あとのまつり

June 4, 2013
Gossip Girl

111115_go507a_0240r.jpgイギリスの偉大なる劇作家、
ウィリアム・シェイクスピアが書いた
「マクベス」の有名なセリフ

 "良いは悪いで、悪いは良い"

アッパーイーストサイドほど
この言葉が当てはまる場所もない。
世の中には見た目とは違う物がたくさんあったり、
自分が抱いているイメージと違う人が大勢いたりする。

こういう人なんだろうな、と思っていても、
実際のその人はまったく違ってたりするんだよね。
 
 
ルイがイタリアに行っちゃったんで、ブレアは心穏やかに一週間を過ごそうとしていた。妊婦マッサージをして、のんびりゴロゴロくつろぐ日々。あら、うらやましい。
ところが、あることがブレアの頭から離れず心が乱れてた。それは、あのチャックの謝罪。「悪かった」ってどんなに口で言ったとしても絶対本心じゃない、と思ってた。それに気になってたのは謝罪のことだけじゃなかった。チャックはまるで別人、というか善い人になったかのような行動ばかりしてたから。Cは街の至る所で愛犬を伴い、慈善活動に精を出す姿がニュースの紙面を飾ってた。けど、ブレアはそれがチャックの策略だと信じて疑わなかった。ルイを選んで正解だったかブレアに迷いを起こさせる作戦。チャック・バスの典型的行動パターンに違いない、ってね。きっとチャックは間近に迫った結婚式をぶち壊すために、寛大なポーズを取っているだけ。だったらそれを証明してやる!ってブレアは決意。
グッドラック、B。がんばってね、GGも同じくすごく興味あるからさ。

ダイアナはネイトとの仲を公表したものの、相変わらず用心深いっていうか、本気で交際する気がないみたいなんだよね。目的はエッチだけって感じ。だから、ネイトは二人の関係は何?って困惑。ちょっと複雑っていうか変な感じだし、ネイトは、別の仕事を探そう、と思い始めた。するとダイアナは、数日パリに行くから、少し距離をおくのもいいかもしれないって、あっさり。あらら。

一方、ブロガーとなってGG階級の仲間入りをしたセリーナ。ただ、何を書いていいか分からないらしい。WTF Sってば、職業を間違えてない? 悩むセリーナにチャーリーがアドバイス。GGが食いつくようなことをして、Sのいかがわしい記事を書くよう仕向ければ、そうすれば、セリーナは自分のブログで本当の事を伝えることができるんじゃない??って。確かに、最近のSはアクションなしで面白くないから、少しはおバカに力を入れてくれないとネタにならないもんね。
だから、道端で偶然マックスと出会ったのはSには救いだった。
WHO? マックスって誰??って思ってる?ほら、チャーリー/アイヴィーの元カレだよ。そうそう、LAでシェフをしてたヤツ。で、マックスは恋人のアイヴィーを捜しにNYCに来たらしい。ついでにレストランで仕事の面接もうけることもセリーナに話した。もちろん、セリーナはアイヴィーが誰かは知らなかった。でも、レストランはよく知っていたし、マックスのことはキュートだと思ったみたいで、案内を申し出た。ブログのネタになるかな??

それにしても、なんでチャーリーはあんなにセリーナのブログに肩入れするんだろう?それは、ボスのダイアナのご機嫌取りのため。ほら、二人の間には密約があるでしょ。Sがブログを始めればみんながGGから「スペクテイター」に乗り換える、とダイアナは踏んでたわけ。だから、セリーナにブログを書かせないと秘密をバラすわよ、とチャーリーにプレッシャーをかけてた。セリーナがイケメンに出くわしたって聞いたチャーリーは、ランチでもすれば、とそそのかした(もちろん、そのイケメンがマックスとは知る由もなし)。とにかくSが男といる所を目撃されてGGに投稿されれば、S自身が反論をブログにアップできるから万事OKでしょ、ってね。チャーリーにとって幸か不幸か、セリーナは提案に従い面接まで時間があるというマックスをランチに誘った。けど、彼をネタに使うことに罪悪感を抱いたSは、店の近くまで来たんだけど、引きかえしちゃった。まったくセリーナってば、人が善すぎるんだってば!

さて、ダイアナとの関係が中途半端なネイトはどうやらチャーリーのことが気になり始めたらしい。「スペクテイター」の開業パーティーでチャーリーと交わしたキスのことが気になって仕方がないみたい。なもんで、なにか感じるものがあったはず、って詰め寄る始末。けど、チャーリーはネイトと付き合うのは絶対あり得ない、とキッパリ。あわせて、彼氏がいる、と言うので、ネイトはびっくりしてたけどね。でもね、ネイトは知らないことだけど、ダイアナはチャーリーにはっきり、ネイトに近づくなと警告していたわけ。チャーリーにとってはクビになるかならないか(正体がバレるかバレないか)の瀬戸際だから、そりゃ必死だよね。ところがタイミングが悪いことに、ネイトと歩いている時にマックスを見かけたチャーリー。WTF!?なんでNYにいるの?と大慌てのチャーリーは、マックスに見つかったらヤバいと思い、とんでもない行動に出た。なんと、いきなりネイトを引き寄せ、超ビッグなキスをした。当然、GGの忠実な情報提供者がこれを見逃すわけもなく。当然、GGは投稿された写真を即アップ: "ネイト・アーチボルドを巡って熟女と小娘が争奪戦!"
GGサイトを見たダイアナは怒り心頭。チャーリーを呼びつけ一喝、なにも聞こえないわけ!? チャーリーは、マックスがNYに来ていて見つかったらアイヴィーだとバレちゃうから緊急事態だったと弁明。すると、ダイアナは事態を収拾したいならネイトをデートに誘いなさいって。・・・ちょっと待った。何か矛盾してない??
111115_go507a_0267r.jpgのサムネール画像どうやら、ダイアナは密かに何か企んでるみたいなんだ。パリに行くとか言ってたけど、やめちゃったからね。
マックスは二次面接へ進むことができたお礼を言いにセリーナがいる「スペクテイター」のオフィスにやって来た。そしたら、なんとダイアナはSとマックスにデートするようけしかけた。せっかくだから面接が成功したお祝いでもしたら?今夜のチャリティー公演なんかどうかしら、ってね。
(FYI ちなみに、このチャリティー・パフォーマンスの主催者は、最近慈善活動に励んでるチャック。そして、世のトレンドに疎い人のために、ちょっと注釈すると。チャリティー公演の演目は、「スリープ・ノー・モア」という「マクベス」を大胆奇抜に演出したお芝居。劇場は巨大な倉庫で、観客は部屋から部屋へ俳優を追って移動しながら鑑賞するんだけど、マスク着用が義務付けられてる。チケット購入はお早めに!)
・・・もう、一体ダイアナは何を企んでるだろ??

さて、その頃ダンは本のプロモーションで各地をツアー中。
と、ルーファスとリリーは思っていた。ところが、実のところダンは朗読会をすっぽかしてた。何やってんの、孤独なボク!? ボストンにいるはずだと知ったルーファスは様子を見に行くことにした。YAY ドライブ旅行!・・・けど、ルーファスの車は古くてオンボロだから、ブルックリンを出る前に故障。まったく、車ぐらい買い替えなよ。で、ルーファスがロードサービスに電話をしにロフトへ戻ると、ダンがいたからビックリ。Whaaaaat?
ダンは朗読会の客足が悪いことをルーファスに打ち明けた。小説は完全に失敗作だった、と弱音を吐くダン。かわいそうに。そしたらルーファスが父親+元ロックスターらしい知恵を息子に伝授。そして、自分の経験を話した。リンカーンホーク時代も、最初の頃は客が10人にも満たない日なんてザラだった。観客がバーテンダーだけの日もあった。けど、そいつが気に入ってくれて友達に話してくれてクチコミが広がって満員になった。たった一人の心をつかめば、ブレークにつながる。でも、それをつかむためにはまずは行かなきゃな、って。これぞ、賢者の一言。でも、残念ながらパパのアドバイスは息子の心に響いてなかったみたい。だって、ダンは次の朗読会もすっぽかしたんだ。・・・男らしくしなよ、ダン!

さて。「スリープ・ノー・モア」チャリティー公演に、我らが愛しのセレブ達が全員集合。ブレアもね。ブレアは、今夜こそチャックがどこまでいってもバカ野郎だと証明してやるって心に決めてた。で、チャンスを伺いながら、ずっとチャックの後をつけてた。そして、個室でチャックと二人っきりになった時、ここぞとばかりに行動に出た。チャックのツボを心得てるブレアは、バリバリの誘惑作戦で彼に迫った。わざとうなじを見せて、かつてのプレイを彷彿とさせる仕草をしちゃったり。しかもマジでセクシー。ヤバいってば、で、チャックの反応はというと。我慢できなくなっちゃったのか OMFG チャックブレアを引き寄せキスしたの!!次の瞬間、ブレアはチャックにビンタ。しかも、強烈に。やっぱり!!チャックは変わってなかった!!たった一回の謝罪やチャリティー活動でBがルイのことを考え直すと思ったら大間違いだってば。冗談じゃない。でも、おかげでハッキリした。ルイを選んで正解だった、とブレアは確信。じゃあね、さようならチャック
・・・これで本当に幕引き、かな?

一方、連れだって会場に現れたチャーリーとネイト
でも、チャーリーは落ち着かず、隙をみて、どうすればいいか、ダイアナに指示をあおぐ。ダイアナは、とりあえず普通にふるまって、パフォーマンスを楽しみなさい、じゃあね、って。そこに、マックスが現れた。ダイアナは、マックスにセリーナは中に入ったから、と教えた。Sはゴールドのドレスを着てるから捜して、って。ふーん。・・・ゴールドのドレスを着てるのはさ、チャーリーだよ。WTF ダイアナってばやるね。あの英国クーガーにGGまで心かき乱されちゃうよ!

111115_go507a_0024-0003r.jpgのサムネール画像そして、やっとセリーナが現れた。優雅に遅刻だけど、マックスとのデートにワクワクって感じ。でも、姿が見えないから探していると、ダイアナは、まだ来てない、と教えてくれた。で、セリーナは待つことにしたの。待って、待って、待ち続けた。けど、すっぽかされた様子。その場にいたGGファンが待ちぼうけを食ったSの写メを送ってくれたから、みんなに知らせたくて即アップ: "セリーナって誰?"

さて、会場の中に入りチャーリーを見つけたダイアナは、次の指示を耳元で囁いた。ネイトはあそこよ、行ってキスしてきなさい、って。もちろん、チャーリーは言われたとおりネイトのところへ行き、マスクを取ってキスをした。ところがどっこい、相手はネイトじゃなくて、マックスだった!!うわっ、ダイアナって、マジで悪魔!

慌てて会場を出たチャーリーは、マックスを問いただした。そしたらマックスが、マッキトリック・ホテルに来たのはセリーナとデートだったから、って言ったもんだからチャーリーはビックリ。・・・セリーナが出会ったイケメンってマックスだったの?!?マンハッタンは狭いとは分かっていたけど、こんなのあり得ないって内心思った。けど、そこは演技派チャーリー。すかさず、この再会は運命なのかも、別れたのは間違いだった、一緒に行きましょ、ってすり寄った。どこかへ逃げて、ハッピーエンドで幕を下ろしたいんだろうけど残念だね、チャーリーだかアイヴィーだか誰だか知らないけど。あんたに捨てられたマックスはヨリを戻す気は全然ないみたい。ショックだよね、チャーリー。なんでこんなことになったの?って焦っても今更だけど、誰の仕業かな?ダイアナに決まってるでしょ!姿を現したダイアナは、マックスとわざとキスさせたことを認めた。チャーリーがネイトに相応しくないって、証明したかったとか。それに、チャーリーがアタフタするのを楽しんでたらしい。・・・もっとイジメたい所だけど、このへんで解放してあげるとばかりに、その場でチャーリーにクビを言い渡した。そして、唖然とするチャーリーを写メして、GGに投稿。かわいそうなチャーリー。

111115_go507a_0553r.jpg 《特ダネ》
   みんな窓の鍵を閉めて。
   セリーナのイトコのイカれた
   チャーリーが薬を切らしちゃったみたい。
   今にも飛び降りそうな勢いだよ。

 

ネタにされたチャーリーは、まじでへこんでた。それに、なんでGGにつけ狙われたんだろう??って。そして、NYCに戻ったのが間違いだからフロリダに帰るって言い出した。それを聞いたセリーナは憤慨。GGがセリーナ自身をネタにするのは構わないけど、罪のないかわいそうないとこのチャーリーを傷つけるのは許せない、ってことらしい。GGのイジメに負けてたまるか、と行動に出た。そして、ダイアナに電話して、GGを叩きつぶす、と宣言。
あら、そう?やれるものならやってみてよ。

ちょっとビックリだけど、チャックはドロータからのメールを受信。しかも、それはサンキューメールだった。ん?どういうこと?
実は、あのキスの件だけどチャックとドロータはグルだったみたい。あの熱烈なチューは、ブレアにチャックが変わっていないと思わせ、彼のことを手放させる作戦だったらしい。・・・これが無私無欲の愛他精神ってやつなのかな。

すべてが思惑どおり運んでご機嫌のダイアナ。でも、あと一つ片付けなきゃいけないことがあった。それはネイトとの関係。で、彼女はネイトに会いに行った。
チャーリーとマックスのキスを目撃したネイトはちょっとショックだったらしく、ダイアナの姿を見て嬉しそう。ダイアナはNを大切に思ってるから、これからは対等よ、ってことで、二人で真剣に付き合ってみよう"ということになったらしい。どうなるか興味津々。・・・だってね、ダイアナに電話がかかってきたんだけど、その相手が。ここでも久しくご無沙汰してる人物だった、何とそれはネイトのおじいちゃん。孫のイメージが回復した、とおじいちゃんはダイアナにありがとう、って言ってた。・・・ダイアナとおじいちゃんがグル?これは想定外だった。

SがGGと戦う気になったから、チャーリーはもう安全って思ったかもしれないけど、そんなことない。ヤバいことになってる。GGサイトを覗いたマックスは(時間つぶししてくれててサンキュ!)内容を見てビックリ。元カノの名前がチャーリー?一体どういうこと!????
 
 
oh チャーリー、チャーリー、チャーリー。
それとも、アイヴィー、アイヴィー、アイヴィー?

ま、どうでもいいけどさ、これだけは言っておく。

気をつけてね。

秘密がバレるのも、もはや時間の問題だよ。

それにさ、秘密って楽しくないじゃない?
 
 
 
xoxo Gossip Girl

カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.gossipgirl-tv.jp/mt/mt-tb.cgi/571

  • 購読する
  • 購読する
TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.
© 2000-2010 SUPER NETWORK,inc.All rights reserved