2013年4月アーカイブ
April 30, 2013
Gossip Girl

我らが愛しのアッパー・イースト・サイダーたち。
どうやら彼らのDNAには、ドラマスキャンダルが組み込まれてるらしい
と、つくづく思う今日この頃。
だって、どこにいても、誰と関わっても、何があろうがスキャンダルがついて回るんだもん。
もう、GGが言えるのは、一言。
 
サンクス!!



おめでたのドロータに付き添って、ブレア産婦人科へ。思うに、雇い主が使用人の定期検診に同行するなんて普通ないよね。まあ、ブレアとドロータはただの仕事関係だけじゃない、特別な絆があるってことなんだろうけど。もしくは、ブレアは自分で確認したいことがあった、ってことかも? なにしろ、診察室でブレアはお医者様を質問攻め。いつ頃つわりは終わる?とか、いつになったらドロータはベビーの父親が誰だか分かる?とか。ちょっと、Bってばどうしちゃったの??
・・・その時、ドロータは気づいた。 OMFG ブレア様も妊娠してる!!!

まもなくブレアは、つわりは、錯覚や思い込みとかじゃなくて、それはそれは辛くてマジむかむかする現実だということを実感。けど、誰にも妊娠を明かしていない場合、胃がひっくり返りそうでも我慢しなくちゃならないわけで。なのに、タイミング悪くルイの妹ベアトリス公女がNYにやってくることになったから、つわりを隠しつつ、一級のBを演出しなくちゃならなくなった。未来の親戚に好印象を与えるのはマストだもんね。だから、ベアトリスと笑顔でショッピングに出かけたものの、かわいそうに、ブレアは終始つらそう。何をしててもムカムカしちゃうらしい、アライア Alaia でのショッピング以外は、ね。でも、まもなく義理の妹となるベアトリスのことを多少知ることができた。例えば、ベアトリスは母親に公位を継承するのに相応しい子供は優秀な息子だけじゃなく、娘の自分もいるってことをずっと認めてほしかったらしい、とか。でも、春にルイが公位継承権を放棄しかけて、自分が女王になるチャンスが巡ってきたけど、モナコ美人ベアトリスは責任の大きさに辟易。ストレスが多過ぎる!! と、すべてを思い直したらしい。だから、今はルイとブレアが次期大公と公妃として注目されていることを心から喜んでるんだって。・・・英王室に例えるなら、ヘンリーかウィリアムか、って感じ? 言うまでもなく、どちらが適任かは明白だけどさ。
ブレアはベアトリスの話を聞いてホッとしつつも吐き気をもよおし、目ではゴミ箱を探してる。とにかく、吐くこと以外に集中できないみたい。ベアトリスはBの様子がおかしいことに気づいた。・・・もしや、薬物依存症?なら、超スキャンダラス!って。でも、そのことを問いただされたドロータはきっぱり否定。となると、薬物依存じゃなければ明らかに摂食障害だと、ベアトリスに詰め寄られるとドロータはある意味認めた。・・・まあ確かに、ブレアは過去に摂食障害だったからね。けど、ベアトリスは鬼の首を取ったような表情。摂食障害は公位継承者には相応しくない、ってことらしい。
で、早速ベアトリスはルイに告げ口。けど、ルイはフィアンセのことは何もかも知っていると驚きもしなかった。確かに、ブレアは高校時代に摂食障害だったけどそれはもう過去の話で心配することはない、ってね。けど、Bはまだ具合が悪そうだし、公室の厳しさのストレスでもっと体調を崩すかもしれないと主張するベアトリスに、ルイはいい加減にしてくれって、うんざり。それでもベアトリスは、じゃ、お兄様のために自分が証明してあげるわ、って勢い。ちょっとまずくない?それにベアトリスの真意もよく分からないし。。。

その頃、ダンは小説の原稿を持っている出版社を突き止めるのに躍起になっていた。問題はヴァネッサが送ってきた小切手しか手掛かりがないこと。そこで、ダンはヴァネッサの銀行口座にアクセスできれば何とかなるかもしれないって思いついた。めちゃUESっぽいよ、D。で、孤独なボクは早速セリーナに電話。ほら、セリーナは去年リリーの貸金庫に侵入した経験者でしょ。けど、セリーナいわく、お膳立てしたのはチャックだからCに聞いてって。孤独なボクがチャックに頼みごと? あり得ないことが起きちゃう!?

頼れるのはチャックだけだと思ったダンはしぶしぶ彼を捜しに。で、Cの居場所に向かったダンはそこで、すごく奇妙な状況のチャックを発見。なんと、チャックは路地で二人組の男にフルボッコされてた。UESで?? なんだかよくわかんないけど、とにかく怪しいってば。とにかく、ハンフリー・ダンプティの姿を見た途端、犯人は焦って逃げ出してった。その時ダンは、チャックのバイク事故で負った打撲痕を目にした。WTF チャックってばどうしちゃったんだ? ダンは怪訝な顔。
ダンは本当に心配してた。そりゃ、誰だって驚くよね、あの傷を見たら。で、エンパイアホテルにドクターが診察に来て、チャックは肋骨骨折と診断された。肋骨骨折は放置すると危険で激痛を伴うものなのに患部に触れても痛がりもしないなんて、大量の痛み止めを処方してるとか? とドクターも困惑。でもダンは想像がついてた。ブレアが結婚するから、チャックは荒れてる。だから、今回は本気でマジめに区切りをつけた方がいいと説得。加えてダンは、それに婚約前、ブレアと最後にキスしたのはチャックじゃなく自分だし、と暴露。すると、チャックはブレアと過ごしたことを告白。しかも、ダンと違ってキスだけじゃなかった、と。・・・チャックの立場のほうが奥が深いってことだよね。
110927_GO502C_334r.jpg

さて、LAではチャーリーと再会したセリーナがウキウキ。けど、チャーリー(はたまたアイヴィー?)は浮かない顔。それでもチャーリーになりきって演技しなくちゃ、という感じで、フロリダだけじゃなくママからも離れるためにLAに来たって話をでっち上げた。それを聞いたセリーナはカリフォルニアはつかの間の休息をとるには最高の場所だよねってすっかり共感。今学期は休学してLAにいるから一緒に住まない?って言い出した。チャーリーはまじでヤバいと焦ってあれこれ言い訳。でもセリーナは、ローズ家の娘2人in LA、歴史は繰り返されるってことね!って言い張った。チャーリーは今の所にいたほうがいいと言い返したんだけどセリーナは譲らなかった。で、"イトコ"二人は仲良くアパートを下見しに行ったんだ。その物件を見たSは私たちにピッタリ!って大満足。即、契約しようとしたけど小切手帳を忘れてきたからチャーリーに小切手切っておいてくれる?出所はどうせ同じ信託口座だし、と頼んだ。これ以上言い訳できないチャーリーはしぶしぶ小切手を切って、不動産業者に渡してた。
ところがね、 Oops チャーリーの小切手は不渡りに。だからチャーリーは超パニック。正体がバレて、捕まっちゃう!LAから逃げなきゃと思ったチャーリーは街を出よう、とマックスに提案。ここにいても夢は叶えられそうにもないし、幸せにはなれないからポートランドでやり直そう、そうすれば、そこでマックスはシェフになって、二人でずっと幸せに暮らせるから、ってことらしい。でも、チャーリーが荷造りをし終える前に、セリーナがアパートに現れた。そして、小切手が不渡りになった理由が分かったと言い出した。家出をしたから口座を凍結するなんて、キャロル伯母さんはひど過ぎる!こんなこと許せない。シシーおばあちゃんに頼めば内緒で手を貸してくれる、って。チャーリーは心配するセリーナの話に合わせて、その通りだった、と答えてた。

で、抜き差しならなくなったチャーリーは犠牲を払うことに。チャーリーは彼氏との別れを決意。やっぱり一緒にポートランドへは行けない、と突然切り出されたマックスは困惑。一体なぜ!? すると、チャーリーは、自分が幸せになれないのはLAのせいじゃない、マックスのせいだと、キッパリ。 Ouch. マックスとケリをつけたチャーリーは早速セリーナと同居に向けて準備万端。ところが、迎えに来たセリーナから重大発表があった。実は、セリーナのボスは映画撮影のためにLAに来ていただけでオフィスはNYなんだって。だから、彼女の下で働くからにはSもNYに戻ることになるって。そして、一緒に来てほしい、とチャーリーを誘った。チャーリーは、ほんの一瞬だけ考えたみたいだけど、もちろん二つ返事でOK。ま、ニューヨークで成功したら、どこでも行けるもんね、舞い込んだセカンドチャンスはモノにしなきゃ。というわけで、ローズ家のイトコたちはNYCへ戻ることになったんだ。面白くなってきたよ。

その頃、ネイトはどこでインターンをするべきか決められなくて困っていた。それもそのはず。重大な決断をしなきゃならないのに、頭の中はLAのパーティーで出会ったあの謎の女のことで一杯だったから。ほら、ネイトが僕の家ってウソついたあの豪邸のひと。覚えてるでしょ?そっ、あの女。まあ、当然かもしれないけどネイトは彼女のことばかり考えた。だから、彼女をママのタウンハウスの外で見かけた時は運命だとしか思えなかった。とはいえ、彼女はネイトじゃなくアンに用があって来たらしい。彼女はニューヨーク・スペクテイターのオーナーでNママに特集記事の取材を申し込みに来ただけで、若くてスタミナだけのアーチボルドに用はないって、つれない態度。でも、ネイトはこのまま引き下がるつもりはなかった。
こうなったら彼女の役に立たなきゃって一旦取材を断ったママを説得して、インタビューを受けるよう仕向けたの。名刺から彼女の名前はダイアナ・ペインと判明。そして彼女は、ネイトの機転にいたく感心。ネイトに請求され、仲介手数料を払うことに。で、このUESという世界でいう仲介手数料とはずばりH。早速、ネイトとダイアナはタウンハウスの外玄関の踊り場の物陰で始めちゃった。それはホットなもんで扇子で仰ぎっぱなしだよ。
そして、昼下がりの情事の後、ダイアナはネイトにニューヨーク・スペクテイターでインターンをしないかって提案。上院議員のオフィスには敵わないかもしれないけど、JFKジュニアは「ジョージGeorge」誌で一躍脚光を浴びたよね。うーん、公私混同?最高じゃない!?

さて、ブレアは、モナコで開催される今年の被昇天祭の祝典に出席できなくてホッとしていた。ところが、ベアトリスが祝典をNY市内でするって発表したからBはビックリ。さあ、大変!祝典当日、ブレアは再びつわりに悩まされてた。山ほど並んだ料理と多種多様な臭いに思わず、うっ!それでも、挙式をお願いしているカヴァリア神父の前では必死に元気そうに振る舞っていたけど、やっぱりきつそうだった。パイを見れば見るほど吐き気をもよおしちゃって。そこへ、ダン・ハンフリーがやって来た。普段のブレアなら、よそ者は出て行けと、一喝するところだけど今日は猫の手も借りたい様子。ダンを見るや否や手を取り、一緒に来てと化粧室へ直行。そして、何でもいいから、ドアを見張ってて!って言いつけた。ブレアの態度が気になったダンは、チャックとのことが関係あるのか?って切り出した。ギョッとするブレア。・・・チャックのおしゃべりめ!って、顔してたけどBは、そんなの関係ないし、今はそれどころじゃない。チャックはBのことは吹っ切れてるし、ルイと結婚しろって言ったのはチャックなんだから、NBD べつに大したことない って、まくし立てると個室に入って吐きだした。ダンは心配になった。・・・まさか、また摂食障害がぶり返した?? なもんで、ダンが治療を受けると約束してくれ、としつこく言うもんだから、ブレアは真実を話さざるを得なくなった。

摂食障害じゃないよ、妊娠したの!!

と言ったその瞬間、入って来たベアトリスに全部聞かれてた
ブレアは何も言わないでとベアトリスに懇願。Bは、ルイに話していない理由を、まだ妊娠初期でだから、安定期に入ったら話すつもりだったと釈明。そこへルイが近づいて来たから、ブレアは一巻の終わりだと覚悟。当然、ベアトリスは秘密を暴露すると思ったものの、ところが、驚いたことにベアトリスは妊娠については一言もふれなかった。・・・ベアトリスって、いい人なのかな?まあ、今のところは、ね。

と、言いたいけど違った。祝典の後、リムジンの中でベアトリスはカヴァリア神父にブレアが妊娠したから、ムカつく!!って相談。彼女はブレアが薬物依存とか摂食障害など何か問題を抱えていれば、ブレアとルイは公位継承には不相応になり自分が君臨できると目論んでいたんだった。孫が生まれることを知れば、母が大喜びする!ルイを追放する別の方法を考えなきゃ、だって。ふーん、なるほど。でね、それからベアトリスとカヴァリア神父はイチャイチャし始めたんだ。ん?あのさ、聖職者ってお触りしちゃいけないはずだよね??

GGサイトでチャックの目撃情報を見たダン。Cがまた暗黒街へ暴行されに行くってピンときた。なので、いつものお節介なダン・ハンフリーらしさを発揮。チャックがいる路地裏へ行って説教を始めた。まったく、ハンフリーってば、人助けもほどほどにしなよ!けどね、チャックはダンに本音を吐露。・・・ブレアと別れてから何も感じなくなった。痛みを感じたくて殴られてるのに、ブレアとルイを見ても、バイクで転んでも、何も感じねえ。って。ダンは、チンピラを雇って殴らせても解決にはならない。ケガだけじゃなく、死んだらどうする?って諭そうとした。すると、チャックは切り返した。

何も感じねえなら、死んでるも同じだろ?

って。深いね。それでも、チャックのことが心配なダンはインターネット検索で、チャックは「転換性障害」かもって突き止めた。精神的なショックを経験すると目が見えなくなったり、感覚が麻痺する症状がでる病気らしい。チャックの場合、明らかにブレアの婚約でショックを受けたのが原因。で、ダンは感覚を取り戻すにはもっと気持ちいいことを感じるようにしたほうがいいんじゃないかって助言。診断、ありがとね、ドクター・ハンフリー。主治医でもないくせに。けど、珍しくチャックは親身になってくれているダンに感謝してる模様。変なのー。それから、ダンはやっと一日中チャックに相談しようと思っていたことを切り出した。Dの小説を手に入れた出版社を突き止めるのを手伝ってほしいって。作家は出版を望むものだろう、とチャックは怪訝な顔。ダンは内容がチャックを含め、みんなを傷つけるような風刺だから問題なんだと説明。チャックはそういえば、自分はチャーリー・トラウトだったしな、と納得。Cは自分は無感覚かもしれないけど、だからってみんなが恥をかくのは好ましくねえ、って、ダンを助けることに。言葉にするのもはばかられるけど、チャックが利他的行為?
 
 
 
・・・まだビックリするオチがあるよ。 

ダンのロフトに突然訪ねてきた人がいた。ブレアだった。
認めたくはないかもしれないけど、ブレアが今抱えてる問題を話せるのはダンしかいない
Bの状況を全部わかってるのはDだけだからね。
ブレアいわく、とにかく否定さえしていれば窮地から逃れられると思っていたけど、もう無理。
確かに、最後に一回だけチャックとはHしたけど、ルイとは数えきれないくらいしてる(やるじゃん、ルイってば)。
・・・だから、ルイのベビーに違いない、でしょ? ね?? でしょ?!?!
ブレアは信じられなかった。
あと少しで、「夢」がかなうところだったのに、こんなことになるなんて。
たった一度、他人の成人式で過ちを犯したからって、これで終わりなの!?
でも、ダンは、とにかく子供のためにも、父親が誰なのか確かめるべきだ、といった。
でもブレアは恐れてた。もし、それですべてを失うことになったら?
でもダンは言った。

俺がいるよ。
 
 
・・・GGの氷のハートもちょっと溶けた。
 
 
 
 
あー、もうスキャンダルでお腹いっぱい。
しかも、美味しいネタばかりで大満足!
次にどんなネタが出てくるか今から楽しみだよ。

みんなも、もちろんまだまだいけるでしょ?
 
 
xoxo Gossip Girl


April 25, 2013
Gossip Girl


これまでのGGアンケート>>


April 24, 2013
Gossip Girl

目撃情報:

Bはドロータと外出。
何だか昔みたいで懐かしい。Yay!

CNエンパイアホテルの前でリムジンから降りて来たところを目撃。
やっとNYCに戻って来たよ。よかったー。

Dはブルックリンを歩いてる。
電話してるけど、何だか話が弾んでるみたい。ウィルコ Wilco のアルバムの話とか?
・・・どうでもいいや。

一方LAでは、
お休みをもらったらしいSがロスフェリッツに出現。
手始めに Panty Raid でショッピング、で、リトル・ドムズ Little Dom's でランチだって。


やっぱ、どこにいてもSらしい生活をできるっていいねえ。

xoxo Gossip Girl


April 22, 2013
Gossip Girl

NYの損は、LAの得。

どうやらセリーナは、おうちから離れて西海岸に住むみたい。
それってあり?
カリフォルニアガールになっちゃう気?そうじゃなきゃいいけど。

でも、セリーナがカリフォルニアでの生活を楽しんでるってことは否定できない。
Bouchon でディナーしたり、バーニーズでショッピングしたり。
ま、NYと同じことをしてるわけだけどね。
けど、あっちなら、輝く太陽の日差しを浴びながら、
正真正銘の映画スターとリアリティ番組のスターに囲まれながら同じことができるもんね。
とはいえ。
 
・・・誰かにお願いすることってあまりないんだけどさ、でもね。
 
 
S、早くNYCに帰って来て!! Pleeeeeeeeeease!
 
 
足長のブロンドなんてLAにはゴマンといるし。
そもそも、Sの居場所はこっち側。
世界一の海岸のこっち、西海岸じゃないよ。
 
 
xoxo Gossip Girl


April 21, 2013
Gossip Girl

まずはじめに。
 
戻って来れて 超うれしい!!
世界中で一番好きなことが またできるんだもん。そ、ゴシップをばらまくこと!

この夏はUESのゴタゴタから解放されてたって感じだったよね。
でも、季節は変わってもう秋。そう、新たなドラマの幕開けだよ。

我らが愛しのセレブたちに感謝!
どうやら、いつもみたいにいっぱいスキャンダルを巻き起こしてくれそう :)

110927_GG501D_488r.jpg

結婚式の招待状が発送されたよ。"その日の予定を空けておいてください"ってことは、ブレアとルイの結婚が正式に決まったってこと。きゃー、やったね、B!
で、その次期プリンセスとなるBは、公室のフィアンセ、ルイとモナコで優雅に夏のバカンス。 Ooh la la って感じだよね♪ で、最近NYに戻って来た。ということは、結婚式の準備を始めるときが来たってこと。YESSSSS! ただちょっと問題あり。ルイのママ、ソフィーが早くも根性まる出しなんだよね。ありとあらゆることに口出ししてくる。しかも、自分の意見が通らなければ全部ダメ出し。息子の結婚式は"こうやるべき"だって絶対譲らないの。当然ブレアはこの事態に不満。大好きなシャクヤクのブーケの代わりにカーネーションのブーケ(マジでないって!)を持ってヴァージンロードを歩くことは百歩譲れても、ソフィーのウエディングドレスを着ろって言われるのは、次元が違う!もってのほかだよ!! おまけにドレス姿はフランスの VOGUE ヴォーグ誌の見開きページを飾るらしい。たしかにすごくいい話ではあるんだけど、最高に美しい花嫁姿を披露したいブレアにとって、VOGUEと自分の結婚式で誰かのお古を着るなんて問題外! Ce n'est pas chic ダサすぎ!だよ。それに普通なら、花嫁が窮地に立たされたら、フィアンセが味方になって援護射撃すると思うよね。ところが、残念ながらルイは母親に反論できないんだよね。まったくマザコンなんだから!!

当然ブレアはルイに不満爆発。どうしてお母さんにノーって言えないの!? そのルイは、ブレアの言い分も一理あるかも、と理解はしていて、この先も言いなりの二人の生活はイヤだって思っていたみたい。ルイは、これはブレアの結婚式なんだから今後はすべてブレアが決める、と母親にきちんと話そうと言ってくれた。だけど、その前に国連総会の式典へ行こうってルイが提案。・・・式典参加なんて大したことないじゃん、と思うかもしれないけど、これには重要な意味があった。この式典への傘下は、王族以外100%拒否される類のもの。でも、ルイはそんなのお構いなしって感じで、愛するブレアを同伴すると決めたの。そうこなくっちゃ!

ほかにNY市内に帰って来たのは、ダン・ハンフリー。夏休みはずっとハンプトンズにいたんだけど、ブルックリンに戻り、重大な任務にとりかかった。実は、ジェレマイア・ハリス(覚えてる?ダンの元ボス)から Vanity Fair ヴァニティ・フェア誌 に掲載されるストーリーのことを聞いて慌てて戻って来たらしい。というのも、その内容がいかにもダンが書きそうなストーリーだったから。テーマはマンハッタンの上流階級の慣習と悪事。おまけに、主人公の名前がディラン・ハンターでイニシャルは"D. H." ダンと同じ?? ダンは、そんなことはありえないはず、と困惑。ある程度想像はついてたけど、ロフトに戻ると、その疑念が当たっていたことが明らかになった。案の定、ヴァネッサが原稿を盗んでた。・・・ほんと卑怯なヤツ!
問題は「ヴァニティ・フェア」に載る文章のモデルはブレアだったこと。そのブレアはいま街中の話題の中心だし、タブロイド紙の表紙を連日飾るほど、注目の的。だから、ダンは直ちに掲載を阻止しなきゃって思ったわけ。この件で本当に力になってくれそうな人物はただ一人、ルイ。ダンはルイに会いに行き、何とかしてくれと頼み込んだ。・・・このストーリーが日の目を見たら、みんなが不幸になるから、って。確かに、ルイなら公室から圧力をかけられるよね。

一方、遥か西のロサンゼルスでは・・・110927_GO501C_0647r.jpgセリーナ「美しく呪われし者」の映画版の制作にいそしんでた。
まず、言ってしまうと、パシリみたいなことをしてるSを見るのはすんごく変な感じ。現場にコーヒーを運んでいったり、スクリプトのページを照合したり、・・・なんかなー。でも、驚いたことにSは仕事が気に入っている様子。けど、同僚のマーシャルに手こずってるみたい。ほんと嫌なヤツでセリーナをけなしまくり、その上、仕事じゃいいとこどりばっかり。まじで感じわるっ。ラッキーなことにセリーナの旧友を乗せた助け船がLAに到着。そう、ネイトとチャックがアレグラ・ヴェルサーチのヨットで シティ・オブ・エンジェルにやってきた。LAはネイトとチャックの世界一周旅行の最終目的地なんだって。
どうやらこの夏休みで、チャックは変わったみたい。・・・ちょっとさ、変な感じだよね?? 実際、チャックは新たなチャック・バス的主義を取り入れたらしく、あのチャックがとにかく、何でもかんでも全てに「イエス!」って言うようになってる。チャンスは断らず「イエス!」と言ってものにしろ、ってことらしい。チャックに背中を押されたセリーナはチャック主義を取り入れ、今回の映画のプロデューサー、ジェーンに話しをしに行った。ついでに、原作と脚本を比較した撮影用の資料を書いたのはマーシャルじゃなくて自分だとうっかり漏らしちゃった。Oops. そしたらジェーンは、じゃあセリーナにもっとやりがいのある仕事をさせてみよう、と言い出した。でも、それを知ったマーシャルはムッとして、自分より仕事ができるってことを証明してみろ、とセリーナに24時間以内になすべき長ーいお仕事リストを渡した。 Eek.

・・・残念ながら、明るい"イエスマン"キャラも案外短命だった。
チャックは、ネイトが隠したはずのブレアの結婚式招待状を見つけてしまい、彼の中でまた何かが変わったよう。どうやらチャックはその新たなモットーを更にグレードアップさせようとし始めた。セリーナが働いてる映画のスタントウーマン、アリーとデートを約束したチャック。みんなが集まるという丘の上のパーティに行くことになったんだけど、チャックはバイクで行こうと提案(チャック・バスのバイク乗る姿っていい感じだよね :) アリーは、丘への道は危ないしケガしかねないからやめた方がいいと反対したものの、チャックは聞く耳持たず。チャックはワイルドに生きたい、ということらしいんだけど、結局その思いは叶って、マルホランド・ドライブを猛スピードで爆走中、チャックは転倒。(・・・コワ)。幸いチャックはすぐ立ち上がって歩いてたからよかったけど。それにしても、バスの奴すごい回復力だよ。けど、アリーはチャックの無謀さを見てヤバい奴って思った。デートはその場でジ・エンド。

セリーナは無事にお仕事リストをクリア。時間にも余裕ありで、リストの最後にあったちょっと変わったタスク、「主演のパトリック・ロバーツに医療用大麻を用意する」という、ちょっと奇妙な仕事までやり遂げた。【合法のLAだけで許されることだからね、絶対真似しちゃダメだよ!】 パーティー会場に着いたセリーナは、時間内に仕事を終えたことをマーシャルに報告できるってワクワク。でも、すぐに見事にマーシャルに騙されたことに気付いた。実は、パトリックは依存症のリハビリ中でそんなものはご法度。万一、撮影中に吸ったりしたら映画制作は中止になることになってた。やば。 とはいえ、こんな形で自分をハメるなんて、とSは唖然。やつはマジ最低だよ。そのマーシャルはまさかSが仕事を全部成し遂げるとは思ってもいなかったらしい。しかもSを騙したことを認めたうえで、Sには夏休みの思い出づくりかもしれないだろうが自分は働かなくては生活できないし、この仕事が本当に必要で必死なんだ、と主張。なもんで、セリーナは誰かに騙されて、パトリックに例のものを渡してしまったと告白し、責任をとって辞めることに。Sはハリウッドからもドロップアウトなの?
110927_GO501B_498r.jpgのサムネール画像
セリーナの大失敗がハリウッドの一大事件かと思いきやネイトがもっとすごいことをやらかしてくれた。ネイトは新しい自分を発見したいと思いはじめ、それにはLAはぴったりだった。親友の最新のお気に入りワード イエス!も刷り込まれてるし、そんなわけでネイトは新しいスタートを切ろうとしてた。で、パーティーでセクシーな謎めいた年上女性と出会ったネイトは、この家の所有者なの? と聞かれても 「イエス!」 家を案内してくれるの?と言われても「イエス!」って答えた。当然ネイト・アーチボルトのことだから、その家の一室の床で彼女とやっちゃった。・・・まったく。ネイトってば彼女にまで「イエス!!」と言わせちゃったよ。で、ネイトが身支度を整えながら彼女の名前を聞き出そうとした。すると彼女は言った、「ここ、私の家だから。」 ・・・Whoops それじゃ失礼させていただきます、ってなっちゃうよね。じゃあね、N。

しかし、ネイトは携帯を忘れて来てた。偶然? わざと? ほんとのとこは分からないけど、翌日取りに行かなくちゃいけなくなったわけ。で、昨日の家にあの年上女性を訪ね、ネイトはウソをついたことを謝った。彼女は謝罪を受け入れたけど、それだけで、ネイトはすぐに追い返されてた。どうやら、彼女の今日の予定に昼下がりのお楽しみは組まれてなかったみたい。けど、彼女、ネイトには何かを予定してるみたいなんだよね。だって、ネイトが来る直前に彼女は電話で誰かに、「無事に接触できた」と話してたんだよね。・・・ちょっと、何なの??

110927_GO501A_0059r.jpgその頃、NYでは、ルイがブレアをほったらかしにしてた。国連総会の式典にも行くって約束したのに WTF!? ブレアは怒り心頭、気まぐれなフランス男にもうカンカン!やっと連絡が取れても、ルイはどこにいるかも教えてもくれない。まじで怒り爆発のブレアはある人物に会いに行くんだけど、どうしよう、ここで名前を書くのもはばかられるんだけど、仕方ないよね、書くよ、書きますよ・・・ ブレアが会いに行ったのはダン・ハンフリーだった。
ブレアは、ルイとの関係に不信感を募らせ不安になってた。頼りになる確信が持てない人と結婚はできない、ブレアは婚約を破棄したいと言い出した。Whaaaaaaaat? しかも、婚約破棄後、ブレアはNYを離れどこかに行きたいからハンプトンズの別荘は空いてる?って、言い出す始末。ダンは自分の耳を疑った。けど 「イエス!」 別荘は空いてるし、「イエス!」もちろんハンプトンズにもついて行くよ、と返事。OMFG まじで、一体どうなっちゃってんの??
そこへちょうど、ルイがロフトに姿を現した。だけど、ブレアを捜しに来たわけじゃなかった、ダンに会いに来たのだった。ルイは「ヴァニティ・フェア」への掲載は差し止めたと報告しに来たのだった。ついにルイはBに本当のことを話した。小説が掲載されれば、ブレアの名誉に傷がつく。ルイはしっかりブレアを守り、Bのために戦ってたんだよ。正真正銘の本物の王子様ってことだよ。とはいえ、それを聞いたブレアは今度はダンに怒り爆発。ハンフリーはルイがBのために奔走してるのを知ってて、何も言わず別れさせるつもりだった、ってこと?WTF?そんなことをする理由があるわけ? ・・・ん?ちょっと待った。DBまだ好きだってこと!?
ところで。ダンの小説を読んだルーファスは大絶賛!でも、主人公ブレアの関係にはビックリしたみたい。しかも、実は短編小説ではなく一冊の長編ものとしてダンは書いたらしい。Whoa. そしてダンは郵便で1万ドルの小切手に処女作の出版を祝福するカードが同封された郵便を受け取った。ヴァネッサからだよ。OMG 孤独なボクが小説家の仲間入り? わお。

ただでさえドラマが満載なのに、今年一番のゴシップになりそうなネタがあった。ウォルドーフ家の誰かの胎内に関する機密情報だよ。ゴミ箱の中に陽性の妊娠検査薬が捨ててあったらしい。なもんで、妊娠してるのはブレア?それともセリーナ?って、ざわついたんだけど、結局、妊娠してるのは拍子抜けなことにドロータだった。
ごめんね、ドロータ。でも結婚しててもうベビーもいるし、ちっともスキャンダラスじゃないんだよね。とはいえ、キェシロフスキ+プロカ家の皆さん、おめでとう。第二子もアナみたく可愛いといいね。

ハリウッドではセカンドチャンスって普通にもらえるものらしい。ロバート・ダウニー・Jrでしょ、それからミッキー・ロークでしょ、それと今度はセリーナ・ヴァンダーウッドセン。ハッパ騒ぎがあったけど、ジェーンはセリーナに自分の下で働かないか、と持ちかけた。セリーナの勤勉さと熱心さが気に入ったみたい。もちろん、セリーナはチャックのお気に入りの言葉「イエス!」と答えた。

(やっと)NYCへ戻ることにしたチャックとネイト。チャックは、Bの招待状を見つけたことをネイトに話した。そして、気遣いは有難いけど心配無用、Bのことはもう何とも思っていないから大丈夫。Bの結婚なんて気にしてない、と続けた。・・・まじ? でもさ、チャックはやっぱりどこかで苦しんでるように見えるよね。精神的には傷ついてないのかもしれないけど、身体は文字通り傷ついてるよ。バイク転倒の後、チャックは全然平気って素振りしてたけど絶対違う。肋骨の辺りにひどい打撲を負ってる。 Ouch. あれでよく歩けるよね? お大事に>C。

ブレアがウエディングドレスの試着をしていると、ルイがやっと男らしく母親に立ち向かった。ヴァージンロードを歩く時、ブレアはシャクヤクのブーケを持つから、とルイが断言、すべては丸く収まった。と思いきや、ドレスを見ていた裁縫師が爆弾発言。
「予定日は?」

WTF!?!?!? ブレアが妊娠!?
でも、Shhhhhhhhh まだブレアは誰にも言ってないみたいだからね。
ベビーのパパにも、誰にも話してないみたい。

ジェーンの下で働くことになったセリーナはLAに残ることに。SがいないUESなんてつまんないよね、カナシー。とにかく、LAでセリーナはチャーリーにばったり出くわした。っていうか、アイヴィーだっけ??・・・誰かあの子の身分証明書をチェックしようよ。そのチャーリーと彼氏のマックスはレストランで働いてた。彼女はウェイトレスで彼はシェフ。ところが、セリーナを見た途端、エプロンをするりと外して、ラテを買いに寄った常連客のフリをした ・・・仕事を辞める新しい方法とも言えなくもないけどね。とにかくセリーナはイトコがLAにいたのでビックリ。セリーナは、ここで何してるの?最近どう?って超うれしそう。なもんで、チャーリーは再びローズ家の一員に変身。わお。
 
 
 
 
もうドラマが満載って感じでしょ?
次はどんなことが起こるか想像つかないよ。

でもこれだけは確かだよ。
最新情報を最速で逐一アップすべく、ここで常にスタンバイしてるから。
 
 
GGにお任せあれ。
 
 
xoxo Gossip Girl


April 18, 2013
Gossip Girl



これまでのGGアンケート>>


April 16, 2013
Gossip Girl

目撃情報

BがNYに戻って来た。しかも、王子様を従えて!
まぁ、夏休みの間中「パリ・マッチ」を読んでたみんなは彼女がこっちへ向かっていたのは知っていると思うけど。

DはサウサンプトンのバリスターズBarrister's でランチ。
ビックリなことに、Dは人と一緒にいた。



目撃情報 西海岸篇:

Sはバーバンクのザ・コーヒービーン&ティーリーフ The Coffee Bean & Tea Leaf でコーヒーをテイクアウト。
それも他人のために。わお。

ばっちり日焼けしたNCはサンタモニカの ジョルジオ・バルディ Giorgio Baldi でディナー中。
NYへ戻る前の最終訪問都市って感じかな?
 
 
にしても、あの二人この夏はハチャメチャしてたよ。



xoxo Gossip Girl


April 11, 2013
Gossip Girl

チャックとネイトの世界一周旅行を追ってみよう。

地図はクリックして拡大できるよ。
110923_chucknatenolabels.jpg

   ・ブダペスト
   ・タリン、エストニア
   ・モスクワ
   ・ロス島、ギリシャ
   ・イスタンブール
   ・テルアビブ
   ・マダガスカル
   ・コロンボ、スリランカ
   ・チェンマイ、タイ
   ・クアラルンプール、マレーシア
   ・シンガポール
   ・バリ
   ・マニラ、フィリピン
   ・タヒチ
   ・マウイ
 
 
 
xoxo Gossip Girl


April 1, 2013
Gossip Girl

寂しかった?
・・・だよね。聞くだけ野暮、ってことで :)
 
 
みんな、充実かつワクワクした夏休みを過ごしたかな?
GGブログがアップされてなかったから、ネットやってても退屈すぎた?
とにかく、みんな夏休み中はしっかり静養したことを祈ってる。

だって、秋は一年の中でも一番ゴシップが満載の時期だもん
忙しくなるよ!

我らがお気に入りのセレブたちについても美味しいネタを仕入れてある。
そりゃもう舌なめずりものばかりだよ。
 
 
忠実な読者諸君、楽しみにしていて!
これから、GGが全部暴露しちゃうからね。

マジでみんなぶっ飛ぶこと間違いなし。
だから、覚悟はいい? しっかり心の準備しといて!
 
 
 
xoxo Gossip Girl


  • miley-sa: BとCは切っても
  • まい: 今のルイとのロマンチ
  • natsu: ブレアの負けず嫌いな
  • Lili: ダンがいい。チャック
  • すず: ブレアは、カーターと
  • 購読する
  • 購読する
TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.
© 2000-2010 SUPER NETWORK,inc.All rights reserved