可愛くてリッチ!スキャンダラスでホット!ウワサの最旬ドラマ、ついに日本上陸!

「ゴシップガール」は、セシリー・フォン・ジーゲザー著の同名ベストセラー小説を、人気ドラマ「The OC」のクリエイター、ジョシュ・シュワルツがドラマ化したTVシリーズ。物語の舞台はニューヨーク、マンハッタンで最もリッチな地区、アッパー・イースト・サイド。ウワサ好きでリッチな若者たちの間で注目の的となっている“ヤング・セレブ”たちを主人公に、過激なほどドラマティックで洗練された彼らのライフスタイルをセンセーショナルに描き、2007年の全米放送開始から現在に至るまで、常に注目を独占している話題のTVシリーズ。

「ゴシップガール」は、放送開始直後から、主人公の高校生たちを取り巻く大人顔負けの恋愛模様を描いたドラマティックなストーリーと、その洗練されたライフスタイルやファッションが流行に敏感な視聴者の間で話題を集め大ヒット!本国アメリカでの爆発的な人気から、日本上陸が待ち望まれていた本作は、“ヤング版SEX AND THE CITY”、“ポストThe OC”との呼び声も高く、登場人物たちが着こなすモードなアイテムを上手く取り入れた最新トレンド・ファッションも見どころのひとつ(おしゃれバイブルとしての注目度は、ついにドラマの中の登場人物等にインスパイアされた公認のファッション・ブランドが立ち上げられたほど)。アメリカのティーンの間ではいまやファッション・バイブルと化し、番組のヒットをきっかけに主人公のセリーナ役を演じるブレイク・ライブリー(映画『グリーン・ランタン』)とブレア役のレイトン・ミースターが大ブレイク!数々の雑誌の特集やカバーを飾り、新たな“おしゃれセレブ”としてメディアの注目度も急上昇!また、彼女たちと恋のゲームに興じる男性陣には、ペン・バッジリーエド・ウェストウィックチェイス・クロフォードら、いずれもグッドルッキングな注目の若手俳優たち。さらに、物語のナレーターで、劇中に登場する情報サイトのブロガー“ゴシップガール”の声は、クリスティン・ベル(TV「ヴェロニカ・マーズ」、「HEROES/ヒーローズ(エル役)」)が担当していることでも注目を集めている。

そんな全米のみならず日本においても人気“女子ドラマ”のトップに君臨している本シリーズも、ついに感動の最終章へ。もちろん通算6年目となるファイナル・シーズンでもアディクティブなストーリー展開は健在。そして最大のミステリー、アッパー・イースト・サイドの黒幕で謎の存在“ゴシップガール”の正体が、いよいよ明らかに!

“ゴシップガール”は一体誰?
ブレアとチャックの未来は?
セリーナが最後に選ぶ男性は?

とびきりゴージャスな愛しのセレブたちと過ごす、最後の季節。

「私の正体?それは絶対に秘密。私のこと好きでしょ?xoxoゴシップガール」

フィナーレにふさわしい極上ゴシップをお楽しみに!


通なら知ってる?GGの“もっと美味しい”楽しみ方
そのツボは……。技アリの英語原題にあり!


アメリカでは、放送開始の2007年9月から2012年までに全6シーズン、通算121話が展開された ゴシップガール。いまシリーズを振り返るなら、各エピソードの英語原題にもぜひ注目を。実は、原題はすべて実在する新旧様々な映画のタイトルを拝借、あるいはもじった遊び心あふれるものだから!
名作系では、例えば「Gone with the Wind(風と共に去りぬ)」が「Gone with the Will(遺言と共に去りぬ/シーズン2第15話)」に。「The Remains of the Day(日の名残り)」は「Remains of the J(Jの名残り/シーズン2第20話)」。もちろん印象深い話題作も採用、「The Blair Witch Project(ブレア・ウィッチ・プロジェクト)」を、「The Blair Bitch Project(ブレア・ビッチ・プロジェクト/シーズン1第14話)」など、つい全制覇したくなる、人に語りたくなる愛すべき小ネタチェックもお忘れなく。
全エピソード名は【エピソードページ】でチェック!

話題のセレブやニューヨークのトレンドを語る上でも欠かせない、ホットなトピック満載の最新TVシリーズ「ゴシップガール」、いよいよ日本初上陸!

© Warner Bros. Entertainment Inc.© SUPER NETWORK,inc.All rights reserved.