2011年6月アーカイブ
June 30, 2011
Gossip Girl

目撃情報

DJとパパ、ダゴスティーノ D'Agostino で食料品を調達。
これは間違いなくハンフリー一族による感謝祭のごちそう材料の買い出しでしょ。
OMG ハンフリー家とヴァンダーウッドセン家合同の初めての感謝祭を迎えるんだよ!
(正式な法的な家族として、初めての感謝祭だもんね)

Bはドロータを従えてバーニーズでタイツを購入。
なんでも近々パリに向かうらしい。
ママとパパとサイラスとロマン、みんなで感謝祭をお祝いするみたい。
今年は大好きなパイが食べられるといいね。

CNはギムレットで飲んでる。
バーを所有してるっていいよね。いつだってタダ飲みできる。

Vはバーモント行きのバスに乗り込む。
感謝祭を家族と一緒に過ごす予定らしい。いいんじゃない?

Sユラ・オン・マディソン Yura on Madison に。
コーナーのテーブルに一人で座って食事中。

・・・かわいそうと思うべきなんだかどうなんだか。


xoxo Gossip Girl


June 29, 2011
Gossip Girl

GGにとって、感謝祭がダントツで一番好きな祝日。
だって家族が一堂に集まるってことは、何が起きるか分かるよね?

そう、ドラマ!!

感謝祭の時っていつも秘密が明かされるよね。
そう感じてるのはGGだけじゃないはず。

ここ数年の感謝祭を思い起こすと、胸がドキドキする。
今年の感謝祭も何かが起こるはず。
 
 
今回もおいしい祝日になりそうだよ。

xoxo Gossip Girl


June 28, 2011
Gossip Girl

目撃情報


JEジョジョJoJo でブランチ。
二人は友達に戻ったの?

Vはポール・ホフマンとアンジェリカ・フィルム・センターにて「ザ・メイド」The Maidを鑑賞。
映画オタクがくっついてるのを見るのはいいもんだね。

BCは「ハムレット」の土曜夜の公演を鑑賞中。
定かではないが、ジュード・ロウに会いに、バックステージに行くと思われる。
そんなことしたら、Sがうらやましがるよ。

Dは図書館でなにやら作業してる。
ほかのことで気を紛らわしたいのかな。間違いない。

Sステラ・マッカートニーStella McCartneyでお買いもの。
ストレス発散には買い物セラピーが一番効果的。

Nエンパイアホテルのロビーに入っていく。
たった一人で。さみしすぎ。


xoxo Gossip Girl


June 27, 2011
Gossip Girl

噂によると、
あのムービースター大学生が正式にキャンパスを去ったらしい。

これで「エンドレス・ナイツ」のセレブと、食堂でいざこざを起こすことも、
毎週月・水・金の朝9時から倫理学史の講義で彼女を見かけることもなくなるのね :(

でも、いいこともあるよ。
これでオリヴィアがダン・ハンフリーといちゃつく場面を見かけることもなくなるってわけ。
実際、あの二人のツーショットには、マジで気味悪かった。
いつもワシントン・スクエア・パークのベンチでいちゃいちゃしてた。キモ。

でも正直オリヴィアがいなくなると、ちょっとさみしいかな。
あまりパッとしない大学環境に、大スター旋風を巻き起こしたもんね。
キャンパス周辺にパパラッチが集まってきたり、
ムービープレミアのご招待を受けたり。

まあ、とにかく「イーストウィックのビッチたち」頑張ってよね >O

今度はダンよりホットな男との恋愛話を期待してるよ。
(それって楽勝だろうけど)


xoxo Gossip Girl


June 24, 2011
Gossip Girl

091117_310dan1.jpgダン・ハンフリーは有頂天だった。

ま、仕方ないよね。だって、男の夢、3Pを実現したんだもん。しかも相手はイケてる女子たち。孤独なボクだったオタクな暗い日々は、すでに遠い過去になったわけで。でも、ダンは自分が大きな間違いをしたことに気付いてなかった。ネイトは事前にダンに助言してたんだよね、3Pの3人目は見知らぬ他人を選ぶこと、ってね。だから、風変わりな自宅学習者のBFFじゃダメだったってこと。なんでも親しい間柄だと、後でややこしくなるのはお決まりのパターン。もちろん、ネイトは正しかった。現に、ルームメイト同士のヴァネッサとオリヴィアの間に、妙な緊張感が高まりつつあった。いつものようにヴァネッサが、ダンとモリッシーのコンサートを観に行こうと計画。でもオリヴィアは、自分の彼氏が(エッチしちゃった)親友♀とコンサートに行くなんてイヤだった。オリヴィアの気持ちも、分かるよね。

ブレアは大学での居場所を確保しようと必死だった。そこで芸術学部のティッシュ・スクール・オブ・ジ・アーツの学生たちとなら、うまくやっていけるかも、と考えた。ところが残念ながら映画や演劇を専攻していないブレアは、ティッシュのメンバーから全く相手にされず :(
ところが、ブレアにチャンス到来。脚本家兼演出家のポール・ホフマン率いるグループが、ブリーカー・インで上演するアカデミック・キャバレーにレディー・ガガの出演を要請してるとの情報を得た。どうやら彼らの出したポーカーフェイス歌手に対する出演要請は失敗に終わりそう。でも、ブレアには強力なコネがあるんだよね。義父のサイラス・ローズは、偶然にもレディー・ガガの顧問弁護士をしてるんだよね。ブレアは協力すると申し出るが、ティッシュのメンバーは面と向かってバカにした。自分たちの親が頼んでもダメだったんだから、ブレアの義理のお父さんが要請してもダメに決まってる。しかも、Bと関わり合うのはごめんだ、と言われる始末。ひどーい。
そこで、ブレアはオリヴィアに目をつける。彼女はキャバレーに誘われてるし、オリヴィアとペアなら、一緒に何か演目を提供できるはず。そのオリヴィアも、あることを考えてた。ダンが脚本執筆の勉強を始めようとしてることをオリヴィアは知ってたから、彼にとって今回の舞台は才能を示す絶好のチャンスだと考えた。同時に、ヴァネッサを締め出すこともできちゃうしね。ダンはVとの計画をキャンセル。すっかりダンはオリヴィアの物になったみたい。彼女の望み通りになったわけ。
091117_310olivia.jpgこうして、ダンとオリヴィアとブレアは、キャバレーに参加することになった。ダンは脚本、オリヴィアは出演、ブレアは監督・プロデュースをそれぞれ担当。彼らの作品は、"レディー・ガガ白雪姫ミュージカル"。 ・・・・・・。
とにかく。ダンはヴァネッサをのけ者にしたことを後悔してたから、今回の作品制作に招き入れることにした。彼女の監督としての経験はブレアより数段上だし、いろんな面で助けになるのは明らかだから。これにはオリヴィアとブレアは不機嫌になるよね。でも、これは決まったこと。ヴァネッサが監督だよ。
いやはや、これはきっと忘れられない舞台になるよ。

リハーサルの間も、事はうまく運ばなかった。だって、オリヴィアとヴァネッサが常に衝突してるから。オリヴィアはヴァネッサが自分を追い出そうとしていると非難。さらに、「舞台のことだけじゃないから!」とまで。・・・あー、言っちゃった。その時、とうとうオリヴィアが爆弾投下。ヴァネッサはダンのことが好きなのよ。誰が見たってハッキリしてる。 ああああああ。ヴァネッサもオリヴィアも怒りの頂点達したようで、どちらも辞めると言いだす始末。ブレアはこのショーを何としてでも無事に終わらせたかったから、どうか舞台を務め上げるように二人を説得。ま、正確にいえば、二人を脅迫して黙らせたわけ。オリヴィアみたいな有名ハリウッド女優が、しょぼいブルックリン出身者相手に3PしたってTMZにばらされたら、困るもんね。ヴァネッサだって、伝統校に通ってる娘がまさか3Pしたってことは両親には知られたくないはずだし。こうして、舞台は無事上演までこぎつける。やれやれ。

でもね、こんな調子でショーがうまくいくわけないよ。
アコースティック・バージョンの「ラブゲーム」が終わった後、ショーの途中にもかかわらず、オリヴィアは姿を消した。どうやら、あのとき、ダンのヴァネッサに対する熱い視線は、特別だったらしい。ダンは自分にはそんな眼差しは向けてくれたことがない。キスだってそう。ダンのヴァネッサへのキスは自分へのキスとは全然違う。どうやらオリヴィアは気付いてしまった。ダンが一番愛しているのは、ヴァネッサだと。Whaaaaaat?
オリヴィアがいなくなった今、彼女の代役を務めるのは誰かというと・・・ 颯爽と登場するのはヴァネッサ。プリンス役のダンは、観客が見守るステージ上で彼女にキスする。そしてキスの瞬間、ダンはハッキリと自覚する。自分はヴァネッサに恋している
OMFG

その頃、セリーナは再び、危険水域に足を踏み入れようとしていた。トリップとの戯れはどんどんエスカレートして、どう対処すればいいか分からなくなってた。既婚者と一線を越えてしまうことが、怖かった。だからセリーナはネイトのもとへ向かった。バックリーとのポーカーゲームの一件では仲違いしたけど、二人にはそれを乗り越えるだけの歴史があるからね。何があったってネイトはネイトで、セリーナはセリーナだから。それにネイトだったら彼女の心をトリップからそらすことができるし、後で後悔するような行動を阻止してくれるはず。
ネイトにいいアイデアが浮かんだ。そう、思いっきり酔っぱらちゃえばいい。なんだかに戻ったみたい :)

二人がバーで飲んだくれてると、そこにトリップがやってきた。どうやら彼は"ハドソン・ヒーロー・スキャンダル"の真相を知ってしまったらしい。仕組んだのはトリップのおじいちゃんじゃなくて、妻モーリーンの仕業だったんだよね。そして、衝撃告白。トリップがずっと一緒にいたいのはセリーナだ、と。
それを聞いたネイトは、なぜかがっかり。・・・もしかして、ネイトってば、Sのこと好きになっちゃったの?確かに、過去に彼女への思いがあったことはみんな知ってるけど、、まさか思いが復活したとか??
もしそうだとしても、セリーナはネイトの気持ちには応えられないみたいだよ。だってセリーナはトリップと行くことに決めたみたいだから。
・・・Nってば、かわいそう。

一方、ジェニーはダミアンという名前の青年の面倒を見ていた。彼はベルギー大使の息子でチャックのホテルに滞在中。当初チャックが彼をいろいろ案内して回る予定だったけど、リリーがお世話役にジェニーを推薦。ジェニーはUESの男の子には飽き飽きしてたから。ヨーロッパ育ちのキュートな彼となら、楽しい思いができるはず。ダミアンはジェニーとセントラル・パークへ。ちょうどチャピン中学校の生徒たちがいて、ジェニーとセクシーな彼の姿を羨ましそうに眺めてた。これにはジェニーも満足。もっとヤキモチ焼かせちゃえば?
でも、幸せだったのはここまで。・・・ダミアンが池でヨット遊びを始めちゃったから。まじ?
超羨望の的から、恥ずかしい立場に大転落。ジェニーは逃げ出したくなった。でもダミアンは、ただエンジン付きヨットで遊んでいたわけじゃなかった。実はそれを利用してドラッグを売ってた!! Whoa.
ジェニーはびっくり仰天。そして驚くことに、Jは興味津々だった。普通だったらドラッグの売人なんかと関わりたくないと思うところを、ジェニーはスリルを感じちゃったみたい。もう一回そのスリルを味わいたい。クイーンでいることはそんなに刺激的じゃなかったらしい。ジェニーは危ない冒険に夢中になりそう。おやまあ。
091117_310jenny1.jpg
ジェニーはダミアンの別の取引現場にも同行。しかも今回は、取引にジェニーを使った。クラブの彼らのテーブルにお客が現れたら、ジェニーが客にブツを渡し、受け取った代金をダミアンに届ける。ジェニーちゃん、初めての麻薬取引。全然かわいくないけどね。ダミアンはジェニーに、ブツを試すように勧める。彼女が手を出すその前に、チャックが登場したからよかった。ジェニーはダミアンにうんざりしてたときに、チャックに連れ出してくれるようにヘルプの電話をかけてたんだよね。チャックはもちろんメイドに彼の部屋を捜索させていて、案の定ドラッグの在庫を発見していた。ダミアンが何を言おうが、チャックはジェニーを連れて出た。ジェニーはひとりでも大丈夫だと主張したけど、チャックはJをここに残していくつもりはなかった。義理の兄貴に引っ張られてクラブを後にするなんて、めちゃくちゃかっこ悪いけどね。でも、聞いてよ。ジェニーは危険と隣り合わせが気に入ったみたい。「またやろう」ってダミアンにメールしてた。OMG
ジェニー、あんたってホントにワルい子だよ。

キャバレーの上演後、ブレアは観客を驚かせた。レディー・ガガによるパフォーマンスが始まったの。 OMG!!!!! サイラス・ローズが見事にやってくれたみたい。そして会場にはティッシュのメンバーの姿も。レディー・ガガが"バッド・ロマンス"を熱唱。もうサイコーにカッコイイ。ガガ大好き<3 <3 <3
オリヴィアはダンと話すために戻ってきた。彼女は突然姿を消したことを謝った、そして、彼女はダンにもう一度ヴァネッサにキスするように言った。彼がヴァネッサをどれだけ思っているか、自分の気持ちに気がつくために、どうしても必要なキスだったから。オリヴィアは映画(題名は「イーストウィックのビッチたち」 そりゃ、封切初日に観に行くよ、絶対)を撮ることに決めたから、NYUを去ることになった。それは、すなわちダンはヴァネッサと一緒になれるってこと。わお。
でもね、ダンには悪いけど、残念ながらヴァネッサはDの気持ちに応えられないみたい。だってVには好きな人ができたみたいだから。そう、あの気取り屋のポール・ホフマン。
ネイトと一緒だね。・・・Dってば、かわいそう。

それから。

とうとうセリーナとトリップが一線を越えちゃった
セリーナは、彼にキスしたの。確かに彼の奥さんもヒドイことする人だけど、でも彼は既婚者なんだよ?
これで正式にセリーナは愛人になっちゃった。
まだ10代なんですけど。
Sってば。もう。
 
  
ジェニーはワルになる。

グッバイ、オリヴィア

ダンヴァネッサに恋してる。

セリーナトリップ

ガガ

今週は話さなきゃいけないビッグ・イベントが盛りだくさん過ぎた。
うれしいことに、どのネタもおいしくジューシーになるばかり :)


そして、もうすぐ感謝祭だよ!
この分じゃ、今年の感謝祭は例年以上のアクション・パックになること間違いなし。
オイシイゴシップをむしゃむしゃいただきまーす ;)

xoxo Gossip Girl


June 24, 2011
Gossip Girl

  これまでのGGアンケート>>


June 23, 2011
Gossip Girl

目撃情報

Bブリーカー・イン Bleecker Inn の辺りをぶらぶらしてる。
うーん、いつものブレアらしくない行動。うーん。

Jはコンスタンスで、UESにいい男が不足してるって話を立ち聞き。
よく聞く話題だよね。

Vワシントン・スクエア・パークでカメラをかかえて撮影中。
映画の授業用だね。おそらく、木とかその辺のつまんないものを撮ってる。
V、いい作品ができたら教えてよね。

NはUESのタウンハウスから箱を抱えて出てきた。
たぶん、いとこのDCへの引っ越しを手伝ってるらしい。

Dとオリヴィアは「17歳の肖像」を鑑賞。
かわいいね。確か2年ほど前、イギリスのインディーズ映画で、オリヴィアとキャリー・マリガンは共演してた。
友達同士、お互い売り上げに貢献しないとね。

そして、またまたSと弟のE
今度はル・パン・コティディアン Le Pain Quotidien にて二人でホット・チョコレートを飲んでた。
今回はもちろんジョナサン抜き。

・・・ヴァンダーウッドセン家の子供たちは、最近そろって運気低迷中。


xoxo Gossip Girl


June 20, 2011
Gossip Girl

勘違いしないでね。
ワーキングガールって言っても、いかがわしいことじゃないよ。
(まったくもう。みんなしっかり!)


そうじゃなくて、セリーナはトリップ・ヴァンダービルトのもとで働いてるらしい

具体的にどんな業務をしてるか、詳しいことは分からないけど、
おそらく広報担当じゃないかな。
KCの広告会社で働いてた経験を生かして、政治の世界に飛び込んだってわけ。

まさか我らがイット・ガールが、政治に関わる仕事をするとは、思ってもみなかった。

オバマの資金調達キャンペーンに出席してたかもしれないけど
それって主催者がスカーレット・ヨハンソンだったからでしょ。
所詮、Sの政治に対する熱意といったら、そんなもんだったはず。

もしかしたら、これは、"半分迷子"のセリーナが、正しい方向に進むための一歩なのかも。
 
 
とはいえ、やっぱり気になる。

トリップのところに通ってるのは、あくまでも仕事だけだよね?

・・・ほかに目的はないよね?


xoxo Gossip Girl


June 17, 2011
Gossip Girl

091110_309jenny.jpg年に一度開催されて、
マンハッタン中の一流校の女子が一堂に集まるイベントって何でしょう?
そう、
毎年恒例のデビュタント舞踏会!!

今回も驚きと裏切りと、とにかく衝撃的な出来事が盛りだくさんだよ。

2年前のこと覚えてる?"リトル"Jが自分の存在に気付いてもらいたくって、必死でアピールしてたよね。UESの上流階級の一員になりたいと熱望してた。今となってはJの完全勝利。そのジェニー・ハンフリーが、ついに社交界デビューの初舞台を迎える。(みんな、夢ってちゃんと叶うものなんだよ、知ってた?) でもね、Jのデビューは計画通りにはうまく進まなかった。だってエスコート役がいないんだもん。このままじゃ絶対確実に舞踏会に参加できない。ジェニーはUESで一番ホットな男子、グラハム・コリンズにエスコートしてもらいたいと思ったけれど、うまくいかず。不手際極まりないけどね。ジェニーの一大ピンチに、義兄エリックが救いの手を差し伸べる。ご存知の通り、Eにヨーグルトをかけたり、カレシのジョナサンに卵をぶつけたりして、ジェニーとエリックの大険悪状態は続いてた。でも、エリックっていい人だからね。ジェニーは今までダンスのレッスンなんか受けたことはないし、正式な舞踏会でのダンスのマナーを知らないわけで(みなさん知っての通り、自慢じゃないですけどブルックリン育ちですから)。エリックはそんなジェニーを見て気の毒に思ったみたい。そこでジョナサンにエスコートを頼むことを提案。やったね。
ところが人間そんなに簡単に人を許せるもんじゃない。エリックみたいないい人でもね。ジェニーはすっかり騙されちゃった。エリックの舞踏会のお相手キラは、コンスタンスでジェニーと同級生で"憧れ組"の一人。キラは、ジェニーがグラハム・コリンズと舞踏会に行きたがっていることを知って、グラハムと同じビルに住んでいるから、早速彼に電話でこの事を伝えると、グラハムはジェニーをエスコートすることを承諾。でも、ここからがJの不運の始まり。グラハムからジェニー宛てのメールを盗み見たエリックは、ジェニーの知らぬ間に勝手に返信。もう他にエスコートの相手を見つけた、ってね。・・・ヒドーい。

その頃、セリーナとブレアは相変わらず険悪な様子。お互い相手を徹底的に打ちのめそうと、両者がデビュタント舞踏会の付き添い役に名乗り出る。ブレアはこの戦いには絶対負けたくなかった。そこで彼女は、ジェニーの付き添い役だったセリーナに圧力をかけ、自分に譲るように仕向ける。でも、セリーナはそんなこと気にもかけない。だって新しい仕事があるから。Sはトリップのもとで働くことになった。セリーナが政治の世界?うーん、まあいいか。
とにかくブレアはジェニーにNYC史上最高の社交界デビューをさせる責任者となったわけ。

グラハムについての真実を知った時、ジェニーは激怒り。エリックがこんなひどいことをするなんて!?ジョナサンでさえ、エリックのこんな裏切り行為は嫌ってるのに!!そして、ジェニーは行動にでることにした、こうなったら、もうエリックもジョナサンも、付き添い役のブレアも必要ない。ジェニーはコンスタンスのクイーンだもん。絶対にグラハムと舞踏会に行ってやる。もう誰の助けも要らないんだからっ。わーお。・・・でもさ、そんなこと、ブレアは受け入れないに決まってるよね。ブレア・ウォルドーフに悪態ついて、ただで済むわけがないよ。

ブレアはジェニーを徹底的にぶっ潰すことを心に決めてた。もちろん、エリックもヘルプしてくれるし。ブレアはキラの付き添い役となり、キラをシンデレラ大変身させちゃった。そして彼女に新しいお相手を紹介。キラのエスコート役は、もはやエリックじゃない。キラはグラハム・コリンズと一緒に出席するからね。UESの女の子のエスコートとして、彼は間違いなく最高の男子。じゃあ、ジェニーはどうなる??
舞踏会当日、ジェニーはワクワクしてた。もうすぐ彼女が自分の力で獲得した、最大の見せ場がやってくるから。しかし彼女の名前が紹介されたとき、予期せぬ事態が待ち受けてた。グラハムは彼女のエスコート役ではなくなっていた。それどころか、キラのお相手になっていたの。みんなが見守る中、ジェニーはエスコートのいない状態で、ステージにぽつんと立たされちゃった。ouch. こんな屈辱ってない。GGだったら死んでるよ。
ブルックリンは出戻り小娘をちゃんと受け入れてくれるのかしら。

091110_309serenatrip.jpgところが仕掛け人のブレアは、ジェニー・ハンフリーの屈辱的瞬間を見逃していた。なんと宿敵セリーナとエレベーターに閉じ込められてた! チャックは二人のケンカにうんざりしてたので、とうとう直接行動に出た。わざと二人をエレベーターに閉じ込めて、仲直りするまで、二人を外へは出さないと宣言。キャー。
でも、この作戦が功を奏す。セリーナは、夏中ずっと父親を捜していたこと、その父に拒絶されてどんなに困惑したのか、心の内を明かした。これを聞いてブレアは、セリーナのことを知ろうとしなかった父親の方こそ、大きなものを失ったんだ、と励ます。それでも父親を諦めきれないセリーナは、数々の問題を引き起こしてしまった。パパラッチ騒動、カーターとの一件、大学休学、そして今はトリップ問題。ちょっと待った! WHAAAAT?
実はセリーナはトリップにひそかに思いを寄せていたわけ。しかも彼のもとで働くことになってしまったから、余計にややこしいことになっちゃった。彼の態度もなんだか変で、気がつくと彼もセリーナに特別な感情を抱いていたと認めてしまってた。セリーナはトリップのために働いていけるか自信がない。ブレアは超ショック。カーターのことは、まあ大目に見るとしても、トリップは既婚の下院議員だよ。ブレアはセリーナに釘をさした。トリップと会ったり話したりする前には必ず親友である自分に相談してからにしてほしいと。もちろんセリーナも承諾。いがみ合ってた我らがカワイコちゃんたち二人は、ようやく親友に戻ったみたい。

ジェニー・ハンフリーがブルックリンの憧れ組からクイーンに上りつめたのは、決して偶然なんかじゃない。彼女にはそれに値する粘り強さと知性があるわけで、そのお陰で今回の不運な状況下から抜け出すことに成功する。自分の持ち札を最大限利用し、考えられる中で最高の相手に電話した。そう、ネイト・アーチボルド
OMFG ネイトは彼女をエスコートして、みんなを圧倒。大学生が高校生をエスコートってあり?ビックリなんてもんじゃない。この勝負はジェニーの勝ちだよ。悪いね、B&E。

ジェニーが頂点に立つなんて、エリックは信じられなかった。そもそもジェニーの事で時間を無駄にするなんてバカだった。そう気付いたエリックは、ジョナサンとの人生を大切に歩んでいくことにした。
・・・でも、ジョナサンは違ってた。悪だくみをするエリックが嫌いだったし、それにより彼が以前とは違う人間になってしまったと嘆いていた。だからジョナサンはエリックと別れることにした。NOooooooo ジェリックはもう終わり :S でも、エリックは諦めなかった。少なくともジェニーへの復讐の気持ちは絶対あきらめない。エリックはキラに、今度こそジェニーを失脚させる、そして永久に追い出してやる、と宣言。すごいねー。やる気になっちゃったよ。

セリーナはブレアのアドバイスに従い、トリップのもとで働くのはやめようと決める。でも、トリップはセリーナに仕事を続けてほしいと言って、決して一線を越えることはないと約束した。二人の関係はあくまでもプラトニックで、仕事だけの付き合い。それ以上にはなりえないと断言。そういって、握手をすると、・・・余計燃え上がっちゃっうんだよね。あんなにあつーい握手があるなんて、知らなかったよ。
悪いことにちょうどブレアが部屋に入ってきて、その現場を目撃。セリーナったら、何してるの!?驚くブレアにセリーナは、トリップとはうまくやっていくし、朝にはブレアに電話するからって。
は?ブレアはイラッ。
・・・SとBのケンカ再び、なの? おーい。

セリーナに問題があるのは明らかだね。もちろんパパ・ヴァンダーウッドセンのことが原因のうちの一つなのも確か。パパは何年も音沙汰がなく、彼女が会いに行ったときでさえ、自分の娘なのに背を向けた。サイテーだよ。でも、ここで驚きの事態が起こる。
リリーが、セリーナ宛の興味深い手紙を発見する。他でもない、あのヴァンダーウッドセン氏からの手紙。ちょっと、すごくない?中に何て書いてあるのかな?知りたいー!!

その頃、ダンとオリヴィアとヴァネッサのもとに、悪いニュースが飛び込む。「エンドレス・ナイツ4」の制作が決まったのだ。そうなれば、オリヴィアはNYUを離れることになる。悲しすぎー。ダンとヴァネッサは、流れに身を任せるしか方法がないと判断。その時、二人は大学の新聞にこんな記事を見つける。『大学生が卒業までにしておくべき15のこと』。ダンとヴァネッサは、オリヴィアにも人生の素晴らしい経験をさせるために、リストにある15のことをすべて実践することにした。
091110_309danessa.jpgマモウンズMamoun'sファラフェルを食べる』チェック。『胃の中の物を全部吐く』チェック。『寮でビールパーティーを開く』チェック。チェック。チェック。チェック。リストもそろそろ終わりに近づいて、残るはあとひとつ。覚悟はいい?『3Pをする』そう、読み間違いじゃないよ。15個中14個達成だって大きな成果だと思うけど。でも、オリヴィアはどうしても全部やり遂げたかった。何があっても映画の撮影には行かなくてはならない。どうせなら晴れ晴れとした気持ちで出発したい。だから、なんとダンとオリヴィアとヴァネッサで3P実行。 OMG

ところが、事態は急展開、「エンドレス・ナイツ4」制作中止の知らせが入った。
・・・これ以上にないほどバツの悪い朝になっちゃった。そして残りの学園生活もバツが悪いまま過ごすことに・・・
 
 
今週は、解読不能の超難題がそれぞれ降りかかってきた、って感じだよね。
もう、トラブル発生って大好き :D

だって厄介な状況から抜け出そうと、みんな必死にもがくからね。
ますます楽しくなっちゃうよ。

結末はGGがちゃんと報告するから、
頼りにしててね。


xoxo Gossip Girl


June 17, 2011
Gossip Girl

  これまでのGGアンケート>>


June 16, 2011
Gossip Girl

目撃情報

DOV、大学の図書館で何やらピリピリモード。
がり勉集団?いつもだけど。
まあ偏見の目で見なくても、中間試験週間だから。今回は大目に見よう。

一方、Bはリラックスした様子でジャン・ジョルジュ Jean-GeorgesCとお食事中。
明らかに、手はずは整えてあるみたい。

Jは新ミーン・ガールズとバーニーズへ。
舞踏会用のアクセサリーをたっぷり買い込んでる。もうすぐだもんね。

NガーネットGarnet wines & liquors でお酒を購入。

Cの新たな"失われた週末"計画を小耳にはさむ。
昔のチャック再び。それでも、どんなことが起こるか期待せずにはいられない :)

SEとジョナサンの3人は、ジャクソン・ホールJackson Hole でハンバーガーを食べてる。
Sの唯一の信頼できる友人は、EとEのカレだけだね。なんか可哀そう。


xoxo Gossip Girl


June 14, 2011
Gossip Girl

年が変われば新たな戦い。
セリーナとブレアは再び冷戦状態。
こわっ。

まあ、あの二人のことだから、すぐにキスして仲直りすると気楽に考えたいけどね。
(だって、いつもそうでしょ?)

でも今回は、SがBの顔をケーキに押し込んだ例の件があるから、
そう簡単に和解できないかもね。

そもそもSとBのケンカの原因って何なの?
そこがハッキリ分からないんだよね。

どう思う?

じゃ、みんなの推理を募集。コメントに書き込んでね。
どんな意見が来るのか、楽しみにしてるよ :)


xoxo Gossip Girl


June 13, 2011
Gossip Girl

年に一度のデビュタントが間近に迫ってる。
そして今年は他ならぬ、あのジェニー・ハンフリーが社交界デビューする。

あー。すんごく年取った気がする。

幼くてうぶな新入生のジェニーが、
UESの世界に溶け込もうと必死にもがいてたのが、
つい昨日のことみたいなのに。
そのジェニーがついにスポットライトを浴びる時がやってきたんだよ!
長年にわたる数々の努力がやっと報われる。

でも興奮しすぎないで。
彼女、相手がまだいないらしい。
何て可哀想なの!
エスコートなしで舞踏会に参加するなんて、絶対あり得ないから。

うまく相手を捕まえられるといいけどね。

ブルックリン出身の我らがジェニー、
やっと近づいたかと思ったけどまだまだ道のりは遠いね。


xoxo Gossip Girl


June 10, 2011
Gossip Girl

091103_308blair.jpgステキなパーティーは、誰だって大好きだよね。
特にそれがスキャンダルであふれてたら、
なおさらだよね。

もちろんGGも大好き :)


ネイトのいとこ、トリップ連邦議会の空き議席を狙って立候補。ヴァンダービルト家は、トリップが選挙に勝って、先祖代々の家名を世に残してほしいと熱望してる。しかし、現実はトリップにとって厳しかった。世論調査での彼の支持率は低く、このままでは選挙の夜に彼の政治への野望は終わってしまいそう。それじゃデュカキスの二の舞いだよ。今のトリップに必要なのは奇跡だった。・・・そして、ミラクルってあるんだよね。なんとその奇跡が起こったの。持ち時間ぎりぎりの最後の選挙活動中に、偶然ハドソン川でおぼれている男性を発見。トリップはすぐに飛び込み男性を川岸に引き上げた。報道陣は親しみをこめてトリップのことを、"ハドソン・ヒーロー"と呼び始めた。こんなことが起こったら、誰だって勇敢なトリップに投票したくなるよね。命がけで男性を助けたんだもの、この調子なら、当選したら命がけで公園もキレイにしてくれるよ(たぶんね)。
とにかくトリップは追い風を得て調子を勢いを取り戻した。これなら当選できるかも。


ラッキーなことに、ヴァネッサは一連の出来事をカメラに収めていたの。選挙活動のドキュメンタリー(これしかやることないらしい)の取材で、川での出来事をすべて撮影していた。ニュースで取り上げたいから映像を買い取りたい、とテレビ局NY1から連絡が。ヴァネッサは飛びあがって喜んでた。で、引き渡す前に、映像を編集しようと改めて中身をチェック。そして衝撃の事実を発見してしまう。川でおぼれていた男は、誤って転落したのではなく、自分から飛び込んでた。これってマジ?ヤラセだったわけ?
ま、これが政治ってものなんだね。この程度は日常茶飯事ってことなのか。

091103_308vanessa.jpg川での救出劇の裏側を知ってしまったヴァネッサ。そのことをネイトに直接打ち明ける。何があっても映像をNY1に引き渡すつもりだと。きっとこれには理由があるはずだ、とネイトは必死に訴えるけど、ヴァネッサは聞く耳を持たない。ヴァネッサは確信してたから。黒幕はネイトの祖父に違いない。彼ならトリップ当選のためだったら手段は選ばないよね。選挙活動には一転して暗雲が立ち込め、それを有利な状況に戻せるかはネイト次第ってことになったみたい。

一方、ブレアとセリーナは依然として冷戦状態。二人とも相手からの謝罪を求めていて、どっちも自分から謝るつもりはないらしい。ブレアは思った、もはやセリーナは必要な存在じゃない、だって新しい友達を作ればいいんだもん。もちろんNYUの子分たちじゃないよ、もっとすっごくいい子と友達になればいい! ブレアはブリーカー・インで出会ったブランダイスって女の子に声をかけた。彼女はかわいくてオシャレなだけじゃなく、今シーズンのバッグを持ってた! まさに完ぺきな子でしょ。ブレアがトリップの祝勝会に誘うと、彼女も喜んでと快諾。これでセリーナの出番は完全になし。ブレアは新しいBFFを手に入れたみたい。

セリーナにムカついてたのはブレアだけじゃない。ネイトもなんだよね。"バックリー家からのカーター救出作戦"の大失敗以来、Sはネイトとも音信不通。なのにSは、ネイトの協力が必要な事態に陥る。トリップの祝勝会にどうしても参加しなければならなくなったの。しかも偽のボーイフレンド、俳優のパトリック・ロバーツを連れて。パトリックの次回作は政治スリラー。だから生の政治の現場にいる写真が出まわれば、大いにイメージアップにつながるというわけ。KCはセリーナに、パトリックをパーティーに連れて行かなければクビだと宣告。祝勝会の運営本部に長時間入り浸り、セリーナはようやくトリップから招待を受ける。ふう。クビにならずに済んだね。

祝勝会では、皆が首を長くして投票結果を待っていた。その時、一人の女性がヴァネッサに近づく。彼女は"ハドソン・ヒーロー"の映像を最終的に誰に売ったのかと質問してきたの。ヴァネッサはびっくり。ちょうどNY1のキャロリン・ロウという女性に売ったところだったから。そしたら彼女が、自分がキャロリン・ロウだと名乗ってきた。
・・・ヴァネッサ、騙されちゃってたわけだ。ネイトにね

このまま黙って引き下がるヴァネッサじゃない。これは自動販売機の中身を決める高校の投票じゃない。あくまでも現実社会の選挙なんだよ。そこでヴァネッサは引き返し、改めて映像をNY1に売りつけた。当然このニュースが流れたときには、みんな大ショック。"ハドソン・ヒーロー"はヤラセだったの?ヴァンダービルト家は騒然。そこでネイトは正しい行動をとろうとした。彼はステージに上がり、みんなの前で話し始めた。
一連の出来事は、報道の通り計画されたヤラセだったと。しかし、トリップは全く関与していない、彼ほど誠実な人間はいないと断言する。そして最後にネイトは衝撃の告白をした。
ヤラセを企てた張本人は自分だと。
OMFG

091103_308serena.jpgブレアとセリーナは、お互いの連れに対して妨害工作を展開。でも、化けの皮を剥ぐのは、簡単だった。まずブレアは、パトリックが酔っぱらって植木におしっこをかけているのを発見。即刻、彼をつまみだす。だってこれは一流の社交場なの!エイミー・ワインハウスの誕生パーティーなんかと一緒にしないでよね。一方、セリーナはブランダイスの正体を暴く。彼女はただの心理学専攻の学生じゃない。彼女はエスコート。そう、高級コールガールだったの。セリーナがブレアに事実を伝えると、ブレアは耳をふさぎ反論。この会場で娼婦はたった一人、セリーナだけ。今だって偽カレのパトリックに体を売ってるじゃない。
その後、とんでもない悪夢が起こる。

セリーナが、ブレアの顔をを特大ケーキに押し込んだ!

・・・みんなが見ている前で。
Yummy.

ブレアはセリーナと今後一切の関係を断ち切りたかった。もう二度と関わりたくない、みたい。
だってブレアには新しい生活があって、それで二人の仲は疎遠になってきてる。ブレアには大学があって、ちゃんとした恋人もいる。一方、セリーナには何がある?詐欺師やジェット機で世界を飛び回るボーイフレンド? それに、身売りしなきゃならないような仕事って、何なの?
今のセリーナは、人生の幸せから遠く離れ放浪してる。だから、簡単に言うと、ブレアはセリーナに見切りをつけたわけ。

ヤラセ騒動が功を奏したかは分からないけど、とりあえずトリップは見事選挙に勝った。やったね。でも、トリップが本当に感謝しなきゃいけないのは誰だと思う?彼のことを愛してやまない妻のモーリーンなんだよ。選挙期間中、彼のそばに立っていただけじゃない。なんと"ハドソン・ヒーロー事件"の黒幕は彼女なんだから。WHAAAAT? モーリーンは祖父ウィリアムに、すべて自分が仕組んだことだと白状。ところがトリップとネイトは、すべて祖父の計画だと思い込んでいた。二人とも、今後、もう二度と祖父と関わりたくなかった。トリップは、ようやく祖父の呪縛から解き放たれたのだ。
・・・それにしてもモーリーン。とんだ詐欺師だね。

セリーナは仕事のために自分がしてきたことが、イヤになっていた。だから、仕事を辞めることにした。グッバイ、広報の世界。パトリック。KC。でもこれから何をすればいいの。どうやら今後の進路を決定しなきゃならないね。そんな時、幸運にも彼女に良き相談相手が現れる。そう、トリップ。彼はじっくり話を聞いてくれるらしい。セリーナはすべてを打ち明けて心の重荷を下ろすことができそう。

その頃、オリヴィアはダンにある重大な隠し事をしてた
彼女が「レイト・ナイト・ウィズ・ジミー・ファロン」に出演した時に、新しい彼氏についての恥ずかしいエピソードを暴露しちゃったの。あまりにもひどい内容だったので、彼女はダンに番組を見せまいと必死。必死ゆえにダンの家族と5時間にも及ぶスクラブル・ゲームにも参加。そうまでしてダンにTVを見せる暇を与えない決死の覚悟(ご存知の通り、GGはリリーとルーファス大好きだけど、・・・5時間ゲームってどうなの)。
しかし、この現代社会で、秘密を完全に隠ぺいすることって不可能なんだよね。ジェニーがパソコンをつけっぱなしにしていたおかげで、ダンはついにオリヴィアのトークを見てしまった。
オリヴィアは、二人の初めてのデートのことを話してた。ダンがトイレに行ったきりなかなか戻ってこなくて、ようやく席に戻ってくると、なんとシャツが裏返しに。彼は歩いていたらクモの巣に引っ掛かり、クモがシャツの中に入ってきたからだ、と釈明(・・・ダンってば、物書きなんだから、もっとましな言い訳考えようよ)。これを聞いて、ジミーはオリヴィアに、「彼って、変な人だね」とピシャリ。でもオリヴィアはダンを擁護。だって今も彼が大好きだから。付き合い始めて丸1ヵ月たったところだし。ダンが番組を観たことが分かると、オリヴィアは心配でしょうがない。だってダンは言い訳をして、立ち上がり家族のスクラブル・ゲームの輪から外れちゃったから。

オリヴィアはダンからのメールを受け取ると、すぐに彼のもとに直行。何としてでも謝罪しなくちゃ。でも幸いにもダンは怒っていなかった。彼は初デートでの真相を語ってくれた。実は極度の緊張に、汗が止まらなかったので、トイレに行き、汗で濡れたシャツをハンド・ドライヤーで乾かしてたんだって。突然、ゲームを抜けた理由は付き合って1ヵ月記念日であることを突然思い出したから。結局、オリヴィアが深夜番組で秘密を暴露したおかげで、二人はロフトに戻って、二人きりのロマンティックなディナーを楽しめたってわけ。
あーん、もう。ダン・ハンフリーってなんていい彼氏。びっくりだけどね。
 
 
やっとだよ!
みんな、退屈でうたた寝しそうになってたでしょ。
でもありがたいことに、今週のみんなの活躍で、すっかり事態は変わった :)

それにみんなだんだん薄汚れてきてうれしい限り。

文字通り汚れた人もいたけどね。
(あなたのこと言ってんのよ、B)
 
みんな、
お願いだからゴタゴタをすぐに解決しないでね。
 
 
xoxo Gossip Girl


June 10, 2011
Gossip Girl

  これまでのGGアンケート>>


June 9, 2011
Gossip Girl

目撃情報!

Sペリーストリート Perry ST. で新しいカレ、パトリック・ロバーツと食事。
パパラッチはレストランから出る二人を撮りまくってた。

DカッツKatz's のチキンスープを持って、ヴァンダーウッドセンのマンションへ。
どうやらJが病気らしい。てことは、コンスタンスは誰が仕切ってるの?

オリヴィアは「レイト・ナイト・ウィズ・ジミー・ファロン」出演のため、ロックフェラー・センターのGEビルへ。

Nとトリップはヨークビル図書館前で、タイムアップ寸前の最後の選挙活動。
トリップは保護者の見守る中、子供たちに読み聞かせをしている。
Vはその様子をカメラで撮影中。

一方BCエンパイアホテルでスタッフにあれこれ指示。
トリップの選挙祝勝会のための準備中らしい。


トリップは当選するの?それとも落選?結果はニュースでチェックしてね。


xoxo Gossip Girl


June 7, 2011
Gossip Girl

GGは、特定の政治家候補者の支持を表明することはないんだけど、今回は例外。

トリップ・ヴァンダービルトがニューヨーク第8選挙区から下院議員に立候補。

トリップはGGブログにもちょくちょく出てくるし、なんだかもう家族みたいなもんだって。
だから、特別扱い :)

もしみんなが18歳以上なら、投票に行ってほしい。

GGにゴシップ・ネタを送ることと投票は、市民の義務だよ :)

091030_vote1.jpg

xoxo Gossip Girl


June 6, 2011
Gossip Girl

今週は、セリーナと新しいボーイフレンド、
俳優のパトリック・ロバーツとの外出情報がひっきりなし。

セリーナは「エンドレス・ナイツ」のスターとありとあらゆる場所に出現。
街中のクラブやバーなど多数の店で目撃されてる。

セリーナは、仕事をお持ち帰りしてる。文字通り、ね。

パトリックはKCの広告会社のクライアントの一人。
これってホントに恋愛なのかな?
ひょっとしてこれも宣伝活動の一つ?
うーん。
でも、セリーナのことだからね。

あの娘はいつだって新聞をにぎわせてるでしょ。


xoxo Gossip Girl


June 3, 2011
Gossip Girl

Trick or Treat!
年齢を問わず、誰しも何かイタズラをしたくなる季節、ハロウィーン。
ラッキーなことに、おいしいご褒美まで付いてくる。

091027_307cb.jpgチャックは新しいホテルのことで悩んでた。このままではチャックが想定するような一流のホット・スポットにはならないことは容易に予測できる。バート・バスなら、どう思うだろう?そう、チャックの若さで失敗するわけにはいかない。よね。だから、一刻も早くホテルにクラブをオープンさせる必要があった。"ギムレット・クラブ" が当たれば、必ずホテルも人気が出るはず。チャックは義妹のセリーナに協力を求める。セリーナは今、桁外れのビッチ、広報担当のKCのところで働いてるからね。チャックはセリーナに自分のホテルのオープニング・ナイトの宣伝をお願いすることにした。もちろん、セリーナは引き受ける。だって、初めて自分に任された大仕事だもん! ただし、条件あり。チャックはこの件に関してブレアをできるだけ遠ざけるようにと要求した。ま、不運なことに、チャックのご意向が、どこからかブレアの耳に入ってしまうけどね。 WTF?当然、彼女は気分を害してプンプン。ひょっとしてチャックはまだ "男とキスした"件で怒っているのかな?
ブレアは困惑。とはいえ、いつものブレアのように、このまま黙って引き下がっているはずはないわけで。

ところが、ギムレット・クラブのオープンそのものが危機にさらされていた。チャックは酒類販売許可証が取れず、悪戦苦闘。これはマズイよ。クラブの"仮装キックオフ・パーティー"には、大勢のゲストが来店するからアルコールはマスト。これは早急に許可証が必要だよ。ブレアは彼のピンチを知り、良きガールフレンドと思われたい一心で、ある人に電話で支援を求めた。無事、許可証を手にしたときはチャックも一安心。すぐにブレアに謝まりに行った。クラブのオープンに際して、彼女をのけ者にしたことを、チャックは本当にすまなく思ったから。ブレアは彼のお気に入りの地位に戻れて、超ご機嫌。

でも長続きしないんだよね。
ギムレットに戻ったチャックは、そこで許可証を取るのに誰が裏で手をまわしたのかを知る。なんとあのジャック・バスだった。ブレアが彼に連絡したんだ、そうに違いない。チャックはブレアに対してマジ激怒。どうやったら自分の大嫌いな人間に連絡をしようと思いつく?あいつは一番関わりたくない相手なのに!! ブレアは、また自分のいいように状況を操ったのか(・・・でも、これっていつものことだけどねえ)。 すると、 OMG チャックは、ブレアのオープニングへの招待を取り消してしまう。ブレアは、セリーナにここから一緒に出ていってほしいって頼んだけど、そうは問屋が卸さないらしい。 結局、セリーナは残ることにした。チャックの肩をもつ、ってこと。
ブレアの怒りは爆発。どうなっちゃうんだろ。

一方、ダンがついにポップ・カルチャーに開眼。ようやく「エンドレス・ナイツ」を見始めたの。ネイトが持ってきてくれて、二人で仲良くヒット映画を鑑賞。そこでネイトは、オリヴィアが共演のパトリック・ロバーツとデートしていた事実を告げる。だから二人のラブシーンは、演技だけじゃないかもって。うわっ。ムービースターとの恋愛では、避けては通れないマイナス面だよね。
とはいえ、ダンとオリヴィアは、チャックのクラブのオープニング・ナイトの後、二人の関係の最終段階に進むって計画を立ててたみたい(だってオリヴィアがヘルスセンターでコンドームをもらってたって目撃情報あり)。しかし、あの映画を見てしまった今ダンは、はたして超セクシー俳優パトリックと肩を並べる自信はあるのか?
・・・魔法が必要だよ。

091027_307j.jpgその頃、ジェニー女王様は自分の王国を支配するのに一生けん命でした。
でもそれは想像してるよりもずっと難しかった。尊敬されるには、みんなが彼女のいいなりになる圧倒的な力がないとダメ。だから、もちろんエリックやジョナサンも言うこと聞かなきゃいけない。二人はクイーンBのルールを熟知してから、ジェニーの要求に応えてた。でも、それがだんだん度が過ぎるようになってくると、二人はなんと反発しはじめた。これ以上バカにされてなるものかと、メトロポリタン美術館の階段で、彼女より上の段(!)を選ぶようになっちゃった。そしてその時、エリックのヨーグルト事件は起こった。ジェニーは、新ミーン・ガールズにパフェをエリックの頭からぶっかけるように命令。・・・兄妹で張り合ってどうすんの?それとも、ただ単にビッチなクイーンってだけ? もちろん、ジェニーはこの件でリリーに叱られる。ミーン・ガールズたちをちゃんとエリックに対して謝罪させなければ、ジェニーがギムレットのオープニングに行くことを許可しないとリリーは宣告。
・・・どうかお許しください。

ブレアは、ドロータと残念会を開いていた。自分のボーイフレンドのクラブのオープニングから、締めだされるなんてひどすぎる。こんなのって不公平! するとそこへフラワーアレンジメントが到着。きっとチャックだ。彼からの"すまなかった"の意思表示に違いない。ところが実際の贈り主はジャックだった。花に添えられたメッセージには、なんとジャックが手配した酒類販売許可証は偽物だと書かれてた。・・・いつになくイヤに親切すぎたもんね。やっぱりそんなことはありえない、ってこと。ブレアは大急ぎでクラブに向かい、チャックに知らせようとした。でもチャックはすでにお見通しだった。ずる賢い者同士、考えることは同じだから。そして二人はパーティーをお開きにする代わりに、警察に通報。
大事なオープニングイベントは、大勢の記憶に残る大事件にしなくちゃ、もったいない。

パーティー会場で、ジェニーとエリックは仲直りできたみたい。ケンカするなんて、本当にバカげてる、二人はもう一度親友に戻れるよ、きっと・・・ なんていうのは、絶対ムリ。ジェニーがエリックと一緒にいたちょうどそのとき、NEW ミーン・ガールズはジョナサンに卵を投げつけてた。ヒドーい。このことを知ったエリックはもちろんハッピーじゃない。ジェニーとは口も聞きたくないってさ。もう二度と。
あーあ。

ブレアが警察に通報したことに、セリーナは激怒。KCに自分の能力を見せる絶好のチャンスで、これは彼女にとって特別に重要なイベントだったのに。クライアントに対して、いい宣伝をするはずが、逆に警察で顔写真が撮られるような展開になっちゃった。
でもブレアは言い返した。セリーナだって親友とチャックのどちらかを選ぶときチャックを選んだでしょ、だから自分もチャックを選んだの。
だよね。

091027_307s.jpgダンは不安でいっぱい。はたしてベッドでオリヴィアに合格点をもらえるか、そしてもっと心配なのは、KCが二人の関係を邪魔してこないか。KCはダンとオリヴィアを別れさせようと躍起になってる。というのも、オリヴィアの共演者パトリック・ロバーツの人気も安定させなければならないから。オリヴィアとの交際報道がなければ、パトリックはすでに過去の人。もう少しでマーク・ハミルみたいになっちゃう。一方オリヴィアも、パトリックとまだ付き合っているというフリをする義務を感じてた。もちろんダンもいい気はしないけど、ぐっと我慢。残念ながら、セリーナは広報担当としてこの難題を担当することに。
オリヴィアとパトリックの"やらせツーショット"をマスコミに撮らせるよう手配するのがセリーナの広報担当としてのお仕事だった。しかし、セリーナは次第に良心が痛み始める。そんな類の広報になりたくはない。そう思ったセリーナは、ダンとオリヴィアにキスをするように仕向け、パパラッチに二人が付き合っていることを知らしめる。もちろんKCは激怒。マスコミから当然質問がくる、パトリックの現在の交際相手は?セリーナは、自ら答えた。文字通り、体を張ってね。なんといきなりパトリックにしがみつき、自分がガールフレンドだと宣言。そして彼にキス。ワオ。
Sはスターも手玉に取る、か。ふーん。

警察がみんなを追いだす前に、パパラッチはお客の顔写真をちゃっかり撮影済み。ギムレット・クラブのオープニングは、まさに"もっとも旬なパーティー"となった。すべてがいい方向に作用したので、ブレアは大喜び。彼女とチャックの計画は大成功。これでクラブは安泰。ブレアはボーイフレンドと親友と共に、喜びを分かち合おうとした。でもセリーナの方は、到底そんな気になれない。セリーナはブレアの裏切りを許すつもりはなかった。
"ブレアって最低だよ" だってさ。

パトリックとのツーショットから解放され、オリヴィアは心おきなくダンと一緒に過ごせることになった。まさに二人きりの時間。ということで、二人はオリヴィアが用意した例のものを使うことになったわけ。まあ、想像だけど。
(このサイトはあくまでもゴシップガールなので、これ以上は書かないのであしからず。)
 
 
ところで。

ブレアとセリーナの一連の小競り合いだけど、
これって、

新たな S VS B戦争 の前ぶれかな?


GGはもちろん二人のこと大好きだけど、
でもね、セリーナとブレアのケンカって、
正直見ていて超楽しい。楽しすぎる。

申し訳ないけど、ホントのことだもんね。

それに二人にとって友情の舞台は、いつも戦場だしね。

でしょ?
 
 
xoxo Gossip Girl


June 3, 2011
Gossip Girl

  これまでのGGアンケート>>


June 2, 2011
Gossip Girl

目撃情報

DとGFのオリヴィアはブリーカー・ストリート・レコードBleecker Street Record へ。
「かいじゅうたちのいるところ」のサウンドトラックを購入。
オリヴィアは2007年のピープル誌のインタビューで、カレンOの大ファンだと語っていたので納得。

Bとその使い走りをするドロータ。
UESのいたるところでお買い物。かわいそうなドロータ。疲れ果ててるよ。

Jと新ミーン・ガールズはサン・アンブレSant Ambroeus に。
ハロウィーンの仮装について相談してる。みんな何に扮するのかな?

Cエンパイア・ホテルEmpire Hotel で仕事中。
Cがいかにも起業家らしく振る舞ってるのを見るのって、大好きかも。

Nはヤンキー・スタジアムでヤンキース対エンジェルスの試合を観戦。
いとこと一緒に祖父のボックス席に座ってる。

Sは新しいホット・スポット、Qクラブのオープニングでお仕事。
うん。Sはマジでこの仕事に向いてるみたい。
いいパーティーを開くなら、パーティーガールにお任せするのがイチバン。


xoxo Gossip Girl


June 1, 2011
Gossip Girl

ほっとした。その一言に尽きるよ。

コンスタンス・ビラード学園にいつもの階級制度が戻ってきた。

ウソじゃないよ。

学年の最初はいろいろゴタついたけどね。
みんなも知ってる通り、誰かさんが"みんな仲良く平等に"キャンペーンを始めたから、
あやうく学校理念が崩壊寸前
マジでぞっとした。

でもようやく落ち着きを取り戻したみたい。よかった?。

クイーンがその地位をちゃんと理解したら、すべてが元通り。
指揮系統もバッチリ機能してて、学園の生徒たちの足並みはピッタリ。
そうでなくっちゃ。


権力の階級制度のないコンスタンスなんて、ありえないよ。
 
 
xoxo Gossip Girl


  • miley-sa: BとCは切っても
  • まい: 今のルイとのロマンチ
  • natsu: ブレアの負けず嫌いな
  • Lili: ダンがいい。チャック
  • すず: ブレアは、カーターと
  • 購読する
  • 購読する
TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.
© 2000-2010 SUPER NETWORK,inc.All rights reserved