【新聞記事】ロイヤル・ウエディング

July 10, 2013
Gossip Girl

120126_weddingarticle1.jpg
ROYAL WEDDING
ロイヤル・ウエディング



おとぎ話のようなエンディングは映画の中だけと言うがブレア・ウォルドーフさんの人生は本当に"幸せに暮らしましたとさ"と、なりそうである。ウォルドーフさんは間もなくモナコ公国のルイ・グリマルディ皇太子と結婚するが、イギリスのウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんのロイヤル・ウエディングに匹敵すると、今から注目を集めている。

王族出身ではないが、ウォルドーフさんは生粋のアメリカン・プリンセスである。著名なファッションデザイナー、エレノア・ウォルドーフ氏と敏腕弁護士ハロルド・ウォルドーフ氏の一人娘だ。また、芸能関係の弁護士サイラス・ローズ氏とファッションモデル、ロマン・ギャレル氏の義理の娘でもある。
アッパー・イースト・サイド育ちのウォルドーフさんは名門コンスタンス・ビラード学園を卒業。現在はコロンビア大学の2年生だ。

ルイ皇太子とは、2010年の8月オルセー美術館で出会った。ウォルドーフさんが夏休みで母と継父のパリのアパルトマンに滞在していた時のことだ。そして、昨年の4月2人は再会した。
モナコのプリンスとアッパー・イースト・サイドのプリンセスに近しい人物は"二人は心底愛し合ってる。ブレアとルイほどお似合いのカップルはいない"と言っている。

しかしながら、ここまでの道のりは決して平坦ではなかったようだ。去る12月、ウォルドーフさんはひどい自動車事故に遭い重傷を負った。しかも、事故の衝撃で流産してしまった。だが、その悲しみと喪失感はブレアと皇太子の絆を一層深めたようである。

この数ヵ月、ウォルドーフさんは様々な困難を乗り越えなければならなかったにも関わらず、いつでもどこでも親善の心を忘れず、落ち着いた振る舞いをしている。そんな彼女の姿に世間は新しいお手本を見出したようだ。ウォルドーフさんは次世代のダイアナ妃になりうるだろうか?
 
 

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.gossipgirl-tv.jp/mt/mt-tb.cgi/604

  • 購読する
  • 購読する
TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.
© 2000-2010 SUPER NETWORK,inc.All rights reserved