かくにんが肝心

May 6, 2011
Gossip Girl

090929_303chair.jpg
今週のゲームのテーマは
騙されること。

みんなお互いに
騙し合い。

しかも全員参加、
でね。

当然だよね。

我らが愛しのドロドロ・ドラマ大好きセレブたちだもん。
 
 
 
  
ブレアはジョージーナとの共同生活がたまらなくイヤ。血統書つきの性悪で、そのくせNYUを仕切ろうとして、その上、偶然にもダン・ハンフリーとデキちゃうなんて。そう、あのダン・ハンフリーだよ。セリーナからジョージーナ?急降下もいいとこ。ブレアの心配事は増えるばかり。部屋に入ったら、二人がヤってる最中だったなんて事態になりかねない。ぞっとする。 EW。 ブレアの生活は、まさに崩壊寸前。でも、どんな時でも救いはある。突然 "ラ・ターブル・エリテール" La Table Elitaire からの招待状が届いた。 ラ・ターブル・エリテールといえば、アイビーリーグ以外のエリートによる秘密結社。これぞブレアへの神の思し召し。ラ・ターブル・エリテールのメンバーになれば、今抱えているゴタゴタは消え失せる! 招待状にはクラブに受け入れられるための、具体的な方法も指示されてた。サザビーズのオークションでパトリック・マクマランの写真を落札すれば、メンバーの座が手に入る。でもちょっとした心配ごともあった。他にも写真を狙っている人物がいるらしい。それも、ブレアの最愛のボーイフレンド、他ならぬチャック!有名なホテル経営者ショーン・マクファーソンの支援のもと、今度こそクラブオープン計画を実現しようとしていたの。ショーンのアシスタントが、チャックに助言。気に入られたいなら、ショーン自身のことをよく知ること。ショーンのことを調べろって? そうしたら、ショーンが今度のオークションに出るパトリック・マクマランの写真を欲しがっていることが判明。あら大変。どうやらブレアとチャックによる争奪戦になるみたい。ご存知の通り、二人とも、欲しいものはどんな手を使ってでも、手に入れるタイプなわけで。

一方、セリーナはカーターと楽しんでた。二人は相性がいいみたい。そしてカーターは、悪いイメージを払拭しようと努力してるみたいだし。でもブレアは信用してなかった。セリーナ、気を緩めちゃダメ。カーターはカーターなんだから。そして結果的にブレアの勘が当たることに。道で女の子たちに声をかけられ、「カーターにナンパされて、捨てられた」と責められた。サイテーだね。当然カーターは否定するけど、セリーナは疑ってる。それからホテルの部屋に、95年のドンペリ3本分の請求書が。カーターはまたしても、しらばっくれた。でもやっぱりセリーナはまだ疑っている。結局カーターはぜんぜん変わってなかったのかも。

090929_303vanessa.jpg恋人を疑っているのはセリーナだけじゃない。ヴァネッサもスコットとうまくいってなかった。彼の話の辻褄が合わないから。だからヴァネッサは自分一人で、この謎の多い彼氏の正体を暴くことにした。まず学生課に行くと、スコットがNYUに籍すらないことが発覚。WTF?ヴァネッサは激怒。スコットを問い詰めると、彼は本当のことを話した。なんと スコットは、リリーとルーファスの息子だった。 OMFG !! でも二人の息子は、すでに亡くなっているはずだよね?息子と思われていたアンドリュー・ロッソンは、実はボート事故で亡くなったスコットの弟。息子は、スコットの方だった。ヴァネッサは、ルーファスに真実を告げるべきだと言う(二人はすでに親しくなってるみたいだけどね)。スコットはもう少しじっくり考えたい様子。もしヴァネッサがホントに自分のことが好きなら、ここは黙っていてほしい、ってさ。スコットもさ、無理言うよね。

ヴァネッサはどう対処すればいいか、悩んでいた。カレとの約束を守りたい気持ちはある。でもBFFには正直に真実を話したい。ヴァネッサはダンに真実を知らせるために、それとなくスコットとの間に、何らかの問題があることをほのめかす。二人が問題を抱えていると察知したダンは、親友のために真相を確かめようとする。そして誰に協力を求めたと思う?そう、ジョージーナ。彼女はスコットの正体を暴く決意をする(言っとくけど>G、余計なお世話)。執拗な調査の結果、ダンとジョージーナはスコットの本当の名字が "ロッソン" であることを突き止めちゃった。ダンはその名前に見覚えが。"スコット・ロッソン"が、昨年自分にファンレターを送ってきた人物だと思い出す。もしかして、スコットはダンのストーカー?・・・おいおい、違うって。ダンをストーカーする人なんかいないって。

サザビーズのオークション会場に、ヴァネッサはスコットを連れてきた。ルーファスに真実を明かすつもりで。やったね。ところが、そこへスコットの母親登場。ルーファスへの告白をやめるよう説得するのかと思いきや、なんと協力したいと言い出した。わお。ダンとジョージーナは、スコットがダンのストーカーであることをばらすつもりで会場入り。でも、その前にスコット本人とルーファスが直接話し始めたの。スコットは自分の本当の名前を告げた。そして、自分はルーファスとリリーの息子の、とも。Whaaaaaat?
ただルーファスに会いたかった。弟がハンフリー家とヴァンダーウッドセン家のこと知ったら、誇りに思うだろう、と伝えた。

はあ? 何なの?

オークション会場には、ネイトと秘密の彼女ブリー・バックリーの姿も。二人の関係を隠すのは、もうウンザリ。だから堂々と二人で登場し、わざと写真を撮らせたみたい(しかもキスシーン)。ヴァンダービルト家とバックリー家の皆さんは、"セレブのファッション" 記事を読んで、お互いの未来の家族になる人物の顔写真を見ることになるのね。でも二人は盛り上がってるから全然気にしてないみたい。愛の力だね。
愛モドキかもしれないけど。

一方、ブレアとチャックは、パトリック・マクマランの写真獲得に火花を散らしていた。両者の獲得意欲は固く、いざ入札の番がやってきたときには、全面戦争が勃発。番号札が飛び交い、値段は高騰するばかり。どちらも一歩も譲らず。チャックは、秘密結社に入るために写真を欲しがるブレアが信じられず。ブレアも、チャックがビジネスパートナーへの謝礼として写真を必要としているなんて、信じられなかった。二人がケンカしている間に、ファイナルコール。写真を競り落としたのは別の人。
セリーナだった。

090929_303carena.jpgブレアとチャックは絶句。まさかセリーナに写真を横取りされるとは・・・。どんなに欲しがっていたか、知っているのに (とはいえ、悪いけど自業自得だよ>B&C )。これはセリーナの仕返しだった。カーターへの嫌がらせをしたのは、ブレアとチャックだったから。二人は、ホテルにシャンパンを注文したことも、街で女の子を雇ったことも白状した。ブレアはセリーナを守りたかったから。チャックは、ただ単にカーターが嫌いだったから。
前にチャックがカーターを街から追い出したとき、ドバイ行きのチケットを渡した。ところがアラブに向かうはずのカーターはギリシャへ。その後、数ヵ月間、世界中を転々と。・・・セリーナは気づいた。OMG カーターはSの父親をずっと捜していたんだった。2年前、セリーナは父親がサントリーニ島で再婚する予定だという情報を得た(そう、これがサントリーニ島の真実なのね)。そして二人はSの父親に会いに行くことにした。カーターは船を借りてきたんだけど、実はこれが盗品で、結婚式にたどり着く前に逮捕されちゃった。カーターはセリーナに、必ず償うと誓った。カーターはそれ以来ずっとSの父親を捜し続けてたみたい。・・・結局、カーターはそんなにワルじゃなかったってこと。

セリーナはブレアに写真を手渡すことにした。ブレアも正しいことをすると決意。それは写真を本当に必要としている人に譲ること。ブレアはラ・ターブル・エリテールの招待をフイにしたの。もう彼女には必要ない。写真はチャックに譲る。招待状を手にしたセリーナは、ある文字を一目見て、ふと違和感を覚えた。"G"をこんな風に書くのは、一人しかいない。
ジョージーナ!

セリーナがジョージーナに詰め寄ると、ブレアに偽の招待状を送りつけたと認めた。ジョージーナは、やっぱり変わっていなかった。・・・もうブレアに構うのはやめてよ、それにいずれブレアは必ず反撃するからね、その時は、セリーナもブレアに協力するよ。あの夜以来、みんなジョージーナにはうんざりなの!
いいぞ、セリーナ。言ってやれ。
しかも、ジョージーナに騙されたのは、ブレアだけじゃなかった。チャックにも罠を仕掛けてたんだよ。ショーンのアシスタントが、実はジョージーナの友人で、チャックをダマしたの。チャックはショーンのオフィスに出向き、写真を贈った。彼は、取引を失敗させたアシスタントに感謝したいと言った。もちろんアシスタントはクビ。この時チャックは分かったの。自分がすべきことは、ホテル自体を開くことだと。ホテルにクラブを開くことじゃない。同じ手に入れるなら大きい方がいい。すぐさま株を換金し、夢を実現しようと動き出した。彼の横にはブレアがいるんだから、失敗はありえない。カワイー。

ダンはジョージーナと話し合い。ブレアとチャックにした悪だくみを、セリーナから聞いてた、Gはヤバいほどキレてる、って。ダンは、二人の間に距離を置きたいと告げた。もちろん、ジョージーナは不満いっぱい。
ところで、大学で学ぶこと、その一: 寮の部屋のドアを開けたまま、秘密の話はしないこと。誰が聞いてるか分からないからね。スコットがヴァネッサに、彼の素性をバラさないでほしいとお願いしていたちょうどその時、聞き耳を立てていたのがジョージーナ。スコットの本当の正体を知ってしまった。これはマズいよ。スコットは、しばらくボストンの母のもとに戻り、冷静になって考えたいと言い出す。V かわいそう。せっかく気の合う男性と出会ったのに、彼が街を去るなんて。・・・危なく同情するところだ。
それに、ジョージーナがあんなおいしい情報をゲットして、ただで済ますわけがないよね。失恋の傷は、倍にしてお返しするに決まってる。早速、列車に飛び乗りボストンへ。さあボストンで何が起きるのか?メガトン級の大爆発が起きるのは、間違いないよね。

セリーナはもう一度、カーターに謝った。彼のことを疑ったから。もう言い訳のしようがない。ただ何があっても、彼と一緒にいたい、だって。やれやれ。でもね、カーターにはNYCに敵がいるんだって。あのブリー・バックリー。ある理由から、ブリーの一族はカーターを八つ裂きにしたいと思っていたらしい。
こわー。ドロドロしすぎじゃない?


みんな気をつけてね、
一部のやから(ご存知ジョージーナとバックリー家)が
復讐の機会をうかがってるから。

これってすごいドラマになること間違いなしだよ。
最新情報は、GGがバッチリ伝えるから。

まかせといて。

xoxo Gossip Girl


カテゴリ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.gossipgirl-tv.jp/mt/mt-tb.cgi/323

コメント(1)

user-pic

Bに靴を持ってかれるC可愛すぎ!
このまま二人の幸せ見ていたい。

  • mayumi: Bに靴を持ってかれる
  • 購読する
  • 購読する
TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.
© 2000-2010 SUPER NETWORK,inc.All rights reserved