2009年6月アーカイブ
June 29, 2009
Gossip Girl

The Filthy Youthを紹介させて!!
いつもならゴシップネタ以外は取り上げないんだけど、これは書かずにいられない。
すっごくいいバンドを見つけちゃって、ずっと聴いてるの。
The Filthy Youth ザ・フィルシー・ユース ってグループで、イギリス出身(♪ )で、超Coolで、しかもめちゃイケメン
ここ数週間、彼らの曲をかけっぱなし。みんなにもぜひ聴いてほしいな。

The Filthy Youthの曲はマイスペースでゲットできるから、アクセスして聴いてみて!
www.myspace.com/thefilthyyouth
絶対気に入るよ!

xoxo Gossip Girl


June 26, 2009
Gossip Girl

一年で一番幸せを感じる季節!・・・まあ、そうじゃなかった人も若干いるけどね。
我らがアッパー・イースト・サイダーのクリスマスも波瀾万丈。
アイススケートで死ぬ思いをした人あり、親の別れや仲直りあり、ブルックリンのギャラリーで"アレ"しちゃた人たちあり...とにかく思い出深いホリデーだったよ。
071220_12-20-110-blair.jpg ブレアは数カ月ぶりにパパのハロルドに会うのをすごく楽しみにしてた。ロマンっていう男性モデルと恋に落ちたパパは今年の初め、ママを捨ててパリに逃避行しちゃったんだよね。待ち焦がれた再会だったのに、パパがロマンを連れてニューヨークに来たもんだからブレアはカンカン!パパを独り占めして甘えるつもりだったし、両親の結婚を破綻させた男なんて、お邪魔虫以外の何もんでもなかったわけ。ブレアは、何とかパパからロマンを遠ざけることにしたの。だって、パパが大好きなプラダを着た"天使"は、自分1人でたくさんだもん。
クリスマスどきのニューヨーク、ブレアのお気に入りの場所といえば、セントラルパークのウォルマン・リンク。今年はママとパパ、そして憎きロマンとリンクに繰り出したの。氷上のロマンはよちよちして、スルヤ・ボナリー(解説:豪快なジャンプで魅せた、'94年リレハンメル・オリンピック、フィギュア女子シングルのフランス代表!)とはいかなかった(ランウェイでのウォーキングはスケートよりマシだといいけど!)。その姿を見たブレアに悪魔が囁いた。彼女はアイス・カペーズのスター・スケーターみたいに満面の笑みをたたえて"こっちへおいで!"と言わんばかりに両腕を広げたの。で、ロマンがすがるように近づいてくると、手じゃなく足を差し出したの!ロマンは思いっきり、すってーーん!ブレアってば、ナンシー・ケリガンみたいにお嬢ぶってるけど、性根の悪さはトーニャ・ハーディング並みだよ。
ブレアは、パパがロマンをペントハウスで休ませて、自分と過ごしてくれるって思ってたの。なのに、ケガしたロマンに付き添ってどっか行っちゃった。またまた期待を裏切られたブレアはムッカ?!ママと自分からパパを奪ったずる賢いフランスぎつねが、無垢な子羊みたいに扱われるのが気に食わなかったわけ。でも、エレノアによるとロマンはそんなに無垢じゃなさそう。昔はかなりイケイケで、フレディっていうハチャメチャなモデル仲間と付き合ってたとか。このネタは有効活用するっきゃないと思ったブレアは、モデル経験者のセリーナに連絡して、モデルのウェブサイトのログインしてもらったの(みんなも覚えてるでしょ?セリーナが12歳の時、GAPのポスターのモデルしてたの。バスにも張りまくってあったし、タイムズ・スクエアの看板にも出てたじゃない!)。運よくサイトにアクセスできて、フレディの情報をゲット。"面白くなってきた"って顔してブレアがほくそ笑んだのは言うまでもないね。

一方ブルックリンでは、"クリスマスの奇跡"は予定に入ってなかったみたい。ハンフリー家は、みんなでクリスマス・カードを開けて読み上げてた。その中の1枚に、アレックスって男からアリソン宛てのカードが...。しかも"会いたい"って書いてあったの。アレックスこそ、ハドソンでアリソンが"親しく"してた男。"もう過去のことだし連絡も取ってない"ってアリソンが言い張るから、ルーファスは子供たちの手前、水に流した。...かのように見えたけど、一番信じてなかったのはルーファス本人。カードに書いてあった待ち合わせ場所に行ったらアレックスがいたの。彼の話によると、会いたがっていたのはアリソンのほうなんだって。彼女はルーファスの前でずっと猫をかぶってたわけ。帰宅したルーファスは問いただした。話すうちに二人は、お互い気持ちが離れちゃってることを認めたの。どうやら、ハンフリー家にサンタさんから届くのは離婚届けの模様。

さて、ダン&セリーナ&ヴァネッサの微妙な三角関係はどうなったかというと。クリスマス・プレゼントに関しては、ヴァネッサが一歩リード。ヴァネッサが「ニューヨーカー」のコンテストに応募したダンの短編が見事入賞、彼がこよなく愛する雑誌(そっ、ニューヨークのインテリにはマストの雑誌)に掲載されることになったの。ダンが喜ぶこれ以上のプレゼントはないと思ったセリーナはちょっと不機嫌。カノジョとして、もっと素晴らしいプレゼントを用意しなきゃって対抗心を燃やしちゃった。「ニューヨーカー」に載るよりすごいことって何だろうって必死に考えて、セリーナが出した結論は高級腕時計。セリーナ、それって一番ダンっぽくないんだけど...。もちろんダンは受け取れないって断って、話し合いの結果、ダンとセリーナはお互い"心のこもった"プレゼントをしようってことになった。ただし予算は50ドル(セリーナにとってはマジ難しい価格帯。愛用のシャンプーだって50ドル以上するし)。セリーナにとっては一種の挑戦。ヴァネッサが"手伝おうか?"って申し出たけど、断ってた。"ダンのカノジョは私!自分でやる!"って心に誓ったみたいだったけど...。

ダンはセリーナにぴったりのプレゼントをすでに思いついてた。ホテル住まいって意外と窮屈だよね。出入りするたびに観光客みたいに扱われるし、部屋には暖炉もコンロもない。あるのは寄宿部屋並みの小型冷蔵庫だけだから、食事はいつも代わり映えしないルームサービス。そして最悪なのは、部屋にクリスマスツリーがないってこと。セリーナが"ツリーがなきゃクリスマスじゃない"って嘆いてた。だから、ダンはホテルの部屋にツリーを飾ってアットホームにしようって考えたの。で、ジェニーと2人でマディソン通りを本物のツリーを引きずって、パレス・ホテルに到着。けど問題はそこからだった。誰にも止められずにツリーをホテルの部屋に持ち込むなんて不可能だもん。ダンとジェニーが万事休すと思ってたら、運よくリリーが通り掛かったの。"通用口のドアマン、ボビーなら見逃してくれる"って教えてもらった2人は無事ミッション完了!リリーに感謝だね!
一方、セリーナはダンのプレゼントが思いつかずマジで万事休す。仕方なくヴァネッサに相談したの。ヴァネッサは"ダンはあまり物欲がないよ"とアドバイス。セリーナは"クリスマスに雪が降れば最高にハッピーっていうダンだけど、"さすがに雪を降らせるなんて無理だし"って言ったの。で、どうしたかって?なかなかのアイデア・ウーマンのヴァネッサの力を借りて、セリーナはダン・パパのギャラリーを"ウィンター・ワンダーランド"に模様替え。紙を切り抜いた雪の結晶を壁一面に張り、プロジェクターを使って天井から雪が降る演出。そしてギャラリー中央の床には、ふかふかの真っ白な毛布...。ギャラリーに着いたダンはそりゃ驚いてた。夢が叶ったんだもん!しかも叶えてくれたのはこの世で一番好きな子!感動して胸がいっぱいのダンは、セリーナに"「ニューヨーカー」に載った短編は君のことだよ"って告白。今度はセリーナが感激で胸がキュンキュン!2人はキスをして、だんだんいい感じになって...。あとは、ブルックリン出身の童貞君はもう童貞じゃないってことだけ報告しとく。

2007年は、エレノア・ウォルドーフにとって最高の一年だった。ヘンリ・ベンデルに自分のブランドが入るだけじゃなく、何とヴィクトリアズ・シークレットからもエレノア・デザインのスリープウェアとランジェリーのコレクションが発売されることになったの。それを祝して、エレノアのクリスマス・イヴのパーティーのテーマはもちろんヴィクトリアズ・シークレット。演出もバッチリ、ゲストとも和気あいあい、パーティーは大成功と思いきや、招かれざる客が登場!それは何と、ロマンが"おかしくなるほど"ゾッコンだった元カレ、フレディだったの。ハロルドは相当ショックを受けた模様で"何でフレディがここにいる?ニューヨークには数日しかいないのに、ロマンは我慢できずに元カレに連絡してたのか!?"と疑念がふつふつ。ハロルドがロマンに詰め寄る様子を、ブレアはニンマリして遠巻きに楽しんでた。ブレアが内心"やった!"と思ったのもつかの間。エレノアには、この予期せぬ"再会"の仕掛け人はブレアだとピンときたの。問いただされたフレディは、あっさりブレアの依頼だと認めちゃった。で、豪華クルーズとスポーツジムの会員費で釣られたことまでバラしちゃった。今度はハロルドがブレアにカンカン!愛娘がせっかくのクリスマス気分を台無しにするなんて信じられないもん。 ハロルドはブレアに失望しちゃった。ロマンはブレアに優しく接しこそすれ、何ひとつ悪いことはしてないのに、ひどい仕打ちだって相当ご立腹。エレノアはそんなハロルドを諭したの。"ブレアが難癖をつけるのは、ロマンのせいじゃなくて、あなた。パパ一人でニューヨークに来てほしいと思ってた娘の前に、恋人を連れて来たあなたが悪い"って。そして"ブレアは、私からしたたかさを学び、あなたから夢見る乙女の純粋さを受け継いだのよ"って付け加えた。やっと複雑な娘の気持ちを理解したハロルドは、ブレアに"どんなことがあっても、自分がパパであり、ブレアは永遠に自分の人生の宝物"だって伝えたの。そして、まだイヴだったけど、ハロルドはクリスマスプレゼントの一部をブレアに見せたの。フランスに購入したおうちの中に用意されたブレアの部屋の写真だった。息をのむほどすてきなインテリアの部屋(もちろんテーマはオードリー!)。"いつでもおいで。夏休みはずっとここで一緒に過ごそう"と、ハロルド。ブレアは有頂天。だって、今のパパの言葉、ブレアが一番欲しかった最高のプレゼントだもん!

クリスマス当日の朝。パレス・ホテルのヴァンダーウッドセン家をバート・バスが訪ねてた。リリーの携帯が鳴ったけど、バートは"大切な話があるから出ないでくれ"だって。バートの次の行動にはみんながぶったまげた。何と、ひざまずくと、リリーにプロポーズしたの!"バートがママに求婚!?"一番仰天したのはセリーナとエリックなのは言うまでもない。リリーが結婚するのは珍しいことじゃないけど、よりによってバート・バス?あのチャックのパパ??つまり、セリーナとチャックは義理の兄妹になるってこと!?あり得ないでしょ。ところで、さっきの電話の主はルーファス。寒空の下ホテルの外からずっと電話してたんだよね、愛を伝えるために。あ?あ。でも、リリーはまだバートに返事してないから、可能性あるのかな!?じっくり考えた方がいいよ、リリー。ほんとはどっちが好きなの?バート?それともルーファス?人生最大の選択かもしれないけど、早く決めてね。みんな結論が待ちきれないから!
071220_12-20-110-lily.jpg
ウォルドーフ家のペントハウスでは、みんな信じられないくらい幸せそう。この複雑な大家族(もちろんドロータも含めてね)、ほんとに、一家団欒しちゃってる!?(まだ目を疑っちゃうけど...) アッパー・イースト・サイドじゃ初めての光景だね。

ところが、ブレアのメリーなクリスマス気分も、携帯に思わぬメールが届いてぶち壊し。
送信者はチャック。
"心配するな、B。誰にも言わないさ"のメッセージとモナコでネイトと撮った写真が添付されてた。
激ヤバ・・・ Le Symbole ル・サンボルで飲み過ぎて、口を滑らさないことを祈るしかないよね。

だけど私たちとしては、ぐでんぐでんになってネイトにブレアと寝たことバラしちゃったほうがいいかも。
そのほうがワクワクな新年になると思わない?

クリスマスに欲しいのはあなただけ。All I want 4 Xmas is U.

xoxo Gossip Girl


June 26, 2009
Gossip Girl

gg_i_bb.jpgバート・バスの詳細プロフ
バソロミュー・ジョン・バス。ついにSママにコミットする決意をしたみたいだけど。

家族と住まい:
息子チャック。アッパー・イースト・サイド在住

好きな物(事):
不動産の購入、NYヤンキース、ドバイ、ラスベガス、チャリティ・イベントの主催、新入社員教育、トーク番組中心のラジオ放送、勤勉、ゴルフ

嫌いな物(事):
チャックのふざけた態度や行動、怠慢、契約違反、飛行機の定期便を利用すること、ラップ音楽、ドナルド・トランプ(実業家)、レッドソックス

好きな異性:
リリー・ヴァンダーウッドセン

お気に入りのファッション・アイテム:
スーツ

ニューヨークのお気に入りスポット:
ニューヨーク証券取引所、自分のオフィス、パレス・ホテル、自分が所有する高級ホテルや豪華なコンドミニアムならどこでも。ニューヨーク・フィルハーモニック・オーケストラ

好きな音楽:
フランク・シナトラ、トニー・ベネット、マンハッタン・トランスファー、ハリー・コニック・Jr.、ハービー・ハンコック、ボブ・ジェームス、フォープレイ

好きな作家:
ウォーレン・バフェット、ベンジャミン・グレアム、ドニー・ドイチェ、リチャード・ブランソン

好きな映画:
「ウォール街」、「摩天楼を夢見て」、「パットン大戦車軍団」、「タクシー・ドライバー」、「夫たち、妻たち」、「素晴らしき哉、人生!」、「地上より永遠に」

好きなテレビ番組:
「CBS ドキュメント」、「ルー・ドブス・トゥナイト」、「ミート・ザ・プレス」、「ラリー・キング・ライブ」、「LAW&ORDER 性犯罪特捜班」、「クロージング・ベル」

マイ・ヒーロー:
レナード・スターン

座右の銘:
今を生きる


June 24, 2009
Gossip Girl

目撃情報

Jはコンスタンス・ビラードでアカペラ隊、ノートワージーのリハ中。学校のホリデー・バザーで披露するクリスマス・ソングの練習みたい。

DとSは仲よく腕を組んでセントラルパークを散歩。映画のワンシーンみたいで、ぶっちゃけゴシップガールもちょっとやけちゃう...。

Bがバーバリーでおそろいのマフラーを購入。クリスマスにパリから来るパパへのプレゼントみたい。きっと喜ぶよ。パパはファッション・アイテム(男性モデルを含む)に目がないから(笑)!

サン・アンブレでネイトがホットチョコレートを飲んでる。携帯で話してるけど、相手は?
Cだといいな。

Cってば、どっかに消えちゃったみたいなんだよね。情報求む!!

xoxo Gossip Girl


June 22, 2009
Gossip Girl

パークアベニューのトウヒ並木のライトアップ。
ロックフェラー・センターの摩天楼のようなツリー。

アッパー・イースト・サイドのみんな、待ちに待ったニューヨークのクリスマスだよ!
この世で一番すてきな街ニューヨークがもっとも輝くのがクリスマス・シーズン。
街中がキラキラして、何とも言えないウキウキ気分に包まれちゃう!!

サンタさん、今年は我らがアッパー・イースト・サイダーにどんなプレゼントをあげるのかな?
みんな悪い子だったみたいだから、願いどおりにいくかどうか心配だね。
xmaswishlist0712.jpg

クリスマスの願いごとは人それぞれだけど、なんか、CとそれからSママはかなり切実だね。

xoxo Gossip Girl


June 19, 2009
Gossip Girl


れっきとしたレディの名前が紙面を飾るのは人生で3回だけ。
結婚する時、死んじゃった時、そして、社交界にデビューする時。

debutante_b.jpg今週は、年1回のニューヨーク・デビュタント舞踏会だったんだよね。
ブレアは長年この日を待ち焦がれてきた。やっとその時を迎えて彼女は準備万端。完璧なドレス、完璧な紹介文、そして完璧なエスコートで足元を固めてた。ネイトもチャックもお呼びじゃない。だって、Bのエスコート役は正真正銘の王子様だからね。そう、イケメンのセオドア王子!
一方、セリーナは舞踏会をパスすることにしてた。この舞踏会は古臭い伝統でしかなく、自分の品格を落とす行事だって思ってたらしい。ところが、セリーナの祖母シシーがニューヨークにやって来て事態は急変。ずっとデビュタント舞踏会の実行委員長をしていたシシーは、娘リリーの社交界デビューを実現させられなかった。・・・そう、当時リリーは、ロックスターとツアーバスで走り回って家に寄りつかなかったからね。だからシシーの最後の夢は、社交会にデビューする孫娘の晴れ姿を見ることだったの。"最後の夢"?!そう、シシーは病気で余命いくばくもないらしい。で、一番お気に入りの孫娘が舞踏会でデビューすることが、最後の望みなんだって。もちろん事情を知ったセリーナは、大好きなおばあちゃんの願いを叶えることにしたわけ。喜べないのはダン。アッパー・イースト・サイドのすべてが嫌いな彼は、デビュタント舞踏会なんて死んでも行きたくなかったからね。でも天は味方してくれたみたいで、ちょうど舞踏会の日はダン・ママの個展のオープニングだったから、行かない口実ができたの。じゃセリーナは誰がエスコートするの?こんな間際に見つかるのかな?それはシシーに任せておけば大丈夫そう。

ブレアは、我らが悪役チャック・バスと禁断の愛の営みに励んでた。誰にも知られないようにブレアの家で密会を楽しんでたこの2人が、すっごく盛り上がって熱くなってきた時、予期せぬ客が邪魔したの。ブレアに会いに来たのはネイト。彼は、2人が別れてから、彼女の様子が以前と違っていることに気づいてたみたい。彼の知ってるブレアと違って、きゃぴきゃぴルンルンしてるように見えたのね。ブレアはチャックに"絶対に部屋から出てくるな"って命じて、下へ降りて行った。待ってたネイトは潤んだ子犬のような瞳をしてる。しかも数年前、ブレアが贈ったグリーンのセーターを着てる!"私の心はいつもあなたと一緒よ"とブレアが袖口に小さな金のハートを縫いつけたセーター(こういう気持ち、愛しいよね)。ネイトは舞踏会に一緒に行こうって切り出したの。"昔のよしみで、友達として行こう"って。
ブレアはグっときちゃった。だって、あの潤んだ瞳。あのサラサラの髪。それにあのセーターだもん!だからブレアは"友達としてね"ってネイトの申し出を受け入れたの。セオドア王子よりネイトを取ったってわけ。・・・唯一このニュースの被害を受けたのは、チャック。話を全部聞いてしまったチャックは、息を呑んで青ざめた。その姿には、このゴシップガールでも一瞬同情しちゃった。

その頃、ジェニー・ハンフリーは最大の危機に直面してた。
ジェニーはとにかく舞踏会に参加したかったの。そこには彼女がこよなく愛する、きれいなドレスに超お金持ち、そして、アッパー・イースト・サイドという上流社会の縮図があるから。リリーが舞踏会のボランティアに任命してくれたまではよかったんだけど、その日はママの個展のオープニングだった。ジェニーは超ガッカリ。せっかく本物のニューヨーク上流層のイベントに行けるチャンスが、ブルックリンで開かれるママの個展のせいでおジャンだもん。ママのアリソンが、オープニングに履いていく新しい靴(といってもリサイクルショップの新入荷品だけどね)をジェニーに買ってきたんだけど、イライラしてたジェニーは"友達はみんなサックスやヘンリ・ベンデルで買い物してるのに、見知らぬ人のお古なんてカッコ悪くて履けない"と冷たく突っぱねた。変わってしまったかわいい娘を目の当たりにして、アリソンは悲しげ。その後ジェニーはリリーとサックスへ行ったんだけど、何と靴売り場のレジで、ばったりアリソンに会っちゃった!娘がサックスにいることだけでも驚きなのに、リリーと一緒だったから、ママはガーン!ショックを受けてそそくさと帰っちゃった。ジェニーはレジにあるママが買おうとしてた靴を見つけた。最新のデザインで、しかもジェニーのサイズ(あ?あ、ママも努力してんだよ)。更に、家に帰ったジェニーが部屋でこっそり、サックスでリリーに買ってもらった高級な服と靴を試着してたら、アリソンが入ってきちゃった!次の日必ず返すから、ってジェニーは言ったけど、アリソンももう許せない。"私の個展に来ること以外はご法度"ってジェニーに外出禁止令を出したの。つまりデビュタント舞踏会へは行けないってこと。"それだけは許して"ってジェニーは必死にお願いしてたけど、アリソンは聞いちゃくれなかった。人生って不公平なもんだよ。

こちらアッパー・イースト・サイドのブレア宅では、舞踏会の前祝いとして名誉会長のシシーを招いてお茶会。ダンは場違いな所へ来て居心地が悪かった。舞踏会当日のセリーナのエスコート役も来てたからなおさらね。シシーが急きょ見つけたという相手なんだけど、ダンはその彼カーター・ベイゼンをよく知らなかったし。そう、あのカーター・ベイゼン 。数か月前、確かネイトをうさん臭いカード・ゲームに巻き込んだ奴だよ!ここにいるってことは、人生の軌道修正でもするつもりかな?みんなカーターを囲んで、彼の世界一周旅行の話題で盛り上がってたけど、ダンはまるで蚊帳の外。何を言ってもピント外れで会話についてけない。シシーはそれをしっかり見てた。カーターはルックスがいいだけじゃなくて、教養も大人の落ち着きも持ってる。一方ちょっぴり自信喪失のダン。彼がバスルームから出て来るとシシーが彼を待ち受けてた。彼女は"ここで場違いと感じた感覚は、どんなに努力しても決して消えることはない。今のうちにセリーナのことはあきらめなさい"って上品な顔してけなしまくり。ダンはショックを受けると同時に、見くびられてカチンときた。そこで彼はブルックリンの男らしさを発揮して"僕がセリーナを舞踏会にエスコートするから、カーター・ベイゼンはお役御免です"って言ったの。また新たなバトルの予感。

デビュタント舞踏会は、ブレアの人生の中で一番輝いてて華やかな、最高の夜になるはず。しかも彼女の社交界デビューは、ニューヨーク・タイムズの"一夜のデート"っていうコラムに載る ことになってた。これはまさに、社交会の名士冥利に尽きること!ブレアは自宅でタイムズのインタビューを受けてた。ブレアが記者に"ネイトのような素晴らしいエスコートに恵まれてこの上ない幸せだ"ってのろけてるところへ、なんとチャックが登場。彼は話に割って入って、ネイトがブレアの17歳の誕生日を台無しにしたことなどをぺらぺらとしゃべり出しちゃったの。ブレアは慌てて取り繕って記者を帰すと、"ニューヨーク・タイムズの前で私に恥をかかせようとして!"ってチャックを責めた。チャックは"もうネイトは忘れろ。つまらない男だしお前をひどい目に遭わせた"だって(!!) ブレアは"ネイトは紳士だから、こんな茶番を演じたりしない"って怒ってチャックを追い帰したの。そこでチャックはいつもの悪知恵をフル回転。カーター・ベイゼンがお茶会で忘れてったジャケットを取りに来るのを知ったチャックはこの状況を利用しようとスタンバイ。嫉妬に駆られた彼氏みたいに、外でカーターを待ち伏せしたの。そしてカーターがジャケットを手にブレア宅から出てくるところを激写。しかも、その画像を私に送ってくれたんだよね。"ブレア・ウォルドーフの新恋人?ベイゼン、帰国して絶好調!"ってな感じでサイトにのっけちゃおうかなー(笑) だって、求める人々には知る権利があるでしょ、需要と供給が合致してんだもん。

ダンは"セリーナとデビュタント舞踏会に出るから、ママのオープニングには行けない"ってパパに謝ってた。ルーファスは快諾したんだけど、それには訳があったの。実はその日の午前中、シシーがギャラリーを訪れてね。"ここの絵を全部買う代わりに、ダンにセリーナのエスコートを辞退させて"って根回しを図ったわけ。ルーファスが"買収しようったってムダ"とつっぱねると、"孫娘も必ず娘のリリーと同じ道を選ぶことになる"なんて言いだしたの。まだルーファスとリリーがアツアツだった頃、シシーは娘に、ルーファスか相続財産かの選択を迫ったんだって。リリーがどっちを選んだかは明らかだよね。シシーはとんでもない策略家だった!セリーナがいつも自慢してる優しいおばあちゃんとはまるで裏腹。ダンはセリーナのスイートへ行くと、彼女に"シシーは君が思っているような人間じゃない"って告げたの。でも、"おばあちゃんを侮辱するなんて許せない"とセリーナは激怒。ダンは"シシーが街を離れたら電話して"と言い残して帰って行って、セリーナにはまた相手がいなくなった。エスコートなしで舞踏会に行くなんて超カッコ悪い。ていうかあり得ないから!

そして舞踏会開始直前のパレス・ホテル。女子たちはみんな入場に備えて位置についてた。"あれ?"っていう出席者も数名いたよ。セリーナの正式なエスコートに返り咲いたカーターに、可愛いジェニー・ハンフリー。そう、ジェニーはママの許可も得ずに来たみたい。悪い子だね>J!ボランティアのジェニーは、紹介文のことでセリーナに質問。その紹介文を読んだセリーナは、自分が書いた内容とまるで違うから呆れてた。そこには、生涯アッパー・イースト・サイドに住んで、子供とよき妻であることに自分の人生を捧げたい、みたいなことが書いてあったんだよね。そんなの全然セリーナじゃない。そしてカーターがいいことを思いついたの。
debutante_s.jpg舞踏会が始まって司会者の女性は、各自の書いた紹介文と共にデビューする子の名前を発表していったの。いよいよセリーナの番。彼女の紹介文はさっきカーターがちょっと、いや大幅に編集済み。よき母と妻うんぬんのくだりはカット、で、母を見習って大勢の億万長者と寝て、結婚・離婚・再婚を繰り返しますって内容だったの!シシーとリリーは青ざめて愕然。セリーナとカーターはただ笑ってた。
宴もたけなわ、デビュタントたちとダンスフロアで踊ってる間、ネイトはずっとカーターをにらんでた。私のサイトを見てたのかな、Nは"僕のお金じゃ飽きたらず(元)彼女まで盗むとは何て奴だ"って怒り心頭。陰謀の達人、我らのチャックが"ブレアの親友を隠れみのにするなんてズル賢い奴だ。思いどおりにさせてたまるか"ってけしかけてたんだけどね。獲物を狙うハゲ鷹のように鋭いネイトの目はカーターに釘付け。そしてパートナー・チェンジの後、ブレアがカーターとペアになるとその眼光は更に鋭くなった。すかさずチャックがネイトに近づいて"あいつ、今夜いいことしようってブレアを口説いてるぞ"。とうとうキレたネイトは、一直線にカーターのところへ行って顔を殴っちゃったの!みんなが息をのんで眺めてた。でも実際、アッパー・イースト・サイドのイベントに多少のボディー・タッチはつきものだよね!?
debutante_nhits.jpg一段落して、セリーナはママに紹介文のことを問いただしに行ったの。"いい母親?結婚?なんで勝手に書き換えたの?あれは私じゃない!"と言うセリーナに、リリーは"社交界の行事なんだから、ある程度は体裁よく脚色しなきゃ"だって。セリーナは"母親がありのままの私を受け入れてくれなきゃ、自分で自分を受け入れられない"って真っ向から反論してた。そして"もし将来、ママの願いどおり私が母親になったら、その子が誰と付き合おうと、何を信じようと、ありのままの姿を認めてあげるよ"って吐き捨てたの。それからリリーが取った行動にはビックリ!何と、ダンを迎えにブルックリンのギャラリーへ向かったの。アリソンの個展を抜け出したダンにリリーは"付き合いだして間もないのに、あなたは本当に娘を変えてくれた"と感謝してる模様。おまけに"私も娘の年の頃に、あなたのような人に出会いたかった。いいえ。・・・出会ってたわね"だって!リリーとダンがリムジンに乗ろうとしてると、ルーファスが出て来て"どうした?"ってリリーに聞いたの。リリーは"昔、誰かさんが私たちにしてくれるべきだったことをしに来ただけ"と言い残して、舞踏会会場へ戻って行った。

乱闘で破れたブレアのドレスを直してあげてから、ジェニーは急いでブルックリンに帰ったけど、とっくに個展のオープニングは終わってた。さすがにジェニーも罪悪感を覚えたみたいだけど、予想に反してママはあまり怒っていないみたい。その代わり"自分自身をよく見つめて、今の自分をほんとに好きになれるか自問自答しなさい"とか何とか。・・・話が超重たくて、まだ叱られるほうがマシって感じだったよ!

セリーナはネイトに殴られたカーターの顔を冷やしてあげてた。そこで、シシーがカーターにエスコートを頼んだのは先週だったことが判明。ちょっと待って。先週はセリーナ、舞踏会に出ないつもりだったよね?シシーはカーターに"孫は必ず気が変わる"って言ったんだって。ショック!ダンが言ってたことは本当だった。セリーナはシシーに"彼氏とケンカしてまでおばあちゃんをかばったのにひどい"って抗議したの。"病気のことは本当?"と聞くと、シシーはあっさりウソだって認めちゃった。セリーナのために仕組んだことなんだって。女性が自分の思いどおりに生きていくには、こうやってのし上がる必要があるんだとか。セリーナは"そんなの時代遅れ"とバッサリ。それはおばあちゃんも認めざるを得なかった。

debutante_sd.jpgダンとセリーナは舞踏会で仲直りができて超嬉しそう。2人を眺めてたリリーの携帯が鳴った。かけてきたのはルーファスで、彼はシシーが自分に会いに来たことを彼女に告げたの。20年近く前、母親に"ルーファスか財産かを選べ"と迫られたことを認めたリリーは"あの頃はまだ弱かったの"だって。"君を手放すべきじゃなかった"とルーファス。思いがけない言葉に驚いた様子のリリーは、今までになく幸せそうにしてる娘の姿を見ながら、自分も本当に人を愛した頃を思い出してたみたい。
ダンスフロアに戻ったブレアはチャックのニタついた表情を見逃さなかった。企みが成功した時のあの笑み。不可解な展開の謎は解けた。ブレアは、すべてはチャックが仕組んだんだって気づいたの。カーターの画像をゴシップガールに投稿して、ブレアが憧れてきたデビュタント舞踏会を台無しにしたのはチャックだった!ブレアが許すはずないよね。"だからあんたとは絶対うまくいくわけない!おしまいだよ!"と吐き捨てて、バイバイ。チャックは後を追ったけど、ちょっと遅かったね。ブレアはしっかり元カレ・ネイトの腕の中。イチャイチャしながらホテルの一室へ入って行っちゃった。チャックは呆然としてた。これでB&C の時代はジ・エンド。えっ、もともと幻!?それもそうだ。
チャックが荷造りをしてパレス・ホテルを出てきた。待たせてた車に"空港まで"と告げて出発。その頃、同じホテルの一室でブレアとネイトは、とうとう(チャックの言葉を借りると)"ヤッちまって"たわけ。

いやあ、すごかったね。
いさかい、仲直り、失恋、ドロドロ。
今年のデビュタント舞踏会は、パーティーの成功要素をバッチリ押さえた夜だったな。

セリーナとダンは超幸せそうでよかった。
あの2人の無邪気さって時々"オエッ"てなるけど、大好きだよ!

どうやら、ブレアの夜もおとぎ話のようなエンディング。
彼女の人生の二大目標は、社交界デビューとネイトとのエッチだったでしょ。
両方クリアで、めでたしめでたし!!

チャックはといえば、もともと彼にはないと思ってた物、そう、彼のハートが壊れちゃったみたい。
だけど、パパが自家用ジェットと世界中にホテルを持ってるといいよね。
失恋したって、その現実を忘れられる所まで飛んでいけるもん。うらやまし?!

でも、これだけは覚えといてね>C。

あなたを殺さないものはすべて、あなたを強くする。

debutante_cb.jpgxoxo Gossip Girl


June 19, 2009
Gossip Girl

071211_12-11-newspaper.jpgNEW YORK TIMES
A Night Out with Blair Waldorf

ブレア・ウォルドーフとの一夜のデート

社交界デビューというのは大変な仕事だ。3つの重要な要素、エスコート、ドレス、そして身上書、自らの人となりを正確に披露するには、それぞれが完ぺきでなくてはならないのだ。幸い、ブレア・ウォルドーフは心配ない。3つの要素を持ち、かつ、全て非の打ちどころがないのだから。

ブレア・ウォルドーフは17歳になったばかりだが、年齢よりもはるかに落着きと教養を兼ね備えた女性である。アッパー・イースト・サイド在住のウォルドーフさんは、名門コンスタンス・ビラード学園に在籍。学内でも大変優秀で、学生自治会、卒業アルバム委員会、フランス語クラブ、ユース対ガン団体、生徒会、馬術部で活躍。そのほかにも様々なイベント委員会で積極的に活動している。今週の土曜日に開催される2007年度ニューヨーク・デビュタント舞踏会において、ウォルドーフさんとニューヨーク市在住の同窓生は、正式に社交会デビューを果たす。"ブレアは目に入れても痛くないほどかわいいまな娘"と話すのは、著名なファッション・デザイナーの母、エレノア・ウォルドーフ氏。緊急事態発生とのことで、残念ながらパリのアトリエへの電話によるインタビューとなったが、"娘が成し遂げてきたこと、これから行うことすべてにかける情熱を誇りに思っているわ。とても立派だし、そんな娘の母であることが、何より私の誇りなの"と語ってくれた。
 
ウォルドーフさんのエスコートは、ボーイフレンドだった長年の友人、ネイト・アーチボルド。ハワード・アーチボルド夫妻の一人息子で、名門セント・ジュード学園に在籍、ラクロス部のキャプテンを務めている。"ブレアと僕はオムツをしていたころからの知り合いなので、今日は彼女をエスコートできてとても光栄です。ブレアは本当にすばらしい女の子なんです"と、この日の喜びを実感していた。長年交際をしていたという2人だが、最近になり友好的に離別したという。ブレアは"長いつきあいの中で私たちが一緒に出席するのは自然なこと。彼は完ぺきな紳士で申し分ありません"と2人の良好な関係を語ってくれた。

ウォルドーフさんはネイトと共に、リムジンで会場のパレス・ホテルに到着した。彼女がまとっているドレスはオートクチュール。"デビュタント舞踏会にどんなドレスを着て行くかは、ずっと・・・そう、かなり前から考えていたんです。自分のイメージを伝え・・・ほら、このとおり。きれいで、エレガントで、完ぺきなものができあがりました"とうれしそう。アーチボルド氏のエスコートでリムジンを降りたウォルドーフさんは、友人で、本日一緒にデビューする、ケイティ・ファーカスとイザベル・コーツに出迎えられた。"とてもきれいよ"と、2人の声はユニゾンに。"すばらしいドレスね"とファーカスさん。"ヘアスタイルもすてき"とコーツさん。"ネイトも、なかなかカッコいいよ"とファーカスさんがクスクス笑い、4人は楽しそうに会場のパレス・ホテルに入っていった。

パレス・ホテルの宴会場は、中世の舞踏会をほうふつとさせるほど、見事に装飾されていた。デザイナーズ・ドレスをまとったデビュタントたちは整列し、いよいよ名前が発表される瞬間が来た。女性司会者に名前を呼ばれた女子は前へ出て、紹介文を読み上げてもらう。ウォルドーフさんの紹介文を読み上げる司会者の表情はほころんでいた。"将来の抱負は、2013年度のイェール卒となり、夏はサウスハンプトンで過ごし、フランス語をマスターし、子供のためのチャリティ活動に時間を捧げること"。拍手が沸き起こる中、アーチボルド氏と優雅に歩くその姿に、皆の視線はくぎ付けだった。れっきとした社交界の一員となったウォルドーフさん。間違いなく今回のデビュタントの中で最も品位にあふれ、輝いていた。

ダンスフロアに踊り出たウォルドーフさんは、デビュタント舞踏会のダンスレッスンで覚えたステップで軽やかに舞っていた。ダンスの腕前もプロ並み。親友のセリーナ・ヴァンダーウッドセンさんにブレアの印象を尋ねてみた。"彼女は洗練されていて、都会的な子。いつも自分の力を150%出す努力家でもあります。あの熱意と完ぺきさはうらやましいほどです"。ダンスフロアでささいなトラブルがあったようで、巻き込まれたウォルドーフさんの見事なドレスが少し破れてしまったが、そんな事態に見舞われても落ち込んだりはしない。"私は困難な状況にこそ強さを発揮する女性になりたいんです。人生設計の中で、ドレスの裂け目なんて本当に取るに足らないこと"と、毅然としていた。

夜が更け始めたころ、ウォルドーフさんとアーチボルド氏の姿を見失ってしまった。最後に見たのはパレス・ホテルの階段で楽しそうに話す2人。彼女の顔からは笑みがこぼれ、この世で最も幸福そうに見えた。アーチボルド氏がほおにキスをすると、顔を赤く染めていた。この元カップルがもとのさやへ収まるのはそう遠くない日のような気がする。周囲もそれを期待しているようだった。"ブレアとネイトはロミオとジュリエットですから"とコーツさんが言うと、ファーカスさんが"ダメよ!ロミオとジュリエットは死んじゃったでしょ!"と声を張り上げて制し、次のように訂正してくれた。"あの2人を例えるなら、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー。私たちの年代を代表するカップルなんです"。ウォルドーフさんとアーチボルド氏がどこのカップルに似ていようとも、2人はお互いの存在を大切にしているようだ。ウォルドーフさんの舞踏会の夜は、おとぎ話さながらのハッピー・エンドで幕を閉じた。彼女にふさわしいエンディングであったとつけ加えておこう。

文・ジョン・メイブリー(ニューヨーク)
New York Times


June 17, 2009
Gossip Girl

世界をまたにかけるジェットセッター、カッター・ベイゼンがアッパー・イースト・サイドに戻ってきた!

あのカーター・ベイゼン、どうやら世界各国を回ってたみたいだよ。
いったいどんな冒険をしてきたんだろ?
とにかくあっちこっちへ行ったみたい。
スプートニクより断然多く地球をぐるって回ってると思う。
たぶんサンタさんよりいろんな国を巡ったんだじゃないかな。

ちゃんと写真とってきれたよね?!>カーター

興味ある人はカーターの足跡をたどってみたら?
でも、彼の知り合いだなんて言っちゃダメだからね、彼、借金魔だから。

xoxo Gossip Girl

0712_keepupwithCarterBaizen_spotted2.jpgのサムネール画像

カーターがなんで戻ってきたのか、何か理由があるかどうかはまだわからないけど。


June 16, 2009
Gossip Girl

目撃情報

Cがプラザ・ホテル内のフラワーショップで、すてきなアレンジメントを購入。
自宅用?それともそのアジサイは特別な誰かさんにあげるの?

Bはコンスタンス・ビラードのコンピューター室で、デビュタント舞踏会の紹介文を書いてる。
自分の人となりを反映する重要な文章だ。気負わずにね、B!

Jはブルックリンのパパのギャラリーに荷物を運び込んでる。
ハンフリー家は手作業が好きだね。お疲れさま。

Nはセントラルパークでジョギング中。
舞踏会でBをエスコートできなくても、きっと誰かには指名されるから、シェイプアップしとかなきゃだよね。

SとDはチェルシー・ピアーズでボウリング中。何とSが貸し靴を履いてる!
昔の彼女ならボウリング・シューズ自体履かなかったはずだけど、どうしちゃったの??

xoxo Gossip Girl


June 15, 2009
Gossip Girl

階段を下りることが女性の証しになる時。
そう、社交界デビューだよ!

"何事もまずお披露目から"ってよく言うでしょ(笑)
もちろん、このデビューを一番楽しみにしてるのは、アッパー・イースト・サイドのご令嬢ブレア・ウォルドーフ。
幼い頃からこの厳粛なイベントを待ち望んでた彼女は、人生で最高の夜にしようと思ってるの。でも誰がエスコートするの?元カレのネイト?それとも、今カレのチャック?
聞いたところじゃ、どっちでもないらしいよ。
ブレアは何と、本物の王子様と出席するんだって!
彼にハートを奪われちゃえばいいのにね。

さあ、みんなの視線がアッパー・イースト・サイドの女子たちに注がれる時が来た。
忘れられない日になること間違いなし。
デビュタント舞踏会はニューヨーク上流社会のすべてだからね。

xoxo Gossip Girl


June 12, 2009
Gossip Girl

昔のセリーナを覚えてる?
マンハッタンじゅうのバーを真っ昼間から渡り歩いて、酔っ払ってたでしょ!

今の彼女を見てると、たった1年で人は変われるんだってつくづく思っちゃう。
thanksgivingepisode_diner1.jpg
去年の感謝祭なんか、ダウンタウンのバーでヘベレケになっちゃって、ブレアが迎えに行くハメになったんだよね。ベロンベロンのセリーナは、往き来するタクシーにはねられそうになってた。
実はこの時、さっそうと現れてセリーナを助けてくれた王子様がいたんだよね。それがダン・ハンフリー だったの!感謝祭ディナー用のパイを買って歩いてたら、憧れの女子が道路の真ん中で立ち往生してたわけ。そもそも、ダンはその前の年、あるパーティーでセリーナに出会ってた。パーティーで彼に声をかけてくれたのはセリーナだけで、それ以来ダンは彼女に恋してたんだよ。もちろんセリーナは彼がコンスタンス・ビラードの兄弟校、セント・ジュードの生徒だなんて知らなかったけどね。
細かい説明はさておき、この日から1年後にダンがセリーナとラブラブになってるなんて・・・こんな奇跡を予測できた?この幸せこそ神様に感謝しなくちゃね!>ダン

さて。ブレアはものすごく感謝祭を楽しみにしてた。ブレアの一番好きな祝日である上に、パパのハロルドがフランスから来ることになってたんだもん。ブレアとパパにとって感謝祭は特別な祝日だったのね。ウォルドーフ家では、アッパー・イースト・サイドの名門家族を招いて盛大な祝宴を開くのが恒例で、当日ブレアとセリーナは、ドロータやケータリングの人たちの手伝いをしてた。そこで話題に上ったのがチャック・バス。セリーナは、ブレアの誕生日パーティーで彼女とチャックがキスしてるとこを見ちゃったって切り出したの。するとブレアは"何を血迷ったか二度もチャックと寝ちゃった"って打ち明けたの!セリーナはキスしてただけだと思ってたから、そりゃビックリだよ。・・・そりゃ、キスしてたら、まあお触りもあるだろうけど、でもまさかブレアがチャックとエッチ?!元カレの親友だよ? セリーナは"ネイトに仕返しするためにチャックと寝たんじゃないよね"って聞いた。ブレアは心外だった。セックスと親友の複雑な関係?それをセリーナに言われるなんて。自分をとがめる資格なんてないじゃない。で、"私が先にチャックと寝たからあんたは妬いてるだけでしょ、アッパー・イースト・サイドで落としてない男は多分チャックだけだから"と切り返し。これ以上話してもムダって思ったセリーナは帰っちゃった。もちろんウォルドーフ家のディナーもパス。
あ?あ・・・この2人のバトルが再燃しそうな雲行きだね。祝日は穏やかな時間を過ごす日だって思ってる人は、アッパー・イースト・サイドの人間を分かってないだけだよ。

さて、ここでまたダン・ハンフリーの登場。感謝祭ディナーにあぶれたヴァンダーウッドセン家に救いの手を差し伸べたの。今やブルックリンのチャーミング王子って感じだね。ダンは"うちにターキーとクランベリー・ソースを食べにおいで"ってセリーナ一家を招待した。ハンフリー家だけでは食べきれないほど用意したらしいし、感謝祭にルーム・サービスやテイクアウトの中国料理じゃ悲しいもんね。リリーは躊躇してたけど、ダンは拉致に成功。彼女をブルックリンのウィリアムズバーグまで連れてったの。リリーはちょっと心配そうだけど、やっぱりルーファス・ハンフリーのことが気になるのかな?エレノアのパーティーで2人がブチュ?ってやってたのは、ほんの数週間前だったよね?子供たちは2人の過去をまったく知らないけど、それが両家の間で白日の下にさらされる時が刻一刻と迫っている模様。

ヴァンダーウッドセン家はロフトに到着。リリーも一緒だったからルーファスは驚いてた。で、もっと驚いたのがアリソン・ハンフリー。テーブルに着くとリリーとアリソンは、ダイヤも切れそうなほど鋭い眼差しでにらみ合ってた。リリーは平静を装って、カリフォルニア州モンテシートの牧場で育ったことや、馬を飼ってた話をしたの。可愛がっていた馬の名前がローズウッドだったって言うと、ジェニーがすかさず"パパが、ママの香水にちなんで書いた曲のタイトルと同じだ"とコメント。そこからはもうガタガタで、アリソンは"私ったらバカね"なんて言って席を立っちゃった。
ちょっと待った!一体どういうことなの?
要するに、リリーとルーファスは若い頃の知り合いってだけじゃなくて、付き合ってたわけだ。つまりエッチもした仲。それだけでもビックリなのに、セリーナ・ママがかつてグランジ・ロックのグルーピーだったことも発覚!!あのリリー・ヴァンダーウッドセンからは想像もつかないんだけど。シャネルがネルシャツ系も作ってたなんて知らなかったよ。

071129_11-29-blair-serena-c.jpgその頃、ブレアは感謝祭気分どころじゃなくなってた。パパが来ないと知って、かなりガッカリ。1年前のブレアは、幸せな家族とラブラブの彼氏、そして彼氏を寝取る前の親友に囲まれて本当に満ち足りてた。それが1年後の今日は、感謝祭に当然いるはずのパパも彼氏もいなければ、親友ともケンカ中。なんか、ブレアの様子がヤバくなってきたような気がする。食事会が始まっても、まったく手をつけないんだもん。エレノアにいくら食べろって言われても全然その気なし。エレノアがデザートを勧めるとブレアは、パパのとっておきのレシピで今朝焼いたパンプキン・パイを捜したの。見当たらないと思ったら・・・エレノアは"見事なデザートがこんなにたくさんあるし、パンプキン・パイは浮いてたから、ドアマンにあげちゃった"だって。ブチ切れたブレアは、テーブルからパイを1台持って台所に駆け込み、ガツガツとひたすら食べ始めた。ひと口、ふた口、次から次へとあの小さな口に押し込んだの。そしてふと戸棚のガラスに映った自分を見ると、今度は台所を飛び出して行っちゃった。・・・実はブレアは、過食症の治療中だったんだね。克服したと思ってたけど、再発かな? 独りぼっちで途方に暮れたブレアは、たった1人の分かってくれそうな相手セリーナに電話したの。友達思いのセリーナは、ブルックリンのダン宅を飛び出してすぐ駆けつけた。気ではうまくコントロールしてるつもりでも、やっぱり簡単には治らないみたいだね。とりあえずここを離れなきゃ、と思ったセリーナは、ブレアと一緒にウォルドーフ家を後にしたの。

アッパー・イースト・サイドではおなじみのゴタゴタが、ブルックリンのハンフリー家でも進行中だった。親同士がケンカしてるさなかへブレアを連れて戻ってきたセリーナは、不穏な空気を感じて他の子供たちがいるジェニーの部屋へ直行。3人は親の過去について議論してたの。自分たちは義理の兄妹じゃないよね?!とか、エリックの髪の根元はハンフリーさんっぽくて怪しい、とか。緊張した面持ちで見つめ合うダンとセリーナ。まさか、兄妹なわけ?そんなことありうる?・・・そりゃそう祈るしかないよね。みんなは一刻も早くロフトから離れたかったみたい。だから、神様は「非常階段」なる物を創造したんだね。子供たちはこっそり抜け出したけど、親同士のバトルはまだ続いてた。アリソンは、エレノアのパーティーでのキスのことを知っちゃったの。リリーが"本気のキスじゃなかった"なんて言っても怒りは収まらない。ルーファスとの結婚生活を守ろうと必死のアリソンは"この先、私とやっていくつもりならリリーとは金輪際かかわらないで!"って言い放ってた。

さて。1年前に比べると、ネイトの生活も間違いなく激変してた。去年は、自分にベタ惚れの彼女、元カノとエッチなんかしてない親友、それに横領罪で起訴されてない父親に囲まれてたの。でもウォルドーフ家の祝宴にも招かれない今年のアーチボルド家は、急きょ自宅で家族3人だけのディナー。アン・アーチボルドは、今回の夫の不祥事でウォルドーフ家に招かれなかっただけでなく、自分が役員を務める複数の委員会から辞任を求められてたから、ものすごく機嫌が悪かった。責められたパパは肩身が狭そうだし、やり切れないネイトは中座して家を出たの。でもまもなく、話を聞いてくれる相手が1人もいないってことに気づいた。何か哀れすぎ。そして帰ってきたネイトを、超ショッキングな事態が待ち受けてたんだよね。パパが書斎で倒れてたの!病院で、"きっとあの人は"うっかり"(・・・?)大量のバイコディンとウィスキーを飲んでしまっただけよ"なんて平静を装うママ。そんな彼女にネイトは"もう現実から目をそらして自分をごまかすのはやめろよ、父さんは病んでて自殺を図ろうとしたんだ。助けてあげなきゃ"って声を荒らげてた。パパが目を覚ますと、ネイトはベッドサイドにいて"みんなで乗り切ろう。僕たちにはパパが必要なんだ"って励ましてた。

thanksgivingepisode_diner2.jpg暴かれた過去のショックを抱えたまま、ヴァンダーウッドセン&ハンフリーの子供たちとブレアは、ブルックリンのダイナーへ。今年の感謝祭は忘れられない日になりそう。
ダンはまだ信じられない様子。パパは、過去に付き合った"セリーナによく似たタイプの子"の経験をもとに、ずっとダンにアドバイスしてたよね。その過去の女がセリーナのママじゃ"よく似てて"当然だよ。
しばらくしてリリーがダイナーに来たから、外したほうがいいと思ったダンとジェニーとブレアは、3人を残して帰ってった。リリーは席に着くと2人の子供たちに、封印してた過去を語り始めたの。セリーナとエリックは、今までうやむやにされてた部分をやっと本人の口から聞けて、すごく嬉しそう。だってママがジェーンズ・アディクション、ナイン・インチ・ネイルズ、そしてもちろんリンカーン・ホークにどっぷりハマってたなんてまったく知らなかったもんね。

アッパー・イースト・サイドの自宅に戻ったブレアも、ママのエレノアと向き合った。エレノアはようやく"ハロルドがニューヨークに来なかったのは自分が来ないでと言ったから"って認めて、自分の気持ちをブレアに打ち明けたの。別居してある程度経つし、パパはフランスで男と暮らしてるけど、ママはまだすべてを受け入れられずにいたのね。ずっと家族で幸せに過ごしてきた感謝祭の日に、パパに会うのは辛かったんだって。ブレアとママは抱き合ってたよ。やっとわだかまりが解けたように見えた。・・・今のところはね。

こちらブルックリンでも、事は丸く収まりつつあるみたい。ハンフリー家は、感謝祭恒例の家族行事、タッチ・フットボールをしにフルトン・フェリー公園へ繰り出したの。女子チームと男子チームに分かれて、楽しそうに遊ぶ一家を夕焼けが包んでた。ハンフリー家もかつての幸せな家族に戻ったみたいだね。祝日の間だけじゃないことを祈ってる!

今年の感謝祭は、アッパー・イースト・サイド(及びブルックリン)の人たちにとって素晴らしい一日になったみたい。
秘密が明るみに出て、傷ついた人もいたけど、感謝しなきゃならないことにも気づかされたよね。
まず家族。
ウザくて顔も見たくない時もあるけど、いざという時は必ずそばにいてくれる存在だってこと。
そして友達。
時々裏でバカなことやってくれたりするけど、決して過ちで相手を判断したりしない存在だってこと。
感謝祭の意義は、自分たちの人生に深くかかわる人たちのいい所も悪い所も認めて、受け入れることにあると思う。人生に出会いや別れはつきものだけど、家族とほんとの友達はいつだってそばにいてくれる。感謝祭は、家族と友達がいる幸せを改めて噛みしめる時なんだよね。
私たちも今一度、いつも楽しませてくれるアッパー・イースト・サイドのみんなに感謝しなくちゃね。
だって、あの人たちがいなかったら私たちの人生ってつまらないと思わない?
みんな、ありがと?!!

xoxo Gossip Girl


June 12, 2009
Gossip Girl

gg_i_l.jpgリリー・ヴァンダーウッドセンの詳細プロフ
「あれは昔、これは今。過ぎ去った日々を蒸し返す必要はない。」だって。
Sママってば、かっこよすぎなんだけど。

家族と住まい:
子供2人、セリーナとエリック。パレス・ホテル。

好きな物(事):
チャリティ活動とボランティア活動。写真。乗馬。ルームサービス。結婚式。村上隆。高級な美術品と家具。ショッピング。

嫌いな物(事):
センスが悪いインテリア。99セント・ショップ。退屈すること。ブルックリン。自分の過去。汚いツアーバス。水道水。

親友:
ブラウン大学のルームメート

好きな男性:
バート・バス

お気に入りのファッション・アイテム:
ぶかぶかのセーター

ニューヨークのお気に入りスポット:
デパート バーグドルフ・グッドマン Bergdorf Goodman、レストラン NobuTavern On The Green(セントラルパーク内)、ニューヨーク近代美術館(MoMA)、ホテル ザ・カーライル The Carlyle

好きな音楽:
ナイン・インチ・ネイルズ、リンカーン・ホーク、ルシンダ・ウィリアムズ、チープ・トリック、L7(エル・セブン)、デヴィッド・ボウイ、プリテンダーズ、R.E.M.、ピーター・ガブリエル

好きな作家:
バーバラ・キングソルヴァー、ウォリー・ラム、ジョイス・キャロル・オーツ、ジョナサン・フランゼン、カーソン・マッカラーズ

好きな映画:
「恋人たちの予感」、「ワーキング・ガール」、「ハンナとその姉妹」、「グリース」、「サウンド・オブ・ミュージック」、「麗しのサブリナ」、「風と共に去りぬ」、「ヘアスプレー」

好きなデザイナー:
シャネル、バーバリー、ドルチェ&ガッバーナ、フェラガモ、フェンディ、エルメス

好きなテレビ番組:
CSIシリーズ(「CSI: 科学捜査班」、「CSI:マイアミ」、「CSI:ニューヨーク」)、「ブラザーズ&シスターズ」、「ダイナスティ」、「オプラ・ウィンフリー・ショー」、「ハウス・ハンターズ」、「TVキャスター マーフィー・ブラウン」、「ワンス・アンド・アゲイン」、「ゴールデン・ガールズ」、「ノーツ・フロム・ザ・アンダーベリー」

マイ・ヒーロー:
リンダ・マッカートニー

座右の銘:
あれは昔、これは今。過ぎ去った日々を蒸し返す必要はない。


June 11, 2009
Gossip Girl

目撃情報

Bとメイドのドロータは、閉店間際のCitarella シタレラで感謝祭用の買い出し。パイの材料を買ってたみたい。

SとDはパレス・ホテルのロビーで相変わらずイチャイチャ。また、だよ!

Jは、ロッカー風の中年男性&ブロンドのきれいな中年女性と、ブルックリンのフェアウェイ・マーケットで感謝祭用のターキーを購入。・・・ブルックリン住民ってみんな菜食主義なのかと思ってたけど、違うんだね。

Nはアメリカ自然史博物館のそばで、感謝祭パレード用の山車に空気が入るのを眺めてる。童心を忘れないなんて、Nってば可愛いとこあるね。

Cはリムジンでジョン・F・ケネディー空港に向かってる。どこへ行くのかは見当もつかないけど、すごく物思いにふけってた模様。何を、または誰のことを考えてんだろう?

xoxo Gossip Girl


June 10, 2009
Gossip Girl

gg_i_r.jpgルーファス・ハンフリーの詳細プロフ
DとJのパパってば、かなりCoolなんだけど。

家族と住まい:
息子ダンと娘ジェニー。ブルックリン在住。

好きな物(事):
音楽の作詞・作曲と演奏。美術品の収集。子供たちとタッチフットボールをして遊ぶこと。料理。人に助言すること。濃いコーヒー。ヴィレッジ・ヴォイス。

嫌いな物(事):
離婚、タクシー、上流階級、ニューヨーク州北部、切れたギターの弦、裏切り、ラジオ「American Top 40」、FOX News、腫れた声帯

親友:
息子と娘

好きな異性:
最近、独身に戻ったばかり

お気に入りファッション・アイテム:
ロングカーディガン

ニューヨークのお気に入りスポット:
ストロベリー・フィールズ Starawberry Fields、バワリー・ボールルーム Bowery BallroomCBGB(RIP)、 ボトムライン The Bootom Line (RIP)、マーキュリー・ラウンジ Mercury Lounge、ミュージック・ホール・オブ・ウィリアムズバーグ Music Hall of Williamsburg、ザ・リビングルーム The Living Room

好きな音楽:
エルヴィス・コステロ、ニール・ヤング、ザ・アフガン・ウィッグス、トーキング・ヘッズ、ザ・リプレイスメンツ、モット・ザ・フープル、ダイナソー・Jr.

好きな作家:
ハンター・S・トンプソン、チャック・クロスターマン、モトリー・クルー、ボブ・ディラン、ジャック・ケルアック、ジェイ・マキナニー

好きな映画:
「初体験/リッジモント・ハイ」、「ONCE ダブリンの街角で」、「スウィンガーズ」、「スパイナル・タップ」、「ラスト・ワルツ」、「あの頃ペニー・レインと」、「スター・ウォーズ」、「ギター弾きの恋」

好きなテレビ番組:
「キッズ・イン・ザ・ホール」、「ザ・シンプソンズ」、「LOST」、「サタデー・ナイト・ライブ」、「となりのサインフェルド」、「ザ・ソプラノズ」、「ザ・ユニット 米軍極秘部隊」、「21 ジャンプ・ストリート」

マイ・ヒーロー:
ジミ・ヘンドリックス、ジミー・ペイジ、エリック・クラプトン、トッド・ラングレン、ジェフ・ベック

座右の銘:
自分の声に耳を傾ければ、みんなの心に音楽は宿る
070917_ctv_462_band_poster.jpg


June 9, 2009
Gossip Girl

ニューヨークは感謝祭の季節。
この街の感謝祭のお決まりは、Citarella シタレラの七面鳥、Bouchon Bakery ブション・ベーカリーのパンプキン・パイ、そしてセントラルパークと77丁目の角でスタートするMacy'sの感謝祭パレードを見ること。

この祝日は、家族や親族が集まって、大地の恵みと互いに感謝を示す大切な日。

でもアッパー・イースト・サイドじゃ、人を集めること イコール トラブルを招くことってのも常識。
毎年ウォルドーフ家では、ニューヨークのセレブ家族を集めて盛大な感謝祭ディナーを開くんだけど、今年は1軒だけ招待客リストから外された家族がいるの。そう、アーチボルド家。横領と詐欺の容疑でネイト・パパが逮捕されてから、この2家族の関係はどうもしっくりいってないみたい。ご愁傷さま。
そして遥かブルックリンでは、ハンフリー家が"自分探しの旅"から戻った母を囲んで、こぢんまりと家族だけの感謝祭のディナーをしようとしていた。でも、この食卓も、スイート・ポテトとクランベリー・ソースだけじゃ済みそうにないんだよね。

今年のニューヨークの感謝祭は、ご馳走とゴタゴタがてんこ盛りで、
ゴシップガールの期待を上回る展開になりそう。どんどんお代わりしちゃうよ!

xoxo Gossip Girl


June 8, 2009
Gossip Girl

目撃情報

BとS はお互いのママと4人で、ピエール・ホテルでハイ・ティー。Bとママたちは最高のパールをつけてたけど、Sはやっぱり違って、ファンキーなビーズのロング・ネックレスをしてた。もちろん、一番きれい!

J はヘンリ・ベンデルでウィンドー・ショッピング。物欲しそうにランバンのバレエシューズを眺めてた。

D はレベル・レベル・レコーズで新作コーナーを入念にチェック中。あ、セリーヌ・ディオンの最新CDじゃかったよ、Dが買ったのは。シガー・ロスの新しいアルバムをお買い上げ。Sとのひとときを盛り上げるムード音楽なのかな?

CとN はマディソン・スクエア・ガーデンでニックスのゲームを観戦中。コートサイドの席で、ディディとオルセン姉妹に挟まれて座ってた。

xoxo Gossip Girl


June 5, 2009
Gossip Girl

「チャック・バスのリムジン・バックシートで犯した罪で地獄へ落ちるかもしれない。」
(しかも相手はあのチャック・バスだし。)
心配したブレアは、神様にお願いすることにしたの。

せめて、少なくとも地獄へは落ちないという確約だけはいただこうと思ったみたい。
ブレアは懺悔室に入って司祭に、自分がした汚れた行為を告白。司祭は"神様はブレアを地獄へ送るおつもりはないから、今後お酒を控えて服を脱がなければ、許して下さる"って約束してくれたの。ブレアはホッとしてた。だって地獄だったら髪の傷みが心配だったんだもん。8月のニューヨークの湿気も髪型が決まらなくて困るけど、地獄じゃもっと最悪でしょ!教会を出たブレアは生まれ変わった気分だった。

といっても、悪の主役チャックが道端でブレアに声をかけるまでの話。
しかも昨夜ブレアが貞操帯を外したあのリムジンを横づけしたの。チャックは朝からずっと、耳元で聞こえた彼女のあえぎ声を繰り返し思い出してたとか。ブレアはチャックに、"すぐに記憶から消去して。昨夜のリムジンでの出来事は一度限りのことだから、二度と口にしないで"って言ってた。あれが最初で最後なの!!ブレアはやることがたくさんあって、チャックにかかわってる暇なんてないんだから。
そう、もうすぐ17歳の誕生日だもん。ブレアの唯一の望みはネイトとヨリを戻すこと。ブレアとしては、相思相愛だった自分とネイトはすぐにもとのサヤに収まると思ってから、友達には別れたことを黙ってることにしたの。あの別れは軽はずみで衝動的なもので、最終形じゃないって信じてた。彼女はお気に入りのジュエリーショップへ行ってダイヤのネックレスをお取り置き。毎年ネイトはその店で、彼女が選んでおいたアイテムを買ってプレゼントしてくれるの。そのネイトからやっと電話がかかってきた時、ブレアは最高に嬉しそうだった。ネイトは"この間は軽はずみで衝動的に別れてしまったけど、きっとやり直せる。今夜のバースデー・パーティーには必ず行くから"だって。ブレアは手放しで喜んでた。ネイトの電話を切ったブレアはすぐジュエリーショップに電話、取り置きしてたダイヤのネックレスは買われてた!まだ1本もキャンドルを消してないのに誕生日の願いが叶い始めて、ブレアは超ご機嫌!

・・・ブレアはまったく気づいてなかったけど、ネイトがやり直そうって言ったのには裏があったの。おうちは大の窮地。ネイト・パパが横領と詐欺の容疑で逮捕されて、アーチボルド王朝が崩壊寸前だもん。そしてアーチボルド家の名誉を守る唯一の方法、それはネイト・パパの一番大切な依頼人、エレノア・ウォルドーフにクビにされないこと、だったの。エレノアが力を貸してくれれば、共同戦線を張れるっていうことらしいんだ。そのためにはネイトの協力が必要だったわけ。ネイトはブレアと別れたことを話したけど、ママは家宝の指輪を今夜ブレアにプレゼントしろって言い張った。結局ネイトは安直な解決策を選択。父親を見放すより、ブレアとヨリを戻すことにしったってわけよ。

機能不全に陥ってるのは、アッパー・イースト・サイドの家庭だけじゃなかった。ブルックリンの家庭も相当ゴタゴタの模様。ジェニー・ハンフリーは自分の一存で、家出してたママ、アリソンを連れ戻したの。パパのルーファスは知らなかったから、アリソンの姿を見た時はそりゃ驚いてた。ジェニーは何とか両親に話し合ってもらいたいって思っていたんだよね。でも、ルーファスもダンもあまり嬉しそうじゃなかった。ダンは帰ってきたママを見て動揺してた。夏が終わったら帰ると言いながら、帰って来なかった彼女に相当怒ってたからね。ほかの家族にいろんなことが起きてたのに、ママはわれ関せずで見捨てたって思ってたの。夜、子供たちが出かけてルーファスとアリソンは2人っきり。アリソンが家を出て行った件で口論になった。アリソンは"ルーファスのキャリアを支えることにずっと自分の人生を捧げてきた。でも、ふとそんな自分を見つめ直したくなって家を出た"って自分の思いをルーファスにぶつけたの。ルーファスは彼女を抱きしめると"やり直したい"だって。そして2人はキスをし始めて・・・詳細は聞きたくないだろうからパスするけど、ご年配も10代に負けず劣らずスゴイとだけ言っとくね。

071115_ctv_17candles_image1.jpgダンは突然ブルックリンに帰って来た母親にご立腹。そして、イライラした時ダン・ハンフリーが相談するのは、もちろんBFF、生涯の大親友ヴァネッサ。ダンはヴァネッサに母親が帰ってきたことや、それに対する自分の気持ちをぶちまけて、ヴァネッサは友達らしく聞き役に徹してた。ダンが話し終える頃、先にブレアのパーティーに行ってるセリーナからメール。ちょっとガッカリした様子のヴァネッサに、ダンはどうしていいか分からなくなった。ダンはセリーナもヴァネッサも好き。セリーナもヴァネッサもダンが好き。だったら何でセリーナとヴァネッサは仲良くできないんだろう?確かに、セリーナのことをちゃんと知れば、好きになれて普通に付き合えるかもしれない。ってわけで"さっそく今夜会って試してみよう"とヴァネッサ。だけどあのブレアのバースデー・パーティーでとなると、ダンはちょっと不安。あの集まりに行くってことは、崖の上からサメや岩が見えてる水面めがけてダイブするのと同じだもん。でもヴァネッサは"泳ぐのは得意だから大丈夫"だって。

さて、ブレアのバースデー・パーティーだけど、ネイトの姿は見当たらなかった。ブレアはみんなに"もうすぐ来る"って言ってたけど。そしてちゃんと来てたのは、それはもちろんチャック・バス。相変わらずコソコソとうろついてたけど、いつもみたいに一番酔ってて軽そうな女の子を物色してるわけじゃなさそう。彼の目はずっとブレアを追ってた。他のパーティー客から遠く離れたバルコニーで、ブレアとチャックは対面。チャックは、"ネイトのことはあきらめろ。あいつは来ないし、お前らは終わったんだ"ってブレアに言ってた。そして"お前のことを考えると、眠れないし、胸がドキドキして変な感じがする"と告白!ブレアはその場で固まった。チャックがドキドキしてるなんてあり得ない!ブレアが知る限り、チャックは女の子にときめいたりする奴じゃない。ましてや相手は親友の元カノで、一夜の過ちだったはずだもん。絶対ない!ブレアは"今すぐ恋心を握りつぶして!"って言い渡したけど、あのチャックがすぐに引き下がるわけないよね。彼はネイトがブレアとやり直そうと言ったほんとの理由をバラしたの。"ネイトは家族の危機を救うためにブレアを利用してる"って・・・。ブレアは信じられなかった。"ネイトは私を愛してる"って言い張ったけど、"じゃ何でパーティーに来てない?"ってチャックに切り返された。で、2人は賭けることにしたの。"もしネイトが午前0時までにブレアに電話してきたら、もうチャックはブレアにちょっかいは出さない。でも電話がなかったら、ブレアはチャックともう一晩過ごす"。お互い強気みたい。ゴングは鳴った!
071115_11-15-vanessa.jpg
セリーナはダンがヴァネッサを連れて来たから驚いてた。ブレアはもっと驚いてた。だって、あのダンの幼なじみが超美人だったから!こんな子が"親友"とは、セリーナだって不安になるよね。セリーナとヴァネッサは、仲良くなるためにギター・ヒーローのゲームで対決することになったの。レーナード・スキナードの「フリー・バード」を演奏したセリーナは、完全にヴァネッサを負かしちゃった(ギター・ヒーローもセリーナ・ヴァンダーウッドセンが完璧こなせる特技の1つ。天は二物を与えるんだよ!)演奏を終えたセリーナにヴァネッサは、今日はダンのママが戻って来て、ダンにとって辛い日だったことを明かしたの。セリーナは不意を突かれたような顔してた。"ダンのママが帰って来た?・・・何で私は知らなくて、ヴァネッサは知ってるわけ?"ダンとセリーナは、ちょっとその場を外して話し合い。セリーナは妬いてるみたいだった。ヴァネッサはきれいで面白くて頭もいいからね。でもダンは"大好きで付き合いたいのはセリーナ。ヴァネッサはただの親友だから、心配することはない"ってキッパリ。その後ヴァネッサは"辛く当ってゴメン"ってセリーナに謝ってた。ヴァネッサはダンのことになると母性本能が働いちゃって、ついつい強く出ちゃうんだって。セリーナもまた、ダンとの関係を大事にしすぎるあまり、ヴァネッサに変な態度を取っちゃうんだって。ダンは初めて本気になった彼氏だから、ちょこっとヴァネッサの存在に怯えてたってわけ。ヴァネッサとダンはたくさん共通点があるし、何より古い付き合いだから不安だったんだよね。本音を言い合って2人はやっと打ち解けたみたい。今度ギター・ヒーローでまた対戦しようなんてふざけ合ってた。ダンは和気あいあいとしてる2人を見てメチャ嬉しそう。自分が特に大事に思ってる女の子2人が仲良くなったんだもんね。071115_ctv_17candles_image0.jpgブレアはネイトがパーティーに来るのをひたすら待ってたけど、ネイトは他の場所にいたんだよね。しかも別の女と!家宝の指輪を手にブレアのバースデー・パーティー会場に入ろうとした矢先、ネイトはばったりジェニーに会ったの。仮面舞踏会でのことをしゃべっちゃってブレアに憎まれてるジェニーは、パーティーに行くのをためらってた。ネイトがどっか他へ行こうとジェニーを誘って、2人はパーティーをパス。ネイトとジェニーは、妙に意気投合したの。家族がうまくいってなくて家にいるのが辛かったとか、悩みのツボが同じ。・・・今夜はお互い話し相手にめぐり会えてよかったね!ここで、私の優秀なスパイの登場。彼女は、別れ際のネイトとジェニーが抱き合ってるところを目撃。すかさず写真を撮って私に送ってくれたの。
かわいそうに、ブレアは誕生日の計画がメチャクチャになってすっごく取り乱してた。ネイトとは別れたわけだから、別に彼が浮気してるってわけじゃないし、誰と一緒にいようと関係ないはずだけど・・・。みんなに別れたことを隠してたブレアにとっては一大事だったのね。ブレアはネイトと別れたことをセリーナに打ち明けたの。"今日はやり直そうと思ってたのに、ほんとに終わっちゃった"って打ちひしがれてた。セリーナは慰めようとしたけど、ブレアは"独りにして"って彼女を追い出しちゃった。
主役のバースデー・ガールが誕生日に独りぼっちなんて。まったく悲劇だよね。

帰宅したネイトは、両親に家宝の指輪を返して、ブレアとの別れを宣言してた。パパは考えなおしてくれって懇願してたけど、ネイトは聞く耳を持たず。ネイト・パパは、もう自分で掘った墓穴に入るしかなさそうだね。
ブルックリンの家へ帰ったジェニーがドアを開けると、家の中はちょっとドギマギするような状態。でもジェニーは満面の笑みだった。キャンドルをいっぱい灯したリビングの床で、両親は2人で仲良く毛布にくるまってたんだもん(BGMはきっと魅惑的な声のシャーデーだったんじゃない!?)。フツーならそんなシチュエーションの親を見たらトラウマになりそうだけど、まあジェニーは家族がまた一つ屋根の下で暮らせることになって幸せなのかもね。ほんと変な家族...私には理解不可能!でもとりあえず、ハンフリー家の問題は解決したようだからメデタシかな。よかったね!

奥の部屋で泣いてるブレアに会いに行ったチャック。だけど、ブレアはほくそ笑む彼を相手にする気にはなれなかった。ネイトのことは彼が言ったとおりだったし、これ以上傷口を広げるようなことは結構って感じ。でも驚いたことに、チャックはいつものチャックじゃなかった。実は彼はブレアに誕生日プレゼントを用意してたの。差し出された箱を開けたブレアはビックリ!中はブレアがジュエリーショップでお取り置きしてた、あのダイヤのネックレスだよ。ブレアはもらうのを拒否ったけど、チャックはそれをブレアに着けてあげたの。071115_11-15-blair-chuck.jpg"とてもよく似合う、きれいだよ"とチャック。
これまたブレアが求めてた言葉!2人は激しくベッドの上でキスをし始め・・・。ありゃりゃ?、この2人どんどん燃え盛ってくよ。・・・火遊びすると、こういうことになるんだよね。。
閉ざされた扉の向こうで様々なことが繰り広げられてることは周知の事実だからこそ、人は皆きちんと扉を閉める。・・・だけど夢中でキスしてる2人は閉め忘れちゃったみたい。部屋の前を通って、ドアの隙間からアツアツの2人を目撃したのは誰だと思う?そっ、セリーナ・ヴァンダーウッドセン。親友のブレア・ウォルドーフと小憎らしい天敵のチャック・バスがキスしてるところを見てしまったセリーナは、あ然として立ち尽くしてた。たしかに、これ以上の衝撃ってないよね。

さてと。

ブレアとチャックの秘密を知ったセリーナはどうするのかな?
セリーナは噂話をするタイプじゃないけど、このネタは上物だよ!!
こんな特大のスクープ、アッパー・イースト・サイドでも超久々!

一度ならず、二度もベッドを共にしたブレアとチャック
行きずりの関係以上に発展するのかな?
ホントにわからないよね、だって二人ともいつもの行動パターンじゃないんだもん。
ブレアは彼氏と別れてものの数秒と思える早業で、その元カレの親友チャック・バスに処女を捧げちゃうし、
チャックはエッチした相手に愛情を感じちゃうし。

でも、ある意味、ブレアは最高の誕生日プレゼントをもらったのかも。
そっ、チャックっていう"いつでもOK"ってプレゼント!

1つ年を取っても、必ずしも賢くなるわけじゃないんだよね。
ハッピーバースデー、B!

xoxo Gossip Girl


June 5, 2009
Gossip Girl

gg_i_v.jpgヴァネッサ・ウィリアムズの詳細プロフ
「テレビは心が腐るから見ない」らしい。・・・そうなんだ。っていうか、DはかなりVから影響受けてるよね。

家族と住まい:
姉とブルックリンのエレベーターのないアパート暮らし

好きな物(事):
映画製作(脚本、撮影、編集すべてが好き)、ドキュメンタリー、プラハ、タイ料理、PBS(公共放送サービス)、ギターヒーロー、ライブ、リサイクルショップ

嫌いな物(事):
猫をかぶった人、お金、アッパー・イースト・サイド、農場、早起き、チップをケチる人

親友:
ダン・ハンフリー

好きな異性:
ジュリアン・シュナーベル(←念のため、「潜水服は蝶の夢を見る 」監督、かつアーティストだよ。)

お気に入りファッション・アイテム:
ロングピアス

ニューヨークのお気に入りスポット:
ザ・アンジェリカ(フィルム・センター)、ロウアー・イースト・サイド、チャイナタウン、キムズ・ビデオ、プロスペクト・パーク、ザ・ガター(ブルックリンのボウリング場)、スタジオB(ブルックリンのクラブ)、Lit Lounge(イースト・ビレッジのクラブ)

好きな音楽:
The Pierces、ソニック・ユース、ピクシーズ、ウィルコ、ブロークン・ソーシャル・シーン、ブロンディ、ジーザス&メリー・チェイン、パティ・スミス、ザ・ニュー・ポルノグラファーズ、ヨ・ラ・テンゴ

好きな作家:
ジョージ・オーウェル、ハンター・S・トンプソン、カート・ヴォネガット、コーマック・マッカーシー、ウラジーミル・ナボコフ

好きな映画:
「シティ・オブ・ゴッド」、「パリ、テキサス」、「81/2」、「インテリア」、「UP」シリーズ(ドキュメンタリー番組「Seven Up」のシリーズ化)、「博士の異常な愛情」、「ボールズ・ボールズ」、「メトロポリス」、「明日に向かって撃て!」

好きなテレビ番組:
テレビは心が腐るから見ない

マイ・ヒーロー:
フェデリコ・フェリーニ、フランソワ・トリュフォー、スタンリー・キューブリック、ロバート・アルトマン

座右の銘:
"常にマイペース"


June 3, 2009
Gossip Girl

目撃情報

リムジンに乗ったCが、パーク・アベニューを行ったり来たり。
窓を開けキョロキョロ辺りを見渡して、誰かを捜してる様子。

S とDは51丁目の6番電車の入口前でイチャイチャ。
ダンが駅に入ろうとするたびにSが引き戻して、キスを続行中。若いっていいねー。

サングラスをかけたBがマディソン街でショッピング。
厳密に言うとバースデー・ショッピング。
毎年Bはお気に入りの店で、ママとネイトに買ってもらうプレゼントをお取り置きしてるんだよね。
でも、BとNって別れたんじゃなかったっけ?Bは頭こんがらがっちゃったのかな??

Jは年上のブロンド女性と、ブルックリンのジョイ・インディアンで食事中。Jはナンを美味しそうに食べてる。

Nの姿が今週は見当たらない。
父親がオリの中だから目立ちたくないんだね、きっと。

xoxo Gossip Girl


June 2, 2009
Gossip Girl



ブレア・ウォルドーフ 17歳のバースデー・パーティー
@ ケイティ・ファーカスのお兄さん宅


バースデー・ガールたっての希望により
プレゼントの代わりに
愛しの元彼ネイト・アーチボルドと彼女が復縁できるよう
みなさまのご協力を賜りたく、よろしくお願いします!

なお、スシ、ギター・ヒーロー、アクシデントを
たーっぷり用意しているので
     存分に楽しめるよう万全のコンディションで参加してね。     


もうすぐブレアの誕生日。
今年はケーキのロウソクは17本。
キャンドルを消す時に彼女が何をお願いするかは大体想像がつくよね。
私が知る限り、ブレアのバースデー・パーティーでネイトが彼女の横にいなかったことなんかない。
だけど2人が別れちゃったってことは、ブレアは自分のパーティーに1人で行くつもりかな?
ってことで、アッパー・イースト・サイダーお気に入りのご令嬢に贈る今年のプレゼントはこれしかない!
ネイトにリボンをつけて、ハイ!って。

でも、リムジンの後部座席でチャック・バスなる人物と起きた一件はブレアの焼けぼっくい計画に水を差しかねないよね。
...しかも、女に対して思い入れも敬意も持っていなかったCが、いきなり胸キュンして恋に目覚めたっ?!ぽいんだよね。

面白くなってきたから、みんな、招待状を持ってブレアのバースデー・パーティーへGO!
17歳になるのは一度だけ。
思い出深ーい夜になるといいね。

xoxo Gossip Girl


  • miley-sa: BとCは切っても
  • まい: 今のルイとのロマンチ
  • natsu: ブレアの負けず嫌いな
  • Lili: ダンがいい。チャック
  • すず: ブレアは、カーターと
  • 購読する
  • 購読する
TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.
© 2000-2010 SUPER NETWORK,inc.All rights reserved