ランナウェイ・ブライド

July 23, 2013
Gossip Girl

すっごい結婚式だった!
でしょ?美味しい食事にダンス。盛り上がったよね。

・・・・・・わかってるってば。GGがみんなの本音を代弁してあげる。

まじで結婚するなんて、思わなかった。

って言いたいんでしょ。
みんなだってGGみたく悲観的なビッチ揃いなんだから。でしょ!?
けど、私たちの予想に反しBは結婚の儀を果たした(軽いつまづきはあったけど)。

ブレアとルイは晴れて夫婦。死が二人を分かつまで一緒だよ。
 
 
披露宴会場ではブレアの姿が消えちゃって大騒ぎ。
ルイはまだいるからハネムーンに旅立ったわけじゃないし、プリンセスは一体どこ?って捜してた。セリーナなんか心配でいても立ってもいられない感じ。そしたらチャックの携帯が鳴って、ブレアがエンパイア・ホテルにいるって知らせが入ったの。Whaaaat?何か変だぞ!
一方、ケータリングのウェイトレスのローラと友達になったネイト。まったく、早速口説きモードに入ってるよ。しかも手段を選ばずって感じで、駐車場でローラが配達用のライトバンに荷物を積むのを手伝ってアピールしてるし(・・・ちょっと、ねえN、下半身にはブレーキをかけときなよ)。そこへ慌てたセリーナとチャックが登場。エンパイア・ホテルにいるブレアのとこへ行こうにも車が出せないもんで大慌て。セント レジスから抜け出す方法は、ローラのライトバンを借りるしかなさそう。ローラは面白そう!と協力することに。3人はローラのライトバンに乗り込み急いでエンパイア・ホテルに向かった。
けど、ブレアはいなかった。そこにいたのはなんと、勝ち誇った顔をしたジョージーナ・スパークス。誰もGの言うことに耳をかさないから、ウソついて呼び出したらしい。実はGは、ブレアが披露宴から逃げ出すところを目撃したんだって。そ、逃げた花嫁を捜したければ、ジョージーナの助けが必要、ってこと。Boo!

gossip_yr5_#101(5-14)GO514C_0310r_42d9766.JPEGところが、実際ブレアがどこにいるかは誰も知らなかった。行き当たりばったりとしか言いようがないけど、彼女、なんとダン・ハンフリーと一緒にJFK空港にいた。ブレアは、離婚するためにドミニカ共和国へ行くって言い出した。もう離婚なの?? どうやらドミニカ共和国では法律に抜け穴があって、花婿の承諾なしで離婚できるらしいんだよね。Bはエリザベス・テイラーが四度目の離婚申請をここでしたから間違いない、って言ってた。でもダンは懐疑的。それにさ、Bはチャックのためにこんなことしてるわけ?? どうやらブレア自身もそれはまだ分からないらしい。でも、あのビデオが流された途端、ルイは別人に変貌したし、もう一緒にはいられない、ってこと。で、相変わらずお節介なダンはブレアを助けることにした。・・・まず、航空券を買いに行った。だけど直行便は満席、おまけにブレアはパスポートを持って来ていないし、だからドロータに電話して、持ってくるように頼んだのはいいけど、花嫁を悩ますのはそれだけじゃなかった。ヴェラ・ウォンのウエディングドレスのままジェットブルー航空のチケットカウンターの前に立ってたら目立つなんてもんじゃない。そりゃ、みんなジロジロ見るよね。ホヤホヤのプリンセスはまさかこんな初夜を送るとは思ってもいなかっただろうけど。

さて、エンパイア・ホテルではみんなブレアのことが心配でやきもき。おまけに意地悪の女王、ジョージーナがまだウロウロしてて、ブレア捜しは一向に進展しない様子。ダンはまだ披露宴会場にいるはずだと思ったセリーナは、電話してブレアが会場に戻っているか確かめることに。ダンは、Bはルイと一緒に帰った、とウソついた。あー、ダンてばまずいんじゃないの?? で、電話を切る前にSはダンに、SがDに「愛してる」って言ったことについて、何か言いたいことある?って訊いたんだ。そしたらダンは、今、話してられない、って一方的にガチャンッ て切った。失礼しちゃうよね!
セリーナはみんなに、ブレアはルイと一緒に帰ったことを伝えた。すると、ジョージーナは、Dはウソついてる、と主張。でも、もちろん誰も彼女の言うことなんか信じなかった。チャックは、イカれ女をつまみ出すため警備員に電話。その時Gの携帯にダンナからメールが入った。ドロータがウォルドーフ家に向かった、という情報で、ジョージーナは、もう帰るから、警備員は無用、じゃあね、とあわただしく出て行った。そして、今度はセリーナが持っていたブレアの携帯にルイからメールが入った。「一体どこにいる?すぐ戻って来い!」 って。
あれっ? ということは、ブレアはルイと一緒じゃないってことだし、ジョージーナが正しかったってことだよね。(みんな、Gにあんなにつらく当たらない方がよかったんじゃないの?)

さて、エンパイア・ホテルを出たジョージーナはウォルドーフ家へ直行。そして、荷造り中のドロータを発見。ドロータには悪いけど、ジョージーナはかわいそうなメイドを恨んでたからね。ほら、憶えてる?ドロータのハズバンド、ヴァーニャがジョージーナのロシア送りに一役買ってたでしょ。そのつけが回ってきちゃったみたいで、ドロータはブレアのクローゼットに閉じ込められちゃった。(と、言っても正直なとこ、事態が違えば罰っていうよりご褒美ともいえるけどね)。

gossip_yr5_#101(5-14)GO514C_0401r_cf7144c3.JPEGさて、空港で足止め状態のブレアとダンは、ニュース放送を観てビックリ。大変なことになっていた。なんとルイがマスコミに、妻が行方不明、と発表しちゃったらしい。実はルイ・ママが、息子に恥をかかせるなんて絶対許さないとまじ怒ってて、ブレアはルイのそばにいるべき、それが取り決めのはず、てキレテるらしい。

一方、セリーナとチャックがようやくウォルドーフ家をチェックしにきて、閉じ込められたドロータを発見。ブレアの居場所を知っているドロータは、大至急パスポートを届けなければ、と事態を説明。すると、後は任せろ、とチャックはパスポートを持ってセリーナとともにブレアのもとへ。ところがどっこい、ジョージーナが外で見張ってたんだよね。まんまとGの罠にハマったって感じ。ジョージーナは車で、チャックたちの尾行を開始。マズくない?

空港にいるのがヤバくなったので、ダンとブレアはホテルへ。下心があって、とかそういうのではなく、とにかくドロータがパスポートを持ってくるまでの間、待つ場所が必要だったからね。でもホテルにチェックインしたブレアは、ことの状況に幻滅。・・・プリンセスになったはずだったのになんででよりにもよってダン・ハンフリー場末の空港ホテルにいるわけ!? それを聞いたダンは、何て恩知らずな!って怒りが込み上げてきた。自分は何も聞かずにブレアを助けしてるだけなのに!! まあ、ブレアにしてみれば、今日は人生で最高に幸せな日のはずなのに、Dごときに怒鳴られるってどういうこと!? ってことらしい。すると、ダンは、自分の人生最高の日は、本が出版された日で、そのときBに怒鳴られたし。とナイス突っ込み。じゃあ、目には目をというか、二人は、ああでもないこうでもないとわーあーぎゃーとケンカを始めた。すると、ドアノックが。ヤバい!!

でも、幸いドアを開けるとそこにいたのはセリーナとチャックだった。セリーナはブレアの居場所を知らないってウソをついたダンにムカついてた。けど、ダンが事情を説明しようとした矢先、ジョージーナが姿を現し、パチリと四人を写メ。ビックリしたSは、ハンドバッグを落としちゃったんだけど、OMG!なんと控室でのやり取りを撮ったカメラが中から出てきたの!まさかあのビデオをGGに投稿したのはセリーナ?!?!って、みんな目が点。Sは犯人は自分だと認めたうえで、ブレアとチャックのためにやった、と話した。だけど、Bは信じられない!って怒り心頭。するとそれはこっちのセリフだとばかりにセリーナも怒り爆発。BはSのダンに対する気持ちを知ってたくせに、Dと一緒に逃げてるってどういうこと!? WTF? Bってば女友達の掟って忘れちゃったわけ?
さて、かたわらで見ていたチャックは他のゴタゴタはどうでもいいらしい。チャックの目的はただひとつ:ブレアと一緒に逃げること。飛行機をチャーターして、そしたら明日の朝にはドミニカ共和国に着く。Cがそう言った矢先、ソフィー公女が姿を現した。
というのも、ブレアが空港にいる、という写真がドンドン投稿されたでしょ。そ、ブレアの居場所を知ってたから、(ま、何でも知ってるけど)ルイにメールしたの。悪い事しちゃったかな?でもさ、夫が妻の居場所を知るのは当然でしょ?
かわいそうに、ブレアはソフィー公女に婚前契約に違反してるって責め立てられてた。今すぐ一緒に来なければ文字通り、Bの家族は大きな代償を払うことになる、って脅された。実は、その婚前契約の内容っていうのが超シビアなんだよね。もし、ブレアがルイとの結婚を履行しなかった場合、ウォルドーフ家は一旦破棄された結婚持参金を全額払わなければならない、とか。エレノアは会社を売り、全財産を失いかねないほどの額だった。この先の一年間、プリンセスとして暮らすか、それとも貧民として暮らすか。難しい選択だよ。でしょ?

ブレアは何人かに謝らなければならなかった。
まずは、ビデオの件をチャックのせいにしたことを謝ったの。チャックは、ブレアのことを守るし、持参金も払う、と言ったけど、ブレアは自分の自由をチャックに買わせるわけにはいかない、と断った。約束は約束だから、守らなきゃいけないし、今はこうするしかない、ってね。
ブレアは、ダンにも謝りに行った。この1ヵ月、Dがいなければ切り抜けられなかった、と打ち明けた。ルイの代わりにダンが書いた結婚の誓いの言葉も、Dはルイよりもずっとブレアのことを大切に思ってくれてることが伝わった、って。もちろん、友達としてだけど。でもほんとのことを言うと、ブレアもダンのことを大切に思ってる。うわ。 Bはいつも助けてくれてありがとう、とダンに礼を言うと、今はやらなきゃいけないことがあるから、って。するとDは、いつだって自分はブレアの味方だ、といった。・・・永遠のBFFってことなの!?

さて、エレノアは今回の結婚は断固として許さないと決意。会社を売って、全財産を失っても構わない、あのグリマルディ家を二度と娘に近づけるつもりはない、ってことらしい。ところが、ブレアもまた決意を固めていた。ブレアは、ルイと一緒にハネムーンに行く、と話した。エレノアは、そんなことはしなくていいって反対したけど、ブレアは自分のしなくてはならないことだと、わかっていた。一年だけ我慢すれば、自由の身になれるから、とウォルドーフ家を後にした。そして新婚カップルの姿をキャッチしようとしているパパラッチが待ち受けていた外へ、ブレアは満面の作り笑いで、ルイと一緒に出て行った。

さて、ダンはブレアを守るためにウソをついたとセリーナに釈明。でも、セリーナはまだ怒っていた。当然だけどね。セリーナはダンの本心を見抜いてた。ダンはブレアの王子様になりたかったわけで、ま、典型的なダン・ハンフリーの行動だよね。けど、一連のダンの行動でセリーナは自分の告白に対する彼の答えは分かったみたい。ダンが愛してるのは明らかに自分じゃない。かわいそうなS!

それから、ネイトとあのケータリングのウェイトレスは、というと。披露宴のフラワー・アレンジメントをローラがヴァンダーウッドセン家まで配達に来た。彼女を見たリリーは、ジュリアードで会ったシャーロット・ローズだとすぐに気づいた。ほんと世間って狭いよね。
ローラはリリーにネイトとの一件を話しだした(他人にいきなり人生相談なんて変な感じだけどね)。こっちがちょっと興味を示した途端、彼は興味を失っちゃったみたいで・・・。ま、それが男たるもんだよローラ。ところがね、リリーはお節介だからネイトに電話して何だか干渉したみたい。だって、ネイトはローラの居場所を捜し出して会いに行ってたもん。それでネイトはローラに不審なそぶりを説明した。彼女が母親と電話で話してるのを小耳にはさんだけど、ローラは相手がボスだってウソをついたから、Nは信用できなくなったんだって。ネイトいわく、大概、男(自分)はウソをつく女に散々な目に遭ってきてるから、ローラもそういう女なのかも、と思ったらしい。で、ローラは本当のことを打ち明けた。ママにケータリングのバイトじゃなく図書館で勉強してるって言ったのは、ママが女優になるためのニューヨーク行きを反対したから、だからママにはミシガン大学で政治学を専攻してるって言ってあるんだってさ。それを聞いたネイトは、もう一回ちゃんとデートしよう、誘ったんだけど、ローラはあり得ない返事。ネイトの世界に足を突っ込みたくないかも、だって。はっ?まさか冗談でしょ?あのさローラ、あんたの立場になれるなら死んでもいいって思ってる女子がどれだけいるか分かってんの!?!?!?あー、かくしてネイト+ローラのカップルは始まる前にジ・エンド。もうっ!!!

さて。
先週打ち明けた秘密、憶えてる?GGの正体はジョージーナって言ったでしょ? あれは本当なの。でも、事情を説明しとくね。実は、私はここ数週間だけGGの代わりをしてるだけで、あの有名なご本人ではないんだよね。

とにかく、さっきブレアとルイがハネムーンに旅立つビデオを 《特ダネ》 サイトにアップしたから観てみて。夫フィリップは、ホテルで撮った全員集合ショットをなんでアップしないんだって言うけど、ほんと分かってないんだよねー。もちろんあの写真の方がスキャンダラスかもしれないけど、でも実は、ブレアとチャックのブライダル・スイートの会話のビデオを誰が投稿したか知ってるんだよね。まだその提供者を明かすことはできないけど。いろいろ計画中だからさ。

チャックは《特ダネ》を見たらしい。もちろん落ち込んでた。何でブレアはルイを選んだんだ?ってね。するとセリーナは、ビデオを投稿したりするからでしょ、ってチャックに言った。するとCは困惑。だって、さっきセリーナは自分が犯人だと認めてのに。セリーナは、ブライダル・スイートでカメラを見つけて、ハンドバッグに取りあえず隠したけど、チャックとブレアが一緒になれるんだったらウソをついても構わない、と思ったらしい。

じゃ、チャックでもセリーナでもないなら、一体誰がビデオを投稿したの?

誰だか見当つく?
 
 
xoxo Gossip Girl

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.gossipgirl-tv.jp/mt/mt-tb.cgi/606

  • 購読する
  • 購読する
TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.
© 2000-2010 SUPER NETWORK,inc.All rights reserved