到着。ここからヘリコプターでニュージャージー州のティターボロー空港まで行って2人のロマンチックな旅行が始まる予定なんだけど、チャックはまだ来てなかった。まあ幸い独りで待つハメにはならなかったけどね。同乗してイタリア出張へ行くバートの部下、ベンがいたから。2人がおしゃべりをしてると、ブレアの携帯にチャックからメール。"遅れるから先に行ってくれ。イタリアで合流しよう"だって。ブレアは"まあいいか、たった10時間だし。それに会えない時間が愛を育てるって言うしね"って、ベンとヘリコプターに乗り込んで飛び立ったの。

で、そのチャックはというと、褒めてくれたパパの言葉をあっさり捨てちゃった。ついでにブレアに買ってたバラの花束までゴミ箱にポイ。そしていつものチャックに戻ったの!バス家のインテリア・コーディネーター、アメリア(ブロンド美人だし、口説くしかないよね!?)を紹介されて一目で気に入った彼。やっぱりチャック・バスはヒョウと同じでマダラを変えられない。
チャック・バスはどこまで行ってもチャック・バスで、ブレア・ウォルドーフにも変えられなかった。


チャック・バスはちゃんとイタリアに行くのかな?

ブレアは、チャックがフライトをすっぽかしたことを許すのかな?

セリーナは自分で立てた貞節の誓いを守れるのかな?

ネイトは家族と和解できるのかな?

ヴァネッサは一日中ダンの声を聞いてるのに嫌気がさすのかな?

そして、ジェニーはもう一人のウォルドーフの超厳しい要求にこたえられるのかな?

一体どうなるのかその結果が知りたいことばかりだなんて!!
でも、みんな安心して!そう、ゴシップガールに夏休みはないから。
もちろん私も我らがアッパー・イースト・サイダーと同じく、ハンプトンズでのんびり過ごしたり、カプリ島のプライベート・ヴィラで日光浴するよ。でも夏休みだからってゴシップもお休みってわけじゃない。
むしろ、暑くなってくると人って不思議とスキャンダラスなことをしでかすんだよね。
だから心配しなくても、私が必ず最新かつ極上のネタを常にアップするからね!
世界中に散らばる、私の素晴らしき情報提供者たちのみんなもよろしく!

みんな耳をダンボにして目をしっかり見開いて、
我らが罪深きアッパー・イースト・サイダーたちが何かしでかすのを見逃さないでね。
何か情報が入ったら、私の使命として必ず書き込むから。

今年の夏はジリジリと暑くなりそう。
サングラスと日焼け止めクリームは必須だよ。

私のこと好きだよね。

xoxo Gossip Girl


« 前  1  次 »

  • mike: SとD・・・・・・・
  • a&a: SとDは絶対にうまく
  • it,me: cもうサイコー!!
  • m: Dにはがっかり! B
  • : Gがいなくなってよか
TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.
© 2000-2010 SUPER NETWORK,inc.All rights reserved