1976年8月6日ロード・アイランド州プロビデンス生まれ。 USC在学中から脚本家として執筆をはじめ、最初の脚本はコロンビアが購入。いくつかの脚本を執筆した後、4作品目の「The OC」が大ヒット、その成功により、当時27才という異例の若さでTVシリーズのクリエイターそして最年少プロデューサーとなる。
The OC」ではこれまでに脚本家協会賞や、ピープルズ・チョイス・アワードなど数々の賞にノミネートされている。大のミュージック・ファンで、プロデュースした「The OC」でリリースされた6枚のサウンドトラックにフィーチャーされた、デス・キャブ・フォー・キューティーズやダンディ・ウォーホール、モデスト・マウスなどは、「The OC」がきっかけとなって脚光を浴びた。「The OC」に続き、本作「ゴシップガール」、「CHUCK/チャック」も大ヒット。2011年にはレイチェル・ビルソン主演の新ドラマ"Hart of Dixie"をプロデュースしている。最近では、本作の製作を共同でつとめているステファニー・サヴェージとともに、大ヒットTVシリーズ「SEX AND THE CITY」の前章となる新ドラマ「The Carrie Diaries(原題)」のプロデュースも進行中。

1969年カナダ生まれ。トロント大学を卒業後、アイオワ大学で映画史と映画理論で修士号を取得。博士号の勉強をしているときに、ドリュー・バリモアのプロダクション会社 Flower Filmsの副社長となり、『25年目のキス』『ドニー・ダーコ』の製作を手がける。2001年にはMcGと一緒にプロダクション会社 Wonderland Sound and Vision を設立、映画『チャーリーズ・エンジェル』やTV「ファストレーン」「The OC」などを製作する。「The OC」では第13話「クリスマカー」をはじめ、10エピソードを執筆しており、2005年独立後には「The OC」の製作総指揮(シーズン4)となる。「ゴシップガール」の製作総指揮、脚本執筆の一方で、ジョシュ・シュワルツとともに大ヒットTVシリーズ「SEX AND THE CITY」の前章となる新ドラマ「The Carrie Diaries(原題)」のプロデュースも進行中。

© Warner Bros. Entertainment Inc.© SUPER NETWORK,inc.All rights reserved.