アッパー・イースト・サイドの華麗なる生活。

May 1, 2009
Gossip Girl

アッパー・イースト・サイドの生活って華やかに見えるかもしれないけど、
トップを走り続けるのもそれなりにプレッシャーなんだよね。

勝ち組の親は子供にさらなる飛躍を求めるし、そのためには名門大学はマスト。
今週はお待ちかねのアイビー・ウィーク、アッパー・イースト・サイドの我らがお坊ちゃまお譲さまが勝負に出る時!!071003_ctv_poisonIvy_image1.jpgアイビー・ウィークの幕を切って落としてくれたのは、もちろんケンカ中の美女2人。廊下でセリーナと出くわしたブレアが先制攻撃。セリーナが狙ってるブラウン大に"ふしだら枠"はないからね、と強烈な一言で先制パンチっ。これにはセリーナもキレて、とうとう反撃に出たっ。やっと始まったよ!!セリーナってば、ブレアにけなされっぱなしでつまんなかったもんね。で、女の戦いはフィールドホッケーに持ちこし。2人は体育の授業中に決着をつけに出たわけ。ここでもブレアが先制攻撃!わざとセリーナをホッケーのスティックで叩いた。ブレアはファウルを繰り返して、色とりどり、反則カードをレインボーカラーで収集。で、頭にきたセリーナは見事に、ブレア・ウォルドーフを芝生に押し倒したの!クラスメートがポカンと眺める中、2人はツメを立ててグラウンドの真ん中でバトルを始めた。これぞほんとのキャットファイト!しかも学内1、2を競う美女2人が、ミニスカートで格闘だよ!きっとアッパー・イースト・サイドの男の子にとっては夢精もんだね。どうせならゼリーや泥を放り込んだら完璧だったかも?!・・・でも。なんといってもアッパー・イースト・サイドの人間はお上品だから、女の子らしく髪をひっぱったり、つねったりで終わっちゃった。071003_ctv_poisonIvy_image2.jpg女子が凶暴になっていた頃、セント・ジュード学園の男子は他のことで頭の中がいっぱい。アイビー・ウィーク親睦会で各大学の代表につく案内係の選考が始まったの。ダン・ハンフリーはダートマスの案内係を希望。ダートマスの代表は、ダンの愛読書「動物園」の著者、ジェド・ホールなの。ダンは、彼を尊敬するあまりにダートマスを志望してるみたい。で、そのダートマスの案内係の座を手にしたのは一体誰かっていうと?そう、ダートマスのOBを父に持つ生粋のお坊ちゃま、ネイト・アーチボルド。ネイトは、ジェド・ホールが誰なのかも、「動物園」が本だってことも知らなかったけどね。私の記憶が正しければ、ネイトが最後に本を読んだのは、小学校3年の時の「スーパーファッジ」だったと思う。ダンがガッカリしたのは言うまでもないけど、ダンみたいに親が大学に建物を寄付できない家の子は、どうやってのし上がるんだろ?ダンのパパ、ルーファスはこんなことで息子の一流大学への道を閉ざされちゃたまんないと思ったみたい、ちょっと頭を下げてまわって、ダンのためにアイビー・ウィーク親睦会の係の座をうまく手にいれたの。といってもダートマスの案内係じゃないよ。ドリンク係だって。おまけにルーファスは、自分もエンターテインメント係として参加、親睦会で演奏をすることになった。よくやるよね。これでジェニーが加わればハンフリー家の家族行事だよ。
その頃、セリーナをつぶしたいブレアは、セリーナが寄宿学校から戻って来た本当の理由を突き止めようとしてた。あんな急に帰ってくるなんて、絶対ダークな秘密があるはずだもんね。せっぱ詰まったブレアは誰に助けを求めたかというと、そう、我らが悪役チャック・バス。放課後、チャックはシャーロック・ホームズ気分でセリーナを尾行。当然リムジンで移動するチャックは、探偵というよりはキモいストーカーみたいだったけど、ブレアの期待に応える情報をつかんだの。セリーナが着いた先は、オストロフ治療センター。"おいおい、ウソだろ。セリーナがリハビリ?面白くなってきた!"と、チャックはすかさず写真を撮ってブレアの元へ。ブレアの手に渡ったこの爆弾、爆発させる場は1つしかない...そう、アイビー・ウィーク親睦会。怒りに燃える女ほど怖いものはないね、B。071003_ctv_poisonIvy_image6.jpg親睦会では、みんな各自の係を立派に務めてた。ダンは喉の渇いた招待客にカクテルをサーブして、ルーファスはステージでアコギを演奏。ブレアはイェールの代表に自分を売り込み、ネイトはジェド・ホールとの間に流れる沈黙を破ろうと必死だった。ママと弟エリックと共に会場に着いたセリーナは、イェールの代表とブレアがいるところへ直行。仕返しをするつもりみたい!セリーナは2人の間に割って入ると、代表に"礼儀正しく"飲み物のおかわりを勧め、青ざめるブレアを置き去りにして代表をさらって行っちゃった。イェールはブレアの憧れ。他の大学に行くなんて考えられないブレアには"セリーナ、もうありえない!"って感じだよね。
ブレア・ウォルドーフは慎重に反撃の場を見定めてた。アイビー・ウィークの一環で、ブレアは福祉活動委員会の議長として、学園が支援する機関を選ぶことになってたのね、でブレアが"身内を救ってくれた施設"として指名したのがオストロフ治療センターなの。・・・ちょっと待った、それって昨日セリーナが入ってくのを目撃されたとこでしょ? 偶然じゃないよね!?ステージ上でブレアは、全校生徒、その保護者たち、そして大学代表が集まってる前で、その"身内"の名前を発表。そう、それはかの有名なセリーナ・ヴァンダーウッドセン!・・・セリーナは凍った。もう破滅だよ。でもセリーナは潔くステージに上がると、「確かにオストロフ・センターにはお世話になってる」と認めた。みんなショックを受けながらも、携帯写真を撮りまくりでもう大騒ぎ!じゃセリーナが帰って来たのはリハビリのためだったの??

でも早合点は禁物、まだ先があるよ!
セリーナの弟エリックが、ブレアに話があるって声をかけたんだよね。オストロフ・センターのお世話になってるのは、セリーナじゃなく自分だって打ち明けたの!自殺を図ったエリックが入院してるんだって!これでセリーナが突然帰って来た本当の理由が判明。・・・期待してたほどスキャンダラスじゃなかったね。
・・・ていうか重いよ。いずれにしても、エリック・ヴァンダーウッドセンが一日も早く良くなりますように。お大事にね、E!

で。
ついに対決のときが来た!! 何と、セリーナとブレアがセントラルパークのベセスダ・テラス・アーケードで2人っきりで会ってたの!世紀のマッチ、モハメド・アリ対ジョー・フレイジャー戦も敵わない、かつてない最高の対戦になるかも?!
・・・でも今回はバトルはなし。手を出す代わりに、ブレアは、寄宿学校にいるセリーナに書いた手紙を持参。手紙には、セリーナがいない間にブレアの身に起きた出来事が綴られてた。パパがママを捨てて男性モデルの元に走り、その後両親が離婚したこと。一番辛い時に親友のセリーナが電話もくれなくて、とても傷ついたこと。セリーナは、ブレアの事情は知ってたけど、でも何もできなかったんだって。ブレアにひどいことをしてしまった後で、どうやって親友として接していいか分からなかったからって。Bはやっと自分だけじゃなくてセリーナのところも、お互いそれぞれ家族が大変だったことに気づいた。・・・2人とも泣いてた。071003_ctv_poisonIvy_image7.jpg・・・まさかこのまま仲直り!?
こんな展開になるとは思ってなかった。けど、ブレアとセリーナは友達に戻れるのかな?
私は怪しいと思うよ、だってこの小さな街にクイーンは二人もいらないでしょ。
あの2人がこのアッパー・イースト・サイドを仲良く統治できるわけないし。
きっとまだまだ騒動の火種は潜んでるはず。
どっちが先につまずくか見守ってるのは誰かな?

もちろんゴシップガールだよ!

xoxo Gossip Girl

カテゴリ:

  • 購読する
  • 購読する
TM & © Warner Bros. Entertainment Inc.
© 2000-2010 SUPER NETWORK,inc.All rights reserved