2013年8月アーカイブ
August 30, 2013
Gossip Girl

s520_GO520B_0140r-1024x698.jpgのサムネール画像ローラは最高な一週間を過ごしてた。

キキ・ド・モンパルナスのファッションショーの報道は彼女の"イットガール"としてのステータスに魔法をかけてくれた。それに女優としてのキャリアにもね。GG(別名セリーナ)に次から次へと「ローラのことを教えて」というメールが入ってきてくる上に、それだけじゃなくて、まだ駆け出しの女優なのにザ・パブリック劇場でかの有名なラース・フォン・トリアー監督(!)が自ら演出する『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の舞台版(!)のオーディションにと声までかかった。ルンルンなローラは、オーディションに何を着ていけばいいかな、と服のことでセリーナにアドバイスを求めにきた。もちろんセリーナは力になってあげてたけど、ちくりと嫌味も言ってた。・・・ばっちり決めなきゃね、みんなローラのこと書きたててるし(ゴシップガール以外は、だけど)。ところがローラはいけしゃあしゃあと、GGは哀れな存在でしかないし、それにそんなに影響力があるとは思わない、と抜かした。その一言にセリーナは不意打ちされた様子。で、緊張してるかどうかセリーナに訊かれたローラは、監督はみんな権力を振りかざす傾向があるし、ラースも特に厳しいことで有名だけど、泣かずに頑張る、って言ってた。いけいけ、その調子!

ローラがオーディション会場に着くと、突然キャンセルの知らせ。はあ? どうやら、GGの《特ダネ》のせいだったらしい。

《特ダネ》ローラは高飛車な女優の卵ってことが判明。
     だって、彼女、豪語してたもん。
     "大事なのはスター本人。本物の俳優に監督の指示なんて必要ない。
     みんな指示に従ってるフリをしてるだけ"って。

あのさ、S、ちょっとやりすぎじゃない? とにかく、それを読んだローラは信じられなかった。で、ローラはセリーナに電話して疑問をぶつけた。・・・何かおかしくない?GGは下着写真をアップして以降、あたしのこと取り上げてないくせにあたしにとって人生で一番大事な日に標的にするなんて、どーいうこと?WTF? するとセリーナは、ローラが思ってる以上に、GGは影響力があるってことだろうね、と切り返した。
このせいで、ローラに疑念が生まれた。Sが誰かに今朝の会話を話したのかも、ってね。もちろんセリーナは、話すわけないと否定。ところがその一言で逆にピンときた。...OMG もしや? もしかして!? セリーナがゴシップガール?!?
ローラはネイトのところへ行き、仮説を説明。けどネイトは、そんなことはあり得ない、と全然相手にしてくれない。で、ローラは絶対証明してみせる、と宣言。もう一回言うけど。いけいけローラ!その調子!!

s520_GossipGirlseason5e20c.jpgのサムネール画像さて一方で、ネイトはダイアナにチャックが行方不明の母親を捜してるって、漏らしちゃった。それを聞いた彼女、すごく動揺してたみたい。それに輪をかけるかのように、私・本家本元のGGからメールが。セリーナが乗っ取ってるGGサイト奪還に手を貸さないなら、そもそもダイアナがGGを脅威だと感じた、あの秘密をばらすから。ってね。

で、慌てたダイアナは、すぐセリーナに会いに行った。評判の悪いGG本人っていうか、最近GGのふりをしてブログしてる張本人にね。ところがダイアナはセリーナに、このまま身元を隠したままGGサイトを続けてほしいと伝えた。そうすればダイアナの過去の秘密は暴かれずに済む、と踏んだらしい。代わりに、セリーナが運営する『ゴシップガール』が世界で一番人気のあるサイトに仕立てるから、って。
ふーん。やれるものならやってみれば?

一方、ブレアとダンは、ブロードウェイのショーのオープニングで華やかにカップルとしてデビューするつもりでいた。もちろん、主導権はブレア。でも、ダンはBの世界に溶け込むことにやや抵抗がある模様。で、何か妥協案はないか?って考えるも、二人の議論は堂々巡り。とその時、ブルックリンのレストランでランチしてる画家のジェナ・グリボンと作家のジュリアン・テッパーにばったり遭遇。"NY五つの行政区のブランジェリーナ"、だもんね。ジュリアンはUES出身でジェナはクイーンズ出身。でも彼らいわく、住んでいた世界は違っても、いい関係を築けてるんだって。(ま、区が違うだけ、というかもしれないけど、UESとクイーンズじゃ世界が違う、と言っても過言じゃないし)。ジュリアンとジェナは毎月サロンと銘打つ集まりを主宰してるんだけど、興味深い人たちが集って、美味しい食事と機知に富んだ会話で盛り上がるらしい。それを聞いたブレアとダンは、自分たちにぴったりだと思った。今風で知的。まさにぴったり!と意見が一致。で、早速自分たちもサロンを主宰すべく、準備を始めた。カップルとしてのお披露目を兼ねたパーティーでもあるから、大わらわ。で、テーマはイギリスに決定したものの、誰を招待するかで、悩む二人。セリーナは却下。ネイトも却下。ジェナとジュリアンはマスト。それから、ダイアナ・ペイン? ・・・イギリス人だし、マスコミの人間。パーティーのことを記事にしてくれたら、自分たちがNYで一番ホットなカップルになれる!! Dair にツキがまわってきたよ。

ところが、セリーナに会いにウォルドーフ家に立寄ったローラが、ブレアとダンがパーティーの相談をしているのを立ち聞き。パーティーはダンが二作目を発表するいい機会だと言ってるのを小耳に挟んだローラは何かを思いついた模様。そして、ドロータの携帯で(携帯は置きっぱなしにしてはいけません)、GGにメールした。今夜、孤独なボクがサロンで「インサイド」の続編について発表する、ってね。さて、セリーナは姿を現すかな?

s520_GossipGirlseason5e20d.jpgさて、そのセリーナはGGの件で話し合おうと、ダイアナを捜しに「スペクテイター」のオフィスへ行って、ネイトにばったり。顔を合わせた二人の間には、ちょっとぎこちない空気・・・(ほら、NがSをクビにしたでしょ)。でも、すぐ仲直り。あー、やっぱ友達っていいね!
ネイトはローラに手を焼いてることをセリーナに相談。"イットガール"ってもてはやされてから、ちょくちょく行方不明になるし、おまけにセリーナがGGだっておかしなことを言いだすし、困ったもんだ、ということらしい。・・・ネイトってば、相変わらず口が軽いんだよね。もちろんセリーナは驚いたフリして、"私がGG? あり得ないっば!"って、ごまかしてたけど、Sは内心、ヤバい、と思ってたに違いない。

さあ、ようやくダイアナを見つけたセリーナ。でも、彼女いつものことながら電話中。で、セリーナはこっそり立ち聞き。そして、 ダイアナが電話の相手に、セリーナと取引して、SがGGをコントロールしてる限り、病院でダイアナがチャックにしたことは誰にもバレないから安心して、と言っているのを聞いちゃった。ワオ!セリーナは驚愕のあまり、その足でチャックが事故後に収容された病院へ直行。そして、事故当夜、当直していた看護師を見つけて、ダイアナの写真を見せた。あの夜、この女性も来てたか聞くと、看護師はダイアナが来ていて、チャックに献血をしたのも彼女だったと話した。OMG!で、セリーナは至急ダイアナと話がしたいってオフィスに電話をしたけど、助手に電話には出られないって断られた。でも、今夜ダイアナはブレアとダンのサロンに行く予定だって教えてくれた。
なんだかトラブルの予感!

一方、ルーファスとリリーは、まだブルックリンとUESで別居中。リリーは夫に会いにブルックリンへ。リリーは、ルーファスがいなくて寂しくて、Rがいない家は我が家じゃないみたいだと訴えた。でもルーファスはリリーの世界に飛び込んでから自分の一部を失った気がする、って、UESに戻ることには消極的。そこで、リリーが提案。今のマンションを売って、二人ともしっくりくる所を探しましょう、って。リリーは夫婦関係を修復しようと必死みたい。
ところが、ソーホー・グランドというホテルから宿泊客のためにクレジットカードを照合したいと連絡があったの。その宿泊客が、なんとアイヴィー・ディケンズ。ちょっと待った。どういうこと? 実はルーファスが路頭に迷ったアイヴィーに同情し、ホテルに滞在させていたんだった。それを知ったリリーは激怒。リリーにとってアイヴィーは盗人以外の何者でもない。でも、ルーファスからしてみれば、家族も、友達もいないし、お金もない若いかわいそうな子で、悪い事はしていない、ってことらしい。すると、リリーは猛反発。あなたは間違ってる、犯罪者をかくまってるのよ、私のお金で! この一言は彼の心にグサリと刺さり、ルーファスはリリーの本心を知った。
そして、ルーファスがカフェでカードを切ろうとしたら、カードは拒否された。OMG リリーってば、ルーファスを締め出しちゃったみたいだよ。ヤバいっx 100万回。

さて、ブレアとダンのパーティーが開催されるブルックリンのロフト。ローラは、セリーナがGGだって暴いてやるって、やる気満々。で、彼女はネイトを誘っていて(ネイトはついでにチャックも連れて来てた)、そして再び自分の仮説を証明してみせると宣言。セリーナが姿を現したのを見たローラは、ダンが二作目のことを発表した途端、GGにアップされるはず、とネイトに説明。でもネイトは、ここにいれば誰が投稿してもおかしくない、と指摘。確かに、その通りだよね。で、ローラは別の事を思いついた。

ダイアナとセリーナが話をするため席を外すと、ローラはセリーナが置き忘れた携帯を持って後をつけ、こっそり様子を観察(みんな、もう一回言うよ。携帯は置きっぱなしにしちゃダメだよ!)。Sの携帯画面を見たローラは、OHMYGOD GGのライブ配信リンクのアイコンを見つけ、すかさずクリック。その瞬間、セリーナとダイアナの会話はGGのサイトでストリーミング開始。

 セリーナ:チャックが事故に遭った夜、あなたはどこにいた?
 ダイアナ:・・・確かNYにいたわよ。
 セリーナ:じゃ、チャックが生まれた日、あなたはどこにいたの?
 ダイアナ:・・・何が言いたいか見当はついたわ。

(一部省略)

この辺りから、パーティーに来てた面々が一斉にGGのサイトのストリーミングを見だした。

 セリーナ:あなたはチャックの命を救った。どうして?
 ダイアナ:
それは、私が母親だから。

s520_GossipGirlseason5e20e.jpgOMFG!大変!ローラは慌ててスイッチを切った。マズい!こんな生々しいドロドロが待ち受けているとは夢にも思っていなかった。でも、後の祭り。最大の秘密がみんなにバレちゃった。

当然、チャックはダイアナに怒り心頭。ずーっとNYにいて、しかも、自分のBFFとヤリまくり、パーティーに呼んだくせに、真実を話す気もなかった!? WTF? チャックはもう何もできず、出て行った。かわいそうなC :(

ローラは、自分の勘が当たったことが信じられなかった。やっぱりSがGGだったんだ!
でもセリーナは、そんなことはもうどうでもいい、ローラがしでかした事はとんでもない事だと、カンカン。もちろんローラは、チャックを傷つけたことは本当に悪いと思ってるらしいけど、Sを傷つけることは後悔しない、って。セリーナはこの大きな秘密については口外しないでほしいと懇願。
でね、ネイトに謝ってるときも、ローラは、SがGGだということは話さなかったんだよね。・・・ローラってば、何をためらってるの?

さて、氷を買いに行っていたブレアとダンはドロドロ劇を見逃してた。ロフトに戻ると、お客さんがみんな帰って行くのでビックリ。ジェナとジュリアンには、サロンというより昼メロって感じって、言われる始末。最悪。二人で新境地を拓こうとしたのに、惨たんたることになっちゃった。この先どうすればいいの?とブレアは嘆くばかり。でもダンは、二人の関係において、どちらかの世界を選ぶ必要はないと思ってた。二人の世界は二人のものだから。ブレアにしてみれば、二人の世界は今夜大規模な災難に遭ったわけだけど。するとダンは、災難は二人で乗り越えればいい、二人でチームだから、って。ヤだ、この二人好きになりそう。そんな自分は嫌いになりそ。

ローラはセリーナに会いに行った。セリーナはネイトに自分がGGだということをローラがバラさなかったから、内心感謝してた。でも、どうして言わなかったんだろうね? ローラはNはすごく友達を大切にしてるからセリーナがGGだと知れば傷つくと思ったみたい。一晩でチャックとネイト二人の生活をぶち壊すようなことはできなかった、ということらしい。でも、ローラにはまだ疑問があった。どうしてセリーナはGGになりたいのか? セリーナはGGになったのは最近であること、それに今はそれしかすることがないから、と話した。哀しいねえ。
セリーナの本心を聞いたローラは心に決めた。UESのことは十分わかったから、ここから身を引いて、ジュリアードに戻って演劇の勉強を続けるって。ローラは、キャロルママにも電話して、やっぱりママの言ってた通りで、UESはほんと有害なとこ。上流階級もヴァンダーウッドセン家の人たちも、もうウンザリ、って話してた。じゃあね、ローラ!
その直後、セリーナはGGに書き込み。
 《スポットライトを浴びてたローラだけど、本日をもって正式に灯りは消えたみたい》
ローラの出番は終わりってことらしい。
s520_GossipGirlseason5e20a.jpgのサムネール画像
さて、重大な秘密を暴露されちゃったダイアナは、ネイトとチャックに会いにエンパイア・ホテルへ。そしてチャックと対面した彼女はすべてを白状した。・・・ダイアナがバート・バスと出会った頃、彼はエリザベスと結婚していた。バートにぞっこんだった若いダイアナはあきらめきれず、不倫の関係になった。でも妊娠がきっかけで終わったらしい。チャックは、どうしてエリザベスに自分を託したのか、疑問をぶつけた。ダイアナいわく、当時の彼女の生活はめちゃくちゃで、いい母親にはなれる状況じゃなかったし、エリザベスは子供を産めなかったから、チャックを彼女に託して街を出たんだって。辻褄は合うよね。その後、チャックに会いたいと思ってバートに連絡したけど、息子を混乱させるだけだと断られたとか。真相を話し終えたダイアナは、今はNYにいるし、チャックも真実を知ったわけだから、母子の絆を取り戻そう、と提案。あらまあ、と言いたいけど、やっぱ妙な感じ?
 
 
さてさて、一件落着と思いきや、そうはいかないよ。

私、ダイアナにメールしたんだ。彼女、青くなってた。

だって、私が言ってた"彼女の秘密"って、
彼女がチャックのママだということじゃないんだもん。

他の事だよ。全く別の秘密。しかも、もっと重大な秘密。


もう、知りたくてウズウズしちゃうでしょ。
でも、がまんがまん。

そのうち秘密は暴かれるから。

楽しみに待ってて。

xoxo Gossip Girl


August 29, 2013
Gossip Girl

 


これまでのGGアンケート>>


August 29, 2013
Gossip Girl

目撃情報

Sヴィア・クアドローノ Via Quadronno でコーヒーをテイクアウト。
彼女が着てたジャケット、喉から手が出るほどほしい。
あれはコム・デ・ギャルソンの新作だよ。

Bバーニーズ Barney's でショッピング中。いつものことだね。

Dはホットドッグ売りからホットドッグを買って食べてる。
いつものことだけど。

CNスポーツクラブ LA Sports Club/LA に入って行くのを目撃。
一汗かく気満々って感じ。
ちゃんとストレッチしてから、ね。
 
 
xoxo Gossip Girl


August 27, 2013
Gossip Girl


・・・沈黙を守ってるのはGGだけ?
何だか最近はUESも静まりかえってる感じがしない??

報告すべきニュースがほとんどない状態なんだよね。
それって、まじで寂しくない?

・・・GGの受信トレイも心もとなくなってきたんだよね。

お願いだから、みんな、情報を送ってほしい。
必ず投稿するからさ。

メールを未読にしたり、内容を調査しないなんてこと、GGは絶対しないよ!!!
約束する!
 
 
xoxo Gossip Girl


August 26, 2013
Gossip Girl

ハッピーな日になりそうだよ。
ブレアの離婚書類がやっと届いた。けど、一体ジョージーナがどうやって離婚を実現させたのかはわからないけど。・・・ほんとのことを知るのも怖い気がするし。

でも、ブレアはそんなことまったく気にしていない様子。これでロイヤル・マリッジの束縛から解放されて、新しい男(っていうか、新しい坊やだよね。だってあいつはこの先も孤独なボクだもん)と手を繋いで堂々と外を歩けるって嬉しくて仕方がないみたい。
ところがその矢先、ブレアの離婚が『ゴシップガール』の《特ダネ》で暴露された。一体GGはどうやってこんなに早く情報をゲットできたわけ?? 確かに変だよね。でも、もっと変なのはブレアだった。離婚が成立したことを知ってダンがお祝いに駆けつけたのに、書類に問題があるって言い出した。どうやら、ロイヤル・ファミリーの押印がないらしい。書類の不備でルイに足下をすくわれたくないし、サインをする前に確認しなきゃ、ということらしい。・・・何か怪しい。そして書類をチラッと見た瞬間、勘が的中してることがわかった。WTF 押印はちゃんとされてる!! で、晴れて自分との交際を公にできることになり、ブレアはパニクってるのかもしれない、とダンは不安になった。
そりゃそうだよね、ダン・ハンフリーが彼氏だったら私もパニクるわ。

でも実のところ、ブレアは結婚に完全に終止符を打つ前に、もう少し時間がほしいらしい。書類にサインをしちゃったら、まだ手放す踏ん切りがついてないものに扉を閉めちゃうような気がする、っと、ドロータに話してた。その直後、驚くことに、チャックがウォルドーフ家に姿を現した。チャックはエリザベス・フィッシャーのことでブレアに相談しに来たんだった。実は、アンドリュー・タイラーにエリザベスの消息を探らせてるんだけど、見つけるのが本当に困難だったらしく、どうやら彼女は本当に見つかりたくないらしい。やっとウィーンに居住していることを突き止めたものの、チャックは母親と、ある種の関係を築くべきか迷ってるみたいで、ブレアのアドバイスが欲しかったんだって。本当の母親だと分かった今、もう一度彼女に連絡すべきかどうか。ブレアは、そんなこと聞かれてもと戸惑いつつ、それに、母親のことを口実に自分に取り入ろうとしてるだけだろうし、正直、BとCは友達としてはうまくいかないから、だから友好的な会話をしたってムダ、ということらしい。バイバイ、チャック。

s519_120411_GO519B_0055r-200x300.jpg一方、その頃「スペクテイター」のオフィスには、ダイアナ・ペインが戻って来ていた。投資者になったらしいんだけど、まるでオーナーのようなデカい態度。しかもネイトのオフィスまで占拠しようとしてた。ほんと厚かましい。それでもダイアナは投資者として自分には権利があるし、ネイトも「スペクテイター」も絶対自分の力が必要だと主張。「スペクテイター」はすごく業績が悪いらしくて、自分が戻って来たからには返り咲いてみせる、とやる気満々。で、手始めに、キキ・ド・モンパルナスの『Down To Your Skivvies』パーティーを共催するんだって。 Ooh la la

あー、かわいそうなネイト。「スペクテイター」にダイアナが乗りこんで来て、首根っこを押さえられてる感じ?ダンはネイト出資者としてでもなぜダイアナが必要なのか理解できなかった。世界一リッチなBFFがいるんだし、チャックに頼んで出資してもらえばいいのに。するとネイトは、チャックは今動かせる金がないから、と言うから、ダンは分らなかった。チャックに金がない、ってどういうこと、そんなに経済情勢が悪かったっけ? 質問攻めにあったネイトは、チャックがブレアの持参金を払ったと、真相を告白。だから、ブレアは離婚できたんだった。・・・ブレアがブルックリン男子と付き合うことに二の足を踏んでる理由が、ダンはわかった(と思った)。

その直後、チャックがブレアの家で目撃された《速報》が流れた。ダンは即Bに電話。何か言うことはない?持参金のことは知ってるから、とダンは話した。ブレアは困惑。持参金が何なの?
ダンは、チャックが持参金を支払ったことを話して、それが理由で、離婚書類にサインしてないんだろう、と続けた。ブレアは驚きを隠せなかった。チャックが払ったの!? ブレアは全く知らなかったんだって!! またやらかしちゃったね、D。

その頃、セリーナはGGのふりをしてた。ちょっと、ビッチになってないで、さっさとサイト返してよ!!
と同時に、セリーナは表舞台から退きたいと思い始めていた。"イットガール" としてはもう潮時なのかも、と思い始めたらしい。するとブレアはBFFに、"新しいセリーナ"を見つけて、イットガールになるための決定的な瞬間を演出して衝撃的なデビューをさせればいい、と話した。さて、セリーナ派一体誰に白羽の矢を立てるかな? 悩むことないよ、セリーナ。灯台もと暗し!金の卵は身内にいるよ。
s519_120411_GO519B_0378r.jpgローラはネイトの事で悩んでいた。ダイアナ・ペインが「スペクテイター」の投資者になったことを知って、その件でネイトにそのイギリス人のことを訊いた途端、態度が変になるし、何か隠してるんじゃないかって疑心暗鬼に。で、まともなUESの女子なら誰でもすること、「ゴシップガール」でダイアナを検索してみた。たちまちヒットした写真を見たローラはビックリ。ネイトとダイアナは付き合ってた?しかもダイアナって、めちゃHOTだし。Yikes.
ネイトとどう関わればいいか分からなくなったローラはイトコのセリーナにアドバイスを求めた。セリーナは、ローラがやたらとUESを毛嫌いするところを指摘。ネイトに合わせて、少しはこの世界を知る努力をしたほうがいい。UESのすべてを受け入れろとは言わないけど、UESはネイトの一部だから、一緒にいたいならそれは受け入れたほうがいいって助言。言ったその瞬間、セリーナはひらめいた。いとこのローラこそが、次の"イットガール"なのかも、って。

さて、ローラの決定的な瞬間を作るべくセリーナは即行動に出た。今夜のパーティーのためにランジェリーの試着をするから、一緒に行こう、とローラを丸め込んで、キキ・ド・モンパルナスの店に連れて行き、そこでローラにめちゃセクシーなランジェリーを試着するよう勧めた。
あまりのセクシーさにローラはムリ!を連呼。でも、セリーナに言いくるめられ、結局試着室へ。気取り屋ちゃんには申し訳ないけど、セリーナが火災警報器のスイッチを押したもんで、みんな一目散に店から避難。もちろん、ローラも慌てて下着のままで試着室から出て来た。スキャンダラス!! で、どうなったかというと、すぐに、グリーン通りで下着姿で立ちつくすローラの写真がGGに《特ダネ》としてアップされた。ローラには屈辱だった。話題作りにセリーナが仕掛けた罠だとは知る由もなかったしね。セリーナの悪巧みは大成功!!だって、キキ・ド・モンパルナスのトレイシーは、ローラが今夜のパーティーでモデルをできるか、Sにメールで問い合わせ。セリーナはネイトの世界と関わる絶好のチャンスだと、イトコを説得。でもローラは躊躇してた。自分には向かない、と全然乗り気じゃないんだよね。Boo!

続いてSが受けたメールはダイアナからだった。ダイアナはネイトと一緒にパーティーに行くんだって! わお。Sは即GGにこのネタをアップ。それを見たローラは愕然 WTF? すぐネイトを問いただしに行った。ネイトはガセネタだと言い張ってた。とはいえパーティーには行かなきゃいけないからデートはまた別の日にしよう、とローラを追い返す始末。失礼しちゃうよね。
しかしまあ、ダイアナは押しが強いから、ローラは太刀打ちできないかもね。だって、ダイアナは一緒にパーティーに行こうとネイトを説得にかかった。同僚としてだけど、一緒に出席すれば、好印象を与えたいスポンサーに対してアピールになる、と言われ、ネイトも納得しちゃった。で、それを知ったローラはやっと肝を据えることにした。イケメンのエスコートでキキ・ド・モンパルナスのパーティーに行って、モデルもやる。それを聞いたSは大はしゃぎ。完璧に黒幕をこなしてるし。

遥か彼方のブルックリンでは、ルーファスとリリーがまだロフトで仮住まい中。でもそれもあと少しの辛抱かも。というのも、実はルーファスはアイヴィーに会いに行き、もし自分たちがUESのマンションに戻れるのなら、相続した財産の凍結は解除する、と交渉してたんだよね。ハンフリーパパが窮地を救う! ・・・と思いきや、アイヴィーの弁護士が電話をしてきて、彼女は銀行の窓口に行ったけど、約束の小切手は用意されてなかったと抗議。アイヴィーはマンションを空け渡す代わりにお金をもらえると思っていたから、荷物をまとめ、鍵も返したって。ルーファスは困惑。結局、それはリリーの仕業だった。アイヴィーを追い出せたから、二度とあの詐欺師に敷居をまたがせない!!ってことらしい。ルーファスはイラッときた。アイヴィーにウソをついただけじゃなく、自分の提案に賛成したのもウソだったわけで、ルーファスは怒り心頭。UESのマンションに戻ったリリーだったけど、そこにはルーファスの姿はなかった。彼はブルックリンに残ったらしい。夫婦げんか勃発。

s519_GO519a_0116r.jpgさて、ローラがキキ・ド・モンパルナスのパーティー会場に到着。フロリダ時代の友人エイダンと一緒にね。エイダンは結構イケメンで、だからかな、ネイトは紹介された時ちょっとジェラシーなかんじだった。ローラもなかなかやるね。
さて、ダイアナと「仕事デート」のネイトはズバリ切り出した。「スペクテイター」を救うために戻って来たわけじゃないはず、まだ、自分に気があるからだろう、とネイトはダイアナに詰め寄った。ダイアナは、ご冗談を、とばかりに取り合わず、未練なんかないのを証明してあげる、といってエイダンを試着室に連れ込んだ。それがまた激しいのなんの。するとローラはネイトに、計画どおり、と報告。エイダンはローラたちが思った通りの動きをしてくれてる、って。・・・ちょっと待った。ローラとネイトが仕組んだってこと!? なんとローラとネイトはダイアナとエイダンの情事をバッチリ録画。でもそこでセリーナに見つかっちゃったんだよね。Sはビックリ。まさかあんたたちずっとグルだったの!? ローラに利用され、ウソをつかれたセリーナはあり得ない!!!と相当頭にきたみたい。

でも、残念ながらネイトとローラの計画には致命的な欠陥があった。証拠のビデオもあるし、エイダンはまだ16歳だからダイアナを性犯罪者として訴えるつもりでいた。「スペクテイター」からダイアナを追放できるはずだった。ところが、そのビデオを公にしたら、あなたたちは児童ポルノの撮影・公開の罪で告発されるわよ、とダイアナが忠告。Yikes 大失敗だよ。

後でダイアナはネイトに、平穏に仕事がしたい。もう悪巧みも権力争いもしないから、と話した。「スペクテイター」はネイトのものだし、自分はサポート役に回るし、もう公私混同はないし、ローラとの仲を邪魔する気もない、と続けた。でもさ、ほんとにダイアナはそんなこと誓えるのかな?

ローラはSのことを利用する様なことになって悪かったけど、ネイトのためには仕方なかったと謝った。それに、ローラはやっぱり 悪いけど"イットガール" には興味がない、って。セリーナはいとこにマジギレ。おまけにその怒りに油を注いだのはトレイシーからの連絡。キキ・ド・モンパルナスの目玉商品の名前は予定していた「ザ・セリーナ」から「ザ・ローラ」に変わるかもしれない、って。 Ouch

s519_120411_GO519a_0624r.jpgさてパーティー会場では持参金の件でブレアがチャックに食ってかかっていた。自分を金で買って取り戻そうとするなんて、信じらんない!! ブレアがこの件の事を知っているので、チャックはショックだった。ブレアだけには絶対知られたくなかったから。チャックはただブレアを自由にしてやりたかっただけだった。ちょっと。・・・チャックは本当になんの見返りも求めず、無視無欲の行動をしてるわけ!?
ブレアには返す言葉もないし、怒る気にもなれず。ブレアはチャックに自由にしてくれてありがとう、って感謝の言葉を送った。Aw?

一方ダンは、チャックの秘密をバラしたことを後悔。それでもなお、納得できないことがあった。ブレアはチャックが支払ったことを知っていたから離婚手続きにサインしなかったのかと思ったけど、本当の理由は何だったわけ?
ブレアはずっとプリンセスになることを夢見てきたわけで、ルイとの関係は強烈だった。公族やらティアラやらロイヤル旋風に目まぐるしく振り回された、でも結局、本当のプリンセスにはなれなかったけどね。また喪失感を味わうことになり、それと向き合う時間が必要だった、ということらしい。それを聞いたダンはやるべきことを思いついた。で、ブレアをMetの階段に連れて行き、オモチャのティアラを着けてあげたの。すると、OMG!あの有名なブレア・ウォルドーフだ!って、瞬く間に後輩の中学生に囲まれちゃった。ブレアはすごく嬉しそうで、ダンに感謝。そして、二人はキス。キュートだった。
だんだんこのカップルが気に入ってきたかも。

ローラは再びセリーナに謝りに来た。いろいろあったけど、彼女にとっては結果的には良かったらしい。というのも、彼女の写真を見たエージェントから電話があって、女優の道が切り開けそうなんだって。やったね!と言いたいところだけど、それを聞いたセリーナは面白くなさそう。もしかしたら、まだイトコに"イットガール"の座を譲る気になってないのかもしれない。だってローラに関するメールがじゃんじゃん入ってくるのに、Sったら、ローラを中傷するような《特ダネ》をGGにアップした。

  《特ダネ》 ローラは自分の下着姿の写真を自作自演。
     必死すぎて何だか哀れ。
     それにUESに"イットガール"は一人で十分だし、
     それは永遠にセリーナ・ヴァンダーウッドセンだって
     分からないの?

でも、ローラに同情する必要はなさそうだよ。だって、パパラッチには絶好の被写体みたいだもん。スター街道まっしぐらって感じ?

それから、変なことに、私立探偵のアンドリュー・タイラーが、エリザベスに連絡するのはやめろ、とチャックに忠告。なぜかというと、チャックの母親じゃないからだって!! アンドリューが彼女に連絡して確認を取ったところ、彼女は献血はしてない、と断言。事故当時、彼女は寺院にいたらしく、調べた結果それが事実だと判明。チャックはすごいショックを受けてた。でも、本腰を入れて自分に血を分けてくれた人物を追及することにした。
 
 
 
ねえ、S、お願い。

何度頼めばいいのかな?

GGサイトを ASAP で返してよ。

こっちだっていつまでも黙っちゃいないよ。

それだけはよく覚えといてよね。
 
 
xoxo Gossip Girl


August 22, 2013
Gossip Girl


これまでのGGアンケート>>


August 19, 2013
Gossip Girl

あら。あら。あらあら。

平穏な日々を過ごしてると思いきや、突然どっかーーん!!!!
とクレイジーなことになっちゃった。
と思うのは自分一人だけじゃないはず。

まじ有難いことだけどね。
だって、平穏な日々って、まじめに退屈なんだもん。

s518_120403_GO518B_0001r.jpg我らが愛しのアッパー・イーストサイダーの数名がびっくりなことにUESから姿を消した。
リリーとルーファスブルックリンに借り住まい中。ブルックリンに仮住まい中。考えただけでも、ぞっとする。リリーたちは、フロリダの詐欺師アイヴィーにマンションを追い出されたんだよね。シシーが実の孫娘でもないアイヴィーに財産を遺して逝っちゃったから、リリーとルーファスはUESの住まいを失うことに。もちろん、リリーが自分の家に戻りたくてしかたないのは言うまでもない。だって郵便番号だって違うんだよ、10019じゃないんだよ!? 11201なんてイヤx100万回、ってこと。で、リリーは、シシーが遺言を書き変えるよう丸め込むために、アイヴィーが何をしたのか探ろうと、弁護士のブルース・キャプランと面会。ところがブルースは、シシーはチャーリー・ローズではなく、アイヴィー・ディケンズと明言しているから、アイヴィーの素性は知った上で遺言を残しているからどうしようもないって。そんなバカな!絶対何かの間違いだと思ったリリーは真相を暴いてやるって心に決めた。

頭にきているローズ家の人間はリリーだけじゃなかった。キャロルもイライラ。で、シシーの遺言執行人のウィリアム・ヴァンダーウッドセンにそのイライラをぶつけまくっていた。あんたなら遺言を覆すことができるでしょ、してくれないなら、あんたがローラの父親だってことをバラすわよ。 と脅す始末。ヤバいと思ったウィリアムはアイヴィーに会いに行った。やっと自分と口をきいてくれる人物が出てきたもんで、アイヴィーは歓迎モード。リリーが彼女をUESから追放すべく方々に手を回してたから、誰もにわか成金の彼女と関わろうとしないんだよね。そこでウィリアムは、みんなに好感を持ってもらいたいなら、シシー・ローズ癌基金を称えるパーティーをすればいい、と提案。ウィリアムは、人を集めるから、もちろん手数料はいただく、ってさ。それでも、アイヴィーは話にのった。どうしてもみんなに好かれたいらしい。成り上がりはさびしんだってさ。

さて、セリーナは本物のジャーナリストを目指して奮闘中。で、「スペクテイター」に掲載するアイヴィー・ディケンズの暴露記事の執筆を始めてた。ところが、残念ながら一番の情報源であるローラがインタビューに応じてくれない。ローラとアイヴィーはフロリダにいる時からの知り合いなのに。ちょっとはさ、イトコを助けてあげようよ。
でも、ある小包を受け取って、状況は一変。中にはノートパソコンと「ゴシップガールはあんたにバトンタッチする」と書かれたジョージーナのメモが入ってた。 Whaaaaat?
パソコンを立ち上げ、ログインすると、たちまちメールで情報がわんさか入ってきた。でも、SはGGのかじ取りをするつもりはないみたい。・・・ま、それもアイヴィーがパーティーを主催するというメールが画面に出てくるまでの話だけどね。たまたまその画面を目にしたネイトは、長期休暇中の「ゴシップガール」ってば、いつ再開したの、自分のところには《特ダネ》メール届いてないのに、と言い出したので、セリーナはたった今、配信を再開したみたい、と嘘をついた。辻褄合わせにセリーナはパーティーの情報をGGサイトにアップロード。その瞬間、ネイトの携帯がすぐ鳴って、《特ダネ》着信。
やっぱインターネットの力って偉大だよね。それにGGもね :)

ローラはセリーナと話すことは拒否してたけど、ウィリアムとは話したいと思ってた。彼ならUESのことをちゃんと分からせてくれて、家族のことも説明してもらえると期待してたんだ。ところが、エンパイア・ホテルに会いに行ったら、ウィリアムとアイヴィーがパーティーとお金のやり取りの話をしているのを密かに立ち聞き。うさん臭い!って思ったローラはネイトに相談。ネイトはめちゃくちゃ怪しいし、あの二人は人を騙すのが十八番だから、気をつけたほうがいい、と忠告。でも、ローラはつまらないゴシップに巻き込まれたくないから、この事は口外しないで、とネイトに約束させた。Boo!
残念ながらネイトは約束を破り、セリーナに喋った。Sはカンカン。パパは賄賂を受け取るような人間じゃない、まして、アイヴィー・ディケンズみたいな詐欺師と関わるなんてあり得ない!って、ご乱心。その様子を見たネイトは、セリーナが担当しているアイヴィー記事を中止することを決めた。身内のことだから、感情的になってて、公平な記事は書けないから、ってことらしい。もちろん、セリーナは怒り心頭。記事のために何時間も一生懸命リサーチしたのに、Nってばヒドイ!で、アイヴィーがどんなに卑劣な人間か世間に知らしめる必要があると思ったセリーナはGGとして、二度目の投稿をあげた。内容は、アイヴィーがした悪事のオンパレードで、午後8時にGGの《特ダネ》として配信されるようタイマーを設定。ところで、Sは知らなかったけど、パーティーの件はウィリアムとリリーが仕組んだ事だったんだよね。アイヴィーが遺言執行人のウィリアムに小切手を切れば、彼女は法を犯したことになり、遺言を無効にできるらしい。パーティーはアイヴィーを陥れる罠だったわけ。ヤバいよ、すべてオジャンになっちゃうってば!

s518_120403_GO518A_0237r.jpgジャック・バスが再び街に現れた。チャックは、あの事故の時、ジャックが輸血してくれたおかげで命拾いしたと、その感謝の印として、『ジャック・バス棟』と名付けた新しい棟を病院に寄付することにしていた。なんて太っ腹なの!
でも、ジャックがイートン校に留学していたことを知ると、イギリスで80年代を過ごした人間の献血は禁じられているはず、とチャックに疑念がわいてきた。で、ジャックを問いただすと、叔父は甥っ子に、お前を助けるために、ウソをついた、女遊びもも気晴らしのドラッグ使用のこともごまかしたから、と説明。でも、まだまだ疑ってたチャックは、病院内を嗅ぎ回り、ジャックのカルテをゲット。そこには、ジャックはC型肝炎と明記されてた、だから献血は不可能ってことだよね。ふーむ。

さて新しい病棟の式典で、チャックは献血運動を実施。そして、姿を現したジャックに献血をしてもらうから袖をめくれ、と迫った。ジャックは観念して、白状。チャックに血をあげたのはおじさんではなく、エリザベスだった。でも、彼女は、チャックには言わないでくれと言ってたらしい。今度はエリザベスに恩を感じたチャックは(やっぱ本当の母親ってこと?)、お礼が言いたい一心で居場所を突き止めようとした。でも残念ながら、エリザベスはまったく見つからないの。一体どこにいるんだろうね?でも、チャックは、絶対見つける、と決意。あらっ、かわいい!?
そのチャックを横目にジャックおじさんは、こっちへ戻って来て事態を収拾しろ、とか何とか誰かに電話。・・・電話の相手はエリザベスかな? 家族が家族だけに、なんともいえないけどね。

s518_120403_GO518A_0076r.jpg一方、ダンとブレアは、初Hをするタイミングを見計らっていた。残念ながらいざっていうと、いつも邪魔が入る。両親が部屋にいたり、工事現場の騒音にムードを壊されたり、なかなか事に至らない。だから、ダンがホテルの部屋をゲットして、ようやくその時を迎えられた。Woohooo! ところがとうとう一線を越えたっていうのに、星が飛ぶどころか、全然よくなかったらしい。しかも、気まずい空気を更に悪くするがごとく、BとDはお互いウソをつき、ワオ! って、言っちゃったんだ。 Yikes.
ホテルを出るとそれぞれ、ブレアはドロータと生まれたばかりの赤ちゃんに会いにクイーンズへ。ダンは最悪だったことを相談しにネイトのところへ。ドロータもネイトも、お互い正直に話し合うべきだ、と同じことを二人にアドバイス。その間ブレアもダンも飲みまくり、へべれけに。 Cheers!

ヴァンダーウッドセン家に着いたブレアダンは、泥酔状態。エレベーターで一緒になった二人は、やっとお互いさっきのHについて正直でなかったことを認めた。・・・確かに「ワオ」っていえるようなもんじゃなかった。それどころか、何も感じないほどつまらなかった。もしかして、知的な部分では相性は抜群なのに、あっちの相性は悪いのかも。残念だけどね。でも、ブレアはめちゃH上手だと主張。ほんとにすごいから、だから証明してあげる、と言いだし、エレベーターの中で2人に突然スイッチがはいった、。それがまた、めちゃくちゃHOTなわけで。ふたりにはどうやら練習が必要だったってことかな?その甲斐あって本番大成功!?練習こそ極める道なり。

パーティー会場では、リリーあ作り笑顔でアイヴィーに対応。もちろん何も知らないアイヴィーはリリーが来てくれて大喜び。これからは良いお友達になりたい、シシーもきっとそれを望んでたはず、とか言っちゃって。リリーは、にっこり相槌うちながら、腹の底ではシシーの遺言執行人のウィリアムを買収してる証拠となる小切手に早くサインしなさい、と相手が罠にはまるのを待っていたわけ。そしてセリーナにも計画を耳打ちし、アイヴィーを法廷に引きずり出す武器を用意したと話した。それを聞いたセリーナはパニック。いますぐコンピューターにアクセスして、タイマー予約した《特ダネ》がGGにアップされるのを阻止しなきゃ大変なことになる!!でもタイミング悪く、伝説のテレビ番組の司会者、ディック・キャヴェットに話しかけられ、足止めを食っちゃった。もちろん 《特ダネ》は定刻通り、配信され、みんなの携帯が一斉に鳴りだした。
まったくセリーナってば、せっかくの悪巧みをつぶしてどうすんの?

s518_120403_GO518B_0249r.jpg投稿を見たアイヴィーは、リリーとウィリアムがこんな仕打ちを!?と、愕然。そもそも向こうから手助けしてやる、と申し出て見返りを求めてきたわけで、ウィリアムを買収するつもりなんかないのに、とご立腹。セリーナはいとこのローラに加勢を求めた。アイヴィーがパパを買収しようとしたのを目撃したことを証言してほしいって。最初は躊躇していたローラだけど、結局、見たことをありのままみんなに伝えたの。ハレルヤ!とリリーは胸をなで下ろしてた。やっと遺言状に異議を唱えられる状況と相成ったんだもんね。で、協議中は、アイヴィーの資産は凍結されることに。
あら大変、また貧乏生活に逆戻り?

ローラが真相を話してくれたおかげで、最悪の事態を免れたセリーナはマジでホッとしてた。まあ、そのツケはあるみたいだけど。
というのも、ネイトは怒りを通り越して、セリーナにブチ切れていた。なぜならネイトは「スペクテイター」に投資してくれる候補者に売り込みをかけている最中だったからね。そしてやっと、手堅い候補を見つけたものの、その投資家はGGサイトでアイヴィー記事を目にした。つまり、「スペクテイター」はアイヴィーの独占記事を掲載できなかったってことだから、投資者は引いちゃったの。セリーナしか知り得ない事実がアップされていたのだから、GGに情報を提供したのはセリーナに決まってるわけで、ネイトは即刻Sをクビにした。っていうかさ、一体何回クビになったら学ぶんだろうね?
その直後、いい知らせなんだか悪い知らせなんだか分からないけど、ネイトに新たな投資者が食指を動かした。それが、あのダイアナ・ペイン
マジで!?
 
 
ああ、かわいそうなセリーナ。
仕事なし。男なし。何もなし。

でも、彼女は"持ってる"ものが一つあるんだよね。
そう、「ゴシップガール」

で、SはGGのフリをしてブログを始めた。
 
 
 
正直、あの忌まわしいジョージーナにGGのフリをされた時も、勘弁って感じだったけど、
今度はSってさあ。

だから、彼女には懇切丁寧にGGサイトの返却をお願いしてるんだけどね。
・・・だって、そろそろ本家本元が復帰しないと。
正直なとこ、どう考えても、
本家本元のほうが、成りすましよりはるかにいい!

とみんなも思うでしょ。

だから返してくれるのを待ってるよ、S。
この際、プライドもへったくれもない。

頼むから、返してちょうだい。
 
 
 
xoxo Gossip Girl


August 15, 2013
Gossip Girl


これまでのGGアンケート>>


August 9, 2013
Gossip Girl

お葬式って最悪だよね。
だって、・・・でしょ?

s517_120228_GO517B_0356r.jpgところが、びっくりなことに、シシーおばあちゃんはなんと自分のお通夜をパーティーにしちゃった!ヴァンダーウッドセン家はギネスビールのサーバーとビュッフェ料理で完璧なアイルランド式お通夜の会場と化してた。当然リリーはショック。母がそんなことするわけない、ってね。けど、リリーの予想に反し、シシーは自分の人生にどう祝杯をあげるたいか、事細かな指示を葬儀社に託していた。確かにお葬式の段取りはシシーが望んだとおりのものだったかもしれないけど、でも、娘二人が険悪になることは望んでなかったと思うけどね。でも残念ながら、リリーとキャロルはいがみ合ってばっか。とにかく、キャロルが女優を雇って娘のふりをさせていたと知ったリリーは姉さんはイカれてる!って、カンカン。ほとほとキャロルには愛想が尽きたのか、良い食器は盗まれるかもしれないからしまって!って、言い出す始末。

キャロルに怒り心頭なのはリリーだけじゃなかった。ローラは母親とは一切関わりたくないって感じ。はたまた、ヴァンダーウッドセン家の人間とも。ローラにしてみれば、自分は親戚の存在すら知らなかったけど、みんなは彼女の存在を知っていたにも関わらず、連絡さえしようとしなかったじゃない、って気持ちらしい。セリーナは何とか気持ちをほぐそうと必死に声をかけ、シシーのお通夜に来てくれるよう説得。それでもローラはヴァンダーウッドセン家もUESも好きになれないって、頑なだった。
でも、最近ローラはネイトと一緒にいることが多いよね。UESが嫌いって言ってるくせにネイトは好きなわけでしょ?だから、UESは悪い人ばかりじゃないかも、って思い直したみたいで、シシーのお通夜に顔を出すことにしたんだ。ところがヴァンダーウッドセン宅に着くや否や、ママと口論を始めた。この人たちは信用できないの、と母親は娘を説得しようとしてたけど、でもローラは、自分にウソをついたのは母親のあんただけだから、とグサリ。 ouch.

s517_120228_GO517A_0372r.jpgさて私、ジョージーナはというと、ネタ探しで大忙し。「ゴシップガール」を運営するのって、すごーく骨が折れる仕事なんだよね。もう、家に缶詰めで息が詰まりそうだし、世捨て人になり果てた気がしてきた。そろそろ精神衛生上、リフレッシュしなきゃって、思ってたんだよね。そこで今日は一日休んでお通夜に行くことにした。生きていることを実感しながら一日を過ごすことができるから。でしょ?
とにかく、新しい友達アイヴィーとお通夜へ行く予定だった。そう、あのアイヴィー・ディケンズだよ。いずれかけてくるだろうと思ってたけど、その通り、彼女から電話をもらった。二人でシシーに哀悼の意を表しにヴァンダーウッドセン家へ行ってる間、GGの更新は旦那さんに任せることにした。マジでヘマしないでよ、フィリップ!

一方、ブレアには朗報が届いた。サイラスが婚前契約書に抜け穴があることを発見したんだとか。契約にサインをしたのはモナコだけど、結婚したのはNYだから、ルイは友好的に婚姻無効を認め、持参金の請求も放棄しなきゃいけないんだって。ということは?まず、ブレアはルイとの結婚を解消できる。そして、晴れてダンとデートできるってわけ。あ"-。

ところが、ブレアとダンがカップルになることを何が何でも阻止しようとしてる奴がいた。それはもちろん、チャック。あのブライダル・スイートのビデオを投稿した犯人はハンフリーだって知ってるチャックはセリーナから婚前契約の抜け穴の件を聞くや、行動に出た。私にダンがビデオを投稿したことを公表するべきだって、メールしてきたの。それだけならたいした事じゃないでしょ?ところがね、優しいけどおバカな旦那さんがとんでもないヘマをしてくれちゃった。フィリップったら、間違ってチャックのメールをそのまま全部GGのホームページにアップロード(マズい×100万倍)!! というわけで、チャックがGGにメールをしてるという事実と、ダンがあのビデオの投稿者だった、という事実が同時に世間にバレる羽目に。・・・どっちの方がよりヤバいかなんてわかんない!!

さて、超ラッキーなことにお通夜にいくと、全員集合してた。みんな来てるからドロドロを全部目の当たりにできるんだもん。YAY!!
まずブレアはよくもあんな見え透いたウソをGGに送ってくれた、とチャックにカンカン。けどチャックは、ウソじゃないから秘密の新カレに訊いてみろ、ときっぱり否定。で、ブレアはダンを問いただした。ダンはあっさりビデオを投稿したことを認めた。けど、それなりの理由があったと主張。ダンいわく、何ヵ月もブレアの側でルイ王子との結婚をためらい不幸せそうな彼女を見ていたから、彼女のためを思ってビデオを投稿したんだって。うーん・・・どういうこと?つまり、結婚式を阻止したかっただけで、まさかブレアが自分と逃げ出すとは思ってもいなかったってこと。それを聞いたブレアは、ひとまずダンを許すことにした。とりあえずのところは、だけどね。

s517_120228_GO517A_0153r.jpgその矢先、悪いニュースが飛び込んで来た。ブレアの社交事務担当の私設秘書エスティが、サイラスが企てている婚姻無効のプランは絶対実現しないと宣言。と思ったら、良いニュース。なんとエスティは独自のプランがあるとかで、ブレアがルイを捨てるなら自分がもらうって。ほーら、言ってたとおり彼女やっぱり薄気味悪いんだってば!
実はね、エスティはルイと幼なじみなんだけど、彼女の家族の社会的地位のせいでロイヤル・ファミリーの花嫁には相応しくないとずっと思われてきてたわけだ。ところが、ブレアのお祭り騒ぎのおかげでエスティの立場も逆転しつつある。そんなわけで、彼女のアタマの中にはある計画ができていた。まず、ルイは記者会見を開き、結婚を解消すると発表。それから、ロイヤル・ファミリーの広報がエスティを宣伝してプリンセス候補として仕立てあげる。その間、ブレアはかん口令を敷かれるらしい。つまり、マスコミとは一切接触してはいけないってこと。もし、Bが指示どおり動くなら、エスティはブレアとルイとの婚姻を無効にしてみせる、と宣言。お互いメリットのある作戦だし、ってことらしい・・・でも、お気の毒さま。私、会話の一部始終を聞いちゃった。ってことは、何もかも裏目に出ちゃうかな?

私は早速立ち聞きした情報をチャックに知らせた。スキャンダルが公表されたら、ブレアの離婚計画を頓挫させられるよ、って。だって、チャックはそれを望んでると思わない?それに、私は"カム・アズ・ユー・ワー・パーティー"のブレアとダンのキス写真を持ってるから、それを実現させる格好のネタがある。しかも、ダンの携帯まで失敬しちゃった。大したもんでしょ?私って、手先も器用なんだよね。で、携帯をチャックに託した。まっ、ここまで材料が揃ってるんだから、やるべきことは一つでしょ? 「投稿者は ダン」というタグラインをつけて、GGに写真をアップロード。もちろん、グリマルディ家はすぐさまサイラスに連絡を入れ、持参金の支払いを要求してきた。すごく高額な小切手を切ることになりそうだよ。

電話は用済みだから、ダンに返してあげたんだけどめちゃくちゃ怒ってた。確かに、私がゴシップガールだとバラさない代わりに、ダンの秘密を守るはずだったんだけど、正直なとこ、もうどうでもいいって感じ。だって、UESのセレブをみんなを打ち負かしたようなもんだもん! ダンは私の正体をブレアにバラしちゃったから、GGになった経緯をすべて白状する羽目になっちゃったけどね。実は数ヵ月前、GGのサイトをハッキングしたんだよね。私は本家本元のGGじゃないよ、短期間の単なる代役でしかない。そこへ、エスティが通りかかり、ブレアはさっきの取り引きを続ける方法はないか、と聞いた。けど、お気の毒さま。実はあの計画はエスティがでっち上げたものだったんだよね、私の入れ知恵で。で、エスティは傷ついた王子様を慰めるため、大急ぎでモナコへ帰って行ったの。どうやら、ブレアはプリンセスの座を失うだけじゃなくて、貧民になることも決定かな。

さて、自分がしたことでウォルドーフ家が破産すると知ったチャックは悪い事をしてしまったと思っていた。でも自分のせいじゃない、そうするように追い込んだハンフリーのせいだ、というのがチャックの言い分。けど、ブレアはそうは思っていなかった。そして、ブレアは、チャックのことは愛してるけど、今はチャックに恋してない、って言ってた。チャックってばかわいそうに。

s517_120228_GO517B_0232r.jpgそれからね、ブレアのドロドロ劇以外にもすごい事態が起きていたから、やっぱお通夜ってたまんない!
弔問に誰が来たと思う?Sパパ、ウィリアム・ヴァンダーウッドセンだよ。なんと彼、シシーの財産の遺言執行人で、遺言状を持参してきたの。
で、財産の行方を巡り火花が散ってる一族は一同集まり、セリーナパパが遺言書を読み上げ、シシーが誰に何を残したのかが開示されるのを待っていた。みんなもちゃんと座って聞いてよ!なんと、シシーは、自分が保有している美術品、株券と債権、そしてヴァンダーウッドセン家のマンションを含む所有財産のその他もろもろをアイヴィー・ディケンズに遺す、と遺言していたの。・・・そう、あのアイヴィー・ディケンズだよ、本当の孫でもなんでもないアイヴィーに、だよ。ワオ、としか言いようがない!
当然みんな、WTF!って唖然としてた。けど、一番ビックリしてたのはアイヴィー本人。彼女に他意はなかったんだって。ただシシーが好きで看病していたんだとか。でも、リリーは病気の母親に取り入ったとしか思っていなかった。ところがアイヴィーいわく、シシーは彼女の素性も秘密も全部知っていたんだって。まあ、ローズ家のおばあちゃんは本当に彼女のことがかわいかったんだろうね。超ヘンだけど!

さあ、はらわたが煮えくり返ったキャロル。自分の計画が裏目に出ちゃって財産をもらえなくて、そりゃもうまじギレ!なもんで、どうしてくれるの、この事態をどうにかしてくれないなら思い切った行動にでるわよ、とウィリアム・ヴァンダーウッドセンに詰め寄った。例えば、ローラの父親に養育費を請求するとか。・・・ところで、言っとくけど、ローラの父親はウィリアム・ヴァンダーウッドセン、あんたよ、と、キャロルが爆弾投下。Whaaaaaaaat!? 彼が愕然としていたのは言うまでもないよね。またしても私はグッドタイミングで会話を全部聞いちゃった!ありがとう、ゴシップの神様!

ウィリアムは新たな真実に明らかに動揺してた。ところが、想定外の行動に出た。ローラに電話して、お通夜で少ししか会えなかったから、今度ゆっくり話がしたい、と伝えた。姪っこ!いやいや、俺の娘! ・・・ふーん、面白くなってきた。

さて、お通夜を後にした私はブレアを訪問。伝えておきたいことがあったから。ブレアを傷つけるつもりは全くなかった、Bは巻き添えを食っただけで、私としては悪気はなかったんだもん。と切り出したところで、本題に入った。グリマルディ家に大金を払わないで済む方法があるから。ここ数ヵ月、GGのフリをしてスキャンダルを漁ってたから、Bの力になれると思うんだよね。もちろん、代わり、その時が来たらBにも私の力になってもらうことが条件。ブレアはよほど結婚を解消したかったのか、交渉成立。とうとう悪魔と取り引き? って言ってもいいけどさ。ま、人生って完璧にはいかないもんだから仕方ないよ。

またしてもブレアを失ったチャックは失意のどん底。慰さめを求めて継母リリーに会いに行ったの。チャックとしては、もう、人生のどん底にいる気分なもんで、チャックはあの交通事故で自分は死んだも同然だ、とリリーに打ち明けた。するとリリーは、彼の命を救ってくれた叔父ジャックに感謝すべきよ、と諭した。ん?どういうこと?実はチャックは手術中に合併症を起こし、血縁の輸血が必要になったんだって。で、リリーはドクターにジャックの連絡先を教えたとか。へえー。ありがとね、ジャック叔父さん!?

気の毒なリリーとルーファス。マンションがアイヴィーのものになっちゃって、路頭に迷うことに。って言うか、ブルックリンに島流し。でもぶっちゃけ、路頭に迷うほうが、DUMBOよりマシかも。EW

そして、ブレアはダンに会いに行った。
ダンの頭の中は最悪のシナリオを思い描いてた。ビデオを投稿した仕返しに来たのか、それとも、チャックとヨリを戻すと言いに来た??そしたら、なんとブレアの心はチャックではなく、他の人に奪われた、って言った。その人は、OMG ダン・ハンフリー!?!?!?!そして二人はキス。まじで SWEEEEETな キス。おまけに、ブレアはダンのことをちゃんと名前で呼んだ。ハンフリーでも、孤独なボクでもなく、ただ"ダン"って。この先二人がどんな関係になっていくか今から興味津々。

さてさて。

残念ながら私のGGとしての役目もそろそろおしまい。モナコに行かなくちゃいけないし、それに、そろそろ次の人にバトンタッチするつもりだったしね。で、旦那さんのフィリップにPC入りの小包を発送するよう頼んだの。その送り先は、セリーナ。
彼女ならうまく使い道を考えてくれるかもしれないでしょ?だって仕事もなく、彼氏もいないんだから、時間つぶしの趣味ぐらいあってもいいんじゃないかな。
 
 
 
みんなのお役に立ててすごく楽しかったよ。

私が提供したゴシップはみんなの生活を明るく彩ったかな!?

私がいなくなるからって泣かないで。いたことを喜んで。

そして、これで終わりじゃないことを忘れないで。

そのうち新生ゴシップガールが登場するからさ。

約束するから。じゃ、よろしくね。
 
 
 
xoxo Gossip Girl


August 8, 2013
Gossip Girl

 


これまでのGGアンケート>>


August 2, 2013
Gossip Girl

この時期、NYの外の空気は冷たい。
けど、UESでは室内の空気が一番冷たかったりする。

s516_120221_GO516A_0216r-300x199.jpg例えば、セリーナとブレア。二人はただいま新たな冷戦の初期段階に突入。世の中にはBFFの元カレまたはBFFの好きな男とは絶対キスはしちゃいけないって掟がある。気色悪い話だけど、セリーナにとってダンは元カレで好きな男。なのにブレアったら"カム・アズ・ユー・ワー"のパーティーでダンにキスしちゃったでしょ。Ew ew EW! ブレアはなんでダンにキスしたのかが説明できなくて、単なる「過ち」で片付けていた。けど、セリーナはそんな言い訳は理由にならねー、とカンカン。で、二人は喧嘩モードに突入しちゃった!まったく、ダンごときで嘆かわしいったらありゃしない。幸い、ウォルドーフ家には機転の利くドロータがいるでしょ。ドロータは、仲直りするまでここから出てはいけません!! と二人をダイニングルームに閉じ込めた。メイドのくせにやるじゃん!
さて、(FYI ごちそうと共に) 閉じ込められた二人。セリーナはブレアに、ダンに対して恋愛感情があることを認めさせようと迫った。だってさ、昔からブレアは誰かを好きになると、必ずその人を避けてきたでしょ? 今は完璧にダンを避けてるもんね。当然ブレアは、全否定。ダン・ハンフリーに恋愛感情?あり得ないってば!と猛反論。第一、Bは結婚してる。第二に、ダン・ハンフリーは好きだけど、100%恋愛対象じゃない!!とキッパリ。しかもブレアは、孤独なボクと一日一緒に過ごして、ただの友達であることを証明してあげる、と宣言。

さて、ダンとプラトニックな一日を過ごそうとブレアは思っているわけだけど、ダンは二作目の企画案をエージェントのアレッサンドラに送る準備で大わらわ。企画案によると、今回の小説のタイトルは「マンハッタンの君主 The Monarch of Manhattan」とか何とか、らしいんだよね、よく知らないけど。我らが愛しのUESのセレブがモデルじゃなきゃ、どうでもいいよね。
とにかく、驚くなかれ、実はダンはチャックから電話で、遊ぼうぜ!って誘われてたんだ。うん、誤植じゃないよ。マジであのチャック・バスがダン・ハンフリーとツルみたいんだって!
企画書をメッセンジャーに託したダンはチャックと仲良しこよしをしに、エンパイア・ホテルへ。やっぱ変な感じ!で、ダンが着くとチャックは、よく来たな、と、かばんやコートを預かる、超お客様対応、めちゃ親切なの!ところが荷物をキッチンへ持っていくと、かばんからダンのPCを取り出して、何かしてたんだよね。データのバックアップ?それとも壁紙の変更?ふーむ。
ところがね、しばらくしてさっきダンの企画書を受け取ったメッセンジャーがチャックの部屋に上がってきた。チャックは自分が持っている封筒と企画書が入った封筒を交換。ん?何か非道なことを企んでる気配がするんですけど。もう、チャックったらほんと悪い奴!

s516_120221_GO516_DJG8892r-296x300.jpgしかも、チャックがしてる悪さはそれだけじゃなかった。実はバレンタインデー以降、チャックはアレッサンドラとはHする関係になってた。(常套手段の)スカーフまでプレゼントしちゃってるしさ。
さて、エンパイア・ホテルを出たチャックはアレッサンドラのオフィスに突然現れ、まっ昼間だと言うのにおねだり。けど彼女は忙しいからチャックを追い返そうとした。ダンの企画書が届いたから、目を通してすぐ編集者のジョナサン・カープへ送らなきゃ、って。するとチャックは企画書はきっとうまく書けてるに違いないから、読み直す必要なんてないだろ、それよりいいことしよう、と誘惑。まあ、チャックは妙に説得力があるから、アレッサンドラはコロッと気を変えて、昼下がりの情事に突入。企画書を読まずに送っちゃった。しばらくして、ジョナサンから電話あり、ダンの企画は盗作だ、と言ってきた。アレッサンドラが読んだ企画書の下書きはNYの君主制をテーマにした作品だった、盗作なんてありえない!と抗議。けどジョナサンいわく、彼が受け取ったものは宇宙飛行士ものだったらしい。どうしてこんなことに!? アレッサンドラを横目にチャックは、任務完了とばかりニンマリしながらオフィスを出た。みんなチャックにハメられちゃったみたいだね。

一方ローラはチャーリーがなかなか Facebook の友達申請を承認しないからイライラしていた。さっさと承認をクリックしてよ!って感じ。そこで、ネイトのところに遊びに行ったローラは、電池が切れたからと言ってネイトの携帯を借りて、こっそりチャーリーに電話。てっきりネイトからだと思ったチャーリー/アイヴィーは電話に出た。ローラは自分の名前を名乗ってる理由を白状するようチャーリーに迫った。しどろもどろのチャーリーに、トラブルにでも巻き込まれたの? と聞くローラ。説明できないチャーリーは、もうほっといて、とごまかそうとしてた。するとローラは、身元詐称は重罪だ、警察に通報する、と脅すもんで、チャーリーは慌てて電話を切った。
マジでヤバいことになりそうだよ。Yikes!

ローラに脅されてパニックのチャーリーはキャロルに電話して、本物の娘はNYにいることを告げた。ミシガンにいるはずなのに、とキャロルはビックリ仰天。さあ大変。ボロが出て、何もかもボロボロに崩れようとしてる。まやかしの生活も潮時だと思ったチャーリーは、ハンプトンズを去る準備を開始。二度と戻るつもりはなかった。ところがいざ、家を抜け出そうとしたら、看護師に呼び止められた。シシーが呼吸困難に陥ったから大至急、病院に連れて行かないといけない。チャーリーに付き添ってほしいと言ってる、って。その病院はなんとハンプトンズじゃなくて、NYCの病院。家族にもすぐ連絡しないと。・・・ヤバいんじゃない?? チャーリーっていうかアイヴィー。

s516_120221_GO516A_0651r-279x300.jpgさて、ダンとは"ただの良い友達"宣言をしたブレアは...
ダンと一日過ごすつもりでいた。で、孤独なボクがつめている アップライト・シチズンズ・ブリゲード Upright Citizens Brigade Theatre (通称 UCB) コメディ劇場に向かった。
ダンはローラから即興劇団のグループが「ブック・ナイト」という企画で現代小説の朗読劇をするって情報をゲット。で、今夜の出し物がなんと「インサイド」!しかも、ローラはクレア役なんだって(ブレアをモデルにした登場人物ね)。もちろん、この劇場はコメディー専門だから朗読劇って言ってもおふざけ満載だろうけど。
とはいえ、何だって宣伝になるって思ったダンはリハーサルに顔を出すことにした。ブレアもね。けど、彼女が来た意図が分からないダンは困惑。一緒にいると厄介なことになるだけだから、頼むから帰ってほしいダン。ところがブレアは、友達でしょ!こんなに仲良しなんだから一緒に写真撮ろう、とシャッターを切ってもらい、すぐさまセリーナに送信。
BとDの関係は、ただの仲良し!遊び仲間!ただのトモダチ!それ以上の関係にはなり得ないってば♪ と猛烈アピール。写真を受信したセリーナは、ブレアが水に流すのなら自分もそうしよう、と思い直し、で、ブレアと合流するため、UCB劇場へ向かったんだ。やっぱ友情っていいよね。

ローラはクレアとディランのキスシーンをどう演じるべきかダンに確認。情熱的なキス?それとも軽いキス? それを聞いたブレアは、ゴシップガールをちゃんと読んで、登場人物のリサーチをしてこなきゃダメじゃない、としゃしゃり出てきた。ところがローラは「ゴシップガールって何?」 と戸惑うばかり。・・・OMG GGを知らないなんて、この子はアーミッシュ派かなんかなわけ!?一体どこにこもって生きてきたの!?!?
・・・ともかく、ブレアは、クレアとディランのキスが情熱的なわけない、深い意味なんかないんだから、とダンを相手にキスを実演。でもさ、そのキス、軽いなんてとんでもない。熱ーい、メチャクチャHOTなやつだった!ちょっと、誰か扇子持ってあおいでほしー!!で、二人がブチューってやってる最中にセリーナが姿を現し、すべてを目撃。タイミングが良すぎるってこういうことだよね。

ブレアは慌ててセリーナを追いかけた。全ては誤解だと必死に弁明するけど、セリーナは信じてくれなかった。とにかく、セリーナはBの本心を知りたかった、気遣いなんかいらないから。ダンが好きなんでしょ?
するとブレアは困惑気味。・・・自分は結婚してる身だし、厄介な婚前契約の問題もある。それにチャックといずれ一緒になるって約束してるから、と反論。するとセリーナはブレアは親友のSだけでなく、自分自身にもダンに対する気持ちを偽って、言い訳ばかりして、もうたくさん!と言って、怒って帰っちゃった。
ブレアはセリーナとケンカしたことをダンに話した。今は友達が必要だから、って。でもダンはもうたくさん、って感じ。ダンは、ブレアと友達なんてイヤで、それ以上の関係になりたいと思ってる。Dはブレアを求めてる。でも、ブレアが自分と同じ気持ちでないのなら、もう会わない方がいい、と本心を明かした。ワオ!

一方、ヴァンダーウッドセン家。
突然訪ねてきたキャロル(NYCに本物の娘がいるって聞いて、多分慌てて来たんだと思うけど)がリリーとお茶をしていると、シシーが入院したという知らせが入った。急いで病院へ駆けつけると、リリーたちはドクターから、肺に血栓ができていて、これは化学療法の副作用ですって聞かされた。シシーはガンを克服したと思っていたから、そりゃもうビックリ。それにチャーリーがいたから、なおビックリ。チャーリーはここ数ヵ月シシーに付き添っていたことを話した。それを聞いたキャロルは、WTF アイヴィー、あんたはとっくに姿を消したはずでしょ!って怒り心頭。チャーリーはシシーにすごく親切にされたとか。で、お礼を言いにシシーの家に立ち寄ったら、そのまま一緒にいることになっちゃったんだって。Oops??

キャロルにとっては更にマズい事態。「ゴシップガール」の存在を知ったローラは開演直前にGGにアップされたチャーリー別名アイヴィーが病院に入って行く写真を見ちゃったの。やっと自分の名前を盗んだ犯人の居場所を突き止めたって、大急ぎで病院に向かった。朗読会なんてどうでもいいや!って感じ。まったく、プロ根性に欠けるね。
ウエイトレスのローラが病院に姿を現し、キャロルを「ママ」って呼んだもんだから、みんなビックリ。で、キャロルはローラ本物のシャーロット・ローズだと、みんなに真相を明かさざるを得なくなった。でも待った!じゃあ、あっちのチャーリー・ローズは誰?って、みんなの視線はアイヴィーに。チャーリーというかアイヴィーは事情を説明。・・・アイヴィーはシャーロット・ローズの信託財産を引き出すためにキャロルに雇われ、その後、元の生活に戻ろうとしていたのにLAでセリーナに出くわし戻って来た、って。それを聞いていたローラは当然のことながら激怒り。親戚がいることも知らなかったし、母親は金のためにみんなに自分のことを隠してたわけ!? キャロルは、人でなしの一族だから、娘を守るためにやったことだと弁解したものの、ローラは悪い人たちには見えないわ、と一言。そして怒りのあまり、金輪際、ママとは一切関わりたくない、と絶縁宣言。キツいねー!・・・でも、悪いことばかりじゃないみたい。だって、ローラにはつらい時に抱きしめてくれる人がいるからね、そう、ネイト!やったー、ローラがその気になってきたよ!

セリーナは、WTF? とアイヴィー(今後はこう呼ぶことにしよう)を問い詰めた。悪いと思ってるアイヴィーは、ウソをウソで塗り固める羽目になっちゃったけど、みんながすごく優しくて初めて家族ができたようだった、みんなやシシーのことを本当に大切に思ってる、と切々と語ったけれども。セリーナとしては、やっぱり金目当てだとしか思えず。なもんで、すぐここから出て行け、と言い渡した。ほんとにバイバイ、ニセ者さん。

ローラがすっぽかした朗読会で、一体誰がクレアを演じるかというと、そう、ブレアの登場だよ!ちょうど劇場にいるし、クレアは自分をモデルにしてる人物だから役柄は熟知してるはずだし、代役にはピッタリ。それに芸術をこよなく愛する彼女としてはやるっきゃないって感じでしょ。
ブレアがクレアのパートを読み、ブロンドの女優がサブリナ(セリーナ)を読む。朗読に選ばれた「インサイド」のシーンは、サブリナがクレアに、ディランとクレアには特別な絆があるって告げるところ。

   あなたがどんなに彼を邪険にしても、彼はいつもあなたを見守ってる。
   エッセーコンテストであなたが賞をもらった時も、お母さんは来られなかったけど、
   彼は来てくれてたでしょ。

あれ?・・・ブレアはあの時ダンが来てたわけ!? と動揺。サブリナ役の女優が朗読を続ける中、ブレアはついつい演技を忘れて本音で語りだした。そして"サブリナ"のセリフはさらに続いた。

   ディランがクレアを好きなのは、見かけやステータスが理由じゃない
   ありのままのあなた自身を大切に思っているのよ。

そのセリフを聞いた瞬間、ブレアは気づいた。・・・ダンはありのままの自分が好きなんだって。
ブレアには行くべき場所があった。なもんで、行かなきゃ!と、劇場を後に。まったく。ランナウェイ・ブライドから、今度はトンズラ女優なわけ!?

さてさて、本の企画書はどうなったかと言うと。
とにかくアレッサンドラは、何でダンは宇宙飛行士の話なんか盗作したの!?ってパニック状態。で、彼女に問い詰められたダンは盗作なんて絶対してないし、そんな企画書は送ってない、と否定。けどアレッサンドラいわく、メッセンジャー会社に問い合わせたところ、送り主は間違いなくダンだったとか。もしこれが何か手違いだって証明しない限り、出版社はダンを切るって。
すぐさまダンはコンピューターをチェック。でも、ファイルはなくなっていた。・・・ダンも訳が分からず、一体誰がこんなことを!? と、その時、アレッサンドラが着けてるスカーフに気づき、事態の黒幕が誰だかピンときた。で、チャックに会いに行った。一体なぜこんなことをする!?と問いただすと、チャックは、盗作がページシックスえ暴露されれば、一生その汚名を背負って行くんだ、お前はチャック・バス様に勝てると思ったのか? お前なんか足元にも及ばん! とあっさり認めた。・・・ダンはやっと気づいた。チャックの動機は、もちろん、ブレアだった。
ということは、Bをめぐる攻防は、実は自分に分があることをダンは悟った。でなきゃCがこんなに必死になるわけないもんね。さ、いよいよ勝負だよ!

ダンを追って、ブレアも病院に駆けつけた。ダンを見つけたブレアは気持ちを打ち明けた。やっぱりセリーナが言ってたことは正しかった。ブレアは、Dに恋愛感情を持ってるのにずっーと否定してたわけだ。・・・それにしても、婚前契約書に、チャックに、セリーナ・・・DとBにとって障害は多いよね。なのに、どうしてこういうことになったんだろう? ダンはそれでもうまくやっていけるさ、と思っているらしい。・・・私はノーコメントだけど。

それからブレアは何もかもごめんなさい、とセリーナに謝った。でも、友情のほうが大切だからダンには会わないってBFFに伝えた。するとセリーナは受け入れるのはたやすいことじゃないけど、二人の障害にはなりたくないって。またしても、私からはノーコメント。

ダンのことをセリーナに打ち明けるのはクリアしたブレア。でも、もう一人伝えなきゃいけない人物がいた。そう、チャック。ブレアはチャックに電話をして、ダンは何も悪くないから傷つけるようなことはしないで、とお願いした。困惑したチャックは、ルイと別れたら自分と一緒になるんはずだったのに、どうしてダン・ハンフリーなんだ? するとブレアは、自分でもうまく説明できないけど、Bの気持ちが混乱したことをダンのせいにしないでほしい、これからどうするか考える時間が必要だ、といい、もしこれ以上ダンを標的にするなら、自分の気持ちは一層彼に傾くだけ、と告げると電話を切った。で、ブレアの本心を聞いたチャックはどうしたと思う? やったのは善い行いだった。なんと、元の企画書をアレッサンドラにメールしたの。いい子だね、C!と、言いたいところだけど、私が送ったメールを見たら、悪い子に逆戻りかも。なぜなら、私はあのブライダル・スイートのブレアとチャックの動画が添付されたメールをそのままCに転送しちゃったから。しかも、元の送り主はダン・ハンフリーだからね。OMG、チャックにバレちゃった!

それから、とても悲しい知らせがある。
手術の間に起きた発作でシシーは帰らぬ人に。家族たちはお別れをすることになった。
つらいよね。ご冥福をお祈りいたします。

さて、追い出されたアイヴィーはどうしたかな?
このまま大人しく引き下がると思っていたら大間違いだよ。
実は彼女、ある電話番号が記された紙をまだ持っていたんだ。
で、その番号は、誰のだと思う?

ジョージーナ。そっ、私だよ!

電話してきたかって?

それはあとでのお楽しみ。
 
 
 
xoxo Gossip Girl


August 1, 2013
Gossip Girl

 


これまでのGGアンケート>>


August 1, 2013
Gossip Girl

120217_spotted2172.jpg目撃情報
 
Bサン・アンブレ Sant Ambroeus でコーヒーブレイク中。
Sもたまたま店にいたけど、二人は一緒じゃなかったし、アイコンタクトもなかった。
Yesssssssssss
 
Dをブルックリンの カフェ・ペドラー Cafe Pedlar で目撃。
ノートパソコンに何やらしゃかりきに入力中。
フェイスブック? 
ツイッター?
それとも、真面目に執筆?
 
Cバーニーズ Barney's で目撃。スカーフを買ってたよ。
・・・いつもの手を使う気だね。最高!
 
Nラ・グルヌイユ La Grenouille でパワーランチ中。
マスコミの大物たちと一緒だったよ。
・・・子供だと思っていたNもいつの間にか大人の仲間入りしてた。


xoxo Gossip Girl


  • miley-sa: BとCは切っても
  • まい: 今のルイとのロマンチ
  • natsu: ブレアの負けず嫌いな
  • Lili: ダンがいい。チャック
  • すず: ブレアは、カーターと
  • 購読する
  • 購読する
TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.
© 2000-2010 SUPER NETWORK,inc.All rights reserved