September 3, 2013
Gossip Girl

 
 ・・・というか。
   
 
 ・・・ローラはもう少し、訓練と経験を積んでもよかったかもね。
 
 
xoxo Gossip Girl
 
 
lolaresume_500.png


August 30, 2013
Gossip Girl

s520_GO520B_0140r-1024x698.jpgのサムネール画像ローラは最高な一週間を過ごしてた。

キキ・ド・モンパルナスのファッションショーの報道は彼女の"イットガール"としてのステータスに魔法をかけてくれた。それに女優としてのキャリアにもね。GG(別名セリーナ)に次から次へと「ローラのことを教えて」というメールが入ってきてくる上に、それだけじゃなくて、まだ駆け出しの女優なのにザ・パブリック劇場でかの有名なラース・フォン・トリアー監督(!)が自ら演出する『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の舞台版(!)のオーディションにと声までかかった。ルンルンなローラは、オーディションに何を着ていけばいいかな、と服のことでセリーナにアドバイスを求めにきた。もちろんセリーナは力になってあげてたけど、ちくりと嫌味も言ってた。・・・ばっちり決めなきゃね、みんなローラのこと書きたててるし(ゴシップガール以外は、だけど)。ところがローラはいけしゃあしゃあと、GGは哀れな存在でしかないし、それにそんなに影響力があるとは思わない、と抜かした。その一言にセリーナは不意打ちされた様子。で、緊張してるかどうかセリーナに訊かれたローラは、監督はみんな権力を振りかざす傾向があるし、ラースも特に厳しいことで有名だけど、泣かずに頑張る、って言ってた。いけいけ、その調子!

ローラがオーディション会場に着くと、突然キャンセルの知らせ。はあ? どうやら、GGの《特ダネ》のせいだったらしい。

《特ダネ》ローラは高飛車な女優の卵ってことが判明。
     だって、彼女、豪語してたもん。
     "大事なのはスター本人。本物の俳優に監督の指示なんて必要ない。
     みんな指示に従ってるフリをしてるだけ"って。

あのさ、S、ちょっとやりすぎじゃない? とにかく、それを読んだローラは信じられなかった。で、ローラはセリーナに電話して疑問をぶつけた。・・・何かおかしくない?GGは下着写真をアップして以降、あたしのこと取り上げてないくせにあたしにとって人生で一番大事な日に標的にするなんて、どーいうこと?WTF? するとセリーナは、ローラが思ってる以上に、GGは影響力があるってことだろうね、と切り返した。
このせいで、ローラに疑念が生まれた。Sが誰かに今朝の会話を話したのかも、ってね。もちろんセリーナは、話すわけないと否定。ところがその一言で逆にピンときた。...OMG もしや? もしかして!? セリーナがゴシップガール?!?
ローラはネイトのところへ行き、仮説を説明。けどネイトは、そんなことはあり得ない、と全然相手にしてくれない。で、ローラは絶対証明してみせる、と宣言。もう一回言うけど。いけいけローラ!その調子!!

s520_GossipGirlseason5e20c.jpgのサムネール画像さて一方で、ネイトはダイアナにチャックが行方不明の母親を捜してるって、漏らしちゃった。それを聞いた彼女、すごく動揺してたみたい。それに輪をかけるかのように、私・本家本元のGGからメールが。セリーナが乗っ取ってるGGサイト奪還に手を貸さないなら、そもそもダイアナがGGを脅威だと感じた、あの秘密をばらすから。ってね。

で、慌てたダイアナは、すぐセリーナに会いに行った。評判の悪いGG本人っていうか、最近GGのふりをしてブログしてる張本人にね。ところがダイアナはセリーナに、このまま身元を隠したままGGサイトを続けてほしいと伝えた。そうすればダイアナの過去の秘密は暴かれずに済む、と踏んだらしい。代わりに、セリーナが運営する『ゴシップガール』が世界で一番人気のあるサイトに仕立てるから、って。
ふーん。やれるものならやってみれば?

一方、ブレアとダンは、ブロードウェイのショーのオープニングで華やかにカップルとしてデビューするつもりでいた。もちろん、主導権はブレア。でも、ダンはBの世界に溶け込むことにやや抵抗がある模様。で、何か妥協案はないか?って考えるも、二人の議論は堂々巡り。とその時、ブルックリンのレストランでランチしてる画家のジェナ・グリボンと作家のジュリアン・テッパーにばったり遭遇。"NY五つの行政区のブランジェリーナ"、だもんね。ジュリアンはUES出身でジェナはクイーンズ出身。でも彼らいわく、住んでいた世界は違っても、いい関係を築けてるんだって。(ま、区が違うだけ、というかもしれないけど、UESとクイーンズじゃ世界が違う、と言っても過言じゃないし)。ジュリアンとジェナは毎月サロンと銘打つ集まりを主宰してるんだけど、興味深い人たちが集って、美味しい食事と機知に富んだ会話で盛り上がるらしい。それを聞いたブレアとダンは、自分たちにぴったりだと思った。今風で知的。まさにぴったり!と意見が一致。で、早速自分たちもサロンを主宰すべく、準備を始めた。カップルとしてのお披露目を兼ねたパーティーでもあるから、大わらわ。で、テーマはイギリスに決定したものの、誰を招待するかで、悩む二人。セリーナは却下。ネイトも却下。ジェナとジュリアンはマスト。それから、ダイアナ・ペイン? ・・・イギリス人だし、マスコミの人間。パーティーのことを記事にしてくれたら、自分たちがNYで一番ホットなカップルになれる!! Dair にツキがまわってきたよ。

ところが、セリーナに会いにウォルドーフ家に立寄ったローラが、ブレアとダンがパーティーの相談をしているのを立ち聞き。パーティーはダンが二作目を発表するいい機会だと言ってるのを小耳に挟んだローラは何かを思いついた模様。そして、ドロータの携帯で(携帯は置きっぱなしにしてはいけません)、GGにメールした。今夜、孤独なボクがサロンで「インサイド」の続編について発表する、ってね。さて、セリーナは姿を現すかな?

s520_GossipGirlseason5e20d.jpgさて、そのセリーナはGGの件で話し合おうと、ダイアナを捜しに「スペクテイター」のオフィスへ行って、ネイトにばったり。顔を合わせた二人の間には、ちょっとぎこちない空気・・・(ほら、NがSをクビにしたでしょ)。でも、すぐ仲直り。あー、やっぱ友達っていいね!
ネイトはローラに手を焼いてることをセリーナに相談。"イットガール"ってもてはやされてから、ちょくちょく行方不明になるし、おまけにセリーナがGGだっておかしなことを言いだすし、困ったもんだ、ということらしい。・・・ネイトってば、相変わらず口が軽いんだよね。もちろんセリーナは驚いたフリして、"私がGG? あり得ないっば!"って、ごまかしてたけど、Sは内心、ヤバい、と思ってたに違いない。

さあ、ようやくダイアナを見つけたセリーナ。でも、彼女いつものことながら電話中。で、セリーナはこっそり立ち聞き。そして、 ダイアナが電話の相手に、セリーナと取引して、SがGGをコントロールしてる限り、病院でダイアナがチャックにしたことは誰にもバレないから安心して、と言っているのを聞いちゃった。ワオ!セリーナは驚愕のあまり、その足でチャックが事故後に収容された病院へ直行。そして、事故当夜、当直していた看護師を見つけて、ダイアナの写真を見せた。あの夜、この女性も来てたか聞くと、看護師はダイアナが来ていて、チャックに献血をしたのも彼女だったと話した。OMG!で、セリーナは至急ダイアナと話がしたいってオフィスに電話をしたけど、助手に電話には出られないって断られた。でも、今夜ダイアナはブレアとダンのサロンに行く予定だって教えてくれた。
なんだかトラブルの予感!

一方、ルーファスとリリーは、まだブルックリンとUESで別居中。リリーは夫に会いにブルックリンへ。リリーは、ルーファスがいなくて寂しくて、Rがいない家は我が家じゃないみたいだと訴えた。でもルーファスはリリーの世界に飛び込んでから自分の一部を失った気がする、って、UESに戻ることには消極的。そこで、リリーが提案。今のマンションを売って、二人ともしっくりくる所を探しましょう、って。リリーは夫婦関係を修復しようと必死みたい。
ところが、ソーホー・グランドというホテルから宿泊客のためにクレジットカードを照合したいと連絡があったの。その宿泊客が、なんとアイヴィー・ディケンズ。ちょっと待った。どういうこと? 実はルーファスが路頭に迷ったアイヴィーに同情し、ホテルに滞在させていたんだった。それを知ったリリーは激怒。リリーにとってアイヴィーは盗人以外の何者でもない。でも、ルーファスからしてみれば、家族も、友達もいないし、お金もない若いかわいそうな子で、悪い事はしていない、ってことらしい。すると、リリーは猛反発。あなたは間違ってる、犯罪者をかくまってるのよ、私のお金で! この一言は彼の心にグサリと刺さり、ルーファスはリリーの本心を知った。
そして、ルーファスがカフェでカードを切ろうとしたら、カードは拒否された。OMG リリーってば、ルーファスを締め出しちゃったみたいだよ。ヤバいっx 100万回。

さて、ブレアとダンのパーティーが開催されるブルックリンのロフト。ローラは、セリーナがGGだって暴いてやるって、やる気満々。で、彼女はネイトを誘っていて(ネイトはついでにチャックも連れて来てた)、そして再び自分の仮説を証明してみせると宣言。セリーナが姿を現したのを見たローラは、ダンが二作目のことを発表した途端、GGにアップされるはず、とネイトに説明。でもネイトは、ここにいれば誰が投稿してもおかしくない、と指摘。確かに、その通りだよね。で、ローラは別の事を思いついた。

ダイアナとセリーナが話をするため席を外すと、ローラはセリーナが置き忘れた携帯を持って後をつけ、こっそり様子を観察(みんな、もう一回言うよ。携帯は置きっぱなしにしちゃダメだよ!)。Sの携帯画面を見たローラは、OHMYGOD GGのライブ配信リンクのアイコンを見つけ、すかさずクリック。その瞬間、セリーナとダイアナの会話はGGのサイトでストリーミング開始。

 セリーナ:チャックが事故に遭った夜、あなたはどこにいた?
 ダイアナ:・・・確かNYにいたわよ。
 セリーナ:じゃ、チャックが生まれた日、あなたはどこにいたの?
 ダイアナ:・・・何が言いたいか見当はついたわ。

(一部省略)

この辺りから、パーティーに来てた面々が一斉にGGのサイトのストリーミングを見だした。

 セリーナ:あなたはチャックの命を救った。どうして?
 ダイアナ:
それは、私が母親だから。

s520_GossipGirlseason5e20e.jpgOMFG!大変!ローラは慌ててスイッチを切った。マズい!こんな生々しいドロドロが待ち受けているとは夢にも思っていなかった。でも、後の祭り。最大の秘密がみんなにバレちゃった。

当然、チャックはダイアナに怒り心頭。ずーっとNYにいて、しかも、自分のBFFとヤリまくり、パーティーに呼んだくせに、真実を話す気もなかった!? WTF? チャックはもう何もできず、出て行った。かわいそうなC :(

ローラは、自分の勘が当たったことが信じられなかった。やっぱりSがGGだったんだ!
でもセリーナは、そんなことはもうどうでもいい、ローラがしでかした事はとんでもない事だと、カンカン。もちろんローラは、チャックを傷つけたことは本当に悪いと思ってるらしいけど、Sを傷つけることは後悔しない、って。セリーナはこの大きな秘密については口外しないでほしいと懇願。
でね、ネイトに謝ってるときも、ローラは、SがGGだということは話さなかったんだよね。・・・ローラってば、何をためらってるの?

さて、氷を買いに行っていたブレアとダンはドロドロ劇を見逃してた。ロフトに戻ると、お客さんがみんな帰って行くのでビックリ。ジェナとジュリアンには、サロンというより昼メロって感じって、言われる始末。最悪。二人で新境地を拓こうとしたのに、惨たんたることになっちゃった。この先どうすればいいの?とブレアは嘆くばかり。でもダンは、二人の関係において、どちらかの世界を選ぶ必要はないと思ってた。二人の世界は二人のものだから。ブレアにしてみれば、二人の世界は今夜大規模な災難に遭ったわけだけど。するとダンは、災難は二人で乗り越えればいい、二人でチームだから、って。ヤだ、この二人好きになりそう。そんな自分は嫌いになりそ。

ローラはセリーナに会いに行った。セリーナはネイトに自分がGGだということをローラがバラさなかったから、内心感謝してた。でも、どうして言わなかったんだろうね? ローラはNはすごく友達を大切にしてるからセリーナがGGだと知れば傷つくと思ったみたい。一晩でチャックとネイト二人の生活をぶち壊すようなことはできなかった、ということらしい。でも、ローラにはまだ疑問があった。どうしてセリーナはGGになりたいのか? セリーナはGGになったのは最近であること、それに今はそれしかすることがないから、と話した。哀しいねえ。
セリーナの本心を聞いたローラは心に決めた。UESのことは十分わかったから、ここから身を引いて、ジュリアードに戻って演劇の勉強を続けるって。ローラは、キャロルママにも電話して、やっぱりママの言ってた通りで、UESはほんと有害なとこ。上流階級もヴァンダーウッドセン家の人たちも、もうウンザリ、って話してた。じゃあね、ローラ!
その直後、セリーナはGGに書き込み。
 《スポットライトを浴びてたローラだけど、本日をもって正式に灯りは消えたみたい》
ローラの出番は終わりってことらしい。
s520_GossipGirlseason5e20a.jpgのサムネール画像
さて、重大な秘密を暴露されちゃったダイアナは、ネイトとチャックに会いにエンパイア・ホテルへ。そしてチャックと対面した彼女はすべてを白状した。・・・ダイアナがバート・バスと出会った頃、彼はエリザベスと結婚していた。バートにぞっこんだった若いダイアナはあきらめきれず、不倫の関係になった。でも妊娠がきっかけで終わったらしい。チャックは、どうしてエリザベスに自分を託したのか、疑問をぶつけた。ダイアナいわく、当時の彼女の生活はめちゃくちゃで、いい母親にはなれる状況じゃなかったし、エリザベスは子供を産めなかったから、チャックを彼女に託して街を出たんだって。辻褄は合うよね。その後、チャックに会いたいと思ってバートに連絡したけど、息子を混乱させるだけだと断られたとか。真相を話し終えたダイアナは、今はNYにいるし、チャックも真実を知ったわけだから、母子の絆を取り戻そう、と提案。あらまあ、と言いたいけど、やっぱ妙な感じ?
 
 
さてさて、一件落着と思いきや、そうはいかないよ。

私、ダイアナにメールしたんだ。彼女、青くなってた。

だって、私が言ってた"彼女の秘密"って、
彼女がチャックのママだということじゃないんだもん。

他の事だよ。全く別の秘密。しかも、もっと重大な秘密。


もう、知りたくてウズウズしちゃうでしょ。
でも、がまんがまん。

そのうち秘密は暴かれるから。

楽しみに待ってて。

xoxo Gossip Girl


  • miley-sa: BとCは切っても
  • まい: 今のルイとのロマンチ
  • natsu: ブレアの負けず嫌いな
  • Lili: ダンがいい。チャック
  • すず: ブレアは、カーターと
  • 購読する
  • 購読する
TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.
© 2000-2010 SUPER NETWORK,inc.All rights reserved