2011年9月アーカイブ
September 17, 2011
Gossip Girl

OH. MY. GOD.

マジでっ!?
あまりの衝撃に外れちゃったアゴを拾ってくるからちょっと待ってて。

もう驚きのあまり、言葉が出ない。
深呼吸しなきゃ。深呼吸だよ、GG。

何とか心を落ち着かせて、何が起こったのか全部説明するからね。
それじゃ、いくよ。
 
 
チャックはブレアに最後通告。
19時にエンパイア・ステート・ビルの屋上で待っている。
もし現われなかったら、Bへの愛情を永遠に断ち切る。

ワオ。でもブレアは、100%行く気はない、と周囲にきっぱり宣言。悲しいね。でも彼女の気持ちを揺るがすような圧力が、想像以上にかかっていたみたい。だってあの有名ビルが、ブレアの後をついてくるんだもん。どこへ行っても目につくし、いつも誰かがビルの名前を口にしている。一体何なの?そんな誘惑に、負けてなるものかと、Bは一日中キャメロンとデートすることにした。しかも知らぬ間に34th通りに近づかないように、お目付役として臨月のドロータをデートに同行させちゃった。
思惑通りにいけばいいけどね。

何もかもうまくいかないジェニー
みんなの信頼を失い、マジ最悪の状態だよ。でも、だからって反省していたわけじゃない。それどころか、最悪の状態をもっと悪い事態にしたかったらしい。ダンとセリーナがベッドで一緒に寝てるところを目撃すると、ジェニーはすかさず写真をパチリ、そしてGGに送信。・・・わかってるってば、みんな、落ち着いて。
あの写真をメール配信すれば、たくさんの人間関係が壊れることは、GGも承知の上。でも、送信しないわけにはいかないよね。受信トレイに放置するには惜しいネタだもん。こっちはただの投稿者だからね :) とにかく、火花は飛び火して大爆発、お祭り騒ぎになることは間違いなし!

SとDのツーショット写真を見たブレアは、ジェニー・ハンフリーを厳罰に処することに決めたみたい。そのままブルックリンに直行。今までの無責任な行動にお灸をすえようと、ブレアはジェニーを叱り飛ばす。上流社会にあこがれるジェニーが過去にしでかしてきた悪事と、今回のことは悪質さの度合いが違う。愛し合っているネイトとセリーナに茶々を入れるなんて、許せない。二人は愛し合ってるの。ダンとヴァネッサも、チャックとブレアも、お互いに愛し合ってる。残念ながら、憐れなJを愛している人なんかどこにもいないよ。・・・あイタタ。
さらにブレア、とどめの一発。唯一、Jのパパだって、ウィルの一件以来、本当にJを愛してくれてるか疑問だよ。
イタイ×10億倍!

ブルックリン訪問で、ブレアはエンパイア・ステート・ビルをちらりと見る。なんてこと。このビルからは逃れられないね。そしてようやく気付いたの。これは"サイン"だ(ブレアはそんなのちっとも信じてないけど)。今すぐエンパイア・ステート・ビルの屋上に行って、チャックに会わなくっちゃ。そう決意した瞬間、なんとドロータが破水!最悪のタイミングで、陣痛が始まっちゃった。どうやらチャックとの再会は後回しになりそう。
どうか、チャックが待っていてくれますように。

でもCは待たなかった。時計の針が19時1分を指すと、チャックはエンパイアホテルに戻っていった。これで本当にブレアを諦めるのかな?また心を閉じてしまう?違うと言ってほしい。でも、何かが閉じれば、ほかが開くよね。たとえば、パンツとかね。だってね、両親の取り決めで、母親のいるハドソンに引き取られることになったジェニーは、失意の中、ネイトに会いにエンパイアへやってきた。そこでチャックと遭遇。どん底のチャックとジェニー。決して、いい組み合わせとは言えないよね。大量のお酒を飲んだ後、二人でお互いを慰め合ったらしい。そう、ホントにエッチしちゃった。
OMFG ジェニーは、チャックにバージンを捧げたの?まさかチャックがJとやっちゃうとはね。
ものすごくヤバいって。 AGHHHHHHHHHHっ

100518_322chair.jpgで、何が最悪かというと。ブレアなんだよね。
(ドロータの応援を受けて)Bが病院を飛び出し、チャックに会いにエンパイア・ステート・ビルの屋上に向かった。でも、すでに時遅し。悲しいね。そこでブレアはチャックを捜してホテルへ。隣の部屋のベッドにジェニーがいることを知らずに、ブレアはチャックに胸の内を明かしたの。エンパイア・ステート・ビルには絶対に行かないつもりだったけど、自分の心の声を無視することはできなかった。ブレアはチャックを愛している。だから、彼と一緒にいたい。チャックは今までで、一番幸せそうだった。そして二人はキスした。もう最高にロマンチック。Jが隣の部屋にいたけどね。ひどいな。でもラッキーにも、ブレアに見つかる前に、ジェニーはこっそり抜け出した。
ま、よかった。のかなあ??

チャックとのことで、ジェニーは精神的大打撃を受けていた。すっかり混乱しちゃったみたい。一体自分は何をしてしまったんだろう、ってね。病院でジェニーを見たエリックは、思わず声をかけた。動揺しているみたいだけど、何かあったのか、ってね。ジェニーはエリックに、チャックとの間に起こったことを告白。それはやっぱりエリックにもショックだった。ジェニーには、誰にも言わないでほしいとお願いされたけど、そんなこと言ってられない。彼女には大至急助けが必要だから。エリックはダンを呼んだ。ダンがジェニーの元へ駆けつけ、すべてを知ったダンは・・・怒り狂ってた。言葉では言い表せないくらい、ね。やばいって。

ついに仲直りしたチャックとブレア。YAY! チャックは今までのすべてについて謝罪。ブレアとやり直したいんだ、と気持ちを伝える。そのためだったら、たとえ残りの人生すべてを費やしても構わない。そして彼は小さい箱を取り出して、まさにBに重大告白をしようとしていた時、ダン・ハンフリーが突然現れて、チャックを殴った。OMFG
ダンは、何があったのかブレアに全部白状しろと迫った。チャックは黙ったまま。その時、ブレアは目に涙を浮かべてるジェニーを見た。彼女は察した。まずい。
ブレアの怒りは頂点に。まずはジェニーに、マンハッタン島から出ていけと通告。もし今後、姿を見かけたら、ただでは済まない。そしてチャック。どうしてこんなことができるの?チャックは必死で説明しようとした。エンパイア・ステート・ビルの一件で、すっかり気が動転した、とか。でもブレアは何も聞きたくなかった。彼女の中では、今夜のことは全部記憶から削除。すべてはなかったことにする。
ブレアとチャックの復活は、始める前にすでに終わりを迎えてた
悲しすぎる :(

ダンもセリーナも、問題を抱えてた。
GGが投下したメール爆弾の余波の対処に追われていたのね(すんません)。そして二人はあることに同意した。あの夜、二人で一緒に過ごしたけれど、深い意味は何もないことを。だって、実際に何もしてないんだから。まあ厳密にいえば、何もなくないんだけどね、たまたまキスをしちゃったってだけ。でもキスなんて大したことじゃないでしょ。そうやって自分に言い聞かせていればいいよ。
とにかくダンもセリーナもお互いの恋人との関係を台無しにしたくないんだから。だから二人はあの日は一緒に眠っただけ、と言うことで合意したみたい。でも、やっとSがネイトと話をした時も、Nはカンカンに怒ってた。でもセリーナは、何とかしてネイトと仲直りして、もう一度新たにやり直したいんだと説明。そう言われて彼は完全にセリーナを許すことにするの。ねえアーチボルド、どうしてそんなにいい人なんでしょ?

その後、結局病院でダンはセリーナとの事に対して、だんだん罪の意識を感じるようになってきた。やっぱり本当のことをヴァネッサとネイトに言った方がいいんじゃないかな? 一方、セリーナは、今がベストなタイミングだとは思わないと反論。そして、このやりとりを全部聞いていた人がいたんだよね。そう、ネイト。Nにとっては、キスは何でもなくなかった。明らかにDとSは、今でも特別な感情があるに違いない。セリーナは、そんなの馬鹿げてると否定したけど、ネイトは疑念と失望感でいっぱい。実際に、あんまりイライラしてたから、ほかのアッパー・イースト・サイダーみたいな低俗な行動をしてしまう。DとSのベッドでのツーショット写真を、ハイチにいるヴァネッサに送りつけちゃった。あらら。

そんなこんなでいろいろゴタゴタがあったけど、結局は、ネイトはセリーナを許すつもりだった。二人の絆を信じていたし、今回のことも一緒に乗り切っていこうと思っていたから。だけど、セリーナは違うことを考えてたんだよね。彼女には、一人になる時間が必要だったらしい。だからしばらく距離を置きたいと言ってきた。これにはネイトもビックリ。彼女を許してあげると言ってるのに、逆に別れを告げられるってのはどうなの? セリーナは、お決まりの"あなたは悪くないの、これは私の問題なの"言い訳スピーチをしていたけど、ネイトは、もう勝手にすれば、って感じ。だって実際問題、今回の件で悪いのはセリーナであって、その張本人の気持ちが落ち着くまで、ブラブラしながらじっと待っている気は、ネイトにはなかった。これで終わりだよ。もうおしまい。ジ・エンド。RIP ネイト&セリーナ

唯一明るい話題といえば、ドロータが無事に赤ちゃんを出産したこと。
かわいらしい元気な女の子で、名前はアナスタシア。エレノアとサイラスがゴッド・ペアレンツになったとか。二人も赤ちゃんを抱っこしようと頑張ってたよ。とにかくママもパパもベビーも、順調みたいだね。ハッピーエンドっていいね。

100518_322jenny.jpg一週間後。
ジェニーは荷造りされて、ハドソンに強制送還されました。ま、実際はグランドセントラル駅で、パパとリリーとエリック、そしてダンに見送りしてもらってたけどね。今ではジェニーも、ハドソン行きに納得しているみたい。NYCではすべてを手に入れたからね。そろそろ新しい場所に旅立つ時期。バーイ、リトルJ (GGにとっては、いつまでもこの呼び名だよ)。本当に楽しかったよ。

UESでは、ブレアが夏をパリで過ごす予定なので、その準備に追われてる。それでね、Sにとっておきのサプライズを用意していたの。Sも彼女と一緒にパリに行くんだって!
我らがお気に入りの二人がパリに?! Ooh la la <3 これまでで最高の夏になりそう。

100518_322georgie.jpgハンフリーのロフトでは、ダンがヴァネッサ宛の心を込めたメールをせっせと作成中。そこにネイトから電話が入る。どうやら男同士は仲直りしたらしい、(いいねえ)。そしてネイトから、セリーナとは正式に別れたと告げられる。ふーん。
ネイトとの電話が終わるとすぐに、ダンはセリーナに電話してた。セリーナとブレアは、ちょうどパリに立つために空港に向かっていた。電話を切ると、ダンはさくっとVへのメールを消去して、オンラインでパリ行きのチケットを探し始める。
OMG ダンがセリーナを追ってパリへ?!
きゃ、ロマンティック。
・・・しかし。
ハリケーン女、ジョージーナの登場で、事態はいつものように急展開を迎える。
(そう、今までレポートしてきた過去の忌々しい思い出とともに、新しくブロンド・ヘアーに生まれ変わった悪女がUESに戻ってきたよ)
ダンは、ジョージーナの訪問にビックリ。驚くのは早いよ。Gは、ダンの忘れものを持ってきたと言って、コートを脱ぎ、大きくなったおなかを見せた。WTF? Gが妊娠!? おなかの子は男の子なの、と言って、超音波写真を見る限りパパそっくりよ、って。 ダンは数ヵ月前にジョージーナを妊娠させていたっってわけ??

頭が爆発しそ。
 
 
ブレアにフラれてから、チャックがどこへ消えたのか。みんな、気になってるよね。
どうやらプラハにいるみたい。ネイトにご自慢のセフレリストを手渡し(きっとこの夏、リストが大活躍するだろうね)、チャックは逃げるようにチェコ共和国へ飛び立った。チャックが酔っぱらって、バーから転がり出た時、運悪く二人組の強盗に出くわす。強盗が金目当てでチャックのポケットをあさっていると、もっと現金より高価なものを見つける。ダイヤモンドの婚約指輪。OMG 金ならいくらでもくれてやる。でもこの指輪だけは止めてくれ。チャックが抵抗するので、強盗は銃を取り出した。
そして、チャック・バスを撃った
OMFG
チャックを置き去りにして、強盗は逃走。
Nooooooooooooo


ちょっと。
ホントに、我らが愛すべきセレブたちに、一体何が起こるんだろ。
あー。ドキドキする。
 
 
とはいえ。
 
残念ながら、夏の間はGGもちょっとお休みするとき。
 
だって一年間、一生懸命働き過ぎで、自由時間がなかったんだもん。
でも、だからって心配しないで。
あっという間に戻ってくるからさ ;)

待っていた甲斐があったと思わせてあげるよ。
 
 
ゴシップとGG <3 なみんなも、よい夏を思いっきり楽しんで!
 
 
xoxo Gossip Girl


September 16, 2011
Gossip Girl

  これまでのGGアンケート>>


September 9, 2011
Gossip Girl

100511_221lily.jpgもう信じらんない!

お気に入りセレブたちが、
こんなことになるなんて!

二股計画したり、
セラピーのお世話になるふりをしてみたり、
ほぼ全員参加ですごいドラマを引き起こしてくれたよ。



セリーナは大きな秘密を抱え込んでいた。
ママを裏切ってルーファスが浮気、しかも相手はご近所のホランド! まったく男ってやつは。。彼女はこの秘密をパパに相談、するとパパはリリーには内緒にしようと提案。ストレスは、体に良くないからね。でも、ルーファスがマンションに現れると、セリーナは我慢できずに、ホランドから二人の秘密を聞いたとルーファスに告げた。ルーファスは困惑。ホランドが一体何を話したと言うんだ? セリーナは詳細を語ろうとしないけど、ルーファスもこのまま引き下がるわけはない。早速ホランドを呼び出して、事実関係を明確にしようとする。ヴァンダーウッドセン家全員の前で、ホランドはルーファスと寝たと告白。OMFG
ルーファスは否定するけど、リリーはうんざり。どうやらホランドの言い分を信じているみたい。ご近所さんがウソをつくなんて考えられない。そんなことしたって、彼女は何の得にもならないんだから。ルーファスには、ホランドの真意は分からないけど、彼女がウソをついていることだけはハッキリしていた。 ん?

その頃、ブレアはキャメロンとの初デートの準備中。ブルックリンのアート・パーティーで出会った、コロンビア大の彼。ついに本物のデートをすることになったらしい。ちょっと、相手はチャックでもネイトでも、ましてやマーカス卿(ワオ。懐かしのおぞましい過去だね)でもないんだよ!?
ところが、ブレアの前に新しい彼との楽しい時間を邪魔する存在が現れた。チャックとジェニーが、リリーの謎の薬の真相究明に協力してほしいと言ってきたの。デートなんだからさ、さっさと帰ってよね、とブレアはバッサリ。それにチャックってばさ、ジェニー・ハンフリーを連れてくるなんて、どうなのよ? ちょっと自分のレベルを下げ過ぎなんじゃない?
陰謀の女王の助けを必要としていたのは、チャックとジェニーだけじゃなかった。ダンとネイトも、ホランドの正体を暴くのに策士ブレアの悪知恵を必要としていた。ダンは父親がリリーを裏切ったとは考えられなかったし、ネイトもルーファスを信じていたからね。こうなれば、ブレアが手を貸さないわけにはいかないよね。バッチリ作戦も思いついた。調査の結果、ホランドが精神科医だと判明し、Bはさっそくホランドのオフィスへ。そして、そこで誰に会ったと思う?そう、チャックとジェニー。
実はホランドは不倫で人を落とし仕入れるだけじゃなくって、間違った薬を人に処方していたことも発覚。彼女こそ、リリーに抗生物質を処方していた張本人だったの。ようやく、みんながホランドの真の目的に気がついた。リリーに毒を盛り、ルーファスに近づこうとしていたわけだ。
もちろんいとしのセレブたちが、この後どういう行動に出たかは分かるよね。ビッチをやっつけなきゃ :)

100511_321jenny.jpgその夜のイベントで展開する、ドクターイーブル捕獲作戦の準備は万端だった。ネイトはホランドの不正行為を告発するために、米国医師会のメンバーでもある人物、タッブ医師を呼んでいた。彼をエスコートする役目はジェニーに与えられた。でも彼女は任務を遂行せずに、作戦に従わなかった。どうやら秘密の計画があるみたい。セリーナとの対立関係が悪化してから、ジェニーは元の普通の生活に戻りたいと思うようになってた。普通って言うのは、3年前のブルックリンに住んでいた3人のハンフリー家の生活ってこと。Ew マジ?絶対いやだけどね。
でもね、ジェニーはUESでの暮らしがイヤになったみたい。義姉から屈辱的な扱いを受けるような家族の一員でいることにも、嫌気がさしたらしい(いっとくけど、もちろんGGは根っからのチーム・セリーナだけど、理由はそれだけじゃないよ)。とにかくジェニーはタッブ医師に連絡して、もう彼の助言は必要なくなったと告げる。
ちょっと。余計なことをありがとう、J。誰かさんのせいで、家庭崩壊の危機だよ。

タッブ医師が来ない状況下で、ブレアとチャックは即興で計画を遂行することに。二人が大の得意なロール・プレイでね。二人はホランド医師に声をかけ、デートでの悩みを打ち明ける。いわゆるカップルセラピー療法だよ。ジャック・バスとの一件から、男とキスさせられたことまで、ブレアとチャックは洗いざらいぶちまけてた。驚いたことに、これってすごくいい効果があるんだよね。ホランドは二人のエピソードに、圧倒されっぱなし。この二人はそれぞれ抱えてる問題が山積。でもそれもダンから合図を受けるまで。合図を受けてブレアとチャックのロール・プレイは終了。二人はホランドに、米国医師会のメンバー(といっても、本当はウエイターがメンバーのフリをしているだけ)があなたを追って会場に来ていることを告げる。ついに彼女は観念して、薬について一切を白状する。偽の処方箋を書いたのは、ある人に頼まれたからだと。ある人って誰よ?
ウィル・ヴァンダーウッドセン。OMFG

みんながウィルに怒りの鉄拳をおとす前に、ジェニーはウィルに密告。自分たちがすでにウィルの悪事のしっぽを掴んでいること、だから真相をみんなに知られる前に、ここから逃げた方がいいと助言。サイテー! Jはまじで破壊者だよ。するとウィルは家族を集め、パームビーチにいる患者が急変したと告げ、一刻も早くここを離れなければならない。リリーとセリーナとエリックは、同行してくれるよね?だって家族なんだから。って。みんなが荷造りをしているときに、セリーナにダンからの電話。ダンは、お父さんには注意した方がいいよって教えてくれたのに、でも、セリーナはそんな話を聞きたくなかった。例え何があっても、家族みんなでウィルと共にパームビーチに行くんだから。げ。

セリーナが荷造りしている間に、ウィルの悪事はぜーーーーーんぶ、みんなに公表されちゃった。結局、ウィルが陰謀の黒幕だったんだよね。ウィルはわざと、セリーナ宛に、この夏リリーと一緒だったという内容の手紙を送ったの、リリーとルーファスの仲に亀裂が入ることを願ってね。その作戦がうまくいかなかったので、今度はホランドに目をつける。ルーファスに近づき、彼を誘惑するように仕向けた。でも、この作戦も失敗。そこで第三の計画を実行に移したわけ。リリーにまだ病気が治っていないと思わせるために、彼女の健康を害するような薬をホランドに処方させたの。で、もしウィルが颯爽と現れてリリーの病気を救ったら、たちまちヒーローとしてリリーと子供の愛情を取り戻せると考えたらしい。
まじで悪党だね(ちょっと賢いけどさ)。

みんながフロリダへ立つ前に、ぎりぎりセーフでルーファスが登場。ルーファスはリリーにすべてを話した。ウィルはそんなの不当な言いがかりだと主張。リリーが本当に病気だってことを証明するために、彼は階下にあるファイルを取りにいった。でもね。全員ファイルが来るのを延々と待つことに。だって、ウィルはマンションに二度と戻ってこなかったから。
WTF?

セリーナはパパのことが信じられなかった。娘を見捨てるなんて、しかも二度も!? すぐにヘリポートへ向かい、街を脱出しようとしている(この卑怯者)パパを発見。ウィルはすべてを認めた。去年の夏、リリーは本当に病気だった。そして彼女の治療をしているうちに、彼女への愛情がよみがえってきた。そして、あのバカげた計画が、家族を取り戻す唯一の方法だと信じていたらしい。セリーナは動揺どころの話じゃなかった。実際のパパは、Sが想像していた人物とはあまりにもかけ離れていたから。一緒に行かないか、とウィルに言われたけど、セリーナは到底そんな気にはなれなかった。とはいうものの、セリーナは、警察(ネイトが通報済み)が彼を追ってすぐ近くまで来ていることを教えてあげた。ウィルは早く逃げなくちゃ。かわいそうなセリーナ。せっかくパパが帰ってきたのに、こんな終わり方になるなんてね :(

セリーナには支えてくれる友達が必要だった。でも、残念ながらネイトは失格。だって彼女の味方じゃなかったからね。ただ、無性に誰かと話したかった。そこでダン・ハンフリー登場。
興味深いよね、ちょっとさ。
しかも超パーフェクトにスキャンダラスだし!

ジェニーは、ウィルに密告したのは自分だったとみんなの前で告白。でもジェニーは胸の中で、たとえウィルが無関係になったとしても、リリーとルーファスの仲がうまくいくとは限らないと思ってた。二人はいつもケンカしてるし、そのことが夫婦関係のみならず、子供たちにも影響を及ぼしている。ジェニーの望みは、昔の生活に戻ることだけ。リリーとルーファスが結婚する前の状態に。おやおや。 でも、同じ気持ちの人は一人もいないみたい。特にルーファスとリリーはそんなこと考えられない。エリックはジェニーの不満には、もううんざりなもんで、今までで一番意地悪なことをジェニーに言っちゃった(まあ、言われても仕方ないでしょうけど)。ジェニーがこの家族の一員でいたくないなら、ここに残る必要はない、ってね。
OMG とうとうジェニーは行き場を失ったね。どうやらみんなに嫌われちゃったみたい。そこでジェニーは寝る場所を捜して、エンパイアホテルへ。そしてなんとネイトが部屋に入れちゃったよ。
それってどうなの!?クレイジーだよ!!

100511_321waldass.jpg
目が回るほどいろんなことが起こった夜。

その夜の終わりに、
チャックはその日の出来事について、ブレアと向き合っていた。二人で仲の悪いカップルの演技をしていた時、彼女にも胸にぐっとくる瞬間があったことは事実。ブレアは、あれはゲームだと言い張るけど、チャックはそんな言葉はとりあわない。そして、ついにチャックが最後通告を口にした。


明日の夜、
エンパイア・ステート・ビルの屋上で
ブレアを待っている。
19時1分までに現われなかったら、
彼女への気持ちを永遠に断ち切る。




OMG
チャックとブレアが「めぐり逢い」やっちゃうらしい。




ううううううううう
 
 
もう息ができない。
 
 
Bは行くかな?

OMG こっちまで不安でいっぱいになってきた。

二人がヨリを戻すといいな。
みんなはどう思う?

でもさ、よく言うよね。

"エンパイア・ステート・ビルは、街で天国に一番近い場所"ってね。

それが真実かどうか、しっかり確認しよ。

 

xoxo Gossip Girl


September 9, 2011
Gossip Girl

  これまでのGGアンケート>>


September 5, 2011
Gossip Girl

とにかく超・忙しかった。
先週は本当にハードな一週間で、マジでグッタリ。

・・・GGが多忙ということは、わかるよね?

超 スーパー・ハッピーってことだよ!

いとしのセレブたちが、とっておきのゴシップを提供してくれたからね。
サンクス!

100504_320serena.jpgヴァンダーウッドセン&ハンフリー邸内は、なにやら緊張した空気が漂ってる。
ドクター・ウィルがいつも家の中をウロウロしてたら、そりゃ変な雰囲気になるのは当然だよね。でもウィルがリリーの主治医である限り、この状態は解消されそうにない。たとえ、一部が不快に思っていてもね。・・・そ、ルーファスとエリックのことだよ。エリックは父親が戻ってきたことに、ちっとも興味がないみたい。まあ、これは当然といえば当然だよね。ウィルは、息子がゲイであることも、過去の自殺未遂のことも、何一つ知らないような父親だし。エリックにとっては、ウィルは自分の人生には必要のない人だった。Ouch.
一方のセリーナは有頂天。父親がそばにいることが、うれしくて仕方がないらしい。逆に、マジでそばにいてほしくないのは、義妹ジェニー。でもこれも仕方ないよね、ジェニーのネイト略奪作戦が失敗したばかりだもん。誰もセリーナを責められないよ。なもんで、セリーナは、(一年前からジェニーが使ってた)昔の自分の部屋に戻ることをさっさと決めて、早速ジェニーを追い出しちゃった。でも、みんなも知っている通り、ジェニーが黙って引き下がるわけないよね。逆襲しようと思っていた矢先、ウィルも重大発表。なんとヴァンダーウッドセン家と同じビル内に引っ越ししてくるって。まじ?
ヴァンダーウッドセン一家が、ひとつ屋根の下に全員集合。これって感激?それとも悲劇?

100504_320blair.jpgその頃、ブレアは来年度の住まいについて考えてた。NYUの仲間は、一緒にマンションに移ってほしいらしいけど、肝心の引っ越し先が問題なの。書くのもおぞましいけど、アルファベットのついた通り沿いの物件ばかり。数字から始まる通りじゃないなんて、考えられない!そんなところ、絶対ヤだ。キモイ。ヒドイ。ありえない。
・・・そうはいっても、ブレアだってダウンタウンで引っ越し先を見つけなくてはならない。だから息抜きに、行った先はアップタウン。コロンビア大周辺をお散歩してた。・・・アッパー・ウエスト・サイドは、GG的にも得意エリアではないけど、アルファベット通りよりはマシだし、それにキャンパスはかっこいいしね。ネイトのラクロスの試合を見に行く途中に、ブレアはゾーイとジェシカにバッタリ出くわす。エレノア・ウォルドーフのファッションショーで知り合った、別名カチューシャの二人組だよ。二人は、こんなアップタウンの、しかもウエスト・サイドにいるブレアを見て、ビックリ。ひょっとして・・・ブレアはコロンビア大に編入するの!?こう聞かれて、ブレアは返事に困った。だって、心底編入したいと思っていたから。そこで、彼女は軽い気持ちでウソをついた。そうだよ、ってね。ブレアが編入?本気?!
ブレアは注目されてウキウキ。彼女たちって、確かにブレア好みのタイプだよね。その時セリーナから、ジェニーとの部屋の争奪戦についてのメールが来た。すると二人組は、(ブレアの取り巻きがしていたように自然な感じで)、悪だくみしないの?ってブレアをそそのかしてきたほど。しかも、ジェシカは、数ヵ月前にジェニーが自分のボーイフレンドにドラッグを売ったことを暴露。ふーん。ブレアは早速、GGに情報を送ってきた。当然、GGからみんなに

  情報配信: ジェニー・ハンフリーはドラッグのディーラーだったよ

ってね。イジワルだったかな?LOL

配信されたジェニー情報を目にしたネイトは、すぐに情報を流したのはブレアだと勘づいた。早速Bに電話して、こんな低レベルなことをするのは止めろ、と厳重注意。だいたい、ブレアもチャックも、こんな形で人にあたるのはやめた方がいいって。二人の問題が解決しないからって、別れた途端に二人とも昔に戻るのはどうなわけ? 他人を中傷するメールを送って、自分の気持ちが晴れるわけ?・・・ブレアは反論できなかった。でも、問題はチャックのことだけじゃない、Bには他にも隠し事があるよね。コロンビア大に編入したと、とっさについウソことをブレアがカミングアウトしたのを、盗み聞きした子がいた。そう、あのジェシカ。Yikes
前にも言ったけど、あの二人はブレア好みの子=Bと似たもの同士。だからジェシカはGGに情報を送ってくれたよ。

  目撃情報: B、NYUで全然相手にされないので、コロンビア大の偽女子学生に成り済まし中

かわいそうなB。チャックを失ったBは、尊厳まで失くしちゃった。かわいそー :P

そんなブレアにも一つだけできる真っ当なことがあった。それはチャックに話しをすること
どうやらリリーのガンが発覚してから、チャックは一度も彼女に会いに行ってないらしいんだよね。ブレアは、チャックの気持ちが痛いほど良く分かってた。バートを失い、その後出会ったエリザベスに裏切られたことで、チャックはすでに大きな痛手を受けていたから。この上、もしリリーまで失うことになったら、壊滅的なダメージを受けるに決まってる。チャックは立ち直れないかもしれない。だからブレアはチャックに、リリーに対して心を閉ざさないように話した。
これだけは言えるよね。ブレアがチャックのことをマジで嫌いだっていってても、こんなふうに彼のことを気遣ってあげられるなんて、ステキじゃない?

ハンフリー家勢力がすっかり弱まっているヴァンダーウッドセン家。ウィルがコロンビア大学の記念式典で表彰されることになり、セリーナはそのイベントを楽しみにしていた。でもお祝いをする前に、セリーナは悪いニュースを耳にする。ウィルはマンションの自治会から、入居拒否されたらしい。貸せる部屋はないって。この件に関して、実はルーファスが裏で手をまわしてたみたいなんだよね。彼も関与を否定しなかったし。ルーファスは確信していた。ウィルがこのビルに引っ越す目的は、リリーとの距離を縮めるために決まってる。でもリリーは、ウィルには下心はない、と反論。セリーナもショックを受けてるし、頭にきたリリーは、ルーファスに式典には来ないでほしいと言っちゃった。
つらいねえ、ルーファス。

そういう訳で、ルーファスは一人でお留守番。家の中で落ち込んでるルーファスを見かけたエリックは、受け身でいてはダメだ、反撃しなきゃ、と助言。ルーファスほどママを幸せにしてあげられた人は、今までいなかったわけだし。どうやらルーファスは、こんな激励の言葉が必要だったみたい。そこへ、マンションにエリオットが登場。なんとエリックのパパから電話があって、今晩エリックが暇にしていると教えてもらったという。エリックは電話をかけたのはルーファスだと思ったけど、実際はウィルだった。ふむ。
ルーファスが式典に出発する時、彼はエリックにウィルはそんなに悪い男ではないのかも、と言ってたけどね。

記念式典にチャックが姿を現す。よかった! リリーを見つけると、会いに行かなかったことを謝った。リリーはもちろん理解してくれた。チャックは、これからはリリーがつらい時には、いつでもそばにいると約束したの。もう言えることは、これだけ。 感動っ :)

ブレアも会場に来てた。ゾーイとジェシカが超失礼な態度で絡んできたから、落ち込み気味、まるでブレア・ウォルドーフらしくないの。あの二人、本当にビッチだね。でも、だんだんBにツキがまわってきたみたい。Bがバーで出会った男性は、かの有名なブレア・ウォルドーフのことを知っていた。と言っても、GG読者って訳じゃない。彼はコロンビア大学の入学事務局に勤めていて、ブレアの編入申請書を読んだばかりだったから、彼女の名前を覚えていたんだって。 Whaaaat? どういうこと?もっといいニュースだったのは、ブレアの編入が許可されたってこと。WTF???Bは驚愕のあまり倒れそう。でもネイトが教えてくれた。プライドの高いブレアの代わりに、申請書をだしてやろうかな、ってチャックがいつも冗談交じりに言っていたことをね。どうやら、チャックは本当にやってのけたらしい。
OMG ブレア・ウォルドーフが正式にコロンビア大に編入だよ! YAY :)

式典会場に着いたルーファスは、大ショックを受ける。表彰されて舞台の上にあがったウィルが、なんとも情熱的なスピーチを披露したから。・・・家族の元を去ったのは、人生最大の失敗だった、だからすべてを元に戻すために、いかなる努力もするつもりだ、って。でね、最後に爆弾発言。心の準備はいい?
ウィルは、"きみを愛している"って。
わお、ウィルってリリーのこと、愛してるらしいよ。

ウィルがあんな公開告白をするなんて、ルーファスは信じられなかった。そんなことやってのける奴がいるわけ?! リリーもやっと、ルーファスの言っていた通り、ウィルには下心があるのかもしれないと認めた。でも、すぐにでも主治医を変えてほしいという、ルーファスの要求は通らず。ってことは、やっぱり、ルーファスはリリーを信用できないわけ?? だから、リリーは一晩お互いに頭を冷やそうと提案した。じっくりと考えるために。うーん。。。一方セリーナはずっとウィル支持派だったけど、さすがにパパのスピーチには超ビックリ。でも、それもクロークでホランドと話をするまでだけどね。ホランドのこと、覚えてる?マンションの自治会仲間で、ルーファスといい感じだった人だよ。彼女、セリーナにある秘密を暴露したみたい。きっとルーファスはリリーを裏切って、ホランドと浮気してたらしい。 WHAT. THE. FRAK!?

100504_320jenny.jpgジェニーも式典に出席。そこでドラッグの取引をしたことのある女の子と鉢合わせ。彼女は商品がお気に召さなかったみたい。実はジェニーが彼女に売りつけたのは、鎮痛剤のオキシコチン錠じゃなくて、ただの抗生物質だったらしい。だから、彼女はぜんぜんハイになれず、かわりにイースト菌感染症(カンジダ)になった模様。うわっ。しかもね、なんとルーファスに、会話の一部始終を聞かれちゃった。ジェニーが説明する前に、ルーファスは荷物をまとめるように命じた。ブルックリンの家に帰るから。

ロフトに戻ったジェニーは、インターネットでガンについて調べている。以前、リリーの薬箱から盗んだ薬について、かなり不審な点があったから気になったから。だからジェニーはある人に協力を依頼。
もちろん、チャックだよ。Cは事の真相を探るべき準備態勢に入った。

その頃、ダンとヴァネッサは、過酷な事実を受け入れつつあった。ヴァネッサが芸術学部に合格して、ダンが落選したっていう事実をね。でもダンはまだ少しご機嫌斜めだったので、会話のテーマを制限しようと提案。学校関連のことや、インターンのこと、仕事関係の話はNG。したがって、二人の会話のトピックは、テレビの「マカロニ野郎のニュージャージー・ライフ」のことか、政治の事に限られちゃったの。それって、オモシロそうだね。でもルーファスが、ヴァネッサの申し込んでいるインターン(ハイチ勤務だって)についてCNNからの電話を取ったと話したとき、ダンは仲間外れにされた気がした。そこでダンは、どうして自分に言わなかったのかとヴァネッサを非難。すると彼女が、インターンの話題は"NGテーマ"に入っていたから、話さなかったんだと反論。それに、そのインターンは数ヵ月にわたる海外勤務が含まれているから、引き受けるつもりはないとキッパリ。ダンを失いたくないから。そう言われたダンは、うれしいかもしれないけど、ここは男として決断しなくっちゃ。Vにとっては、ずっと夢見ていたことが実現するかもしれない、またとないチャンスなんだから。こんな機会を断るなんて、バカな真似はしないで。ダンはヴァネッサに、二人の関係なら大丈夫だと断言。遠距離恋愛をすればいいだけだもん。それってよいんじゃない?

式典が終わってから、ヴァンダーウッドセン4人組(リリー、セリーナ、エリック、加えてドクター・ウィル)だけでマンションに帰宅。つまりハンフリー家は抜き。
ルーファスからの電話を、最初に受けたのはセリーナ。ホランドから浮気の話を聞いた後だったので、セリーナはママに電話をつながなかった。ママには冷静に考える時間が必要だからって。でも、ルーファスから電話があったことは伝えるわ、と言っておきながら、ここはジェニー・ハンフリーのやり方を見習って、ママに伝言しなかった。

そして、ママとパパと弟だけで、家族水入らずの時間を過ごしていたってわけ。
 
 
なんにも事情を知らなければ、

ようやく家族全員で幸せになれました。

って思いたいところかもしれないけど、そうはいかないよ。
 
 
まだね。
 
  
 
 
xoxo Gossip Girl


September 2, 2011
Gossip Girl

  これまでのGGアンケート>>


  • miley-sa: BとCは切っても
  • まい: 今のルイとのロマンチ
  • natsu: ブレアの負けず嫌いな
  • Lili: ダンがいい。チャック
  • すず: ブレアは、カーターと
  • 購読する
  • 購読する
TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.
© 2000-2010 SUPER NETWORK,inc.All rights reserved